2006年10月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

雅やかで美しき一日・・・。

8865cce2.JPG 昨日は朝から、月に一度 特別に行う「『前結び』着付学院 和の國」があったり、結婚披露宴にご参列なさる方にお振袖の着付けをさせていただいたり、「はんなり展」にお越しいただいたりと、多忙な一日を過ごさせていただきました。

 そんな中、お着物でお出かけの貴志子さま・祐子さまがお立ち寄りいただきました。(画像参照下さい)お話を聞いてみると、八代のお茶会に公共機関のJRを使ってご参加なさり、ニューオータニ熊本でランチ後、和の國にお立ち寄りいただいたとのことです・・・。
 日々仕事を頑張り、そして休日となるとお着物姿に変身し、雅やかで美しき一日を過ごされるなんて、とても素敵ですよね・・・。ランチは中華だったそうですが(笑)、これぞまさに日本女性! パチパチです。 きっと「普段にお洒落にきものを着たらいいよね」って思われた方も多かったことと思います。

 みんなみんなきもの着ましょうよ。
  だってだって、私たち日本人だもの。
   もっともっと日本人としての誇りをもちましょう!!

 「私たちがきものを着て、その良さ素晴らしさ美しさを、次の世代に伝えていかなければならないんじゃないかな」って私は切に思いますが、いかが思われますか・・・?

 
 ところで、昨日の、新日曜美術館ご覧になりました?タイトルが「第58回正倉院展〜聖武天皇と光明皇后の夫婦愛物語」でした。私は、週のうちで見たいTVが2つありその一つがこれなのです。良かったです。ほんといい番組でした。

 それにもましてタイムリーで嬉しかったのは、なんと今日今から正倉院展を見に行くようにしているからです。
 月初(月末から)は、毎月京都なのですが、今日が定休日でお茶のお稽古もお休みということもあり、前々から一度みてみたかった正倉院展を見ることができるのです。ほんと嬉しいです。こころ踊る気持ちです。
 そして明日と一日は仕入先さんよりチャリをお借りして、仕入先さんや別注の先さんを回る予定で、時間があれば、樂美術館や京都国立博物館にも行けたらな〜って思っています。 ではではフライトは8時ですので、今から菊池温泉(わくわく温泉)で一風呂浴びて、元気に行ってきま〜す。

美しき涙・・・。

5f0cc053.JPG 「この仲間ともう野球ができなくなると思うと…、7回ぐらいからもうボールが見えなかった。」ご存知、北海道日本ハムファイターズの野球選手新庄剛志が残した言葉です。
一生懸命に取り組む姿ってとっても綺麗で輝いています。
やはりまっすぐ生きるから、流した涙も美しいのですよね。
 
 当、和の國も道を求めて、この道をまっすぐ一生懸命に生きています。
感動ってスポーツや映画などに多いけど、和の國もお客様に喜びや感動を与えられるような店を目指して頑張っていきます。

 また、ご好評いただいています「はんなり展」も明日までです。手前味噌ですが、和の國がまたチョットイメージが変わってはんなりとして良いですよ。
 ぜひお出かけ下さいね。意外な発見があるかもしれません。。。

和の國ランチ?

cabf8957.JPG 今日は、和の國(茨木國夫)のお昼のランチの紹介です。
 なぜ、この内容を書こうかと思ったかといいますと、左下のお弁当箱が私の幼稚園時代…なんと40年前のお弁当箱だからです。おもわず嬉しくなり写真をとってみました。絵の下には名前が「いばらきくに」と刻んであります。生まれたときは「くにを」だったのですが、言いにくいということで幼少と時に「くにお」に変更になったみたいです。
ほんと懐かしいお弁当箱で、おふくろもみつけたのでしょう・・・。サプライズでした・・・。(^o^)/

 余談ですが、母の手作りのきんぴらゴボウ、ほうれん草のごま醤油だとか大好きな精進料理に、しじみのお味噌汁で「和の國ランチ?」をいただきました・・・。
おかげ様で今日も元気!です。

