2010年04月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

國さんとお話しよう会

051aa717.jpg和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
金峰山の方を眺めたら、黄砂でしょうか、今日から上海万博が始まるので、そのお知らせにきたのでしょうねっ。

さて私は、昨日はてっきり「緑の日」と思って、朝から散歩に出かけた時、熊本城の緑を写し、よし今日のブログのネタはと一人悦にはいっていました。
そうしたら、いつの間に昨日の祝日が「昭和の日」となっていましたので、このショットは公表しないままかと思っていたら、昨日の夜は、下記のようなことがありました。


〜元気國さんとお話ししよう会〜
日 時:4月29日(木)昭和の日 19:00〜21:00
会 場:HINAMI稽古場 熊本市八島2丁目1−20(花陵中学校近く・八島温泉前)
参加費:無料

HINAMIのスタッフ方々約、10数名を前に、対談形式で、私がいろんな質問に答えるという形式約90分でしたので、会もスムーズに行き、お互いの今後の人生にとって相乗効果がうまれたのではと思います。
このような機会を作ってくださったオヤビンこと、黒川裕一先生にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

皆さまがいろんな形で私を応援し、そして大人にしてくれるのでしょう…。
本当に有り難いことで、お話をさせていただくことで、自分自身も「大きなターニングポイントはここだ!」と改めて感じさせて頂きました。
「気づき」「学び」って、とっても大切なことですねっ。ハイ


伸びやかなHINAMIのスタッフの方々と、この天に向かって広がりをもたらす楠の木の大木とがイメージあったので、今日の画像に使わせて頂きました。
その画像をご覧頂き、昨日ご縁の皆さまのご感想にお付き合い頂ければ有り難く存じます。
(本人さんの了解が取れれば実名でもOKかとは存じますが、オヤビン、千晶さん以外の方は、あえてお名前は掲載させていただいていません。悪しからずご了承ください。)


■黒川裕一先生
くにさん、魂を注入して下さってありがとうございました。
教えて分からないことでも感じることはできると信じ、このような場を設けさせていただきました。
これからもますます、どうぞよろしくお願いいたします。
感謝を込めて。



■三浦千晶さま
國さん、今日は本当にありがとうございました。
HINAMIの若いスタッフの中でも、コアスタッフは全員参加してくれました。(特に強くすすめることはしませんでした)特に男子にはぜひぜひ國さんのヨカ男振りを見てもらいたかったのです。きっと全員一所懸命を体と心の両方で感じてくれた事と思います。

私もこの年齢になり、クラスメイトと呼べる仲間(國さんのことです)がいてくれることに心から感謝しております。
これからも心も体も若々しくいつまでも一所懸命がんばります。そういう気持ちでいっぱいになった90分でした。
本当にありがとうございました。



■國さんへ、今日は興味深いお話、ありがとうございました。。
すごいパワー・行動力の源をかいまみた気がしました。
私も「一生懸命」さが人生で一番シンプルで大切なことだと思っています。
「経営者は経営をすればよい」それはすなわち「実行する」という意味。
それには、変な遠慮が一番の敵。

私も國さんのように、堂々と自分の意思を表明し、大いなる野望を持って、人生を楽しもうとあらためて思ったしだいです。
今日はありがとうございました!



■貴重なお話、ありがとうございました。
お話し中質問はできなかったんですが・・・。
今は、私は25歳で「将来これ一本でやっていく」っていうものを見つけているところです。
31歳の時に「着物一本で」という自分の生き方を見つけられたお話を聞いて、とてもうらやましかったです。

2年前に日本語教師をしていたのですが、外国の人から、日本のことを改めて学ぶということもあり、着物が外国へと普及したらどんな反応があるのかなと、すごく興味があります。(ターゲットなどはどのような層をお考えなのか気になりました)
個人的には着物が似合う着方を教えて頂きたいです。



■くにさん、本日はありがとうございました。
いつお会いしても、生き生き、お元気なくにさんの柱を見られました。
“目の前のことを一生懸命やる”こと、この一年間の自分のことを思い返すと、心に染みました。
私も、1つ心に決めて、一生懸命やり通すことを始めます。
裕一さんの作品の撮影時、二の丸公園でお会いして、裕一さんの声にいち早く反応し、全速力で走られたくにさんのお姿を見て、あの時自分の心におきた変化を思い返します。

くにさんのお言葉を聞いて、いろいろと思いや考えをめぐらせていました。
今の時間では終わらず、これからも度々思いおこしていきます。きっと自然とそうなると思います。
今日の時間で、くにさんのことをもっと好きになりました!!
本当にありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。



■お話し、ありがとうございました。
いつも元気いっぱいのくにさんのルーツをかいま見た気がしました。
大阪の修業時代の話など、自分がつらい話を笑いながら話すくにさんに対して、全然質問ができなかったことを後悔しています。
すみません、思いつきませんでした。

今日は話が聞けて良かったです。
自分のこれからに生かせるように、考えてみようと思います。



■今回のお話を聞かせていただいて、一番心に残ったのは、続けることの大切さです。
着物以外着ないと決められてから、様々なかっとうや迷ったこともあったと話されていましたが、その話をされている姿は、着物が好きで、今の自分に後悔などしていないと感じることができました。それは、どんなに辛くても、悩んでも、前を向き、挑戦され続けてきた結果なのだと思いました。

自分は、撮影や学生生活などの様々な場面で振り返ってみると、もっとこうしておけばよかったと感じることも多く、今日の話を聞き、一生懸命やり同じ失敗を繰り返さない様に行動していきたいと思います。



■「目の前のことを一所懸命やること」が大切だということが、今日の一番の学びです。
目の前にあることが今の自分に必要なことであると感じられるようになりました。
もう1つは「何でも良いから決めてやり続けること」で人は変わるということです。
先延ばしにしていて、いくつかのことを今日から「やる」と決めてやります。

私も國夫さんのように変わりたいです。
今日は本当に貴重なお話をありがとうございました。



■本日は1時間30分もの間、本音のお話をして下さり、ありがとうございました。
着物のことが最初は嫌いであったということや、昔は過剰な性格であったということなど意外なことを多々お聞きでき、楽しく集中した時間を過ごすことができました。
その話の中でやはり感じたことは、人は自分の力で変われるということでした。
そして何より一生懸命に生きるということの大切さでした。
貴重な時間を割いて、お話をして下さり、本当にありがとうございました。



■お話ありがとうございます。
一言で言うと、ナメとったっす。
家業というものは苦しかろうと親の元で、師の元で努力し続ければ学べるのだろうとナメてかかってました。
修業時代のことや自分のやり方で商売をはじめられたときのお話聞けて良かったです。

