2009年05月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

お着物の習慣。

adc6f640.jpg皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡邊綾子です。

本日は街中で「お城祭り」が開催されており、大変賑わっておりました。
お陰様で、和の國へも多くのお客様に足を運んで頂けました。
ありがとうございます。


お昼過ぎごろに、彰子さまと悦枝さまが母子でいらっしゃって、
オープンカフェでゆるりとしたお時間を過ごして下さいました。

「今の時代、母から子供に着物を譲ろうと思っても、次の世代には着物を着る習慣がついていないのよね。 本当は行事毎にでも、親子で着物を着るような習慣をつければ、次の世代も着れるようになるし、着物人口も増えるのにね。」 と、彰子さま。

今度来る時はビシッと着物を着て来ようかな、と素敵な笑顔で申されておりました。

来月は福岡での展示会もございます。

きもの文化を後世に残していくためにも。良いものを次の世代へ受け継いでいく為にも。
……熊本は勿論、多くの場所で良い作品を皆様にご覧頂き、お召頂いて、継承して頂けたら、と思います。

本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子


私の好きな感じ

今日は佐世保より、千春さまにお立ち寄りいただきました。
「素敵なお店ですねー。茨木さんとは昨年7月に、茶道裏千家淡交会・青年部の活動「サマーコンファレンス」でお会いして、いつか和の國さんに伺いたい、と思っていたんです。 こちらのお着物はすっきりしていて、いいですねー。私の好きな感じです。」

その、サマーコンファレンスとは、坐忘斎家元の発意により平成14年から始められた、青年部の柱となる事業だそうです。
昨年はお茶人の他にも各界の著名人を招かれ、京セラ(株)名誉会長の稲盛和夫氏による基調講演や、日本画家で京都造形芸術大学学長の千住博氏、コメンテーターの加藤タキ氏による茶道対談等が行われた模様です。

また最終日には、普段入ることのできない、裏千家東京道場「竹有軒」でもお茶がふるまわれたそうです。

「私はお茶を習い始めてまだ2年くらいなんですが、本当に良い経験をさせていただきました。あの会に参加していなければ、和の國さんを知る機会もなかったかもしれませんよね。
それにしても、茨木さんは活動的で、お茶以外にもお能や色々な趣味をお持ちで、素晴らしいですね。」

千春さまは、今日はお仕事で来熊されたそうですが、「高速を運転して来たんですが、思ったよりも近いですね。 でもあまり近いと、しょっちゅうお買物をしたくなりそうです。。。
この後、水前寺公園のお茶室を見てこようと思っています。」と、またお出かけになりました。

水前寺公園にはしばらく行っておりませんでしたが、この季節は、庭園の緑も美しいでしょうね。

今日もおつきあいいただき、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

染織工芸作家展 in 福岡

c998b108.jpg和の國ブログをご覧のみなさま、こんばんは。
今日は、6月初旬の福岡での展示会について、ご案内をさせて頂きます。

------------------------------------------------------------------
『染織工芸作家展』

日時: 6月8日(月)午前11時〜午後8時
     9日(火)午前11時〜午後6時
場所: 警固神社 神徳殿(福岡市中央区天神2-2-20)
    http://www.kegojinja.or.jp/kegojinja.html
連絡先: 090−3600−9495(茨木國夫 携帯)


●主な展示品目(敬称略)

【人間国宝】
喜多川俵二・北村武資・佐々木苑子・志村ふくみ・平良敏子・
宮平初子・鈴田滋人・宗廣力三(特別出展) 他

【国画会】
新垣幸子・根津美和子・福島輝子・室伏弘子・森田麻里・柚木沙弥郎・
ルバース・ミヤヒラ吟子 他

【日本工芸会】
釜我敏子・篠原晃代・築城則子 他

【織の三人衆】
菊池洋守・芝崎重一・横山俊一郎
------------------------------------------------------------------


和の國HPにも、出品者を掲載しておりますので、併せてご覧下さいませ。
      http://www.wanokuni.com/saiji.html

会場は、御鎮座390余年の警固神社の境内にあり、落ち着いた雰囲気の中で、ご鑑賞いただけます。

全国の芸術的・工芸的価値の高い作品を、この機会に是非ご覧いただきたく存じます。
熊本での展示会にお越し頂けなかった方や、福岡にお友達がいらっしゃる方も、どうぞ、お気軽にご来場下さいませ。
皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

お勧めです☆

皆様、こんばんは。
和の國スタッフ 渡邊綾子です。

風の強い日が続きますね。
電気ビル周辺の緑も、一定の方向ばかり向いておりました。

風が強くても、気候と日差しは夏に向かっております!
本日は、これからの季節にぴったりの下着のご紹介♪

綿100%の素材でさらりとした肌触りの、上下2部式のインナーです。
お客様からも、「着心地も良くて快適です!」
「綿なのにつるっとしていて、足捌きも良かったです」
等々、喜びのお声も頂いており、和の國としましても嬉しい限りです(^^)

また、綿の吸収力に加え、内側には汗を更に吸い取るメッシュコットン生地が付いておりますので、襦袢やお着物にも汗染みが付きにくいという優れものでございます。

見た目も上品な仕上がりで、軽くて肌触りがとても良いこちらのインナー。
下は、キュロットタイプとペチコートタイプとお選び頂けます。

暑い季節も、快適に涼しげなお顔でお着物を楽しんで頂く為の必需品!??
気になられます方は、ぜひスタッフまでお問い合わせ頂けましたら・・・
是非ぜひ、お店までご覧に頂けたら、と思います♪

