2009年08月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

万歳!

おはようございます、今朝はチョッと眠い朝です!(^^)!
昨晩8時から、TV画面では「万歳・万歳!」の連呼でしたが、小生も「万歳・万歳!」です。
「万歳」は、元々は中国の言葉で、「千秋万歳」の後の方を用いたのだそうですが、こちらは、何とかスタッフ始めお客様に支えられ、8月日々更新が出来たことです。

さあ〜、皆で一緒に
「和の國ブログ更新、
       万歳! 万歳! 万〜歳!」
・・・ありがとうございます。

「小さなことの、コツコツの積み重ね」って、ほんと大事ですよね。
「政権交代」を唱え、「新進党」なるものから変革を遂げ、10年以上の想いが形になりましたよね〜。
一つのことを念じ、それを形にするまで頑張り続けることの大切さを学ばせていただきました。

当選なさった代議士先生の中には、「日本を蘇生するには文化が大切だ!」と、唱える人が現れて欲しいものです。
小生も、きものの良さ・素晴らしさを伝えるべく、頑張ってまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

まだまだ、残暑続きますので、どうかご自愛下さいませ。
いかなる時も、夢と希望を忘れず頑張りましょう!(^^)!
 茨木國夫 拝

機が熟す

今日は夕方前に、真理子先生がお見えになりました。
「小説の応募締切が近く、昨日からずっと推敲をしていて、ちょっと目休めがしたくて・・。和の國さんはいつ来てもお店全体がきれいで、さすがですね」と。
真理子先生は随筆や小説を定期的に発表されていて、代表の本に関しても、ご助言を頂いています。
建築家の安藤忠雄氏の話に幕を明け・・・

真理子先生:
「私の場合は「その時」が来ると、言葉がどんどん紡ぎ出されるんですが、その時にならないと物語は進まないのです。ちょうどお蚕さんが糸をはき出す時期のように、機が熟さないと言葉が出てこないんです」

代表:
「私は自分のボキャブラリーの少なさを実感しました。何でも勉強になりますね」

真理子先生:
「茨木さんはボキャブラリーを超えた物をお持ちですよ。いくら語彙があっても、うすっぺらい文もあります。でも茨木さんの本は、様々な経験に裏打ちされた、しっかりとした文章ですよね」

と、本執筆の話題が盛り上がっていました。
私はブログを1件書かせて頂くにも、言葉使いを教えていただいたり、用例や季節の言葉を調べたり、となかなか自力で書けませんが、仕事を通じて、本当に一つ一つ良い勉強をさせて頂いております。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

スヌーピーvsミッキー

22942213.jpgこんにちは、
和の國オープンカフェに、「スヌーピー登場」です。
横にいるのは、鋤先美紀子さんで、まさに
スヌーピーvsミッキー(ご主人さんに、そう呼ばれるそうです。)

いつもなら素通りな子供達の人気者!
ショーウインドーを覗くより、スヌーピーと記念撮影です。
チョッと意外な和の國の風景ですが、嬉しくなって書き込みしてしまいました。
どっちが可愛いでしょうねっ。

また、秋色に染まった名古屋帯をお求め頂いたり、洗張り・仕立直しのご用命や、出来上がった菊池洋守氏のきものをご覧にお越し頂いたり、来年一月のコンサートの出演者の打ち合わせだったりと、まだ一日半分ですが、忙しく楽しく過ごさせて頂いています。

それから、「和の國便り」今回100号達成です。
パチパチ!(^^)!
熊本県下の方々は、近日中に届く予定です。
何でも継続継続、笑顔で継続、途切れたら、またコツコツ継続!(^o^)/
笑顔で頑張りましょう。
             染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫

初秋の装い

おはようございます、茨木國夫です。
東京で見聞を広めつつ、昨晩娘と帰ってきました。
当たり前のことですが、夜明けが30分程違います。
朝5時にはまだ熊本は、今から夜が明けていく感じです。

さて、一昨日(8/28)の「きものコーディネイト」に「びぃ」さまより下記のように書き込みがあったのでお答えさせて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめまして
着物に興味があってやってきました
夏の絽や紗の着物はいつまで着ていて大丈夫ですか?
帯の夏物(?)も同じ頃まで大丈夫なのでしょうか?
またブログででも教えてください    
               〜びぃさまより〜


・・・との事でしたので、小生のコメントを!
夏のコーディネイトが一番楽しみがあります。
お茶のお家元(京都)への参加行事は9月1日を境として、どんに暑くても「薄もの」から「単衣」と様変わりしますが、一般的には9月23日の秋分の日を境に、「透けるもの」から「透けないもの」へと衣替えしたらいいのではないでしょうか。

しかし、「紗のきもの」や「羅」の帯などは8月いっぱいの方がいいのではないでしょうか。
また、9月〜10月にかけて、「秋色」を意識したり、帯揚げ・帯〆・半衿など少しずつ秋冬の素材を取り入れていけば良いのではないでしょか。

私は、やはり「和服」が一番奥ゆかしいお洒落を楽しめるし、季節というか日本の四季を丸ごと体感出来るのではと、考えています。
「躾(しつけ)」という言葉もきものから生まれた言葉でもあり、もっともっときものを愛し着る事によって、共に美しい人生を歩んでいきたいものです。

今日は、衆議院総選挙です。
朝から選挙に行ってお店に入る予定です。
ぜひ、選挙の帰りでもお立ち寄り下さいませ。
心よりお待ち申し上げます。    茨木國夫 拝

サマーコンサート♪

2c892068.jpg皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡邊綾子です。

本日は夜に、「サマーオペラフェスタ」を聴きに行って参りました。
(画像は始まる前の客席の様子です。)

