2008年07月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

今から・・・。

おはようございます。
「お腹とおへそがくっつくぞ!」状態でしたが、二日間の完全断食…成功しましたぁ。ホッ〜
ちなみに、今朝の体重はなんと69.9圓覆里如二日間で約4kg体が軽くなった計算になります。!(^^)!

今、野菜スープと玄米お粥を食べたところですが、ほとんど味がしないのもでも、それぞれの持つ食材に味があり、ほんと美味しく感じられますョ〜。
でもでも、断食でもっとも大事なのは、「復食」だと言われているそうです。
なんでも美味しく感じ、かえってワイドにならないよう…自然の恵みに感謝しつつ頂きたいものです。

何でも、今日から、今からがスタートです。
「旬のものを腹八分!」
今日も笑顔で、頑張りたいと思います。
茨木國夫 拝

兆し・・・。

ad08135a.jpgおはようございます。
見てみて!
体重計、なんと70.5圈柄瓠-3.3圈

断食、成果の兆しか・・・。
嬉しいです。
熊本城一帯の朝の散歩も、気持ち良かったです。

どんな人生が待っていて、
どんな生まれ変わりをするのでしょうねっ。

今日も、笑顔で楽しく…美しい一日を!
茨木國夫 拝



追伸:御本には「お腹が空いた」と感じることを、「喜びの叫び」と表現してありました。
今日は、何回位、「喜びの叫び」を聞けるでしょうねっ…。(^o^)/

映画と英語で感動を!

403e5e9d.jpgこんにちは。
午前中は、黒川裕一主宰の「映画で学ぶ英語」の体験レッスンに参加してきました。
ずばり、「映画を使って、受講生全員が、楽しく、世界最速で、ペラペラになる」という目標が掲げられてあり、その主旨に賛同もいたしましたが、やはり一番は、「映画で学ぶ」が、私のキーワードでありましたが、そこには「感動」というキーワードしっかりと刻み込まれていましたよぉ〜。

実際、過日「ショーシャンクの空で」の映画の一場面のレッスンを受け、そしてその映画を見てみると、ほんの少しは理解ができ、また「映画を通して感動体験ができること」が、と〜っても素晴らしいことだと思いました。
そして、いつの間にやら英語が上手くなっていたら、何もいうことありませんよねっ。

私の秘かな夢の一つに、名画に触れつつ…ゆったりとクイーンエリザベス号で過ごすこともありますが、帝国ホテルなどに行って、フロントの方とフルーレンチュリー?な英語でチェックインしたいという、茶目っけたっぷりな現実的な夢があります。
ほんと、和服を着て英語しか話さないってお洒落だと思いませんか?

冗談はさておき、黒川主宰の講義の進め方には、ほんと脱帽です。私が言うのもあれですが、英語もメチャメチャ上手いです。
聡明才弁とはまさに、このことをいうのでしょう・・・。
流石、東大法学部卒業後、留学の中での「実学」の学びが生かされ、グローバルな立場から英語や映画を学ぶことができ、そしてそして、それが私たちも目指す「感動」へと繋がっていることが、まさに黄絹幼婦です。

(メイビー)価値観を同じくして学べるって、最高です。
私は、絵も描かれる裕子さんからの御縁ですが、ほんと美しき出会いを頂いています。
出会いって「出て会う」から、ほんと出会いなんですよねっ。
当たり前ですが、いろんな出会いにより私も昨日よりは少しは大人に・・・。
ほんと感謝してもしきれないほど、有難いことばかりです。
いつもありがとうございます。                 お し ま い




追伸:ご存じでしょうか?
   かの黒川裕一主宰が、な・なんと「ノーベル賞受賞候補」に
   ノミネートされているかもしれないことを・・・。
 

二伸:「断食」、なんとか水を飲んで空腹をまぎらし、頑張っていま〜す。
   でも、「おなか空いた〜〜〜。」「なんか食べたい〜。」
   正直な気持ちです。(^o^)/ ぁぁ???

断食、頑張ります。

e0b1f3ce.jpgこんばんは。
今日・月曜日は和の國の定休日なので、朝から茶道のお稽古、そして一度お店によって、お昼からお習字にいってきました。

そんな中、明日より二日間「断食」を敢行するので、昨日も2食、そして今朝は「おなすのお味噌汁・おろしだいこん・納豆・ピーマン炒め」の軽食にし、お昼と夜はスイカのみの食事にしました。

断食は「前々から、一度やってみたい!」と興味があり、本も読んでいたのですが、ご縁で「月の満ち欠け」のサイクルの中でなさっていらっしゃる方と出会い、電話でお話出来たので、私も「これだ!」と思い、今日に至りました。

日常生活の中での断食・・・、
私にとって初めての経験・・・、
人体実験(笑)みたいなものすが、途中でくじけないように頑張りたいと思います。

断食成功したら、まさに「一石五鳥」の世界が待っているような…そんな気がします。
声に出して、応援して下さいねっ。
結果は、またブログでお知らせさせて頂きます。
余談ですが、7/28午後10時38分現在の体重は、73.8kgです。トホホ   茨木國夫




追伸:早、お腹が空いてきましたぁ〜。 や、ヤバイ!(^o^)/
   励ましのメールは、genki923@ezweb.ne.jpへお願いしま〜す。

世界最高峰の友禅染とは…? 

ccbe7b77.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
猛暑とはこのことでしょうか?
今日は、炎天下のもと「灰作り」頑張ってきましたぁ〜。
あまりの暑さに、少々熱中症気味ですが・・・。

さてさて、ご報告が遅くなりましたが、昨日は、
和の國大学院 染織工芸コース
第2回:「世界最高峰の友禅染とは…?」 
講師:株式会社京正 那須修先生
・・・が、熊本現代美術館研修室で開催されました。

講義をお聞きいただいた皆さまのお声の一部をご紹介させて頂きつつ、その講義の雰囲気を「和の國ブログをご覧の皆さま」も、お感じ頂ければ幸いでございます。
画像は、「糊糸目」と「ゴム糸目」です。
チョッと小さいけど、「どちらがどうか?」お解りいただけますか?


