2008年01月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

素敵な着こなし・・・。

412e8306.jpgいつもありがとうございます。和の國の茨木國夫です。

今日は、素敵なゲストをご紹介!
長羽織が出来たので、泥大島紬に型絵染の添田敏子さんの帯でお立ち寄り頂いた由美子さまです。
さりげなく上質のきものを装うなんて、ほんと憎いですよね…。
和の國が目指す…究極のお洒落の組み合わせの一つです。
着こなしも流石です、参りましたぁ〜。

ところで、明日より家内共々京都出張の為、まだまだ和の國にて仕事やっています。
残業しても仕事が追いつかないほど、忙しいなんで有難い限りですが、
「自分で忙しくしているのでは?」
・・・という声も、チラ・ホラと・・・。

でもでも「和の國便り」など終わってないと、京都に行けませ〜ん。
なんか、12月31日の気分で明日が元日?って感じです、ほんとに。
明日1/31と2/1は鋤先美紀子さんが、「ミッキースマイル」で頑張ってくれるでしょう・・・。
皆さまも、ご協力よろしくお願い申し上げます。

店舗改装?

d865659e.jpgお客様に、よりご満足していただけるよう・・・。

お客様に、より喜んでいただけるよう・・・。

ただ今、突貫工事で店舗改装中!!

ここに、何かが・・・。

ユメ・ラ○ック?かも・・・。



4年目を向え、一段とバージョンアップした和の國をこれからもよろしくお願いいたします。
お仕事の帰りでも、お立ち寄り下さいねっ。
「素敵〜」というお声が、早や聞こえてきそうです。(^o^)/

元気、元気!!

503aa70f.jpg東風《こち》吹かばにほひをこせよ梅の花 主《あるじ》なしとて春を忘るな

・・・という事で、東国原知事が応援にかけてつけて、大阪府に橋下知事誕生!
大阪に「東風」が、東国原知事によってもたらされたのではないでしょうか・・・。
橋下知事は、今朝のニュースで「大阪を元気にしたい!」とおっしゃっていた姿が印象的でした。

また、女子マラソンでは、福士選手が初挑戦で結果は・・・でしたが、途中であきらめない「元気」な姿がとっても印象的でした。
なんか、今朝久々テレビをみたような気分でついそのニュースになってしまいました。

私は、今からお茶・書道のお稽古、家内は前結び・きもの学院の講師として一日頑張るみたいですが、やはり「元気」ってほんとキーワードですよねっ。
余談ですが、和の國さんのメールアドレスは、genki923@ezweb.ne.jp(げんきくにさん)なのですよっ。

「元気配信希望」ってメールを送れば、「元気が出るメール」がおくられてくるかもしれませんよっ。
いずれにしても、今日は月の初めの月曜日、月末でもあるし、元気で笑顔で張り切って行きましょう。!(^^)!

國ちゃんミュージアム?

27e281ae.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
昨夜は、林真理子先生の講演会の後片付けをしてから帰路についたので、10時過ぎになりました。(でも立ち見席が出るほどの盛況でしたよぉ〜。)

今朝は今朝で娘の弓道の試合がありましたので、昨日に続き6時には和の國にはいってました。
一日が長いこと、長いこと・・・。
でもでも、娘から今メールもらったメールを開いてみると、「団体戦3位」なったそうで、高校一年ながら試合に出ていて親バカかもしれませんが、好成績ですよねっ。

今日の画像は、オークス通りで右手が電気ビル左手がホテルオークスです。
意外な場所からのショットでしょう・・・。エッヘン(冗談です。)
・・・というか、今まで、
,此舛辰筏特咾らの往復で寝に帰っていたようなもんだし、
∋纏量が増えてきて、和の國のお店も手狭になってきたので、
思い切って、マンションを借りることにしました。

買えたらいいのですが、店をオープンして4年目でやっと、マンションの一角を借りることが出来ましたぁ〜。
ある面では、お城が持てたような気持ちで正直嬉しいですが、まさに「背水の陣」とはこのことかな〜って、正直プレッシャーもしっかりかかっています。(笑)