皆様のお越しをお待ち申し上げます(^^)


本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子



昔も今も・・・

皆様、こんばんは。
和の國スタッフ 渡邊綾子です。

本日は、週一回のスタッフミーティングでございました。
昨日のブログにも記しましたように、代表の本の出版に向けて、一丸となって取り組んでいるところでございます。

午後には絵里子さまもお越し下さいまして、ご自身の経験などからの的確なアドバイスを頂きました。

読んでからの意見は出てきやすいですが、それを自分で書く、となると話は違います。
執筆される方をはじめ、ものを生み出す苦しみは計り知れないものだと思いました。
苦しみのあとには、筆舌しがたい素晴らしい輝きが待っているのでしょうね。

そういえば、本日は、小倉百人一首が完成された日と言われております。
その歌の順番にしても、秀歌ばかりを集めたわけでもない部分にしても、多くの所で謎が多い百人一首。
学生時代に聞いた「暗号説」は今でも興味をそそられるものでございます。

色々な時代の歌人の、多くの歌の中から選びぬいて、それを順番に並べていくという、今でいう編集作業のようなことに、さらに何かの思いと意味を含めつつ完成していく藤原定家のその頭脳には感服いたします。
現代の世のパソコンと、溢れんばかりの情報がない時代ですからなおさらですね…。

800年昔に思いを馳せつつ……

本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子

お着物談義。

22e5012c.jpgこんにちは。
和の國スタッフ 渡邊綾子です。


今、和の國では、代表の本の出版へ向けての準備が着々と進行中でございます。
本日は、藤井絞様もいつものお着物姿でお店にいらっしゃいまして、原稿を読みつつ、代表とお着物談義に花を咲かせておりました。

皆様に、原稿の一文をご紹介させて頂きます。

-----------------------------------------------------------------------------
京都では、月初の一・二日は展示会が催されています。このきもの業界の方々が、その催事にあわせて、せめてその日ぐらいきものを着たらどうでしょう。月に一度、京都がきもの姿で溢れれば、それだけで、京都が全国ニュースにもなり、世界も注目するかもしれません。お金をかけず、文化とともに文化と歴史の町・京都をPRできる…こんなに素敵なことはありません。
この業界に携わっている方々が老若男女問わず、全員持っているきものを着ることから始まると、京都の街自体もがぜん活気づきます。 

京都では、京都市長が今年になってきものを着ていらっしゃるそうです。なんと素晴らしいことなのでしょう。自分で着ないで「きものって良いですよねっ」と大ボラばかり吹いている業界人!売ることばかり考えないで、きものを着て、その良さを体感し伝えて頂きたいものです。そうしたら、変わります。
だって、國さんがきもの人生を歩んだことで、価値観すべてが変わったのですから…。

「売れない!」「景気が…」などと言い訳ばかり。売ることを考える前に、もっとする事があることを!今こそ、原点回帰です。
そうしたら、消費者の意識だって変わります。きものを着ていると変な眼で見られるということを解消するには、一人でも多くの方が、きものを着ることです。まずは、業界人から。そして、きもの愛好家へと、きものの和が広がれば、文化と歴史を大切にする、日本人らしい街へと日本は必ず変わります。
----------------------------------------------------------------------------

――代表は皆様ご存知のように、そして、藤井絞様も呉服業界では数少ない着物姿のおひとりでございます。

私も以前は京都で着物関係の仕事に就いておりましたが、特別な日以外では、
きもの姿の業界の方をお見かけしたことがありません。
この文章のように、着物に携わる一人一人の心意気ひとつで、呉服業界に光が射すのでは…、と思いました。

まだお店では着物姿ではない私ではございますが、早く着付けを覚えて、
月に数回でも纏うことで、お客様に実感味のある的確な接客が出来ればと思っております。


また、皆さまの意見もお聞かせ下さいね(^^)


本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子

本日の前結び着付け教室

2c3593f9.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当、吉田です。

今日の話題はまたまた「前結びきつけ教室」です。
前回、お知らせさせていただいたのですが、「すぱいす」で体験教室を告知させていただいたので、今日は『前結び』初めての方にたくさんご来店(?)ご来場(?)いただきました。

「ずっと前から、前結びが気になっていたけど、なかなかきっかけがなくて、ようやく来れました!」と早速ご入会いただいた方や、「こんなに楽なの?」と驚かれる方、「もっと早く習いたかった〜」とおっしゃる方「先生(奥さま)の教え方がとてもわかりやすくて、びっくりするくらいきれいに帯結びができてしまいました!」という方も…。

そんな、わいわいと楽しそうな雰囲気が伝わったのか、飛び入り見学のお客様もお見えになり「前結び談義」に花が咲いていました。

ところが!? 
雰囲気が一転したのが3時の教室にご参加されたみなさま。
写真のように、まるで部活動のようにそれぞれに練習を続けられる姿は真剣そのもの。
とは言うものの、そこは「和の國」。「その帯いいですね〜」から「このきものの収納の仕方は?」などと、きものの話題で盛り上がっていました。

ぜひ、ご興味のある方はお気軽に見学にいらして下さい。

今日もありがとうございました。
スタッフ 吉田稀世


行ってらっしゃいませ

8578b78d.jpg今日はMさまが、朝からお手入れの着物を持って、和の國にいらっしゃいました。
お仕立上がった綿薩摩のお着物と福島輝子さん型絵染の帯をご覧になると、「この組み合わせ、やっぱり良かったですね。素敵ですね。 今日はこの後、主人とシャンパンの会に出かけるので、是非これを着て行きますね。」と、笑顔を残されて、お帰りに・・・。