手を抜かれないこと、それをやり続けて報われた時の喜び、まだ20年ちょっとしか生きていませんが、少しだけでも分かる気がします。手を抜かない商売がこれからも発展、拡大していくことを願っています。
そして、それに負けないだけの成長をしてみようと思います。比べる必要な全くないですし、勝負ではないと思いますが、自分もここで小さく宣言してみました。



■お話してくださってありがとうございました。
こんなに潔ぎのよいかたを他に見たことがございません!
くにおさんが持っていらっしゃるのは、美しい着物なんかのモノでなくて、潔さとか、一生懸命さというかたちのないものなんだと感じました。

私は持ちきらん!どぎゃんしよう、と大変焦っております。
ありがとうございました。



■本日は貴重なお時間を私共の為にお使いいただき、ありがとうございました。
今日は一度も質問することができず、申し訳なかったです。
自分は怠け者の代名詞のような者なんで、國さんのお話を聞いて、一つ一つ目の前にある問題を一生懸命に解決することと、一つ決めた物事を継続してみます。

せんえつながら、以前「ことばの学校」でお話しさせていただいた時よりも國さん自身が何かふっきれているように思えたのが嬉しかったです。



今から、熊本をそして日本を担う20代中心の若い方々と仲良くなれ、絆で結ばれたようなそんな気がします。
「共に学び共に成長できる」って、とても素晴らしい事ですよね。
「出会いは命」とも言いますが、日々の出会いに感謝しながら、目の前の仕事に全力で取り組むこをと、改めてここに誓います。!(^^)!

私にとって「仕事は命」です。
命を育む為にも、ゴールデンウィーク期間中ももちろん笑顔で頑張っています。
ぜひ、お店にもお出かけ頂き、お時間取れたら、携帯に一本お電話くださいねっ。
元気でますよぉ〜。
  090-3600-9495 茨木國夫 拝

母から子への・・・

36333e55.JPG皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は城下町祭りで、通町筋が歩行者天国とということもあってか、人出の多い街中でございました。
お陰様で、和の國もお客様が絶える事がない一日でございました。

さて、本日のお写真。前結びの広告の為の一枚です。
まるで、母と娘のような楽しげな帯結びの様子です(^^)

目からウロコの前結びですが、代表と静さまが意見を色々交わしながら、また奥様の意向も入れつつ・・・生まれたキーワードが「母から子へ伝える」というフレーズでした。
温かく、また優しさと分かりやすさを感じるフレーズですよね。

私は、和の國に入って初めて着付けを学びましたが、抱いていた着物の着付けや帯結びの、『難しそう…』というイメージを払拭し、実際にやってみると分かり易く、また覚えやすい奥様の着付け教室です。

また、家で着付けをしている姿を母が見て「簡単だけど綺麗にも着れるし、分かりやすい着付けだね」と言っていました。
母は学んだけど殆ど自己流らしく、人には教えられないということで、母から着付けを教わることはありませんでしたが、お母様方が奥様のように分かりやすい方法で、自分も学びそれをお子様たちに伝えていけたら、本当に素敵なことですよね。

いずれは、着付け教室で学ぶのではなく、洋服の着方を親が子供に教えるように、着物の着方も自然と親から学べたら良いですよね(^^)
以前は、それが当たり前だったのでしょうから。。

次回の前結び教室は、5月3日(月)の祝日のお教室でございます。
普段はお仕事で平日は来れない方々も、ぜひ、この機会に学んでいただけたらと思います。
お天気も良さそうですので、そのままお着物姿でお出掛けされるのも良いかもしれませんね♪

本日も有難うございます。
和の國スタッフ:渡辺綾子

美しい天女

3abe176b.jpg皆さま、こんにちは。
染織工芸サロン 和の國の緒方佐知子でございます。


今日は、お天気が良く本当に爽やかで、気持ちがいいですね〜。
思わず笑顔になります。(*^_^*)
今朝、我が家の台所で、朝食の準備をしていると、光輝く朝日が私を照らしてくれました。
何かものすごいパワーを頂いたような気がして。。。嬉しくなりました。


さて、和の國に、つぼみの「オオヤマレンゲ」が、しっとりと置いてあります。
漢字で、「大山蓮華」と書きます。山に咲く蓮に似た白い花が由来で、清楚で気品のある、楚々とした美しさは「天女」と形容されるそうです。
白く優雅で美しい花が咲きます。お茶会の時に生ける花の中でも、「真(しん)のお花」という、一番格式の高いお花になるそうです。


花言葉は『変わらぬ愛』。なんと和の國にぴったりなお花なんでしょう。
お着物への変わらぬ愛、お客様への変わらぬ愛、、、
私も大山蓮華に少しでも近づけるよう、日々、まわりの方々へ変わらぬ愛で接していけたらなぁと思います。


つぼみの姿も何ともかわいらしいですよ。またお花が咲きましたら、ご報告いたします。今からたのしみです(*^_^*)
ぜひお店に足をお運び下さいませ。お待ち致しております。
和の國   緒方佐知子







自分だけの浴衣で・・・

d321457a.jpg皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は、朝からの雨で空気も洗われ、清々しい一日でございましたね。

今、ディスプレイに飾らせて頂いていますお写真のイルカさん。
絞りの浴衣で、和の國オリジナルでございますよ。
大変可愛らしく、また色柄ともに珍しいのか、多くの方が足を止め、ご覧になっています(^^)

生地も、綿麻混合の生地で、肌さわりもサラリとしていて涼やかで心地良く、またしっかりとしておりますので、半衿や替え袖を肌襦袢に付け、木綿のお着物のような着こなしもして頂けるお着物です。
勿論、浴衣として涼やかに着て頂いても良いですよ♪

浴衣でも、プレタ(仕立上り)や、生地が良くないと、纏ってもしっくりこなかったり、足さばきが良くなかったりしますよね。
私も、自分のサイズで仕立ていないものを纏った時には、はだけやすかったりで歩いていても常に浴衣が気になって、満足にお祭りを楽しめませんでした。

木綿地でございますので、絹よりさばきが悪いのですが、矢張、自分に合った浴衣ですと、纏った後もしっくりとしていて、人混みでも着くずれが起こりにくかったです。
今からのG.W頃が一番浴衣の揃う季節でございます。
満足のいく1枚を纏って、夏の思い出の1ページを彩って頂けたらと思います♪

本日も有難うございます。
染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡辺綾子

小鳥の歌・・・。

9afd5a5d.jpg昨日、中国(上海)より帰り、温泉に浸かることの有難さを体感し、今朝も朝風呂に行きました。!(^^)!
家内は着付け教室、そして私はお茶のお稽古ということで、8時過ぎに菊池の自宅を出ました。

