2009年08月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

来春のコンサート♪

56bbf84b.jpgこんばんは。和の國スタッフ、渡辺です。

本日もよくわからないお天気・・・。日傘か雨傘か、毎日悩みます。

来年の事を言うと鬼が笑う――とも申しますが、来年1月のコンサートに向けて動き始めております。来年と言ってもあと5ヶ月後なんですが。。

本日は、熊本市民合唱団「ユーゲント・コール」に所属されています愛路先生がいらっしゃって、コンサートの打ち合わせがございました。
先月のコンクール熊本大会で金賞をとられている実力派の「ユーゲント・コール様」
有難いことに、来年のコンサートにご出演頂けることとなりました!

前回のコンサートとはまた少しだけ趣向を変えて、1部は合唱団の方々の素敵なハーモニーを楽しんで頂き、2部はプロの歌声に酔いしれて頂けるように構成をしております。
ご出演の方々のご紹介なども少しずつ上げていきますので、またどのようなメンバーになるかは今後のお楽しみということで(^^)

とき:2010年1月24日(日)夕刻で予定
場所:熊本県立劇場コンサートホール

客席までも一体となるような、楽しく素敵な会にしていきますので、皆様スケジュールを空けて素晴らしい歌声を聴きにいらっしゃって下さいませ。
今後アップしていきます詳細もお楽しみに♪


さて、今頃代表は稀なる体験(?)をされているはず・・・。
熊本中心部を何往復かされているのでは・・・と勝手に妄想しておりますが。代表、如何ですか?
皆様、この後のブログもお楽しみに(^^)

本日もありがとうございます。
 和の國スタッフ:渡邊綾子

笑顔で暑さもどこへやら?!

1633b155.jpgみなさま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日はあまりの暑さのせいでしょうか、蝉の鳴き声がいつもより少なく感じられました。

そして暑い中、爽やかで可憐な笑顔と共に、範子さまがいらっしゃって下さいました♪
今、和裁を習っていらっしゃいます範子さま。今回は小さなお子様用の浴衣をお仕立てされるとのことで、可愛いうさぎ柄の浴衣生地をお選び頂きました。

和裁は縫い目が見えないようにお仕立てをする。そんな何気無い気配りと美しさがあったり、また、着ることで身のこなしや気持ちまで変わるところに着物の良さを感じました・・・とお話をして下さいました。
見た目も内面も美しい方は、矢張り美意識が違いますね・・・。

私も近々和裁を習いに行きたいと思っておりますので、和裁の話は勿論、内面の美しさも学ばさせていただきたいと思います。
心のきれいな方にふれて、纏わりつくような暑さも吹き飛んだような午後でございました(^^)


昨日今日と、台風の影響で大雨だったり、駿河湾沖を震源に地震があったりと、各地で災害が続いております。
自然のことですので、本当に予想だにしないことばかりではございますが、皆様お気をつけてお盆休みを元気に迎えられてくださいませ。。

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

和の國のひろがり

0c0fbdb7.jpgこんにちは
熊本の夏を満喫中のスタッフの吉田です。

暑さで動きも鈍くなりそうな日々が続きますが、
和の國は、ますます多方面に活躍の場を広げています!

私自身、先日より、代表の本の作成やPRに関わらせていただき、
また、代表が携わっているハンガリー協会事務局のお仕事を手伝わせていただいたり、代表の発案による 熊本県のブランド「火の国染め」の立ち上げに関わらせて頂いたりと、その勢いに乗って(流されて?)成長できれば…と思う日々を送っています。

お店に飾ってある、姫ひまわりのように、明るく元気に、さわやかに頑張ります!!

今日もありがとうございました。
スタッフ 吉田稀世


思い出の浴衣

1b86a474.jpg今日はてつこさまが、お茶会にご出席ということで、浴衣のお着付けにいらっしゃいました。
お話をうかがうと、「毎回同じ浴衣というのも気が引けて、今回は嫁ぐ時に母が誂えてくれた浴衣を着ることにしました。」と、久しぶりに思い出のある浴衣を出されたそうです。

手まり柄の紺地の浴衣で、20代前半には愛らしい印象の柄も、年齢を重ねられた今では、粋な雰囲気を醸し出しています(お写真ご覧くださいませ)。
その年代に寄り添うように、優しく身を包んでくれるお着物(浴衣)。月日が経っても飽きがこず、新鮮味さえ感じられるようなお着物を、私も選びたいと思います。

てつこさまは、いつお見えになっても、楽しそうに生き生きとされています。
何人かいらっしゃるお孫さんのうち、水泳でインターハイに出場するお孫さんが、雑誌のイケメン特集でNo.1に輝いたそうで、「孫たちと過ごすと、若さとパワーをもらうのよ。話していると、私も同じ年代になったような感覚で、不思議と話が合うの。」と、嬉しそうにお話しされました。

交友関係の広いてつこさまには、いつも大変お世話になっているのですが、ご家族との時間も大切にされる、温かくて、慈愛に満ちた、私の理想とする女性なのです。

今日も、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

宣言仲間登場!

