2009年02月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

春の足音が聞こえてます♪

b881ad3e.jpgみなさま、こんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

最近めっきり暖かくなってまいりましたね。(東日本は雪だったようですが・・・)
3月下旬に降る『菜種梅雨』が既に降っているとも言われておりますし、早咲きの桜も周りでちらほら見るようになりました。
駆け足で春がやってきているような気がします(^^;

さて、2月も残すところあと1日。
3月の和の國は、大学院や染織工芸作家展とイベントが目白押しです!!
そして、間近に迫っているのが「おひなさまパーティー」です♪

先日の吉田部長のブログにもありましたが、
毎年和気藹々ととした雰囲気の楽しい会のようで、
準備の際にも、エンドレスでひな祭りの歌が脳裏に流れているくらい
楽しみでございます。

そんなおひな祭り=桃の節句でございますが、
江戸時代、新暦になるまでは祝日だったそうで・・・。
近年になって、気候などのこともあり、端午の節句にお休みを譲った様ですね。

そういう理由(?)で平日の夜ではございますが、
是非ぜひ、皆様お誘い合わせの上ご参加頂けたら、と思います。
和の國の三人官女でお迎えさせて頂きます(^^)


本日もありがとうございました。
  染織工芸サロン 和の國  お客様係:渡邊綾子

5時間後の朝日…。

e4008421.jpgおはようございます。
日本ではもうすぐ夜明けですが、当ドバイでは丁度12時(真夜中)です。
今、ホテルに戻ってきていますが、なんと関西行のエミレーツ航空が午前3時40分のフライトなのです。

仮眠をすれば、朝になりそうな気がしますので、寝なずに起きていますが、チョッとですね〜。
でも、流石ハブ空港のドバイ空港です。
こんな時間に発着なんて、びっくりですよねっ。

さて、今日の画像は、同じ朝日でも日本の方々が見られた5時間後に対面した…UAEの朝日です。
輪廻転生ではないけれど、何か不思議な感じがします…。

現地時間の今夜中には帰ってくる予定です。
待ってて下さいねっ。
茨木國夫 拝

美しき光景…。

4bb3d7c4.jpgドバイ3日目の朝を迎えました。
今朝は、ホテルより歩いて片道約1時間、アラビアンタワーまで散歩に行ってきました。
治安が良いので夜明け前でも散歩安心で、また、犬にびくっとすることもありません。!(^^)!

目的地にたどり着くと、アラビア海でお散歩する方もいれば…、夜明けともに、頑張っている出稼ぎ労働者の方もいらっしゃいました。
なんと、朝の清々しくもあり、美しい光景なのでしょう。

お昼は見ることのできない…朝の光景!
好青年に触れ、私の心も寄せては返す波のように…浄化されていきました。
ありがとうございます。

ドバイに来ても、人さまとのご縁、人さまとのかかわりが、こんなにも素晴らしいものかと胸を熱くしています。
今日は最終日…、予定も目白押しですが、笑顔で頑張ります。
茨木國夫 拝

感謝の気持ち

こんにちは。
木曜日の午前中はRKK学苑の和裁教室に通っている
スタッフの吉田です。

単衣にとりかかったのが昨年の11月…。
週1回のお教室ですが、今日、やっと襟つけにはいりました。
あと一息? です。
それにしても脇の5度縫い(!)から、くけ地獄(スミマセン)と…、1枚の単衣を仕立てるのに、こんなに手間がかかっていたとは!!

昔は、こんなこともほとんどの家で女性がちゃんとやれていたんですよね。
物を大切にするこころや、技術への正しい評価、何より人やモノへの感謝の気持ちが育つのも自然なことだったんだろうな、と…、何でも手軽に、作られる過程を知ることもなく手に入る今の時代は、そんなことに気づいたり、伝えていくのが難しくなってるのかもしれないな、と思いました。

まだまだ、先生の指導に『?』をうかべながら、言われるがままに作業をすすめているだけですが、いつかは…などと空想しながら…。

「あたりまえ」を「ありがたい」と思いつつ、身の回りのすべてのことに感謝をして。

今日もありがとうございました。
スタッフ 吉田稀世

国境を越えて…。

3991b6af.jpgおはようございます?
ドバイでは、朝の6時を廻ったところです。
昨日も、とっても美しい一日でした。

夢みたいですが、ドバイの出店の話も、新しく建築中のモールの一角視察したり、またその金額の提示があったりと…、全体像がくっきりと浮かび上がってきました。
想いは数年、動き出してから3ヶ月…、より現実味を帯びてきましたが、、、

しかし、今のご時世、絶対に海外でこけることはダメです。
慎重・慎重に事を運びたいと思います。
正直、気になる点が2〜3あるので。。。

前回に引き続き、このご縁を頂いた方が、日本びいきのバグダットの方でした。
その彼は、戦火を逃れてドバイで仕事をしているそうで、優しいお人柄がとっても
印象的でした。

ほんと思うに、国境を越えてもお人柄のいい人は良いし、同じ日本人でも同じですよねっ。
人を信じることから一歩つづ歩み始め、光明がさしているこの人生…そのままの路線で、頑張っていきます。

でもここは、左脳もと〜っても大事です。
ハイ・年には年をいれます。
和の國日本代表として頑張ります。

現地時間は午前6時半過ぎですが、日本ではお昼のランチ前ですよね。
丁度時差が5時間で、5時間前の今がドバイ時間です。
今日もいろんな出会いがまたありそうですが、笑顔で頑張ります。

茨木國夫 拝

マイブーム!?

6a361e3a.jpgこんにちは。
代表がドバイ出張中のため、
火曜日も登場の…吉田です。

今日は、私のマイブームを紹介します!
コンサートや息子の発表会などでばたばたとしていた2月中旬を乗り切ることができたのは、このおかげ(?)といってもいいほど、頼りにしていたのが美容サプリメント「植物プラセンタ」です。

プラセンタって、女優さんとかが顔面に注射している…という怖いイメージがあったのですが、これは、サプリメントで、しかも『植物性』というのが、安心感があって◎なんです!!

美容のため、というのはもちろんですけど、もともと胃腸系の粘膜に良い成分らしく食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレスや疲れで胃腸系が疲れているときにとってもいいみたいなんです。

肌の調子やなんかは…見ていただいた感じそのままなのですが、朝調子よく起きることができるので、いいなぁ…って感じです。

実は…近々、この商品の取扱いも始めます。
ドイツの有名な教授が開発した成分のもので、まだ、九州にはない商品なので、いろいろと手続きに準備が必要ですが、ご興味のある方は、お店におたずねくださいませ。

それでは。
今日もありがとうございました。
スタッフ 吉田稀世

パーティに参加しませんか?