●友禅染めの糊糸目とゴム糸目での、できあがりの違い、実際に見比べると、こんなにも違うのかと思いました。実物をいろいろと見れて、嬉しいです。
日頃、和の國さんで良い物を見させていただいているので、糊糸目の仕上げの素晴らしさに感激です。
宮崎友禅斎の掛軸、素晴らしい限りです。
良い物、本物を見る事で、ますます自分の見る目を確かなものにしていきたいと思います。


●京友禅の流れを、実際に工程のスライドや実物を見せて頂きながら、説明して頂いたので、大変わかりやすく、理解できました。
糊糸目とゴム糸目の同じ図案での比較は、とてもわかりやすかったです。
いいものには、それだけ手がかかっていて、一工程一工程に職人さんのこだわりや技術が込められているんですね。そして、それをトータルでプロデュースなさっている安田さん、京正さんは素晴らしいなあと思いました。
そして、そんな京正さんを刺激して、よい着物を皆様に提供して下さっている和の國様に感謝致します!


●京友禅の流れを分かりやすく教えていただき、ありがとうございました。
友禅というものを、私はあまりよく見たことはなかったのですが、どのようなところを見ていくか、最初に本物を見せていただいたことは、本当に幸せに思います。
今後、お着物を求めるにあたり、自分の目でしっかりみて、それまでの工程など知った上で、大切に、楽しんでいけたらと思いました。
毎回貴重な経験で、ありがとうございます。和の國さんの元で多くの学びをいただけること、うれしく思います。


●染めの工程を教われて良かったです。
糊糸目とゴム糸目の違い、2枚くらべれば分かるけれど、1枚だけ見ると分らないと思う。でも、なんとなく分った気分になっています。今は。


●こだわりを持った作品、本当にステキだと思いました。着物は大好きですが、多分この様な一流品を私は身につける事は出来ないと思いますが、見ておおいに楽しみたいと思いました。
これからは、色々な良い物を見て暮らしたいと考えました。


●友禅染めの工程の多さにびっくりしました。実際に見てみたくなりました。
一流の職人さん達の手による高級品を、目で見て手に触れて、少しでも自分の物に出来たらと思いました。
「和の國」さんに訪れて、静かな落ち着いた気分になるのは、高級品に囲まれていられるせいかもしれませんね。
染織工芸コースを5回といわず、良ければ継続していただきたいと思いました。


●あっという間に時間が過ぎてしまいました。
友禅染とはまだまだ無縁のものだと思い、そこまで興味がなかったのですが・・・、出来上がりまでの工程の細かいお仕事や、その中でも「職人」と呼ばれる方が、そのお仕事専門でいらっしゃるなど、これから友禅染をみる目が違ってくるような気がします。
楽しく、いいお話を聞くことが出来ました。
那須様、どうもありがとうございました。


●いつも、いつも勉強になる事ばかりです。
まず、聞く事で耳を肥やし、見る事で目を肥やし、たくさんの中から良い物を見る目を養いたいと思います。
この講座は一度ではなく、二度、三度とお聞きしたいと思います。


●貴重な参考資料を御持参していただいて、ていねいでわかりやすい講義をありがとうございました。工程の事を知れば知るほど、着物の値段は決して高いものではないと思います。
いろんな人々の技術の結集で、ひとつの美しいきものができあがっているんですね。
これからもいろんな角度から、興味深い講座を、末永く期待します。


●今日お聞きした職人さんのように、世の中にいろんな仕事があるものだと思いました。
着物も大事ですが、着付けや所作はそれ以上に大事だと思う。


●勉強させていただきました。
今後も楽しみにしています。


●実例を見せて、とても分かりやすく、京友禅の良さや見分け方を教えて下さって、とても良かったです。工程がとても複雑で、大変手間がかかっていることに驚きました。染めの良さを見直しました。
今回の講座も企業秘密的な内容が満載でしたね。素晴らしい講義をありがとうございました。
着物を愛しんで、大切に着ようという気持ちになれて、とても参加して良かったと思います。
染め物にしても織物にしても、こだわって良いものを求めるために、「賢い着物通」になれる様な、深い知識を得られるような内容を、今後も多いに期待しています。


●分かりやすい講義、ありがとうございました。
友禅作成の工程を具体的に教えて頂き、とても勉強になりました。
糸目も、糊糸目とゴム糸目の違いや見分け方など、さすがに専門家の方からでないとうかがえない話をお聞きでき、一枚の着物ができるまでに、多くの達人の卓越した技が結集されていることを、改めて認識することができました。
那須さんの真面目なお人柄が伝わってきました。
暑い熊本においでいただき、ありがとうございました。


