2009年06月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

はがき絵展

1c6193bf.jpgおはようございます。
梅雨らしさが戻り、野の木々も微笑んでいることでしょう。

昨日は、鶴屋東館8階ふれあいギャラリーで開催されている「後藤久美子先生はがき絵展」にいってきました。
先生と光栄の2ショット、真ん中が私の作品です。
とてもセンスが良く、美貌はさることながら心優しい先生で、まさに才色兼備です。

有難いことに、私の作品は「メルヘンチック」という評判みたいでした。
はがき絵を学んでいたので、今回「きもの宣言」の本に目やすめとして入れさせていただきました。
上手下手は別にして、手書きで思いを伝えるということも、とても大事なことですね。 ハイ

頑張って書いて、あなた様にも、はがき絵でメッセージを…。
今日は、今から家内共々上京で、明日の夜帰ってきます。
では、言ってまいります。

お店は、スタッフがしっかり守ってくれています。
お声賭けもよろしくお願い申し上げます。
茨木國夫 拝


追伸:今月も今日で終わりです。
最後の一日に相応しい日になりますよう…心よりお祈り申し上げます。

座して看る雲の起こる時

和の國ブログをご覧の皆さま〜、おはようございます。

昨日は、茶道の懇親会がありアルコールも入ったので、久々枕を高くして休みました。
そうしたら、丑三つ時に目が覚めました。!(^^)!
「二度寝しようか」とか思いましたが、午前中お茶会に行った時のお軸「坐看雲起時(ざしてみるくくものおこるとき)」が浮かんできたので、起きることにしました。!(^^)!

この禅語の解説は、「ふらりと流れの尽きるところまで歩き、腰を下ろして無心に雲を眺める様子。自然と一体化した境涯」と記されています。
またこの句は対句となっており、「行きては到る水の窮(きわ)まる処」とあります。

このように、精神的にも肉体的にも束縛されず自由闊達な思いが出来たらいいですよね。
出版・そして英語も一段落でしたので、この言葉が清涼水のように、私の体の中に溶け込んできたのでしょう。(^o^)/


しかし、また次が控えています。
それは、学会ではないけれど東京で発表(7/10)が控えており、それに向けて全力疾走で、パワーポイントを駆使したレジメを作らなければなりません。

また、明日より家内と京都そして、金曜日の夜学んでいる「ことばの学校」では、小生がテーマを創り発表です。
もちろん、本も近々出来上がって来るでしょうし、また忙しい日々が続きそうです。!(^^)!

どんなに忙しくしていても、心の何処かに「座して看る雲の起こる時」を思い浮かべ、泰然自若な態度で臨みたいものです。
近々お客様の元へ「和の國便り」も届くことと存じます。
また、初心に帰りお客様に喜んで頂けるよう努力を重ねてまいります。

今後とも、和の國を、スタッフを、そして茨木國夫も何卒よろしくお願い申し上げます。
さあ今週も、笑顔で楽しく美しく…、張りきっていきましょう!     
            染織工芸サロン 和の國      代表 茨木國夫





追伸:
「座して看る雲の起こる時、行きては到る水の窮(きわ)まる処」
「座して看る雲の起こる時、行きては到る水の窮(きわ)まる処」
「座して看る雲の起こる時、行きては到る水の窮(きわ)まる処」

                三回唱えると、いつの間にか、手は合掌の姿へと・・・。


熊本でお仕事

5084d27a.jpg先日ブログに登場された、アメリカ人のNaomiさんが、今日はお店にいらっしゃいました。
Naomiさんは先週熊本に来られたばかりだそうで、1年間の予定で、上通り ワシントン外語学院にて、英語の講師としてお仕事をされるそうです。

代表のお嬢様(彩月さん)とも、先日よりすっかり意気投合され、お店に届いたお葉書などを見せられて、英語で内容を説明されています。

私には会話は聞き取れませんでしたが、言葉はもちろんですが、言葉を超えた、心のこもった意志の疎通をされているようで、微笑ましく感じられました。

今日は2回もお付き合い頂き、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

ご結納に

今日は気になる雨雲も移動し、お日様が射しています。
午後には、今日初めてご来店されましたKさまが、ご子息の結納に、と礼装のバッグと乙女(お草履)をお選び頂きました。

「11月に会社の20周年パーティがあり、来年は息子の結婚式、と、これからきものを着る場面が色々ありそうです。 こちらのお店は以前から気になっていまして…。パーティや結婚式でも、「いかにも礼装」というバッグより、こういうお洒落なものがいいですね。

それにお草履も、花緒次第で色無地や小紋にも合わせられる、ということで、色々と楽しめそうですね。履き心地も優しく、今日は本当に良かったです。」
とのお言葉を頂きました。ありがとうございます。

Kさまのように、小物の選び方でお着物の雰囲気が変わったり、着装の機会も広がるのではないでしょうか?
おめでたい席に、このようなご縁をいただき、本当に嬉しく存じます。

今日も、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子



うっ・・・。

You know why? It was too damn hard.
Now here is Charlie. He’s come to the crossroad.
He has chosen a path. It’s the right path.
It’s the path made of prinsipal. At least of charactar.