9時頃お店に着くと、そこで待っていてくれたのは、一羽の小鳥でした。
小鳥はとっても歌が好き〜♪
母さん呼ぶのも歌で呼ぶ〜、ピピピピピッ♪

カメラを向けても、にっこりです。
「体調が悪いの〜」「お水でも飲みたいの〜」と手を近づけて見ると、近くの小枝に飛び乗りました。
待っていてくれたのか、何故そこに小鳥がいて写メールに動じないのか、分かりませんが、朝から小鳥と始めて近くで会話をしたような…そんな気になりました。

ふと、中学時代、メジロ捕りに行って、育てていた頃が懐かしく思い出されました。!(^^)!
でもやっぱり、久々帰って来たので、小鳥も「お帰り〜」…と一言、言いたかったのかもしれませんねっ。


温泉大好き、おっさん(少年or元気國さん)でした。

手作りの思い出

3124a97d.jpg先月末はお休みをいただき、久し振りに里帰りができました。
私の母も着物が好きで時々着物を着ていたのが、指を怪我して自分で思うように着付ができなくなり、それから着なくなった、と話しています。

このところNPOの普及活動で「もっと着物を着ましょう」とPRしていたので、何かきっかけを作りたくなり、前結びの実演をして、「次に帰る時には前結びの帯板を持ってくるから」と、母の着物復活に火がつきました。

すると母から「あなたが小さい時には、洋服から着物まで、よくまあ色々と作ったものよね」という話が。
??ワンピースやブラウス、セーターとかの洋服は覚えてたんですが、着物??
聞けば和裁も習っていたそうで、七五三の三才時の着物や、お正月に着るウールのアンサンブルを作った、ということで、だんだんとウールの着物の記憶が蘇ってきました。

母は72才ですが、同世代のお母様方は、けっこう子供服を自ら作っていたなあ、と思い出されます。今思うと、幸せなことですよね…。母にも感謝です。
そして次回は母へ、帯結びの簡単な手順が伝えられれば、と思っています。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
画像はお店に活けてあるナツロウバイで、優しい表情を放っています。。
和の國 鋤先美紀子

中国での学び…。

634ab3af.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
今朝の上海の日の出はまた幻想的でオレンジ色に輝き、ビル間から臨む雲は「勝廚諒源を醸し出していました。
ドバイで、あの朝以来の芸術作品でしたが、バッテリー切れでしたので、瞼の奥底に…。

さて今朝は、中国での話題二つです。
一昨日、義烏の公園で朝散歩中見かけた風景は、1)ジョギング、2)音楽に合わせ太極拳、3)音楽に合わせ、社交ダンス(チャチャチャ)、4)3の音楽に合わせて、20人位で健康体操、5)バトミントンでした。

日本なら、ラジオ体操かジョギングが一般的ですが、何故か朝から社交ダンス、それも整備された公園で、横にはラケットがあたりそうな感覚で!!
これも文化なのか、すべてを享受する国民性なのか、自由を求めているのか?
ただ単に自分のやりたいことをやっているのか?
まだ頭の中は混乱していますが、朝の有効活用の再発見には一役買いました。


それから、昨日は、上海の夜景を見ました。
お昼は森ビル登っていたので、そのビルが一番高く主役を演じているかと思ったら、運河沿いに繰り広げられる光のショーは、まばゆいばかりのものがありました。

「実は、夜景など人が作ったものだから、あんまり好きではない。」…とおもっていましたが、意外や以外、特にイギリス人が建てた建造物の照明が素晴らしく、ハスの花を形彩ったウェスティンホテルや時計台が主役となり、上海一の建物はわき役となっていました。

やはり時を超える建造物だから照明も輝きを増し、また民間一体となって美化や緑化、観光誘致に取り組んでいる上海は、私の期待値を遥かに超えて素晴らしかったです。
まだまだ、一歩路地に入ると、洗濯物の干し方など行政指導を受けつつも、光と影がかさなって新たな街、世界一の街づくりに向けて、進化し続ける街に心から敬意を払いたいと思います。


そして、その経済発展と共に、忘れてならないのは、先祖代々育んできたその土地の文化です。
経済発展の後に振り返って心の拠り所となるものは、文化であり先祖であり、衣服です。
実際、チャイナドレスを街で見かけることは希でした。

中国人の民族衣装、そして日本のきものももっともっと大切にして、そしてそれを後世の人々に伝える事がどれだけ、やりがいのあることかと、改めて考えさせられました。
また、上海に来ていると、何処の国の人かさっぱり分かりません。
日本人かな〜と思う人が中国語を話していたり、中国人と思った方が日本人だったりと…。

やはり、一目で日本人と解る「きもの」ってやっぱり凄いな〜と新ためて思いました。
朝から、取りとめのない話にお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
月に一度、いや休日はきもをの来て、「日本人体感」してみませんか?

今日も、笑顔で一日楽しく過ごしましょうねっ。
後ほど、元気に帰ってきま〜す。
手∩手  染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫

中国義烏国際文化産品博覧会

9c15e982.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
私は今万博を間近かに控えた、上海にきています。

福岡市博物館の西健一郎氏を団長に、美術家・書道家・茶道家・舞踊家・歌唱家を始め、28名の皆さまと「日本九州文化芸術団」と称するメンバーで、九州・日中民間文化交流協会の一員として、「中国義烏国際文化産品博覧会」に出品し、日中交流を深めてまいりました。

和モノが飛ぶように売れ用意していた下駄も完売し、親日派の中国人に浴衣も販売できました。
いろんな道のプロの方と一緒にブース展開をした中で、私だけ販売させて頂いて申し訳なく感じましたが、マーケット調査には申し分なく、今後の展開などがまた楽しみになってきました。

又余談ですが、貧富の格差があれ、みんなとっても生き生きと仕事していました。
貧富の差は否めませんが、ベンツも走るなか、同じ道をリヤカーも走り、その間を人が川の流れのように通り抜けていく。
自己主張しながらも、無言でお互いを尊重しあっているような…そんな気がしました。


料理もとても口にあい、足マッサージは約700円ほどで一時間ほど楽しめます。
しかし、英語ならほんの少々ですが、全く中国語話せません。
口調があらいので、叱られているような気になったりもしましたが、我が眼力を信じほんのちょっと骨董品もゲットしてきました。

文化・風習が違うから否めませんが、トイレに入ってみると「日本で良かった〜」とつくづく感じます。
「日本人は綺麗好き」という言葉を耳にしますが、やはり海外に出てみると余計にそう思います。文化の違いでしょうが「整理整頓」「後始末」などという言葉の重みを感じた次第でした。