お休みの日にご主人様と、素敵なプチパーティにお出かけだなんて、羨ましい!!です。
お酒の好きな私は、その後はシャンパンの会のことで頭がいっぱいになりました。。。

すると今しがた、お着物に着替えられたMさまが・・。「ちょっと見て頂こうと思って。とっても着ごこちがいいです。」 「昨日の大学院で教わった着付けのポイントも、さっそく取り入れてみましたよ。」と。(お写真ご覧くださいませ。)
泰山木の花をあしらった帯も、華やかで可愛らしく、Mさまの雰囲気にぴったりです。

大好きなお着物姿でお食事会にお出かけ・・、本当に素敵ですね。
行ってらっしゃいませ。。。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

奥様セレクト小物

昨晩は和の國大学院 染織工芸コースの第8回講座が行われました。
「きものを素敵に着こなすために」と題して、和の國の茨木ゆり奥様が講師役を務められました。
(第8回に予定していた講座が延期となりまして、今回はお着物の実践講座に変更させて頂きました。)

奥様は毎日お着物を着られますので、そのお立場から、色々な事柄について、実際的で楽な方法を、ポイントもまじえてお話しされました。
下着や小物の選び方や、夏を快適に過ごすお襦袢や肌着のご紹介、上手に着付けをするには?、お手入れや仕立寸法・・、などについてお話をうかがいました。

ここで、ご参加いただいた皆様のお声を紹介させて頂きたいと思います。


●今日は奥様の講座、ということでとても楽しみにしていました。
実用的な知識を具体的に教えていただけて、大変勉強になりました。今後の参考にさせていただきます。
この講座を是非長く続けてください。

●毎日着ものを着ていらっしゃる、ゆりさんならではのポイントをいろいろ教えていただき、あーなるほど、とうなずく事ばかりでした。
さっそく帰って復習します。
ゆりセレクト小物を、もっと紹介して下さい。

●まさに「実学」というか、日頃着てらっしゃる方の貴重なアドバイスを聞けて、実践的でした。
美しく着ること、清潔に着る工夫の知恵が満載で、目からウロコがたくさん落ちました。
生きたアドバイスばかりで感動しました。(講義代を取られても充分な内容でした。お気遣い、かえって申し訳ありません。)そして面白い講義でした。
終盤の着付けの実演は、非常に参考になりました。「空気を抜く」という表現には、ハッとさせられました。
ついつい見落としがちで、雑になる着姿も、ましになりそうです。
もっと丁寧に着ることを心がけたいです。
着物を美しく、楽しく着る知恵や、着物を楽しむ場の提案なども、お話として聞けると面白いと思います(和の習い事などの紹介とか)。

●いろんな事の再確認ができて、良かったです。
着物を着るという事を、一回でも多くしたいと思います。

●今はこんなに肌着や長襦袢のバリエーションがあるんですね。こういう知恵を授けていただくと、夏の着物も快適に着られそうです。

●奥様が最後に着付けを実演されたのが、見ていてとても楽しく、勉強になりました。
ベルトの位置の一つが、着付けのどの部分に影響するか、とか、一つ一つ細かい部分を、ポイントと共に丁寧に教えていただき、感激しました。
その着付けの実演中、奥様は鏡を全く見ずに実演されていたので、驚きました。しかも、良い例と悪い例を交互に見せられて、それでも綺麗に着付けをしていかれて・・・。説明もわかりやすかったですし、立ち居振る舞いもエレガントでした。


普段なかなか聞かれない、すぐに役立つ内容に、私達スタッフも、楽しくご一緒に勉強させて頂きました。
今日も、読み進んでいただき、ありがとうございます。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

夏の新色

6e727f5f.jpg今日も爽やかなお天気の中、美術館帰りのお客様や、お子様とご一緒に、とお着物姿でいらしたお客様、久しぶりにお顔を出していただいたお客様・・と、賑やかな午後でございました。

そんな中、京都より、「紐の渡敬」のご担当者・牧田康寛様が帯〆の新色を持って、お見えになりました。
革の大きな四角いバッグを開けられると、色取り取りの帯〆がお目見えです。
ここのところ和の國ではお客様続きで、帯に合わせて帯〆をお求めの方も多く、在庫が少なくなっていたのです。

今日は、そんな帯〆の補充も兼ねて、夏の新色が入荷いたしました。
薄藤色や薄香、青磁色…などの帯〆が、店内を彩っております。
お手持ちのお着物や帯の雰囲気を変える一本を、ぜひ、ご覧いただければ、と存じます。

いつもありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

小満に心寄せて・・・。

ea6a1aa0.jpgふう〜、です。

小満の一日、いかがお過ごしでしたでしょうか?

國さん頑張ってます。

もう少しで、本の目途がたちます。


身を粉にしてです。

書きたい事がいっぱいですが、あと数日で◎です。

元気が出る…國さんメールも頑張んなきゃ〜。



しかし、

夕方は、芝崎重一さんのご縁を結んで頂きましたセレブさんとお話し出来て楽しかったです。

まさに、一服の清涼剤となりました。

ありがとうございます。

茨木國夫 拝



追伸:

書き込み間に合いましたぁ〜。

スタッフがガンッばっているので、私もがんばろ!!!(^^)!