でもでも全ていい方向に考えたら、「1LDK」ですが、ドアを開けてキッチンからみえる部屋を、「(和の)國ちゃんミュージアム」と称し、また奥の4畳半を「(和の)國ちゃんライブラリー」と呼びながら、仕事がもっともっと楽しくなるように、日々笑顔で頑張りたいと思います。

ブログのご覧の皆様で、我こそは「自称、(和の)國ちゃんファミリースタッフ」と思っていただいている皆さまは、
「小さな小さな小さな〜國ちゃんミュージアムを見てみたい?」
・・・と、そっと、おっしゃって下さい。
小さなお部屋でお恥ずかしい限りですが、もし興味がある方は、「(和の)國ちゃんミュージアム」にお出かけ下さいねっ。

そこで、あのぽん酢で、名水をたっぷり含んだ国産大豆と天草の海水のにがりで作った美味しい絹ごしのお豆腐に、みずななどをお湯にさらっとくぐらせながら、楽しい会話と共に「湯豆腐パーティ」などしたら楽しいかもしれませんねっ。

おっと、その「國ちゃんミュージアム」は仕事がもっともっとはかどって、お客様に喜んでいただき、私たちの睡眠不足解消(健康維持)の為にお借りしたのに・・・、早道がそれてしまいそう・・・。
家内がこのブログ見たら、
「えっ、いつそんなになったの?」っていうので、家内も鋤先さんの接客中の今、ブログを更新します。(^o^)/

そんなこんなで、熊本市いることがもっと増えてきましたぁ〜。
「熊本にお住まいの諸先輩のみなさ〜ん。私たちも命を懸けてこのお仕事を頑張りますので、どうか<どうかb>「(和の)國ちゃん」を応援してくださいねっ。
心よりお願い申し上げます。
      感謝・合掌   (和の)國ちゃんこと、茨木國夫でした。
  

出会いは命。

ba015954.JPGいつもありがとうございます。和の國の茨木國夫です。
最近、ブログの書き込みが飛び飛びになって申し訳なく思います。
でもでも日々充実・日々美しいご縁をいただいています。

ほんと、「出会いは命」とおっしゃる方もありますが、ほんと人との出会いがこんなにも凄く有難いものかと思っています。
無二無三で生きてきたことが少しずつ評価されているのかもしれません。

昨日は福岡出張、今朝は長女の弓道の試合ということで、なんと6時前には和の國到着でした。
午前中、NHK講座の葉書絵教室を途中で抜け、ケア・サポーターズクラブ熊本が林真理子先生をお呼びしている(チャリティ講演会)関係で、ホテル日航熊本での歓迎会に参加してきました。

いや〜、嬉しかったです。
前から愛読し、「家内にも読んだら良いよ。」って言っていた本の作者が、なんと林真理子先生だったとは・・・。
中には、お会いして感極まり嬉し涙を流された方もありその姿を見ている人も琴線が・・・。。

講演会は夜6時半からですが、今から裏方の一人としてお手伝いに行ってきます。
いろんなご縁、出会いは命を胸に一歩ずつ歩んでまいります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
書き込みも仕事も笑顔で頑張ります。

我が師

b2a031a1.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
月曜日の早朝より父母が四国の金毘羅さんに二泊三日で行っているので、余計に慌しい日々となっています。
皆さま、お変わりございませんでしょうか・・・?

私は、泰然自若(たいぜんじじゃく)な気持ちでいればいいのに、いろんな事に一喜一憂です。
特に新しいスタッフの方といいご縁が結べたと思ったら思わぬ展開となったり、反対に夢を語っていたら、黒田如水のような協力者の方と出会えたりと、「出会い」の尊さ・「ご縁」の不思議さ有難さを感じながら、日々頑張っている所です。。。

家内とも、「全てが上手くいくより、いろんな事勉強しながら大きくなった方が余計に、いろんなことの有難さが解って、味わい深い人間になれるよねっ。」
・・・と自分に言い聞かせるように・・・話したところでした。

こんな時、花を愛でるっていいですよねっ。
「花は語らず、全てを魅了する。」
凄い!!
ほんと、「花は我が人生の師」でもあります。

・・・ということで、今日は、今朝摘んだ菜の花をお店のウインドーに生けてみました。
(画像をクリックすると大きい画面で見ることが出来ます。)
花言葉は、「豊かさ・財産」だそうで、これまた良いですね〜。