745f07a1.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当・吉田です。

コンサートに、お運びいただいた皆様、本当にありがとうございました。
そして、この場を借りて…。福岡から駆け付けて下さったセミ友(ちょっとおこがましいですが…)宣翔物産の安部専務、心から感謝申し上げます。
当日は、お会いできずに残念でしたが、後日「とても楽しかった。コンサートの後は熊本の友人たちと食事して、とてもいい思い出ができました」。とおっしゃっていただき、ほんとうに嬉しかったです。
いつもお世話になっている方も「久々に魂が飛んだ〜。すばらしかったね」と喜んでくれて、なんだか、私が歌ったような(?)自慢げな気分になりました。

…と、こんな風に、先週は、木曜日に華麗なる!? ステージイベントが無事終し…。
いつもの日々が…と思いきや、本日から代表は再びドバイへ! そして、来週火曜日はKKRホテル(ロータスガーデン)で「おひなさまパーティー」が開催されます。

先日お届けさせていただいたチラシでもご紹介していたのですが、今年で4回目…。恒例となったイベントです。

ご参加の皆様にはぜひ、和服でお越しいただき、おいしく、華やかなひと時をお楽しみいただきたいと思っています。当日は、びっくりするような企画やプレゼントがあるかも…!!
ぜひ、お友達を誘ってご参加くださいませ。
春の宵、美しい和服姿の皆様が集う熊本城…。風流ですね。とても楽しみです。
今年は、ドバイ話にも花が咲くかもしれませんね(?)

それでは・・・。
いつも、ありがとうございます。
和の國 吉田稀世


日本女性の鏡…。

おはようございます。
昨晩、ほんと久々の家族団欒タイムがあり、そして吉本新喜劇を見ながら船を漕いでいたら、娘が優しく毛布をかけてくれました。
…という感じなら良いのですが、船を漕いでいたら「期末試験だけん、そこで寝らんで〜。ハイハイ、お父さんは早よ、2階にあがんなっせ!」

我が家の段取り部長…彩月(娘)のおかげで、久々10時過ぎには眠りにつきましたので、今朝、3時半に目が覚め、全開モードでPCでいろんなことが段取りよくいっています。!(^^)!

ところで、昨今中川財務大臣がオサワガセしていましたよね。
どんな風に感じました???
テレビを見ない私は、サウナの中でそのことを知りました。
最初は、「しっかりと言葉を選んでお話なのかな〜。」って思っていましたが、チト様子が違っていたみたいでした。

私も驚きましたが、その後の映像で自宅に帰ったとき奥さんが、
「大丈夫、大丈夫、日本一!!!」…って感じで手を叩いている音が聞こえてきました。
一瞬「えっ???」でした。
でもでも、たしかに事実は事実として真摯に受け止めなければなりませんが、それこそ、母として妻として、男を立てる最高のパフォーマンスだったと思います。

一番辛かったのは、中川大臣の奥様でしょう。
本当に・・・。
それをそうとは見せずに、凛とした態度でご主人様を迎え入れる。
素晴らしい、日本民族の生き方です。
まさに、日本女性の鏡です。
私なりの解釈で角度を変えれば、「最高の美点凝視」です。

人間叩けばホコリの出ない人はありません。
なくて七癖です。
一瞬の映像で、マスコミはそこのコメントに触れませんでしたが、「本当に、凄いな〜。自分がそんな言えるかな〜。凄いな〜。」…と、なにか余韻が残る映像に感じられました。

人間誰だって、失敗もあります。
でも大丈夫です。
自分自身の心が病んでなければ、絶対大丈夫です。
ほんと、中川大臣の帰る場所が…、心が癒される場所があるのも、素晴らしい事ですよね!

朝から取りとめもないブログとなりましたが、私も、和の國代表として和服の継承の為に8000km離れたドバイに行ってきますが、元気に帰ってきますねっ。
皆さま〜、待っていて下さい。
その間、和の國本店で、きものもどんどん買ってくださ〜いねっ。

和の國にしっかり関わって頂き、共に人生楽しみましょう!(^^)!
では、行ってきま〜す。
…というか、もうチョッとして菊池温泉の朝風呂に行ってきま〜す。
(ドバイに立つのは、関空よりエミレーツ航空で午後11時15分発です。)
茨木國夫 拝

3月のコンサート情報

12086492.jpg今日は2月22日。“世界友情の日”だそうですね。
ゴロがよく、覚えやすい日ですが、ゴロがいいといえば、来年「2010年2月10日」に、和の國コンサート開催の予定となりました!! 建国記念日の前日です。今からチェックしておいていただければ幸いです。


さて、今日は3月のコンサート情報を2つご紹介させていただきます。
どちらも、会場は熊本県立劇場コンサートホールです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

1)熊本市民合唱団 ユーゲント・コール(http://www.geocities.jp/kccjugendchor/)
第39回定期演奏会「のすたるぢあ NOSTALGIA」
3月8日(日)14:00開場 14:30開演  全席自由:一般1000円/学生500円

Program 第吃
・「コンクール2008-09 〜ヨーロッパの合唱曲」(GLORIA/V.ミシュキニス 他)
・「ノスタルヂア 〜心の郷愁」(小さな空 他)
第局
・「小アンサンブルの世界 〜イタリアン・ルネサンス」(Ecco mormoral l’onde/C.モンテヴェルディ 他)
・「スクリーン&J-POP 〜愛と人生の応援歌」(ムーン・リヴァー 他)


2)NPO「オーケストラ創造」(http://www.okesou.com)
project vol.2「篠崎史紀(ヴァイオリン)&前山仁美(ピアノ)」デュオリサイタル
72061b5d.jpg3月13日(金)18:30開場 19:00開演 指定席:3000円より 自由席:一般2000円/高校生以下1000円

Program
ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」, エルガー/愛の挨拶, ドヴォルザーク/ユーモレスク, クライスラー/愛の喜び、愛の悲しみ, サラ・サーテ/ツィゴイネルワイゼン 他

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

和の國では、このコンサートのチケットも扱っております。(自由席一般)
普段なかなか機会のない方も、ぜひご一緒に、音楽鑑賞のお仲間になりませんか?

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

命に勝る一枚の紙…。

685b211c.jpg今日は、裏千家の熊本第一青年部の「かけはし茶会」に行って先ほど帰ってきました。
…というか、一席だけでしたがのその、お濃茶のお手前をさせて頂きました。
最近、お稽古もままならなかったのですが、機会を与えて頂いたので、有難いし勉強になりました。
正直なところ、ドジモフまず迷惑もかけなかったので「ほっ〜。」としています。



ところで、侍ジャパンの剛速球がど真ん中に入ってきたような過日の相談役?のおじさまに加え、今回もまた、とっても良い話がありましたので、聞いて下さい。



昨日郵便物が届き、熊本県知事蒲島郁夫氏より、かねてより申請をいていました、「経営革新計画に係る認証通知書」を頂戴いたしました。


申請が2月4日だったので、実は今日の日を指折り数えて待っていたのですよ〜。
これで、弊社は「熊本県の経営革新認定企業」として新たなる一歩を踏み出すことができます。
一つの夢が叶い、形にすることができましたぁ〜。
余談ですが、平成20年の3月末現在ですが、熊本県に約81460件ある事業所の中で、な・なんと認定を受けている企業は315社だそうです。

確率で行けば、0.387%の確立!!
手前みそですが、どれだけ、凄いことか!!
和の國ブログをご覧の皆様もチーム和の國の一員として、ぐ〜んと、胸を張って下さいねっ。

志高くグローバルな目線で、地元に愛される「火の国染め」ブランド創りに向けて励んでまいります。
いつもいつも本当にありがとうございます。

明日は、お昼から「福岡のジェトロ」へ、そして福岡〜関空より4度目のドバイ訪問の予定で、今回ではっきり見えます。
それはそれとして、今日は、膝を痛めリハビリしていた母が仮出所?です。
首を長くして待っていたのは、親父でしょうが、長男も長女も家族6人での久々の団らんになりそうです。(^o^)/