プロの技。

2cbf9f4b.JPG皆様こんばんは。
和の國スタッフ 渡邊綾子です。

本日のお写真の奥様、いつもと雰囲気が違うのがお分かりになりますでしょうか。

今日の夕方、「異業種交流女性の会」のメンバーご紹介にあたっての撮影会が行われ、会員の奥様もその撮影会に参加されました。
プロの方のヘアメイクに、こちらもプロのカメラマンでの写真撮影・・・と、お一人当たり約1時間かけての撮影会。

ヘアメイクの方も、カメラマンの方も東京を中心に各地で活躍されていらっしゃる方だったそうです。
きもの雑誌のモデルさながらの奥様のお姿。
化粧品は日本人好みの色をメインとした色を使用されているそうですよ。
なかなか自分ではここまで出来ないわよね、と奥様も仰っていましたが、
立体的かつ、写真栄えするような仕上がりは流石でございます。

女性は、一度はこのようにプロの方の手にかかったヘアメイクと写真撮影をしてみたいと思いますよね。。
羨ましい限りでございました(^^)


明後日はお能の初心者講習。明々後日は和の國大学院と、今週末は
イベント満載の和の國でございます。
為になる講座でございますので、皆様もぜひご参加下さいませ♪

本日も有難うございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子



民芸館のお仲間

0bbb0fd6.jpg今日は熊本国際民芸館の会員でいらっしゃる、あけみさまと照枝さまがいらっしゃいました。
あけみさまは、「いつも、かわいらしいお花が活けてあって、本当に気持ちがなごみますね。」
と、6月にお祝いの席で着られる帯を選びに、お越しいただきました。

「先日一度選んだ帯の色が、当日着る着物の色に合うか、少し気になっていたんですが、和の國さんでは、その時のちょっとした会話を気にかけて下さって、すぐに対応して頂いて、有難いです。」
と、洛風林の流水文の夏帯と夏の小物をお選びに。上品で優しい雰囲気の、見た目にも涼やかなコーディネートです。

夕方には照枝さまがお立ち寄りになり、先日の民芸館総会や、ボランティア活動のお話を。テーブルの横に掛かっていたお店のカレンダーをご覧になると、
「私、この型染のカレンダーが大好きで、毎年楽しみにしているの。お友達にもとても好評ですよ。」と。

照枝さまは日赤やケアサポーターズクラブの他にも、様々な会で活動をされていて、数年前には、中国のある地域に建てる学校へ、寄付もなさったそうです。
「何事も、身の丈にあったことを、無理なく、楽しんでしています。こちらのご主人とも、民芸館の会でもお会いしますが、熊本の文化発展のために色々な活動をされていますよね。お忙しいのに、本当に頑張っていらっしゃるわね。」とのお言葉を頂きました。

代表の屋外活動(文化交流)でご縁をいただいたお二人ですが、お二人とも、普段から良い物に触れられて、日常生活をも楽しんでいらっしゃるご様子です。
今日もありがとうございます。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

初歩の初歩の…能講座 参加者募集中です

こんにちは。
スタッフ吉田です。
今日もまた、いいお天気に恵まれましたが、いかがお過ごしでしょうか?

和の國では、午前中、スタッフミーティングが行われ、それぞれの仕事の経過や今後の予定を報告したりしました。

その中で、ぜひ、皆様にもお伝えしたいことが…。

今週の金曜日5月22日、午前10時から(約1時間半)、和の國で「初歩の初歩の能講座」(仮題)を開講します!! 

講師は、昨年の15周年記念パーティーでも地謡として舞台に登壇していただいた薬師堂隆子さま。能を学んで30年以上というとてもレベルの高い方ですが、本当に気さくでお優しい素敵な方です。

内容は、複式呼吸で声を出すことや、謡い方の基礎知識や姿勢など。「能の世界」に気軽に触れることができ、その世界を体験することができる内容です。

持参品などは特に必要ありません。
女性だけの講座なので、ご興味のある方はぜひ、ご参加されませんか?
参加費などはお問い合わせくださいませ。

これまで「仕舞」や「謡」に触れさせて頂く機会はありましたが、「なんだか素敵」という雰囲気にのまれて、なかなか身につかなかった私たちスタッフも、薬師堂隆子さまの講座で、「体験」しながらいろいろ学んでいきたいと思っています。

ぜひ、ご一緒に「能」の世界に触れてみませんか? この講座は月に1回の予定で開催してまいります。
また、開催の報告もさせていただきますので、お楽しみにお待ちくださいませ。


今日もありがとうございました。
和の國 吉田



じわじわ…キテます!

こんにちは。
月曜日のブログ担当 吉田です。

今日は店休日でしたので、のんびり(?)もくもくと、奥の部屋で事務仕事をさせていただきました。

ところで、以前、美肌・美白・ダイエット効果のある「植物性のプラセンタ」をこのブログでも紹介させていただいていたのですが、そのサプリメント「レナス」を、私が中心になってお勧めさせていただいています。

その「レナス」。まずは…とモニターになって頂いた方々から、「肌のかゆみがなくなった」「お通じがよくなった」「朝からすっきり目が覚める」「化粧のノリが良くなった」などなど…うれしい声が届き始め、「友だちにもすすめてみます」、「母が気に入ったようです」というご報告もいただきました。

