2007年01月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

超充実??

我が家の裏庭では、梅のつぼみも膨らみかけてきましたが、お変わりございませんでしょうか・・・?
一昨日と昨日、菊池の本店・そして場所を移動して和の國へと珍客が、二日間にわたりお越しいただきました・・・。
その為、昨日家内は、午前中は和の國〜菊池の本店に一度帰り〜また夕方になって和の國へ戻ってきて、仕事済ませ自宅に帰るという…超ハードスケジュールでした。
その珍客も、なんとか無事お戻りいただき、ホッといたしました・・・。

私は、昨日は家内同様…7時過ぎには和の國に入り、珍客との一緒にいて、お昼から「和の國便り」作成…、京都へ商品を送ったりし、帰ったのが11時過ぎ・・・、そして今日は、岳間小学校の臨時講師として行ってきました。
今日でそれも3回目、今回は「和食のマナー」というタイトルで、「いただきます」・「ごちそうさまでした」の語源や、実際に箸置きを紙で作ったり、箸の取り方などのお話をさせていただきました。

実際、今日の料理は、「ほんとに学校給食??」って驚くくらい…給食の先生方が心を込めて作られ、彩りや健康面はもちろんのこと、ふきのとうなどの旬の食材をふんだんに使い、一流料亭に勝るとも劣らないものばかりでした。
名目は講師という立場で行ったのですが、私の方が勉強させられました・・・。
この場を借りて御礼申し上げます。

また、明日は1日の月初め・・・。
仕入れのため、大阪行きの最終というか、今から家内と上京です。
吟味して良いものを仕入れてきます・・・。
ほんとバタバタですが、お陰さまで超充実した日々を遅らせていただいています。

追伸:時間がなく読み直しなどしていません。
文章の意味不明、誤字脱字などございましたら、ご笑読下さいませ。   茨木國夫 拝

「・・・らしさ」の発見!!

今朝はほんのチョッと冷え込みましたが、お変わりございませんでしょうか。。。
朝の散歩に出かけていると、朝の気温がもろに体感出来るからいいです・・・。!(^^)!  
じ、実は、寒いです。
しかしながら、今日みたいなチョッと寒い日も、考え方次第で◎になります。

どんなことかと言えば、寒い方が「冬らしさ」があっていいと思わないですか・・・。(^o^)/
考え方次第で、「あ〜これが本当の冬だ!冬らしくていい!」って思えばそんなに寒くありません。
いや、そんな風に感じるのかもしれません。

散歩しながらいろんなことを想い馳せるのですが、その「・・・らしさ」をテーマに考えてえてみました。
そうすると、「男らしさ」・「女らしさ」・「子供らしさ」・「日本人らしさ」・・・etc、よくよく考えてみると、「・・・らしさ」がつくのは、しっかりとした固有名詞にしかつけれないことが判明してきました。

例えば、「和の國らしさ」とか「茨木國夫らしさ」とかいわれても、即座にイメージが湧きませんよね・・・。
もっと「・・・らしさ」でイメージが湧くよう…頑張らなければと、改めて初心に帰り心新たにした一日でした・・・。

余談ですが、今日は菊池本店に有難すぎる来客?でした。
その来客も明日までみたいです・・・?
成長するためには、いろんな学びが必要ですよね・・・。
全ての事に感謝しつつ…笑顔で頑張ります。(^o^)/    茨木國夫

染織家三人展…その

abade14e.jpg明日まで和の國では、好評の「染織家三人展」を開催中です。
遅まきながらも、私が心酔する芝崎重一氏の、言霊を集めてみました・・・。
(画像は、右より芝崎重一氏・同奥様・母茨木幸子・父茨木國廣です。平成17年5月20日和の國にて撮影)

●「〈きものの着味が良い〉とは、絹がもっている力を100%出せたきものである。」
●「ただ単に、手織りというのが一番良いとはかぎらない。その糸の持ち味を100%だしてこそ、手機といえるのである。」
●「他のことでは、負けてもいい。しかし、この着味だけは誰にも負けたくない!」
●「織物は糸が命である。糸無くして織物ではない。そういった自分のほれ込む糸がない。その糸がなかったら自分で作る!!」
●「今現在、裏(胴裏・八掛)の助けを借りなくて着れるきものはない。糸が死んでいる。糸に力がない。くたくたである。それを唱えつづけた人が田島隆夫氏である…。日本広しと言われるけれど、織物で糸の研究にこだわりつづけたのが田島隆夫氏である。」
●「本来のきものは、着るものなので、無地・縞・格子で十分である。」
●「糸を軽くするためにはどうするか…。やわらかくて、こしがあるためにはどうするか…。しわになりにくくするためにはどうするか…。それにこだわり続けていたら、やはり座ぐりしかなかった。」

