2009年01月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

輝いています☆

42e1790f.jpg皆さま、こんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

本日はお昼からお店に入らせて頂いたのですが、
入った瞬間から夕方までお客様の波が途切れずで、
とても充実した嬉しい日でした。

和の國にいらっしゃる方々は、本当にお目が高い方が多く、
お伺させて頂くお話で日々お勉強させて頂いております。
素敵なレディになれる日を夢見て……☆

話は変わりますが、先日、阿蘇の「古閑の滝」に行って参りました。
初めて見る、夜のライトアップされた氷状の滝!
荘厳で、でも幽玄な雰囲気を醸し出しておりました。
(写真は手前側の小さな滝?です)

そして、滝もさることながら、一番感動したものが『満点の星空』です!!
プラネタリウムの比ではありません! 
普段見えないような6等星まで見えたのではないだろうかと思うくらいでした。
星の中には、地球で見えていても既に存在しない星があるといわれています。
めいいっぱい輝いて、何億年後の私たちにその光が届いていることは
本当にすごいことだと思います。
私も一日一日を大切に、輝きを増して、そして皆様に感動を与えていけたら…と思いました。

この古閑の滝のライトアップ、土曜日限定らしいですが、
その土曜日も20時半頃に行きますと、運が良ければ
少し懐かしいような楽しい体験ができるかも、です(^^)


明日も良い日になりますように。
お星様にお祈りしながら……
本日も有難うございました。
   染織工芸サロン 和の國  お客様係り 渡邊綾子

我が師・・・。

ad83af39.jpgこんばんは。
お昼は、普段お会いすることの出来ないBIGMANと1時間位のお話…。
冗談でなく、海外展開が意外な角度から広がりそうです。
(嘘みたいなほんとの出会いがいっぱいです。)
それはそれとして、「福沢諭吉」凄いおじさまでしたぁ〜。

慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福澤諭吉展」を、東京国立博物館表慶館(東京・上野公園)で見てきましたが、一万円札のおじ様の認識は間違ってないものの、この一万円札に込められた日本(大蔵省?文化庁?)の込められた思いに胸が熱くなりました。

いや〜、ほんと素晴らしいです。
福沢諭吉の歩んだ人生とその功績は、感動ものいや、万理一空の世界です。
いろんな本読むより、福沢諭吉を研究した方が100倍得します。
こんなに凄い功績だったとは・・・。
絶句の世界です。

東京では、3月8日までですが、なんと「福岡市美術館」で、5月2日〜6月14日まで開催されます。
音声ガイド「15」の「言海祝宴次第」では、これぞまさに福沢の真骨頂ともいえるエピソードがあります。

また、「福沢山脈」っていいですね。
私の中では、「アルプス山脈」って聞いたことがるのですが、耳慣れない言葉に???でした。
でも、やっぱり凄かったです。
私達も、いつの日か「和の國山脈」って、冗談冗談!!


ただ、言えることが一つあります。
それは、志は福澤諭吉にも負けていないと言うことです。
福沢諭吉は、文明の発展を推奨しました。
しかし、今…文化です。

そっくりそのまま、言葉を置き換えてみます。

━━━━━━━━━━━━━
HOME開催内容コンセプト
「異端と先導−文明の進歩は異端から生まれる」
その時、福澤は何を考え、どう行動したか。

元気國さん内容コンセプト
「異端と先導−文化の進歩は異端から生まれる」
その時、國夫は何を考え、どう行動したか。


福沢諭吉ファンの方、申し訳ございません。
でも、私は本気です。
私も和服の継承・文化の発展のため、命がけで頑張ります。!(^^)!
100年後、福沢先生を超える日を夢見て・・・。


今、和の國を応援して頂くと、いろんな面でいい事が必ず起きますよっ。
今の流れは、半端じゃありません。
見えざる導きの糸に感謝しつつ・・・。
何らかの形で関わって、応援して下さい。

茨木國夫 拝

容姿も歌声も◎の福嶋由記さん!

af13e862.jpgこんにちは。

コンサートまで、あと3週間!!となり…
いよいよ準備も大詰めをむかえつつあります。
スタッフの吉田です。

キャスティングに始まり、パンフレット・チケットの作成・会場との打ち合わせ、進行の準備パンフレットの作成などなど…様々な作業がありますが、そのたびにご出演いただく、みなさまにお会いしたり、お話させていただく機会があります。

何分不慣れ
なもので、ぶしつけな質問をしたり、お願いをしたりでご迷惑やご心配をかけているのですが、みなさんとても親身にアドバイスをくださいます。
中でも、いつも明るい声と笑顔で、私たちスタッフに元気をくださるのが、福嶋由記さんです。

実は、私自身は、前職で由記さんとご縁があって何度か一緒に仕事をしたりお話をしたりしたこともあるのですが(たしか8年くらい前…)そのころから、明るくて感性が豊かで、華やかで、とても素敵な女性でした。

今回、偶然にもまたご一緒させていただくことができたのですが、以前にまして輝いていらして、でも、変わらず気さくでほがらかな雰囲気がとてもうれしい…そんな素敵な方です。

熊本音楽短期大学(現:平成音楽大学)研究生 声楽ソロコースを修了後、熊本音楽短期大学女声合唱団カンマーコール団員として、ニューヨークカーネギーホールにてソリストをつとめ、九州音楽コンクール声楽一般の部金賞、寛仁親王杯全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会大人部門 第1位及び寛仁親王牌受賞、旭川音楽祭第一回中田喜直記念コンクール独唱の部金賞などの輝かしい受賞歴があり、オペラ作品では「魔笛」「フィガロの結婚」「ヘンゼルとグレーテル」「おてものばってん嫁入り」等の作品に出演。スクールコンサート等九州を中心にソロ活動を行う傍ら、各小・中学校・合唱団等のボイストレーナー、音楽教室主宰として後進の指導にもあたっていらっしゃいます。
一昨年、秋にはCD「風の詩」を発売。平成音楽大学講師としてもご活躍中です。

写真の通り、かわいらしく、華やかでとても透明感のある歌声を、ぜひ、コンサートホールで!!