今日は、ちょっと早目に変えろ〜っと。
いつもご覧いただきありがとうございます。
茨木國夫 拝


追伸:
良いことは、どんどんシェアーしていただけませんか。
今晩は、チーム和の國の一員として「乾杯」しましょうねっ。
カ・ン・パ・〜・イ(^o^)/

コンサート報告です

e3bf0f79.jpgこのところまた寒さが戻ったようですが、皆さま、この週末もアクティブにお出かけされているのでしょうか?
今週は、阪神デパートさんで春の合同茶会が催されていまして、私は金曜におうかがいしたのですが、その前日に和の國5周年コンサートにお出でいただいたお客様が、お茶を出されていました。皆さま、本当に日々、充実されていらっしゃいます。

そのお茶会では、さっそくコンサートの話題となり、「コンサート、本当に素晴らしかったわねー。」 「あれだけのコンサートを成功させて、準備から何から本当に大変でしたね。お疲れ様でした。」「すごいメンバー(出演された方々)をあれだけ集められるなんて、和の國さん、さすがね。」・・と次々にお言葉をいただきました。ありがとうございます。
今日は引き続き、19日のコンサートの模様を、お客さまの声を交えてご報告させていただきたいと思います。

当日は、17時30分位からお客様がお出でになり、ホールの入口から劇場の裏側まで、ずーっと開場を待つお客様の列が続いていまして、オープン前から、何やら熱気ムンムンでした。
代表の開会の挨拶では、和の國をご存知でないお客様も、「フムフム」とか「へえ〜」とうなずかれ、時折笑い声も起こりつつ、和の國の歩みや代表の思いを、じっくりと聞いて下さいました。

第1部はall女性のメンバーで、日本の歌を歌っていただいたのですが、歌い手の方は次々に、訪問着やお振袖で登場され、客席からワーっと声が上がりました。最後は全員が一緒に歌われて、一段と華やぎました。
第2部では男性が加わり、世界の歌曲を。女性は衣装が変わり、ドレスの方も、別のお振袖に着替えた方も・・。1部とは別世界といった華やかさや、和と洋が融合されたクラシカルな雰囲気も漂うステージでした。


当日お越しいただいた皆様からのお声は・・・

●最初からあんなに和やかで、本当にアットホームなコンサートで、楽しかったです。ありがとうございました。
●第1部が終わっても、第2部が終わっても、席を立ちたくなかったです。
●笛田さんの歌声には、全身に鳥肌が立ちました。
●オペラをなさる方々は、マイク無しで、あれだけの歌声が出るんですね。すごいですねー。
●コンサートの余韻が強く残っていて、そのまま家に帰りたくなくて、食事をしてから帰りました。
●観客の方も、和の國さんのファミリーみたいで、楽しそうで、温かな雰囲気で良かったですよ。
●和の國さんのロゴの垂れ幕(社旗)や、お振袖が飾ってあって、いつものお店がそのまま舞台に移ったみたいで楽しかったです。あのピンクの振袖は、志村ふくみさんの物だったんですね。
bbc391cd.jpg
●これだけのコンサートは、たとえ1万円払っても観られないと思いますよ。
●今日は1曲終わるごとに、拍手に力が入り、終わってみると、手がものすごく痛かったです。一緒になって興奮してました。
●こういうコンサートは初めてだったんですけど、思わず「ブラボー」と声が出ていました(女性)。
●大変感動的なコンサート、ありがとうございました。出演者の皆様だけでなく、スタッフの皆様も大変だった事と思いますが、成功して良かったですね。
●とても優しい、しっとりとした演奏会で、心が豊かになりました。
●歌い手の方の声量と、小さな体から出るパワーに圧倒されました。
●それぞれの歌手の方の世界に、引き込まれました。
●司会の方が、曲の解説をして下さったので、その情景も想像しながら聴くことができました。
●普段、私には縁の無いような物を聴きましたが、素敵な時間となりました。
●みなさんの歌声に、本当に感動しました。
●「落葉松」(作詞:野上彰・作曲:小林秀雄)は、北原白秋しか知らなかったんですが、今日は勉強させてもらいました。
●ピアノの方も、ベテランですよね。本当に素晴らしい演奏でした。
●着物を使ったパフォーマンスが、実に見事でした。
●お振袖や訪問着で出て来られた時に、後ろ姿も観たかったです。次回はそういう演出もお願いします。

他にも、
●冒頭の挨拶で、何故こういうコンサートを開かれたのかが、よくわかりました。茨木さんのお人柄が表れていて、その思いがきちんと伝わってきて、良かったです。堂々として、素晴らしかったです。
●少しだけ披露されたお謡も素晴らしかったですね。もっと聴きたかったです。
●代表の方の挨拶が心に沁みました。心温まる素晴らしいコンサートでした。
●茨木さんのお謡も素晴らしかったですね。来年は、ぜひ演目に入れて下さい。第2部の頭とかに、謡われたらどうでしょう?
●コンサートが始まる前に、茨木さんの音頭で「ブラボー」とか拍手の練習があって、すごく意外でしたが、とても楽しかったです。

とのお声をいただきました。開会の挨拶も、強く印象に残られたようで・・何よりでございます。


また、ご出演された歌手の方、ピアニストの方々からも、

◆「こういう交流は、なかなか機会がない事ですが、ご一緒できて本当に良かったです。私達も心から楽しみました。」
◆「今日はお客さまにも後押しされて、気持ち良く歌いました。」
◆「観客の皆様の拍手がとても大きかったので、歌いやすかったのもあり、熱が入りました。」

と口ぐちに言っていただきました。本当にありがとうございます。

コンサートが盛会となりましたのも、このようなお声を続々と頂けましたのも、ひとえに、ご出演いただいた皆様、会場にお運びいただいたお客様、劇場でサポートして下さったボランティアの方、県劇スタッフの方・・と、実に大勢の方々のご協力と情熱が集結したおかげと存じます・・。
皆様、本当にありがとうございました。

染織工芸サロン 和の國 鋤先美紀子

初公開メール

和の國ブログをご覧の皆さま〜
おはようございます。
三寒四温とはほんとよく言ったものですが、寒いと、気合が入って姿勢が「しゃん」としますね〜。

さて、昨日は2009年2月20日…、「出会いは命」ともいったりしますが、私の記念日になりそうな出会いがありました。
先ほど、その先生にメールをさせて頂いたのですが、もしかしたらその先生との出会いが、私の運命さえ変わるような白楽殿でしたので、どんな内容のメールを送ったか気になりませんか?