●「誰でもチョット背伸びしたら、買える金額であること・・。」
●「糸にムリをかけないように…、糸にムリをかけないように…、染も、織も、絹の良さをきものに伝える努力をすることによって、絹の持つ、かがやき・温もり・暖かさが出てくる。」
●「きものの状態になった時に、繭の表面みたいな凹凸がある自然な状態を作り出すことが、いちばん着易くて、着味の良いきものである。」
●「藍も、毎日の健康管理が大切である。」
●「着味(きあじ)がいいということは、糸が最高であるということである…。」
●「今、お金があったとしても入手不可能になりつつあるのが、良質の灰である」
●「職人はものを言わない。つくった物がものを言う。」
●「いろんな展覧会に出したら、賞がとれるかもしれん。でも賞が取れたら、一気に私の着物の商品価値が跳ね上がってしまう。そしたら、一部の金持ちしか、買うことができなくなる…。そんな賞等私にはいらん。お客様が買ってくれることが賞をいただくことである。」

・・・・などなど、名言の数々を残されています。
群馬県在住の芝崎重一さんの「座ぐりのきもの」はズバリ「糸良し・染良し・織も良し」です。
糸は、赤城山麓の芝崎さんご用達の春繭の座ぐり糸、染は草木120%の木による重ね染、織も手機という…とにかくわが子を育てるように手塩にかけて創られたきものです。
孤高の染織家・芝崎さんのこだわりは半端ではありません。常に研究を怠らず、世界で一番着ごこちの良いきものを目指していらっしゃいます。(私は、その仕事振りに感動して芝崎さんのマメ本を作らせていただきました。)

特に芝崎さんの無地は超オススメです。普通、人間国宝と言われる方でさえ、「無地を一反手仕事で創り上げることは、ごまかしも効かず大変である。」とおっしゃっているのに対し、研究に研究を重ねた技術により、いとも簡単に創り上げる姿には、ほんと頭が下がります。
世界最高レベルの座ぐり糸に天然染料で染めるので、発色がとっても綺麗です。
芝崎さんの魅力は、「色の美しさ」と「着ごこちの良さ」という…2つの観点からも楽しめます。
パーティはもちろん、お茶会などもOK!「何を着ようか?」と迷ったら芝崎さんで決まり。とても重宝しますよ。

長くなりましたが、「百聞は一見にしかず」です。
心よりお待ち申し上げます。
最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。    感謝・合掌 茨木國夫

夫唱婦随・・・?

5e6bab63.jpg皆さまおはようございます。
昨日は、第11回の「きものde探検隊」と題して鶴屋百貨店東館7階ホールで、「舞遊伝」(ブユウデン)を鑑賞しました。
舞遊伝??? 解りやすく言えば、日本舞踊の見方・楽しみ方を、楽しい解説を交えて参加型で教えていただけるもので、当「NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会熊本県支部」といたしましては、15名の参加でした。

画像は、そんな中、第11回「きものde探検隊」、「NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会熊本県支部」に、きものを着てご参加された加澤様ご夫妻が熊本日日新聞者の方から取材を受けた…ショットです。
奥様は、上溝桜で染めた「みさやま紬」に身を纏い、ご主人様を誘ってお越し頂きました。 
まさに、平成の「婦唱夫随」??(夫唱婦随・フショウフズイ)・・・ですよね。(笑)

奥様の勧めでご参加いただいたご主人様は、「いや〜10年ぶりにきものに袖を通しました。なんか、嬉しいような恥ずかしいような・・・。」ということでしたが、仲睦まじくご夫婦揃って、お着物姿ってほんといいですね。
年を重ね…人間としての甘みも出て、おきものを身に纏われるお姿って、蘊奥なる男の魅力をも醸し出して男の極みって感じです。
余談ですが、野田さん(熊本日日新聞写真部)は、ご夫妻でおきもの姿ということが好印象だったらしく・・・突撃取材だったみたいですヨ。

詳しいことは解りませんが、話が上手く進んだら、来月中旬には熊日紙面に掲載されるかもしれません。
早速、明日からデイ・アフタデイ新聞要チェックですよ。ナンチャッテ!(^^)!

