2009年05月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

お客様のお声

6e625d18.jpgこの週末も和の國カフェは大人気です。
昨日は私が午後から店に入ると、スタッフの吉田さん(代表曰く、編集長)も休日出勤されて、さっそく外で編集会議が・・。代表と奥さまはお着物姿で、スタッフも合わせて5人でミニ会議をしていると、道行く方、車で前を通られた方も、スピードを緩めて「あら?」「あら〜、素敵〜。」「何?オシャレ〜。」という感じで見ていかれます。

・・と、前の駐車場から美しい着姿のご婦人が・・。本場奄美大島紬に、添田敏子さんの型絵染の帯で、由美子さまにお立ち寄り頂きました。(お写真をご覧下さいませ。)
先日お見えになった時に、モデルブックのお話(モデルとして、お写真を撮らせていただく)をしていたのですが、さっそくのご来店です。

私自身は、由美子さまの大島紬の着姿を初めて拝見したのですが、それはもう、うっとりするほど素敵でした。
この柄は、代表が室町の加納さんで選ばれたもので、由美子さまの女性らしさや、可愛らしさを一層引き立てていて、とても優美なデザインです。

「大島紬は他にも持っているんですが、この大島はとても柔らかくて、しっかりしていますね。着るほどに好きになっています。」
「お店で反物の状態で見た時と、仕立て上がった感じはまた全然違って・・。家でこの大島を掛けて、眺めているだけで幸せな気分になります。本当に上品で、好きですね。」とのお言葉を頂きました。

しなやかで軽く、泥染めの黒い色合いの、見事な本場奄美大島紬。その絣模様もくっきりと際立つ、加納織物さんの美しい大島紬です。
小付けの繊細な柄から、大胆でモダンな柄、と、洗練されたデザインも魅力です。
一度ご覧いただければ幸いです。

また、昨日夕方近くに、お着物姿でお見えになった真弓さまからは、
「この店には、お二人(ご主人と奥さん)がちゃんといないとダメよ。私はご主人が京都で選んできた、というお着物を見に来たんだから・・。」との有り難いお言葉を受けまして、
代表は赤面しながら、「はい、しっかりと肝に銘じて、お客様に喜んでいただくよう、これからも頑張ります。」と。

いつも和の國を支えて頂いている皆様、今日も本当にありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

ご縁の大切さ

e508c035.jpg今日は由美さまが「お食事会の前に」、とお着物姿でお立ち寄り頂きました。
グラデーションのきれいなお着物に、花や緑をあしらった 夢いっぱいの帯を締められて・・・、戸外での太陽の光を受けて、お着物も帯も嬉しそうに、優しくきらめいていました。


お昼には、近々のお茶会でお召しになる着物をご覧に、ゆみさまがお出でになりました。
「手持ちの着物は20年位前につくったもので、少し派手に感じるようになって・・・。先日乙女(お草履)を受け取りに来た時に見せて頂いたお着物は、上品で柄付けもすっきりしていて、あれから気になっていました。」と。

そうして今日は、灰桜色の色無地に、白〜うす紫の数色のグラデーション地に草花文をあしらった袋帯をお選びいただきました。
お顔映りも素敵で、本当によくお似合いで、これから先も長く上品に、安心してお召し頂けるのではないか、と存じます。

「自宅の近くでは、老舗の呉服屋さんも無くなってしまい、どこで買えばいいのか困っていましたが、こちらのお店と出会えて良かったです。」ともおっしゃって頂きました。
こちらの方こそ、ご縁の大切さに感謝の気持ちで一杯でございます。ありがとうございます。


と、ブログを書いていましたら、午前中にいらした由美さまが、仲良しの章子さまとお見えになりました。(お写真を撮らせて頂きました。)
先ほど、「お食事の後にお時間ありましたら、是非お茶を飲みにいらしてください。」とお伝えしていたのです。

「そろそろ袷のお着物も終わり頃かな?と思って。」と。普段から週末はお着物で出掛けられるお二人ですが、いつもその季節その季節を和服で楽しんでいらっしゃるご様子です。
お仕事等でハードなウィークデイと、休日のプライベートタイム。両方の時間を上手に作られて・・、今日もとても輝いていらっしゃいます。

本日も読み進んでいただき、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

八十八夜♪

e6508a28.jpgこんばんは。
和の國スタッフ 渡辺綾子です。

本日は八十八夜でございますね。
茶摘の唄でも皆様ご存知のように、
新茶の茶摘の真っ盛りの時期です。
今日は全国的に晴れ渡り、良い茶摘日和だったのではないでしょうか。

以前にお茶摘みを体験したこともございますが、背負った竹籠に入れども入れども
全然嵩が増えず、ベテランの方々の凄さを目の当たりにした事をとても覚えております。。

お茶農家の方が仰っておりましたが、「機械を使っていても、最後は感覚が大事。掌が良い仕上がりを教えてくれる。」とのこと。
お茶摘みもですが、そのお茶の木を育てるのも、摘んだ茶葉を揉んで乾燥させたりして仕上げるのも矢張『人の手』。