和の國ブログをご覧の皆さまだったら、気になりますよねっ。
それこそ、右脳で・・・。
皆さまにも、私のメールを、今の想いを公表させて頂きます。
個人名は伏せていますが、そこにご自分の名前を入れて読み上げたり、また反対に國さんの立場になったりして頂くと、よりリアルに感じていただくことが出来るやもしれません。

ゆっくりと、しっかりと、
しばしお付き合い頂ければ幸いでございます。
いつも本当にありがとうございます。
茨木國夫 拝



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○○○○○先生
昨日のご縁に、心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。

また、貴重な資料を添えつつ・・・
長時間に渡り訓話をいただけましたこと、
言葉にならないほど感謝いたしております。
ありがとうございます。

私も、dobaiの現状はある程度しっているつもりでしたが???、
スポンサー制度の裏のことなど、皆無の世界でしたので、
ほんと勉強になりましたしたというか、
お教え頂き、心より感謝申し上げます。
私の知識が幼稚園レベルだったこと、おかしいぐらいです。(汗)

最近動き出してから、素晴らしい出会いを沢山頂いています。
その中でも、同郷であり、人生の先輩であり、
中東はもとより世界のビジネスで現場のたたき上げという立場の
○○○○○先生とお会いできましたこと…、
「こんなに有難いことがあっていいのかな〜。」って、
胸を熱くしています。


私には、和の國日本の代表として、
どんな不景気でも、
「売り上げが上がる場所で、和服の売り上げを創る。」
…という使命があります。
1000年続く和服業界(日本)にする為に…、
私はこ世の中に、その為に生まれてきたようなそんな気がします。

それが、アラブのシェイクかな?って思い、
ドバイ〜ローカルという図式になりました。

文化のある所で、お仕事させていただくのが一番です。
○○先生の言葉、心に染み入ります。
23日より、心して行ってきます。

今まで、もちろん家内に相談したりしましたが、
全て、自分で考え自分で行動し、自分でその結果を基に
次のステップへと、右脳のままに動いてきました。

しかし、いろんなことがあったら、
「○○○○先生に、相談できる!」
…と心から思える方に出会いました。
私の一方的な思いかとも存じますが、私は嬉しいです。
本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
また、熊本っていうのが、最高です!!

胆識でモノを見て、
訓話を胸に、
dobai楽しんできます。

27日夜、戻りますので、
また帰ったら一番にご連絡させていただきます。
すみません、家内への報告が一番でした(笑)

冗談はさておき、
元気に行ってまいります。

長々とお付き合い頂き
心より感謝申し上げます。

染織工芸サロン和の國
代表 茨木國夫 拝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンサート報告第一弾

633c8436.jpgほんとおかげ様です。
本当におかげ様です。
満席にはならなかったけど、600名近くの皆さまに楽しんでいただきました。
本当に有難いことばかりです。

皆さまのご協力…本当にありがとうございます。
画像は、裏方のワンショットで、家内・吉田空軍司令長官・笛田さん・I.My.Me.Mainです。
皆さまのおかげで、素晴らしいコンサートが出来ました。
ありがとうございます。
その内容は、スタッフのミッキーさんこと鋤先美紀子さんが明日書いていただけそうです。

下記は、主催者(和の國・茨木國夫)挨拶の原案です。
こんな感じでお話させて頂きました。
お時間のある方はお付き合い頂けませんか?


1)御来場の感謝
雨ニモめげずおこし頂いて感謝
熊本が好き
音楽が好き   
文化が好き
歌い手の方が好き
和の國プロデユースだから…  第一級の方々にお集まり頂き感謝

2)なぜ、このコンサートにいたったか? その経緯の説明
 私自身の約20年前の【きもの宣言】(洋服をすべて処分して背水の陣から歩みだした人生)
 茶道〜能楽…骨董・古美術〜日本画を含めた日本美術・李朝〜アールデコなど好きになる。西洋画まで大好きで、美術館めぐりというか美術鑑賞が一番の趣味となった。
西洋音楽〜クラッシック〜オペラにたどり着く。コンサートを見て感動
創業5周年事業で何か? 檀ふみさん講演会ならいいかな〜
高森郁子さんのご縁
 
3)「よく、オペラは解らない?」
 私のシロート目線で、
  1部:日本の歌曲(早春賦・花)など 小学時代
  2部「ある晴れた日に」・「アベマリヤ」など
   (私は能楽をたしなんでいるので)
 ジャパニーズオペラ(能)と本場のオペラの違い
 能楽は動の中に、静がある。
 例:謡い方「庭の砂金は・・・」
 面をつけていて、世阿弥の神秘的な「動かずとも動く。」・「秘すれば花なり」世界。
 一方、オペラは、体全体で表現する世界。その違いはあれ、双方とも、世界最高の芸術品である。

4)チラシなどご覧いただいたら、テーマが「和」というのはご存知かと思いますが、5つの和が今回のテーマです。
  1)和の國5周年の「わ」
  2)熊本ハンガリー協会発足記念の「和」
  3)熊本の音楽界の「和」 
    佐久間先生特別出演  笛田さん…イタリアから
  4)美しいものに共感できる「和」  美しいものは真に美しい!
  5)熊本の「和」…という大きな和になってほしい。
それが、文化の街熊本〜そして日本の一助になればありがたい。
和の國とご縁を頂いた皆様が、すべて「人生って、ほんと楽しいよねっ。」
…て言っていただけるように。


5)今ドバイでビジネスを展開3回行って来週、
「日本の和服業界を救うためにどうかしなきゃ。」使命感を持って行っている。

6)ドバイに行ったら、東京に拠点を!と思い、ビジネス展開「和服のすすめ」…売れない本もタイトルを変えて、出版???テーマは、「○○○あなたへ」かも・・・。

7)でも一番大事は、地元熊本です。水はお美味しい、緑はきれい、今日お集まり…良かおなごばかりです。言葉が、肥後弁で通じることも何と幸せか。本当にそう思う。

8)熊本もだけども、地元菊池に何か還元できないか?チャリティーコンサート 竜門ダムに木を植えよう。皆さまおひとりから頂いた3000円の中から 木を植える・・・山も喜ぶ 海が喜ぶ みんなが喜ぶ  本当にありがたいこと。

9)拍手は2倍!! ブラボーも20回 参加型です。 主客一体!
チョッと練習してみる。「小さな手」オープニングの前に歌う。


…という感じで、舞台にあげていただきました。
元を忘れず、元気で頑張ります。!(^^)!
茨木國夫 拝


二つの学び…。

218345bb.jpgおはようございます。
元気…國さんです。
昨日は、二つの体験というか二つの学びをしました。

一つは、参議院議員の木村仁先生のご縁ではなく、同所属で、参議院国土交通委員長の田村耕太郎先生にお会いでき、違った側面から応援して頂ける事です。
ご縁の有難さ、不思議さを胸にかみしめつつ…、ふと振り返ると、議員の先生とのお付き合いの仕方も、勉強になったような気がします。

もう一つは、元外務副大臣の「木村仁先生を励ます会・セミナー」に参加させて頂き、仁先生が他の名だたる先生方より、徳を積まれご人望がとっても高いことに改めて気づかせて頂いたことです。
テレビ・新聞などメディアに出られる方々が、ほんと次から次へと・・・でした。
「政治は人柄であり、仁徳である。」…とおっしゃった先生もあり、私も大きな感銘を受けました。

それから、本の出版の件ですが、光明ですゥ〜。
お昼は「致知出版社」の小笠原取締役とランチしながら、アドバイスをたくさん頂きましたし、また、それから新たなるご縁を頂きましたので、上手くいきそうです。
いや、手にとって必ず読んで頂く…、「売れる本」が出版出来ます。
完全に私の腹に再度、ずぼっとおちました。 本当にほっ〜です。
ありがとうございます。

そうそう、赤坂のニューオータニでの出版記念パーティの会場の打ち合わせもスムーズに行きましたよぉ〜。
それより、今日はとっても大事なコンサートです。
「雨になりそうだから、今日は・・・。」
…って言わないで下さい。

雨だから、最高です。
雨ニモメゲズ精神ですよぉ〜。
どうか、お運び頂きますよう…心よりお願い申し上げます。
茨木國夫 拝


追伸:
今から帰ってきま〜す。
AIRの中で、今日のあいさつ文練習します。
上手く言えますようにっ・・・。緊張!(^^)!