そんなこんなで昨夜自宅に帰ったのが10時半、今日は高2の長男の弓道大会の試合の為、早朝5時40分には家を出てきました・・・。
なんと、6時20分には和の國到着です。
そして今夜は、娘の塾が夜の9時45分に終わるので、本日の和の國滞在時間は15時間になりそうです。
また明日は引き続き弓道の試合ですので、寝に帰ったらまた、朝の5時40分には出発です。
チョッと体力的にハードですが、「親もこんなやって頑張ったよね〜。数年後には想い出話に花が咲くよね。」って家内と話したところでした。

今日も笑顔で頑張ります。(^o^)/            茨木國夫

トータルビューティ。

c3b956d5.jpg美しい・・・!! 
本当に美しい・・・!!
香立つような薄卵色の訪問着に、これぞまさに「ザ・洛風林」とも言うべき袋帯を合わせていただいています。
全体の調和がとても良く、ショパンの調べが聞こえてきそうな雰囲気を醸し出されています。
髪もアップにして、お顔が見えそうで見えなく、ほんと奥ゆかしさをも感じさせる麗しいお姿ですよね…。
コーディネイトもいいし、ポーズの取り方もいいし、申し分ありません。(^o^)/

ちなみに、この洛風林の帯は、元和時代(1600年始)の小袖の裂があまりにも美しかったので、洛風林のオーナーが自ら図案を起こされたという…逸品でございます。
今では、このクラスの帯を織れる方も限られた方のみだとか・・・。
こういったワンランク上の帯が一つあると、ここぞの一本で重宝し、無地では帯を引き立たせることが出来るし、訪問着や留袖では格調高くお召しいただけることが出来るからとっても良いですよね。。。

本日は、裕美さまにご登場いただきました。
ありがとうございます。
明日は、あなた様がモデルになりませんか・・・。
PBを大切にしながらも・・・、どしどしご出演お待ちしています。
電話:090-3600-9495、メール:wanokuni@mms.bbiq.jp 、ご来店などなどいろんなアクションを起こして下さいね。
合言葉は、「みんなで創ろう…和の國ブログ」です。
合言葉は、「みんなで創ろう…和の國ブログ」です。                                                 待ってま〜す。!(^^)!

高校入試?

皆さまこんばんわ。
先日は、陰になっていて申し訳ございません。
おかげ様で、心清らかにしっかりと謡う事もできました・・・。

ところで、今日は朝5時起床、いつもよりチョッと早めでした・・・。
というのも長女(中三)の入学試験があったからです。
試験の4時間前に起きた方が能が目覚めるということでしたので、早起きをして学園大付属高等学校の特待の試験に挑んでくれました。
しかししかし、夕方娘が来たのですが、渋い顔をしていました・・・。
いい結果が出ればいいのですが、でも頑張っていたらキッと良い事ありますよね・・・。

本番は、3月7・8日。
もちろん、第一志望校は、済々黌!!
ちょっとハードルが高そうです・・・。
(私は、撃沈が目に見えていたので菊池高校! 長男は撃沈で学府です。)
「子は親の後姿を見て育つ」と言いますが、親も子の頑張りに負けないよう…努力を怠らず頑張らなければと、心新たにした次第でした・・・。

悲し〜いことですが・・・。

とっても悲しい話ですけど…聞いてください。
朝の散歩と朝風呂に行ってルンルン気分で帰ってきて、丁度、7時過ぎに朝食をとっている時に一本の電話が入りました・・・。
「○○さんが亡くなられました。お通夜は今夜で、明日がお葬式の予定だと思います」との事・・・。
電話を切った後、動揺しながらも、お茶のお稽古の当番日だったので、お稽古に行く準備をしながらも車で出発しました。

そして、信号待ちの時、故人のことを考えたら涙が溢れてきました・・・。
「故人のお陰で、私の謡曲の声はある。」「今の私があるのも、親切丁寧に教えていただいたから…。」とか思ったら、体はそっちに向かっているものの、お茶のお稽古どころではありません・・・。
ほんとに前が見えなくなりました・・・。
が、しかし、立場上…当番の日には早く行って裏方の準備などがあるので、どうしてもそこに行かなきゃ仕方ありません。

準備はもちろんの事、初炭手前などもさせていただいたのですが、どうしても頭をよぎりお茶のお稽古は悲惨でした。
「いつもと違うわよ。今日はどうしたの?」って・・・。
ゴメンナサイ。。。。。(です)

お通夜は、午後6時から始まりました・・・。
チョッと早めに着いて奥さんと話をしたかったのですが、言葉がつまり初めの一言二言・・・。
でも私の一番言いたかったことは、
「故人のおかけで、能(謡曲(観世流))が大好きになりました。もし、故人と出会えてなく、教えていただいてなかったら、私の今もなかったです。ほんとうに本当にありがとうございました。」・・・です。