お待ちしております。

今日もありがとうございました。
和の國 吉田稀世

自分のフィルターで!!

こんばんは。(和の)國さんです。

●ドバイ旅行情報「ドバイの歩き方」WEB通信より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009/01/26(Vol.008)

先日、年末年始を利用してドバイ旅行をした友人と話をする機会がありました。
感想をたずねると、彼曰く、

日本で報道されているような雰囲気は特に、というか、全く感じられなかったよ。
すごい良かった。ドバイに行って見てみたい!という気持ちに従って良かったよ。

とのこと。
そうなんですよね〜。旅行者にとっては何も状況は変わらないんですよね。

この「ドバイの歩き方」へのツアーのお申し込み状況を見ても、そう感じられます。
年末年始休暇シーズンが終わったのにも関わらず、連日、お申し込み・お問い合わせをたくさんいただいています。

やっぱり、皆さんの「ドバイに行ってみたい!」という気持ちには変わりないのだと
安心しつつ、他国にはない、ドバイの魅力のすごさを再確認しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

…だそうです。
何が真実か解りませんが自分の目で見てそして、なんでも、鵜呑みにせず、自分のフィルターで、物事を見るってとても大切ですよねっ。
見えない部分にあらゆるものの本質がかくれていそうな…、そんな気がします。

東京国立博物館で開催されている「福沢諭吉展」、最高でした。
チョッと思いを書きたくなる…(明日書きます)、素晴らしい展覧会でした。

茨木國夫 拝


追伸:
「おら東京さいくだ??? 二日目・・・。」
ほんと…、美しい実りまでもたらしてくれそうです。!(^^)!
天佑神助があるのでしょうか・・・。
ご縁に感謝・感謝です。

村橋和子さんについて

4178ffd6.jpg水曜日ですが…
スタッフの吉田です。

今日は、またまたコンサートのご紹介を少々。
先日のリハーサルの時にも、素晴らしい歌声とはうらはらな(?)
とても気さくな雰囲気で、リハーサルの雰囲気をやわらかくして下さるような…。

笑顔がとても華やかな村橋和子さんです。

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業で、創作ミュージカル「潟切りの頌歌」で主役を務められたり、熊本オペラ芸術協会主催「ニューイヤーオペラコンサート」にも出演。

2001年には益城文化会館にてソロリサイタルを開催。2003年熊本音楽院主催マーラー作曲交響曲第2番「復活」第8番「千人の交響曲」にてソリスト出演。2005年にはローマにて日伊親善演奏会、2006年八千代座にて里帰りコンサートを開催するなど、数々の舞台、ソロリサイタルで活躍されています。

さらに…!! 特筆すべきは、音楽療法の分野での活躍で、クラシックに限らずポピュラー音楽、歌謡曲、そして演歌まで!!(?) 幅広いレパートリーを楽しく歌い、皆さんに喜びと感動を与えていらっしゃいます。

さまざまな方と音楽を通して触れ合っていらっしゃる村橋さんの優しさは、その歌声からも伝わってきます。

ぜひ、みなさんも、2月19日、県立劇場でその歌声に耳をかたむけてみませんか?

チケットも好評発売中です!!

では、今回はこの辺で。
今日もありがとうございました。

スタッフ 吉田稀世

ご縁を大切に…。

おはようございます。
今日は1月27日、スタッフの渡邊綾子さんの誕生日と19歳になる長男の誕生日という…身内にダブル誕生日の嬉しい朝を迎えました。
和の國ブログをご覧の皆様、お変わりございませんでしょうか・・・?

昨日は、「喜び感動」がキーワードのマル秘セミナーがありました。
「人は出逢いのご縁で大きく運命が開けていくという事を、改めて実感した今日でした。」
…というメールを頂戴し、私も「出逢い」〜「ご縁とする」〜「必然・運命」という図式を肝に銘じた一日となりましたぁ〜。

ほんと、出会いって素晴らしいし、その縁を生かすか生かさないかで人生決まってしまいますよねっ。
そこで、出会いの格言を2.3ど〜ぞ!


●「人は出逢うべき人とは必ず出逢う。しかも一瞬早からず、一瞬遅からず。しかし自分にその思いがなければ、面前にその人ありといえどもそれを知らず」
−森 信三−

●「有縁千里来相会、無縁対面不相逢」
(縁有れば千里も来たりて相会い、縁無ければ対面すれども相逢わず。)
−中国の諺−

●小才は、縁に出合って縁に気づかず
中才は、縁に気づいて縁を生かさず
大才は、袖すり合った縁をもいかす
−柳生家家訓−

…ということで、ご縁を生かすべく?、今日は、スタッフの吉田稀世さんと一緒に東京に行ってきます。
どんな展開になるのやら、今からワクワク・ドキドキです。
皆さん、応援して下さいねっ。

いつも、明るく前向きに!
笑顔で頑張ります。(^o^)/
茨木國夫 拝


笛田博昭さんが熊本に!!

034b0ca8.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当の吉田です。
今回は、前回に引き続き、2月のコンサートのお話を…。

今回、熊本で活躍されている華やかな女性ソプラノ4人にご出演いただきます。
その華やかさ! そのあでやかさは想像に難くないと思われますが…、
さらに、今回のステージの見所のひとつは…

若きテノール・笛田博昭さんにもご出演いただけることです!!
お写真を見ていただければわかるように、
若く(!!)甘いマスク!
その歌声の素晴らしさ、繊細さはもちろんですが、各地に女性ファン(男性ファンも多いそう)がいらっしゃるというのもうなずけます。

今回は、高森郁子さんのご紹介で、熊本シティ・オペラのステージでもご活躍の経験があるという笛田さんをご紹介いただき、ご出演いただける運びとなり、ご縁に感謝・感謝という思いです。

笛田さんは、名古屋のご出身で、オペラ公演のレベルの高さで有名な名古屋芸術大学を首席で卒業後、名古屋中心にオペラやコンサートなどを始め、今では日本各地・そして世界のステージで活躍中。
2005年には、イタリア声楽コンコルソイタリア大使賞受賞・2007年には、マダムバタフライ世界コンクール 第1位獲得など輝かしい受賞経歴もお持ちです。

2月2日まで 藤原歌劇団(日本オペラ協会とともに、日本オペラ振興会を組織)の舞台「ラ・ジョコンダ」に出演されるなど、お忙しい合間をぬっての2月19日のステージとなります!