私自身「なんとなく体調がいいなぁ〜」「最近肌荒れしないな」とその良さを実感していたのですが、みなさんの声がまた励みになり、うれしくなりました。



ご興味のある方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

今日もありがとうございました。

スタッフ 吉田稀世

夏を前に、お着物選び

7bd45b6a.jpg今日の和の國カフェのスペースは、緑したたる、これもまたいい感じでございました。
午後からは雅子さまがお出でになり、「夏のお着物にも、いつかチャレンジしたいと思って。」と・・。
さっそく、綿に炭を練りこんだ地風のお着物をご覧いただきました。

さらりとした、肌触りのとても良い生地で、透け感のあることから、居敷当等のお話をさせて頂くと、「和の國さんでは、お仕立についてもご提案をして下さるので、こちらとしても有り難いです。それに、私に似あう物とそうでない物をきちんと言われるので、信頼できますよね。 よそのお店では、何でもかんでもお似合いですよ〜、とおっしゃいますけど。」

また、「去年、絞りの浴衣を見せて頂いて、こんな素敵な浴衣は見たことがない、と思ったんですよね。あの浴衣と出会って、いつかは夏のお着物が欲しいなあ、と考えていたんです。」と、そのお着物をお気に召されました。ありがとうございます。(雅子さまのお写真を撮らせて頂きました。)

夕方からも、表のディスプレイの小紋を見られて、お単衣にしたいのですが・・とのご相談を承り、また、お手持ちのお着物に合わせて、染め帯と長襦袢をお選び頂いたり・・、と、夏を前に皆様楽しまれながら、お着物や帯を選ばれていらっしゃいました。

みなさま、今日もありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

前結び コールセンター?

今朝は心地よい風のそよぎに、爽やかな気分でお店に向かいました。
今日は「旅の日」だそうですね。松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った日(1689年3月27日、新暦の5月16日)、ということから、日本旅のペンクラブが1988年に制定し、せわしない現代生活の中で、旅の心を大切にし、旅のあり方を考え直す日、としたそうです。

さて、いつものようにお店に入ると、すぐに1本のお電話が。
「すぱいすに載っていた、前結び教室のことで・・。」と、お問い合わせをいただき、25日レッスンのお申し込みを頂きました。ありがとうございます。

・・と、受話器を置くと、またお電話が。
「前で結ぶ帯結びって、前から興味があったのよね。着物はある程度着れるけど、帯に時間がかかるので・・。帯だけのお稽古でもいいの?」という方や、
「体験というより、もう、申し込もうと思って。」と、入会についてのご質問をいただいたり・・。

ある方は、「25日の教室は広告が出て最初の日だから、多分人も多いわよね? 私はその次の週にしようかしら。」とのお尋ねが。
1日に4回のレッスン時間を設けておりますのと、人数が多い回は、お電話の際にその旨お伝えしますので、どうぞ、お気軽にお問い合わせいただければ、と存じます。

先ほどまで、本当にひっきりなしにお電話がかかり、嬉しい悲鳴!の状況でした。みなさま、さっそくありがとうございます。
忙しい毎日の中にも、お着物に触れてみたい、もっと早く帯を結びたい・・、というお声。
常日頃から和文化に関心をお持ちの方や、着付けのスキルを更に上げたい、というお方も、ぜひ一度、お教室にいらっしゃいませんか?

いつも、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

葵の頃・・・。

148aab5f.jpgこんばんは。
和の國スタッフ 渡邊綾子です。

本日は、京都では葵祭りが催されたそうですね。
今年の斎王代は、裏千家室家元の御子女だったようで。
毎年日本文化に係りのある才女を選ぶことの出来る京都は、流石だなぁと思います。

熊本も京都に負けていられませんね。
来月6月6日(土)に熊本県立劇場で、喜多流のお能がございます。

お能は、人々の心を捉え続けている悲話の「隅田川」。
狂言は、二人の違う宗派の僧侶が教義問答をする、風刺ともいえる「宗論」と、
お能や狂言は初めてという方でも楽しめる内容が揃っております。
お能と狂言の構成の違いも判りやすいのではないでしょうか。

和の國でも、代表のご家族を筆頭にスタッフもお能を学ばせて頂いております。
今月より、お能のいろはを学ぶ講座も始まりますので、ご興味のある方は
ぜひご参加下さいませ♪
(こちらの講座に関しましては、また改めてご紹介させて頂きます。)

古来よりの日本芸能を学ぶことで、また立ち振る舞いやお着物に関する学びも多く身に付くことと思います(^^)

本日も有難うございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子

初夏の花。

4ab431a5.jpg皆様こんばんは。
和の國スタッフ 渡邊です。

連日初夏のような陽気が続いておりますね。
今、和の國の店頭では『姫空木(ヒメウツギ)』もお客様方をお出迎えしております。

空木(ウツギ)の花によく似ていて
その空木よりも花が小さいということで
「姫空木」と名付けられたそうです。

ぺこりとお辞儀しているような姿で、謙虚さと可憐さがあり、
しかし大きく生けてありますので、力強さと迫力万点な姿でございます。

ちなみに……
♪卯の花の匂う垣根に ほととぎすはやも来なきて 忍び音漏らす 夏は来ぬ〜♪
この「夏は来ぬ」という歌に出てくる卯の花が、空木の事だそうです。
まさに初夏を代表するような歌と花でございますね。

皆様も、和の國にいらっしゃって、夏の足音を感じられてみてはいかがでしょうか。

また、先日のブログにもありましたように、お着物のお手入れも承っております。
梅雨に入る前に衣替えを、とお考えの方はご相談も承っておりますので、
お持ちいただけたらと思います。
初夏に向けて、爽やかなきもの生活を楽しまれて下さいませ(^^)