和の國プロデュース

「和の國5周年 チャリティ 2009ニューイヤーコンサート」も、いよいよ明日に迫って参りました。
この一週間は、駆け込みでチケットをお求めにご来店いただいたり、お問い合わせの電話のラッシュで、店内の雰囲気は本番に向けて、高まり続けています。

この頃は、いつの間にかお客様の間で、コンサートの名前が「和の國プロデュース コンサート」・・その仕掛けは? どんなイベントに? 何が飛び出すの? とウワサされているみたいです。
これまで、和の國のおひなさまパーティ等にご参加いただいたお客様には、「楽しくて、美しい」和気あいあいの雰囲気をご存じのことと思いますが・・、皆様、どうぞご期待ください!

ご出演される皆様の、素晴らしいパフォーマンスはもちろんのこと、そこに、和の國らしい、楽しい演出をさせていただき、観客の皆様やご出演なさる方々と、共に感動を分かち合えるような…素敵なコンサートを目指して、一同邁進しております。
明日の開演を、楽しみにお待ちくださいませ。

今日もありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子





「和服のすすめ」が・・・。

和の國ブログをご覧の皆さま、おはようございます。
東京に来て、嬉しすぎる出来事です。 トホホ

「和服のすすめ」という…日本人の心に響き夢と希望を与える単行本の出版記念パーティを赤坂のニューオータニで7月7日(火)に予定し、それに向けて動いていますが、第一段階でこけました。

「商業出版で行くか?、自費出版で行くか?」
大まかな内容を話していたら、
「あなたの志が高いことは解りますが、」
…から立場が逆転し・・・。

そして、
「ただ、出版は不況業種に指定され、ハードルが高くなっているのが実状です。
出版が成り立つだけの読者層を獲得しなければ、双方ともに不幸になりますので、ご理解ください。
和服の啓蒙・普及を実現しようとしても、読者は少ないと見ています。」

…との御意見!!
つまり、「このタイトルでは売れない。」
…ということです。
「150年前、文明を唱えた福沢諭吉の生まれ変わり???」が、「今度は150年を時を超え文化を提唱する!!」って思っていたことが、雪崩の如く崩れさりました。


「あ〜、お〜、神様〜。私の夢や希望は???」





うっ・・・。


が・ががが・が〜〜ん♪




目の前が、真っ暗になりました。










言われて見れば、

な・る・ほ・ど、・・・です。


でもでも、

信条は「いつも明るく前向きに!!」です。


「和服の継承」と「文化の街熊本〜日本」を提唱しているゲンキ國さんが、そんなこと

でくじけるわけにはいきません。


私には、和服を着ていた血(DNA)が、トレビの泉のように湧き出でています。







さあ、

そこからが、

元気國さんの本領発揮です。!(^^)!










そこで、タイトルを変え、

もっと光の当て方を変えに、

「売れる本」創りに挑むことにしました。

ハチパチ。。!(^^)!





タイトルは、

☆「なぜ今、熊本の呉服店がドバイなのか?」

☆「ラストサムライが挑む…世紀末の大挑戦!」

☆「一日1分! 和を身につければ、全てが上手くいく本」



☆「有言実行、夢をかなえる魔法の衣服」

☆「ドバイに金閣寺?超発想におけるジャパンブランド」

☆「和服(アナログ)人間が飛行機に乗った…本当の理由?」



☆「あり地獄からドバイへ、日本文化を救う九州男児」

☆「ドバイに挑む…大和魂を持つ唯一の男」

☆「磁場が動くと、世界がこう変わる」



☆「1000年の文化を継承する…和服人間」

☆「未曾有の不況を楽しむ…クラッシックパンツ」

☆「日本人が求めていた…本物の日本人」



☆「使命感を持ち、ラクに楽しく成功する本」

☆「異端と先導、諭吉を超えるきもの人間」

☆「100年に一度のアクションの仕方」



☆「冬眠からさめた和服人の8000劼量粥

☆「人は人によって輝く。」

☆「世界平和・100年後・日本人 3つのキーワードの中心軸とは?」          


☆「単機ドバイへ挑む…日の丸特攻隊」

☆「聖徳太子〜福沢諭吉、そして今こそ茨木國夫」(スミマセン)       

☆「貴方がいたから今がある。本当にありがとう」


☆「1人は寂しい、だから共に生きよう」
(これ持論かな?? チョッと横道にそれましたねっ。)

☆「           」

…って感じです。

さあ、こんな感じで頑張ります。




私は本気です。

「和文化(和服)と共に日本を発展させ、そして世界を蘇生しよう。」

…という一大プロジェクトです。



あなた様は、どのタイトルが読みたいと思いましたか?

ぜひ、教えて下さい。

またいいアイデアあったらぜひぜひお願いします。

みんなで、國さんを育てあげていただけませんか。

これ、私が言うことかなっ???



茨木國夫 拝



追伸:コンサートは明日19日です。
「どうしよう」っておもってらっしゃる方は、ぜひ「行こう。」って決めて下さいねっ。!(^^)!



國さん久々登場です。

73d18a15.jpg和の國ブログをご覧の皆さま〜。
長らくご無沙汰してましたぁ、復活の烽火(のろし)を挙げた、茨木國夫です。
元気・元気ですが、今日はチョッと原点回帰です。

ほんと「忙しくて…。」って、言い訳したらダメですが、この2週間は、ブログが私の優先順位の一番出なかった反省と、スタッフ育成という2つの観点でご無沙汰しておりました。
また、今から頑張りますので、許して下さい。
読んでくださいねっ。

ま、それはそれとして、私がブログを書いた最終日が確か、ドバイに立つ前だったので、約2週間ぶりだと思います。
その間を、一緒に振り返っていただけませんか?


2/4(水):「経営革新」認定企業申請の為、熊本県庁を訪れ、熊本・和の國発のブランド「火の国染め」について熱く語る。

2/5(木)〜9(月):3度目のドバイ出張(家内・通訳のmikikoさん・私)
「和の國ドバイ店」の話がほんのチョッと進むが、まだまだこれからこれから!

2/11(水):茶の湯文化教室(富田禎治先生)のお茶会、テーマ「肥後尽くし」
有難いことに、2回お点前させて頂きました。
でも、手が振るわないようにするにはどうしたらいいのでしょうねっ。

2/13(金):熊本ジェトロ訪問
貿易のこと、失敗しない中国人との付き合い方など学ぶ。

2/14(土):サタブラ出演
30秒に命を懸け、コンサートの件PRさせて頂く。

2/15(日):午後1時半RKKラジオ(下通り・蔦屋書店カド)
約10分近く対談、コンサートのPR活動はもちろん、話が8000厠イ譴申蠅悄

2/16(月)東京・経営塾セミナーにて、自民党を離党した講師の「渡辺善美先生」の前座で5分間スピーチをさせて頂く。
日本フードアナリスト協会の会長さんである…横井裕之社長のご縁で「かんき出版」をご紹介頂く。
し・しかし、本のタイトルがままならず・・・トホホ。

2/17(火)・知人のご縁により西麻布の画廊を尋ねる。
夕方より、久々「自己内見タイム」
東京タワーを眺めながら、ブログを書き込む。

…って感じで、約2週間過ごしました。
もちろん、地道な行動もありますが、アクティブな動きを中心に書かせて頂きました。

また明日は東京で、丸一日予定が入っています。
コンサートの件も気がかりですが、吉田稀世さん・家内中心にしっかり頑張ってくれているので、私も100年に一度と吹聴される不景気を吹き飛ばす動きを重ねていきたいと思っています。

私も和服の継承・文化の街熊本〜日本の為、命を賭けて頑張っていますので、しっかり応援して下さい。
まずは、2/19(木)のコンサートにぜひお出かけ下さいませ。
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。
茨木國夫 拝

いろんなつながりで・・・

e07c0483.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当・吉田です。

いよいよコンサートの週になり…。
準備も佳境にはいってまいりました!

