【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

福岡でも頑張っています。

image_1358471660548030

和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
ここ数日ブログお休みしていて申し訳ございませんでした。
でもバリバリ元気、いや元気すぎる程元気です!
帰宅するのも遅かったのですが、昨晩はなんとハイテンションになって、朝4時近くまでかみさんと今後のこと語りました。!(^^)!


さて聡明才弁な本間洋希さんより、嬉しいメール頂戴しました。
福岡の書店でも大健闘しているようです。
先日八代の本屋さんにお会いしたのですが、確実に売れているそうです。
それに加え、ダイアモンド・クレアでは、くまモンに次いで2位だったそうです。


また、ジャーナリストの田原 総一朗氏を講演に呼ばれるVAV倶楽部・近藤昌平会長は、、「年明け早々4冊の本を読んだけど、本当にいい本ですね。お世辞ではなくて、絶対これは増刷いきますよ! 僕も応援します」との力強い言葉・お手紙を頂戴しました。

皆様に支えられ、「和」で幸福になる三十三箇条」が、じわじわーーと動き出しています。
いつもいつも応援、ありがとうございます。

女性の皆さまへは、着物でキレイになるお手伝い!
男性の皆さまへは、着物でカッコ良くなるお手伝い!
どんなことでも、「着物のよろず相談」お受けいたしまーす!(^^)!
茨木國夫拝 090-3600-9495


着物生活二十年の國さんが伝授する 「和」で幸福になる三十三箇条 (角川フォレスタ)




追記:
過日京都出張の折に、芝崎圭一作の木綿を並んで仕入れてきました。
今回3点しか出てない内の2点を目出度くゲット。
ほんわか、ほっこり、いい感じです。
近日中に、その2点ともブログアップしますので、楽しみにしていてください。

仕事の目処も、もう少し、もう少し。。。!(^^)!
今から、約一週間ぶりに自宅に帰りまーーす。

成人式

securedownload[1]


みなさま こんにちは ♪
木曜日担当 野田和子 です(*^_^*)


今月20日の大寒を前にしまして、厳しい寒さが続いております。


 先週末にはあちらこちらで今年新成人を迎える若者のお祝いの式典が催されましたが、今年もあいにくのお天気でした。
朝早くから美容室を予約して着付けされた晴れ着も嬉しい反面、足下が悪いため、いつも着慣れていなくて疲れた方も多かったことでしょう。

 そんな中での13日(日)、私の姪も無事に成人式を終えることが出来ました。
先日ご紹介させていただきました私の振袖を着たわけですが、この帯がそれはそれは硬くて、変わり結びには毎回苦労をさせられます。今回は事前に女将さんのお知恵を拝借いたしまして、どうにか着付けが出来ました。(感謝!感謝!です。ありがとうございます!!)

仕上がった後で全身を見渡してみますと、あちこちバランスが悪い点が目に付き、とても満足行く仕上がりではありませんでしが、姪は式典を終えて写真館での記念撮影の後、近くの親戚を挨拶にまわり、どうにか着たままで帰って来ることができましたのでホッといたしました。

 出来て何十年も経つ振袖は、絹の特性上仕方のない全体の黄ばみがございますが、いざ人が着てしまえばさほど気になりません。
それよりも、総絞りで御所車の柄とこの色が大勢の中では『違っていて良かった』と姪と義妹が喜んでくれたのが嬉しく、安心いたしました。

歳月が経ち、世代を超えてもそれぞれに楽しめる着物って、本当に奥深い味わいがあるものでございます。

 

本日もご覧頂きましてありがとうございました。

大人の新年会・・

1

みなさま、こんにちは。再び、スタッフの鋤先美紀子です。
13日(日)は、NPO法人きもの普及協会のイベント、「大人の新年会」が、熊本市内の料亭「松葉」で開催され、昨日(1/14)の毎日新聞にも記事が掲載されました。