本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子



健康がいちばん!

b6869715.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。和の國の茨木國夫です。
まさに、「青山緑水」ですよね。
全身シャワーを浴びた…緑がキレイなこと! です。

それはいいとして、やっぱり健康第一です。
昨日、耳鼻科にいってきたら、超・扁桃腺が腫れているそうです。
一週間以上微熱が続いていて、それもまた快感ともなっていたのですが、下の喉にもあたり、違和感も続くのでそこを「切って」もらおうかと先生に相談しました。

「そんなことしたら、血が止まらなくなる」そうで、お薬4錠を食後に飲んで、「ちょっとかかるかもしれないけど、気長に直すしかない。」
・・・ということでした。

私は、一人コアラインフルエンザなるものにかかったのか?とも思いましたが、原因も解りひと安心です。 ホッ
仕事はもちろんですが、週末は東京で家内共々お謡・仕舞の会ですので、ノドを一日でも早く治し、微熱も取れてほしいものです。

チョッと体調不良が続いたので改めて、健康であること素晴らしさを噛みしめ、日々笑顔で過ごしたいものです。
どうか、和の國ブログをご覧の皆さまも、ご自愛下さいませ。
手洗い・うがいは、年中続けたいものですね。 ハイ!(^^)!

今日は午前中、英語のレッスンに、その雰囲気を吸いに行ってきます。
お昼からは、元気いっぱいお店に入ります。
「人生は、気合いだ〜。」
ぜひ、お出かけ下さいねっ。

きもののお手入れ

あたたかい…を通り越えて(?)暑いくらいの日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?
和の國スタッフの 吉田です。

昨日ブログ担当(月曜日)だったのですが曜日が変わってしまいました…。
スタッフ一丸となって更新していたのに、気になりながらも・・・。
本当に、申し訳ございません。
皆さまに喜んで頂けるよう心がけますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


昨日の「前結び着付け教室」、とても好評でした。
今週末の「熊日すぱいす」に、「前結びの着付け教室」の記事が掲載されます。
記事をみてご予約の方は、無料体験ができますよ・・という内容です。

和の國ブログファンのみなさま、和の國で「前結び」のウワサを聞いて気になっていた方も。チャンスです!! 
ぜひ、「わかりやすくて」・「ためになる」・「きものがもっと好きになる」『前結び』を無料体験してみませんか。
(詳細は、すぱいすをご覧になるか、ぜひ、気軽にお店にお問い合わせくださいね)。


また、本日は、以前に素敵な訪問着と袋帯をお求めいただいた啓子さまが、帯のお手入れのことでご来店いただきました。
奥さまが、帯のお手入れ方法についてタイミングなど(どのくらい着用したらお手入れするのか…など)御説明されていたのですが、これからは特に、着装後のお手入れも気になってきます。

「しみ抜き」だけでよかったり、「丸洗い」がよかったり…、悩まれたらぜひ、「和の國」にご相談下さい。
お手入れに関して、スタッフの渡邊綾子さんもプロの技術をもっていますので、より詳しい説明をしてくれて、とても安心だと思います。

ぜひ、きもののあれこれも、「きもの専門店の和の國」にご相談下さいませ。
いつもありがとうございます。
                         和の國スタッフ・吉田稀世




お祝いのカード

昨日は午後から出勤しましたら、奥様よりバースデーカードをいただきました。
誕生日の当日にも、バースデーソング入りのメールが送られて、その日お休みを頂いていたのですが、ハッピーな1日の幕開けに、ルンルンと楽しく1日を過ごすことができたのです。
a5a793b6.jpg
昨日改めて「皆さんからのカードです。本当にお誕生日おめでとうございます。」と、満面の笑顔の奥様から、頂戴しました。
カードには、代表と奥様を始め、スタッフ皆さんからのメッセージが寄せられていて、本当に驚きと感動で胸が詰まりました。

ここ1か月というもの、代表の本の出版に向けて、また、新規業務の立ち上げや、熊本の文化発展のためのお手伝い・・と、皆ハードに仕事に向かわれていて、その激務の毎日の中で、このような心遣いをいただき、本当に有難いことと思います。

今日は私事で申し訳ありません。
いつもおつきあいいただき、ありがとうございます。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

緑もイキイキ

2199acc3.jpgこんにちは、良いお天気ですね〜。
母の日…、いかがお過ごしでしょうか?

昨日は午前中「NPO法人あすなろ福祉機構サービス」の総会、そしてNHK文化センター主催のはがき絵のお教室に顔を出し、市民会館で「ケアサポータズクラブ」主催の「杉良太郎さん」の講演会の受付などを済ませ、2時過ぎにお店に入りました。
そうしたら、美しいご縁に加え、昨晩ももまたご縁を頂き、有難いことがいっぱい続いています。


さて今日は朝から、泰勝寺で行われている「スペシャルオリンピックス主催」のチャリティ茶会に参加してきました。
(画像ご覧ください。)
お薄とお煎茶とお席に入ってきましたが、お茶席ってやっぱり良いですね〜。
亭主の心意気や、お道具の取り合わせなどいろんなこと楽しめましたぁ〜。

