【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

博多座楽しみませんか?

photo

今回は、ご案内でございます。
2月8日(金)博多座 歌舞伎鑑賞&大向う体験会 【20名限定】

★第1部:【円純庵氏 講演会】
演題:歌舞伎の見所と、大向こうのカン・コツ・ツボ
  ・歌舞伎を10倍楽しむ7つのコツとは?
  ・これだけは知っておきたい歌舞伎鑑賞のマナーとは。
  ・歌舞伎役者は何で、全員男なの?
  ・役者に声掛けの絶妙なタイミングとは?
  ・役者が見得をきるときは、どこを見る?
  ・大向こうがかかると、役者は乗ってくるってホント?

※大向(おおむこ)うとは、歌舞伎役者にタイミングを見計らって、観客席からお声かけすることです。
その他、質問大歓迎。聞きたい全ての質問に、大向こう歴28年・京都在住の円純庵氏が全てお答えいたします。
・・・というか、それ位、何でもご存知でーーす。!(^^)!




★第2部:【博多座 歌舞伎鑑賞】
見ながらドキドキ・ワクワク。。。 時々「待ってました!」「中村屋!」などとお声かけしましょう!

博多座の3階席一番後ろの席に陣取ります。
第一部の学びを元に、実際に大向こうをやります。
まさにドキドキワクワク、大向こうが苦手な方は、その空気感を味わうだけでもOKです。こころの中で、そのタイミングを図るだけでも、いい勉強になりますよ。
世界の二代演劇の一つ、歌舞伎鑑賞の楽しみ方が、また一つ増えること間違いありません。!(^^)!




★第3部:【懇親&楽しい反省会!(^^)!】
果たして大向うが上手くいったでしょうか?
役者は喜んでくれたでしょうか。。。
歌舞伎鑑賞の目力があがったでしょうか。。。

それぞれに様々な課題も残りそうですが、全て良し。笑顔できもの仲間、歌舞伎仲間との懇親を深め、ワイワィ語りあいましょう。。。




▼▼▼
****************************************************
日程:2月8日(金)
【歌舞伎鑑賞&大向う体験会】
時間:14:00−20:30 (受付:13:45)
    (14:00−15:00)講演会
    (16:00−20:30)歌舞伎鑑賞
価格:7.000円(講演会・歌舞伎鑑賞)
定員:20名
場所:福岡市赤煉瓦文化館 会議室内
(福岡市中央区天神1丁目15−30 電話092-722-4666)

※こちらが集合場所で、赤煉瓦館もきものが似合う場所です。
こちらから、博多座までは、歩いて数分です。講演会のあとは、しばしご自由にご散策ください。


-----------------------------------------------------------------------------
【懇親&楽しい反省会!(^^)!)】(歌舞伎終了次第)
時間:(20:30−22:30)懇親会
 参加費 4000円
会場:博多座地下 御膳屋 庵離
  


-----------------------------------------------------------------------------
◆申込み手順◆
.ぅ戰鵐伐萍民上『参加する』にクリックをお願いいたします。
講演と鑑賞のみの方は、「懇親会不参加」とご記入ください。
E日、素敵なお召し物でお出かけ頂き、そこで会費をお支払いください。

※懇親会まで含めるとと、トータル金額は、11.000円となります。歌舞伎鑑賞のみご参加は受け付けておりませんが、第1部講演会(2000円)、第3部の懇親愛(4000円)のみの参加でもOKです。


※お席に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい!!

-----------------------------------------------------------------------------

◆お申し込み・お問い合わせ先◆
熊本市中央区城東町4-7 熊本電気ビル1階
NPO法人きもの普及協会
きものサロン和の國 096-359-0805
茨木國夫 090-3600-9495

****************************************************


追記:
勘九郎襲名披露で、博多座が熱いです!
舞台は生モノといいますが、2月8日はどんな舞台になるのでしょう。
皆んなでチカラを合わせて、最高の一日にしましょう!(^^)!