a51e1f84.jpg嬉しい報告です、聞いて下さい。
「きもの宣言」仲間が増えましたよぉ〜。
小生は「年中きもの宣言」ですが、慈愛に満ちた澄子さまは、「月3回きもの宣言」をなさるそうです。

今から、どんな灼熱の夏が迎えてくれても、氷河期のような冬がきても、一生月に3回はおきものをお召しになるそうです。!(^^)!
「くくり」は少々違っても、同じ宣言仲間です。
「きもの仲間」そして、「宣言仲間」が増えて、と〜っても嬉しいことです。

あなた様も、「小さな宣言」から初めて、「ミラクル(奇跡)」を起こしませんか?
共に生き、共に学び、そして、一度っきりの人生、楽しみましょうねっ。

お店は通常通り開けていますが、今から県立劇場にて「テアトル・リリカ熊本 サマーコンサート」を聴きにチョッと出かけてきます。
また夕方は、横手のお寺さんでの夜市にも顔だしてきます。

それでは、行ってきま〜す。
                               きもの宣言 茨木國夫

おてもやん♪

28712725.jpg皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡邊です。

昨日の花火はとっても綺麗でございましたね(^^)

そして本日は、初めて観て参りました、火の国祭りのおてもやん総踊り。
参加されている方々はとっても楽しそうでした!! 
藤崎宮秋の大祭の随兵行列とはまた違った風情ですね。
本日受付での飛び入り参加も出来たそうで、その方々の人数も多かったのにはびっくり致しました。

火の国祭りでは見たことなくても、踊りは知っている「サンバおてもやん」。
小学生の頃に急に運動会に取り入れられて、それから毎年のように踊っておりましたが、果たしていつからあるのでしょうか・・・?
きっと熊本人なら踊れるものだと思っていたりしますが・・・どうでしょう。。

昨日、本日と、沢山の浴衣姿の人を目にしました。浴衣の柄もさることながら、着方も色々でございました〜。
男性の浴衣姿も結構多く、また小さいお子様の浴衣姿は大変可愛らしかったです☆
やっぱり、和服姿は良いものですね(^^)

まだまだ夏はこれからですので、まだ今年は浴衣を出していないわ、という方は是非袖を通されてお出掛け頂けたらと思います♪

また、本日は甲子園の開会式でもございました。
熊本代表の熊本工業高校の野球部員も胸を張っての堂々たる姿でしたね。
初戦は、3年前と同じ三重高校とのこと。
最後まで白球を追いかける勇姿、応援しております!

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

納涼花火大会。

e3113f44.JPG皆様こんにちは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は火の国祭り納涼花火大会ですね♪
電気ビルの界隈でも沢山の浴衣や甚平姿の方をお見かけしています。
晴天にも恵まれ、湿度もさほど無いので満開の花火を見ることが出来ますね。

さて本日はその花火大会の前に、今日子さまが浴衣の着付けでお越し下さいました。
黄なり地のゆかたがとってもお顔に映え、雑誌のモデルさんかと思う美しさでございます!! 立ち姿も笑顔も品格がにじみ出ておりますよね。
同じ女性として羨ましい限りでございます。

某会社の受付接客をされているそうで、そちらの会社に足を運ぶと今日子さまの素敵な輝く笑顔がご覧になれますよ(^^) 
今日子さま、お盆もお仕事がんばって下さいませ☆

さて、花火大会まであと3時間を切りました。
私も久しぶりに観る火の国祭りの花火大会ですので、とっても楽しみでございます。
そして、明日はメインのおてもやん総踊り・・・。こちらは未だに一度も観たことがなかったりします。。 明日が初見となるかもしれませんね。

皆さまもまだまだこれからの各地のお祭り、めいっぱい楽しまれてくださいませ。
そして、マナーは大切に・・・。

本日もありがとうございます。
 染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

謡と仕舞の初級コース

aab05888.jpg空を見上げると、青と白の芸術祭が行われていて、こんなに輝いている青空と雲は、いつぶりかと思いを馳せております。
雲と青空と風のハーモニー…。
本当に素晴らしいもので、何時間眺めていても飽きがごず、私の心も強く大きく豊かにしてくれます…。

今日は、二十四節季の一つ「立秋」ですが、一年では最も暑い頃です。
先ほど、車で出かけたら、車についている温度計は、体温より少々高い37度でしたぁ〜。
何事も、暑さに負けず、頑張らなければなりませんねっ。

さて、今日は、「謡と仕舞の初級コース」が午前10時から和の國で行われました。
画像は、「鶴亀」を歌っている時ですが、その後、お仕舞の歩き方、扇のかざし方などごく基本的なことを、しっかりと反復練習し学ばせていただきました。
(もちろん講師は薬師堂隆子さんで、来月のお稽古日は、9月11日(金)午前10時〜です。)