今年も会員の方に加えて熊本白謡会のメンバー、またそれぞれのご友人・ご家族も一緒に、30代〜80代の方々にご参加をいただきました。

11時開会からの1時間は、熊本白謡会による、お仕舞いとお能の発表会です。熊本白謡会のメンバーは年々お稽古に力が入り、今年は月に一回お稽古を、と意欲的。。。
今回はお能のイロハ解説があり、また、高砂の千秋楽のひとくさりを皆で何度も歌ったそうです。
写真 (2)

静かなる凛とした動きと、会場に響き渡る力強い声が、皆さまをその独特な世界へと引き込んで行くようで、頂いたアンケートにも、感動しました。。。というお声が上がっています。(下記にアンケートの内容を添付しています。) 

発表会終了後は、新年会です。
写真 (1)

「昭和初期に建築された建物・お庭なども見事で、それにも増して、料理もとっても美味しかった。さすが松葉さん。和服と和食で、たくさんの「和」が生まれました。 」(代表 談)


ご参加者の中には、「NPO法人オーケストラ創造」代表の坂本一生様もいらっしゃり、2月コンサートのご案内をされますと、すぐに多くの方が「参加します」と・・・。

お着物を着る機会、ということだけでなく、違う分野の方々同士の交流も生まれ、嬉しく存じます。

今年も、雅やかでにぎやかで、和気あいあいの新年会です。。。


----ご参加者のお声----

●日本の文化に接する機会がとてもありがたかった。 松葉さんは料理もおいしくて、よかった。 日本文化と着物は比例するので、このNPO活動で、日本の伝統文化に接する機会をつくってほしい。
                                        (匿名希望)

●お仕舞とお謡いは、みなさん真剣な感じで非常に良かった。 食事も、いい料理でした。
                                        (一生様)

●今迄経験したことがない機会に恵まれた。 國さん夫婦とその仲間も素敵。 このNPOの活動を、今のままつき進んで下さい。
                                        (顯先生)

●着物を着ることは出来ませんでしたが、楽しい会に参加させて頂き、感謝でございました。 会場の松葉さんも、とても素晴らしい“おもてなし”で、満足いたしました。 健康でまた参加出来ることを願っています。ありがとうございました。 和の國のご夫婦の、楽しい自由なお心に感動しています。これからも、いのちのある限り参加させて頂きます。
                                        (寿幸様・照枝さま)

●お仕舞とお謡いは、身近に拝見できて、楽しいひと時でした。体験教室も、おもしろいかもしれません。 松葉さんは、お料理・雰囲気共に素敵でした。 NPOの今後の活動として、男性や子供達の着物を着る会等、色々企画して下さい。
                                        (素美さま)

●お仕舞とお謡いは、(する側で)緊張しました。 松葉さんは、お舞台がやりやすかったです。 これからも、機会が合えば参加させて下さい。
                                        (さおりさま)

●お仕舞とお謡いは、(する側として)来年はもっともっと練習して、成長したいです。 松葉さんは、食事がテーブルで良かったです。来年もぜひ来たいです。
                                        (智美さま)

●お仕舞とお謡いの、腹の底からの発声に感動。「安定感」の再認識。 (会費の割に)松葉さんは料理がよく研究されている。美味。 今後も万事よろしく。
                                        (孝一様)

●お仕舞とお謡いは非常に良かった。 会場は、お能の舞台と新年会の場所が違っている方が良いです。
                                        (晃輔様)

●本物の文化にふれて、心が豊かに成った気分で、とても貴重な時間で、とても感謝致します。 今後共時間の都合が合えば、出来るだけ参加したいと思います。
                                        (あや子さま)


ご本を読まれて

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
本日午後より出勤をしますと、スタッフの文代さんより、「お電話で、代表の本のご注文がありました♪」と。
その方は大阪の呉服店の方だったそうで、同業のお方、ということも大変嬉しく思います。

そして先日の日曜日には、ご新規の真理さまというお方が、代表の本を読んで、さっそくお店にいらして下さいました。
89d86155-s

「母から「この本(『「和」で幸福になる三十三箇条』)を読むように」と渡され、こちらの着付け教室のこともうかがいました。
以前から祖母の着物等を見ていて、ずっと着物は好きだったんです。
ご本には、着物は「見るだけでもいい」と書いてあって、その通りだと…。
そして、自分で着られるようになったら、尚いいだろうと思いました。