ここで、与謝蕪村の句を一句、
「菜の花や 月は東に 日は西に」
味わい深い・・・名句ですよねっ。

さあ、「おぼろ月夜」を皆で歌いませんか。(^o^)/
♪・・・♪・・・♪・・・・♪・・・♪・・♪
菜の花畠に 入日薄れ
見わたす山の端(は) 霞深し
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて におい淡し
♪・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪      

大寒です。

今日は、二十四節気の一つ「大寒」ですよねっ。
一年でもっとも寒い季節と言われています。
風邪などひかないで、今週も元気に張り切っていきましょう。

朝は早く起きたのですが、色々していたら時間が・・・。
今から、お茶のお稽古に行ってきます。

モネ談義?

08218bf0.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。和の國の茨木國夫です。
今日は、長男のセンター試験なので、夜明けから朝日に照らし出される雲の動きを眺めながら・・・、チョッと早めに和の國に入りました。

最近、熊本日日新聞を見ていると、「梅ほころぶ」・「阿蘇初冠雪」などなど美しい表現で書かれているので余計に嬉しくなります・・・。
また、皇太子がお題の「火」で阿蘇をお詠みになり、これまた喜ばしいことが続いております。
来年のお題は「生」。いいテーマですよねっ。

さて、今日の画像は、過日ポーラ美術館での「モネと画家たちの旅」〜フランス風景画紀行〜の入り口のショットです。
その企画展の中で感動したのは二つ・・・。
モネの「セーヌ河の日没、冬」ともう一つはご存知「睡蓮」です。

セーヌ河の日没、冬」は、モネが奥さんを亡くされて悲しみの淵に沈んでいた時、セーヌ川に広がるこの景色を見て、「自然の美しさと厳しさ」に感動し、ふたたび製作意欲が沸いてきた作品だそうです。

もう一つは、「睡蓮」ですが、
1)橋と睡蓮を描く。
2)睡蓮と水面を描く。
3)水面に移りゆく・・・雲や空の動きや風そよぐ樹木の陰を描く。
・・・というように、変化が生まれて傑作「睡蓮の間」が生まれたそうです。

その間、睡蓮をなんと300枚描いたそうです。
自分の命を削り、その生命(美意識)を刻むように描いた「睡蓮」・・・、「睡蓮の池」との連作が展示されていて圧巻でした。(^o^)/

私たちも「この道」に生命をかけてお仕事をさせて頂いていますが、やはり、一つのことをずっと掘り下げてやってみると、何か見えてくるものがあるのでしょう・・・。
我が人生と照らし合わせながら・・・、モネの絵と対話しながら・・・、美しい時間が流れてゆきました。

それから、モネの絵を見ていて頭をよぎったきものが、4月に「染織工芸作家展」にて発表予定の志村ふくみ先生作の「新しい海」(訪問着)です。
染織界において、自然の美しさに感動し、そして光の美しさを表現されるのは、古今無双志村先生をおいてほかには見当たりません。

モネがもし生きていたら、縦糸と横糸のみで表現される・・・日本の伝統美である「きもの」の美しさに感動され、そして志村先生との対談も・・・などと夢を膨らませた事でした。

そんな美しいきものをお取り扱いさせて頂けることに感謝をしつつ、今日も笑顔で頑張ります。(^o^)/
応援してくださいねっ。


追伸:そうそう「モネと画家たちの旅」図録買ってきています。
お立ち寄りいただいて、ゆっくりご覧下さいねっ。
もちろん、和の國ブログファンの皆さまは、時間無制限、お抹茶・季節のお菓子付ですよぉ〜。

また、今日は催事中ですが、午後1時半〜パルコ前あたりで「阪神淡路大震災・災害遺児への育英資金などの募金活動」を、わずかな時間でもさせて頂く予定です。
「あなたのあったか〜いハートを少しだけ」いただけませんか?
今日明日と、午後1時半〜3時半の予定で、場所は鶴屋デパート前と下通りパルコ前です。(^o^)/