やはり、基本ってとっても大事ですよね。
利休百首にも、
「稽古とは 一より習い 十を知り 十より帰る 元のその一」
とありますが、基本を大事に、常に初心を忘れないことって人生の原点のようなそんな気がします。

今夜は、熊本市では午後8時より「花火」が大空に打ち上げられます。
夏の夜空を、心豊かに彩ってくれることでしょうねっ。
私たちは、生まれて初めて親孝行、家内のご両親と茨木家の両親と一緒に「KKRホテル熊本」の4階の和食処「まつり」で食事をして、花火を見る予定です。

よくよく考えたら、両家両親に私達を加えた6人で食事するのは、20年前の結納以来かもしれません。
両親が現存している間に、「親孝行なるものを」と思うようになったのは、6年前の母の交通事故からでした。
(一緒に救急車に乗って行った時は、一時は××かとも思いましたが、奇跡の復活劇でした。)

「親はいつまでも元気でいるもの。」「何でもしてくれるもの。」という価値観を完全に覆してくれた出来事のおかげで、今があるような気がします。
良いことも、悪いことも、みんなその時必要なのですよねっ。
いろんな学びに感謝です。
                 染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫 拝

夕日…。

67d646bd.jpg閉門にも間に合い…、
夕日にも間に合いましたぁ〜。
モネも天空で、ほほ笑んでいることでしょう。

熊本城より望む…東西の空(川尻方面)です。
いつもお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
今から、会合行ってきます。    ふっ
                          いばらきくにお

熱いもんね〜。(あ、つい〜モネ!)

7b473917.jpg和の國ブログをご覧の皆さま〜こんにちは。
いきなり、ダジャレタイトルでごめんなさいです。
寒くなりませんでしたか??

さて、待ちに待った…抜けるような青空!
雲の峰も勇壮で、カッコいいですよね。
大パノラマを見上げるだけで、心豊かに心大きくなります。

やはり、大自然って素晴らしいです。
そんな自然を尊び、自然をお師匠さんとしていた「クロード・モネ」の作品展が、「熊本市現代美術館」で行われていたので、チョッと出かけてきました。
タイトルは、「花・風景」展で、それにふさわしい展覧会となっていました。

モネの作品も、北九州美術館で出会った…割と紫ベースの色調の味わい深い「睡蓮」の作品と、アサヒビールの大山崎山荘で出会った…「睡蓮」、それにたまたま箱根のポーラ美術館で出会った「国会議事堂・バラ色のシンフォニー」と、再会することが出来ました。

びっくりやら嬉しいやらで、絵画もにっこりとほほ笑んでくれました。
特に、大山崎山荘に展示してある「睡蓮」より、こちらの方が展示がシンプルで見やすかったです。
設計の安藤忠雄氏、ゴメンナサイですが、これは私の所感です。

やはり、一流の物は素晴らしいです。
見飽きもしないし、見れば見るほどその魅力がどんどん膨らんでいきます。
まさに、人間もそうですよね。
「そのような魅力ある人間になるよう…私も努力を重ねなければ!」と肝に銘じた次第でした。

何やら、シャバは選挙カーで賑やかになってきますが、水の音に心寄せ、雲の動きに目を細め、涼風に心休めるような…自然礼賛出来る人物にならなけらばと、これまた自分自身に言い聞かせた次第です。


明日は、「立秋(りっしゅう)」ですが、これから夏本番です。
どうか、体調など崩されないよう…ご自愛下さいませ。
冷房も良し、されど冷房なしの生活も良し。
自然に身を任せ…、首にタオルを巻いて、元気に頑張りましょう!!
(すみません、これ私そのものでした。首のまわりが浴衣にべたっと肌とくっつかないよう…そこにタオル入れています。!(^^)!)
                           茨木國夫 拝


追伸:
昨晩は、英語のレッスン日でしたが、今夜は、熊本電気ビル商店会の会合が午後8時からで、まだまだ長い一日となりそうです。
ふと、モネの「日の出」の風景画が浮かんだので、今から熊本城の天守閣に登り熊本城から見る「夕日」を見てきます。
急がなきゃ〜。

日中こども書画展

0c343468.jpg昨日、「梅雨明け」宣言が出て朝は割と爽やかだったのが、熊本の「梅雨明け日」らしい、じわ〜っとだらーと汗の一日?になりました。
お変わりございませんでしょうか・・・?
この汗も、かえって新陳代謝が良くなり有難いですよね。

一昨日ドバイから帰ってきた知人は、「日本は過ごしやすく、涼しい。」と言っていましたが、何でも経験を積む、とそれが比較対照になるからいいですよねっ。
「日本は、涼しく、過ごしやすい!」
これを合言葉にしましょう。(^o^)/


さて、私も負けずに、今日は【タクシーの日】です。
1912年のこの日、東京の数寄屋橋のタクシー自動車株式会社が日本で初めてのタクシーの営業を開始した事を記念にタクシー業界が1989年に制定しました。
今日では多くのタクシー会社が街を走り回っていますが、日本初のタクシー自動車株式会社の開業時はなんと6台で運営をしていたそうです!