故人が、「あんたも、よ〜上手になったばい。」「途中で投げだしゃせんかて思いよったばい。」という声が聞こえてきそうでした・・・。
故人が冗談で「もし私が死んだときは、これば謡ってな。よう稽古しとかんといかんけんね!」と言いながら、教えていただいていた「卒塔婆小町」を明日のお葬式の時に四人で謡う予定です。
お通夜の後の声合わせでは、みんな涙ぐみながらも謡うことが出来ました・・・。
明日は、どうなるか解りません。

横で勉強している中3の娘が、「お父さん、明日ほんと謡えると?」って言っていますが、どうなるか解りません。、
でも、明日は明日の美しい風が吹きます。
故人の「あたどんも上手になったな〜。これで俺も安心して三途の川を渡らるったい。」・・・と、額縁仕立のお写真のように微笑んでくれる事を祈りながら・・・。

お読みいただいている皆様・・・。
今日は本当にごめんなさい。
書き込みしながら・・・、涙、・・・涙です。          南無・合掌 茨木國夫 


追伸:今までお通夜、お葬式など参列させていただいたことがあるのですが、こんなに悲しく涙溢れた事は始めてでした。
「生きることの尊さ」や「美しい生き方」をも学ばせていただいた・・・一生忘れえぬ一日となりました。
ほんと、「今に感謝」・「生かされている事に感謝」・・・です。                   




三日連続新年会でした。ホッ

今日は「大寒」…、もっとも寒さが厳しい頃と言われていますが、お変わりございませんでしょうか・・・。
私も店に入っていますが、家内を始めとして今年からスタッフが1人増え計4名体制になったので、割と動きやすくなりました・・・。

・・・ということで、私は、一昨日が熊本ホテルキャッスルで「女正月の集い」、昨日も同じ場所で「佳輪会」の新年会、そして今日は、ニュースカイホテルで「熊本国際民芸館」の新年会に行って来ました。
いろんな事が学びとなり、またいい出会いもあり、美味しいお料理に舌鼓を打つことが出来たのですが、新年会3日連続ともお昼でしたが、三日連続となると普段「粗食」の私はカロリーの取りすぎで、「お煮しめ」などが食べたくなりました・・・。
こんな時、人間(私)って贅沢だな〜ってつくづく思います。
反省です。  全てに感謝ですよね。  ハイ

さて、お昼新年会もありながらですが、昨日より「染織家三人展」始まっています。
おかげ様で、数多くの皆さまに本当に喜ばれています。
三名の染織家の方々のそれぞれの、魅力がいっぱいで力作が揃っていますよ。
実際、その風合いを手に触れてみる…いい機会で、各々の染織家の違いが解れば、きもの通に一歩も二歩も近づきます。
奥の深さと、そのものの持つ美しさに魅了されるはずです。
28日(日)までやっていますので、ぜひご覧下さい。
また、私も染織家の書き込みがまだ途中ですので、早めに時間見つけて書き込みたいと思います。
いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。       感謝・合掌 茨木國夫


心に響く…美しい言霊

おはようございます。
今日も頑張ってらっしゃることと存じます。
さて、昨日髪のカットに行きました。
そこでの出来事を聞いて下さい・・・。

私がカットしてもらっている所は、オークス通りの井上ビルの2階にある・・・hike(ハイク)という美容室さんです。
ご縁でオープン当初からお世話になっている所ですが、その人その人にあったきめ細やかな技術もさることながら、スタッフの人たちがまた◎です。

クワタエリナさんという方にシャンプーをしてもらいましたが、技術もさることながら、心を込めてお仕事なさっているその姿が、シャンプーをしていただいている指先からも感じられます・・・。
「いいですね。オーナーもいいし、いい雰囲気でお仕事出来るって幸せですよね・・・。」っていう話をしていたら、そこで帰ってきた言葉が、「いい所でお仕事させてもらってます。店長に言ったことはないのですが、とても尊敬しています。」
                                ・・・・との事。
いい言葉ですよね・・・。
本当に、心に響く…美しい言霊でした・・・。
今でも、そうおっしゃった時の美しい笑顔とその言霊が木霊しています・・・。
当和の國に2人、菊池に1人。計3名のスタッフがいるのですが、果たして「尊敬していただいているだろうか・・・?」って自分に照らし合わせてみました・・・。
日々の言動を振り返ってみると、ほんと怖いですよね。
やはり、どんな考えても修行がたりません。
スタッフの方々より、いつの日か、私も「尊敬している」って言ってもらえるよう…日々努力精進しなければと心に刻んだ次第でした。