Let him continue on his journey.
You hold this boy’s future in your hands,cimmittee.
It’s a valuable future. Believe me. Don’t destroy it.
Protect it. Embrace it. It’s gonna make you proud one day.
I promise you

今夜発表会があり、上記を暗誦し、発表する予定でした。
しかし、凍ってました。
残念です。

頑張ったけど、結果がついていかないときもあります。
心残りですが、和の國にお立ちより頂いたお客様には、英語と言って頂ければ、諳んじることが出来そうです。

とちったから、みんなにも迷惑かけました。
少々・・・
でも、前を向いて・・・。

いつもありがとうございます。
茨木國夫 拝

疲れ知らずの、こっぽり下駄。

ac6e1314.jpg皆様こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

天気予報を見ておりましたら、既に梅雨も折り返しだそうで。
ようやく本領発揮!し始めたのでしょうか・・・雨の香りが漂ってまいりました。

さて、本の出版も控え、7/25(土)には出版記念にもちなんだ「夕涼みパーティー」を開催する運びとなりました。
お着物は勿論、浴衣やお洋服でもお気軽に参加して頂けたらと思います。

浴衣も5月より引き続き、皆様よりご注文を頂いております。有難うございます。
そこでお勧めの品、「こっぽり下駄」をご紹介です♪

浴衣は勿論、袷の時期の紬や小紋まで活用できます。
たいへん軽くて履きやすく、疲れ知らず!!
私も1日履いていることがございましたが、ずっと靴に履き替えるのがとても嫌だったくらい足になじんで履き心地の良いものでございました。

夏場は特に素足で履くこともあり、お草履で痛い思い出が残る方も多いと思います。
夏の思い出の1ページを楽しい思いでだけで飾るためにも、ぜひこちらのこっぽり下駄でお出かけ頂きたいと思います(^^)


上記致しました「夕涼みパーティー」は後日改めてご紹介させて頂きます。

本日も有難うございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

健康第一!

4488338d.jpgこんにちは、元気?國さんです。
まずは、画像ご覧ください。
熊大付属中学のOBの、父兄による作品展が、「大宝堂」で行われています。
セザンヌ真っ青の絵画や、弥勒菩薩を彷彿させるデッサン画など会場いっぱいに美しい花が咲いていました。
中には、フェルメールを超えそう?な作品もありましたよぉ〜。(28日、日曜日までです)


さて、本も書きあげたのに、満足感や達成感がなく「何かイライラすするな〜」「何だろう?」
と、ここ数日思っていたら、やっと原因が解りました。

最初は・・・、
疲れが取れないのかな?
いろんな事に、感謝が足りないのかな?
…とも思っていましたが、どうやら他に原因がありそうでした。


それは、明日、英語の発表会があるので、それをまだ覚えていないので、迫りくるプレッシャーと戦っている自分がいました。
逃げたいけど・・・。

英語を暗記する脳が、今開発中なので、人の何倍いや何十倍頑張らなければ頭に入ってきません。
いろんなアイデアは、結構浮かぶ方ですが、やはり苦手なものは苦手です。
でも、出来なくても継続しています。

学び始めて一年、仕事で休んだりもしますが、英語のみにかかわらず、世界史など多岐にわたり学べるし、講師の先生の熱意も伝わってくるので頑張っています。
途中で止めなかったら、英語が話せるようになる可能性は大です。
ハイ、継続は「宝」です。「初志貫徹」です。



ところで、今日は訃報を受け、お葬式に行ってきました。
ご主人さんはまだ50代後半、今からという年代ですが、考えされられました。

私ごとですが、執筆をしている時は、目も疲れたり、肩も極度に凝ったりして、なかなか思うようにはかどらず、肉体的にも精神的にも疲れがたまるので、「一つのことを成し得るためには、何か失ってもいい」「本が出来上がるのだったら、目が見えなくなってもかまわない」
という心境にまで陥りました。


しかし、時が過ぎると、より健康の大切さを感じるようになり、
・リズムをもとに戻そう。
・歩こう。
・初心に帰りいろんな物を、一日5分続けよう。(ストレッチ・逆立ち他)