今年の2月の和の國のコンサートでもご出演頂いた方々勢揃い!という感じで、間近で聴く本格的な声楽は迫力がございました。
あまりにも近くて、出演の方々もかなり緊張されていたご様子。
それでも、本領発揮の「椿姫」になると、のびやかで張りのある素晴らしい歌声で、観客も魅了されておりました。

和の國の来年のコンサートも、出演者の方々もほぼ決定し、これからもっと輪(和)を広げていけたらと思っております。
勿論、観客の皆様の出演者の一員でございます。
皆様で、観客席まで歌声あふれるコンサートを作っていきましょう(^^)


また、暑さが少し戻ってまいりましたが、確実に秋の足音が近づいております。
夜にお店を出る頃には、鈴虫の鳴き声も聞こえるようになって参りました。
今年も、勉強の秋、文化の秋、着物の秋、と素敵な秋を皆様に提供していけたらと思います♪

本日もありがとうございます。
 和の國スタッフ:渡邊綾子

きものコーディネイト術。

98c53f2a.JPGみなさま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

8月も残りわずか。夏のお着物のシーズンも残り僅かとなってまいりました。

本日いらっしゃいました、ともこさま、すみこさま、みつこさまより、これから着る着物についてや、奥さまのコーディネイトについて等のご質問がございましたので、本日は奥さまのコーディネイト等のお話を――。

お写真の様に、着物は変わり織りの絽の色無地に、帯は絽縮緬の生地に爽やか且つ可愛らしさもある染めの名古屋帯。帯揚げはシンプルな夏物の象牙色の無地で、帯締めは夏物の黄金色の貝の口。足下はこっぽりの白木の下駄です。

絽のお着物も、変わり織りと地に変化がある事で、遊び心を持ち、また2度の引染めで地色を染めているので深みのある色となります。
気やすくて涼しくもあり、帯次第では普段着からちょっとしたパーティーなどの準礼装用にもTPOも広がるお着物。

帯も、涼しげでかわいらしい柄は見る人によってはモチーフが変わり、飽きも来ず、初夏から9月頃まで長いスパンでお召頂けるものでございます。また、一度締めたらゆるまないという特性もある帯です。

もうすぐ9月に入り、半襟、帯揚げ、帯締めと、徐々に夏から冬に装いが変わってくるころだと思います。
このお着物の着る時期はいつ? 夏物はいつ頃まで大丈夫?? まだ暑いけれども、もう秋冬物にした方が良いかしら?? 等々・・・お召になる上での疑問が多く出てくるのもこの時期ではないでしょうか。

コーディネイトから、お召しになるものに季節感、またワンポイントのアドバイスなど、遠慮なくお尋ね下さいませ(^^)


本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

東京三昧

3e6375b4.jpgおはようございます。
東京3日目の朝です。

8.26 
熊本発〜赤坂で建築家の安藤忠雄氏の講演会〜銀座で知人紹介頂く。
(安藤先生のお話凄かったです。言霊でした。
今後大切なものは「文化、自然、人間」であるとか、「勇敢なリーダーがいない」とか、立場は天と地ですが納得より、より気合が入って、小生も「この命、きものの継承に捧げる」と心新たにした次第でした。)

8.27
築地市場散策〜品川で知人とランチ〜ご紹介者と一緒に日本橋三越へ〜上野の国立博物館で「伊勢神宮と神々の美術」「染付」の展覧会鑑賞〜夜別の知人と一献
(流石築地でした。凄いのなんのってありゃしないほどです。魚の数と量、またボーとしていたら引かれそうになります。)

8.28(予定)
今から築地散策(散歩)〜出版社の方とランチ〜サントリー美術館〜新国立美術館〜長女と合流

東京三昧まではいかないにしても、未来に備え5つの目的をしっかりと果たして、地元熊本に帰ってきたいと思います。
いつもありがとうございます。

では、今から出かけてきます。!(^^)!
茨木國夫 拝

本のコーナーができました!

9fab53c0.jpgこんにちは。
スタッフの吉田です。

日ごと涼しくなりますが、このまま秋になってしまうのでしょうか?
朝、息子のプールの準備をしながら、もう寒いかも?とちょっと心配になってしまいます。日中はまだまだ日差しが強いですけどね。

さてさて、今日は、お店に入ると、素敵な「コーナー」が出来ていました!
昨日、奥さまと渡邊綾子さんとで作られた「『きもの宣言』本のコーナー」です。
入ってすぐの右手の棚に、すっきりとディスプレイされていて、通りからも見えるので、より多くの方の目にとまり、興味をもっていただけるのではないかと思います。

昨日は、お茶の関係の方から数十冊まとめてご注文をいただくなどの動きも出ているそうです。
このように、お茶・お花をなさる方、和裁師の方や着付けの先生など日ごろ和服に関わっていらしゃる方々に共感していただけるのは、何よりのこととうれしく思います。

本は、県下各地の書店にも置いてありますが、今は「郷土の本」や「熊本」のコーナーに置いてあるところが多いようなので、ぜひ、きもののコーナーに置いていただけるようにお願いに行こう! と話をしているところです。

本屋さんにお立ち寄りの際にはぜひ『きもの宣言』をお手に取りいただけますよう…、お願いします。

今日もありがとうございました。

スタッフ 吉田稀世

いい顔

c034878c.jpgおはようございます。
秋の気配漂う・・・8月26日の朝でございます。
朝の空も、凛として、輝いて、とっても気持ちいいです。

さて昨日は、井上泰秋自撰「大皿101枚の世界展」(08/25〜08/30)を、熊本県立美術館分館2階で見てきました。
流石に、国画会会員・熊本国際民芸館館長さんだけあって、「用の美」を提唱なさる実力派です。
会場狭しと展示される101枚の大皿は圧巻で、泰秋先生の匠の技に加え炎と格闘した勇士は、それぞれに清々しい「いい顔」をしていました。