●一枚の着物が出来上がるまでに、多くのプロの方々の手仕事、技術、感性、地道な仕事etc…がなされている事を知りました。
わかりやすい説明で、興味深く受講できました。染めの着物をみる時の参考にします。ありがとうございました。
和の國さんのこだわりもまた、技術の進歩につながっているんですね。ありがとうございました。
今回2回目ですが、毎回、普段聞くことのない専門的な話で楽しいです。


●大変貴重なものを見せていただけて、良かったです。
写真で見るのとは違って、実際に拝見させていただき、感動しました。
工程もひとつひとつご説明いただき、分かりやすいように例を挙げてくださって、楽しくお話を聞くことができました。奥が深く難しい世界だと、ますます思いましたが、少しでもその世界にふれることができて、うれしく思います。ありがとうございました。


●お話にひきこまれているうちに、あっという間に時間が経っていました。すごく充実した時間でした。
特に糊糸目とゴム糸目との違いがよく分かりました。また、この両者で工程が異なること、その理由など、とても興味深いお話でした。
友禅というものを見る上でベースとなる知識が、ちょっとできたように思います。どうもありがとうございます。


●流石、京都教育大、お話も上手、よくまとまってわかりやすかったです。(あまり理解してないかもしれませんが・・・)
おさえどころ、ツボもいろいろあっておもしろかったです。
工程をお聞きすると、版画の工房や、地入れ(?)のスピードが必要なところは、フレスコ画に通じるな、など、色々連想して聞けたところも興味深かったです。
こだわりこそ芸術をササエルと痛感いたします。がんばって下さいまし。


●一枚の着物が出来上るには、本当に多くの職人さんの力が結集しているというのが、改めてわかりました。お一人お一人が最高の仕事をされることで、個人を超える物ができるのですね。
名前の出ない職人さんの力が、伝統を守り伝えていることは素晴らしいと思います。…が、実際は後継者問題とか、難しい局面ではないでしょうか。適正な対価が払われるべきですが、あまりに高い物になってしまっては、消費者としては手が出ませんし…。難しいところだと思います。
宮崎友禅斎のお軸は、見せていただいて本当にうれしかったです。



また、講師の「那須修先生」のお言葉の一部を、スタッフの鋤先美紀子さんが書き出してくれました。

◆今は時期的に仕事や家庭のことで忙しくされている、という方も、当然いらっしゃいます。そういった方もお年をお召しになられたら、自然と和の世界に興味を持たれるでしょう。
◆和の國さんにいい商品が置いてある、というのは、私共がお店の雰囲気を見れば大体わかります。私自身も、最初は何もわかりませんでした。良い物、本物を見ていく、ということを続けて、ここまできた気がします。ただ、それは自分が求めて行かないと得られないのですが…。
◆良い商品が自分を磨いてくれる、と思っています。
◆小さな、しっかりとした輪があって、それが少しずつ大きくなっていく…、そういうことだと思います。



流石流石、含蓄のあるお話をありがとうございます。
川のせせらぎの音色を聴いているような…内容で、見えないところで下準備がしっかりなさっているな〜と感嘆しました。

今後も、知勇兼備で「和」と「美」の発信を続けてゆきたいと思います。
今後とも「和の國」を可愛がってくださいねっ。
いつもいつも本当にありがとうございます。
       多謝・合掌   染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫



あかり・・・。

0e52b854.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。
うだるような暑さとはまさにこの事を言うのでしょうか。
家内も少し熱中症といって、今日はチョッと早めに帰宅しました。
でもでも、おかげ様で私は、元気元気です。(^o^)/

今日は、和の國に仲間が増えたお知らせです。
…と申しますのも、過日7/12(土)弓道の九州大会があり、熊本ではお馴染み「秀岳館」と、娘の所属する「学園大学付属高等学校」が参加して、長崎の佐世保で行われたのですが、「負けるが勝ち」の格言をいかしてくれました。
なんとなんと決勝トーナメントには残らず…お昼前には終わったので、アドレナリンが出てきましたぁ〜。

昔から、佐賀の鍋島藩(鍋島焼の場所を実際見てみたかったので好都合です。
そうしたら、近くに骨董屋さんの看板が目に入りました。
嬉しかったです。
店内をのぞいてみると、李朝や中国ものが奇麗にレイアウトされていました。

その脇で、目を止めたのがその照明です。
大理石で出来ており、どこの国で作られたか解りませんが、照明をつけてみると悠久の時を超えた石の持つ…暖かで優しい輝きを放っていました。
お値段を聞いてみると、なんと150ドルほどではありませんか。

そんなこんなで、ご縁を頂き永住の地「和の國」へお越しいただきました。
ほんと嬉しいし、ラリックの照明とは違った美しさを放っていますよぉ〜。
そうそう、佐世保には「夕張が丘ホテル」に、箱根のラリック美術館と双璧の「ガラスの丘美術館」がありますよね。
ひっそりと佇んでいて穴場中の穴場ですが、超おススメの美術館です。

もしかしたら、和の國にも似たようなものがあるかもしれません。
和服も音楽も、そして照明も美しいものっていいですよねっ。
ほんと普段使いものが、時を越えて美術品になるなんて、素敵ですよねっ。

菊池渓谷

bb4cf5fb.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…おはようございます。
昨日は、11時過ぎに「ブログまだ書いていない〜。」と思いつつも、チョッと横になったら、朝でしたぁ〜。