また、今回講師にお招きする円純庵先生は、僕の師匠でもあります。
和文化造詣の深さと言えば、日本広しといえども、日本一と言っても過言ではありません。
軽やかでありながら奥深い話に、魅了されること間違いありませんよーー。


ドレスコードは、きものが一番ですが、洋服でも構いません。その場合は、何処かに和モノを一つお持ちください。また、それが不可能な場合は、周りのおきもの姿の方に、「素敵ねーー!」とお声かけしてください。


尚、歌舞伎鑑賞が始めての方や、僕と面識がない方でも、大丈夫です。
これから、「和」で繋がって行きましょう。!(^^)!
何かございましたら、お気軽にご相談ください。


尚、熊本からお越しの場合は、新幹線で博多まで行って、地下鉄で天神まで行く方法と高速バスを利用する方法があります。
懇親会に参加しても、十分日帰りできますよっ。!(^^)!
茨木國夫拝 090-3600-9495


    
                  

やはり着物って素晴らしい!

写真 (75)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
雨になりましたね。
元気ハツラツでしょうか。。。

僕は、チョッと用があって上京(東京)していました。
その中で、とっても嬉しいことがありました。
東京出張の折に良く泊まる宿が、溜池山王にあるANAインターコンチネンタルホテルです。
そのエントランスでは、素敵な和服姿の田辺みさとさんが笑顔でお迎えしてくださいました。

着物姿でお出迎えなんて、嬉しくなってお話をお聞きすると、CEOのお達しだそうです。そしてやっと自分で名古屋帯も結べるようになったそうで、外国人の評判がとってもいいそうです。
僕は着物だけの生活を始めて20年になりますが、外国の人とお仕事する方は、まず一番の窓口の空港の国際線で働く人など絶対着物がいいな〜〜と常々思っていました。

それが、違う形ですが、こうやって少しずつ現れてきています。やっぱり、きものっていいですね。
着物姿を見るだけで、ほっこり!! そこには、きもの自体のもつ癒し効果というか、「きものセラピー」が存在しているのではないでしょうか・・・。




写真 (74)

また、田原総一朗さんの講演会を同、ANAインターコンチネンタルホテルで聞かせていただきました。
尖閣問題。小沢氏のこと。安倍政権に期待するこ。今後の日本がどの国と組んだらいいか?などなど、それはそれは、辛口ながらも歯に衣着せない語りに、引き込まれていきました。
マスコミにも流されない理由など興味深々でしたが、やっぱり、何につけても全て信じるのではなく、「事実が報道されているか? 自分ならどう考えるべきか?が大事だ!」とおっしゃっているように感じました。


僕もまだまだですが努力していることの一つに、「言っていることとやっていることが一致しているか。」というのがあります。
例えばですが、この業界に身を置く立場として「お客様には着物を進めて、自分では何で着ないの?」これが、僕の28年前の素朴な疑問でした。その疑問に真っ向から挑んだのが「平成5年のきもの宣言」。
波乱万丈ありましたが、今年で20年。おかげさまで、日々記録更新中です。

「自分で考え、そして決断し、行動する!」
日々、人生その繰り返しのような気がします。また、思い通りにいかないからこそ、そこにまた創意工夫があり、人生に彩が増し、人間の器も広がっているような気がしています。。。!(^^)!

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
ご一緒に、きものの和広げていきましょうねっ。!(^^)!
きものサロン和の國 
茨木國夫拝 096-359-0805



やっと、今日の仕事もとりあえず終了。
今日は、今から、熱燗片手に、白菜と塩さば(煮浸し)食べまーーーす。!(^^)!

暖かさを実感!!!

130120_153735


みなさま こんにちは ♪
木曜日担当 野田和子です (*^_^*)

寒い日が続いておりますが、私は健康な証拠でしょうか、ストーブの前から動けないような事はなく、さほど寒さを感じなくなりました。(寒さに体が慣れてきたのでしょうか・・・。)

そうは申しましても、やはり“寒の内”です、手先・足先の冷たさは否めません。

そこで、再度ご紹介申し上げます(昨年12月11日のブログで一度ご紹介しております)が、お写真の足袋は裏がフリース素材で出来ておりますので履いていてとても軽く、大変暖かいのです。
よくあります裏がネル起毛の足袋に、足袋カバーを重ねて履いた時より、数段暖かさが上であることをこの冬に長時間実際に履いてみて実感しております。