ハイ。
ところで、昨日は「福岡市美術館」で開催されている「2009日中子ども書画展」を見て、その後JALシーホークでそのパーティに参加してきました。
絵画も素晴らしいのですが、特に目を見張るのが、中国の子ども達の「書」が素晴らしく、達筆であるということです。

弘法大使も真っ青ということはありませんが、凄かったです。
中国はご存知のように、「かな」や「カタカナ」がなくすべて漢字の文化で、幼少から目にし書きなれているといっても、小生が一生かかっても書きえない文字のバランス、力強さなど…正直驚きました。


今日は、「心静即身涼」(こころしずかなればすなわちみすずし)。
つまり、「こころが静謐であれば身体も清涼である。心頭を減却した心身一如のところ。」という禅語の心境なら良いのですが、今日は満月というのに、お客様は雲隠れでした。
美しい虫の音は数件…。
皆さま、何処へお出かけなのでしょう。ウッ。。。


しかし、有難いことに「【きもの宣言】という本を出版し、頑張っている。今ホットな人物だ!」ということで、某新聞社より先ほど取材を受け、今月の8日に掲載予定だそうです。
7月7日に出版し、タコの日・おっと末広がりの8月8日に記事にして頂くなんてこんなに嬉しいことはありません。
何かのご縁、運命さえ感じます。な〜んて。

重陽の9月9日には、どんな出来事がまっているのでしょう。
ふと、
「7・8・9」の数字がちりばめられている…
「いにしえの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな」
…が頭をよぎりました。
数字が重なり増えていくように、良いことも、どんどん重なり増えていきますように…。

いつもお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
                     茨木國夫 拝


追伸:画像は、「日中子ども書画展」です。
躍動感溢れる図録も、当和の國に置いていますので、涼みがてらにお出かけ下さいませ。
心より…お待ち申し上げます。




読者のひろば

878ac6c3.jpgおはようございます。
昨日は、お店は「きもの教室」。
私は、お茶のお稽古、そしてお昼からは当和の國で「熊本県ハンガリー協会」の事務局をお預かりしていることもあり、「運営理事会」にスタッフの吉田共々参加してきました。
なにやら、そちらの方も、忙しくおっと楽しくなりそうです。

今日の画像は、小生の本の「目やすめに」ということで掲載させて頂いている「はがき絵」のお師匠さん「後藤久美子先生」から頂いたお葉書です。
「きもの宣言」の本についてのお声を沢山頂いていますので、まとめてご紹介させて頂きます。

また、アマゾンでも取引が始まると同時に売れ始め、追加注文がどんどん舞い込んできています。
ぜひ、あなた様の手でも「きもの宣言」の本を育て、世に出して頂けませんか。
心からのお願いでございます。
今日は、いろんな方々から頂戴した「読者のひろば」に、お茶でも片手にしばしお付き合い下さい。


━━━━━━読者の広場━━━━━━
◆「きもの宣言」をありがとうございました。夫共々楽しく読ませて頂いています。本当にお疲れ様でした。本の中で、鶴屋の作品展で好評だった「はがき絵」にも出会って嬉しくなりました。これからも前向きにチャレンジしていってくださいね。
出版おめでとうございます。 後藤久美子先生



◆國さんの物事に対する考え方や家庭を大切にしている姿などを見させてもらっていると、お子さん達が優秀かつ真っ直ぐに成長されるのもわかるような気がします・・・。
本を読んだ友人が「やっぱり成功している人は考え方が違う!信念が凄い!」と絶賛してましたよ。私もプレゼントした甲斐があったと嬉しかったです。



◆(印象に残ったところ)
ごんぎつねの帯がすてき! きものパワー…お葬式に行かれたときのエピソードは光景が目に浮かびました。 名前を愛するということ…確かに納得

(ご感想など)
とても読みやすく一気に読破してしまいました。行間から「感謝と謙虚」がにじみ出ていて頭が下がりました。有言実行されてあるところがなにより素晴らしい。私もできるところからひとつやってみようと思いました。そして、やり続けるということ。刺激をありがとうございました。すこしでも近づけるように私も頑張ります。第2弾も楽しみにしています。


  
◆素晴らしい内容で、とても勉強になります。文章も上手ですね。思わず引き込まれます。毎月送られてくる「和の國便り」もいつも楽しみにしています。本当に初出版おめでとうございます。今後も楽しみにしています。




◆なかなか着物を着る機会のない私にも、「やはり着物ってすばらしい!!」と思える一冊でした。ありがとうございました。



◆実のところあまり期待はしていなかったのですが、大変、興味深く読ませていただきました。一つの道を貫くというのは、何にしても尊いものですね。他にも幅広い趣味や、菊池のお話等深い日本語の教養に裏打ちされたものと感じました。