そして、やや高血圧なので、「麺類のスープを最後まで飲まないようにしよう」「スナック菓子を控えよう」などと思っていた矢先の訃報だったので、より響くものがありました。

人生いつかは寿命がきますが、順番も大事です。
残されたご家族のことを思うと胸が痛み、涙があふれてきました。


もし、私が亡くなったらどうでしょう…。
私は終わりですが、家内・子ども・スタッフなどなど、残された人は大変です。荒波が待っています。
お客様にもご迷惑をかけることになるかもしれません。

やはり、健康なくしては何事も成就しません。
基本に帰り、より健康に注意し、感謝を忘れず、生きていかなければと心新たにした次第でした。
明日の英語の発表会も、頑張ります。
明日はその他にも会合が2つ、そして日曜日はお茶の用件が2つあります。

仕事もいっぱいあります。
また、忙しくなりそうです。

どうか、和の國ブログをご覧の皆様も健康にはくれぐれも留意し、どうか日々美しくお過ごしくださいませ。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。

                 染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫

はがき絵。

c3ea7a63.jpg皆様こんばんは。
和の國スタッフ 渡辺です。

少しマイペースな今年の梅雨ですが、白川の水位も少し増えて気持ちホっとしております。
台風も既に向かっているんですよね。。
夏に近付いておりますね。

さて、みなさまは「はがき絵」をされたことはございますか?
和の國の代表も毎週習っておりますはがき絵。
昨日より、鶴屋百貨店さまの東館8階ふれあいギャラリーで、作品展が開催されております。

展示されております作品たちは、個性豊かに味わい深く、観ていて心和む傑作ばかりです。
描き方・技法も様々で『どのようにして描いているのだろう?』と、ひとつひとつを思わずじっくり見てしまいます。
このようなはがき絵をもらえたら嬉しいだろうなぁ。描けたらすごいよね…と誰もが思うのではないでしょうか。

こちらの作品展は、6/30(火)まで行われております。
和の國の代表の作品もございますので、ぜひぜひ皆様足をお運びくださいませ。
思わず笑みがこぼれ、心潤される作品展でございますよ(^^)


本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子 

バイブル

2805cd60.jpgこんにちは。今日は久しぶりに晴れ間がのぞき、戸外に出ても気持ちが良いですね。

今日は京都より藤井絞の社長 藤井浩一様がおいでになり、新柄の浴衣をお持ちになりました。
初夏からサントリー「金麦」のポスターCMで、壇れいさんがお召しになっている浴衣が話題に上っていますが、この浴衣、実は藤井絞さんで作られたものなのです。

CMが出てからは、ますます注文が増えられて、生産が追いつかないそうです。頑張っても月に20反が精いっぱいだそうで…。また、「それまでの素材と変わり、綿麻にしてからは、その素材と絞りの仕事がマッチするまでに大分時間がかかりました。素材によって、染料の浸透の仕方が変わるんです。

今は3種類の素材に新しい柄を染め出し、その色合いも変化させることで、デザインの可能性が無限に広がります。やはりお客様に飽きられないように、と毎年工夫させて頂いています。」と。

そして藤井様より、本「きもの宣言」を10冊ご予約頂きました!! といいますか、その場で代金も支払われ、販売一番目となりました。誠に有難く存じます。
藤井様は「茨木代表が和服の継承と、業界や日本文化の発展に、と考えていらっしゃることが詰まった本だと思います。ぜひ我が社でもスタッフに配り、バイブルとしたいです。」とのお言葉も頂戴しました。本当にありがとうございます。


…ということで、本の先行予約が始まりました。


皆さまのご予約を、心よりお待ち申し上げます。
そして応援も…なにとぞよろしくお願いします。

今日もありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

よもぎ枕

9de2a365.jpgおはようございます。
やっと梅雨らしくなり、木々も優しく微笑んでいるようです。

今朝は校正直ししている夢で、目が覚めました。
冗談にもなりません…。(笑)

でも、寝心地抜群でした。
それは、「よもぎ枕」に出会ったからです。
母が知人から求めたらしく、ペレッド状に加工してあり、自然の癒し効果抜群です。
(チョッと青森ヒバに似ています。)

究極の「和製ハーブ」と呼ばれてきたようでその薬効は、
「血圧を下げる、コレステロールを下げる、血液を浄化する、抗アレルギー作用、利尿効果 、抗ガン作用」など様々な効能が知られています。
森林浴とは少々違いますが、野原に大の字にねっころがっているような開放感があります。


話は変わりますが、かの「安藤忠雄」の名言をど〜ぞ!
「極限状態での可能性の追求が、本当の意味での創造につながると私は考えています。」
私は、本を書いてみて、改めて上記の意味が味わい深く感じることができます。
「國さん、、、えっ、2冊目??」
「気が、早い早い!!」

ほんと初志貫徹です。
次に見えるため、次のステップの為には、「やり遂げることの大切さ」です。
また、初心に帰り頑張っていきます。

どうか、和の國もスタッフの皆もそして、茨木國夫もよろしくお願い申し上げます。
暑かろうが、雨が降ろうが、和の國へお出かけ下さい。
お待ちしていま〜す。(^o^)/
茨木國夫 拝

体験してみませんか?

