【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

ウインドー進化中

写真 (69)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
お正月もあっという間に過ぎてゆきましたね。
お変わりございませんでしょうか・・・?

和の國は、正月3日から「熊本ゆかりの染織作家展」で幕を開け一段落。
やっと通常業務になってきたところです。
新年早々、たくさんのお客様はもとより、連日染織家の方にもお出掛けいただいたりしていたので、正直ホッとしているとことですが、次は、NPOで「大人の新年会」。
仕舞はもとより、謡の「天鼓(てんこ)」と「野宮(ののみや)」を頑張らなければなりませんので、今も、DVDを聞きながらのPC業務です。!(^^)!



さて昨年から、店内を少しずつ変えていました。
入口の入ってすぐ右に、事務机を置くようなって2ヶ月ほど。ノートPCを常設したので、スタッフから「仕事をしやすくなった」との声をもらっていました。
そうしたら、かみさんが、「私も今年は、パソコン業務をやりたい」と言い出しました。

そこには、MACを買って置きたいと思っていましたが、やはり使い勝手はWindowsです。
ゆえに、すぐ近くのマンションから、PCを降ろしてきました。
そして、念願であったパソコンラックの上にテレビ画面を設置し、そこで「着付けDVD」などを放映出来るようにしました。
まだコードなど違和感があるので見えにくいようにして、和の國の雰囲気はそのまま、そして、一人でも多くの方が、着物に興味を持ち、カンタンな着付けで「きものライフ」を楽しんでいただけるように、トライし続けていきます。

いつもお付き合いありがとうございます。
和の國 茨木國夫 090-3600-9495
写真の奥は、英進館です。


チョッと遅くなりましたが、
さあ今から、自宅(菊池)へ帰りまーーーす。!(^^)!

春よ来い♪

blog


みなさま こんにちは ♪
木曜日担当 野田和子です (*^_^*)

少々遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
本年も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年が明けましてすでに10日を過ごしてしましたが、本日は大変寒い一日となりました。


1月は“行く”、2月は“逃げる”、3月は“去る”・・・という言葉がございますが、どなたが言い出されたのか、良く言い当てたモノだなぁ〜と毎年この時期には決まって感心してしまいます。

 そんな寒い中ではございますが、本日も和の國には沢山のお客様にお立ち寄りいただきました。
お客様の近況を楽しく伺っている中で、お客様のお一人 ともみさま の今年のお正月のご様子を聞いておりましたら、新年のご挨拶に和服で出かけられて、ご主人様のご実家ではお母さまやおばあさまにとても喜んでもらい、着物の話しにしばし花が咲いたとのことでした。

 ただ、お母さまおばあさま共に「『着物は持っていて、着たいけど帯結びが難しくて・・・』と言われるけど、私が結んであげられればいいけどまだ出来ない。」と残念がっていらっしゃいました。

 ともみさまは昨年の秋から、月曜日の着付け教室でとても熱心(意欲満々)にお稽古されていて、12月の目標は「新年の挨拶は自分で着物を着て回る」でした。
みごとに“有言実行”となった訳で、次の目標は「ひとへの着せ付け」とおっしゃっていました。 



 今月の着付け教室は1月21日からとなっております。
私も心新たにまた頑張ろうと思いますので、重ねましてどうぞよろしくお願い申し上げます。



 本日のお写真は苺なのですが、この苺、年末に目にしますとケーキばかりを連想してしましますが、年明けて見てみると不思議なことになんとなく春を感じさせてくれます。まだしばらく厳しい寒さが続きはしますが、お天気の良い日などは日に日に日差しが明るさを増して春の訪れを近くに感じることが出来、気持ちも元気になってきます。

春が待ち遠しい睦月でございます。

(覆っているフィルムにくまモンが苺を掲げている小さいシールが貼ってあるのはご覧いただけますでしょうか。)


本日も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

働く女性の着物姿

IMG_6


みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

昨日8日の熊本日日新聞 夕刊の2面に、
--- 「働く女性 着物に」 
  足が蒸れず、おなか冷えず  商談の「勝負服」にも ---
という記事が掲載されていまして、「東京で働く女性が、着物で仕事に臨む」、「冠婚葬祭以外での、着物着用の勧め」といったお話が大きく取り上げられていました。

大学教授の方は自宅及び教壇等で、IT企業営業職の方は展示会ブースや会食の場で、史料の公開等に携わる非営利団体の方は、海外での会合時や国内業務でも・・・と、職種も様々です。