みなさま、ぜひ足をお運び下さいませ。

高森郁子さんも「生で聞いたら惚れるよ〜」とおっしゃっていたので、
スタッフもかなり、胸をトキメかせています!

それでは。
今日もありがとうございました。

スタッフ・吉田稀世

革命家

f017fbcf.jpg
染織家三人展も今日が最終日となりました。

今日も、久しぶりにお顔出しいただいたお客様が続き、お着物談義に花が咲きました。
午後には、励ましのお電話も入りまして・・、今日はその内容をご紹介させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------
「お店にはなかなかうかがえませんが、今回のお便りで、和の國さんの思いが確かに伝わりました。

こちらのご主人は、いつも新しいことにチャレンジして、素晴らしいですね。この厳しい時代に、常に前向きに、世界へも目を向けられて、そして日本では素晴らしい染織家の方々をしっかりと支えられ・・。
本当にいいものは、言葉が通じなくても、おのずと通じるものですよね。

まだまだお若いですし、色々なこと−情報や文化教養など−を蓄えられて、次のステップへと行かれるのでしょう。 着眼点も素晴らしく、誰も気付かないようなアイディアもふんだんに・・、まさに「和服業界の中村勘三郎さん」といいますか、本当に革命家でいらっしゃいますね。
これからもご活躍をお祈りします。
---------------------------------------------------------------------------

東京の眞澄さまより、このようなお声をいただきました。ありがとうございます。
いつも何かにチャレンジしている代表には、本当に刺激と元気をたくさんいただいています。
今日もありがとうございました。

 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

笑顔の花

染織家三人展が昨日から始まりました。今朝も朝一番から
「早く来ないとお目当ての物がなくなってしまう、と思って急いで来ました。」、
「昨日は夜の照明の中で、今日は日の光のもとで見てみたくて。」・・・と続けてお客様がいらっしゃり、それぞれお目当てのお着物をお選びいただき、本当に嬉しいスタートとなりました。

また、展示会初日にお越しいただいた、M様のお嬢様がいらっしゃり、お母様が選ばれた色無地に、かわいらしい花柄の袋帯を合わせられました。
お嬢様もとってもチャーミングで、お母様の思いをしっかりと受け継がれていらっしゃるのだなあ、と、またまた嬉しい思いでございました。

お昼近くには、天草から仲睦まじいご夫妻がいらっしゃり、色留袖から小物まで、上品な雰囲気でコーディネートを。袋帯には有栖川文があしらわれて・・。
「和の國さんのように、使命感を持って臨まれるのは、良いことですよね。」と励ましのお言葉までいただきました。 ありがとうございます。

午後には仲良し3人組のK様、Y様、N様が、先日お送りした「ご主人の案内状に感動して、やってきました」と・・。 
3名様がお互いにお見立てをなさり、黒留袖からコート地、乙女にバッグ、と、皆様思い思いの商品をお選びいただき、まさに代表に、思いを返していらっしゃるかのご様子でした・・・。

また、この他にも、ご自分の結城紬(宮崎織物)をお召しのY様や、ご新規の方々がいらっしゃり、コンサートのお口添えをいただいたり、染織界のお話をされたり・・と、今日は一日中お客様の温かいお声がこだまして、美しい笑顔の花が広がっていました。

代表は、お客様が帰られる度に「本当に有り難いこと。」と言われていまして、私たちも胸が熱くなりました。
福寿草は新春を告げるお花だそうで、黄色い花を咲かせますが、今日の和の國の店内を色でたとえると、まさにカナリア色・・といった、明るく温かな雰囲気でした。

いつもありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

有難すぎま〜す。

3cdac008.jpg今日は、冷えましたね〜。
お店に飾るため、裏庭の椿にハサミを入れたのですが、凍ってました。
でも、そこに「メジロ」が蜜を吸いに来て、さながら源氏の世界?でしたよっ。

さて、さて、今も朝一からお客様ですが、昨晩は3組お客様がかさなってしまいました。
そんな中、以外な差し入れをお手紙付きで頂戴しました。
画像は、「断酒の志」で頑張っているのに、美味しいからと焼酎を頂いた栄美さまとの2ショットです。!(^^)!

「断酒の志」をみんなで励ましてくれるのなら、いいけど…です。
意志薄弱の、もう一人の私がいます。
頂いたのなら、飲んで感想を伝えなければ失礼にあたります。???

この一宿一飯の恩義?は、決して忘れません。
な〜んて、上手い具合口実を作って頂いた、栄美さまに心より感謝申し上げます。
やっぱり自然体が、いちばんいいですよねっ。
茨木國夫 拝

━━━━━━━━━━━━━━━━
いつも大変お世話になっております。
蔵独自の酒こうじでつくられた「萬緑」という焼酎です。
テレビで紹介されており、酒づくりに対する熱意が、和の國様と通じる所があるなあと感じてしまいました。ぜひ皆様で味わってみて下さい。
普段飲まない私も、くいくいいっちゃいました。
中村栄美
━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:
今、ほんと命を賭けて仕事頑張っています。
20時間?は働いているでしょうか?
脳は、24時間フル稼働!!
成功するまでのそのプロセスというか、人生ってほんと楽しいですよねっ(^o^)/
今日も、笑顔でがんばります。


嬉しさ2倍!

a5786b25.jpgこんにちは、お馴染み和の國の國さんです。
今日は、「染織家3人展」
今朝ディスプレイなどをして、準備万端!
心してお待ちしていたら、11時15分過ぎにお客様がお見えになり、早々に「矢車の実」で染めた「芝崎重一氏の座ぐりの無地」のご用命を頂きました。
それに加え、帯締め(貝の口)・お草履の「乙女」までも・・・。