03b70ce3.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当 吉田です。

外はどんより雨もパラつく蒸し暑い一日でしたが、
前結び教室は、今日も、冷房も効いた店内で、みなさん楽しく学ばれていました。

何度かお使いで外に出た私が汗をにじませ帰ってくると、みなさん涼しい顔で着付けをされているので、店内がとても優雅な『別世界』に感じられました。

今日も、「すぱいす」を見て、と見学・体験に見えられた方がいらっしゃいました。「週に1回は着物を着るのですが、帯結びが大変で…。前結びができたら楽だろうな、って思っていたんです」とおっしゃっていただき、とてもうれしかったです。

「すぱいす」の記事のご縁で、たくさんの方に「前結びきつけ教室」を知っていただき、その良さを体験いただけたことが何よりです。

今回が3回目とおっしゃる方も「ホントに簡単。とってもいい!」「少人数だから、何でも先生に聞けるのがいいのよ」「きものを着るのが大変じゃなくなるわよ」と、ご見学に来られた方に「前結び」をお勧めして下さいました。
ありがとうございます<(_ _)>

みなさまもぜひ、前結び、ご体験下さいませ。



今日もありがとうございました。
スタッフ 吉田稀世

いいくに会

こんばんは。
和の國スタッフ 渡邊です。

本日は恵みの雨!!・・・と思っておりましたが
17時現在、未だ曇り空のままでございます。。
お天気が悪いのは嫌ですが、ここまで降らないと雨も待ち遠しくなります。
痺れを切らせて、先ほど植木に水をやりました。

さて昨日、スタッフの吉田と共に「いいくに会」に参加してまいりました。
今回は、動植物園前の庄口公園のお掃除です。
いいくに会でのお掃除は「トイレバスターズ」という別名の通り、お手洗い掃除でございます。
毎回、参加企業から数名の方が参加されるので、かなりの人数となり、最初に参加した際にはあまりの人数の多さにびっくり致しました。

昨日は人数や場所の都合などもあり、お手洗いと公園の草取りとなりましたが、
午前中から良い汗をかかせて頂きました(^^)

同じ熊本で働いている人々が集まり、より良い熊本を目指して美化清掃を行うこの取り組みは素晴らしいものだと思います。
他にもこのような団体は沢山ございますが、一人ひとり、自分の身の回りを気にするように、自分の住んでいる環境も気にすることで、このような活動が広がっていけば良いな・・・と思いました。

次回7月の「いいくに会」はKKウィングだそうです。
そういえば、本日のロアッソ熊本は勝てたのでしょうかね・・・?


本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

朝の出会い

0e4a0583.jpgおはようございます。
今朝は、熊本城散歩中、稲荷神社でアメリカ人のナオミさんと出会いました。

片言英語と日本語で二礼二拍手一礼のお参りを教え…、そして近くに「きものショップ」があるからと場所を教えるため、店の前に連れてきました。

國さん、大胆な行動です。ハイ!(^^)!

その間、どうしよう///SOSという感じでしたが、丁度娘が高3で英語好きを思い出し、娘にそこに来てもらいました。
そして、私は部屋に上がりブログ書いています。
まだ、娘が帰ってこないので、話が盛り上がっているのかもしれません。


さて、出版の件、すべて段取りよく行きました。
・・・と今は言えます。
決めるのは簡単だけど、やり遂げることがどれだけ「楽しい」ことか・・・。
この間、いろんな方々にお知恵を授かりましたこと、心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。

出版社も「どこにしようか?」と考えていたら、高校時代の野球部の同級生が福岡の広告代理店の所長をしていて、いろんな無理を聞いてもらいました。
ヤスジとのご縁も感謝感謝で、出版日は、来月7日七夕の日の予定です。

良い本ですよ〜。なんて・・・。
いや、皆様の手でいい本に創り上げて下さい。
熱い本には間違いありません。

■タイトル:きもの宣言

■サブタイトル:
洋服を捨て、きものだけの生活を始めて17年
和の暮らしに学んだ、日本人の美意識と人としての道

■発行者:茨木國夫

■発行所:和の國

■価格:1000円(税別) (B5・178ページ)