◆産みの苦しみが大変だったのでは・・・と拝察しています。苦しんだ価値は十分あります。読み始めたら、止まりません・・・。大変引き込まれる内容で、また、「着物を着たい〜」と思わせる内容です。いろんな方と出会いがあり、昔ながらの伝統を守り抜いていらっしゃる方々との素晴らしい交流は、何ものにも代えがたい宝物ですね。
努力を惜しまない姿に、神様がいろんなプレゼントをくださったようにも思えることが感じられる場面がいろいろありますね。思いの強さが行動となり、行動することによりいろんな気づきがあり気づきにより新しい進歩があるのだと感じました。そして、中のしおりがおしゃれ! 宛名ラベルが手書きなのも素敵。
やはりいろんなところに工夫がされているな・・・と教えられること大でした。とても良い本です。

知り合いの方にも差し上げたいと思いますので、5冊ほど、振込用紙と一緒に自宅に送ってくださいませ。これからも國ちゃんの行動から目が離せませんね。私も良い刺激をいただいたので、本物を見極められる目を養います。ほんとうにありがとうございました。 そして、お疲れさまでした。良い子が世の中に生み出され、これからよちよち歩いていくのを温かい目で、そして楽しみに見守ってあげたいと思います。



◆さすが!!凄い!!努力家と感心しながら私の発奮起爆剤になりました。益々のご活躍を期待しております。メール配信も楽しみにしています!!



◆御出版、本当におめでとうございます。忙しいのに、よくここまで頑張りましたね。早速拝読致しました。思い切って洋服を捨て、一生着物でと覚悟を決めたその決意、そしてやり抜こうと努力していく中での様々な苦悩や人々の励ましに奮起する姿等、読みながら胸打つものがありました。時には楽しいエピソードに笑いながら…。
日本文化の継承をと、いろいろなことに挑戦し、自分のものにしている貴男のやる気、根気に頭が下がります。さすが國夫君です!!

これからも自分の信じる道をまっすぐ歩き続けて下さい。「一以貫之」です。影になり日向になり支え、応援して下さっている御両親そして強力な助人、ゆり奥様や二人のお子様方に感謝しつつね。今年の夏も厳しい暑さになりそうですが、お身体ご自愛下さい。末筆乍ら、皆様方にもよろしくお伝え下さい。尚、ほんの気持ちばかりの品、お祝いにお届け致します。ご笑納下さい。 かしこ



◆マメ本の時と比べるとずいぶん格が上がりましたね。表現もとても柔らかくて。ご主人はすごい人とは思っていましたけど、こんなにすごい方とは…。



◆先日は、國夫社長渾身の力作「きもの宣言」を送っていただきましてありがとう御座いました。先ずは記念すべき和の國出版初版「きもの宣言」の出版おめでとう御座います。國夫社長の実行力と多彩な才能に、あらためて感心させられております。
早速拝読いたしましたので、是非感想などをお伝えしたくお手紙差し上げました。
悲喜こもごも織り混ぜた心に染みる内容に、時の経つのも忘れ一気に読み上げてしまいました。特に自の章では、國夫社長が「きもの宣言」をされた直後の苦悩や格闘振りがユーモアたっぷりに描かれており、社長のお人柄や哲学があらためて理解できたような気がします。

そして話題は、灯の章の和の國誕生へと続き、楽しく物語が進む内容は読み物として中々の構成だと思います。また、話の中には“きもの”や“美”に関する様々な知識が読者に押し付ける事のないようにさり気無く散りばめられており、この本をひととおり読めば、きもの文化の素晴らしさについて、自らも語れるようになった気がします。読者の皆様が、この國夫社長の生きざまと経験に培われた哲学が見事に描かれた「きもの宣言」を読めば、より一層“國夫ファン”が増えることは請け合いだと思います。もしかすると、次なる出版の構想も既にあるのではないかと思いますが、こうした執筆活動は社長の思いを広く社会に伝える非常に有効な手段だと思います。中々大変な作業とは存じますが、次回作品を拝読できることを楽しみにしております。またその際には、奥様や御家族の皆様にも筆をとって頂くと、益々楽しい読み物になるのではないでしょうか。



◆國夫様の想念が形と成りて 和の國が光り輝いています。



◆「きもの宣言」の刊行おめでとう。七月十九日付熊日の熊本の本紹介でも拝見しました。着物への想いが伝わる名著ですね!「一隅を照す」の言葉がぴったりです。
ますますのご発展を!



◆空梅雨と思っていましたら、約束の雨量は降るようでございます。先日は「きもの宣言」ご本頂戴致しまして有りがとう存じます。一冊にまとめられた社長様のご苦労は数知れませんが、支えられたゆり奥様の内助・外助の功に拍手をお送りしたいと思います。
十八日に博多座へ行くのに早々とミニきもの宣言をしてしまい、連日のムシムシジリジリに意志薄弱な私の事「やはり洋服で」と小さな声を出そうとしましたが…、ゆり奥様の涼やかな着姿が目の前を行ったり来たり、私に二言はないと言い聞かせ、上級の知人と二人お着物で行って参りました。予想外にすずしいものですね。
余談ですが何年後かには養蚕をされるのは皇室だけになるのでは、との新聞の記事がありました。遅れ馳せながら御礼まで。