目が覚めチョッとショックでしたが、大阪から帰省している姉と姪のあかりちゃんと「菊池渓谷」に行くことができたので大満足!
まさに、過日「元気が出る國さんメール」で送らせて頂いた禅語がぴったりでした。

ご存知、「清流無間断」(せいりゅうかんだんなし)です。
朝霧に包まれた菊池渓谷の画像と共に、しばしの涼感を・・・。

QRコード

b9b91fac.jpgエッヘン。。

私も、大人のなまか入りです。ありがとうございます。

・・・というか、遅まきながら、、、今流行り?のQRコードの意味が解りましたぁ〜。

このQRコードで、「和の國ブログ」に飛ぶのですよね。
1)携帯のカメラを押す。
2)バーコードリーダーを押す。
3)QRコードに携帯画像を当てる。(写し取る)

日々和服姿の私は、首から下は江戸時代・・・、しかししかし、日進月歩に目を丸くしながらも、頭の中はいつもIT革命の時代についていきたいものです・・・。


/ ̄ ̄ ̄ ̄\
〜 |  ━風━┥ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ┝━━━━ | 染織工芸サロン和の國 茨木國夫
  | / ̄\ |  wanokuni@mms.bbiq.jp
  \l\V/l/   熊本市城東町4-7 熊本電気ビル1F
〜〜〜〜 || 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     U



色彩の詩人vs和服姿!

703e872a.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
「海の日」に相応しいいいお天気ですが、お変わりございませんでしょうか・・・?

今日は、「NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会 熊本県支部」の活動の一環として、第13回「きものde探検隊」を午前10時より熊本県立美術館で催しました。

「浴衣deシャガール展」テーマのもと14名の方々にご参加頂き、学芸員の井上正敏先生にお話をお伺いしつつ、鑑賞しましたが、まさに、「色彩の詩人・シャガールvs日本の和服姿」が見事にマッチしていました。

【参加者の声は・・・。】
●シャガールの幻想的な絵が好きだったんですが、他にも色々な作品があって、解説をしていただいて、今日は楽しんで見ることができました。

●自分が若い時には、シャガールの幻想的な絵が、ただ綺麗という感じで好きだったんですが、今日はシャガールの内面的な部分が表れている、ということも感じられて、とても良かったです。

●実際に見てみて、色が本当に綺麗だなーと思いました。シャガールが好きになりました。

●学芸員の方の「いい作品は自分を映す」というお言葉がとても印象的でした。 シャガールは、語りかけてくるような物語があって好きでして、今日は解説をしていただいたので、理解も深まり、楽しかったです。

●今日はたくさんの作品を拝見することができて、とても見応えがありました。シャガールの絵は色使いが素晴らしくて、気持ちがとても豊かになりました。


…とのご意見が多かったです。
また、学芸員の井上正敏先生に皆でお礼を述べたあと、私達に下記のような含蓄のあるお話を頂きました。

●「名作というのは、自分を映す鑑と言われています。
これは絵画に限ることではなく、良い作品を見ているつもりが、実は自分自身を見ているのだそうです。
見ている方の、その時々の状況によって、作品から感じ取るものや、受ける印象が違うのは、その為なのでしょう。 
又、何回かご覧いただくと、その度に何かしら感じていただけるのではないか、と思います。」


今回、ご参加頂きました皆さま、取材を頂きました「TKUテレビ熊本・熊本竜太記者・及び「西日本新聞・山下真支局長」会を盛り上げ、支えて頂きまして誠にありがとうございます。
次回も、「和服の継承」と「文化教養の向上」をテーマに頑張っていきますので、ご協力・ご支援の程何卒よろしくお願い申し上げます。

また時を同じくして、くまもと県民交流間パレアで「第21回裏千家学校茶道発表茶会」が催されていたので、お茶一服頂いてきました。
今夜は、「熊本シティオペラ協会」の総会(於:KKRホテル熊本)予定です。
仕事と共に、楽しく行事を遂行していきたいものです。

          多謝・合掌   染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫



女子高生もゆかたで

56a3b6cd.jpg昨日より、市内中心地の商店街でゆかた祭が行われているため、
今日も朝から、ゆかたのお着付に何名かお見えになりました。

上通りの店舗にお勤めのI様は、今年で連続3年、ゆかたでのご出勤だそうです。

お写真は、元気いっぱいの女子高生4人組で、北高2年生・英語科でご一緒の皆さまです。
これから上通りに繰り出して、お食事やショッピングを楽しまれるようです。

それぞれに、夏を彩る日本の装いでお出掛けで・・・涼感があって素敵ですよね。
今年、まだゆかたに袖を通されていない、という皆さまも、是非ゆかたをお召しになりませんか?