…という感じです。
只今、先行予約受付中です。(^o^)/
よろしくお願いします。


今日は、「雅の会」が「おくむら」でお昼にあります。
それは、自分のがらくたを一品持ち寄り、そして食事を楽しむというまさに、「雅の会」です。
夏至の一日…どうか美しくお過ごしください。

茨木國夫 拝

お二人でディナーへ

418149ea.JPG今日は真紀さまが結婚記念のディナーに、と仕立上がったばかりの浴衣に袖を通されました。
「こちらのお店は、先日浴衣を選んで頂いた時の雰囲気が良かったので、また来よう、という気持ちになりました。店内の家具やランプもいいですね。この店のセンス、私は好きです。

20代後半、30代くらいから多少高くても、良い物を長く持てる方が…、という考えに変わってきました。たまにギャラリーへ足を運んだり、目線の高い方と交流を持って、自分の目を肥やしたいんです。

いいな、という物に出合った時は、「物に呼ばれているんだ」とよく思います。でも自分の身の丈に合った物を選びたいですね。そしていつか、素敵なドレスが似合う日も来ると思うんです。」と真紀さま。

今日はお子様を預けて、お2人でデートだそうです。(素敵ですね!!)
ご主人様は真紀さまの浴衣に合わせて、ブルーグリーンのシャツをお召しでした。
洋と和の装いも、しっくりとお洒落に決まっています。
とーっても羨ましい、お二人の姿でした。

今日も、おつきあいいただき、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

真夏のサンタさん

おはようございます

真夏のサンタさんからのプレゼントでしょうか?



目が覚めたら、枕の横に「タイトル」おいてありました。

「きもの宣言」です。

これで行きます。



なぜ気付かなかったのでしょう。

やっと、本当にゴール間近です。

!(^^)!

茨木國夫

21世紀の21時間労働

こんばんは。
スタッフも過労で、ブログにまで時間が・・・。

昨晩11時頃休んだら、三時間後の午前2時に目覚めました。!(^^)!
「出版」初稿が帰ってきたので、そのまま起きて見直し作業です。

今11時回ったので、なんと21時間労働です。!(^^)!
明日には、明日こそ光明が・・・。

何度、明日は…と言ったことでしょう。
美しい夢をみることにします。

明日こそは・・・。
お休みなさい。
くにお 

絶対の自信…。

いつもありがとうございます、國さんです。

私事ですが、ここ3日程の睡眠時間を合わせても、一日分にもなりません。
今朝で終わったつもりが、お昼過ぎまで・・・。
やっとひと段落で原稿入稿したのに、まだまだハイです。

返事は、「●●!」(止めときましょう。)
本を書いてつくづく思うのは、知らないことの多さです。
それと、もう一つ、己の無知さ加減です。

でも・・・
あきらめない(決めたらやり遂げる)こと。
誰にも負けない努力をすること。
この二つだけは、絶対の自信があります。

久々、日付前に食事しました。(^o^)/
激しい運動も全くないのに、右肩から肘にかけてこるなんて、また、いろんな発見があります。


追伸:すみません、やっぱり睡魔と、純米酒が・・・。
二つとも成就できそうです。

スミマセン。また、しっかりとしたブログ書きます。

調節しやすくきれいに結べます

415f1eee.jpgこんにちは。
月曜日のブログ担当、吉田です。

今日も、和やかに「前結びきもの学院」が開催され、
熱心なみなさまの練習の様子を拝見したり、裏の作業場から聞き耳をたてたりしておりました。

仲良く親子でご参加いただいている順子さまとミナ子さまも、
3回目にしてすっかり手慣れた様子で帯を結んでいらっしゃいました。

お太鼓の形を自分で調整したり、手直しが簡単なのがうれしいです、と、
前結びの特徴もすっかり熟知されているご様子。
ご自宅でも練習されているという勉強家でいらっしゃいます。

今日は、帯揚げの簡単でスマートな結び方や、短めの帯締めの上手な結び方などのアドバイスもあり、早速練習されていらっしゃいました。

奥さま曰く「夏はなかなかきもの、という気持ちになりにくいかもしれませんけど、この季節に練習しておくと、初秋から増えてくるパーティーやいろんな会合にとっても役立ちますよ」とのこと。

浴衣の上手な着付けや個性的な帯結びもそろそろ練習してみませんか?