昨日の学びと共に…今日も笑顔で頑張ります。(^o^)/            茨木國夫

染織家三人展…その1

2fd30515.jpg今月20日からは、染織家三人展です。

今日は、その染織家の中でも、重鎮の菊池洋守さんをご紹介したいと思います。
まず始めに、東京都八丈島在住の菊池洋守さんについてですが、最近いろんな雑誌で、八丈織の菊池さんの名前をあまり見かけなくなったと思いませんか? 
実は裏読みをすると、それだけ流通が少なくて希少価値をも出てきているということです。
菊池さんの年齢から考えてみても納得ですよね・・・。

そんな菊池洋守さんですが、やはり仕事に取り組む真摯な姿はもちろん、基本がしっかりして卓越した技術から生み出される綾織の輝きは、この世のものかと思うほど美しさを放っています。
まさに「織の芸術品」を見ているかのようです。美しさの中に手仕事のぬくもりも含まれており、珠玉の輝きを放つきものとも言えるでしょう。
また、白州正子氏や柳悦博氏、浜田庄司氏、棟方志功氏等とも交友があったのも納得です。

私が知りえる限り、今後菊池洋守さんを超えるような卓越した技術をもつ染織家は、今後生まれてこないのではないかと思います。
ほとんど店頭で見受けられませんが、セレブと言われている人たちが、銀座・青山あたりを回遊し一番欲しがっているきものが、菊池さんのきものでしょうね・・・。
パーティや式典や結婚披露宴はもとより、ご子息・ご令嬢さまのご入学やご卒業などにお召し頂ければ、控えめながらも品良く美しく輝き続けることでしょう・・・。

画像は、「菊池洋守展」で、当熊本にお越しいただいているお写真です。(平成15年5月25日撮影)

助っ人に、感謝・感謝!!

48c3e9f0.JPG皆さまこんにちは。
今日は割りと暖かい一日ですよね・・・。

当和の國では、1/20〜28日まで染織家三人展(菊池洋守さん・芝崎重一さん・横山俊一郎さん)を企画しております。
いつもはハガキシリーズですが、お伝えしたい内容が盛りだくさんなので、封書の案内状を作成中です。
当たり前のことですが、封筒のスタンプ押しから切手貼り、そしてホッチキスで止めたり、3つ折りにしたりと少ない人数でやれば、結構手間がかかる作業です・・・。
「バタバタするだろう。今日中に終わるかな?」と思っていたので、菊池本店より(縁の下の)力持ち…安武恵美子(当店勤務10年)を助っ人として和の國に呼んでいました。(写真一番奥)

そんな中、もっとも有難い助っ人の登場です。
家内はチョッと派手目なきもの姿(一番左)ですが、その横(鈴枝さま)、右横(貴志子さま)は、当店にお立ち寄りいただいたら、挨拶もそこそこに・・・私たちのその姿を見て、「お手伝いしても良いですよ。」との事・・・。
おきものをお求め頂くこともとっても嬉しい事ですが、こうやってお手伝いいただけることも、とっても嬉しく有難い事でございます。
お二人様とも、とてもとても手が器用で、あっという間に・・・。     です。

皆さまに支えていただいて、ほんと、嬉しいです。
ありがとうございます。
実は、今日のブログの内容は、菊池でいろいろとがんばって頂いている…縁の下の力持ち(安武恵美子)の事を書こうかと、イメージしていたのですが・・・。
嬉しい誤算です。
また、午前中は澄子さまもお立ち寄りいただき、案内状の3つ折りなどお手伝いいただきました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

明日もまた、美しい一日となりそうです。
笑顔で、頑張ります。               感謝・合掌 茨木國夫

一通のお便り・・・。

今日は雨になり、暖かな一日でした。
皆さま お変わりございませんでしょうか・・・。

今、和の國から自宅に帰ったら、NHK連続ドラマの味噌屋のジーちゃん役で、地で名演技された…八名信夫さんからお葉書が届いていました。
 
その内容は、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新しい年 皆様に 素敵な毎日でありますように。
1月18日(木)朝8時35分『生活ほっとモーニング』で別府・湯布院を旅しています。
冷え込んだ街で 幾つものぼる真っ白な湯煙
あったかい出会い・ふれあい
地獄の釜で作ったさつま芋(悪役たちが地獄の釜に?)
川で洗濯をしていたおばあさんたちの最高の笑顔!などなど「今年も頑張れるぞ」
そんなおもいやりを沢山いただいています。
良かったら、是非(VTRに撮っても)観て下さい。
                         悪役商会 八名信夫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、RKKラジオがご縁で八名信夫さんとのご縁がありました。
そして、八名信夫さんを熊本で応援する団体「肥後八名組」に入会させていただき、いつのまにやら幹部どころです・・・?
最初の出会いから、もうかれこれ、7〜8年前の出来事でしょうか・・・。
おかげ様で、それ以来、ずっといい関係が続いています・・・。                    
また、来年は八名信夫さんが久々熊本でディナーショーを開かれる可能性があります。
その時は、また早めにお知らせさせていただきますネ。
私はもちろん裏方ですが、皆できものを着て参加しましょう。
独特の立回りなど、競演出来るかもしれませんよ。(^o^)/    ほんとに・・・。