また、この足袋は洗濯したあとの乾きが早いのもこの季節には本当に助かります。

春までもう少し寒さが続きますので、興味を持たれた方は是非お試しくださいませ。



本日もご覧頂きましてありがとうございました。

春の訪れまで

IMG_6176

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

大寒を過ぎ、熊本では大分寒さも和らいでいくかと思うと、嬉しい思いです。

さて今週の和の國には、ところどころに 日向みずきの枝が活けてあります。。
芽がたくさんついていまして、ほんのり赤く色付いたものや黄緑色の芽・・・と、色も変化しながら、これからだんだんとふくらみ、花が開いてくれる日が、今から待ち遠しいです。

自然界の植物は、こうして季節ごとに地上で芽吹き、一年後の同じ時期に又巡り合える、という、正しい営みをしていて、改めて敬意の念が湧いています。

春の訪れまで、あと少しですね・・・。


本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

芝崎圭一氏、木綿入荷

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。&おはようございます。
今日は、二十四節気の一つ、大寒でした。お変わりございませんでしょうか・・・?
「メール配信」も頭にあったのですが、、、いろんな仕事に追われ、時間が過ぎていきました。(汗)

メルマガ配信をさせていただくようになって、6年目ですが、もっとお役に立てるよう、そしてそれが継続しつつ、結果として自分自身の為にもなるようには、どうしたらいいか?
いっそのこと、毎日配信に挑戦したらどうかな?などど、いろんなことを考える今日この頃です。。。



和でゆとり 和服で豊かさ 楽しむには、この一枚です。
それが、芝崎圭一作・木綿着尺です。
早く画像みたい、というお問い合わせもありがとうございます。

お待たせいたしました。!(^^)!
写真 (73)



【芝崎圭一作・木綿着尺5つのポイント】
1)手引き木綿で手機。
普通の木綿に比べて、打ち込みがしっかりしていますので、木綿の最大の欠点である、膝が浮いて、お尻が丸くなることが、最小限に防げます。
反対に少々荒く来ても大丈夫。しっかりと、きものが守ってくれますよ。

2)草木染め(藍・五倍子)、温かい色合いと、格子と縞がミックスしたハイセンスな柄ゆきです。一枚の布なのに、立体感がすごくあります。

3)手機・手染・手織りならではの暖かさを感じることができます。!(^^)!
いい仕事していますよっ。

4)生地の風合いが抜群なので、厳冬の頃と夏以外の着物が来たい!という春秋のベストシーズンにお召いただくことができます。

5) ・・・ご自分で考えてくださーい・・・ (>>おいおい)



芝崎圭一作だからいいのではなく、いい木綿の着物を作られたのが、芝崎圭一さんなのです。
帯は、無地感覚の名古屋帯をオススメしますが、もっと気軽になら、半幅帯でも大丈夫です。
年代幅・用途:30代〜のオシャレさん。普段にワンランク上のきものライフを楽しみたい方は、もってこいです。
価格:お仕立上がり税込で、10万円台後半です。!(^^)!




それから、最近、「着物に関する問い合わせ」が増えてきています。
そこで、一日2名限定で、メール等による無料相談を設けたいと考えています。
また詳細は追って、お知らせさせていただきますね。

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
時々、きもの着ましょうねッ。!(^^)!
和の國 茨木國夫拝


追記:
本日1/21から、新しい年の「和の國・着付け教室」始まりまーす。!(^^)!

次なる本へ

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は急遽午後から、出版会議が開かれました。スタッフの和子さんも休日返上で、先ほどまでお店に。。

代表は今年、いくつかの本を出版する予定でして、そのうちの一冊でございます。

手に取った時に「どんな内容かしら?」と関心を寄せて頂けるような目次や見出し等の案が並び、
ドラマチックに・・・。 ・・・いつも元気! など、挙げられたキーワードを眺めていると、それだけでワクワクとしてきます。
IMG_6175


あとしばらくしましたら、タイトルなどが発表されると思いますが、皆さま、しばしお待ち下さいませ。。。
代表は、その出版企画書を持って、あす早朝より上京だそうです。

本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

語らず美しい・・・。


写真 (72)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
土曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか・・・?



花は、どんなに寒くても、一言も語らず・・・強く美しく生きています。!(^^)!

「沖縄の酒器」に「胡蝶侘助」(こちょうわびすけ)を活けてみました。

この酒器というか、花入れは、抱瓶(だちびん)と呼ばれる携帯用の酒器です。腰にあてがって携帯し、飲みたいときに取り出して飲んだそうです。



いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

さて今から僕も、お腹温めまーーす。!(^^)!
茨木國夫拝
記事検索