また今日も・・・良いことばかり。

d69aa6d5.JPG おかげさまで、今日もまた良いことばかりでした・・・。
 まず、朝から裏千家の月釜行ってきました。炉開きを前にした…とても良いお席でした。中置で藁灰…!! とても素晴らしかったです。 いろんな準備が大変だったことでしょうが、ほんとうに良いお席でした。

 それから、11時頃お店を開けると同時に、京都の加納織物の担当者(山代さん)がお見えになり、そうこうしているうちに良子御令室様がいらっしゃって、夕方5時過ぎまでず〜っとお客様でした。お顔出しにいらっしゃる方もあり、おきもをのお求めいただくお客様もあり、しみ抜きのきものを取りに来て頂くお客様もあり、ご注文をいただいたお客様あり…と、ほんと多種多様の一日でした。(今18時半ですが、横で家内は、今お昼ご飯を食べています・・・。)

 今日のお写真は、平冨家の皆々さまで、結婚披露宴の後お立ち寄りいただきました。お父様は三人のお子様を厳格な躾をなさっており見習うべき事が多々あります。その横で優しく微笑む美和さまは、芝崎重一さんの胡桃で染めたきものに、福島輝子さんの型絵染の帯をお召しいただいていますヨ。香しいお着物姿ですよね。
 和の國のテーマでもある…「品良く楽しく!」の見本ともいうべきコーディネイトで、ほんと我々も嬉しくなります。 ほんとよくお似合いで、またご自分できものをお召しになったところにも美しさが漂っています…。
 また、ご主人様とご家族皆様でお立ち寄りいただくって、ほんとに有難いことでございます。

 感謝を胸に、お客様に喜ばれる店創りが出来るよう頑張っていきます。
 本日のご来店の皆々様、本当にありがとうございます。
 そして、このブログを読んでいただいている皆さま…本当にありがとうございます。
心からの感謝を込めて・・・。  茨木國夫 

良いことばかり…

eb8af3df.JPG 先ほど、親子三代でご縁をいただいている…母上さまと雅やかな人(雅人さま)がお見えになられました。母上さまは上品な芝崎重一さんのきものに身を纏い、雅人さんは横山俊一郎さんのみさやま紬を重ねで何気なくお召しいただいて!
 ほんと嬉しいですね。お着物でしかも親子で和の國へお越しいただくなんて。ほんとに有難いことです。私達って幸せですよね。ありがとうございます。

 その慶応ボーイの雅人さんから大学生活をお聞きすると流石です。趣味・興味も多岐にわたり…大学生活を100倍エンジョイなさっており、キラキラと目を輝かせながらお話なさる姿がとっても印象的でした。
(実は、雅人さんとご縁をいただいたおかげで、学園大付属高校2年の長男健互は弓道部に入ることになった私達の恩人なのです。もちろん、一番は雅人さんのお母さんのおかげなのですが・・・。)

 約2年前…この地にお店を出させていただいて、いろんな感じでお客様がお立ち寄りになられます。
ほんとにありがとうございます。
当、「和の國」は、ご存知のように「染織工芸サロン」でございます。 私共の主旨をご理解いただき、お客様が「染織工芸サロン和の國」に集っていただいてこんなに嬉しいことはありません。 ほんとうにありがとうございます。

 これからも、もっともっとお客様がお立ち寄り頂き、楽しんでいただける店創りに励んでまりります。 
 今後ともよろしくお願い申し上げます。 
            和の國を皆で可愛がって育てて下さいね。

 

良いことばかり・・・(昨・今・明)

93aab5d0.JPG その機ΑΑ
 昨夜は、熊本城で秋のお城まつりの一環として、薪能「葵上」がありました。「八島」のお仕舞いももちろん素晴らしかったのですが、本能をライトアップされた熊本城をバックに無料で見ることが出来るなんて、ほんとにこの企画をなさった関係者の方に感謝・感謝です。 薪能って風情があって幽玄の世界そのものですよね。 素晴らしい、ほんと素晴らしい!! 