「奥ゆかしさ」「譲り合い精神」など、こちらではありえない世界ですが、他国から自国を思うといろんな学びがあります。
やはり、日本人の創りあげた文化、美意識には素晴らしいものがあります。
日本人の誇りとプライドを持ち、その日本の象徴である「きもの」を身にまとい、勝手ですが、今日も「日本代表」として頑張ります。

やっぱり、「日本人は凄い」です。
人間として命を頂いたこと、日本に生まれたこと自体、宝くじに当たったようなものです。!(^^)!
本当にそう思います。
命の限り、今日一日、目の前のことを一所懸命頑張りましょうねっ。


明日のお昼過ぎには、福岡空港到着予定です。
店を留守にしつつも、いろんな経験をさせていただいていることに、心より感謝申し上げます。
  手∩手   茨木國夫 拝

語りかける風景

b234e902.JPG皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

久し振りの青空でございましたね。
少し肌寒さが残っていますので、お客様とも、炬燵や電気カーペットがなかなか仕舞えません・・という話で盛り上がっておりました。

さて、熊本城界隈の新緑も目に鮮やかになって参りました。
そんなさわやかな雰囲気にぴったりの催しが、県立美術館で行われております。
語りかける風景 コロー、モネからピカソまで

ストラスブール美術館所蔵の、19世紀から20世紀のコローやモネ、ピカソなどの風景画が81点もあるそうです!
柔らかな光を美しく描いた印象派の時代から、色彩鮮やかな20世紀の作品まで、テーマごとの構成で楽しめそうです♪

期間が4月3日(土)〜5月9日(日)と、残り少ない期間となって参りましたので、まだ足を運ばれて居ない方は、ぜひこの機会に美しい風景をご覧下さいませ。
前売り券が、和の國にもございますので、行かれる際は事前にお立寄り頂けたらと思います(^^)

本日もありがとうございます。
和の國スタッフ:渡辺綾子

こっぽり!!

e9651452.JPG皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

今朝は雨風共に凄かったですね!!
あまりの勢いと音に、早くに目が覚めてしまいました。
昨日は昼間にツバメが低空飛行をしており、雨の兆候は見せておりましたが・・・まさかこれほどまでとは。。

さて、本日はそんな悪天候のなか、北九州よりお客様がございました。
以前に和の國にお立寄り頂いた事がございまして、「また行きたいと思っていて探していたら、偶然にも見つけてしまった!」とのことでした。

ご自宅の近辺には、良いお草履を取り扱っているお店が無いそうで「熊本で良いお店を見つけたので、お草履を選ぶときはここに来るわ!」と仰って頂けました(^^)
本当に有り難い事でございます。

和の國のお草履は、大人気のオリジナルの乙女をはじめ、こっぽり下駄も軽くて履きやすく、春秋冬の紬などのお着物にも合わせやすくて、これからの季節には浴衣をお召しの際にも重宝でございます。
履きなれて無い方でも、足に馴染みますので、疲れ知らずですよ♪

お店にも、浴衣地が徐々に入荷しており、サラリと涼やかにお着物を楽しむ季節を迎えつつあります。
足元などの小物のご準備もお忘れなく!!

本日も有難うございます。
染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

他店との違い

69259af0.jpg今日は夕方、博子さまがお見えになり、お直しでお預かりしていた道中着を受け取られました。

現在設立の準備をしている「NPOきもの普及協会」のパンフレットをご覧いただくと、「着物の普及・・いいことよねぇ。ちなみに私は、着物に興味のある人には必ず和の國さんを紹介しているの。ここで取り扱っている商品は、他店には置いていないものだから。」

詳しくお話をお聞きすると、「普通のお店に置いてあるのは、例えば小紋にしても、柄がうるさすぎて、帯合わせがしづらいの。でも和の國さんには、小紋や紬、附下げもシンプルなデザインで、色を抑えた物も揃っているので、帯も華やかなものから趣味性の高いものまでバリエーションが広がって、帯で色々と遊ぶこともできるのよね。」とおっしゃっていただきました。

先日も、職場の歓迎会に猫柄の帯を締めて行かれると、会場でとても喜ばれたそうで、「またGWあたりに着物を着ようかな」と、笑顔で次のご予定に向かわれました。

お着物がお好きでよくお召しになる博子さまから、こうしてコーディネートのしやすさについてお話をうかがえ、嬉しい思いと同時に、自分の勉強不足を痛感いたしました。
取り扱い商品について、このような提案や魅力を説明できるのだ、と、お着物通のお客様に教えて頂けて、本当に有難いことでございます。

私もお着物を着る楽しみ、帯合わせの楽しみを、もっと自分の言葉で沢山の方にお伝えしたいです。
今日も、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子

はじめまして。

b94b82be.JPGみなさま、こんにちは。

新しく染織工芸サロン 和の國のスタッフとなりました緒方佐知子と申します。
6人家族で、5歳と3歳の息子の母です。日々、健康と幸せに感謝しながら過ごしています。


先日14日(水)に、面接に参りまして、初めて茨木國夫代表にお会いしました。
緊張してまだドキドキも冷めやらぬまま、熊本県伝統工芸館での展示会があってるから、、、という事で、茨木國夫代表とご一緒に、私もお邪魔させていただきました。


極上で素晴らしい作品に囲まれ、この場に居られるという幸せとご縁に感謝しながら、貴重なお時間を過ごさせていただきました。


お客様が、和の國に来て良かった〜と心から思っていただけるよう、一生懸命、笑顔で頑張りたいと思います!!
どうぞよろしくお願い申し上げます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


染織工芸サロン 和の國 スタッフ 緒方佐知子  
続きを読む

良い子の日

9e19881a.jpg和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
「第9回染織工芸作家展」も約500名近いお客様にお運び頂きました。
本当にありがとうございます。
この場をお借りしまして、展示会を支えて下さった全ての皆さまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。



話は変わりますが、昨晩電話中に少々ショックなことがありました。
信頼していた人だっただけに。。。
でもでも「気づき」「学び」…、自分自身を振り返るいいきっかけでした。

やはり、信用・信頼を創り上げていくには、「素直」で「実直」で「本音」で生きるのが一番です。!(^^)!

ということで、今日は、「良い子の日」、4月19日でございます。
素直に笑顔で今日も一日頑張りましょう。
そして、月に一度はきものを着ましょうねっ。
手∩手
茨木國夫 拝



盛会でございました!