そうそう、18日は忘れずにNHKの「生活ほっとモーニング」観てくださいね!
また知人にも、「私の知人の知人が出るよ」って、メールやお電話のご協力お願いします。
また明日は、第9回エレガント講座です。 
               今から明日の分の最終チェックです。(^o^)/

京都でも東京でも、唸りました!

fc71aeb5.JPGこんばんわ。いかがお過ごしでしょうか・・・?
出張から帰ったら、有難い事にいろんな事が目白押しです。
ひとつひとつ…、あせらずやっていくしかありませんよね。
頑張ります。 ハイ

でも、今回の学び…とてもよかったです。
まだTVではみていませんが、丁度本日新日曜美術館で放映の「京都御所襖壁画」を見てきました。
流石、国立博物館ですよね・・・。
いろんな襖壁画がありましたが、特に印象的だったのが、皇室の方々がその襖壁画を見て教訓とし、日々過ごされていたことです・・・。
唸りました・・・。
本当に頭が下がる思いです。

またその後、東京に用事があったので、東京の国立博物館にもいってきました。
そこでは、「悠久の美」展が開催されていて、中国の紀元前の埋蔵品などが展示されていました。
ここでもまた、唸り深く考えさせられました・・・。
「今があるのには、ほんとにご先祖さんのおかげで、私たちが生きているのはその歴史から考えたら「アッ」というような時間だし、もっともっと今を大切に生きなければ! また、歴史に名を残すようなことをやっているだろうか・・・?」と深く考えさせられ、自分の小ささも感じました。

気分を変え、その後、庭園美術館にもよったのですが、こちらもまた美しい!
眼福眼福です。
ここでは、割とライトな気分で見ることが出来ました・・・。

・・・というわけで、三次元の世界を楽しませていただきました。
今回の出張で留守をしてご迷惑をお掛けしたかと存じますが、ほんと良い学びをさせていただきました。
この新たな学びと共に、もっともっと努力精進してまいります。
今後とも、ご支援ご指導ご愛顧よろしくお願いします。        茨木國夫 拝


追伸:そうそう京都国立博物館前の、ハイアットリージェンシー京都のセレクトショップも良かったです。
京都にお出かけの際は、要チェックかも・・・。
意外な発見があるかしれません・・・。

逆撮影に成功・・・?

e0420292.JPG今日は1時半から、約2時間…「あしながおじさん」の募金活動頑張りました。
手もかじかんでとても寒かったのですが、高校生のボランティアさんの頑張りにつられる形で、
「阪神淡路大震災より今年で12年目を迎えます。家が倒壊したお子様やご両親を無くしたお子様達への育英資金の募金のご協力をお願いします!」
「そういったお子様達も今年12歳になられます。まだまた暖かい支援が必要です!」
・・・という感じで、もちろんきものを着て、たすきを掛け募金箱を持ち、声をからしながらお願いしました。

そんな中、TKUさんとNHKさんの取材があっていたのですが、上通りで長く取材をなさっていたNHKさんを見ながら、高校生の方が、
「この取材の方々にも募金お願いしていいですか?」
って私に聞かれたので、
「そらよかね〜。大丈夫よ!」
って答えたら、早速その高校生は行動に出ました・・・。
やっぱり取材しながら、その美しい光景を目に焼き付けていらっしゃったのでしょう・・・。
お二人共々、目を丸くしながら笑顔で財布からお金を取り出し募金していただきました。
画像は、その時の画像で、なんと逆撮影に成功!!

ほんと、そういった募金活動の姿を撮っていただき、そして募金までしていただき有難い限りでございます。
震災以来、募金活動は12年目のこの時期・・・、
私がその場所に立たせていただくのは、今年で4年目になるのですが、こうやって立ってみると、募金をしていただく方々のやさしさが心に染み入ります。
募金をしていただく人の顔はみんな良い顔なさっています・・・。
ほんとなんでも勉強になるし、人の痛みなどがわかるようになります。
私もこうやって少しは大人になっていくのかな・・・?