 その供ΑΑ
 今日の午前中は、大慈禅寺にてお茶会に参加させていただきました。表千家・裏千家・そして「もえぎの会」の皆さんによる立礼席があってました。表さんも裏さんも良いお席で仕事に入る前に二席も入れるなんて、こんなに幸せなことはありません。またお席を持たれた先生方の笑顔もとても印象的でした・・・。 

 その掘ΑΑ
 先ほど、お客様が熊本ホテルキャッスルにて結婚披露宴にご参列ということで、着付を当方でさせていただきました。画像はご要望により後姿ですが、品が良かったです。訪問着は糸目友禅の最高峰「安田工房」に、帯はもちろん「洛風林」!さり気なく着こなされて、ほんとよく似合ってらっしゃいました。
 着付をさせていただいた家内も、「綺麗〜。素敵〜。」って何度も口にしていました。 控えめながらもエレガントでこのような上品な装いで参列なさるなんて、主賓の方々への最高の花の添え方でしょうね…。 
 
 その検ΑΑ
 今日より、29日(日)まで、「はんなり展」が染織工芸サロン和の國にて始まりました。「はんなり」とは「上品で華やかなさま」です。
いつもの展示より「はんなり」とした雰囲気でお待ち申し上げます。是非、期間中遊びに来てください。
 ちなみに、先ほどご来店いただいたお客様は、「なんかいつもとチョッと違った雰囲気がしますが、この感じもまた良いですね。」との事でした。 あなた様もご来店いただいてご感想聞かせて下さいね。 待ってま〜す。

 その后ΑΑΑ
 明日は、裏千家の月釜が白川公園お茶室で行われます。笑顔の素敵な先生(一緒に月曜日にお稽古をさせていただいてる方)がお釜をかけられます。朝一番にお席入りしてお店に入る予定です。 
         
          今からとても楽しみです。(^o^)/


 追伸:今日のお茶席にかかっていたお軸は「竹に上下の節あり」でした。日々の中でも節目・節目を大切に「今」を大切に生きてゆきたいものです。
笑顔で頑張ります。
 
 

早朝の発見・・・。

 こんにちは。 昨夜は12時半頃眠りについたのですが、今日はおかげ様(気合)で早く起きることが出来ました。夜明けぐらいから散歩にいったのですが、東の空はうっすらと明るくなりながら、三日月のお月様がとても可愛らしいかったです。
 そんな中、菊池神社にお参り後参道を歩いていると、「コッコッコッ…」「トントントン…」みたいな小学生時代に野鳥観察の時に聞いたような…そんな音がしてきました。
 なんの音かなってあたりをみたら、桜の木に「きつつき」が醸し出す音じゃないですか。嬉しかったですね。一つだけの音ではないのでよくよく観察してみると、3羽いましたよ〜。その音も素敵だけど、動きもとっても軽やかでした。
 朝から、こんなに自然美豊かな情景に触れることができ幸せでした。
 
 明後日からは「はんなり展」を予定しています。その準備などで今日も忙しくなりそうです。そうそうお客様には、今日「はんなり展」のご案内のハガキが届くかと存じます・・・。
 今日も「笑顔で、楽しく美しく!」をモットーに一日を楽しみたいものです。笑顔で頑張ります。(^o^)/

心の詩

 毎月毎月、お客様と和の國を結ぶ情報誌を発刊して約800枚のお客様にお送りさせていただきます。その名も「和の國便り」で、今月で67号です。今はお客様のお声もありハガキサイズでお送りしているのですが、表の宛名を書くところの下に【心の詩】と題し、心に残る一言を毎月書いています。
 
 今月は、『無駄とも思える努力の積み重ねが、「美しさ」を維持する』という言葉を載せています。この言葉ってとても深い意味があると思います。ほんと見えない努力の積み重ねって大事ですよね。その美しさも外見や中身などでもまた切り口が違ってくるみたいです。
 私は、「無駄とも思える努力の積み重ね」って言葉がとても好きです。努力を積み重ねていったら無駄って発生しませんし、やがてはその積み重ねがその人の人格を磨いていくのでしょう・・・。 そして美しさを維持するどころか、益々磨きぬかれて男(女)を上げていったら最高ですね。
 