「ふくら雀」や「馬に太陽」などの面白い作品もありました。
今月30日までですので、月末のご多用の折かと存じますがお出掛け下さいませ。
場所は、NHK横で和の國近くですよっ。

それから、小生は今日から東京出張(〜8/30)です。
まず、お昼はかの「安藤忠雄氏」の講演会を聞いてきます。
もちろんお店は、精鋭なる笑顔輝くスタッフが頑張っていますので、お出掛け下さい。
「秋色」に染まりつつある・・・和の國の茨木國夫でした。



追伸:
「いつも楽しく美しく!」
背筋を伸ばし、あごを引いて、気合をいれて頑張りましょう!(^^)!

雅びな附下げ訪問着。

23db56e1.JPG
皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

8月もあと残すところ一週間となり、秋の気配が近づいて参りました。
今朝は秋の空気といった感じで、久方振りに肌寒い朝でございましたね。

和の國のディスプレイも、すっかり秋冬モードになって参りました。
本日メインに飾っております附下げ訪問着も、新作でとても雅やかな雰囲気を放っております。
月末の挨拶にいらっしゃった京都の問屋さんも「綺麗な染めですなぁ〜。」と見つめていらっっしゃったくらいです(^^)

織りに力を入れております和の國でございますが、染のお着物も負けてはございません!!
代表が吟味に吟味を重ね、時にはデザインや柄まで発注し、皆さまも納得の一品が揃っております。

これから、また結婚式やパーティーなど増えてくる季節となって参ります。
この機会に、透明感あふれ、美しい柄行きの訪問着や附下げなど、ご検討されてはいかがでしょう・・・。
その場にふさわしく、またお客様のお顔映えもするお着物を揃えお待ちしております♪

和の國のこだわりは、きもの宣言の本にも記しておりますので、読んで頂けましたらご納得かと思います(^^)

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

にぎやかです!

f2b5cbfc.jpgこんにちは。
スタッフ吉田です。

今日は、久々の前結びきもの学院でした(お盆などで2回お休みでした)。
先週・先々週と…、店休日ということもあり、当番で私が事務所にいたのですが、
静かで作業ははかどったものの…、とてもさみしかったので、今日のにぎやかさはとてもうれしい限りです!

午前中は「はじめてです」という体験の方がご友人とお二人でお見えになり、前結びに驚かれたり、午後からの教室は、お久しぶりの方が多く「忘れたかも〜」などという声も聞こえていましたが、なんのその、みなさん、すっかり慣れた手つき(手さばき?)で素敵に着つけ・帯結びをされていらっしゃいました。

ともあれ、お店が賑やか&華やかなのはとてもいいですね。
私は、いつもお店の裏で黙々と作業をしているのですが、お互いに教えあっていらっしゃったり、アドバイスをしあっていらっしゃる楽しそうなご様子は、なんとなく伝わってきてついつい様子を窺いに行ったり、お話しに加わりに行ったりしてしまいます。
教室の様子を見学するのは、指導の様子を見ているだけでもとても勉強りますしね。見ているだけで参加した気分になっています…。

今日もまた、日中は残暑厳しい一日でしたが、日ごとに朝夕涼しくなってきました。どうぞ、お体にはお気をつけくださいませ。

本日もありがとうございました。

スタッフ 吉田稀世

金婚おめでとうございます。

おはようございます。
今朝は、空気の色も変わって「爽やか」ですね〜。
爽やかの語源は? !(^^)!

さて昨日の熊本日日新聞の朝刊に、今度は父母登場でしたぁ〜。
「金婚おめでとう」という覧の「菊池市」という所に掲載されていました。
茨木國廣(75歳)・幸子(72歳)です。
それから、お隣の中原亮介・江美子さんご夫妻、同じ町内の西岡史郎・栄子さんご夫妻もおめでとうございます。

当たり前のようですが、50年共にするって凄い事だと思います。
パチパチです。
熊本日日新聞も、昨日(8/23)の誕生花が「菩提樹」、花言葉が「夫婦愛」を意識しての掲載なら素晴らしいものですねっ。
小生もあと、30年!! ファイトです。

それから、昨夜「元気國さんメール」を送らせて頂いたら、嬉しい返信をいただきましたので、ご紹介させて頂きます。


━━━━━━━━━━━━━━━━
◆いつも心清らかになる〓有り難うございます。
今日の新聞で見たのですが、ご両親様は金婚式ですか?おめでとうございます。女将さん方のように、素敵な夫婦を目指したいですね〓



◆こんばんは。いつも、メールいただいてありがとうございます。送ってくださった本、読ませて頂きました。
私と同じ年代ですが、何倍も何倍も茨木さんは大きく見えます。
夢とそれにかける茨木さんの意志の強さが、私にもたくさん元気をもらいました。
今年度から障がいのある子供たちの担任になり、毎日思い悩むことが多かったのですが、まだまだこれから勉強しようという気持ちにさせて頂きました。

そして、こんなに着物を愛し、美を追求される茨木さんに娘の一生の記念の振り袖をこしらえて頂いたことも本当に嬉しく思います。
仕事を退職し、ゆっくり時間ができたら、着物の着方から一つ一つ教えてもらい、着物を着てみたいと思います。その時は宜しくお願いします。
ゆりさんにも、宜しくお伝えください!
いつもありがとうございます。