日本のお母さん

023eeb1b.jpgいつもありがとうございます。和の國の茨木國夫です。
今日から、「染織家三人展」始まりましたよぉ〜。
おかげ様で千客万来!
私は、お客様と一緒に岡田珈琲カレーセットを食べましたが、家内はお昼抜きでの接客で、今ほっと一息状態で、有り難いご縁を頂きました。

また今日から、荒巻英美さん(47歳)が夕方から和の國のスタッフとして加わります。
頑張りやさんなので、和の國同様・・・皆さまの手で育ててくださいねっ。
(平日は午後4時半〜、土日は朝からの勤務となります。)

それから今日の画像は、お母様の愛情と、ねんねこに包まれた可愛らしい仁美(ひとみ)さまとお母様です。
まさに、親の後姿を見て育つ?ですよねっ。
冗談はさておき、ほんと素敵ですよねっ。
和服姿で仁美さまを背負って、ねんねこ姿で和の國にお立ち寄りになるなんて!

美しき…日本人のお母さんに乾杯!
貴やかな…日本人のお母さんに乾杯!
愛情いっぱいの…日本人のお母さんに乾杯!

出会い

今日は、と〜っても良い事が二つありました。
どちらも、「出会い」がキーワードで感謝・感謝のご縁を頂きました。
昨日から、禁酒しているのですが、早今日はと〜っても飲みたい気分です。(^o^)/


さて明日からは、お待ちかね「染織家三人展」で、20日(日)までで、素敵なきものが和の國に入ってきましたよぉ〜。
新春の幕開けに相応しい催事で、とってもいい出会いがキッと待っている事でしょう・・・。

菊池洋守 1940年 八丈島生まれ。
高級ブランドのベーシックスーツをまとうような・・・気品漂う着物は、卓越した技術と日々の研磨のたまもの。 息を呑むほど美しく内面からの光を放つ・・・菊池さんの「八丈織」は、きもの通なら一度は袖を通したい憧れの逸品です。

芝崎重一 1938年 群馬県生まれ。
「糸良し、染め良し、織も良し」という3拍子揃ったきものは、京都料亭女将や人間国宝の狂言師が愛用してやまない「座ぐり手引き糸」による・・・最高の着心地を実現。 織絵羽・無地着尺ほか、藍木綿や名古屋帯も人気です。

横山俊一郎 1951年 長野県生まれ。
着心地の良さに加え、草木染と染織家のお人柄を感じることが出来る・・・極上の普段着。 「草木染」にかける熱き想い(草木染の原料となる桜・栗・山漆など原木も育てる。)は、そのまま美しい着物となって表現されます。 

菊池さん・芝崎さん・横山さんの「染織家・三人のきもの」と「洛風林」・「染帯」のコーディネイトもお楽しみくださいねっ。

近況報告!

2998c593.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
和の國の茨木國夫です。
ご無沙汰しておりますがお変わりございませんでしょうか・・・?
画像は、東京目白にある静かなブームの「永青文庫」です。
凛とした佇まいに名品の数々…、参りました。

東京で、上記の永青文庫はもとより、松屋銀座で「遠州綺麗さび展」を見たり、箱根の「ラリック美術館」や「ポーラ美術館」で「モネと印象派展」を鑑賞したりして、京都に入り昨晩ANAの最終便で帰ってきましたぁ〜。
実は、青山で4年前から求めたかったものも、清水の舞台から飛び降りゲットしてきました。

そして、京都で仕入先さんにお会いすると、皆さん口を揃えて「風邪の具合いかがですか?」って聞かれるので、「???」と思ったけど、「そうそう和の國ブログ、チェックなさっているんだ〜。」と思い直しました。 ハイ!
噂では、「糸偏」(仕入先・同業者)の方々のチェック項目リストに「和の國ブログ」が入っているみたい?で、こんな形で思わぬ反応があったりするとは・・・?

