2010年06月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

水無月の夜に…。

和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
今、遅まきながら、和の國便り第109号作成の真っただ中です。ふう~ 
段取りワル〜、 ハイ(汗)
チョッと休憩で逆立ちした後、ブログ書き込んでいます。


さて一年の丸半分が過ぎてしまおうとしていますが、お変わりございませんでしょうか・・・?
念頭に立てた目標は、早、目標達成!
それとも、どこか行ってしまいましたか?

私は「きもの普及」が中心軸になったことで、考え方や行動もより明瞭になってきました。
しかししかし、その事で有難いことに「NPOきもの普及」のことも増えました。
ご存知の方も沢山いらっしゃる事でしょうが、一か月前にスタッフが一人抜けたので、正直とても痛手でした。

晴天の霹靂だったので目の前が真っ暗になり、一時はハンガリーの事務局もどうなる事かと思いましたが、その事務局としての総会準備・会計業務乗り切ることが出来ました。
力を合わせて頑張ったら、それがパワーとなるものですよねっ。
鋤先美紀子さん・菊池の安武恵美子さん、それに新スタッフに家内と、みんな本当によく頑張ってくれました。

でも、頑張っているつもりなのに、「私の頑張りが足りないから…家内にも皆にも迷惑かけて」と反省することしきりです。
しかし、有難いことに「NPO法人きもの普及協会」が動き出したり、「きもの初心者の方がきものを着たい!」というご縁を頂いたりしていますので、おのずと来店も増えています。

ゆえに、仕事が夜廻しになってくるという感じですが、無事今月も終え、本当にホッとしています。
ほんと「ふう〜〜」でした。
ありがとうございます。
ほんと、おかげ様です。


また、新しいスタッフがお茶を出したりしていますので、より賑やかだと思います。
いや、とっても賑やか(心配)です。(汗)
やはり、お越しになるお客様は、当店をお選びくださりわざわざご来店頂くので、リッツカールトンのスタッフが見学に来るような、上質でさりげなく美しいおもてなしを心がけています・・・。

みんなみんな自分に出来ることを、笑顔で一所懸命頑張っています。
どうか、皆さま、温かい目でご覧いただき、お育てくださいますよう…お願い申し上げます。
今月も本当にありがとうございました。
来月もまた、どうかよろしくお願いいたします。
     南無・合掌    きものサロン和の國  茨木國夫 拝





続きを読む

元・宝塚!

6898b79b.jpgよっ、元宝塚?
スーパーモデル?
いやいや、清正公さんのお膝元熊本の川上酒店の若女将・川上千恵さんです。

熊本県ハンガリー友好協会の運営委員としても大活躍!
熊本が元気になる為の素敵な笑顔と美貌の秘訣は、日々「ありがとうございます」の賜物。

労を惜しまない日々の仕事の源は、赤ワインだそうですよっ。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

私も、ワインde…と言いたいところですが、「あい〜ん」って感じで、まだまだ仕事頑張ります。
         きものサロン和の國 茨木國夫 拝



♪♪、東むらやま〜、♪



寛容の世界。

皆さま、こんにちは。
和の國の緒方佐知子です。

今朝の雨は凄かったですね〜。
でも、雨音ってなんだか癒される気がします。

運転中、雨が激しい時は見づらいので、車のワイパーを全速にしますが、止まっている時は、ゆっくりに戻します。
車のフロントガラスに、雨の水玉がたくさん出来て、それをゆっくりワイパーで流すのが好きです。(*^。^*)
皆さまは、いかがでしょうか?

最近、義母(夫の母)から、「寛容」という言葉を聞きました。

「寛容」とは、もともと免疫学の言葉だそうです。

たとえば、臓器に不要なものが侵入してくると、免疫はそれを排除しようとします。
しかし、排除しすぎると臓器そのものが破壊されるそうです。
ウイルスとの共存を図らないと生きていけないのです。
なので、ある一定の段階でウイルスへの攻撃を制限し、共生を選択します。

この共存を、免疫の「寛容」と呼ぶのだそうです。

今年4月、世界的な免疫学者の多田富雄先生が、前立腺がんのためお亡くなりになりました。
多田先生は、9年前に脳梗塞で倒れ、右半身の自由と言葉を失ってからも懸命のリハビリを続け、左手で特製キーボードに打ち込んだ文字を、コンピュータの合成言語を使って、意欲的に「発言」を続けてこられました。また社会のあり方やイラク戦争にも異議を唱えておられたそうです。