9e7dfa7b.JPG皆様、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日、無事に染織工芸作家展が終了いたしました。
最終日の今日も、多くの方々に来て頂き、お時間ギリギリまで皆様に楽しんでいただけたように思えます。

海外からの観光(?)の方も多かったこの一週間でございましたが、今日は京都からこの展示会を見るためにお越し下さった方もいらっしゃいました。
京都から昨日・京都来て頂いていた加納荘五郎社長と、その京都から来ていただいたお客様の2ショットは、何となく不思議な感じも致しました(^^)

また昨日は、芝崎重一さんご家族と群馬でご縁が合った方もいらっしゃって、芝崎圭一さんに急遽生電話!など面白いご縁がございました。
熊本以外で染織をされている方のご来場も多かったです。

あっという間の6日間でございましたが、本当に多くの方に楽しんで頂けて、また色々なご縁を結んで頂けましたこと、大変嬉しく思います。
お越しいただきました皆様、本当に有難うございました。

明日は和の國はお休みを頂きまして、明後日の20日(火)より通常営業となります。
また夏に向けての新たな商品なども徐々に増えつつありますので、ぜひお店のほうにも足を運んで頂けたらと思います♪

本日も有難うございます。
和の國スタッフ:渡辺綾子

スリーショット

0900b7c0.jpg今年の染織工芸作家展では、本当に男性のお客様が多く見受けられます。
そして今日はご夫妻での来場も続き、ご主人様の初のお着物を奥さまがお見立てされる、という嬉しいシーンもございました。。。

夕方ちょっと一段落した折に、男性のスリーショットを撮らせて頂きました。

奥さまといらした尚友様は、今日はご夫妻それぞれの木綿のお着物と角帯を選ばれました。ちなみに着物を着る回数は、ご主人様の方が断然多いそうです。
雅之様は出来上がりのお着物を受け取りにいらっしゃり、今日初めて袖を通されたのですが、実際の着心地に大変感激されて、「いやあー、着物は本当にいいねぇ。これから益々着物にはまりそう」と、休日着物宣言をされました。

代表は袴姿に何故かグーサインで・・、知らない方が見たら、どなたが呉服屋さんかわかりませんよね。
それはさておき、男性のお着物姿って、やはり素敵ですね。洋服よりもビシッと決まる、といいますか、凛々しくなって、かっこいいですよねー。

明日は展示会最終日となりますが、ブログをご覧の皆さまにも、ご来場頂ければ幸いです。
(16時頃から搬出作業に入りますので)是非、お早目にお越し下さいませ。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子

偉大なる教師

1f67885f.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
「暑さ寒さも、彼岸まで」と言いますが、まだストーブがあった方がいいな〜と思いますが、夜明けもどんどん早くなってきています。

自然界も修正しながら温暖化を防ごうとしているのでしょう。
やはり、偉大なる教師です。
私も、仕事をしながらいろんな偉大なる教師にお会いさせて頂いているのですが、やっぱり世の中には凄い方々ばかりです。

実は、今週催事の期間中、チョッと抜け出し?というか、4月14日の展示会を終え最終便で東京に向かい、翌日染織家の吉田美保子さんを12月に予定している「熊本ゆかりの染織家展」のことで、訪ねました。

神奈川県の中央林間駅にお迎えに来てくださり、その後仕事場に入ると、お部屋が整理整頓され、機能美に満ち溢れていた事に感動を覚えました。
会話の中でも「ベートーベン」「モーツアルト」「モネ」「ピカソ」などが出てきて、美保子さんの美意識の高さに感銘を受けました。


あっという間に時間が過ぎ、駅で一緒にランチをしつつ口にほおばり、階段を駆け下り次の目的地、赤坂見附で木村政雄さんとお会いさせていただきました。
人気者でドットコムの平野龍平社長のご縁で、とてもとてもスイートなおじ様で、男として深みを凄く感じました。

時計を気にしながら急ぎ銀座に向かい、熊本在住の大澤一彰さんと、来年1月23日の和の國ニューイヤーコンサートの件で、銀座三越の2階の喫茶店で打ち合わせをしました。
ご出演にご快諾頂き、これでテノールも決まった事で、来年はよりパワーアップした「 メモを見てまた書きます   」(美しい歌声)を楽しむことが出来そうです。

歌を歌う為に日頃から心がけされていることなど、日々のたゆまぬ努力など、PBをもお聞きする事ができ、本日登場の偉大なる教師3人目の方とお会いさせていただくことが出来ました〜。

そしてそして、今回上京の源となった「人気者でドットコム」(株式会社人気者計画)の立ち上げパーティに参加してきました。
先ほどの、木村政雄さんを初めとした面々がお支になっている会の代表者・平野龍平社長の「人気者で日本を元気にしたい」という、これまた偉大なる教師の考えに感嘆いたしました。


・・・ということで、一昨日の4月15日(木)は自分で予定をいれたけど、朝から夜までほんと満タンの一日でした。
そして昨日の朝一便で帰り、直接展示会場に向かいました。
会場入りすると、やはり沢山のお客様に恵まれ、昨日も充実な一日を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございます。 朝抜き・昼抜きで少し痩せたかな・・・? 

年に一度の一大イベントの染織工芸作家展も、いよいよ明日までです。
日本の最高峰の染織をぜひ、ご覧ください。
長々とお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
さあ今日も、笑顔で元気にいきましょうねっ。!(^^)!

手∩手
茨木國夫 



追伸:画像は、日本文化に興味をお持ちのオランダ人夫妻です。
今から、チョッと朝風呂に行ってきます。
では、後ほど、会場にておまちいたしております。(^o^)/

NPOのチラシも印刷会社からお昼には届きます。
たくさん印刷していますので、一緒に「きもの普及」(配布)もお願いいたします。

ツツジも作家展も見頃です!

a5f5e4c6.jpg皆さま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

例年より肌寒い日が続いておりますね。
明日からは暖かくなるということでしたが・・・どうでしょうか?

本日も終日にぎわっておりました、染織工芸作家展。
みなさま、それぞれの感性でお好きなお着物や帯の前では足を止められてしっかりとご覧になっていらっしゃったり、纏ってみられたりと、楽しんでいらっしゃいました。

また、展示会の中で、現在進行形の「NPO法人きもの普及協会」のご案内をさせて頂いておりましたら、早速ご入会を頂いたり、お電話にてお問い合わせを頂いたりと、多くの方に関心を寄せて頂いております。

皆さま、ご興味があられても、「着付けが自分で出来ないので」や、「着ていく場所が無いので」という事を口々に仰っています。
色々な方のお声をきっかけに立ち上げが決まりました「NPO法人きもの普及協会」が、皆様のお着物ライフを円滑に楽しく過ごせるよう、潤滑油となればと思っております。

本日お越し頂きました千歌さまからも「買い支えることで作り手さんが育成出来れば」というお話を頂戴しました。
作り手さんの育成や染織家の方々が作り続けて頂ける為にも、多くの方がお着物を纏って頂けるようになって欲しいと、切に願います。

さて、明日からはNHKさんでもつつじ祭が始まります。
綺麗に彩られたツツジをご覧になりながら、伝統工芸館へ足を運んで頂けたらと思います。
残り2日。この機会をお見逃しなく!!