明日21日(月・祝)は、午前10時〜熊本県立美術館本館で、第13回きものde探検隊「ゆかたdeシャガール展」がございます。
学芸員の方の説明を聴きながら鑑賞させて頂く予定です。
こちらも、お誘い合わせの上、ぜひお出掛け下さいませ。

                          染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

街は ゆかた祭です。

中心市街地一帯では、本日と明日の2日間、城下町くまもと ゆかた祭が開催されています。


アーケードにはいろんなブースが設けられ・・・、肥後花灯篭が彩りを与えています。
ゆかた姿でのご来場だと、嬉しい特典のお店が数多くあり・・・、いろんな催しも企画されていて、ゆかた姿の方をたくさん見かけました。
街は、華やかさと涼やかさを感じさせ、夏の醍醐味を味わっています。


今年は例年以上に男性のゆかた姿を見かけております。
当店でも、いつもはネクタイ姿でご来店の幸一さまの、ゆかた着付けのお手伝いをさせて頂きました。
ラフで粋な・・・、おしゃれなゆかた姿。休日のほんとにオシャレで素敵な過ごし方だと感じましたョ。

ぜひ、明日・・・夏の縁日を感じに街にお出かけいただけませんか。
お待ちしております。

                          和の國  茨木ゆり   

夏は麻足袋!

d4d282cf.jpg再び、こんにちは。
スタッフ・吉田です。代表に代わり、またまた急遽ブログ担当をさせていただきます!
まぁ、埋め合わせみたいな感じ(?)…でさらっとご覧下さいませ。

和服の知識はほどんどゼロだった吉田も、着付を習い、和裁を学び、日々きものに触れて、「まぁ、だいぶんわかってきたんじゃないの?」と思っていたのですが、やっぱりまだまだでした。

この度、始めて「麻足袋」に出会いました!!!
学生時代、弓道をしていたので、練習や試合ではもちろん足袋を履いていたのですが、夏のお着物には、夏の帯、夏の帯〆、夏のお草履、夏の下着があるように、夏の「足袋」があるとは!!

そういえば、靴下にだって、ストッキングにだって、夏使用はあるのだから、当然といえば当然なのでしょうけど、
貧乏学生だった私は年中同じ足袋を履きまわしていました。
知っていれば…(知っていても購入はできなかったでしょうが)「夏は麻足袋がいいよね〜。」くらい言えたのに・・・

麻足袋は、夏用というだけあって、軽くてさわやか。はいている方が気持ちがいいくらいのお品。

知らないことばっかりの「和服の世界」。
入り口あたりでウロウロしている、スタッフ・吉田の
夏のお勧め「和服小物」の紹介でした!

                 喜び創造部 吉田稀世
                     

仲間も増えて・・・。

和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。
凄い雨になりましたね〜。
でもでも木々は嬉しそうな表情を見せてくれました。

さてさて、今朝は6時半に自宅を出て、一度店に入り「文庫のお化粧」を済ませ、免許センターに午前中出かけてきました〜。
なんとなんと、最初の受付より、視力検査〜写真撮影〜などど、まさにベルトコンベアーに乗っているみたいで、いつのまにやら講義も終わり、手元には国籍不明?の真新しい免許証が輝いていましたょ〜。

そして、そして、
夕方、とっても素敵な仲間が増えましたよ・・・。
その仲間は、上手くいけば、来週のブログでご紹介させていただきますねっ。
いつもありがとうございます。
茨木國夫 拝

今日中に・・・。

5a9d2129.jpgffや、やばい
シンデレラ!!

画像のみ、
文章は明日に必ず!!

文章も間に合いました。ほっ。


お子さんが、この春就職された…という、和子さま。
「子どもの学費がいらなくなったから、私に一割くらい還元してもいいんじゃない?…って主人に話したら「いいよ」って…。
「何がいいの?」って聞くから、「しめた!(^^)!」 と思って「きものかなぁ」って言ったら、
「あのお店で買うんでしょ?」といわれて「はい、そうです。って、和の國さんに来ました!」
…と。

素敵な、新作中の新作、洛風林の桜地の桃の帯をお求めいただきました。
明るくてやさしい雰囲気が和子さまにぴったりで、ほんと私達も嬉しくなります。

発足記念日・・・。

3d1a4d49.jpg昨日は本当にお騒がせいたしました。
財布の中身も完璧で戻ってきたのには、皆さま感嘆の声!!
超・超・超〜ラッキーです、ありがとうございます。

さてさて、本日は「熊本白謡会・発足記念日!」
関東在住の観世流の謡曲・仕舞の同好者としてお付き合いさせていただいている人物で、能楽師ではございませんが、観世流を趣味として、50年近く技術の研鑽に努めてきており、能楽の復旧にも注力している・・・平戸仁英先生に日帰りでお越し頂き、お稽古をつけて頂きました。
過日の杏里旅行でご縁を頂いた先生と早、師弟関係ができるなんて、こんなに有難いことはありません。

まさにまさに、一石十鳥の世界です。

1)珠玉の御本を見ながら、謡が出来る。
2)スタッフ教育の一環として、内面からと姿勢や所作などの多方面に渡り、同じ価値観で学ぶことが出来る。
3)家内も私も、お仕舞いを始めることが出来る。
4)子供も、5年ぶりにお仕舞い再開出来る。
5)徳望のお師匠さんのお人柄に、触れることが出来る。
6)ご縁を頂いたお客様とも、一所に学べ楽しめる。
7)観世流を続ける事が出来る。
8)姿勢も良くなり、体全体を元気な血が駆け巡る。
9)美しい文に触れ、美しい謡が聞ける。
10)・・・ ・・・ ・・・。

ほんと、超・嬉しいです。(^o^)/

ほんのチョッとお誘いですが、次回のお稽古日は、9/4(木)です。
有給を取り仕事を休んでも、10倍の価値があると確信しています。
見学・冷やかしも大歓迎、まずは、あなた様の眼で見て、感じてみませんか。