見学・体験もお気軽に!
お待ちしています。

今日もありがとうございました。

スタッフ 吉田

本と、良かった〜。

おはようございます。
返事は「ハイ」、私の心はハイです。

やっと、本・・書き上げましたぁ〜〜。
ありがとうございます。

また、階段を上り…
次のステップへ移ることが出来ます。

真摯に関わって頂いた皆さま…
本当にありがとうございます。

チョッと休んで、原稿を福岡に届けてきます。
!(^^)! !(^^)! !(^^)!

本気で万歳三唱したい…
國さんです。

ビールが、五臓六腑に沁みわたります。(^o^)/
日本酒が、体中を駆け巡っています。(^o^)/

目も腰も、右手も…すべて癒されていきます。
茨木國夫 拝


追伸:
只今、飲みすぎ注意報が発令されました。

ジューンブライド。

50df937e.jpg皆様こんばんは。
和の國スタッフ、渡邊綾子です。

本日も梅雨の中休み?でしょうか。
少し長すぎる休みのようではございますよね。
通勤最中に見る白川の水量が稀に見る少なさの今日この頃でございます。

でも、お出掛けなどには矢張、晴天は嬉しい事でして・・・。
本日は、啓子さまと弥生さまが着付けで朝からいらっしゃいました。
本日はお知り合いの方の結婚式とのこと。
晴天で良かったですよね(^^)

品の良い訪問着や洛風林さんの帯などの和の國コーディネイトを楽しんで頂けて、
またご活用して頂けることは嬉しい限りでございます。
お帰りの際は素敵なブーケを手にされており、こちらも少しだけ幸せのお裾分け気分を頂きました♪

今月はジューンブライドですよね。
結婚式にご参列の方も多いのではないでしょうか?
和の國では、その場に合ったお着物は勿論のこと、着付けから着用後のお手入れまで承っております。

お気軽にご相談などして頂けたら、と思います(^^)


本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

補正は大事よね

1421e8b7.jpg今日は直子さまが、会社のお仲間と3人でいらっしゃいました。
「先日黒留袖を受け取った時に、奥さんに着付けをして頂いた時は、本当にきれいに着せていただいたんですよねー。胸元がきれいに出ていて、自分で見ても気持ち良かったです。

それから補正のことが気になって…。着付けを教えてもらう日も、胸元や腰の補正を色々試してみたんですが、厚みが足りなかったり、入れすぎたり、どうもうまくいかなくて。やっぱり補正は大事よね。」と、直子さま。

すると奥さんも、「私も最初の頃は、タオル2枚にさらしをつなげて、自分で作った補正を入れていたんですが、どうしても段ができるなど、何かと課題がありました。でも今は便利な補正品が色々と出ていて、うまく組み合わせると、きれいに着付けができますよね。」

外からは見えない部分ですが、本当に補正一つで着付けの仕上がりも変わってきますよね。
補正品のパーツも、部位ごとに薄手や厚手、S・M・Lサイズ等と揃っております。
これから夏のお着物を着られる方も、ぜひご相談いただければ、と存じます。

いつもありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子


私は幸せ者・・・。

03e947ca.jpgこんにちは、久々登場ですが…、
やはり、登らば登れ富士の山です。

かの毛沢東が「愚公移山(ぐこういざん)」が好んで使いましたが、根気よく努力し続ければ、ついには成功するというたとえです。

本を執筆することが、これほど大変だとは思っていなかったので、まだウンウン唸っています。
早く解放されたい気分ですが、こうやって文章を書けること自体、「幸せもの」かもしれません。

とにかく頑張ります。
皆さまの笑顔で、國さんを元気つけに来て下さいねっ。
お待ち申し上げます。

茨木國夫 拝



追伸:
お昼は大阪から来客、夜は「熊本ハンガリー教会発足」で、事務局次長をしているので、そちらでも頑張ります。
画像は、熊本城の御幸坂で香りを放つクチナシで、花言葉は「私は幸せ者」です。

染織の学び

皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡邊綾子です。

昨日より梅雨入りしたそうで、本日は久し振りの1日中の雨でございました。
明日からはまたお天気回復するそうで、沖縄の空梅雨と同じになるのかな?と思っております。。

一昨日、昨日と、福岡の展示会にお越し頂きました方々、本当に有難うございました。
天神の中心部で、神社の中という素晴らしいロケーションに加え、とても素敵な会場でございました。

福岡のお客様は、博多織がある所為でしょうか、ご自身で染織をされている方が多く、お話をお伺いしながらこちらも多くのことを学ばせて頂きました。
また、こちらからも呉服店だからこそ(?)知っている内容をお話することが出来、良かったと思います。