◆この度は、「きもの宣言」御出版おめでとうございます。早速読ませていただき、茨木社長様のご人格すばらしい日本人としての美意識を感じました。
所々の文章に想い思い通じるところがたくさんあって、お目にかかってお礼をと思いますが、今、自分自身の不注意でけがをして、リハビリ中です。出版祝賀会のご盛会をお祈り致します。まずはお礼まで。



◆(印象に残ったところ)
葬儀での着物の話。きもので仕事をし始めて、2年半超になりますが、葬儀だけはまだ着物で出席したことがありません。本書でのエピソードはとても参考になりました。男性の「しずかなきもの」は難しいですし、これからの私のテーマでもあります。

(ご感想など)
たいへん読みやすく、一気に読んでしまいました。
共感できることが多く、夏のきものの場面(私も暑がりなので)は、特にうなづいてしまいました。
「365日、24時間、きもの」ということが素晴らしいです。私はまだそこまで出来てない状況です。これからも「きもの宣言」を貫いて戴いて、色々教えて下さい。
ご主人のワードローブや1年間過ごす為に必要なもの、工夫などのテーマの本も期待しています。私のことも記載して戴き、ありがとうございました。 藤井浩一様



◆手に取るなり、一気に読み終えてしまいました。着物に対する心意気が十分に伝わってくる素直な文体! お人柄でしょうね。今後の活躍が知りたくなる、期待したくなる…私にとって、そんな「きっかけ本」になりました。



◆(印象に残ったところ)
洋服を捨て、きものだけの生活を17年も前からされているとは…すごい!!と思いました。きもの姿を想像すると、確かに結婚式では新郎にまちがわれそうだし、夏の暑い時やレクリエーションの時などは困るのでは…と納得しながら楽しく読みました。また、きものの効用やきものパワーも、そうなんだーと魅力を感じました。

(ご感想など)
ともかく読みやすく、一気に読みました。本を出版されるのもすごい!!と思いましたが、読んでいくうちに、日本や世界も…また百年、千年後も考えられているスケールの大きさに感動しました。私も、自分にできる小さなことをちょこちょこ見つけて、実行してみたいと思いました。ありがとうございました。



◆茨木國夫さま・ゆり様へ この度はご本の出版、誠におめでとうございました。心にしみ入る感動いっぱいの17年でございました。(まさに本物からしか感動は受けない!!与えられない!!でございますね)“継続は美” 目にみえないものの積み重ねが“美”を作る…そんなお二人のお姿を想いうかべております。
これからもお二人の時間を大切に!!という気持ちもこめ、別便にて心ばかりのお品をお送り致しました。これからも宜しくお願いします。



◆(印象に残ったところ)
きもの宣言から始まり、身を持ってきものと向き合われている、そして着ていい物を追及されているとこが印象に残り、また感銘しました。
(ご感想など)
きもののみならず多方面への関心と教養、これまで歩まれた道のりがひしひしと伝わりました。 自灯明、私もあこがれます。思いがけなく、本が到着した日は、素敵なサプライズで、すぐ読みはじめました。それも一気に。 ありがとうございました。
              


◆先日は、この暑さを吹き飛ばすようなさわやかな御本を頂きまして有難うございました。お便りや通信などで大変ポジティブな御仕事をされていていつも感心しておりました。私も箏やお茶、日舞と何となく着物に関わる趣味を持っていて着る楽しみを持っているのですが。今後も多方面からいろいろご指導お願い申し上げます。御上梓おめでとうございます。
                    


◆(印象に残ったところ)
家族の和、やはりこれですね。暖かいそして心の通じた一家の姿が想像されます。健互君と約束して禁煙したのも印象的でした。

(ご感想など)
美意識を追求され、一貫してきもの宣言について記述されており、一気に読みあげました。能楽茶道、美術鑑賞と幅広く修業され、人間形成に努力された姿に敬服です。茨木家、そして和の國の繁栄を祈るのみです。



◆着物をまとうことで日本文化に思いをはせ、実行に移してゆくパワーが、本当に素晴らしいと思います。4月末に、実家の母が彼岸に旅立ち、残した着物は「いばらぎ」さんのたとうしがたくさん有りました。残された母の着物もきる機会を増やしていきたいと、ご本を読みながら思ったことです。メールでのお礼を、お許しください。



◆出来上がりを見るために手にとりましたら、引き込まれてあっという間に全部読んでしまいました。装丁も、お店のしつらえに合わせたようにシンプルで、品が良い仕上がりになっておりますね。とても読みやすく、内容もとても面白いので、多くの方に手にとって頂き楽しんで頂ける本だと思います。着物を着られている方は多く拝見しますが、ここまで徹底して成し遂げられる方は見た事も聞いた事もございません。お店のことにしても着物にしても筋が通っていて、頑張り抜かれることが全てにおいて通じるものがあります。本屋さんに沢山置いて頂けて良かったですね。ご縁を引き付けられることも魅力の一つだと思います。
 


◆ご主人は、夢をちゃんと実現されたんですね。すごいですね。「きものパワー」のところで、老眼になりかけたのにまた戻った、と書かれていたので驚きました。私も草履や下駄を履こう、と思いました。まだ半分しか読んでいないのですが、後半が楽しみです。



◆いつもちょっとしたプレゼントには、和の國さんの所のお香を使わせていただいてたんですが、これから、プレゼントはこの本にしますね。
「熊本国際民藝館」でも置かせてもらったらいいんじゃないかしら?