さて、ここでふか〜く深呼吸!!
呼吸は、「吸って吐く」or「吐いて吸う」のが原理原則ですよねっ。
おっと・・・(^o^)/。


それはさておき、今回加納織物さんの展示会は「芝崎重一展」でした。
流石・芝崎重一氏の展示会、9時のドアオープンと共に、わずか5分で完売状態!!
まだまだ、当分の間品薄状態は続きそうです。

その会場にご夫妻はもとより、芝崎重一氏のご子息・圭一さんもいらっしゃっていて、
「ブログ楽しみに見てます〜。ほんと寝る暇も無いぐらい頑張ってらっしゃいますね〜。」
・・・との、有難く嬉しいお声も頂きました。

もちろん、洛風林さんはもちろんの事、仕入先さんを11件精力的に回り、いい商品をゲットしてきましたよぉ。
また、仕事もですが、ブログも頑張って書き込みしたいと思います。
今後とも、ご協力・ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
笑顔で頑張ります。!(^^)!

お着物を着て新年会

58b95287.jpg本日は成人式。皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?
今日も引き続きスタッフの鋤先が書かせていただいています。
 
今朝は奥さんが早朝よりお店に入られ、U様の成人式のお着付けがありました。お嬢様のにこやかな表情が、今日のお喜びを表していらっしゃいました。

お昼間は和の國新年会を企画していまして、ホテルキャッスルの九曜杏でお食事会でした。皆様お忙しい中をご出席いただき、誠にありがとうございます。

新年会に出席された方全員がお着物で、着姿もとてもお美しく、お一人お一人の個性が輝いた絶妙なコーディネートでした。 また、皆様ベテラン主婦でもいらして、お料理の話題を始め、お正月の過ごし方やしきたりの話題で盛り上がったそうです。

今年も代表が、「お着物を着て出かけましょう」会をたくさん企画されると思いますので、たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

ここまで読み進んでいただき、ありがとうございます。
明日は代表、奥さんとも京都で仕入れのため、勝手ながらお店を休ませていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

                            染色工芸サロン 和の國 鋤先美紀子

すっきりと美しく

e20e33de.jpg今日は代表が出張中のため、スタッフの私 鋤先が書かせていただきます。

今日は月に一度、奥さんが受講されているNHK文化講座「茶花教室」のお稽古日でした。 が、お客様への納品準備などがある関係で、すぐに戻られ、お花を店に飾っていただきました。

花材の中には水仙があり、水仙を活ける時の前処理にも、きちんとした方法があることを教えていただきました。
ハカマを外して、花と葉の高さのバランスを見て…葉の長さや葉の向きを整えて、などと決まりごとがあるそうで、色々と教えていただきました。
ちなみに1月はお花を葉より低くあしらい、12月はその逆だそうです・・・。
こうして、知らなかった事を1つずつ学ばせていただくと、何かの折に「その事」に出会うと、自然と関心が向いていて、発見した喜びを感じています。

皆さま、いつもありがとうございます。
その水仙もすっきりと美しく、皆さまのお出でをお待ち申し上げています。
                      
                          染織工芸サロン 和の國  鋤先美紀子

行ってきま〜す。

和の國ブログをご覧の皆さま…おはようございます。
和の國の茨木國夫です。
店は平常通り営業させていただいていますが、私は、本日より15日まで出張です。
いい商品を仕入れたり、いい学びの時間になればと思っています。

この間ブログは、スタッフの鋤先さんが書いてくれたら嬉しいなっ(^o^)/
笑顔で行ってきま〜す。              茨木國夫

こころざし・・・。

cfb58db0.jpg(こころざし)合えば胡越(こえつ)も昆弟(こんてい)たり

「漢書」鄒陽伝からきている故事で、「志が合えば、北方の胡の者と南方の越の者とでも、兄弟同様になれる」意味だそうで、もっと解りやすく言えば、「志が一致すれば、他人どうしでも兄弟のように親しくなれる。」そうです。

また、利休百首には、「(こころざし)深き人にはいくたびも あわれみ深く奥ぞ教ふる
・・・とありますが、そうやって、この「志」の字を見れば、なんとなく輝いてみえませんか?