やはり、展示会初日の午前中にご縁を頂けるなんで、嬉しさ2倍です。
ほんと有難いです。
感謝を胸に、「和服の継承」・「文化の街・熊本」を呪文の如く唱えつつ頑張っていきます。

みんなで、頑張って日本を蘇生しましょう。
日本再生は、文化の継承発展です。
和服を着れば、日本は必ず多岐にわたり蘇ります。

文化の香りのする日本万歳!!
和服万歳!!
一人でも多くの方が、和服を愛しそして着て頂きますように・・・。

「染織家3人展」もお待ち申し上げます。
   染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫


追伸:
もっとおもしろく楽しい世の中になるよう…「元気が出る…國さんメール」の第二弾を考えています。
来月位からスタートできるかな?
楽しく美しい人生を共に送りましょうねっ。

歌合せ

e2eb24a1.jpg和の國ブログをご覧の皆様、こんばんは
和の國の茨木國夫です。
昨夜は熊本・西唐人町電停側の「スタジオ山脈」にて、2/19のコンサートの歌合せがありました。

私たちも、一か月前の全体の流れとして曲目を選んだりするリハーサルって初めてだったので、凄く興味がありました。
やはりそれぞれの歌姫の皆さま、お上手ですね。

画像は、歌姫が高森郁子さん・ピアノは渡辺ゆみこさん、ピアノの横では佐久間伸一先生が本番さながらの緊張感とともに、最終チェックをして頂いています。
当日まで、段取り・チケット販売などなどハードルは高いですが、こうやって美しい音楽に触れることが出来るって、ほんと主催者冥利に尽きますぅ。

そんなリハーサルは、もう一回ありますよ。
見学ご希望の方は、和の國まで。
先着5名さまのみです。
和の國スタッフの顔して、こっそりご案内させて頂きます。 し〜。

先日より、お手紙をお得意様に書かせて頂いたからでしょうか・・・。
チョッと、打ち合わせで朝から「島田美術館」に行っていたのですが、帰るや否やお電話やご来店が数件あり嬉しくなりました。
皆様に支えて頂いて、本当にありがとうございます。

チョッと和の國にしては、規模が大きなコンサートです。
ブログをご覧の皆さま〜「熊本の文化発展」の為にも、応援して下さ〜い。
みんなで、美意識をもっともっと高めるためにも、美しいものに触れましょうねっ。

美しいと言えば、やはり和服です。
明日(1/23〜5)から、GOODタイミングで、「染織家3人展」です。
新年にふさわしいラインナップで、3人の各々の魅力に迫りたいと思います。
洛風林の帯も、おシャレなのが入荷していますよ。
そちらも、乞うご期待下さい。

美しいものに出会い触れ合うことのできる展示会まで、あと15時間弱です。
心よりお待ち申し上げます。
               染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫

染織家三人展。

b2dc97ae.jpgこんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

いよいよ「染織家三人展」も明後日に迫りました。
先日、京都へ仕入れに行かせて頂いたのですが、
お話には聞いておりましたが
なかなか凄い戦いでございました。
刹那的とはこういった感じなのでしょうか・・・。
本当に貴重な経験をさせて頂いたと思います。
(お写真は京都のとある場所でございます。)

染織家三人展では、戦利品(?)もご覧頂けるかと思います☆

とても素敵な作品をご覧頂ける良い機会でございますので、
是非足をお運びください。


ニューイヤーコンサートまでも1か月を切りましたね。
この冬もイベントが盛り沢山の和の國でございます。
皆様のお越しを楽しみにお待ち申し上げます♪


本日もありがとうございました。
   染織工芸サロン 和の國  お客様係り 渡邊綾子

熊本と和服が大好きな…

67756e5f.jpg今日も、熊本と和服が大好きなお客様が・・・、お着物姿でご来店されました。

K様は、昨年5月から着付教室に通われて、「せっかく着付けを習っているので、お教室に着て行くだけではもったいなくて。和の國さんだったらと思い…。」と、お店にお越しいただきました。

しかも、今日お教室で着ていらしたお着物と帯を、一度着替えてから、いらっしゃったそうです。お写真をご覧くださいませ。

お着物は、お母様から譲り受けた大島紬を。
帯は洛風林の名古屋帯で、トルコ人形の柄があしらわれています。

「この帯は、こちらのご主人が一瞬で見立ててくださって…。こういう大島紬にも合わせやすく、締めやすくて良かったです。」
と喜ばれていました。

今週末の「染織家 三人展」にもお越しいただけるそうです。

今日もおつきあいいただき、ありがとうございます。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

熊本の歌姫 高森郁子さん!

4c266996.jpgこんにちは
月曜日のブログ担当 吉田です。

今日は、来月2月19日に開催されるニューイヤーコンサートにご出演いただく高森郁子さんのことを少し…。

高森郁子さんは、代表と同郷の菊池市のご出身のソプラノ歌手で、
これまでも、数々のオペラの舞台、ソロコンサートでご活躍の方でいらっしゃいます。

略歴を紹介させていただきますと…、国立音楽大学声楽科卒業、熊本県新人演奏会に出演。ミュージカル「がた切りの歌」"お小夜"役でデビュー。熊本シティ・オペラ協会主催オペラ「椿姫」、「道化師」、「カルメン」、「蝶々夫人」、「トロヴァトーレ」、「マクベス」、「ドン・カルロ」などで主役ソプラノとして好演。
その他「日・韓親善オペラコンサート」、沖縄オペラ協会「マクベス」"マクベス夫人"役で出演…。など県内外で活躍されています。

さらに『ヴェルディ・オペラを得意とする貴重なソプラノ』と評されている、まさに『歌姫』で、現在は、東京二期会準会員、尚絅短期大学講師、熊本シティ・オペラ協会会員として、後進の指導などにもあたられています。

昨年11月、代表の「きもの宣言15周年記念パーティ」にご参加いただいた皆さまは、そのときの美しい歌声を覚えていらっしゃると思いますが、
歌声はもちろん、その容姿も輝くようで…でも、普段はとても明るく気さくで姉御肌(?)!