◆(印象に残ったところ)
洋服との別れ・一言千金・茶道の学び・等々全てです。地元菊池も大切になさっていてそして世界への飛翔、がんばって下さい。
(ご感想など)
いっきに読みあげました。ありがとうございました。文章も読み易く、なんのていらいもなく書かれていて感動いたしました。にんげんは一生勉強していくものだと、改めて肝に銘じさせて下さいました。茶道のお稽古を通じて、着物を毎週着ることによって、心身共に成長していくような気がいたします。



◆すごいですね。ご主人の思いが伝わりました。もう、あっという間に読んでしまいました。



◆本をありがとうございます。とにかく感激しました。すごいです。
和の國さんはいつ来ても、きれいにしていらして…、そういうことの積み重ねが大事ですよね。



◆執筆中のお姿をお店で何度か拝見したり、ブログでも色々と様子がうかがえて、ずっと頑張っていらっしゃるのを見ていたせいか、今日のご主人は、大仕事を一つ終えて、すっきりされたように見えます。本当に出版、おめでとうございます。



◆私も着物は好きで、これまでも色々と失敗しながら、大分学習しました。もう、間違ったものを買いたくはないです。



◆もう、本当に圧倒されました…。とても真似のできないことですね。



◆「きもの宣言」の著書も早速読ませていただきました。
高校野球のお話では、雨の中何時間も団旗を持ったままで立たれていたエピソードから 実直な性格は昔からなんだなあと、感心いたしました。
日本の美である着物をどんどん世界に広げていってください。期待しております。
それではこれから暑くなりますがどうぞ、お元気で。



◆「和の國出版」ってすごいですね。この本を読んで、当然、陰にライターがいると思っていたんですが、ご主人が書かれたなんて。大したもんですねー。私の句集もお願いしようかしら…。



◆(印象に残ったところ)
「何事にも挑戦」。本当に何事にも挑戦される茨木様の常に前向きな姿勢に感銘を受けました。「感謝と謙虚」の心、私も見習いたいと思います。

(ご感想など)
この度は「きもの宣言」のご出版、おめでとうございます。すばらしい本をいただき心より感謝致します。信念を持って日本人らしく生きていらっしゃるお姿には感動致しました。元気や勇気ややる気、そして日本人として、また人としての大切な心を教えていただきありがとうございました。いつも心あたたまるお便りをいただきありがとうございます。



◆この度は茨木様の十七年間の御努力の結晶である御本を誠に有難う存じます。大変面白く、また楽しく読ませて頂きました。今の世の中で特に異性が和服で通すことの難しさに改めて気付かされた次第でございます。茨木様の美を探究なさるお姿にも感心致しました。十七年間のこの御努力はこれから先も素晴らしい実のりを生み続けると確信しております。



◆謹んで拝読させていただきます。今後共日本の文化 きものの文化のため、御尽力いたしますよう心よりお祈り申し上げております。まずはお礼まで。芝崎重一氏



◆茨木様のお着物に対する情熱が迸って様が胸を熱く致します。何事に対しても努力を惜しまれず前進されますお姿に感服致しました。
私も一昨年から民生委員の仕事をやらせて頂いて居りますが、なかなか奥が深く(?)毎日がその勉強みたいな事で、私なりに頑張って居ります。茨木様のご本を拝読しながら、偉大な息子様をお持ちのご両親様はさぞかしお喜びだろうとお察し申し上げます。益々のご発展をお祈り申し上げます。



◆エネルギーに満ち溢れ元気を頂いた気がします。私も経糸の通った人生を送りたい!! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ホッ、読むの大変だったでしょう。!(^^)!
お付き合いありがとうございます。
小生も・・・(^o^)/。

有難いお声を沢山に、本当にありがとうございます。
小生のエネルギーの元は、やはり「お客様のお声」です。
ありがとうございます。

今後も、読者の方やそして和の國ファンの皆さまにも「和の國と出会えて良かった」喜んで頂けますように…、開物成務(かいぶつせいむ)まではいきませんが、常に初心を忘れず、日々仕事を楽しんでまりいます。
そして、その仕事を楽しみながら、人間的にも少しづつ成長出来ればと願っております。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
最近、きものの話題が少ない(ご指摘有り)ので、そちらも意識して頑張ります。
                   染織工芸サロン 和の國     代表 茨木國夫








