【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

行ってきま〜す。

 おはようございます。ただ今の時間、ちょうど5時を回ったところです。
今日は、7時50分のフライトで福岡空港より飛んで、石川県小松空港へと向かいます。もちろん仕事ですが、レンタカーも借りているので北大路魯山人のゆかりの地や、古九谷焼の美術館、はたまた骨董店めぐりなどしようかなって思っています。珍道中になりそうで、ワクワクしています。 ちなみにお宿は山代温泉のあらやという所みたいです。
 
 それから申し訳ないのですが、家内も一緒に行くようになったので、本日(12日)と明日(13日)は、和の國は臨時休業させていただきます。この場をお借りしてお詫び申し上げます。申し訳ございません。
 楽しいお土産話を持って帰りますので、また是非遊びに来てください。お待ちしています。


 それから、昨日は、第6回『和の國エレガント講座』を開講させていただきました。内容は、「きものから出た諺(ことわざ)勉強会」です。(ちょっと画像の映りが……。トホホ)でも、喜んでいただきました。
 きものから出た諺でも、袖から出た諺、襟から出た諺、帯から出た諺、その他という様に分け、その諺の持つ意味を説明させていただきながら、実際に使う練習をしていただきまいした。

 その中の講義の内容を聞いてください。
 ●「袖振り合うも他生の縁」と言いますが、縁を大事にしたいですね。
 ●あの方は、「衿が厚い」ですね。
 ●「帯を解いて」ゆっくりしましょう。
 ●和の國にいらっしゃっている方は、「裾さばき」が綺麗ですね。
 ●「無い袖は振れぬ」って言うじゃないですか。お役に立てず申し訳ございませ   ん。
 ●今日は「借り着より洗い着」来ました・・・。
 ●「……比翼の鳥…、地に在りて願わくば連理の枝とならん」結婚式で使えそうで  すね。だれか結婚しないかな〜
 まだまだたくさんありますが、実際に使ってみるといい言葉もたくさんあります。諺などを交えながら、美しい言葉をもっと普段に使ってゆきたいものですね。

 あっ、今5時28分時間が圧してきました。今から、福岡空港へ向けて出発です。安全運転で行ってきま〜す。そして元気に帰ってきます。(^o^)/

2日続けて、心豊かな午前中・・・。

91a156a6.JPG 昨日はお店を開ける前に、熊本県立美術館本館にて「エコールド・パリ展」を見てきました。サブタイトルに「天才たちの祝祭」と書いてあるのもなるほどって頷けます。私はキスリングが描いた「イングリッドの肖像(スエーデンの少女)」のバラをもつ姿がとても印象に残っています。やはり、パンフの表紙を飾るだけの事はありますよね。(写真参照下さい)
 その説明文は、「・・・(前略)・・・膝に置かれた一輪の花に託されたものは、生の輝きと美のはかなさのまなざし・・・」と書かれていました。絵を見てそこまで感じ取れるって素晴らしいことですし、私もそういった豊かな眼を持つよう努力しなければと、心に刻んだ次第でした・・・。


 今日も、お店を開ける前に9時頃から店のスタッフと家内と3人で、細川邸・泰勝寺で行われている「熊本県芸術文化祭参加合同茶会」に行ってきました。表千家のお薄席と裏千家のお濃茶席に入らせていただいたり、肥後古流さんのお手前を拝見させていただき、秋風や鳥のさえずりと戯れながら情趣豊かなひとときを過ごさせていただきました・・・。
やっぱりお茶っていいですね。ほんと良いですね。。。
 心豊かな気分で、お店に入っています。(^o^)/

体力勝負?

 今朝は、西の空に雲とのコントラストを演じる名月を横目に、和の國(熊本市城東町)へと向かいました・・・。時計に目を向ければ、なんと菊池の自宅出発は夜明け前の午前5時35分! 昨夜は、満月のお月様に照らしていただきながら家に帰ったのが午後10時過ぎで、すぐ朝が来たようなものです。ちょっとハードです。 でもでも良い方に考えれば、夜明け前の雅やかなお月様を眺めることが出来たので良しとしなければなりません・・・。
 なんでそんなに早く和の國に来たかというと、熊本学園大学付属高等学校に通う高校2年の長男(健互)が、弓道の試合がある為です。チャリを置いている「藤崎宮に午前6時10分に着きたい」と言うので、父親らしいこともしなければなりませんよね。
 
 なんか体力勝負って感じですが、今日もまた良いことがありました。
それは、長男のおかげで朝早く市内に着たので、熊本城を朝から散歩することが出来たからです。丁度二の丸広場ではラジオ体操なさる姿が数多く見受けられ朝の息吹をおのおの楽しんでらっしゃいました。 やはりすれ違う方に、「おはようございます」って見知らぬ方にもお声掛けするってとっても良いことですね・・・。菊池なら朝の挨拶が当たり前って思っていましたが、熊本市内でも皆様が明るくご挨拶なさるので、「あ〜いいな」って思いました。ちょっと感動しました。やっぱり熊本って良いですよね。(^o^)/

 話は戻り、また今夜は家内が信愛中に通う娘のクラス会(飲み会)に行っているので、それが終わるのを待たなければなりません。トホホ  今夜も、和の國を出るのが10時位…になるやもしれません。そしてそして明日も子供の試合なので、6時過ぎにはまたこちらに来ています。 ゆっくりしたい〜! ちょっぴり本音です。
 