きっとそこには、日本人として生まれた喜びがまっていることでしょう・・・。
いつもお付合い頂き、ありがとうございます。
茨木國夫 拝


追伸:「白謡会」とは、『「白寿」つまり、99歳まで健康で謡いや仕舞いが出来るよう…共に頑張りましょう』…という意味が込められているそうです。
「さあ共に、産声をあげた…熊本白謡会を一緒に創っていきませんか・・・。

千万無量の想い・・・。

00ccbe84.jpgお騒がせしてスミマセン。

バック、出てきましたぁ〜。
それも、完全無傷の状態で!
まさに、千万無量の想いです。
「あ〜〜、よかったぁ〜。」

運転免許証・クレジットカード・保険証・思い出の万年筆はもちろん、福沢諭吉さんや夏目漱石さんも元気いっぱいでした。
ご心配や励ましのメールやお電話を頂いた皆さま…ご心配おかけいたしました。

おかげ様で・・・。
本当にありがとうございました。
二度とドジ踏まぬよう…笑顔で頑張ります。


追伸:さあ、今から元気にお茶のお稽古、娘(高2)の三者面談(初体験)、そして夜は、パリ祭を祝って日仏協会の懇親会に出かけてきます。!(^^)!
行ってきま〜す。(^o^)/

ほんとに、ドジしてしまいましたぁ〜。

「渇(カツ)しても 盗泉(トウセン)の水を飲まず」
(陸機の詩「猛虎行」より)
…ならいいけど、私のドジで、置き引き?にあいました。
トホホ〜のホ〜。。。

良心の呵責で帰ってくる可能性も0%ではありませんが、
失くしたものは・・・
いつも持ち歩いている…籐のバック・酒袋の財布(運転免許証・クレジットカード・現金・商品券・USBメモリー・Edyなど)、裂織の筆箱(母から中学入学に買ってもらった…パイロットの万年筆など)、マンションや店のカギ、書類10数枚・・・。

仕事のメモリーはもちろん、いろんな愛着があるものがいっぱい入っていた…「バック丸ごと」だったので、正直とてもとてもショックです。
事情聴衆に約4時間、警察官もとても親切にしていただきましたが・・・神様は、この事を通して何を学ぶようにお導き頂いているのでしょうか・・・。

嗚呼・・・。
あぁ〜。

学生時代のお友達

3c03138d.jpg今日も有難いことに、お昼過ぎからずっとお客様が続きまして、それはそれはにぎやかな店内でした。

お嬢様の卒業式で着られたお着物のお手入れを承ったり、ご子息の塾の合間にお襦袢をお持ちいただいたり、夏物のバッグを一目で気に入られたお客様、21日(月・祝日)に予定している「浴衣deシャガール展」(主催:きものを着る習慣をつくる協議会)の問い合わせに、お店までいらしていただいたお客様・・・と、色々なご用命を賜りました。
皆様 暑い中をご来店いただき、本当にありがとうございます。

夕方には由美さまが、お友達の靖子さま・順子さまといらっしゃり、(今日は代表夫妻が長崎に行かれてまして、そのことを)「ブログで読んで知ってたんですが、ちょっと涼みに来ました。」と、とても楽しそうにおいでになられたので、写真を撮らせていただききました。
靖子さまは、県立美術館分館で明日まで開催されている「熊日女性絵画展」に初めて出展され、洋画部門で見事入選されたそうで、その展覧会の帰りにお立ち寄りいただきました。
御三人は学生時代からのお友達だそうで、本当に仲が良くて、私(鋤先)もご一緒させていただき、とても楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございます。
また、是非ゆっくりとお立ち寄り下さいませ。
                           染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

昨日のことですが・・・。

302a1340.jpgこんにちは。

昨日は、午前中、クラッシックの小箱vol.1「佐々木典子・ソプラノコンサート」を観劇してお店に入りました。

テーマもとってもよく、「ブランチタイムのちょっとオシャレな一時間!」に誘われて、県劇のコンサートホールもほぼ満員になる盛況ぶりでした。。。
まさに、「すがすがしい朝に、珠玉の歌声を。」そのものでした。

昨日の夜は親睦会があって昨夜のうちに帰り…書き込みする予定でしたが、なんでも自分の思い通りにはいきません・・・。
初の「日々更新」を内心目指していましたが、チョッと残念です。


さて今日は、午前中「熊本白謡会」のお稽古場の申し込みに、パレアに行ったりしました。

今から…、
弓道九州大会に出場する娘(学府2年生)の応援に長崎に行ってきま〜す。
いつもお付き合い頂きありがとうございます。
茨木國夫 拝

お客様の声…。

90728179.jpgありがたいことに、よしみさまよりお葉書を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


━━━━━━━━━━━━━
梅雨も明けていよいよ夏本番となりました。
私の方は早々と夏バテになりそうですが・・・。
「和の國」の皆様は元気にお過ごしのことでしょうか?
先日は貴重な資料をお送りいただきまして、誠にありがとうございます。

参加された皆様のお声をブログで拝見させて頂きましたが、本当に参加できなかったのが残念でなりません。。。
今後の分も仕事の休みが取れる限りは参加させて頂きたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。
まずは、送って頂いた資料をワインの肴に、和の世界に浸りたいと思います♪
これからもますます暑さも厳しくなりますが、くれぐれも皆様お体ご自愛下さいませ。  
      (〜よしみさまより〜)