な〜んて、冗談はさておき、お正月高一の娘が「書き初め」とか言って輝かしい言葉を書いていたので、「お父さんにも、ちょっと一枚書かせて!!」ってお願いし、ふと思い浮んだ文字が この「志」でした・・・。

「仕事を含めた日常生活は、全て「志」一つで決まるといっても過言ではない。」と思います。
私も「高い志」のもと、夢と希望に向って邁進したいと思います。
いつもありがとうございます。
                                   茨木國夫


追伸:
富士山に登る第一歩
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う
目標がその日その日の運命を支配する



家内の実家の故・平川カズエおばーちゃんから、私の「きもの宣言」の時に、「白いだるま」に書いて頂いたメッセージです。
ご存知、静香詩「第一歩」の詩を引用してのことでしょうが、ほんと名文で何百回諳んじても心に響きます・・・。



二伸:
来週は、阿蘇山でも登ろうかなっ。(^o^)/

上昇気流

4d0a5ee4.jpg♪思い込んだら 試練の道を〜 行くが男の ど根性。 真っ赤に燃えた王者のしるし、巨人の星をつかむまで ♪・♪
・・・という、懐かしい唄を口ずさみました。
その名も「巨人の星!」 ほんと懐かしいですよねっ。

昨年の暮れから年越しした風邪も今日で11日目、昨日は期間中にしては37.5度の熱で全体がだるかったので、和の國にも入らず一日休ませていただきました。
そして「なぜこんなにも風邪が長引いたか?」その原因を検証してみたら、その一つが、ストーブにあたりながらの「フルーツダイエット」にも影響があったのではないかということが発覚しました。

朝、体が冷えているのに、風邪気味で体調万全といかないときに、水飲んだり果物食べたりして体を冷やしたら良い事ありませんよねっ。
そんなことを思い振り返っていたら突然、「♪思い込んだら 試練の道を〜」が出てまいりました。
ほんと、「♪思い込んだら〜。」シャレにもなりませんよねっ。 トホホ

そんなこんなで、
1)体調が悪いときは、健康第一と考え、こまごま動かず寝る!
2)体調が悪いときは、「フルーツダイエット」より、暖かい物を摂取する。
3)大局観でものを見る!
・・・の教訓が生まれました。(^o^)/


さて、今日は午前中からお客様、お客様!? 
有難いことに、お昼には和と洋のお菓子食べ放題となりましたぁ〜。
(画像をクリックすると大きい画面で見ることが出来ます。)
明日も、食べ放題ですよ〜。お早めにねっ。
午後3時には、お振袖のお客様もお見えになりまた、夕方にはロールケーキも頂戴いたしました。

ほんといろんな面で有難いですよねっ。
さあ〜、体調もよくなりました〜。(たぶん)(^o^)/
今から上昇気流に乗って、びゅーんと楽しく行きたいものです。
                染織工芸サロン 和の國        代表 茨木國夫

七草がゆ

f4edd4e5.jpg君がため春の野に出て若菜(七草)摘む わが衣手に雪はふりつつ   

ご存知…誰もが諳んじることが出来る、光孝天皇の和歌ですよね。 
この「若菜」とは、実は「七草」のことだそうですよ。

そんなこんなで、我が家の朝食は、「芹(せり)・薺(なずな)・御行(ごぎょう)・はこべら・仏の座・菘(すずな)・すずしろ」と呪文を唱えながら(フルーツダイエットはお休みにし)、美味しくいただきました。

おっと、邪気が払われ、無病息災でいられる気分になってきましたぁ〜!(^^)!
凄い!!
今日も、笑顔で楽しく美しく…共に頑張りましょう!(^^)!     茨木國夫

着付けのお手伝い。

今日は、朝から「T家ご一家皆々様できものを着て、記念写真を撮ろう!」ということで、おじいちゃんからお孫さんまで合計9名の着付けをご自宅に家内と母がお伺いして、着付けのお手伝いをさせていただきました。
「おじいちゃんの、優しく嬉しそうな笑顔が特に印象的だった。」と家内が申してましたが、そういった場でお手伝いが出来るってほんと有難いですよねっ。

私も、10時半にMさんの男物の羽織・袴姿の着付けでしたし、一昨日も「T家の皆々様もご家族皆様できものを着て記念写真を!」という事で、お手伝いをさせていただきました。

そんなこんなで、「きものを着よう。」という風気が熊本というか日本全土に広がりつつあり…大変嬉しくまた有難く存じます。
もっともっと気軽にきものが着れるよう・・・私たちも精一杯努力させていただきます。
いつもありがとうございます。