本当に、ありがたいことです。
感謝を胸に、今日は、納品〜茶道〜納品〜コンサートの件で学校訪問の予定ですが、「一期一会」の精神で頑張ります。
また、和の國は「前結び着付け教室」の日です。
ご新規の方も3名ほどおいでになるそうで、きものシーズンに向け、きものの輪もどんんどん広がってきているみたいです。

今週も、張りきっていきましょう。
          染織工芸サロン 和の國     代表 茨木國夫

本の反響

310b5b41.jpg今日の電気ビル前オープンスペースは、風が渡り、いい感じで日陰となってまして、ご来店頂いたお客様や問屋さんも「ここだけは、ちょっとしたオアシスですね」と、涼をとられています。


さて今朝は早くに、えみ様からお電話で本のご感想をいただきました。
「いただいた本、すごくおもしろかったです。無駄な文章がひとつもなく、素晴らしい本ですね。本当に楽しく読ませていただきました。」
えみ様は先日まで体調がすぐれずにいらした所、ここ数日で快復されて、すぐに読んでくださったそうです。
体調が戻られて、本当に良かったです。

午後にはご新規のK様がいらっしゃり、「孫を英進館(進学塾)に送ってきたんですが、このお店はセンスが良くて、いつも気になっていたんですよ。」とのお話から、本に目を留められ、
「主人の父は明治生まれで84で亡くなったんですが、毎日ぴしっと着物を着ていました。晩年もずっと元気に。やはりあの年代の方は着物をきちんと着こなされて、格好がいいですよね。

それに娘も着物が好きで、海外に行く時も必ず2枚ぐらい着物を持って行くんです。
こちらのご主人も、毎日着物を着てらっしゃるんですね。 今日は目の正月をさせて頂きました。」
と、本(きもの宣言)をお求めいただきました。

また先日は、市役所にお勤めのI様がお見えになり、
「熊本で本を出版するのは、なかなかできないことだと思います。よっぽど有名な方や、よく講演などされる方ならともかく、その若さで…。
本は1章の最初に「きもの宣言」の話があり、この宣言はかなりのインパクでした。そして2章、3章に進んで、引き込まれていきました。これは読んでみないと、良さがわからない。

意思を伝えるには、何人にも読んでもらう必要があると思う。市内の被服科のある高校や、大学に寄贈してもいいんじゃないですか?
それから、市に民間の着付教室は沢山あっても、そこへ来た生徒さんがその後も着物を着るか、というと、着る人は少ないと思う。本にあった、帯の前結びの方法はとても画期的なので、どんどん広めていって欲しい。」とのお言葉をいただきました。
皆さま、ありがとうございます。

ゆっくりと、でも着実に、反響を呼んでいるようです。良い方から良き人へと、本を通して思いが伝わることは、本当にありがたいです。

今日も、おつきあい頂き、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

し・しあわせ〜。

8d61d777.jpgおはようございます。
家内と標高665mの「金峰山」に登ってきました。
車を置いて、頂上までは約40分。

途中少々霧が立ち込め、まさにミストサウナ状態、深呼吸するたびに、自然の癒しを体全体から浴びるような感じでしたぁ〜。
言葉でどう表現したらいいのでしょう。
この気持ちよさ!!

心も、体も、細胞一つ一つが満たされていく感じでしょうか・・・。
う・うれしい〜。
し・しあわせ〜。

そして、頂上まで到達したときの達成感・開放感・充実感、何もかもが「し・あ・わ・せ」でした。
元気に、元気に、大自然に元気を頂いて帰ってきましたよぉ。

今日もまた、笑顔で頑張ります。(^o^)/
茨木國夫 拝

大学院 第10回講座。

おはようございます。
和の國スタッフ、渡邊です。

昨日は和の國大学院 染織工芸コースの第10回講座が行われました。
今回の御題は「京都見どころと器の見分け方」です。

当初予定しておりました講師の方のご都合で、急遽、講師:茨木國夫となりましたが、地元京都っ子に負けず劣らずの雄弁ぶり。
観光地のことなどは、住んでいる方々よりも、足を運んでいる他県の方のほうが詳しかったりもしますしね(^^)

参加されました方々も、和やかな雰囲気の元、質問やご自身の体験談などもふまえつつで、とても楽しそうに耳をかたむけられておられました。
後半の器の見分け方も、実際に器を手にとって、見方・良し悪しを真剣に体感されていらっしゃったようです。

私も6年間京都に住んでおりましたが、代表ならではの切り口と観点での講座で、初めて知ることも多かったです。
これからは、人気の「秋の京都」のシーズン。
京都に行かれる前には、和の國にお立ち寄りいただいて、代表に京都のお勧めポイントなど聞かれてみてはいかがでしょうか♪

来月の和の國大学院は 9月26日。
洛風林の堀江麗子さまを講師に迎えての「帯の図柄のルーツ探訪」でございます。
和の國のお店でもその時に洛風林展を開催致しますので、合わせてお出掛け頂けたらと思います。

本日もよろしくお願い致します。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

うっ。。。

うっ。。。
今、出かけていて帰ってきましたぁ〜。
インフルエンザ予防のため、チョッとアルコール消毒しすぎかな???
50時間ぶりの体内巡回の為、からだ全体に行きわたっています。!(^^)!