ありがとうございます。
そんなありがたいお葉書から、紅一点、
なんと、「<行かない!>と決めているお店」に和の國がランクされているそうです。
そんな「ご無沙汰してます」と、お越しいただいたひろこさまは下記のように語っていただきました。


━━━━━━━━━━━━━
「以前、パーティーでご一緒した方が『和の國さんには、いいものばっかりで、見ると欲しくなるからいかないことにしているのよね』と言われているのを聞いて、
「そうか!いかなきゃいいのか。」
・・・と思って不義理していたんですよ。
着たら欲しくなるからねぇ〜。

私、そんなふうに、「行かない!」 ・・・って決めてる店が2つあるのよ。
ここ(和の國)と、もう一つ。
そうしたら先日、あるサークルでご主人にお会いして、あぁ、これはのがれられないな、と思いましてね」。
・・・と笑いながら、語って頂きました。  
     (〜ひろこさまより〜)



和菓子もおごちそうになり、ありがとうございます。
そんなこと言わず、ひろこさまお気軽にお出掛け下さいませ。

ほんと、いろんなお客様の声があるものですねっ。
色々と勉強になります。
「お客様喜びの声」を励みに、愛される「和の國」を創っていきたいものです。
皆様、ご協力ご支援、何卒よろしくお願い申し上げます。
茨木國夫 拝

違い・・・。

e76497a0.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。
いや〜、梅雨が例年になく早く明けてくれたので、おてんとさんが眩しいこと!
いつもと違う夏の訪れに、蝉もまだ準備がが出来てないみたいです。

違いと言えば、普通と違いませんか?(画像ご覧ください。)
そうなんです、普通日本では、日曜日が左にきますよねっ。
でも、外国?=ロシアでは、日曜日が一番右なのです。
実は、エルミタージュ美術館で市販されているカレンダーなので、このような形式になっているみたいです。

お客様のお嬢様より頂いたものですが、このカレンダーを見るたび、外国に行った気持にさせられます。
最初はへんでしたが、慣れたらいいですし、ピカソの絵も余計カッコよく見えます。

では、また明日お付き合い下さい。
今日は、久々、夜ストレッチに行ってきましたが、明日午前中はマル秘の英語レッスン日で、今からほんのちょっぴりワクワクしていますっ。
いつもありがとうございます。                  國さんでした。


マイ・ブーム・・・。

9adca6ca.jpgこんばんは。

突然ですが、私のマイ・ブームは枝豆です。

特に冬場なら大好物は「刺身」なのですが、今は「枝豆」です。

まさに、旬をまるごと・・・、喜界島のあら塩が美味しさをいっそう引き立ててくれます。

梅雨も明け、お天道様の光を浴びた…輝く「枝豆」万歳!!

映える・・・。

31c12435.jpgお陰様で今日も、とっても充実の一日でした。
本当にありがとうございます。

梅雨も明け、夕日を浴びながら久々早めに自宅に帰る途中(午後7時過ぎ)・・・、娘が「マジ、きれい〜。」と言って、車中より映してくれましたぁ〜。
田んぼ(田園)に映える夕日って、ほんと素敵ですよねっ。

自然の美しさに感動して携帯で写メールしてくれて、正直と〜っても嬉しいです。

今週の終わりに…、
そして、明日から始まる新しい週に向けて・・・。
         感謝・合掌  茨木國夫



追伸:
明日は七夕…、織姫さまと彦星さまは年に一度の逢瀬を楽しむことができるのでしょうか・・・。
今からベランダで夏の夜空を見上げ、イヴを楽しみたいと思います。 !(^^)!    kunio

車は満車・・・。

a5706cb2.jpgいや〜、今年は太平洋高気圧が元気で嬉しすぎますね〜。
まだセミの鳴き声は聞いていませんが、週間天気を見るとですよねっ。
この時期、いかに雲に覆われていることが有難いことか・・・。

でもでも、夏来ましたね〜。
今日から、全国高校野球熊本県大会が始まりましたぁ〜。(私も昔、白球を追い続けた高校球児でしたので、懐かしく感慨深いものがありました・・・。)

実は、熊本県立美術館の永青文庫に朝から車で出かけたのですが、なんと熊本城二の丸公園の駐車場が「満車」でしたので、色濃く・・・。
「・・・えっ、永青文庫も東京国立美術館なみになったのか〜。」と思ったけど、上記の理由でした。。。

画像もう一度ご覧下さい。
窓を一つの額縁に見立てる…窓絵ってすてきですよねっ。
悠久の時を超え、そしてまた、現代に蘇る美意識…う〜ん、最高!!
永青文庫に、パチパチパチパチです。◎◎◎◎◎ですよね。

お昼からは、熊本独特の蒸し暑さにも関わらず、お客様も6組お見えになり、また本日も美しいご縁を頂きましたぁ〜。
中には、待合に和の國をご利用頂きつつ、パーテイションをして奥のテーブルでお弁当をお食べになった勇敢なコセレブのH・Mさまもいらっしゃいましたが・・・。(^o^)/

でもでも和の國をいろんな形でご利用頂くって、ほんと嬉しいし有難いです。
明日は、午前中お茶の用で私は出かけますが、2組のご予約も頂いています。
いつもいつもありがとうございます。
           多謝・合掌  染織工芸サロン 和の國  代表 茨木國夫
 


今日は電車で!