沢山の方のお話を聞いて、自分のものと出来ることも日々の学びだと思いました。

さて、今月の和の國大学院は、6/27(土)PM7:00〜でございます。
京都は「京正・那須修様」をお迎えして『吉祥文様と染織技法』についてのお話となります。

品が良く、見て・纏って美しい京正様の京友禅。
日本古来の文化の中で花開き、都で生まれましたその技法と文様のお話を
情緒あふれる初夏の宵に学ぶことで、ご自身の雅やかさに磨きをかけてみませんか(^^)

皆様のご参加をお待ち申し上げます♪

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

行きやすい雰囲気

7da9ce15.jpg今日は、お仕事帰りに敦子さまがお越しになりました。
敦子さまは、普段はフルタイムでお仕事をされながら、時々お仕事仲間等へ、着物の着付けを教えていらっしゃいます。

和の國(きもの屋 いばらき)との最初のご縁は、以前行った「芭蕉布の勉強会」だそうで、その際に、前結び教室の案内をさせて頂いたようです。
敦子さまはそれまでに、着付けの学校を2か所卒業され、指導する資格もお持ちだったのですが、2つ目の学校で前結びの噂を聞かれて、少し気になっていたそうです。

和の國の着付け教室では、「前結び きの和装学苑」の資格を取られつつ(指導のできる資格です)、更に「勉強のために」と、ご自分のペースでレッスンに通い続けていらっしゃいます。
職場のお仲間からも、「(敦子さまは)教え方が本当に丁寧で、わかりやすく、楽しく続けてこられた。」とお聞きしています。

「和の國さんのお教室では、自分の都合で欠席が続いても、また行きやすい雰囲気なんですよね。それに、自分で着物を着る時にも、帯の変わり結びをしたくて、色々と教わりました。」と、敦子さま。

資格を取られた後も、どなたかに着付けを教える機会があるごとに、レッスンにいらして、技術を伝えるための工夫を重ねていらっしゃいます。
ご本人は「忘れてしまうので、来ているだけですよ。」とおっしゃいますが、陰でなさっている努力が素晴らしいなあ、と、つくづく思いました。。。


今日も、読み進んでいただき、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

美術館?

ae7d88df.jpg昨日は染織工芸作家展、福岡・天神での展示会場に、私 鋤先も行かせていただきました。
会場となった警固神社は、大きな公園が隣接する、緑豊かで開放的な空間でして、市民の皆様にとっても、憩いの場となっているようです。

11時オープンと同時に、雅子さまが、福岡在住のお嬢さまとお越しいただきました。
「若いうちから、良い物を見させたいと思って。」と、普段から、本物に触れる機会を作られているそうです。

また、福岡市のリビング新聞を見られて、ご新規の方も次々にいらっしゃり、中にはハンカチで口元を抑えながら、一つ一つの作品を、時間をかけてご覧頂いたお客様もいらっしゃいました。

「まるで、美術館に来たようです。今日はいい物を見させていただいて、いい一日になりそうです。」ですとか、「着付け教室で一緒の友達と、いい物を一つずつ揃えたいね、と話していて、さっそく友達数名にもお知らせしますね。」と、皆様、今回の品揃えにビックリされ、目を輝かせていらっしゃいました。

『染織工芸作家展in福岡』は、今日は11時〜18時まで開催しております。
  場所: 警固神社 神徳殿(福岡市中央区天神2-2-20)
      http://www.kegojinja.or.jp/kegojinja.html

ぜひ、お誘い合わせの上、ご来場いただければ、幸いでございます。

いつも、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

洋服か着物か

今日も浴衣をお選びに、ご新規のM様がお越しになりました。
「いつも前を通って気にはなっていたんだけれど。この頃は呉服屋さんもどんどん無くなって、どこにお店があるかしら?と思って。」と。
やはり何店かで浴衣をご覧になってもピンとくる物がなく、今朝は和の國のディスプレイや家具をご覧になり、自然に足が向かれたそうです。

「私はもう年齢も年齢なので、シンプルなのを気楽な感じで着たいのよね。」とのことで、すっきりとした格子の浴衣をご覧いただくと、「これなら、気軽に着れそうね。今度、人吉の青井阿蘇神社に行くのに、着て行こうかしら。」と、お気に召されました。

「昔は本当に良く着物を買いましたし、着ていました。仕立ても自分でしたこともありましたし・・。そのうち主人に、「洋服にするか着物にするか、どっちかにしろ」と言われましたよ。」と笑顔でおっしゃり、ご自分の寸法についても、すらすらと答えられながら、ゆり奥さんと、お仕立寸法の内訳を決めていかれました。