本日も有難うございます。
染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

男物が注目されてます

832d8588.jpg今日の染織工芸作家展へは、男性のお客様が次々にお見えになりました。
芭蕉布を見せて欲しい、というK様、2回目のご来場の幸男様、スーツがびしっと決まったダンディなお客様…。

そしてお写真は、初対面で意気投合された松下史也様と徳永泰隆様です。
史也様にはこのブログにも何度か登場して頂きましたが、お二人それぞれにファッションへの強い思い入れを持たれています。

実は昨日、徳永様のお兄様がいらっしゃり、代表の本(きもの宣言)を読まれて、弟さんにこの展示会を紹介して下さったそうです。
お兄様もまた「洋」のファッションには相当なこだわりをお持ちで、これから少しずつ良い物を見極めて、着物を揃えていきたいとお考えのようで、本当に嬉しく思います。

泰隆様は和文化全般に高い関心をお持ちで、NPOきもの普及協会のお話にもさっそく賛同して下さいました。
今日は着物地を選んでオーダーした、というグレーの作務衣に和コートをお召しで、こちらもまた素敵な装いでした。

ここ半年ほど、男性からのお問い合わせが急増中の和の國ですが、展示会の期間中も、男性用お着物を多数揃えております。
お着物に関心のあるあなた様も、是非一度、ご覧になりませんか?
心よりお待ち申し上げます。

今日も、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子

天国への階段?

fc82d238.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
「今日は2月並みも寒波が入ってきている」とラジオで言っていましたが、本当に爽やかな朝を迎えました。

おかげ様で、昨日より始まった「第9回染織工芸作家展」も順調な滑り出しでございます。
本当におかげ様でございます。

昨日は準備などもあって、朝からもすごくバタバタしていたのですが、そのような中、段取りを済ませ、午前中「崇城大学・芸術学部」へと向かいました。
それは、熊本県知事認定の経営革新企業として、「火の国染め」を世に出す為です。

玄関を入ると、モダンな光景が「どーん」と目に入ってきました。
「流石〜」と思いつつ、写メっているきもの姿の國さんがそこにはいました。
ヨーロッパ風の寺院を彷彿させるような感じでしたが、光の取り入れ方も素敵で、自然との調和を凄く感じました。

私は、その後レッドツェッペリンの「天国への階段」を思い出しました。懐かしいです。!(^^)!
さて話は本題に入り、昨年来より温めてきた、事業の一つが今まさに花開くって感じです。
おかげさまで「NPO法人きもの普及協会」のチラシも出来上がりました。
いや、花開くより「芽吹く」って感じでしょうか。

NPO法人きもの普及協会のチラシ作製で、ほんとうんうん唸っていましたよぉ〜。
【男性のきものの魅力】について、自分自身で初めて掘り下げてみたら、こんな感じになりました。




男性の着物の魅力・効用などは、

・「カッコいい!」と言われ、女性からもモテる
・威風堂々とし、一目で「日本諸氏」だと分かる
・角帯を締めただけで、気合が入る
・男らしくシャンとし、背筋もキリッと伸びる
・「道徳心」に目覚め、考え方・行動がよくなる
・「男を上げる」には、最高の衣服である




また、女性の着物の魅力・効用などは、

★ 心も身体をも、優しく包み込んでくれる
★ 着ているだけで、「羨望の眼差し」を浴びる
★ 普段と違う女性らしさを演出でき、楽しい!
★ 自然と美しい所作のトレーニングが出来る
★ 姿勢も良くなり、外反母趾にもならない
★「日本美人」に意識が向き、笑顔も輝く




それから、こんな良いこともあります。

◎民族衣装なので、特に海外では、丁寧かつ親切にエスコートしてもらえる
◎流行がほとんどなく、親子3代着れて経済的、「究極のエコ」である
◎親子や夫婦間のコミュニケーションが、自然のうちに育まれていく
◎きもの姿が増えると、その場所がエレガントな空気へと変わり始める
◎着慣れてしまえば、心が落ちついて、「超リラックス」できる
◎先人の英知(染織家、仕立屋さん等)や自然の恩恵で、きものが着れることに感謝出来る





◆さらに、着れば着るほど、分かってくることも…?

・自然が好きになり、感性が豊かになり、美意識が育まれ、「日本人で良かった〜」と合掌するようになる。
・日本の風土にあった「健康衣服である」ことが分かり「大和魂」「大和なでしこ」を体感するようになる。
・相手様には礼儀を尽くし敬意を表する為の民族衣装(日本の象徴)であり、自らは「お守り」だと感じる。



やっぱり、きものって本当にいいな〜と素直に思います。
それから、「NPO法人きもの普及協会」の会員第1号として、昨晩オヤビンに10口、そして千晶さまさまにもご入会頂きました。
本当にありがとうございます。

チラシも出来上がり、本格的に動き出しました。
(実際、発注しているチラシは、4/16完成予定です。)
ぜひ、あなた様も一緒にきもの普及始めませんか?
友人知人にそのチラシをお渡し頂くだけでも、それだけでも、とっても有難いです。!(^^)!


今日もまた、伝統工芸館・地下和室にてお待ち申し上げます。
きょうもまた、美しい出会い、有難いご縁、多くの感動に出会えますように…。
         染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫






始まりました!!

a8bcfeb0.jpgみなさま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

ついに本日より「染織工芸作家展」が始まりました!!
初日より多くの方にお越し頂き、一日中活気のある会場となっておりました。
そして、早速沢山のご縁を頂戴いたしました。

そのような中、本日はカメさんランドセルを背負ったような初日の営業の時にご縁を頂きました恵子さまが、早速お越し下さいました。
お顔を見た際に本当に嬉しく、有り難い気持ちでいっぱいでした(^^)
ジーンときました。

また、足を運んだ地域の方々もお越し頂きまして、気持ち的にも大きく一歩前進出来たように思えました。
代表と奥様にも「良かったね!!またこれからも楽しみだね!」と心の底から喜んで下さいました♪
今回の事もこれからの糧として、さらに成長出来るようになっていきたいです。

さて、今回の作家展のDMやポスターに掲載させて頂いてました、釜我敏子さんの帯でございますが、本日嫁入り先が決まりました!!
沢山の方に紙媒体で見て頂きまして、「綺麗ね、この帯」と常に大好評な美しい子だったからでしょうか。 

巣立ち皆様にご覧頂けなくなって、少々残念ではございますが、今回は特に最高の品ぞろえとなったいるので、また皆さまがそれぞれに出会う帯やお着物たちが沢山ございます。
ぜひ、お早めに足を運んで頂きまして、ご自身の運命とも云えるものに出会って頂ければと思います。

本日もありがとうございます。
明日もまた、皆さまのお越しをお待ち申し上げます。

和の國スタッフ:渡邊綾子



國さんも充実の一日。

b2b4b928.jpg綾子さんもがんばっています。
私も負けずに・・・!(^^)!