0d9ea902.jpg今夜は、「通り町」から電車に乗り終点の「健軍」で下車し、熊本市健軍文化ホールで「吉見直子ソプラノリサイタル」を観賞してきました。
(市電・初乗り〜目的地まで150円も魅力です。)
ほんと、吉見直子さんのソプラノ綺麗でしたよ〜。
「♪千の風になって」が、今も木霊しています。(^o^)/

でもでも実は、一人で着物着てなので、ちょっぴり恥ずかしかったけど、来年2/19ニューイヤーコンサートが控えているので、そんな事はいってられません。
よりご満足頂けるコンサートにしたいので、他流試合ではないけど、いろんなコンサートを見ることで確かな眼・耳を養い糧にしていきたいと思っていったけど、その雰囲気に吸い込まれてしまいました。

♪・♪♪・・♪♪♪
千の風になって〜、千の風になって〜、
あの大きな空を 吹きわたっています〜。
あの〜、大きな空を 吹きわたっています〜。
                    ♪・♪♪・・♪♪♪


それから、月も変わりお昼は雨が上がったからでしょうか?
また新たなるお客様にも恵まれ、美しいご縁も頂いています。
ありがとうございます。
でもでも、「和服の継承」の為、もっともっと頑張んなきゃ〜。








追伸:
『風車、風が吹くまで、昼寝かな。』(広田弘毅)
第32代内閣総理大臣の句です。
たまには、こういう心境になることも必要ですよねっ。
心にゆとりをもって、笑顔で頑張ります。!(^^)!      いばらきくにお

びゅーんと、ひとっ飛び!

db59a69b.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。
おかげ様で、2泊3日の関西出張も実り多きものとなりました。

私は、飛行機を見ると嬉しくなります。
ワクワクしてきます。
まさに、まさに光彩陸離たる空の様子を飛行機から見ることが出来るからでしょうか・・・。

さてさて今回、5月・6月と上京出来なかったので、今回は仕入れ先廻り忙しかったです。
チョイ悪おやじになり、家内共々自転車にまたがり、一方通行なんのそので動き回ってきました。

1日の夜は、洛風林さんの副社長堀江麗子さんのお口添えで、日本料理の名料亭「招福楼」での20年間の修行を終て「ささ木」の後にお店を出された…祇園の「山玄茶」にいってきました。
流石です、美味しさはもちろんの事、やはり、一つ一つの料理を愛し、と〜っても大切になさるお姿がとっても印象的でした。
料金もリーズナブルで、納得のお店で、私なりに違った角度で「瓢亭」と比較することもできましたよぉ〜。

また二日目は、烏丸御池にある「もんじろう屋」(居酒屋割烹?)に行きましたが、ここまた超凄かったです。
女性のスタッフ(料理人)の神業的仕事ぶりは、まさに絶句の世界!
「人に感動を与える仕事ってこのような仕事だろうか?」…と自問自答しながら、時の経つのも忘れ、見入っていました。

もし万が一、仕事がイヤになったり、目標が見いだせなくなったりしたら、京都へ、びゆーんとひとっ飛びです!
「もんじろう屋」で、カウンターの8番テーブルに座り、お食事をすることをお勧めします。
その彼女から、「夢と希望とそして、ひたむきに生きることの素晴らしさ。」をキッと感じ取って頂けることでしょう。

まさにそのお姿は、瞑想より100倍カッコいいです。


京都での仕入れのことなどを書く予定でしたが、二晩の夕食がメインディシュになってしまいました。
すみません。
おっと、今午後10時を回ったところですが、その事を思い出していたら…お腹空きましたぁ〜。

でもでも、京都で美味しい食事をいただいたので、今からキャベツの千切りの夕食で、空腹を紛らわして仕事頑張りたいと思います。
いつもいつも応援、ありがとうございます。
          染織工芸サロン和の國 茨木國夫 拝

さわやかな笑顔

ae6c9e7f.jpg本日まで代表と奥様が京都へ出張のため、私 鋤先美紀子が書かせていただきます。

今日は、4月から入社された小野美子(よしこ)さんをご紹介させていただきます。
小野さんは、笑顔がとってもチャーミングで、明るくて、快活で、いつもお店の雰囲気をぱっと照らしてくれる存在です。

時には独特のノリツッコミ(?)と、指先を駆使したジェスチャーを交えながら、お客様や仕入先の方と、とても楽しそうに談笑されています。
その、爽やかな笑顔をアップしてみました。

ぜひお店で、小野さんの笑顔に触れていただければ、嬉しいです。

             和の國 スタッフ 鋤先美紀子

京都で打ち合わせ…

ca9be523.jpgおはようございます。
吉田再登場でございます。

 昨日、月曜日はお店を休ませて頂き、代表、奥様、吉田の3人で、関西に。芦屋・宝塚方面を散策・視察して、観劇も少々…。美しい町並み、華麗な舞台に酔いしれながら…吉田は帰熊。
 
 代表と奥様は京都に上られ、本日も早朝から、「京正」の那須さんと、別注の図案の打ち合わせ(写真が届きました)。
 那須さんは、第一回目も好評だった「和の國大学院 染織工芸コース」の第2回目講師。「友禅」について語らせたら、詳しさはもちろん・・・・・という第一回目講師の山代さんに並ぶ熱い方(だと思います)。

 きっと、そんな那須さんとの打ち合わせに、代表も奥さんも熱く図案について語り合っていらっしゃることでしょう。

 …。ということで、本日と明日は、私たち3人のスタッフでお店を守っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。
記事検索