今回、はじめてのコンサート企画であたふたしている私にも、
細かに気配りしていただき、いろんなアドバイスを下さいました。

2月のコンサートでは2部で「蝶々夫人」のアリアナンバーをご披露いただける予定です。
広ーいコンサート会場ですが、きっと高森郁子さんの輝くような歌声&オーラをからだ全体で感じることができると思います。

ぜひぜひ、お越しくださいませ。
お待ちしております!

和の國 吉田稀世

茜染め

e439fa7f.jpg今日はあいにくの雨となりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいましたか?

和の國のスタッフ 綾子さんは、朝から熊本民芸会の新年会へ行かれ、午後からは、ご案内(DM)の発送作業を頑張って下さいました。

午前中の民芸会へはお着物姿で参加されたのですが、このお着物は、綾子さんが短大(染織課)の卒業制作で、ご自分で織られた物なのです。

志村ふくみ先生に憧れて、糸も茜で染められて…。
優しい色合いで、とっても素敵でした。

綾子さんの着姿、ブログで初公開させていただきました。

明日は前結びのお教室ですが、綾子さんも帯のレッスンを経て、次はお着物の着付けに入るそうです。楽しみですね…。

それでは、今日はこの辺で…。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

ニコニコ顔の命がけ。

夜分にこんばんは。いや、おはようございますかな??
出張が多かったりして、私の仕事がたまっていて、昨夜は夜中の3時過ぎまで、そして今日も同じ時間を楽に超えるかもしれません。やったー、学生気分でGOGO!!
嬉しい、嬉しい。(^o^)/ こんなにやることいっぱいで、超嬉しい!!

今、何をそんなに頑張っているかというと、2009年の指針とも言うべき、「命を賭けて…美しい花を咲かせたい!」…というエッセイを書いているからです。
そのエッセイは、「コンサート」や「染織家3人展」のご案内と一緒に送付させて頂く予定にしています。
段取りが遅くなって、スタッフ始めみんなに迷惑をかけていますので、何とか遅れを取り戻しつつ…、その真っ最中です。


冒頭は、挨拶文から始まり、そして下記のように流れていきます。

━━━━━━━━━━━
和の國では「和服の継承」と「文化の街・熊本」という2大スローガンを合言葉に、お客様に喜んでいただけることを第一に…日夜努力しております。
しかしながら、どんなに努力を積んでもマスコミが不況をあおり立てる「マスコミ不況」(自称)で、物を買うことが罪であるような認識さえ出てきている…昨今ですよね。ほんと、正直困ったものです。

ご存知の方もあろうかと思いますが、なんと、日本の個人資産の総額は、約1,500兆円あるそうで、仮にその貯蓄の10%の150兆円が消費という形で表に出れば、日本経済は激変し和服業界も完全に救われます。
━━━━━━━━━━━
    
〜以下〜 つづく
そして、結びは下記のように書いてみましたが・・・。
いかがなものでしょうか? 添削・校正大歓迎です。(^o^)/

━━━━━━━━━━━
あなた様とのご縁に感謝をしつつ…、いつの日か海外事業が大願成就した暁には、全世界の方々が、和服を始めとする日本文化の良さ素晴らしさを再認識し、しいては逆輸入という形で、「ジャパニーズ・キモノ」がもう一度見直される事にもなり、そして日本文化が「不易流行」で永遠に受け継がれていく事になれば、この世の中に何も望むことはありません。
「つま先は、ドバイに! かかとは、和の國に!」
私共の信条です。
初心を忘れず…道を求めて、命を賭けて頑張っていきます。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━


今、和の國は旬です。本気モードバリバリです。!(^^)!
さて今日は午前中7時半集合で、初釜(お茶会)、そして夕方の便で東京に飛び、打ち合わせの予定で、20時間位は頑張る一日になりそうです。
シャバは不景気風が吹いていますが、今の時期でよかったです。だって、まだ47歳、バリバリ頑張れるからです。

未来はメチェヤメチャ明るいので、今しっかり頑張って不動の和の國の礎を作りたいともいます。
そうそう、それとは別にも原稿依頼があるとこから来ているので、そちらも段取りよく、今からチョッと頑張ります。

一度きりの人生、とことん笑顔で頑張ります。
まさに、人生はニコニコ顔の命がけですよねっ。!(^^)!
              染織工芸サロン 和の國    茨木国夫 拝

猫のモチーフ

acab5639.jpg今日は、博子さまが新年会へご出席の前に、和の國でお着物に着換えられました。

ご自身でお着付けから髪の毛のアップまで、手早く進められ、あっという間にお着物姿に…。
その秘訣をお聞きしましたら、お時間のない時は、着物バッグの中に長襦袢や小物などを、着る順番に重ねられているそうです。

お聞きして思わず「なるほどですねー。」とうなってしまいました。

今日お着物に合わせていらっしゃるのは、かわいらしい猫の柄の染め帯で、和の國で一目惚れされた、という帯でございました。

博子さまは猫がお好きで、ご自宅には猫の絵が何点も飾られているそうです。
猫のモチーフを、帯としてまとわれるお姿も、また素敵です。

いつもありがとうございます。

染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

同じ価値観で・・・。

98bdb514.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…おはようございます。和の國の茨木國夫です。
今朝も、冷えますね〜。
でもでも、凛とした空気の美味しいこと!
冬野菜が、甘くて美味しいはずですよねっ。

ところで今日は、笑顔も生き方も、とっても素敵な女性をご紹介させて頂きます。
音楽会では、ご存じの方もいらっしゃることかと存じますが、熊本ステージガイド「ドコサ?」の編集長、坂口美由紀さんで、ほんと生き方が素晴らしいです。

美由紀さんは、自らも「ホルン」などを演奏しつつ、クラッシックが大好きで、趣味が高じて、「その素晴らしい音楽を通し、熊本の文化を上げたい。」
…との志でがんばっていらっしゃいます。
「ドコサ?」を見れば、どこで音楽会などがあっているか一目瞭然の一冊で、和の國にも次回より設置させて頂くようになりました。