 なんでもいいから一歩を踏み出し、そしてその事を続けるってとても大切ですよね。「言うは安し、行うは難し」という格言もあるように私も【きもの宣言】以外に「早起き」とか「禁酒」とか「部屋の整理整頓」とか見えない所での積み重ねを、日々頑張ってゆきたいものです。
 私の実行可能の一番手は、「早起き」かな? 5時頃起きて散歩の前に整理整頓をして、そして夜が明けたら菊池神社にお散歩(お参り)に行けば、とっても有意義な朝のスタートがきれるでしょうね。

 よし、トライしてみよう!(かな?)。。(^o^)/
 トライは出来ます。あとは、「努力の積み重ね」それも「無駄とも思える努力の積み重ね」だけですよね。「継続は宝なり!」という至言もあるように、まだ見ぬ自分自身にチャレンジしてみたいものです。。。
 よし、自分自身の宝探しの旅にでも出ようかな。

もう一度会いたい「笑顔」・・・。

今日は月曜日・・・。和の國は(名目上)定休日ということもあって、月曜日をお稽古事にあてています。(家内はお昼よりその定休日を利用して、『前結び』きもの学院和の國を開講しています・・・。)
 お茶のお稽古ともう一つ習い事をほんのチョットしているのですが、そのお稽古も4時半位には終わりました・・・。

 そして、なんとなくゆっくりしたかったので、空港裏の「竜神の湯」へ向かいました。夜行くことがたまにあるし、そこにいらっしゃる受付のおばさまはとっても笑顔がいいのですが、なんと今日5時頃にいった受付のお嬢様の笑顔がとても素晴らしかったです。いつもなら素直に「素敵な笑顔ですね〜」って言えるけど、その言葉をためらうほどの素直で輝かしく…美しい笑顔でした。。。
 一時間後お風呂上り後の「もしかしたら」の期待もむなしく・・・、いつもの優しいおばさまの笑顔・・・。「いいお湯でした。ありがとうございました。」「お気をつけて。またお待ちしています」の会話で終了・・・! あ〜あ。

「もう一度会いたくなる笑顔」って45年間の間で何回あったでしょう・・・。いや・・・。
 「笑顔って人の心をこんなにまで魅了し癒してくれるのか」って余韻が残り、また勉強にもなり、考えさせられる出来事でした・・。きっといいご両親や暖かいご家族のもと育んでこられたのでしょう・・・。
 明日はまた、一日のスタートです。とびっきりのいい笑顔で頑張りたいと思います。応援して下さいね。
 

 追伸:秋の夜長にほろ酔い加減で書き込んでいます・・。やはりお酒って美味しいですよね。 でもそろそろまた禁酒ウイークを設けて、先手先手で人生を楽しみたいものです・・・。笑顔万歳! 生きること万歳!
 

石川県珍道中-

90641727.JPG 
 そして
  日本海に沈む夕日に見送られながら、
          帰路につきました・・・。


   学び多く…
     心癒される…
         2日間でした。

           本当にありがとうございました。
                           茨木國夫・ゆり

石川県珍道中-

8a7244f6.JPG 昨日に続き、今日は石川県二日目です。朝からゆったりした気分で新聞を読んでいると目に飛び込んできたのは、「第34回金沢骨董まつり」の新聞広告です。丁度日程が13日〜15日だったので、最高です。九州や京都とまた土地柄も違うので掘り出し物があるかもしれないと思うとウキウキどきどきモードになってきて、心急ぎ朝食を済ませその会場へと向かいました。ありましたヨ〜、素晴らしい品々が!「用の美」が私の身上ですので、自分の懐に合わせて普段使いの出来るものを数点求めました。
 
 そして、それからが今日も見聞の本番です。まずは、石川県立美術館に行きました。やはり収蔵品は流石ですね。まずは、野々村仁清作の色絵雉香炉が格調高くお迎えしてくれました。 古九谷焼も見事で圧巻でした。
 前に一度「兼六園」には来た事があったので「るるぶ」で穴場?を探しながら、ひがし茶屋街へ向かいました。茶屋建築物を眺めながら、そぞろ歩きを楽しんだしりしました。