M様はきっと、本当に自然体で着こなされるのだろうなあ、と、その着姿を想像しますと、楽しげで、とてもうらやましいです。

いつもお付き合いいただき、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

記念日に浴衣で

9424d57d.jpg今日は真紀さまがご主人様、お子さまと浴衣のお見立てにいらっしゃいました。
先日より、いくつかのお店を回られたそうで、「自分に似合うもので、しかも気に入ったもの、というのがなくて、目に留まる商品がないんですよね。」と。

お写真の、水色地に百合をあしらった浴衣を試着されると、「こういう品の良さは、なかなかないですよね。普段、洋服を選ぶ感覚とは違うけれど、浴衣や着物となると、また見方が変わりますね。。。」と、お気に召されました。お眼鏡にかない、嬉しく存じます。

しかも、6月下旬にご結婚記念日を控えていらっしゃり、選ばれた浴衣でお食事に行かれるそうです。
浴衣選びの間、優しく見守られていたご主人様も、この浴衣ならOKと合図をされ、ご納得いただけたようです。

結婚記念日を和服で過ごす、というのも雅やかで素敵ですね。

今日も、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

蛍のひかり・・・

皆様こんばんは。
和の國スタッフ、渡邊綾子です。

本日は夕方に局地的な雨に見舞われました。
一気に大粒の土砂降りでしたが、スコールってあんな感じなのでしょうか?

さて、先日蛍を見に行って参りました。
学生の頃、京都の某所に住んでいた際には何ら珍しくもなく、
多い場所に行けば、車の窓を開けれないほどの蛍の群れでございましたが・・・。
熊本市内ではなかなか見れないものでございます。

先日の場所は、ほんのりといったくらいの数ではございましたが、
闇に舞う幻想的な光は、どれほどの時間眺めていても飽きがきませんでした。
雨の前後には蛍が多いとも聞きます。
今夜などは沢山の光が舞っていたのではないでしょうか。

そういえば、来週の土曜日(6/13)に京都の下鴨神社で「蛍火の茶会」がおこなわれるそうです。
蛍を見ながらのお茶席でも素敵なのに、そちらに加えて、十二単や王朝舞、箏曲なども楽しめるみたいですよ。 ラストの600匹の蛍の放流も凄そうです☆

それほどの蛍でしたら、蛍のひかりでもお勉強出来そうですね(^^;)


本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子

あと少しです。

今晩は。
本日2回目の登場のスタッフ渡辺です。

いよいよ代表の本の執筆がクライマックスとなって参りました!
代表曰く「ほぼ出来ました!!」とのことで、
ゴールテープも目の前に迫り、満面の笑みを浮かべております。

スタッフもひとまずホッと胸を撫で下ろしております。
一番ホッとされているのは奥さまかもしれませんね。
これからは製本に向けて急ピッチで進んでいくことでしょう。

元気いっぱいの代表のブログを楽しみにされていらっしゃった方、
お待たせいたしました!
執筆中はブログからも遠ざかっておりました代表ですが、
あと少しで、また以前のように、こちらにも顔を出されることと思います(^^)

また随時制作状況を報告してまいりますので、皆様も
出来上がりを楽しみにしていて下さいませ♪

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン 和の國  お客様係:渡邊綾子

荘厳な世界。

2ba983e6.jpgみなさま、こんにちは。
和の國スタッフ、渡邊綾子です。

昨日の雨で大地も多少潤ったでしょうか。
本日は過ごしやすい気候となっておりますね。

今、熊本県立美術館本館では「栄光のルネサンスから華麗なロココ」というタイトルで、西洋美術のルネサンス・バロック・ロココ時代の名画を集めた展示をされております。
そして、私も久しぶりに熊本県立美術館に足を運びました。

落ち着いた雰囲気のルネサンスに始まり優美華麗なロココで終わる順路となっておりましたが、個人的に好きなバロックに何度も戻りながら世界観を堪能してまいりました(^^)
ルーベンスの『毛皮さん』も見れて大満足です。

背景が暗く、資料によりますとどうやら『獅子の頭と噴水と空』が描かれているそうなのですが・・・
どんなに目を凝らしても、離れてみても、角度を変えても分からず終いでした……。
それでも、やっぱりその迫力と美しさは圧巻で、卓越した芸術性にただただ見とれておりました。

この時代の絵画を見ていつも思うことですが、人物の肉体は勿論、洋服の質感の表現力の素晴らしさは写真を超えているように思えます。
お着物を写真で撮っても、生地の風合いや本当の色は上手く表現されませんが、名声を誇る画家が描くとその部分を的確に素晴らしく表現されるのだろうな、と思いました。

7月5日まで開催されておりますので、皆さまも是非名画の数々に酔いしれてみて下さいませ。
和の國でもチケットを販売しておりますので、お立ち寄り頂ければと思います。


本日もよろしくお願い致します。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子
記事検索