八十八夜のお茶を飲むと長寿になると言われております。
生命力たっぷりの若い茶葉に、多くの手の力が加わるからこそ、エネルギーたっぷりの成分となるのかもしれませんね。

因みに、日本のお茶の生産は第1位:静岡県、第2位:鹿児島県となりますが、日本の茶栽培発祥の地は佐賀県東脊振(吉野ヶ里)でございます☆
お茶には殺菌成分もございますので、インフルエンザと騒がれている今こそ、たっぷりとお召し上がりになられてはいかがでしょうか。


本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國  お客様係:渡邊綾子 

薫風に乗せて…。

57182781.jpg目に若葉…、おはようございます。
おかげ様で今月も素晴らしいスタートがきることが出来ました。

初夏の爽やかな風が、南より吹いてくる様子のことを禅語で、「薫風自南来」(くんぷうおのずからみなみよりきたる)と申しますが、まさに薫風に乗せて素敵な笑顔のお客様が続々と・・・。

・「えっ今日、何曜日…??」
・「今、展示会中…??」
スタッフは3名でしたが、お客様はMAX4組、お客様には十分なおもてなしが出来なくご迷惑をおかけしたことでしょうが、一日(ついたち)草々、嬉しい悲鳴でした。

それでまた、良いのがお客様の雰囲気です。
それはそれは、和の國の室礼にふさわしいお洒落なお客様ばかりで、あちらこちらから「きもの談義」や、今執筆中の「國さん本」のタイトル談義に花が咲いていましたよぉ〜。

今回初めてご縁を頂いた麗しい…なおみさまにお馴染み菊池洋守さんの八丈織に柳崇さんの帯というご縁をも頂き、2009年の5月の素晴らしいスタートがきれました。
(なおみさまもご覧頂いていますかぁ〜。(^o^)/、次回はお写真入りで登場して下さいねっ。)
皆々様…、本当にありがとうございます。

ゴールデンレッドリバー??? おっと、ゴールデンウイークの後半も、和服専門店の和の國なら大渋滞に巻き込まれず、待ち時間はほとんどなく?? 美しい時間を過ごすことが出来ます。
熊本城の隣 の 和の國へ、ぜひお出かけ下さいねっ。

「連休は、いろいろするより 和の國へ」
これでいきましょう!!
ほんと、和の國と付き合って、楽しい人生送りましょうねっ!!
和の國って、染織家の手仕事のきものなどを取り扱う…和服専門店というのは事実ですが、ちょ〜っと違いますよぉ〜。

商品も、スタッフも、志も、メチャメチャ、ハイクオリティ?です。
もちろんそこに集う…お客様も!(^^)!です。嬉しいです。
和の國って、ほんと奥深い魅力ですよぉ〜。

ぜひ、その魅力探しにお出かけ下さいねっ。
「タイム・イズ・ゴールド」です。
かけがえなのない人生を和の國と共に・・・。

チョッと熱く語りすぎた…? くにさんでした。      茨木國夫 拝



追伸:
今朝、熊本城内の加藤神社に行ったら、「NHKドラマ」に「加藤清正」をという署名活動があって、私も記帳してきました。
何でも、あきらめず頑張ったら夢は叶うし、叶うまでコツコツですよねっ。
ハイ、私も頑張ります。(^o^)/
 



カフェも好評です

51ea4cfe.jpgこんにちは。
スタッフ吉田です。
今日から5月…。なんとなく月初めは気持ちも新たになりますよね。
まさに「緑のそよ風」が吹きわたる季節です!

さわやかな風にさそわれて、今日はお店も
素敵な笑顔のお客様でうれしい大賑わい。

そして、この戸外の心地よさに比例して
ウワサの(?)和の國カフェも
快適さがバージョンアップしておりますよ。

さわやかな風と、木漏れ日の中
なんとも素敵な時間が流れていると思いませんか?
この和の國カフェは、連休中もオープンしています。

お気軽にお立ち寄りください。
お待ちしております!

ありがとうございました。
和の國 スタッフ 吉田稀世

GWは、和の國が面白い!!

b27a2c39.jpgおはようございます。
5月1日、新しい月の始まりでございます。
今月は、GWということもあり上京しなかったので、家内と朝から神社仏閣に手を合わせてきました。

月が変わっただけで、若葉もより美しく清々しく見えますよねっ。
我らが日本に高気圧さんもゆっくりとお座りになっているので、なにより何よりです。
きっと、高気圧さんも日本が大好きで居心地がいいのでしょう・・・。

今月もまた、「和服の継承・文化の街熊本〜日本」という二つの目標に向かって笑顔で頑張っていきます。
しっかり関わって応援してくださいねっ。

ほんと和の國の前のテラス、よりお洒落になりましたよ〜。
GWは、そこで本を読んだり、PCに向かってたりしていますので、お出かけ下さいねっ。
GW期間中も元気いっぱいお店開けています。
1.2.5.6は國さん、1.2.3.は家内がメインで接客させて頂きます。

「GWは、和の國が面白い!!」
って声があちらから、こちらから。。。
今月も、よろしくお願い申し上げます。
                  染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫


記事検索