と言いつつも、今日は朝寝坊・・・
目が覚めたのが、6時40分!
超慌てて、身づくろいをし、明日から始まる「染織工芸作家展」の準備の為に菊池より車を走らせ、まずは7時55分に伝統工芸間に到着! フう〜。

着物や衣裄を降ろし、和の國〜会場と2〜3度往復し、12月開催予定の「くまもとゆかりの染織家店」の為に熊本県五家荘の染織家・黒木さん宅へ。
おかげ様で、趣旨にご賛同いただきました。!(^^)!
本当に、とても素晴らしい染織家です。

五家荘よりトンボ帰りをし、夕刻からまた作家展に向けて準備、その後店に入り、整理&NPO法人きもの普及協会のチラシ作成。
週末お茶会でお手前予定の為、お茶のお稽古に夜8時頃から行ってきましたぁ〜。

明日からは、年に一度の大イベント、ぜひあなた様もお出かけ下さいねっ、
いつもありがとうございます。
茨木國夫 拝

充実の一日。

皆様こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は、和裁教室に行って参りました。
和裁教室も、新年度で新入生が入って、また賑やかに楽しさを増しておりました。
そして、昨年末から作成し始めました浴衣がもうすぐ出来上がりそうです♪

まだまだ、何でその部分がそのサイズになるのか、そのようにしなければいけないのか等々・・・分からずに先生の仰るように測って、印付けをして針を進めるといった感じではございますが、和裁の至る所に隠された技を知るたびに、日本人の知恵と丁寧さを感じております。

出来上がりがどのようになっているかドキドキですが、出来上がりが今から楽しみですよ♪
今年は新たな浴衣に袖を通して、色々なところに出かけたいと思います!!

さて、明日からは、いよいよ「染織工芸作家展」です。
和裁が終わってから、代表と奥様を筆頭に準備をされていた伝統工芸館に駆けつけました。(余談ですが、代表と奥様の本日のスケジュールはかなり凄かったです!!)
準備の段階でも、その作品の数々を展示する際に触れることにも、見ることにも嬉々としておりました。

明日から18日の日曜まで、ぜひ、日本の技が集約された染織の世界をご堪能下さいませ。
そして、その作品をお一つでも気に入って頂けて、ご自身の品として身につけて頂けましたら幸いでございます(^^)
今年も凄いですよ!!

本日も有難うございます。
和の國スタッフ:渡辺綾子

鮮やかな黄色

c7be6a0a.jpg皆様こんにちは。今日は爽やかに風が吹き抜け、店の前では木々の葉っぱもダンスをしています。
これからの季節、緑もだんだんと色濃くなりますね。

さて今日のお写真は、先日(3月下旬)のブログでご紹介させて頂いた康博様の作品です。
「織り上げてみて、次は天然素材で色をつけてみたいと思い、代表に教えていただいた玉ねぎの皮を染料に使ってみました」と、鮮やかな黄色に染まった作品をお持ち下さいました。

「玉ねぎで、こんなに綺麗な黄色が出るんですか!?」と、すごく興奮している私に、
「はい、最初は茶色い染汁だったのが、焼きミョウバンを入れたら、色がこんな風に真っ黄色に変わったんです。もう子供たちも、その色の変化に感動してくれました」と、康博様。本当にありがとうございました。

それにしても自然の力って、本当にすごいです。人の手によって自然の物を頂いて、人間をこんなに感動させてくれる力があるんですよね。

今週の染織工芸作家展に向けて、強いエネルギーをいただきました。
今日も、ありがとうございます。
  和の國 スタッフ 鋤先美紀子

目から鱗の大発見

つれづれなるままに…。

ずっとここ数カ月、「NPO法人きもの普及協会」のことで「設立趣意書」を始め、どうやってお伝えしたらいいかとずっと考えていました。
始めて、自分自身の「男のきもの」についても考え続けました。
そして、やっと「目から鱗の大発見」がありました。

それは、私にとって「きものは御守り」であったことが判明したことです。
どんなことがあっても、きものを着続ける限り、何かにしっかりと守られているような気がします。
きものには、何か目に見えない力があるのでしょうか?

目に見えない力よりも、いや現実的に「きもの宣言」して私に芽生えてきたのは、「道徳心の向上」です。
きものを着ることで、少しずつ道徳心に目覚め、考え方も無意識のうちに改善でき、そしておのずと行動までがよくなりました。

そのような、いろんなことを思いめぐらしていたら、ふと、「きものとは、相手様に礼儀を尽くし敬意を表する為の民族衣装(日本の象徴)であり、自分自身にとっては最高の「御守り」」だと感じました。


考え続け、考えたことを書き記し、また考え抜いたらたら神様がご褒美をくださるのですね。
いや、それをきっちり「分かりやすく伝える努力」が必要なのは言うまでもありませんが・・・。

心に響く名曲を聴きながら…。
いつもありがとうございます。 
          染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫


ふと、PC上の親子のトラが戯れる4月のカレンダーをみたら、「夢中になれるもの、きっと見つかる」と書いてありました。
私にとって、夢中になれるものは?「きものの普及活動」なので、いやこれしかないので、思わず「ハイ」と返事してしまいました。!(^^)!

初夏の陽気に誘われて・・・

0ca0cbe6.jpg皆さま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は初夏のような気候でしたね。
お昼から営業に出向きましたが、道で会う方々と「今日は暑いですねぇ…」と何度もやり取りをしておりました。

今日は、来週の「染織工芸作家展」に向けて、高台にございます住宅地へと足を運びました。 高台ともあり、風がとても心地良かったです。
土曜日ということもあってか、玄関先まで出てきて頂いて、色々な方とお話をさせて頂きました。 急の訪問に応対頂けるこの喜び・・・!!