先週末には、2度目の音合わせのリハーサルを行い、出演者の方々の衣装や、ヘアメイクの打ち合わせをさせていただきました。
そんな中、以前、ご紹介させていただいた私の従姉の吉田李佳のパートナー・ピアニストの内賀嶋直美さんといろいろお話をさせていただいていると、和の國のお客様(茶文の先生)ととても親しくしていらっしゃることがわかり、お互いにびっくり!

「内賀嶋さんは、お嬢さんのころから良く知ってるよ」という先生で、きっと、当日もご来場いただけるのでは…と楽しみにしています。

内賀嶋さんは、ピアノだけでなく、チェロも弾かれる音楽センスの持ち主で、熊本県立第一高校、熊本大学教育学部音楽科卒業。熊本日日新聞社主催第6回学生音楽コンクール高校ピアノ部門で最優秀賞受賞。ヤマハ音楽教室幼児科講師を経て、現在、ピアノおよびチェロ教室主宰。弦楽アンサンブルや、ピアノ・チェロ・声楽による「アンサンブル・アルエット」のメンバーとして活躍されています。

とっても上品で、物腰がやわらかく、ユーモアのセンスもある素敵な方です。

先週から、コンサートの問い合わせも多くなり、店内のチケットも残り少なくなってきました。
当日券もございますが、ぜひ、事前にご連絡いただけましたら、チケットをお取りしておきますので、お気軽にご連絡下さい。

お待ちしております!

和の國 スタッフ 吉田稀世

“元気になりました”

今日は、昨日に引き続き、コンサートの取材をしていただいた模様をお伝えしたいと思います。
代表が今日出演された番組は、RKKラジオさんのお昼からの番組「カリーノ坂スタジオ “サンデースマイルステーション”」です。

コンサートの概要を話されると、さっそく「和の國というお店の名前に、茨木さんの普段着は和服・・それで、オペラのコンサートというと・・??、何だか和と洋がミックスしたような印象ですが?」とのご質問が。

「私は能楽もしていますが(・・と、ここで謡を披露)、能楽はJapaneseオペラと言われているんです。 私にとっても最初は、能楽もオペラも“わかりにくい物”でした。でも、この美しい物をわかりやすくお伝えしたい・・と、出演される方々と何度もコンサートの構成を考えました。 歌い手の皆様は、普段はアリア等を歌われるプロの方々ですが、今回は日本の歌曲も歌っていただけるのです。和と洋の両方を、わかりやすく楽しんでいただけると思います。」

また、今後の目標などについても尋ねられ、ドバイでのショップ展開、将来的にはモナコへも・・とお話が進むと、
「・・中略・・こうしてお話をうかがうと、茨木さんが“洋”の物へアプローチした、そのルーツのようなものがわかってきました。根の部分にはとても大きな志があって・・、色々な場面で和文化を伝えて行きたい、ということですよね。 今日は茨木さんにお会いして、とても元気になりました!」 と、締めくくっていただきました。

放送を聞いていた、私達の方こそ元気になりました。
色々な方々に励ましのお声をかけていただき、嬉しい毎日を送らせていただいています。
本当に今日もありがとうございました。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子





美しい花を

98ac9e31.jpg今日はバレンタインデー。今年は「バレンタインには花を送りましょう」というPRを良くみかけますが、皆さまは今年、どんな形で様々な思いを伝えるのでしょうか?

和の國では、ただ今代表を中心に、19日のコンサートで是非とも「美しい花を咲かせたい!」との思いで一丸となっています。
今朝はKABさんの番組「サタブラ」で、コンサートの告知を取り上げていただきました。

その中で、代表は「私自身が着物を着る生活を送り、謡曲をしたり、絵画やオペラの鑑賞を通じて感じたことに、 “美しい物はやはり美しい” という思いがあります。 「文化の街・熊本」の更なる発展を願い、このコンサートを企画致しました。今回、素晴らしい歌をご披露いただく6名の方々にも、こういう思いをご理解いただき、ご出演いただけることになりました。1人でも多くの方に、ご覧いただけたら・・本当に嬉しく思います。」
と、その胸中を語られました。

本当に、お一人でも多くの方に、生の歌声と演奏を味わっていただきたいです。
今日は夕方からリハーサル・・・いよいよ本番間近です。
また明日はRKKラジオで、午後1時〜PRさせていただける予定です。
是非、チェックしてくださいませ!

   和の國 スタッフ 鋤先美紀子

バレンタインイブ。

46ca1249.jpgみなさま、こんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

街中、バレンタイン一色でございますね。
本日は「バレンタインイヴ」だとか・・・。
初めて耳にしました、ばれんたいんいぶ。。
お店でチョコを見る度に、男性は良いなぁ〜と、思ってしまいます(^^)

さて、間近に迫りましたコンサート。
この1週間はコンサートのチケットのお問い合わせが大変多くなって参りました。
また、お店へチケットをお買い求めにいらっしゃって下さる方も増え、本当に嬉しく思います。

本日いらっしゃって下さいましたお客様からは、
「自身が都合で行けないけれど、とても素晴らしい方々のコンサートなので
お友達にプレゼントで―…」と、有り難いお言葉も頂戴致しました。

本当に名立たる面々のコンサートでもありますので、
是非是非、一人でも多くの方に素晴らしい歌声と
楽しいお時間を体験して頂きたいと思います。

チョコを差し上げる間柄の方とご一緒に、素敵な時間を過ごしてみられませんか♪


本日も有難うございました。
  染織工芸サロン 和の國  お客様係:渡邊綾子

熱いエール

今日は、熊本市民合唱団ユーゲント・コールに所属の愛路(あいじ)隆要先生がお見えになりました。
先生は教師になられて20数年、現在は帯山中学で数学を教えていらっしゃり、その傍ら、合唱団で活動をなさっています。
先日県立劇場で初めてお目にかかったのですが、その日、奥様とコンサートパンフレットの挟み込み作業で劇場に出向くと、市民合唱団の方々も作業にいらしていました。

和の國5周年のコンサートパンフレットをご覧になると、気さくにお声掛けいただきまして、熊本の音楽への意識の高さ、市民合唱団の地道な活動や、練習(なんと週に2度もなさっているそうです)等について、お話をうかがいました。
次第に奥様が、当日までの準備や、ご案内の仕方などを尋ねられると、先生は合唱団でのご経験を基に、1つ1つ、とてもご親切にアドバイスをしていただきました。