 そして向かったのが、能登方面の「千里浜なぎさドライブウェイ」です。そこはなんと、砂浜が全長8kmあり、車や大型バスも疾走できるんです。砂浜を車が何事もなかったように走るなんて私の中にはありません。よくよく話を聞くと「砂が細かく、海水を含んで固く引き締まっている」との事・・・、ハマグリなどを焼かれる浜茶屋にも立寄ったので「少し海の方を走ってもいいですかね〜」って聞いたら、「止まらなかったらOK」との事で、勇気を出してトライしてみました。スリル満点!家内は「そんな危ないこと!」って言いながらも、運転を代わったら結構楽しんでいました・・・。
 (ぜひ画像をクリックして、大きな画面で見てみてください。
                     運転手:茨木國夫、撮影:茨木ゆり)

 

石川県珍道中-?

c32b7d46.JPGe550218f.JPG
昨夜の小松空港〜博多のANA最終便で帰ってきました。
12日は9時頃石川県の小松に着いて、13日は小松空港を20時25分に発ったので丸々二日間有意義に過ごすことが出来ました。

 予め、レンタカーを予約していたので行動範囲はおのずと広がります。石川県の山代温泉の「あらや」さんを初日の最終目的地として、まず、「那谷寺」そして「伝統工芸村・ゆのくにの森」へと行き、「魯山人寓居跡いろは草庵」でゆっくりさせていただき蘊奥を極めた魯山人と静かに対話することも出来ました。 
 お昼はお蕎麦で軽く済ませ、大聖寺にある石川県九谷焼美術館鑑賞させていただいた後、近くの骨董店を5件ほど廻りました。おかげさまで一つ気に入ったものをゲットすることが出来ました。(^o^)/

 そうこうしているうちに4時近くなったので、「あらや滔々庵」へと向かいました。そこは染仕入先さんが来年の春物の新作を発表しているので、やっと本丸へとたどり着いた感じですが、目に飛び込んできたのは、一枚の襖絵でした。流石、北大路魯山人ですよね。それはそれは堂々として見事な描写でした。この旅館は今年の2月号の月間宅配誌「和楽」で紹介されただけあってミニ美術館みたいなもので目をみはるものばかりでした。。奥には、網代に漆で「楽痢廖シズケサヲタノシム)と書かれた作品がとても印象的で、文字にも静けさや無限の広がりを感じました・・・。余韻・余薫・余情・余風・・・、もっともっと余の世界を楽しみ魯山人の美学に一歩でも近づく努力をしなければ…と、里韻気魍擇靴澆泙靴拭

 そうそう肝心な仕入先さんとは、品の良い付下げは来年向きの染の別注もですが、きものの地色に色遊びでクリスマスやお雛様などを表現する和の國オリジナルの染もお願いしてきました。考えただけでワクワクするようなものです。良い染に仕上がってくると思います。とても楽しみです。
 
 まずは、初日(12日)・・・。大満足でとっても有意義な一日でした・・・。


 画像は、あらや滔々庵さんにある北大路魯山人の作品の一部です。
 (画像をクリックすると、大きい画面で見ることが出来ます。)
 

行ってきま〜す。

 おはようございます。ただ今の時間、ちょうど5時を回ったところです。
今日は、7時50分のフライトで福岡空港より飛んで、石川県小松空港へと向かいます。もちろん仕事ですが、レンタカーも借りているので北大路魯山人のゆかりの地や、古九谷焼の美術館、はたまた骨董店めぐりなどしようかなって思っています。珍道中になりそうで、ワクワクしています。 ちなみにお宿は山代温泉のあらやという所みたいです。
 
 それから申し訳ないのですが、家内も一緒に行くようになったので、本日(12日)と明日(13日)は、和の國は臨時休業させていただきます。この場をお借りしてお詫び申し上げます。申し訳ございません。
 楽しいお土産話を持って帰りますので、また是非遊びに来てください。お待ちしています。


 それから、昨日は、第6回『和の國エレガント講座』を開講させていただきました。内容は、「きものから出た諺(ことわざ)勉強会」です。(ちょっと画像の映りが……。トホホ)でも、喜んでいただきました。
 きものから出た諺でも、袖から出た諺、襟から出た諺、帯から出た諺、その他という様に分け、その諺の持つ意味を説明させていただきながら、実際に使う練習をしていただきまいした。