 明日は、藤崎宮秋季例大祭ですよね・・・。
 明日もまた、良い一日となりますように・・・。

 

名演出家・・・。

 昨夜は、大感動でした・・・。
 お店を出たのが、夜の9時45分位なので10時半頃帰り着きました。気分転換に菊池の田舎庵という…居酒屋さんに立ち寄り、帰りにローソンで冷酒を買って、部屋のベランダから月を眺めていました・・・。そして大の字になって、月の鑑賞会・・・。
 ほんとに綺麗でした。月の美しさを演出してくれる雲の動きもカッコ良く、「男性が雲を演じて、女性がお月さまかな」って一人悦に入っていました。月・雲・風の演出家に加え、虫の音色の三重奏がホロ酔い気分にしてくれました。
 ほんとに、宵待月(よいまちづき)と戯れる時間が持ててと〜っても幸せでした。

 今日は仲秋の名月ですよね。また今夜も楽しい一日になりそうです。
 また、明日は十六夜(いざよい)、そして立待月(たちまちづき)・居待月(いまちづき)・寝待月(ねまちづき)と続きますよね・・・。そんな美しい名称にも悠久の想いを馳せながら、夜のまた楽しみを与えてくれる演出家と共に素敵な秋の夜長を過ごしたいものです・・・。                           

非常勤講師?

54196a8e.JPG 昨日は、熊本県山鹿市立岳間小学校の非常勤講師?として頑張りました。
というのも、あるご縁から「和の文化などについて小学生に話して欲しい」という要請があったからです。
 全校生徒の前で少しお話させていただき、そして5年生の3・4時間目の授業を担当させていただきました。今回は「立ち居振る舞いについて」というテーマのもと、姿勢やおじきの仕方などについて、講義はもとりより楽しく体験していただきました。
 
 それはそれはどなた様もとても素直でいい子ばかりで、とっても目が輝いていました。今日の感想をって先生からきかれたら、「おはようございますやこんにちはの意味がわからないまま言っていましたが、その意味も教えていただいたので、その意味を込めてお父さんやお母さんに綺麗なおじきをしたいと思いました。」という有難いご意見もありました。チョッとうるっときましたし、良い経験を私もさせていただきました。
 
 校長先生はじめ東田先生など、生徒さんを思う気持ちがとっても強い良い校風の小学校だと思いました。
 また耳を澄ませば、川のせせらぎが聞こえ山紫水明なる美しさを醸し出していました・・・。
 その後は、12月と1月とあと2回予定を組んであるみたいです。子供の素直さ無垢な気持ちに触れることが出来、こちらも沢山のことを学ばせていただいた…一日でした。

ただ今帰りました・・・。そしてGO!

 9/29(金)の夕方より上京し、10/2(月)昨夜帰ってまいりました。京都国際会議場での土日の二日間…、学び多き楽しいひとときでした。流石に裏千家青年部の全国大会です。大宗匠やお家元の講話もとても素晴らしかったし、思考を凝らしたお茶席も、ほんと感動ものでした・・・。
 またその後、有志の方と野村美術館に行けたのもとてもラッキーでした。

 そして10/2(月)は、満を持して京都での仕入れです。朝一は室町の加納織物さんへGO!今回は山下八百子さんの展示会でした・・・。そして、そこで見た型絵染の帯が目に飛び込んできました。その美しさ素晴らしさに心臓がドキドキしてきました。(感動する帯に出会えてとても嬉しかったです。)もちろんゲット!
 その後は、京都文化博物館で琳派百図展が開催されていて、その審査をさせていただいたり、おなじみ洛風林さんや、染の最高峰…安田の糸目友禅を別注したり、お客様よりご注文をいただいているきものを探したりと、かれこれ、10件以上の専門問屋さんを廻らせていただきました。

 今朝は5時半から菊池神社等へお参り。(特に月の始めということもあって。) 一日バタバタで、あっという間に夜の8時過ぎです。今からご愛顧いただいてるお客様宅に袋帯を納品して帰ります。
長〜い一日ですが、とっても充実しています。

 それから、本日素敵なコートをお求めいただきました…由美子さまありがとうございます。おかげさまで、私達も楽しい時間を共有することが出来ました。(^o^)/

藤袴

cfeb8d37.JPG 裏庭に咲いた…藤袴を、黄瀬戸の壷に活けてみました・・・。
藤袴って秋の七草の一つに数えられますが、花の色が藤色花弁の形が袴のようであることが名前の由来だそうです。奈良時代に薬草として中国から渡来し中国では「香草」ともいわていて、
「宿りせし ひとの形見か 藤袴 忘られがたき 香に匂ひつつ」という和歌も紀貫之に詠まれています。

 それから、先ほどいらっしゃったお客様が、このツイタテをお尋ねになりましたのでご参考までに・・・。
これは、欄間です。欄間を立てにして、そして裏にアクリルボードをはっています。
とても細工がきれいだったので思わず求めていましたが、こういう形でお目見え出来るって嬉しくなりますよね・・。
 
 明日の夕方より京都出張です。裏千家青年部の全国大会と仕入れの為です。月末でもあり私は2〜3日お店を空けるので、仕事に追われています・・・。
でも、笑顔で頑張ります。(^o^)/
                           茨木國夫
記事検索