お店に戻ると、外に出ていた間にも多くのお客様がいらっしゃっていたそうです。
お休みの時に、和の國の空間をも楽しんで頂けたようで、本当に嬉しく思います。
また、色々なご縁も結んで頂けました(^^)

これから夏に向けて、お着物の着こなしや柄行きなど、お洒落を楽しんで頂ける季節となります。
皆さまの羨望の的となるような、暑さの中にもサラリと涼しく見える着こなしをして、お着物を楽しんで頂きたいです♪

本日も有難うございます。
染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

きもの普及チラシ!(^^)!

和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
今、「NPO法人きもの普及協会」のA4チラシ作成しています。
ウンウン唸りながら、やっと形になってきたようです。
読んでみてくださいねっ。

この文章に、写真4ポーズ入ります。
楽しいですよぉ〜。




私は、四季を通して「年中きもの」です。
きもの生活を続ける中、見るもの、触れるもの、聞くもの、食べものなど、日常生活において、「和」を意識するようになり、「茶道」や「能楽」の稽古を重ねたことで「日本文化の源は,“きもの”」であると感じるようになりました。
自然に「和モノ」が好きになり、17年間、毎日きものを着続けたことで、「きものの素晴らしさ」や「日本人の凄さ」に気づき、心も豊かになってきました。


きものを「人生の中心軸」に据えたことで、悩みも少なくなり「自分でやってみる」ことの大切さにも気づき、「人生は、楽しい!」と心から言えるようになりました。
きものがもたらした変化、つまり自然・日本・文化・人が好きになったその恩恵を私一人に留めるのではなく、もっと皆さまに「きものの良さ」をお伝えすることが、私の天命でもあります。
そこで、実際に「月に一度、きものを着て頂く運動」を展開し、「きもの普及活動」に全力で邁進することを決意しました。それが、「NPO法人きもの普及協会」です。


この協会を、熊本を始めご縁を頂いている皆さま方と、共に学び楽しく運営することで、自分自身の成長はもとより、日本人として生まれてきた喜びはもちろん、1000年続いた日本文化の継承発展につながり、社会貢献もできるようになります。 
また、その活動を通し、きものをこよなく愛する仲間との絆も生まれてまいります。
私は、「きものは命」であり「日本の象徴」でもあると考えています。ぜひ、私たちと「きものの普及活動」を、いっしょにやりませんか…。
皆が、日本人としての誇りを持って、感謝を胸に、日々楽しく美しく過ごしていけますように・・・。



素直なご感想、お寄せいただけませんか?
コメント、メールはもとより、
090-3600-9495 茨木國夫携帯でもお待ちしています。!(^^)!

手前味噌ですが、一つずつ、形になっていること嬉しく思います。
いつもありがとうございます。

鳥のオブジェ

7a55eb1a.jpg和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
一昨日、仕事で午前中福岡に出向きました。
そこで見かけたものは、鳥の姿をした観葉植物のオブジェ!

どうしてもどうしても欲しかったので、所持者のまさこさまにお尋ねしてみると、「本当にお好きなら、プレゼントしますよ」
…との事です。

おかげ様で、和の國家族の一員です・
ありがとうございます。
おかげ様で、お部屋を華やかに彩ってくれています。

手∩手 茨木國夫拝

入学式でしたね。

和の國ブログをご覧の皆さま、こんばんは。
風も無く、暖かい日差しが有難い一日でした。

本日は、多くの小中高校での入学式が行われたようです。
向かいの英進館さんでも、真新しい制服姿の学生さんや、式服姿のお母様をたくさん拝見いたしました。

入学式に、お着物姿でご参列いただいたお父様・お母様は何名くらいいらっしゃいましたでしょうか・・・。なみこさま、ご自身でのお着物姿・・・ばっちり きっと好評でしたでしょう。

明日、息子様が中学校の入学式のきょうこさまは、先月の卒業式で初めて訪問着をご用意されて、夜の謝恩会までお過ごしいただいたのですが、『とても心地よく、いつにないドレスアップ、とても楽しかった・・』そうで、『入学式もぜひおきもの姿で』と、言っていただいています。
ほんと、おきもの姿って、不思議な快感・豊かさ・喜びがあるんですよね。
何より、お世話になった先生方への、あるいは、これからお世話になる先生方へのお心の表現なのです。    明日、・・・・楽しみにしています。


今日は私達、22年目の結婚記念日でございました。
心新たに仲良く頑張ります。

ぎりぎりセーフで投稿できました。良かった〜

                          茨木ゆり



2日目・・・

035a6f65.jpg皆さま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は「NPO法人きもの普及協会」の撮影があったので着物を着ましたので、営業も着物姿で行って参りました。
昨日行った所の道はさんで反対側だったのですが、
・・・町内に人が居ない!!

訪問先もさることながら、道路に人影が殆どありませんでした。
昨日行った道はさんで向こう側には、人影が見えるのですが。。
おかげ様で、きもの姿も勿論見て頂けず、会話も殆ど無く・・・あまりにも寂しかったので、帰り道に会う方会う方声をかけてしまいました。

ただ、本日は風が強く、川沿いに綿帽子が沢山飛んでいたのですが、着物の袂で風と共に綿を避け歩くことが出来ました。
こういう場面で、お着物の良さをまた知った一日でございました(^^)
また日々頑張って参ります!!

本日もありがとうございます。
染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

初営業!!

0dfe9dc5.jpgみなさま、こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

本日は晴天に恵まれ、青空の中、初営業!に行って参りました。
行く前にも、代表と奥様より見送られ、戦地に旅立つような気分でございましたが、笑顔と元気な声に背中を押され、お店を出ることが出来ました(^^)

さて、個人宅を突撃訪問ですので、最初の1件目の呼び鈴を押すのはかなりの勇気がいりました。
でも、思ったより皆さま優しい対応をして頂き(玄関先には出ては来て頂けませんでしたが…)笑顔で3時間まわる事が出来ました。

その際に、玄関先でご歓談中の奥さまお二人とお話しすることが出来ました。
用意したご案内も細部まで読んで頂けたようで、その後に偶然にもお会いした時に、私の事をお名前で呼び止めて下さいました!!
そして、染織工芸作家展にも必ず足を運んで頂けるというお約束と、本『きもの宣言』のご縁まで頂きました。 本当に有難うございます!!

少しずつではございましょうが、和の國に興味を持って頂ける事、そして、名前をも覚えて頂ける喜び、ご縁を結んで頂ける感謝の気持ちを感じた1日目でございました。
小さなご縁から、未来に繋がります様、前に前に足を進めていきたいです。
本日おくつろぎのお時間にお邪魔させて頂きました、白川沿いの方々、有難うございました。

さて、明日はどのようなご縁がありますでしょうか・・・。

本日も有難うございます。
染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子

記事検索