愛路先生は「企画の内容をお聞きし、その志にびっくりしました。ぜひ成功していただきたい、と思いました。 団員に話すと、練習日を変更してでも、応援しよう、と皆が言ってくれて…(普段は月曜と木曜が練習日だそうです)。 出演者の方は皆素晴らしい方々ですので、観客が集まれば、必ず成功しますよ。」と。

市民合唱団では、ただ今、2年に1度の定期演奏会「NOSTALGIA」へ向けて、猛練習中!とのこと。3月8日(日)、県立劇場コンサートホールにて、14:30開演だそうです。
(和の國も応援させていただいています。)
その大事な練習日を調整されて、2月19日、団員の方々と鑑賞に来られます。本当に有り難いことで・・、感謝申し上げます。

また先生は「人を集める事や、様々なご苦労はわかりますので。 最終的には、努力した結果が表れます。そうして、お客様が楽しんで帰られれば…、それが一番ですよね。 大成功をお祈りしています。」と、熱いエールをいただきました。
愛路隆要先生、本当にありがとうございます。

あと一週間、悔いの無いように、頑張りたいと思います。
  和の國 スタッフ 鋤先美紀子


ピアニストのご紹介

dfc7622b.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当・吉田です。

本日、和の國は店休日ですが、
代表はじめ、スタッフも、それぞれのポジションでがんばっております!

代表・奥様の海外出張も今日まで。
明日からはまた、お店がにぎやかに、そして急激に動き出すことをふまえ、
コンサートやもろもろの準備を進めています。

今日もお電話でコンサートチケットのご予約をいただき、ありがたいことだとしみじみ感じておりました。

ところで、これまでコンサートに出演いただく方のプロフィールを紹介させていただいていたのですが、歌う方はもちろん、ピアノ演奏者も素晴らしい方なので、ぜひ、紹介させて下さい。

昨年、代表のきもの宣言15周年パーティーで、高森郁子さんに歌をご披露いただいたのですが、その時にも演奏して下さった、渡辺ゆみこさんです。

そてもかわいらしくて透明感のある方で、
今回、いろんなコンサート会場にPRのためにチラシをもって行った先でも
「あ、渡辺先生だ」「渡辺せんせい、いつもキレイですよね」
などと、話題に上ることが多くあり、人気のある方なんだなぁと改めて感心しました。

渡辺さんは、
武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業。熊本県新人演奏会出演。カルトゥシアーナ国際アカデミー(オーストリア)リートマスターコース修了という経歴で、C.スペンサー教授に師事。
「二台のピアノによるディオリサイタル」、「室内楽の夕べ」、「ジョイントリサイタル」等を開催。ヤナーチェク弦楽四重奏団(チェコ)、ブダペスト弦楽六重奏団(ハンガリー)等と共演。ピアノコンクール審査委員他、ソロ、室内楽及び伴奏の分野での活動とともに、後進の指導を行うなど多方面で活躍されています。
もちろん、受賞歴も華やか!

歌はもちろん、繊細でドラマティックな演奏も見どころ・聞きどころのひとつ。
コンサート(舞台)は『ナマ』ものですからね!

ぜひ、会場に足をお運びください!!

今日もありがとうございました。
和の國 スタッフ 吉田稀世

コンサートのうわさ

01478a2e.jpg今日は11時の開店前からお客様がいらっしゃり、お一人帰られるとまたお一人、といったリズムの、あっという間の一日でした。
特に今日は、コンサートのお話に花が咲きました。

お手入れに出されたお着物に合う帯を、と、ディスプレイをご覧になっていたお客様は、「和の國さんに置いてあるのは、着ていくのが楽しみな物ばかりですね。この、楽器が踊っているようなデザインも・・。娘と兼用するつもりで選ぶのも楽しいです。 こういう帯を、コンサートにさりげなく締めて行ったら、いいですよね。」と。

余談ですが、その染帯も、実は代表がデザインの指示をしていたりします。デザインの希望を先方へお伝えする時は、具体的な言葉というよりは、ニュアンスで伝えることが多い、とお聞きしていますが、その“あうん”の感覚で、素敵なオリジナル帯が出来上がるのです。

・・話は戻りますが、今度のコンサートは、口づてでご紹介いただくケースが多いのですが、お客様は口ぐちに、「お友達にコンサートの話をしたら、ご存じの方もけっこういらっしゃいましたよ。○○さんからチケットを買った、とか、出演なさる先生に、ヴォイストレーニングを受けていて・・とか。 きっと和の國さんにご縁のある方は、どこかでつながっているんですね。」というようなことをおっしゃって、帰られました。

「つながっている」とお聞きして、何だかとても嬉しくなってしまいました。
コンサートを通じて、また素敵な方々と出会えることに、感謝の気持ちが芽生えます。
今日もありがとうございました。

  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

心打たれて

f88e5f95.jpg2月初旬というのに、暖かな日が続きます。先日は、気象協会が、桜の開花予想日を発表されていましたね。
今日は、ちょっと心温まるエピソードを、私事ですが・・ご紹介させていただきます。

昨日の会社帰りのことですが、車イスに乗られた方が、坪井付近の線路上で動けずにいる所を、一人の男性が手助けされていて、なかなか動かない様に見えました。・・と、前方でバイクを止めていた方もすぐに加勢され、私も車を止めて外へ出ると、車イスに乗られた方は、もう無事に歩道に進んでいらっしゃいました。

ほんの、1〜2分の出来事でしたが、フォローされたお二人は、何事もなかったようにバイクを走らせ、遠ざかって行きました。
最初に通りかかった方は、宅配業のようで、バイクには「オニオン・ママ」と会社の名前が書かれていました。
お客様からのご注文の品を届ける途中だったのでしょうか?

先ほどの線路の付近は、街灯も少なく、夜は暗くて見通しも悪いのですが、宅配業の方はお仕事中の、急いでいる中でも気付かれ、すぐに手を貸されたのだと思い、また、もうお一方の対応もとても素早く・・、お二人の行動に、本当に心を打たれました。

今日も、おつきあいいただき、ありがとうございました。
   和の國 スタッフ 鋤先美紀子


大御所! 佐久間先生も登場!

627d2006.jpgこんにちは。

2月も1週目が終わり…。
2月は逃げる…という受験生時代の格言(?)を思い出しつつ
様々なお仕事に追われている、スタッフの吉田です。

コンサートの日も近付き、当日を楽しみにしつつ、ちょっと、ドキドキもしているのですが…、
なにしろ、コンサートには、熊本の音楽界の大御所(?)佐久間伸一先生も出演いただきます。

初めての舞台イベントで、佐久間伸一先生にご出演いただくことができるなんて、もちろん思っていませんでしたし、直接やりとりをさせていただくともおもっていませんでした(エージェントとかいるのかなぁ…と思っていたのです)。

でも、やりとりをさせていただいてると、本当に、温かくて優しいお人柄が伝わってきて…。ありがたくも、そのお人柄に触れたことをちょっと自慢したくなるような…そんな、うれしい思いもさせていただいています。

佐久間伸一先生は、
け東京芸術大学声楽及び東京二期会第17期オペラ研修生修了。1975年伊国立ヴェルディ音楽院に学び、ディプローマを授与され、第5回イタリア声楽コンコルソ金賞、ヴェルディ記念国際声楽コンクール第2位など受賞多数。
十余年の在欧中はイタリアを中心にヨーロッパ各地でオペラ、コンサートで活躍。1987年帰国、熊本シティ・オペラを設立されました。
数々のイタリアオペラ、コンサートの企画・公演を行い、イタリアオペラのスペシャリストとして数多くの作品でその存在感を示している方で、国内外での演奏活動とともに、国内、韓国でのマスタークラスや後進の指導にも力を注いでいらっしゃいます。

その厚みのある温かな歌声を、ぜひ、県立劇場でお楽しみください!