今日は、東京からもお見えになり、また充実した一日でした。
明日は、完全定休日で着付けもお休みです。
久々温泉でも・・・(^o^)/。
でもまだ、体調が・・・。

8日火曜日、元気にお会いしましょう。。。

ず〜っと・・・。

「和の國さんだから、着物のこと以外でもお話が色々と広がって・・・楽しめます。
頑張って着物を着ると、こちらで見てもらいたい、と思うんですよね。
それに、同じ着付けを習うのでも、教える方が素敵な方でないと、習う気になりませんよね。」
・・・との有難いお声も頂いています。

今日は、午前中から6時半位までず〜っとお客様続きで、16名の皆さまにお立ち寄り頂いたり有難いご縁を頂いたりしました。
本当に、ありがとうございます。
でもでも、今日鼻声で申し訳なかったな〜と思います。

明日は「小寒」、早く風邪治して体調万全で、生命の源であるお仕事を楽しく・・・頑張りたいと思います。
いつもありがとうございます。


年賀状に多謝!

34595a0b.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
今日1月4日は、和の國の仕事始めです。(^o^)/
なんか嬉しいような・・・また始まるというような・・・年が変わると賑々しい雰囲気にしてくれて、精神の高揚まで促してくれるって素敵ですよねっ。

「初日の出」「初笑い」・「初夢」…などなど、「初」づくしの平成20年・・・、皆さまどんなスタートをきることが出来ましたでしょうか・・・?
そしてまた、どんな目標をたてられましたでしょうか・・・?
同じ「初」が付く言葉でも、「初志貫徹」ってほんと大事ですよね。

当和の國でも、一人でも多くのお客様が「きものを着て楽しんで頂けるよう…」、初志貫徹笑顔で頑張りたいと思います。
そんな心新たにしてお店に入って、郵便ポストを覗くと沢山のお客様からの年賀状が!!
有難いです、お客様から沢山の年賀状をいだだけるなんて・・・。

●「お互い学びながら頑張りましょう。」
●「一緒にうつくしくなりましょう。」
●「いつも良いエネルギーをありがとうございます。」
●「本年もお付き合いのほど、お願いしたします。」
●「嬉しい出会いの年から、今年は着物で歩く広告塔になれますように・・・。」
●「きものの王様頑張って下さい。」
●「いつもお気にかけてくださり、感謝いたしております。」
●「今年も楽しく色々と勉強させて頂きたいと思っています。」

・・・などなど、その一部を紹介させていただきましたが、ほんと有難いことでございます。
3年前から比べたら、比較にならないほどで、こうやって同じ価値観でお客様と共に歩んでゆけますこと、感謝の念にたえません。
感謝を胸に、一歩ずつ歩んでまいります。
今年一年もまた、何卒よろしくお願い申し上げます。
         多謝合掌      染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫

追伸:今日の画像は、お馴染み帯の「洛風林」さんから頂いた年賀状です。
干支のネズミさんのモチーフがとってもお洒落ですよねっ。
流石、洛さん!(^o^)/

おめでとうございます。

005eba66.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…
新春 明けましておめでとうございます。
ご来光まではいかないにしても、阿蘇地方では雪明りの朝を迎え清々しい新春だったことと存じます・・・。

私達も午前4時の黄金の水ともいうべき「若水」を汲みに、熊本名水百選の菊池市雪野に行ってきました。
外気温2度でしたが、こんこんと沸き出る神水に新たなる生命の誕生を感じた2008年の朝でしたよぉ〜。

ご存知のことでしょうが、「若水」とは、元日の寅の刻(午前四時)に汲む水のことだそうで、寅の刻が陰から陽の刻となり、一年の邪気を除く福徳の水と言われているそうです。

画像のように、当和の國も入り口のドアにオリジナルの門松で皆々様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
新春初売りは1月4日(金)ですが、「若水」でご来店の皆さまに、心を込めてお抹茶を差し上げたいと思います。
ぜひお出かけ下さいねっ。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
                        染織工芸サロン 和の國    茨木國夫



記事検索