仕事もボランティアもなんでも、笑顔で一所懸命頑張ります。    茨木國夫

ただ今帰りました。

和の國ブログをご覧の皆さま・・・おはようございます。
朝ってとっても気持ち良いですね。
昨日は、半蔵門のホテルモントレに泊まったので、朝から皇居を一周することが出来たし、今日はいつものように、菊池神社にお参り(お散歩)することが出来ました。
まだ夜明け前ですが、その燐とした霊気がたまりません。
そう思いながら…朝起きを楽しむ努力をしています・・・。

今日からまた新しい一日のスタートです。
お店に入る前に、ちょっと玉名によってそしてお店に入りますが、明日の初釜の準備にでかけたり、阪神淡路大震災の街頭募金に立ったり、また夜は夜で・・・・・・、予定が目白押しですが、一つずつ笑顔で楽しんでいきたいと思います。

また、時間取れたときに、ここ数日の学びは書き込みたいと思います。
そうそう、街頭募金は、上通りのピプレス前に午後1時半位から立っています。
もし見かけたらぜひ募金お願いします。 
和の國でも、街頭でもお待ちしています。(^o^)/          茨木國夫

3日は大忙しでした

今日もご主人の代わりに書かせていただいています。

過日1月3日はご主人、奥さんとも会合などに出席され、店には新スタッフの末永直美さんと私 鋤先美紀子の2人で入りました。最初は2人でどうなることか、少しドキドキでしたが、常連さまを始め、多くのお客様にご来店いただき、店内は1日中賑やかでした。
普段なかなかお話する機会もなかったお客様お一人お一人とゆっくりとお話しさせていただくことができました。

お客様からは自然と、ご主人や奥さん、お店のことやお着物に関する話題となり、
「着物を着ることにより、周囲の方に喜んでいただいています。」ですとか、
「ご主人や奥さんのお店に対するこだわりや、物事に対する真摯な態度は、なかなか真似ができないですよ。」などとお話をいただいて、新年早々、このようなお話をお聞きすることができ、とても嬉しく思いました。

この日はあっという間に時間が過ぎていきましたが、とても充実した1日となりました。 鋤先美紀子

今年初の仕入れです

8日夕方より、ご主人と奥さんは仕入れのため京都へ上り、9日の最終便で一足先に奥さんが戻られました。今日はご主人の代わりに、9日の様子を私鋤先が書かせていただきます。

9日は新しいスタッフの末永直美さんと朝早くから合流し、朝一番に室町の加納織物さんへ。毎回恒例のことなのですが、目指す商品へ向って駆け出したご夫妻に、末永さんもビックリされたようです。
その後も行く先々で良い柄、良い色の商品を仕入れ、染め出しの注文をし、夜7時頃まで、15件の仕入先さんを次々に回り続け、充実した1日だったそうです。

今回の商品の入荷も、楽しみにしていて下さいませ!    鋤先美紀子

行ってきま〜す。

c619ce22.JPGこんにちは。
3連休の最終日いかがおすごしでしょうか・・・?

小堀家の初釜の帰りにお立ち寄りいただきました。
山内先生はカッコよく、そして美弥さまは、安田の訪問着をゴージャスにおめしいただいてよく似合ってらっしやいます。
流石ですよね・・・。
おかげ様で、今日も沢山のお客様にお立ち寄りいただき、ほんと有難く思います。

今から京都へ行って来ます。
帰りは12日の金曜の予定です。
お店は明日はお休みですが、水曜日以降は通常営業です。
最終便が17.30なので気があせってます。
ではまた、書き込みします。
                       行って来ます。

坂野会長さん登場!

2c9a8556.JPG雨は夜更け過ぎに…雪へとかわるだろ〜♪♪
・・・って感じで、寒くなってきましたね。
お変わりございませんでしょうか・・・?

画像ご覧下さい。
当電気ビル商店会の会長さん(株式会社クラウンガーデネックス・坂野テツ子さま)です。
とっても笑顔良いですよね。
それもそのはず・・・。
8日まで開催中の和の國の「お年玉市」の吉祥くじを引かれて、和の國オリジナル帯揚げが当たったからです。ナンチャッテ。
でも空クジなしで、その他こっぽり下駄やゆるぎ帯〆や干支刺繍タオルなどが当たるンです。
もれなくクジが引けるので、運試しにお出かけなさいませんか?