お待ちしております。

ありがとうございます。

和の國 吉田稀世

最近の若者も・・スゴイです

今日は、熊本県内の高校の教師でいらっしゃる、M先生がお見えになりました。
19日コンサートのチケットとパンフレットを受け取りに来ていただいたのですが、熊本〜日本の文化のお話をきっかけに、ご専門である服飾の授業について、お話しいただきました。

M先生は、「日本の素晴らしい文化を、途絶えさせてはいけない。」というご信念と情熱のもとに、日々、生徒さんに接していらっしゃるそうです。
現在の高校にご着任後、平成8年から、授業に「和服の着装」を取り入れられ、2年生の課程では、文化祭までに名古屋帯の帯結びを指導され、その後1、2回袋帯の授業が。 そうして、お正月には、お着物に袋帯を締めて・・という生徒さんも多くいらっしゃるそうです。

また、6年程前からは、和装文化に関する部活動を発足されました。
活動の一つに「振袖着装等の競技会に出場」があり、部の生徒さんはもちろん練習に励まれるのですが、部活に入っていない生徒さんも次第に刺激を受けられ、お互いに教え合ったり、練習を重ねて・・、やはりお正月には、振袖を自分できちんと着装される、というお嬢様が見受けられるそうです。

ある生徒さんは、お兄様のご結婚式に際し、ご自分はもとより、ご親族のお着物の着付けを「私がします」と宣言され、ご両親様の心配も何のその、見事その大役を果たされたそうです。
M先生は、「誰かが伝えなければ、本当に文化は途絶えてしまいます。そういう意味では危機感を持って臨んでいます。 ですが、こうして、一人の生徒から又一人、と文化が伝われば・・・。 生徒達からは、本当に色々なことを感じさせられます。」と・・・。

お若い方の、未知なるエネルギーや、感受性の素晴らしさについてお聞きし、日本の文化、そして日本の若者も、やはり素晴らしい! と、感動を新たにいたしました。
おつきあいいただき、ありがとうございます。

 染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子

最高級の幸せ!?

fd95dc9f.jpg皆さま、こんばんは。
和の國 スタッフ 渡邊綾子です。

最近ほんのり暖かくなって参りましたね。
『桜開花予想』が発表され、もう春は近いんだなぁ……
という感じがしております。
桜の前に谷尾崎の梅林も気になるところ…。
そろそろ見頃でしょうか??

本日、お隣に黒クローバーがおりました。
見た目がかいわれ大根のようで可愛らしく、
「幸せの四葉」の枕詞に思わず飛びついてしまいました(^^;)
調べてみましたら、和名で黒葉つめくさと云うそうです。
シロツメクサのように花はつけないみたいですね。。

そして、葉の数によって幸運が違うようで・・・
3枚は希望、4枚が幸運、5枚が最高の金運、6枚が最高の栄誉、7枚が最高の幸運をもたらすとされているのだそうです。
・・・7枚って凄すぎです!!!

もし、7枚葉のクローバーを見つけられた方は、是非お店にご持参をお願い致します!
1度拝見させて頂きたいです。 そして、幸運のお裾分けを…(^^)


さて、コンサートまで2週間となって参りました。
皆様と一緒に素敵な歌声で、素敵な時間を共有する。
それもひとつの「幸せ」でしょうか。
多くの方と幸せな時間を過ごせたら・・・と思います♪

本日もありがとうございました。
   染織工芸サロン 和の國  お客様係:渡邊綾子

マイブーム?

タ・ダ・イ・マ・です。
いつの間にやら、和の國ブログも充実!
「元気國さん?」の登場も少なくなりましたが、元気ですよ〜。
今日も精力的に仕入れ先廻り!!!

でも、京都の先さんからは、「体だけは注意して下さい」…と申し合わせ事項のように、口を揃えておっしゃって頂きます。
そんなに、頑張っているようにみえるのでしょうか?
有難いことですが、天命と共に仕事しているので、2々日なら、24時間働けま〜す。(^o^)/

それよりも今の私のマイブームは、「出会い」です。
昨日も、「1000年に一人位の女性との出会い?」
…って言っていいのでしょうか?
それ位、私の期待値をはるかに超える…眩しすぎる女性との出会いもありましたが、原点は「熊本・和の國」のお客様です。
それを導いて頂いたのは、ズバリ「和の國のお客様」です。

ほんとおかげ様です。
そんな、「感謝」って言葉を大切に!
それを形に出来るよう…笑顔で頑張ります。
                   染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫

コンサートの月になりました!

fd70c438.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当 吉田です。

昨日から2月に入り、気持ちも新たに!!
月曜日のお仕事に取り組んでおりますが…

みなさま、ご存じのとおり、和の國は、今海外に向けても大プロジェクトが着々と進んでおりまして…私も代表の動きにおいていかれないように必死に着いていっているところなのです。
特に、そう! 今月は、コンサートの月です。
もちろん、こちらもはじめてづくしの大イベントです。

これまでブログでもご紹介させていただいた出演者の方々にも、そして、ご来場いただくみなさまにも喜んでいただけるような催しにしたいと思いながら準備を進めています。

出演者の方々には、いろんなアドバイスをいただいているのですが、そんな中、私がとても頼りにしているのが、吉田李佳さんで、実は、私の従姉です。

李佳ちゃんは、親戚の間でもとっても優秀で、歌がうまくて、面倒見がよくて…大人になってからは、ドイツに行ったり、帰ってきていろんな資格を取ったりと(私の妹のピアノと歌の先生だったり)、優秀な故になにをしているのやら不可解なところもある従姉なのですが…。

今回、同じイベントに向かって準備する中で大変なことも多い中、何となくほっとするのは、李佳ちゃんおかげだなぁと思っています。

そんな李佳ちゃんは、
熊本県立第一高校、国立音楽大学声楽学科卒業。熊本大学大学院文学研究科および同大学院社会文化科学研究科修了。U.Rademacher, I.Danz, A.Janzen, G.Steinschaden, U.Sych, U. Eisenlohr, R.Ziesakのマスタークラスに参加。
ドイツ・ボン大学留学中の2001年、同大学合唱団定期演奏会にヴィヴァルディ作曲「グローリア・ミサ」のソリストとして出演。2002年、2003年、2006年、熊本市内でリサイタル開催。2004年、声楽コンサート「ドイツ・ロマン派の愛の歌」に出演。声楽アンサンブル「トリコローレ」、ピアノ・チェロ・声楽による「アンサンブル・アルエット」のメンバーとして訪問演奏多数…という経歴の持ち主。
熊本日独協会合唱団「コール・クライゼル」指導者でもあります。

ドイツで勉強をしてきたという李佳ちゃんは、今回、シューベルトの「野ばら」や「アヴェ・マリア」を歌ってくれる予定です。
一緒にくちづさみたくなる名曲ですよね。

ぜひ、コンサートホールで聞いてみてください!

では。
今日はこのへんで。
ありがとうございました。

和の國 吉田稀世
記事検索