時には絶大なPRの機会・・と、お着物を勝負服としている例や、高価なイメージのある着物も、木綿やウール素材のお手入れのしやすさと、比較的求め安い価格帯、ということも紹介されています。

新年早々に、嬉しい話題ですね。。。
お着物の良さや効果を見直すきっかけにもなりますし、ご自宅で眠っているお着物がありましたら、そちらを開けて、見て頂く機会となれば、有り難いです。

和の國では、お着物に関することでしたら、お着付けからお手入れのご相談など、どんなことでも承っております。何か気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談下さいませ。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

和服で豊かさ楽しもう!

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。

今朝は、久々、目標の朝4時にパチッと目が覚めました。!(^^)!




僕は、「和のチカラで、熊本から日本を元気に!」

・・・というモットーがありますが、過日、知人に

「もっと具体性が欲しいよね。。。」、と言われていました。




そして、考えたのが、

「和でゆとり 和服で豊かさ 楽しもう!」です。


はい、もう一度、

「和でゆとり 和服で豊かさ 楽しもう!」です。





今日も、背筋を伸ばし、笑顔で楽しく美しく…歩み続けましょう!(^^)!   

茨木國夫拝 090-3600-9495

熊本ゆかり便り-新春号

IMG_6124

和の國ブログをご覧の皆さま、こんにちは。「熊本ゆかりの染織作家展」実行委員の安達絵里子です。毎月3日か4日あたりにおじゃましておりますが、今月は会期中であったため遅くなりました。

さて、國さんやミッキーさんが連日レポートしてくださったように、おかげさまで3回目の熊本ゆかりの染織作家展が6日(日)をもって無事終了いたしました。今回も、多くの方にご来場いただき、どうもありがとうございました。心より御礼申し上げます。

今回の特徴は、2点。開催時期を年末からお正月に移行したことと、作家ご本人による作品解説の時間を設けたことです。そのおかげで、会がますます充実したように思われました。

まず、お正月に開催しましたことで、帰省されている方にお越しいただけました。特に、ブログをご覧になって、関東から鹿児島に帰省された方が、新幹線を途中下車するかたちでお立ち寄りくださったと知った時には感激しました。

また、大阪から帰省された方がパーティ用にとおきものをお求めくださいましたが、大阪でのパーティで、ご出身の熊本の染織作家によるきものをお召しいただけるなんて、と思うと、これまた感激で、胸が熱くなる思いがしました。きっと大都会大阪で活躍されている美しいこの方を、故郷の熊本ゆかり作品が無言で支え、守ってくれることでしょう。

それから、作家ご本人による作品解説。この企画は大当たりでした。作品を拝見すれば、そのデザインや色彩、技法から、いろいろなことを感じ取ることができます。しかし、作者ご本人から話をお聞きすると、その見方がいっそう深まるような気がしました。

染料とする草木を採取しに山へ行く時にはマムシにも遭うので長靴に完全装備で出かけたりするとか、染料の染め付きをよくするため用いる呉汁(大豆のしぼり汁)の大豆は国産(北海道産)がいいように思うので選んでいるとか……。作品になってしまえば見えないものにも、本当に最高のものを求めて手抜きなく、慈しむように作品制作に取り組んでいらっしゃるのを知り、拝見した作品に対する思いが、より深くなりました。



「熊本ゆかりの染織作家展」。はじめに私が思いついたときには、1回でもさせていただければ、その夢はじゅうぶんかなえられたように思いました。しかし「和の國」のご支援や、作家の方々のご協力、そして何より買い支えてくださるお客さまのおかげで3回を迎えることができたのですが、今回3回目を迎えて、やはり継続することの意義を実感しました。

たかだか3年目ではあっても、毎年作品を拝見していると、それぞれの作家の方の新境地をみることで、作家の作風の変化を感じ取ることができます。そして、1年目、2年目に感じたこととは別の発見をする思いになったこともありました。

また、一方で、運営上の問題で改善したほうがいいと思われたところもありました。現時点では次回の詳細は決まっていないので、会期中の反省をもとに、よりよい会になるよう反映させたいと思います。皆さまにもご教示いただけましたら幸いですので、お気づきになられたことはご遠慮なく教えていただけますよう、お願い申し上げます。
月に1回掲載させていただいている「熊本ゆかり便り」は、今年も継続させていただきます。今年の前半は、お越しになれなかった方のために、本展に出品された作品の一部を、コーディネート付きでご紹介してゆきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
安達絵里子