ところで娘が東京の大学を受験するので、その小論文なるものを書いています。
そこに関わってくださってるのが、小生と娘の英語の先生「黒川裕一先生」ですが、
「これからも、がんばる全ての方々のために、自分に出来ることを全力でさせていただきます。機会を与えてくださって、ありがとうございます。」
…とのことです。

老若男女関わらす、小生にも娘にも真摯に向き合って頂く姿に、本当に感動さえ覚えます。
前後のメールのやりとりはあるのですが、「出会いは命」とも言うように、出会いのご縁、お導きの有難さに深〜く感じた一日でした。

「人様に感動を与えられる仕事」をテーマに精進してまいります。
これからも。何卒よろしくお願い申し上げます。
いつもいつもありがとうございます。   茨木國夫 拝

カメラ取材中。

613ca9da.JPG皆様こんにちは。
和の國スタッフ、渡邊です。

まだまだ暑い日が続きますが、虫の鳴き声も少しずつ秋めいて参りました。
和の國のディスプレイも少しずつ先の季節に移ろいております。

さて、和の國の店内では、只今雑誌に掲載する写真の撮影中です。
モデルの方、雑誌社の方、カメラマンとちょっとしたスタジオのようでございます。
立ちと座りとでポージング一つ一つに細かい指示が飛び交っており、流石プロ!!

奥さまがモデルの方を着つけし、着物の着方のアドバイスなども掲載させて頂く予定です♪

『きもの宣言』も、先日発売されました「美しいキモノ」にも紹介され、また、熊本の「avanti−アヴァンティ−」という情報誌にも掲載されております。
少しずつ広がる和。今後の展開も楽しみにしていて下さいませ(^^)


本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

芦屋の海老蔵!

469b4817.jpgおはようございます。
昨日は、芦屋の市川海老蔵こと、夙川(しゅくがわ)で保育園経営の雄・渡辺有祐先生がお越しになりました。

流石に、芦屋で上流階級のご父兄にも一目置かれている存在で、美意識もさることながら、そのダンディさにスタッフもうっとり!
「いつかは、和の國さんより和服を!」
・・・と以前よりおっしゃっていたので、重要無形文化財の極上の無地の「結城紬」をご覧頂いたら、とても良くお似合いになってらっしゃったことに加え、良い物を見極める確かな眼力もお持ちで、私達も一緒にお話して嬉しくなりました。

やはり、同じ文化財の結城紬でも「宮崎織物」の結城紬は違います。
男機なので「打ち込み」もよりしっかりして、小生の心に「ずん」と響いてくるようなきものです。
また、織もさることながら、原材料であり肝心要の「手引き糸」にも違いがあるので、やはり「宮崎織物は、極上の結城紬」と言われるのもここに由来しています。

でも、ここでこれ以上、「手引き糸」の違いについて触れると、一般の呉服販売の店員さんより知識が豊富になり、耳ダンボになられては困ります。
「知らぬが仏」という格言もありますので、本気でお求めになりたい方や、将来の購入を前提として知識を増やしたい方のみ、この極秘情報は本音で語らせていただきます。


おかげ様で、熊本県民に愛されながら、少しずつですが確かな足音が聞こえ、全国に「和の國」が広がりつつあるような…そんな気がします。
皆さまの応援・ご支援があってこその和の國です。
地元・熊本の皆さまを核として、「和」を以って「國」を創っていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

今日も、素敵な出会いが待ってますように・・・。
                 染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫

着物共生・初心党

インターネットで本の売り上げ世界一「アマゾン」でも、拙者の「きもの宣言」を求めることが出来ますが、おかげ様で、レビューが3件あります。
こうやって、口コミで一歩ずつ広がっていくのだな〜と感じています。
小生にとって、とっても嬉しいことなので、ご紹介させて頂きます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━くろかわ@HINAMIさん
元気が出ます。
くにさんは着物に身を包んだ福の神。
生き様に触れ、言葉に耳を澄ませば、心温まり、元気が湧いてくること間違いなし。
息抜きに少しずつ読ませていただくはずが、 あまりの面白さと内容の濃さに、読み始めたら一気に最後まで読んでしまいました。
2冊目に早くも着手されたとのこと。
待ち遠しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━最愛チャンミンさん
生きることが楽しくなる本
洋服をすべて処分して、きものだけの生活にはいること、それを周囲にも宣言してすでに17年。
初志貫徹なさる生き様が清々しく、その体験から得るお話は含蓄に富んでいます。著者の人柄がにじみ出る好著です。何かを決意し、それを貫くことは簡単ではないはずなのに、苦労よりもそれを楽しむ姿勢に引き込まれて一気に読破しました。是非お手4にとって読んでいただきたい本です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━岸田せらさん
おどろきました!
友人に贈ってもらって読みました。
正直、和服にはあんまり興味がなかったけど、 和服を着るって覚悟がいるんだなぁと、その奮闘振りに、読みながら思わず応援している自分がいました。
趣味で和服を着ている方や、和服もいいかもねって興味を持ち始めた方にはとても参考になるんじゃないでしょうか?
和服に興味がなくても、信念を持った著者の生き方はとても参考になりました。



本のお求めは、熊本県下主要書店orのアマゾンからど〜ぞ!
「きもの宣言」 茨木國夫著 和の國出版¥1.050です。


本当にありがとうございます。
1)和の國ブログご覧の皆様で
2)宣言本をお読みになって
3)好感度・好印象をお持ち頂いて
4)アマゾンのネットショッピングをなさっている方は、

ぜひ、コメントお書き頂けたら、飛び上がるほど嬉しいです。(^o^)/
そして、電光石火の如く「きもの宣言」本を、茨木國夫を、和の國を…。
もっともっと世に出して頂けませんか?