本では、簡単な着付け方法の紹介や、木綿の良さにも触れられていて…。
私は天然素材の物が好きで、ここ一年それが私のテーマでした。
また、伽羅の香りやラリックの照明のことも印象深く、お店に行ってみよう、と
思い立ったんです。

本の最後の方で、「熊本県民全体が着物を着れば、自ずと京都のようなお店も出て来て、外国の方も訪れる」とありましたが、そんな風になれば、熊本の取り組みとして、とても素敵なことですよね。
私も母の行動力を見習って、早速今月から着付け教室に来たいと思います」と真理さま。。。

ここ2日間の、嬉しいご報告です。このように直接アクションを起こして頂ける、ということは、大変有り難いことでございます。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


蘇芳(草木染め)の魅力

写真 (8)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
今日は成人式、皆さまの成人式はどんな成人式を迎えられたでしょうか・・・。
昨日の、npo法人きもの普及協会の新年会も終え、お昼前の便に飛び乗り、京都に来ています。
明日、新春仕入れの為、前日入りとなりましたが、お昼から「古代染織−2」を学びました。

今回の「草木染め」は、魔性の赤・蘇芳(すおう)が染料、媒染剤は、ミョウバンです。
まず染める布地を水に浸け、煮だした蘇芳で染めます。染めた布を水洗いして、ミョウバンに浸けます。そして、再度水洗い後、蘇芳で再度染め、水洗いして乾かします。

貯めていたエネルギーを一度に、どーーんと吹き出すような感じです。それが、一枚の布に託され、一瞬で輝きだします。
マジシャン??、いや、奇跡って感じです。
その光輝く瞬間に立ち会えること、とってもありがたいです。

自然界が持っている色の美しさ輝きに、魅了されました!
いつもおつきあいくださり、誠にありがとうございます。
きものサロン和の國 茨木國夫拝



写真 (10)

色が退化するでしょうが、木綿も意外に美しく染まったことも発見でした!

念願の・・

IMG_6147

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
3連休の中日を、いかがお過ごしでしょうか?

先週末まで和の國で開催していました、第3回「熊本ゆかりの染織作家展」・・・。実は私、約1年前のこの展示会(2011年12月)から、いつか私も熊本ゆかりの染織作家による作品を一点(小物以外で帯などを)、身につけたい、と思っておりました。
その希望が、・・・ついに叶いました!(ちょっと大げさですが)
本日の画像の、堀絹子さま作 木綿の名古屋帯です。

前回の展示会で堀絹子さまにも、「紬等に合わせて、気軽に締められる帯を・・」と、話を聞いて頂いていたのですが、改めて具体的にお願いに上がるつもりでおりました(もちろん和の國を通して、ですが)。
が、ご出品された作品の中に、木綿の帯があったのです。

手で触れると、初めての感触です。
柔らかく、優しく温かです。。これも木綿の風合いなのだ、と。その感覚と、鮮やかな紫色(と緑)が目に焼きついて、離れませんでした。
素敵な帯に出合えて、とても嬉しいです。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

熊日出版文化賞、候補

IMG

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
チョッと出かけていて、今店に戻ったところで、それこそ謡曲を聞きながらPCに向かっています。


さて、今日、熊本日日新聞の21面、ご覧頂いた方はいらっしゃいますでしょうか。。。

おかげ様で、「第34回熊日出版文化賞」の候補作に、着物生活二十年の國さんが伝授する 「和」で幸福になる三十三箇条 (角川フォレスタ)
が選ばれました。!(^^)!

2012年に刊行された県内の個人・団体の著作100余点が対象。その中での候補作は、15点です。

そして、本選考会は2月8日(金)。熊本日日新聞・本社であるそうです。

皆様に、吉報を届けることが出来たらいいな〜と念じています。
応援してくださいねッ。!(^^)!


きものサロン和の國 
茨木國夫拝 090-3600-9495


記事検索