当、和の國も「和服の継承」と「文化の街・熊本」…という二大目標なので、あっという間に意気投合してしまいました。(^o^)/
ほんと、「一人でも多くの方に美しい音楽を!!」…美しい考えですよねっ。

そんな美由紀さんは、2/19のニューイヤークラッシックオペラコンサートを下記のように述べて頂きました。
「佐久間伸一先生。笛田さん始め凄い方々ばかりで、この3000円という金額って絶対安いですよ。音楽が好きな方もですが、初めてコンサートに足を運ぶ方々にもぜひお出かけ頂きたいです。こんなにお得なコンサートは二度とないですよ。」…と。

また、おかげ様でリビング熊本の紙面にも、コンサートチケットプレゼントという形で、掲載されています。
山崎真実さん、本当にありがとうございます。。
合わせてご覧いただければ嬉しく存じます。

最近、ご縁の不思議さ、出会いの有難さをかみしめています。
今日はまたどんな出会い・どんなご縁があるのでしょう。
姿勢を伸ばし、感謝を胸に、「一日一生」の想いで、笑顔で頑張ります。
今日もお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
       
              染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫

元気百倍!

fd4381b4.jpgこんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

本日 恵子さまより頂き物をしました☆

なんと!あの「花畑牧場の生キャラメル」です!!
百貨店の催事では勿論のこと、地元北海道でも入手困難と言われていますよね。
口に入れた瞬間にふわっと溶けて、後味はしつこくない…しかもミルクの味はしっかり
といった生キャラメルです。

1粒で何キロ走れる……とかございますが、
こちらを頂いて、お仕事の原動力とさせて頂きます。

本当に貴重なものを、有難うございました。
これよりみんなで頂戴させていただきます(^^)

お寒い中ご来店頂き、更にのお心遣い。
感謝致します。


1月も中旬になり、寒さが本格的になって参りました。
インフルエンザもまた流行り始めているようですので、
皆様もお身体ご自愛下さいませ。


本日もありがとうございました。
   染織工芸サロン 和の國  お客様係り 渡邊綾子

雪景色

151111a3.jpgいつもありがとうございます。
和の國の茨木國夫こと、國さんです。
風は冷たいけど、おてんとさんを浴びるとポカポカとして、気持ち良くなってきますよね〜。
一昨日から昨日は、「白謡会」謡と仕舞の件で大分にいきましたが、途中、山愛レストハウスあたりから、チェーンをつけて山越えをしました。

な・なんと久住の牧ノ戸峠では、銀世界いや、別天地が待っていましたぁ〜。
(画像をクリックすると大きい画面で見ることが出来ます。)
樹氷? 樹雪?? 雪が小枝にたくさんついて景色をなし…、それはそれはこの世のものかと疑うほど、美麗な雪景色でしたぁ〜。

また、おかげ様で「大分能楽堂」の舞台に立つことも出来ました。
上手下手は別にして、素晴らしい能楽堂で「八島」を舞えたこと、一生の思い出になりそうです。
ご尽力いただきました諸先生に、心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。


さて、「元気が出る…國さんメール」をお読み頂いた方々より、「天の声」をいただいていますので、本日は3件ご紹介させて頂きます。
いつも、本当にありがとうございます。


━━━━━━━━━━━━
いつも日本の四季や行事にちなんだ深い意味を教えていただき、誠に有難い事でございます。
和の伝統・日本の文化は本当に自然と一体であり、奥ゆかしく、優しくそれでいて強靭な精神力を感じます。日本人に生まれてよかったと誇りに思えるような、日々送られてくる國さんメールは、怠惰な自分を戒めるものであったり、日々の疲れを癒してくださるものであったり、たくさんの気付きを下さいます。
今の混迷する世の中に必要なのは、まさに『和の精神』ではないかと感じます。
メールでこれほど暖かい感覚を得られるのは無いと感じています。感謝の気持ちで拝読させて頂いております。ありがとうございます。
今年も、『和の國』・『國さんメール』の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。
大きな福が授かりますことを\(^-^)/


━━━━━━━━━━━━
いつもいつも〓ありがとうございますm(__)m本年もよろしくお願い致します〓いつも〓を頂きながら(ふむふむ…なるほど…等々思いながら感心させられる事はかりです〓文章力のない私にはとても返信など…と、思っていましたが今日はなんとなく気まぐれに返信しています〓今日は2〜3日前から体調を崩しお昼まで寝ていました〓なんとか起きて町内の伝統行事であるどんどやに行って来ました〓熊本でもどんどやをやっている所ってあまりないのではないでしょうか〓私の住んでる町は幸いにもそういう伝承事を大切にする地域で私達も次世代に伝えて何事も大切に受け継いで貰いたいなぁと思っています〓今年は何より健康第一でいろいろな事に挑戦したいと思っています〓よろしくお願い致しますm(__)m


━━━━━━━━━━━━
こんばんわ。余りにもメールの内容が素敵でしたので、私のブログに掲載させて頂きました。勝手に申し訳ありません。
スタジオの女性達、子供達のお母さんにも和の歴史/文化の良さを知っていただきたい、そして私も一緒に勉強させて頂きたいと思いました。
yahooでBPZYと検索して頂きますとHP出て参りますので、お暇な時はご覧になってみて下さいませ。m(__)m


ひとやま越えて、また…

5b7aaa80.jpgこんにちは。
和の國スタッフの吉田です。

月曜日12日には、KKRホテル熊本で、熊本白謡会結成記念の謡と仕舞の会が催されたのですが、代表、奥様、そしてスタッフの綾子さんと一緒に、なんと! 私も、謡と仕舞を披露(というほどではないのですが…)させていただきました。