かの伊藤博文は、高杉新作のことを、「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し、衆目駭然として敢えて正視するもの莫し。」と表現しています。
双方とも、カッコいいし、男の中の男ですよね。


あなた様の、清き一票!
いや、使命感もって今こそ立ち上がり、共に歩んでいきましょう。
もしも、
着物と共に歩み日本文化を組成し、いつも初心を忘れない政党!着物共生・初心党」(キモノキョウセイショシントウ)なるものが発足し、会員が10万人を超えたら、日本は必ず変わるでしょうねっ。
ヨーロッパに負けない文化の街づくりが、キッと出来、未来の子供たちに「日本人の心」を残し、伝えることが出来ます。

教育も福祉も環境問題も、すべてすべて大事です。
しかし、「和服の継承」「文化の街創り」こそ、小生は「日本の蘇生の切り札」だと確信しています。
熱い夏…、書きながらチョッと熱くなってしまいましたぁ〜。

行水したら、いいかもです。 はっ
おっと、やっぱり行雲流水がいいですよねっ。
             きもの宣言男の茨木國夫でした。!(^^)!

たくさんの笑顔に…。

b0b1c21f.jpgいつもありがとうございます。

午前中は、月に一度の「茶の湯文化教室」で講義を受け、知人とランチを済ませ1時頃店に入ると、2組のお客様…それから、5時近くまで、ずっと2組以上のお客様がお出かけになりました。

良いご縁も結んで頂き、また、とてもとてもたくさんの笑顔にお会いでき、嬉しくなりました。
いらっしゃったお客様も、口を揃えて
「こんなに暑いのに、お客様多いですね〜。それも上品な方々ばかり・・・。」…と。

お得意様に加え、「きもの宣言」の本を読んで感動なさった方などのご来店で、私たちも目をクリクリさせるほどの忙しさでした。
本当に有難いことでございます。

今日は、819ということで、俳句の日…
一句と思いつつ
こんな時間になってしまいました。

いつもありがとうございます。   茨木國夫 拝


追伸:
画像はご新規の笑顔がとっても素敵な裕子さまで、髪型…家内そっくりです。(^o^)/

ありがとうございます。


こんばんは。茨木ゆりです。

今朝は、主人の肩を落とした姿で始まりました。
「やってしまったことは、仕方がない。」と言いながら、かなり・・・。


しかしながら、本日はいろんな方々からのメール・お言葉、本当にありがとうございます。こんなにもご声援いただいて心より感謝申し上げます。

ご迷惑をお掛けしました方、本当に申し訳ありませんでした。


これからも主人共々、スタッフ一同頑張って参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
いつも、ありがとうございます。

誤信メールのお詫びです。

4fefde89.jpgおはようございます。
今日は小さくなって、書き込みます。

「元気國さんメール」を送らせて頂いている皆さま〜。
誤信メールがありましたこと、この場をお借りして心よりお詫び申し上げます。
申し訳ございません。
実は、確認・確認・確認した後で送ったつもりですが???
トホホ・・・。

昨日は、お茶のお稽古も入っていなく、お昼過ぎから、お盆休みのリフレッシュで「阿蘇・地獄温泉」の「すずめの湯」に行って来ました。
おかげ様で昨晩は、と〜っても気持ちよいひとときでしたぁ〜。

普通なら、夜もメールチェックするのですが、「自然に触れたので、今日はPCはお休み!」と、朝起きてPCに向かったら「誤信」に気づき、早朝より、いてつくような出来事がまっていました。
「一度、リセットしてまた頑張ろう!」と英気を養ってきた後だけに、ショックも2倍・2倍!!
が〜んです。

丁度、女性の方向けの「元気國さんメール」と、「一期一会の出会いに感謝」のメールが重なり、同じ日に2通届いた方もありました。
本当に、ご迷惑おかけいたしました。


●メールは、間違いでは、ありませんか?よく確認して、下さい!
●確認大切ですよ。以後お気をつけ下さい。
●誤信ならいいのですが、いつも心温まるメールありがとうございます。
●おいそがしくされているから、間違われたのでしょう。季節がらご自愛下さい。

●2通も続けて、ありがとうございます。ようやく夏と言う感じですねぇ!名刺交換!あれから、ずっと茨木さんにはお世話になっています。遠い三重県まで、メールしていただきいつもありがとうございます。こんなに長くメールしていただき本当に私の方こそ、感謝しています。ありがとうございました。では、またお元気で!
●いつも旬に溢れる豊かなメールをありがとうございます。機内アナウンスのご搭乗御礼の中、時候の言葉を盛り込む際に、ヒントとさせて頂いております。


「うっ」と言いそうなメールもありますが、励ましのメールも沢山頂きました。
ありがとうございます。
また、その内容に触れずにメール頂いたりと・・・、いろんな方々の優しいお心配りに朝から、目頭が・・・。
・・・です。

よくドジを踏んだりしますが、
雨にもメゲズ、風にもメゲズ・・・頑張ります。
いや、頑張っていくしかありません。

今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
ノミの心臓ならぬ、豆腐の心臓の茨木國夫でした。
今から、気分を変えてチョッと遅がけの散歩(菊池神社)にお参りにいってきます。
                              南無・合掌  茨木國夫



熱闘! 甲子園

こんにちは。
スタッフの吉田です。

連日暑い戦いが続いている甲子園…。
熊本代表は敗退してしまいましたが、今年のゲームは接戦が多く見ごたえがありますね!