8(はち)3(みつ)の日。

皆様こんにちは。
和の國スタッフ、渡辺です。

束の間の晴れ間ももう少しかな?というような空の具合となっております8月3日の夕刻です。
電気ビルの周りでは、本日も元気に蝉が鳴いておりますが、本日は蜂蜜の日。

日本で蜂蜜が登場したのはまだ都が平城京の昔の様です。蜜蝋とはちみつはどちらが先だったのだろうかと疑問もございますが・・・。
個人的にも大好きなはちみつ。

糖の吸収が早くすぐにエネルギーに変換されるので、疲労回復効果があるようです。
スポーツの後は勿論、リラックス効果などもあるので、家事の合間や夏の課外で疲れている学生さんにもお勧めのものかと思います。美容効果もあるようですしね(^^)

はちみつレモンにしてみたり、ミルクに入れたり、豚肉に付けて焼いたり、果物やお野菜をはちみつ漬けにしてみたり・・・調理法も色々楽しめるます蜂蜜。
紅茶に入れますと、タンニンと鉄分が結合して水色が黒っぽく変化してしまいますが、味は変わりませんのでご安心を。

これからの暑い季節、働きもののミツバチにあやかって、夏バテ防止にも蜂蜜を口にするのも良いかもしれませんね♪


本日もありがとうございます。
  染織工芸サロン和の國:スタッフ 渡邊綾子

しめし灰作り

8538c403.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
涼やかな朝から、お昼間は夏本番の陽気となってまいりました。

今日は午前中、「しめし灰作り」を、ジリジリと焼きつけるような炎天下の本、汗だくになって頑張ってきましたぁ〜。
ただ今、ほんの少々、熱中症気味ですが・・・。

冬の時期に茶道で使う「しめし灰作り」ですが、この盛夏の時期が一番で、お天気がいいがベストコンディションなのでチト大変です。

まず下準備として、ゴミなどを取り除き、灰を洗ったあと、
1)ゴザに灰を干す
2)煮出した「丁子」を全体にかける
3)干しては乾かし、そして灰をほぐす
4)3回繰り返す
5)丸団子状に固め、コシキで灰をこし新しい灰を作る

防虫の役目をも為す漢方薬の一つ「丁子」の芳しい香りに触れながら、茶人の夏の風物詩を楽しんできました。
今年で4年連続4度目の参加…、正直熱かったけど、貴重な経験を積ませて頂きました。

太陽という自然のエネルギーを頂きながら、灰が生まれ変わるという物を大切にする心、茶人の叡智に唸らされたひとときでした。
                                   茨木國夫 拝

水の恵みに感謝です 

8月1日、今日は「水の日」だそうですね。
8月は1年を通して水を使う量が一番多い月であることから、月の最初に節水を呼びかける為にこの日を記念日としたそうです(国土庁(現在の国土交通省))。

水といえば・・・、熊本市では上水道の100%を地下水でまかなっているんですよね。
自然の浄化システムで、蛇口からミネラルウォーターをいただけるとは、何とぜいたくなことでしょう!

昨年、環境省が選定する「平成の名水百選」に熊本市から2箇所選ばれて、ますます人気が高まっているそうです。
選定されたのは、水前寺江津湖湧水群と金峰山湧水群で、どちらも市中心部からすぐに行ける所ですよね。

ふだん当たり前のように口にする、熊本のおいしい水。今日はその素晴らしい恵みに感謝して、じっくり味わって、大切に使いたいなあと思いました。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
和の國 スタッフ 鋤先美紀子

縁起がいいよ~っ。

0d891d85.jpgこんにちは。
8月1日、新しい月の始まりでございます。
良いですね〜。
月が変わって、身も心も新しく…
また、「初心」に帰って頑張ることが出来ます。

この暦を作られた先人に、感謝感謝です。
一日(ついたち)ということで、加藤神社にいったら、新郎新婦のご一行が記念撮影でした。
一日(ついたち)草々、縁起が良さそうです。
昔は、ジュンブライドなどと言ったのですが、盛夏の8月に結婚式があり、野外で記念撮影とは・・・。

お参りの人も結構見受けられたのですが、「蝉しぐれ」も凄かったです。
セミが鳴くから、「夏〜」を体感できるのでしょうか?
もしセミが鳴かない夏が来たら? どうなるでしょう。
それはそれで良いですよね。 ハイ
話が横道にそれてしまいました。 すみません。

お昼からは、「落語会」に行ってきました。
木村仁先生の「井戸の茶碗」、プロも顔負けで、本当に素晴らしかったです。
また、三遊亭王楽さん、三遊亭園橘さんも流石です。
笑いの渦に巻き込んで頂きましたぁ〜。


破顔一笑の後は、気合い入れて仕事です。
今月も、何卒よろしくお願い申し上げます。
今月は、「ブログ日々更新宣言」します。
何でも「宣言」しまくって頑張りますので、応援よろしくお願いします。
                 和の國 茨木國夫 拝




追伸:
いつも和の國ブログをご覧の皆さま、本当にありがとうございます。 手∩手
季節がら、どうかご自愛下さいませ。




記事検索