 その中の講義の内容を聞いてください。
 ●「袖振り合うも他生の縁」と言いますが、縁を大事にしたいですね。
 ●あの方は、「衿が厚い」ですね。
 ●「帯を解いて」ゆっくりしましょう。
 ●和の國にいらっしゃっている方は、「裾さばき」が綺麗ですね。
 ●「無い袖は振れぬ」って言うじゃないですか。お役に立てず申し訳ございませ   ん。
 ●今日は「借り着より洗い着」来ました・・・。
 ●「……比翼の鳥…、地に在りて願わくば連理の枝とならん」結婚式で使えそうで  すね。だれか結婚しないかな〜
 まだまだたくさんありますが、実際に使ってみるといい言葉もたくさんあります。諺などを交えながら、美しい言葉をもっと普段に使ってゆきたいものですね。

 あっ、今5時28分時間が圧してきました。今から、福岡空港へ向けて出発です。安全運転で行ってきま〜す。そして元気に帰ってきます。(^o^)/

2日続けて、心豊かな午前中・・・。

91a156a6.JPG 昨日はお店を開ける前に、熊本県立美術館本館にて「エコールド・パリ展」を見てきました。サブタイトルに「天才たちの祝祭」と書いてあるのもなるほどって頷けます。私はキスリングが描いた「イングリッドの肖像(スエーデンの少女)」のバラをもつ姿がとても印象に残っています。やはり、パンフの表紙を飾るだけの事はありますよね。(写真参照下さい)
 その説明文は、「・・・(前略)・・・膝に置かれた一輪の花に託されたものは、生の輝きと美のはかなさのまなざし・・・」と書かれていました。絵を見てそこまで感じ取れるって素晴らしいことですし、私もそういった豊かな眼を持つよう努力しなければと、心に刻んだ次第でした・・・。


 今日も、お店を開ける前に9時頃から店のスタッフと家内と3人で、細川邸・泰勝寺で行われている「熊本県芸術文化祭参加合同茶会」に行ってきました。表千家のお薄席と裏千家のお濃茶席に入らせていただいたり、肥後古流さんのお手前を拝見させていただき、秋風や鳥のさえずりと戯れながら情趣豊かなひとときを過ごさせていただきました・・・。
やっぱりお茶っていいですね。ほんと良いですね。。。
 心豊かな気分で、お店に入っています。(^o^)/

体力勝負?

 今朝は、西の空に雲とのコントラストを演じる名月を横目に、和の國(熊本市城東町)へと向かいました・・・。時計に目を向ければ、なんと菊池の自宅出発は夜明け前の午前5時35分! 昨夜は、満月のお月様に照らしていただきながら家に帰ったのが午後10時過ぎで、すぐ朝が来たようなものです。ちょっとハードです。 でもでも良い方に考えれば、夜明け前の雅やかなお月様を眺めることが出来たので良しとしなければなりません・・・。
 なんでそんなに早く和の國に来たかというと、熊本学園大学付属高等学校に通う高校2年の長男(健互)が、弓道の試合がある為です。チャリを置いている「藤崎宮に午前6時10分に着きたい」と言うので、父親らしいこともしなければなりませんよね。
 
 なんか体力勝負って感じですが、今日もまた良いことがありました。
それは、長男のおかげで朝早く市内に着たので、熊本城を朝から散歩することが出来たからです。丁度二の丸広場ではラジオ体操なさる姿が数多く見受けられ朝の息吹をおのおの楽しんでらっしゃいました。 やはりすれ違う方に、「おはようございます」って見知らぬ方にもお声掛けするってとっても良いことですね・・・。菊池なら朝の挨拶が当たり前って思っていましたが、熊本市内でも皆様が明るくご挨拶なさるので、「あ〜いいな」って思いました。ちょっと感動しました。やっぱり熊本って良いですよね。(^o^)/

 話は戻り、また今夜は家内が信愛中に通う娘のクラス会(飲み会)に行っているので、それが終わるのを待たなければなりません。トホホ  今夜も、和の國を出るのが10時位…になるやもしれません。そしてそして明日も子供の試合なので、6時過ぎにはまたこちらに来ています。 ゆっくりしたい〜! ちょっぴり本音です。
 

 明日は、藤崎宮秋季例大祭ですよね・・・。
 明日もまた、良い一日となりますように・・・。

 