特に野球ファンでもないのですが、若さ溢れる選手たちを見ていると「あの頃」を思い出したり・・。仲間と一緒に笑い、泣き、走っている姿に胸が熱くなったりします。

その熱さに負けずおとらずの勢いをみせているのが「きもの宣言」です!!
今日も、アマゾンから納品のオーダーがあり、早速手配をしました。ありがたいことに、アマゾンでも着々と実績を積み上げつつあります。

今後も、本をもっと多くの人に知っていただきたく思いますので、いろんなところにPRしていきたいと思います。どうぞ、応援よろしくお願いします。

今日もありがとうございました。

スタッフ 吉田稀世

全国規模で。

a402c94a.jpg皆様こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

お盆休みの最終日、いかがお過ごしでしょうか。
本日もお休み最後(?)の貴重なお時間に、沢山の方が和の國に足を運んで下さいました。
ありがとうございます。

県外からのお客さまも多く、東京から貴子さまが、宮崎からは明美さまがお出で頂き、明るく素敵な笑顔と共に品性のあるお話をお伺いすることが出来ました。
また、沙さまも竺仙さんの浴衣姿でご主人様とお嬢様の3人でお越し頂き、仲睦まじい姿にこちらも和やかな気持ちを頂きました。

本日いらっしゃいましたお客様の多くの共通なお話が、浴衣だったり致します。
この夏も多くの機会に浴衣をお召しいただいたようで、お手入れ方法などもお伺いされました。

絹と違って浴衣地は、丁寧に押し洗いとプレスをすれば家でもお手入れが出来ますので、お召しになった後、汗などが気になられる方はホームクリーニングにチャレンジされてみて下さいませ。
脱水はほんの少しで、日陰干し。半乾きの時にアイロンをあてられると仕上がりがキレイになります。(絞りの浴衣の時は絞りの部分は避けてアイロンを当てて下さいませ)


先日の西日本新聞で、代表の事を大きな記事で取り上げて頂き、ご覧になられた方からの反響もございました。
お陰様で、アマゾンのネット通販でもご購入頂いていたりと、徐々に全国規模で広がりつつあります。
この夏、お友達に会われる際などに少しずつでも『きもの宣言』と和の國を広げて頂けたら嬉しいです。


明日から会社という方が多いかと思います。
休みでリフレッシュした爽やかな気分で、明日からも元気に頑張りましょうp(^^)q

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

説得力

お盆休みの最終日、みなさまいかがお過ごしですか?

今日は明美さまがいらっしゃり、この夏選ばれた浴衣の着心地や、代表の本について、お話をいただきました。
「先日は本をありがとうございます。最近、三砂ちづるさんの『きものとからだ』という本を読んだばかりでしたが、ご主人の『きもの宣言』は365日着物を着て、その上で体得されたお話で、やはり説得力がありますよね。

読んでいて、中にはそこまで宣言を徹底しなくてもいいんじゃないか?という場面もありましたが、今日までこだわり続けてきたからこそ、の内容なんですよね。
それに、こちらのご主人は何に対しても、自分が楽しんでされているのがいいですよね。着物を着るようになって茶花を育てたり、謡いをされたり…と。
そういう方のもとには、自然と人が集まってくるんですよね。

こちらで選んだ浴衣は、お茶のお稽古へ毎回着て行っています。お稽古から帰ると家で押し洗いをして…。
仕立てもとても丁寧で、自分の寸法に合っているので、とても着やすくて、着る度に愛着がわきます。いつか自分でも和裁を習いたいなあ、と思っているところです。」


本にもありましたように、仕立てはとても大切な工程なのですが、目に見えない部分なのです。
明美さまのように、お着物(浴衣)を着られてそこを実感していただく、というのは本当に嬉しいことです。

今日も、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

西日本新聞掲載

3b11b45b.jpg今朝は嬉しい出来事の予定でしたので、いつもより早く目が覚め、コンビニで新聞を買うのを楽しみにしていました。

と申しますのも、過日は熊本日日新聞で、小生の本が紹介されたのですが、今回は、九州でトップシェアの「西日本新聞」の本日15日付の朝刊24面、「火の国リポート・熊本」という所、に大きく紹介して頂いたからです。

見出しは、「着物だけで生活」宣言17年 ユニークな生き方 本に ということで、夢は「着物を通して熊本を元気に」と書いてあり、『「多くの人に普段着として着物を着てもらい、日本の素晴らしい着物の文化を後世に残していきたい」と話していました。』

…と文を綴ってありました。
取材を頂きました、ライターの古田幸子さん、そして熊本総局長・藤井千佐子さん始め、皆様のおかげで、このような形で光を当てて頂きました。
田舎者でも、実体験を通しコツコツ学んでいけば、認めて頂く方が増えてくるのですね。
言葉にならないほど、嬉しいです。
本当にありがとうございます。

しかしながら、拙者の本が誕生して、まだまだ40日ほどです。
まだ、首も据わらず、抱っこされミルクを飲むのが精いっぱいの状態ですぅ。
皆さまで、美味しいミルクをたくさん飲ませて、この本を大人にして下さいねっ。
「きもの宣言」を熊本県民の方々や、きもの愛好家の方々が育てて下さい。

有難いことに中には、付箋をしてお読み頂く方もあり、もったいないことですがサインをおねだり頂いたり、また「読み返すたびに味わいが違う」というお声も頂いていますが…、やはり皆様の手で、「きもの宣言」という本を一人でも多くの方にお読み頂きますよう…、お口添えいただけませんか。

そして、日本を「文化の街日本」に蘇生しようではありませんか!
この本は、「生き方と文化がいっぱい詰まった本」です。
文化を、きもの文化を残さず、後世の人々に何を残すのでしょう!
「自然を残す!」それも大賛成です。
じゃ、自然と文化と日本人の心を残しましょう!!