お薄席が「動物尽くし」でしたので、そこから→「生き生き」→「イキイキ」→緑も「イキイキ」とかけてあるのかな〜と思いつつ・・・。


さあ、今日もお昼からお客様のご予約を頂いています。
今日もまた、美しい一日でありますように・・・。
茨木國夫 拝


追伸:
チョッとやっぱり、のどちんこが・・・。
健康第一ですねっ。
頑張ります。

天使のエンジェル

今日はフライトの合間に、たかこ様にお立ち寄り頂きました。
「以前、夜遅くにお店の前を通った時に、絞りのお着物がディスプレイされていて、素敵だったんですよねー。 今日はこの緑鮮やかな浴衣(藤井絞さん)にみとられて・・、思わず入ってしまいました。
新緑のモミジが美しくて、奥入瀬の渓流を思い出します。」

自然に代表とお話が弾み、「こちらのお店はまだ東京には店舗はないんですか? このセンス、抜群ですよ。私はパリに1年住んでいたんですが、このお店はパリの雰囲気にも合うんじゃないかしら。 ご主人もお着物で・・。やはり男の方の和服姿は素晴らしいですよね。オペラの観劇でも、男性がお着物を着ていらっしゃると、本当に素敵で・・。」と。

代表が、たかこ様に合わせたコーディネイトを提案されると、
「私が考えていたお着物とは全く違います。この艶と美しさ・・それに軽くて、着心地も良く・・・、こんなお着物は初めてです。
こちらのお店の調度品から何から、もう私は絶大な信頼を捧げます。まだお店に入って少ししか時間が経っていませんけれど。」

と、大変お気に召していただきました。
「今日はウインドショピングだったんですが、まさか、こんなことになるなんて・・・。でも、今日は元気もいただいて、また、こちらの接客はとても勉強になりました。ありがとうございます。」

笑顔もとても素敵なたかこ様。今日は偶然に、とおっしゃっていましたが、このようなご縁を頂きまして、本当に感謝の思いで一杯です。こちらこそありがとうございます。
私たちにとって、まさに、天使のエンジェルです。
また熊本へ立ち寄られる際に、お会いできますことを、皆で楽しみにしております。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子

スタッフメール

3ff6e786.jpgおはようございます。
いや〜、嬉しいですね〜。
朝から、ウルウルの國さん登場です。


当和の國は、お互いのコミュケーションを取るために、週に数回スタッフメールを配信しています。
昔は私が一方的にこちらから伝えるだけだったけど、それも今は進化し、みんなが伝いたい時に伝えたい内容を伝え書き込み出来るようにしています。

今朝、吉田君よりその「スタッフメール」頂いて、
ほんと、
「じーん」ときました。

私は、素晴らしいスタッフに囲まれて、幸せものだと・・・。
言葉にならないくらい有難いです。
どんくさくても・・・、ドジでも・・・、
皆で力を合わせて頑張れるっていいですよねっ。


読んでください。
タイトルもやっと決まり、暗中飛躍ならいいのですが、今「はじめに」を書いていたので、まさに「あとがき」に使えそうな…ひとこまです。


━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
昨日のスタッフミーティングおつかれさまでした。

祐子さんが、最後に3分間でまとめていただいたように、
代表の本がいよいよ最後の段階に入り、これから、皆が一丸となって「製本」までの行程にかかわっていく必要があると思います。代表の自伝的エッセイであり、和の國の指針となる本です。

一人でも多くの方に手にとって読んでいただける本になるように、いろんな知恵を出し合っていきたいと思います。

それぞれに多くの仕事をかかえて大変だとは思いますが、今日の頑張りが明日の笑顔につながりますように。

今日もよろしくお願いします。
吉田稀世
━━━━━━━━━━━━



追記:
「人生やったもん勝ち!」と、言われた方もあります。
仕事を通し、いろんな学びが多いほど、より感動を味わえるって、ほんと素敵なことですよねっ。
ありがたいです。

いつもいつもありがとうございます。
パソコン横の絵唐津に青楓を生けた「眼やすめ」を愛でながら…。 
                          三礼三拝   茨木國夫 

眼の美容院

170207df.jpgこんばんは、國さんです。
やっと、本の出版の件もや〜っと順風満帆?の様子になってきました。

知恵熱も座薬のおかげで少しは下がり、お昼は久々、四川マーボー豆腐がとても美味しい「ヤン(燕)」にいってきました。

そして夕方は、あすオープンする「目の美容院」に、リフレッシュを兼ねて行ってきました。
わさもん、國さんらしいです。
第一号のお客様だったみたいで、フルコースをもして頂きましたぁ〜。
とても気持ち良かったのと、やっぱりタイトルが素晴らしいです。

「眼の美容院」って、食欲そそりません?
和の國ならば、「日本の心の美容院」???と言ったところでしょうか?
場所は、当和の國前の吉井歯科の2階です。
和の國にサービスチケットはありませんが、ぜひ時間とお金にゆとりがある方はいってみましょう。

一度きりの人生です。
何でも楽しみましょう!!
いつもありがとうございます。              茨木國夫

水だし、アイスティ

13ac1e54.jpg皆様こんばんは。
和の國スタッフ 渡邊です。

ゴールデンウィーク最終日も晴天に恵まれましたね。
少し風が強くはございましたが、和の國もおかげ様で多くのお客様に恵まれました(^^)

本日5月6日は何の祝日だったのだろうか・・・?とぼんやり思っておりましたが、振り替え休日だったのですね。
いつの間にやら「みどりの日」も変更しておりまして、いつ公表されたのやらと○年前に思った記憶が蘇りました。