名演出家・・・。

 昨夜は、大感動でした・・・。
 お店を出たのが、夜の9時45分位なので10時半頃帰り着きました。気分転換に菊池の田舎庵という…居酒屋さんに立ち寄り、帰りにローソンで冷酒を買って、部屋のベランダから月を眺めていました・・・。そして大の字になって、月の鑑賞会・・・。
 ほんとに綺麗でした。月の美しさを演出してくれる雲の動きもカッコ良く、「男性が雲を演じて、女性がお月さまかな」って一人悦に入っていました。月・雲・風の演出家に加え、虫の音色の三重奏がホロ酔い気分にしてくれました。
 ほんとに、宵待月(よいまちづき)と戯れる時間が持ててと〜っても幸せでした。

 今日は仲秋の名月ですよね。また今夜も楽しい一日になりそうです。
 また、明日は十六夜(いざよい)、そして立待月(たちまちづき)・居待月(いまちづき)・寝待月(ねまちづき)と続きますよね・・・。そんな美しい名称にも悠久の想いを馳せながら、夜のまた楽しみを与えてくれる演出家と共に素敵な秋の夜長を過ごしたいものです・・・。                           

非常勤講師?

54196a8e.JPG 昨日は、熊本県山鹿市立岳間小学校の非常勤講師?として頑張りました。
というのも、あるご縁から「和の文化などについて小学生に話して欲しい」という要請があったからです。
 全校生徒の前で少しお話させていただき、そして5年生の3・4時間目の授業を担当させていただきました。今回は「立ち居振る舞いについて」というテーマのもと、姿勢やおじきの仕方などについて、講義はもとりより楽しく体験していただきました。
 
 それはそれはどなた様もとても素直でいい子ばかりで、とっても目が輝いていました。今日の感想をって先生からきかれたら、「おはようございますやこんにちはの意味がわからないまま言っていましたが、その意味も教えていただいたので、その意味を込めてお父さんやお母さんに綺麗なおじきをしたいと思いました。」という有難いご意見もありました。チョッとうるっときましたし、良い経験を私もさせていただきました。
 
 校長先生はじめ東田先生など、生徒さんを思う気持ちがとっても強い良い校風の小学校だと思いました。
 また耳を澄ませば、川のせせらぎが聞こえ山紫水明なる美しさを醸し出していました・・・。
 その後は、12月と1月とあと2回予定を組んであるみたいです。子供の素直さ無垢な気持ちに触れることが出来、こちらも沢山のことを学ばせていただいた…一日でした。

ただ今帰りました・・・。そしてGO!

 9/29(金)の夕方より上京し、10/2(月)昨夜帰ってまいりました。京都国際会議場での土日の二日間…、学び多き楽しいひとときでした。流石に裏千家青年部の全国大会です。大宗匠やお家元の講話もとても素晴らしかったし、思考を凝らしたお茶席も、ほんと感動ものでした・・・。
 またその後、有志の方と野村美術館に行けたのもとてもラッキーでした。

 そして10/2(月)は、満を持して京都での仕入れです。朝一は室町の加納織物さんへGO!今回は山下八百子さんの展示会でした・・・。そして、そこで見た型絵染の帯が目に飛び込んできました。その美しさ素晴らしさに心臓がドキドキしてきました。(感動する帯に出会えてとても嬉しかったです。)もちろんゲット!
 その後は、京都文化博物館で琳派百図展が開催されていて、その審査をさせていただいたり、おなじみ洛風林さんや、染の最高峰…安田の糸目友禅を別注したり、お客様よりご注文をいただいているきものを探したりと、かれこれ、10件以上の専門問屋さんを廻らせていただきました。

 今朝は5時半から菊池神社等へお参り。(特に月の始めということもあって。) 一日バタバタで、あっという間に夜の8時過ぎです。今からご愛顧いただいてるお客様宅に袋帯を納品して帰ります。
長〜い一日ですが、とっても充実しています。

 それから、本日素敵なコートをお求めいただきました…由美子さまありがとうございます。おかげさまで、私達も楽しい時間を共有することが出来ました。(^o^)/
記事検索