熊本ゆかり展最終日

IMG_6109

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は「熊本ゆかりの染織作家展」最終日でして、11:30より溝口あけみさまの作品解説が始まりました(上と下のお写真:一番左側のお方です)。

溝口あけみさまはモノクロの色使いもお好きだそうで、今日お召しの名古屋帯の色は、白、グレー、黒に近い濃紺が使われています。「自分の今の技術でどこまでできるか」と確認するために、制作される時からご自分用と決めて、取り掛かったそうです。

湯のし以外の作業は全てご自身でなさるそうで、「特に糊置きと蒸しの作業の前日は、いつもドキドキするんです」と。。
また、難しいことを「大変だ」と感じる時は「まだまだ」だそうで、それをさらりと平気な顔でできるように、という思いで作品に向かわれるそうです。。。


途中で黒木千穂子さまもお出でになり(上と下のお写真:左から二番目のお方です)、30分ほどお茶タイムのあと、続けて作品解説をして頂きました。

IMG_6119


今日は友禅染めをなさる、という釆子様もお見えになり、技術的な質問も相次ぎましたが、お二人とも、一つ一つのお尋ねに、丁寧に答えて下さいました。


黒木千穂子さまは、はっきりしたお色がお好き、ということで、本日のお着物は、鮮やかな茜染めの無地調子の物です。
糸の素材となる植物の蔓等を摘む作業から織りまで、お一人でなさるそうですが、絣糸を括ったり糸を染めながら、全体像を想像している時間が一番お好きだそうです。。。

作品はお着物(絣染めとつづれ織り)や帯の他に、ショール(眼鏡織り)や名刺入れ等の小物もご出展頂いています。
小物には、お着物等で使った植物(けやき、こうぞ、ぽんぽん草)の皮や茎の部分を糸にするのだそうです。


連日お越し頂いている安達絵里子さま(上のお写真:左から三番目のお方)が、コースターの地風に注目され(少しざっくりした風合い)・・・、
「この糸で織られた帯というのも、見てみたいですね」
「糸が固いので、これは一方向(横など)にしか折れないんです」
「では、二部式の帯ならどうでしょう」

・・・と、黒木さまとやり取りをしながら、お話がどんどん具体的になって行きます。
来年の展示会では、その帯がお目見えするかもしれませんね。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

熊本ゆかり展3日目

IMG_6076

みなさま明けましておめでとうございます。スタッフの鋤先美紀子です。
本日が仕事始めとなりまして、新年のご挨拶が遅れてしまいました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます


さて、「熊本ゆかりの染織作家展」も3日目を迎えています。
今日は吉田美保子さんが11:30から作品解説、ということで、開店前からお客様がお見えになり、今日も賑やかな店内です。

吉田美保子さまの作品タイトルは、「シトラス・イエロー」のように英語(カタカナ)の物が多いのですが、作品を作り上げてからタイトルを決められるそうです。
「見ている方がタイトルを通して、色々と想像して頂くきっかけになれば、と思います。」

また、一つの名古屋帯を広げて下さり、「帯の生地として連続して見た時に、お太鼓部分まで柄がつながっていくようなリズムも大事にしています。
ちなみに、お太鼓の中にくる部分は外からは見えませんが、見えない仕事も、その方(購入された方)だけの密かな楽しみとなるのでは?と思っています。

「普段から、気軽な気持ちでどんどんお着物を着て頂きたいです。例えば伝統的な大島紬などでも、現代的な帯を遊び心で取り入れて頂ければ…。」

それから、現在の糸づくりの厳しい環境や技術的な難しさについてもお話しして下さり、「その方々に比べれば、私の仕事は楽な方ですよ」と・・・。
以前、良い糸を作られる工場が閉じる、という時に「大分無理をして買いました」と仰る糸で織られた、上品な光沢が広がるお着物も、厳選された素材の部分からお話をうかがうと、作品への愛しさも、余計に増してきます。。。


普段はなかなかお会いできる機会のない、熊本ゆかりの染織作家の方々が、こうして毎日交代でお越し下さっています。
明日は11:30〜溝口あけみさま。13:30〜黒木千穂子さまが作品解説をして下さいます。

展示会は明日まででございます。
ブログをご覧の皆さまにも、是非お出かけ頂きたく存じます。。。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

記事検索