ぜひ、あなた様、お一人お一人のお力をお貸しくださいませ。
                  染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫



追伸:
チト、力が入りすぎました。ごめんなさい。
今日は、川尻で花火大会、山鹿では灯篭祭り、西に東に名残の夏を楽しむ機会がたくさんあります。
どちらも渋滞が予想されますので時間には余裕をもって、そしてお時間取れたら、和の國へもお出かけ下さいねっ。

鬼灯。

b150ee61.jpg皆様こんにちは。
和の國スタッフ、渡辺です。

明日はお盆で親戚で集まる家も多いのではないでしょうか。
そういえば、今年の京都大文字の送り火は丁度日曜でございますね。
高層ビルも増え、五山全ての送り火が一同に見れるところが少なくなっております今日。花火大会同様、多くの建物の屋上が大人気の日でもございますね。

さて、和の國にも只今かざっております「ほおずき」。こちらもお盆飾りの代表格でございます。
感じで書くと『鬼灯』。盆花であるだけでなく、盆提灯に見立てることができることからこのような文字も書くとか・・・。
7月に開花時期を迎えますほおずき。7月盆にも8月盆にも使うことのできる先人の知恵でしょうか。

小さい頃には中の身を揉み解して、笛を作ろうと毎年挑戦しておりましたが、未だに成功したことがございません。
成功する秘訣をご存じの方は、ご一報くださいませ。。

これから代表と共に「言葉の学校」へ行って参ります。
何気ないことではございますが、教わると今まで自分は何を喋っていたのだろうかと恐ろしくなるものでございます(^^;)

本日もありがとうございます。
 和の國スタッフ:渡邊綾子

自分との戦い?

恥を忍んで・・・。
一昨日、昨日と飲み会があり、実はその後同じルートで、焼酎バー「天真爛漫」〜、一杯のかけそば「五木や」というルートをたどりました。

二日間、夜な夜な?ではないけれど、外出(夜更かし)していたので、今日はまだその余韻か、眠くありません。
体質改善ならいいのですが、チト違った夜型人間になりそうなリズムで、今・お腹空いてきました。

そこには、「たまには」とか、「お盆だから」だとか、都合の良い甘い言い訳をしている…もう一人の、意志薄弱の國さんがいますぅ。
「本(きもの宣言)が出来上がれば、失明してもいたしかたない」…という意気込みで走り続けてきたので、ほんのチョッと「空蝉(うつせみ)状態」になったかもしれません。

これもまた煩悩の一つでしょうが、他人に優しく、自分に厳しい人生を送れるよう…、そしてまた「成功への第一歩は、明確な目標を持つことから」と言われるように、明日の「早起き」から再トライしてみます。
何でも、一からですよね。(これ極意かも…?)


おっと、起きれるかな?
そこが、頑張りどこです。 
誰か、陽の気に満ちた「朝5時」にお電話いただけませんか?   冗談でなく、本気です。 
でる努力しま〜す。                  茨木國夫拝


和が広がっています

7ce2bd6d.jpgこんにちは。
スタッフの吉田です。

先日より、和の國の「和」のお話をさせていただいていたのですが、今日もまた、うれしい「和」が広まりつつあるお話がありました。

午前中、いらして下さったお客様は「素敵な方なので、ぜひ、和の國さんにお連れしたくて」と、本当に知的でゴージャスな雰囲気のご友人とご一緒でした。

お友だちの方も「この雰囲気大好きです」と和の國のお店の雰囲気やディスプレイをお気に召していただけたご様子で、前に出すぎない本物の輝きをもつ菊池洋守さんの色無地や洛風林の帯などをご覧いただき「モダンで素敵」と仰っていただきました。

午後からは、和服が大好きな雅子さまが、同じように和服が大好きなご友人に「きもの宣言」の本と、マメ本を送りたいので、とお見えになりました。

メールを通じて交流を重ねているというご友人の方は名古屋の方だそうで「その方にもぜひ、ご主人のことを紹介したいんですよ」とのこと。和服好きどうし「絶対、和の國さんを好きになられそう」と感じていらっしゃいます。

「和の國」を広めて下さる皆様に、心より感謝しつつ、和の國らしいあたたかい人と人のつながりにも、改めて感謝いたします。

今日もありがとうございました。

スタッフ 吉田稀世




ビアガー電(車)

ef91da3e.jpgおはようございます。
お盆の13日、いかがお過ごしでしょうか?

小生は、昨晩「ビアガー電」という市電に乗って夏の夜を満喫し、暑気払いをしてきました。
夕刻の午後6時半に電報局前を出発し、健軍終点〜電報局前(トイレ休憩)〜神熊本駅(トイレ休憩)〜電報局前というコースをたどります。
30名近くの定員で、完全持ち込みのビール・焼酎・ワインなどを飲みながら美味しい料理に舌鼓と打つという企画でした。

私は、お茶の関係で案内を頂いたのですが、電車の中は窓を向いて座るように設置されていて、見なれた風景も一段と美しく情趣たっぷりでした。

…と言いたい所ですが、最後のトイレ休憩所(上熊本駅)でトイレ休憩をしなかったので、それまで飲んだビールなどが溜まってきて、どうしようもなくオシッコをしたくなりました。
景色も見るのも、「ココは今何処だから、あと終点までもう少し!」というような価値観に変わってきました。
「一人だけ電車を止める訳にはいかないし・・・。」 トホホ

無事、ゴールにたどり着いて用をした時のそう快感といったら、それはそれは・・・。
たしか、3分ほどオシッコが出続けたのではないかと思いました。

そんなこんなで、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。?

お店は、平常通り営業しております。
近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
いつもありがとうございます。                 茨木國夫 拝



追伸:
一昨日は、ホテル日航熊本で「栗谷利夫先生のパーティ」、そして昨日と出かけていたので、お墓参りを済ませ、九夏三伏をゆっくりと過ごしたいものです。
記事検索