しかも、仕舞は「猩々(しょうじょう)」というとてもお目出度い舞だということで、トリを務めることになっていまして…。

正直、練習も十分でなくお稽古始めの気軽な気分でいたのですが、横浜や長崎の白謡会のメンバーの方の貫録ある仕舞・謡の中、冷や汗をかきながら発表させていただきました。

出来不出来はおいておいて、とりあえず終わってほっとしたのが一番の感想で、
そして、平戸先生をはじめ、お能をなさる皆さんの声や目線、動きの優雅でかつ無駄のなさにとても感銘を受けました。

そんなこんなで、大きな行事が終わってほっとしたのもの束の間、
本日は、県立劇場に、2月19日のコンサートの打ち合わせに行ってきました。

照明や、音響設備、舞台レイアウト、進行台本などなどそれぞれの担当の方とお話しながら、安心したり、不安になったり…。
大きなイベントなので、ひとつひとつ本番に向けて準備を進めていかねば、と
また、気持ちも新たになりました。

…と、なにやら
イベント報告になってしまいましたが
今年も和の國は、楽しい催し&ニュースが盛りだくさんでございます。

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
コンサートもお待ちしてます(チケット好評発売中です!)

和の國 吉田稀世

新年会のお集まり

1f45fa8c.jpg今日は成人式。心配されていたお天気も回復し、爽やかな1日となりました。
お店の前を、振袖姿のお嬢様たちが何度も行き交い、普段よりもにぎやかな界隈でした。

和の國へも、お着物姿の5名様がお越しになり、店内は突然ぱっと華やかな空間に…。お写真をご覧くださいませ。

最初に「こっぽり」というお履物(桐の下駄)でご縁のありましたM様、S様が、同じ着付け教室卒業のお仲間と一緒に、おいでになりました。
今日は半年振りの会食、新年会のお帰りだそうです。

お二人のお口添えで、今日はご新規のN様に乙女のご縁をいただきました。本当に有難いことと存じます。
乙女はご存じの通り、訪問着にも普段着(小紋や紬)にも合わせていただけるのですが、N様は「普段着のコーディネートに…」と、モダンな色合いを選ばれました。
ありがとうございました。

S様も雨草履を色々とご覧になりたい、ということで、後日もう一度ご来店いただけることになりました。

着付け教室がきっかけで、お着物を着られる機会も多くなり、履物にも履き心地とデザインにこだわって…、と。皆さまお着物が本当にお好きで、楽しんでいらっしゃるご様子で、素敵でした…。

染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

おめでとうございます。

b8002356.jpg今日は成人の日、お天気好くなってホッと胸をなでおろしています。
今朝は6時から愛でたくご成人をお迎えになるお客様を中心に、家内が着付け頑張っていました。
その間、チョッと店に立ち寄ったので、写めってみました。

余談ですが、成人式には、下記のような由来があります。
お時間の許す方は、ぜひお付き合い下さい。

もともと冠婚葬祭の「冠」とは、「加冠の儀」を、その由来としています。
「加冠の儀」とは、元服して初めて冠をいただく儀式のこと。
つまり、一人前の成人として認められる「元服式」が、今日の成人式の由来なのです。

「元服」とは、「元」が頭(かしら)、「服」が着る意味で用いられたとおり、髪を結い、はじめて冠を頭につける男子の成人式で平安時代以降に広まったそうです。
現代の成人式とは違って、年齢に決まりはなく、おおよそ12〜16歳の男子が対象だったみたいです。

一方、女子は「髪揚げの儀」といって、12歳〜14・15歳の年齢に達すると、それまで振り分けていた髪を結び上げ、うしろに垂らして成人の髪形にする儀式が、成人式を指していたそうです。

年月を経て、「大人になったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝い励ます。」…という趣旨で制定された「成人の日」ですが、その日の「志」をじっくりと振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

さあ、今日は、熊本白謡会の結成式です。
お仕舞い・謡・宴会…、笑顔で頑張ります。
                                茨木國夫 拝

乙女、そして・・・

bd96980d.jpgブログは今年初めての書き込みをさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年 年末のお話になりますが、私は26日が仕事納めで、その日にご来店いただいたみどり様から、嬉しいお言葉をいただきました。
ご紹介するのが少し遅くなりましたが、おつきあいいただきたく存じます。

-----------------------------------------------------------------------------

先日、こちらで乙女(お草履)をお求めの、私のお友達のHさんは、『和の國さんで選んで良かった。』ととても喜ばれていましたよ。

実はHさんは、ご家族の結婚式で550名位のお客様に挨拶をされる、ということで、お式まであまり日にちもなく、草履を慣らす時間はなさそう・・・、と当日まで少し不安だったみたいです。
それが、『本当に履き心地が良くて、長時間履き続けていても足は全く疲れなかった。』そうです。

乙女は素晴らしいお草履で・・・、さすが和の國さんですよね。
和の國さんには、私が理想とするもの全てがあるんです。商品だけでなく、この空間や食器まで…。

それにしても、こちらのご主人は色々な方面で頑張っていらして、海外へもご出張なんて…。まさに『きもの宣言15周年』の年にふさわしい締めくくりでございますね。
日本一から世界一へと羽ばたかれることを、お祈りしています。(2008年 12月)

-----------------------------------------------------------------------------

乙女のことも嬉しかったのですが、たくさんのお言葉をいただき…、本当にスタッフ冥利につきます…。

いつもありがとうございます。
              染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

手作りカレンダーも。

f283ed78.jpg冬将軍が九州にも遊びに来てくれているので寒い一日となりましたが、お変わりございませんでしょうか・・・?

私は、午前中はNHK文化センター主催の「葉書絵」教室に行ってきました。
昨年末がいけなかったので、今日は手を広げた位の小さい色紙を二枚合わせ、カレンダー作りでした。

画像は1月〜6月ですが、手品みたいな感じで違う所を開くと7月〜12月となります。
私はそれに感動し思わず、後藤久美子先生に握手を求めました。
それ位、凄い葉書絵のオリジナルカレンダーです。
来年は、あなた様の元へもお届けできるよう…早目の段取りで頑張りたいと思っています。

また、最近有難いことに、お菓子を良く頂くのですが、今日は「八甲田」という美味しいチーズケーキ雅子さまより頂きました。
口の中でとろけるようなまろやかさのにも濃厚さと味わい深い美味しさはまさに、デリシャスで,まさに、「清坐一味友(せいざいちみのとも)」?って感じです。!(^^)!