お隣の坂野会長は、今日はキャッスルでパーティがあったそうで、そのままお着物姿でお立ち寄りいただきました・・・。
ほんと、きもの姿って良いですよね。
お召しいただいている坂野会長さんもいつもとチョッと違った自分を演出でき、また、その御着物姿をご覧頂いた方々も遺伝子が歓喜するので、きものっていいですよね・・・。
みんなできもの着ましょうね。
そしてそして、きものの輪(和)を広げていきたいものです・・・。

近況報告です。

おはようございます。
ただ今の時刻、午前5時07分です。
いつも5時半に起きるのですが、4時半過ぎに目が覚めたので元気よく起きて、素敵な朝を迎えています。

ところで、昨夜はご覧になりました・・・? 「佐賀のがばいばーちゃん!」
夜9時からTKUでやってましたよね。
一度このブログでも紹介させていただいたことがあるのですが、やっぱり良いです。
人としての道をも教えていただいているようで、家族皆んなで涙流しながら、笑いながら…見させていたただきました。

また、新年早々、久留米の控えめで上品な女性の方を始めとし、「ブログ楽しみにみています。」というお声(賀状)をいただいたりして、とても嬉しくなりました。
ほんと、有難いです。
そういったお声!
やっぱり書いていると、「独りよがりじゃないかな?」って思ったりもしたりするので、こういった励ましの声があるとほんと嬉しいし、とても有難いです。
本当にありがとうございます。

それから、1月3日は、菊池高校昭和55年卒業の同窓会が菊池グランドホテルで行われました。
地元菊池で仕事をしていたら間違いなく幹事で、もしかしたら司会進行役などしていたかもしれませんが、わりとお客様気分で参加することが出来ました・・・。
幹事の皆さんお疲れさまでした。
ほんと27年ぶりに会う友達もいて、以外や以外おっさんになったりおばさ〜んになったりしている同級生も見受けられました・・・。
また、当時怖かった体育の先生等も、優しいおじーちゃんになってらっしゃって、微笑ましかったです。
そんな中、「國夫はいっちょん、かわらんね」という嬉しいお声も聞く事が出来ました・・・。
やっぱり同級生って、ス〜ッと高校時代にタイムスリップして話が合うからいいですよね〜。
でも2次会…タバコの煙がもうもうとして、ちょっと苦手でした。(あっ、愚痴言ってゴメンナサイ)

さ〜、今から子供を起こして一日のスタートです。
今夜は、熊本電気ビル商店会の新年会が雑穀屋さんの台所(当ビル北側カド)で行われます。
NHK熊本放送局の村上局長やJTの方もご参列いただけるそうなので、またまた楽しい夜になりそうです・・・。

もちろん、お昼は笑顔でお仕事頑張ります。(^o^)/
新スタッフ(末永直美)も待機中です。
ぜひお店の方にもお出かけ下さいね。
お待ち申し上げます。              染織工芸サロン 和の國    茨木國夫

若水

1月1日は、午前3時過ぎに起きて、行ってきましたよ〜〜、若水を汲みに!!
場所は、菊池市内から車で約17km、菊池水源の源泉ともいうべき場所へ。
そこは、大分県との県境に位置し、曲がりくねった道を登りつめた所の「大滝」と称される…所です。

目的地に着いたのが丁度寅の刻、午前4時といえば明かりなど全くなく、真っ暗闇で凛とした空気.そんな中、岩清水がコンコンと沸き出でていました。

名水の中でも、1年でもっとも尊い水が、ご存知、元旦の午前4時頃(寅の刻)の水(若水)と言われています。
その若水を汲み、市内のお茶の先生宅等にお届けすることも出来ました。
また帰り際に、暖か〜い初日の出を拝むことが出来、元日早々、二重の喜びでした。
なんか、清々しく…良い元日を迎えることが出来ました。


当、和の國では、本日より笑顔でお仕事頑張っています。
もちろん、若水で建てたお抹茶をお出ししていますし、「若水を所望したい!」とおっしゃれば、喜んでお出ししますよ。
無病息災・縁起延命、不老長寿、美的健康…、間違いありません。
ちなみに、この若水…松の内までの期間限定でございます。
お急ぎ下さいね。         
心よりお待ち申し上げます。           

おめでとうございます。

新春 あけましておめでとうございます。
夕方から雨になりましたけど、どんなお正月をお過ごしでしょうか・・・。
年が明けると、「明けましておめでとう」「おめでとうございます」という言葉を、一番耳にしますよね。
言う方も聞くほうも、心あらたまり清々しい気持ちにしていただく…、まさにお正月ならではの言葉です・・・。

そんな「おめでとう(御芽出度う)」の語源は、「正月を迎えた愛でたさの言葉」だそうです。
元日を迎え、あらためて身辺を見まわしてみると、物みな清々しいのが愛でたい。飾りつけも万端整い、お節の用意や掃除清めも済んで、除夜の鐘で心中の煩悩のお掃除まで済ませた…その清々しい状態が「愛でたい」そうです。 フムフム


あらたまの 年たちかえる 朝(あした)より
 またるるものは うぐいすの声             拾遺和歌集・春

 新春の寿ぎとともに、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
                染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫
記事検索