八十八夜も過ぎ、ダージリン1st.も店頭に並ぶようになって参りました今日この頃。 強い日差しの時には「水出しアイスティー」のお茶も合う季節となりましたね。

1Lの水に対し茶葉を10gほど入れ、8〜10時間ほど常温(又は冷暗所)で置いておくだけで出来ます水出し。
この後、茶葉だけ取り出して冷蔵庫に入れておけば、1日楽しむことが出来ます。
茶葉の甘みが出て渋みが少ないので、さっぱりとした味わいとなります。
簡単で失敗がないので、ご興味あられる方は一度お試し下さいませ♪

アイスティーは、1904年のセントルイス万博で、あまりの暑さに紅茶を冷やして提供したら、万博で一番のヒット商品になったという話がございます。
思えば、その時代の「冷たいもの」は貴重だったのでしょうね。
氷が難なく手に入るこの時代を嬉しく思います。

余談ではございますが、120年前の今日、パリの万国博覧会でエッフェル塔が初御披露目されたそうです。

とりとめのない話で失礼致しました。
水出しのお茶ですが、暑い日には、和の國カフェに一度はお目見えするかも・・・・・・?

本日も有難うございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子

端午の節句です。

430fe391.jpgこんばんは。
和の國スタッフ 渡辺綾子です。

午前中は五月晴れに恵まれ、夕方には虹も架かりましたこどもの日。
熊本で、こどもの日に雨が降る確率は少ないそうですね。
皆様はいかがお過ごしでしたか?

本日の和の國も盛況でございました。
夕方には絵里子さまがお着物姿でご来店☆
芝崎重一さんの綿のお着物に涼しげな型絵の帯で、この季節にぴったりの装いでございました。

「ざっくりとした手触りだけれども、着てみると着心地が大変良く
また、自分で洗えるところが良いです♪」
と、完璧に着こなされ、楽しんで頂けていらっしゃるのを見ると、
作り手の方も嬉しいだろうなぁ・・・・・・と思います。

近年少なくなっております芝崎重一さんの木綿のお着物。
手引きで、藍染、そして手織り。 想像しただけでも大変で根気と技術の要るお仕事です。 こだわっていらっしゃるこそ、暖かみがあり、着心地も良い皆様に喜んでいただけるお着物になるのでしょう。


さて、ゴールデンウィークも明日までです。
遠出などされてお疲れの方。お休み最終日はゆっくりと過ごされたい方。
ぜひ和の國のゆったりとした空間に足を運ばれて、リフレッシュされてみてはいかがでしょうか(^^) 

目にも優しい緑の木立に囲まれて、皆様のお越しをお待ちしております。

本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國  お客様係:渡邊綾子

買い支える

87bff5fe.jpg今日は男性のお客様 大住雅之様が、大島紬をお見立てにいらっしゃいました。
ご自身の、日本文化や伝統工芸に対する思いをお話し頂いたのですが、そのお話をご紹介させていただきます。

「母が日本舞踊の師匠であったことから、着物には、小さいころから慣れ親しんでおりました。
また、以前住んでいた岡崎では、着物の着付けの先生と親しかったのです。

伝統工芸は手間隙のかかるものですし、厳しい下積みを経て、ようやくたどり着けるものなので、後継者が育ちにくく、中々大変です。
特に昨今は未曾有の不況状態です。手間隙のかかる本物の伝統工芸は、今の世の中では高価ですので、よけいに影響は大きく、地場の状況は容易に想像できます。

日本には守るべき文化がたくさんあるのですが、残念ながら伝承についての教育や、産地を守るための流通の仕組みづくりが、余りなされてこなかったのでしょう。

幸いにして今私は仕事に恵まれておりますので、「買い支え」をすることによって、伝統工芸の保護を担うことを思い立ちました。
この歳で高価な着物を着るのには、身分不相応で恐縮なのですが、いろいろ悩んだ末に、今のタイミングを考えました。」

・・・と、今日は本場奄美大島紬(一元(ひともと)の蚊絣)に、藤糸入りの角帯とグレーのぼかしの長襦袢を合わせられました。

大住雅之様の日本文化への思いは、長い年月をかけて抱いて来られたものとして、心に強く響きました。
お仕事で海外出張も年に数十回は行かれるそうで、海外で文化に触れることで、より一層日本文化に対する思いも色濃くなられたそうです。

また最後に、「着物は手間をかけて作られた高価なもので、気を使う部分はあるが、それとつきあっていく、ということだと思います。着物は、着て使ってこそ価値の出てくる物ですから。」と。
こういう思いの方に、上質なお着物を着ていただけることは、本当に、本当に有り難いことです。

今日もありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

晴耕雨読?

今日は、お昼からしばらくの間は晴れ間ものぞき、カフェテーブルを出していたのですが、
先ほどから大粒の雨が降ってきました。
お店の前の木々も、たっぷりと恵を受けて潤っています。

こんな雨の日には、和の國ブログやホームページを覗いてみませんか?
皆様から頂くコメントやメールなどが、スタッフ一同、とても励みになっております。
いつもありがとうございます。
お時間のある時には是非、率直なご意見や、お勧め情報など、お寄せいただければ幸いです。

さて、和の國HPでは、スタッフ紹介ページを更新しまして、ボーガンス光子さんの紹介文を掲載しております。
         http://wanokuni.com/staff.html

光子さんは、ここのところ、HPの英訳作業に取り掛かっています。
近い将来、トップページには「ENGLISH」・「JAPANESE」の文字が表示されると思うと、ワクワクしてきます。
世界に開く、和の國HPです。

今日もおつきあいいただき、ありがとうございます。
   和の國 スタッフ 鋤先美紀子

記事検索