ほんと寒い中、お立ち寄り頂き感謝・感謝です。
明日もチョッと寒くなりそうですが、「冬らしさ」があっていいですよねっ。
寒さに負けず、キュッと姿勢を伸ばし、笑顔で頑張りましょう。

                   禁酒5日目の…茨木國夫こと國さんでした。


追伸:
明後日・成人の日は、「熊本白謡会」結成記念の「お仕舞と謡いの会」が、KKRホテル熊本でお昼2時から行われます。
有難いことに、平戸仁英先生を始めとして関東から11名、新潟からお1人、そして長崎から3名駆けつけて頂きます。

和の國スタッフ(家内・吉田さん)のお仕舞も初披露の場となりますよぉ〜。 パチパチ
ご興味のある方は、もちろん無料で見ることが出来ますよ。(要連絡)
そっちの、準備とお稽古などで、まだまだ楽しい冬の夜になりそうです。!(^^)!
お月様も燐として綺麗ですよねっ。

き〜めた。

和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。
昨日のブログの時間見ました??

私が慌てて書き込んだのが午後11時57分、その2分後にお客様係りの渡邊綾子さんが、頑張って書き込み。
「今日まだだ〜。」…という強い責任感のなせる技ですよねっ。
和の國のスタッフをこの場所で褒めるのもどうかとも思いますが、ほんと時間を忘れて頑張って頂いている姿には、頭が下がります。

やはり、何かに向かって頑張っている姿ってほんと綺麗ですよねっ。
今日も一日超充実で、展示会でもないのにお客様が3組重なったりして、あっというまに、閉店時間(午後8時)となりましたが、昼間出来ない仕事をまた、綾子さんもイキイキと頑張ってくれています。

もちろん、家内始め、他のスタッフもみんなみんな頑張ってくれています。
手前味噌ですが、ほんと凄いスキルの集団だと思います。
こんなに勤務時間外にも頑張って頂いているのだったら、何らかの形で感謝を形にしなければなりませんよね。ハイ!!

ほんと、今・命がけで頑張って、夏のお盆休みを2週間ほど取って、みんなで常夏の島・ハワイで和の國讃歌でも歌いたいもので〜す。

そうそう、そうしましょう。
皆で頑張って、ハワイに行きましょう!!
き〜めた。(^o^)/               kunio

20年です・・・。

56557831.bmpこんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

今日は、平成になってから丁度20年だそうです。

20年前といえば、私は小学生でした。
とても充実していた年で、今思い返しても「良い年」のベスト5に入るのではないかと思うくらいです。
思えば、あの頃の出会いがあったからこそ、
今の自分が居るのだと思います。

和の國に入って、本当に人との出会いの楽しさや
大切さを学びます。
20年後、思い返した時に「あの頃の出会いが…」
と、良く思い返せるようにしたいです。

これからも、沢山の出会いなどを経て
また大きく成長出来ることを祈って。

そして、今日一日の出会いにも感謝して。。

本日もありがとうございました。
     染織工芸サロン 和の國  お客様係り 渡邊綾子

シンデレラ。

こんばんは。
今、お客様宅より家内共々帰ってきましたぁ〜。
まさに、シンデレラ。

今日は事務所どまりで、今から食事です。(^o^)/
いつもありがとうございます。

良い出会い、ご縁に感謝です。
茨木國夫 拝

ニュースを見るより…。

6760c193.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。和の國の茨木國夫です。
今日は、「七草」だったけど、七草粥お召し上がりになりましたか?
私は事務所に泊まっていたので先ほど自宅に帰ってきて頂きましたが、お正月の暴飲暴食を七草で癒し、心まで癒してくれるなんて、先人の教えにはただただ感服させられるばかりですねっ。

そんな先人の叡智がつまり、1000年以上の連綿とした歴史を持つ和子さまの和服姿をご覧下さい。
お着物は、結城紬の極上の無地(宮崎織物)、帯はお馴染み洛風林の袋帯、美味しそうなワイン色の結城紬のショールというコーディネイト、まさにザ・和の國そのもので、和子さまの優しい雰囲気とおきもの姿の美しさが見事にマッチしていて、こちらもとっても嬉しくなりました。

和服姿ってほんといいですよねっ。
女性の方はより女性らしく輝いて見え、男性のきもの姿はまた、男らしさを醸し出してくれて、こんなにいい民族衣装は全世界見渡しても何処にもありません。
繊細な日本人の美意識が昇華して生まれた…和服は、やはり未来に残すべきもの100選の中の、ナンバー1ではなかろうかと思います。

本年の本格的始動は、昨日の6日からだけど・・・、

1)「経営革新」のことで県庁を訪ねたり、
2)「ニューイヤーコンサート(2/19)」の件で動き出したり、
3)「ドバイへGO!」の件や
4)「熊本白謡会」の発足記念の会(1/12)を控えていたり
5)「染織家三人展」(1/23〜25)の件は新春の一大イベントだし、
6)お茶会を終え18日の夕方からは「東京出張」も入っていたりして、

まさにいろんな行事も目白押しですが、一つずつ頑張って生きたいものです。

そうそう、熊本城の天守閣にも松の内の間に登ってきたのですが、小天守閣にも上がれてまた楽しみが増えましたょ〜。
な・なんと昨年のお城の入場者数は、日本一だそうで、そのお話を聞いて天守閣から眺める熊本平野は最高でした。

そんなこんなで、「ニュースを見るより和の國ブログ」とおっしゃって頂けるよう今年はスタッフ皆で書き込みをし、より良いブログにしてゆきたいと思っています。!(^^)!
ぜひ、あなた様の、いろんなご意見・ご感想もお待ち申し上げます。
みんなで和の國ブログ創っていきましょうねっ。
和の國の歴史の一ページを刻むのは、あなた様かもしれない・・・。 なんてねっ。
                         茨木國夫 拝


記事検索