そして、混迷極まる未来について、「これからの世界はどうなる」という問いに、多田先生は、

「長い闇の向こう側に希望が見えます。『寛容の世界』が広がっている。」

と語られました。
これが多田先生の最後の言葉となりました。


寛容の世界、、、

異物を「排除」するのではなく、「共存」しながら生き続ける・・・

相手を認めて、受入れる。。。

多田先生は、この免疫学の「寛容」という視点から、それを地球規模、人間社会のことに当てはめて、その大切さを訴え、またいつか必ずそういう世界になって欲しい、という希望を込めておっしゃった言葉なんだろうと思います。

多田先生が最後に残された「寛容の世界」のメッセージ・・・とても心に響きました。

そして、「寛容」はいろんなことに置き換えられるのかなぁと思います。

たとえば、今ある困難な現状を受け入れる、病気を受け入れる、などなど、、、

実際、多田先生もご自身の体の不自由さや、がんという病を受け入れて、それと共に生きてこられたのですから。

今ある現実と闘うのではなく、それを受け入れ、共に生きる・・・ということを教えていただいたような気がします。

考え方を少し変えるだけで、心が楽になりますね。

本当に「寛容」という言葉って、広くて深い・・・いい言葉ですね。

好きな言葉のひとつになりました。


今日もありがとうございます。

和の國 緒方佐知子

追伸、、、今日も子供の急な発熱のため、お休みを頂いております。
ご迷惑をお掛けするにもかかわらず、代表より「今は、しっかり子供さんに付き添ってあげて下さい。」と寛容なお言葉をいただきました。
本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

雪花絞り

7e853106.jpg和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
今、お店には、壇れいさんご着用のポスターに憧れ、当和の國がその商品(雪花絞り・京都藤井絞り)を取り扱っているのをお調べになり、お出かけ頂いています。

ネットで検索し、実物を見て、感動!!
幸子さんの「一生の宝ものとなりそうです」の言葉が、和の國のお店をも優しく包んでくれています。
            きものサロン和の國  茨木國夫 拝


追伸:
新スタッフの陽子さん、家内、そして私の順番に、雪花絞りの魅力を語りました。
10個程、いやそれ以上魅力が出てきました。!(^^)!

美しいものは、真に美しい!です。

まげわっぱ

c4a977b6.jpg和の國ファミリーの皆さま、こんにちは。
昨日は、早朝ポスティング、白川公園での月釜(お茶会)、店内業務、お振袖返品、午後9時半頃、久々自宅へ帰りました。

16時間労働???
一日フルに元気よく活動し、五臓六腑にぐーんとお酒が染み込んでいったので、意味不明?の書き込みになってしまいました。
すみません。
良寛さんの「災難にあうなら、災難に・・・」の言葉を肝に銘じ、身の丈で生きていきます。

さて、気分を変えて、一昨日嬉しい出来事がありました。
画像ご覧下さい。
このお写真では、私だけがVサインをして浮いているのですが、、、(笑)

かれこれ、30年ほどお付き合いさせてもらっているリッちゃんのお子さん二人(ひなこちゃん、こうしろうくん)がこられ、「にいちゃん、ごめ〜ん、チョッとここでご飯食べさせてもらっていいね〜」といって来られました。
もちろんOKですが、少々気になったのは、食べながらテーブルや床など汚してしまわないかと思い、大き目のお盆で食べてもらっていました。

そこに登場したのは、まげのお弁当箱です。
一般的に、プラスチック製のお弁当箱が多い中、「まげわっぱ」ですよ〜。
私は感動し嬉しくなり、そこであのVサインとなった訳です。

戻ってこられたリッチャンにも、「小さい頃からまげ使って、すごい!! 良い子育てしているね〜」って、握手をしながら話した所でした。
コンビにで何でも帰る世の中・・・、そんな世の中だから、お弁当やお弁当箱なども手のぬくもり、母親のぬくもりを子どもに伝えていきたいものですねっ。


小さい頃から何気なく本物を使っていき、手に触れ眼にしていくことで、日本人としての美意識がどんどん育まれていくのでしょう。
ほんと、いい勉強になりました。!(^^)!
私も、骨董も、お花も、大自然も、そして美しい女性も大好きです。
好きなものがいっぱいあって嬉しすぎます。!(^^)!
          きものサロン和の國 茨木國夫 拝

ぴゃ便へ

「継続は宝なり」です。
いつも? いや、最近ありがとうございます。

どんな事でも、続けることの大切さを感じています。




全世界の親分(オヤビン)、ありがとうございます。
茨木國夫 拝

華やかなお振袖

376653f0.jpg先日のブログ(23日)でも少し触れさせていただきましたが、今日はお振袖のコーナーが、和の國を華やかに彩っています。
午前中はY様ご家族がお見えになり、お着物を愛する3世代の目でじっくりとご覧いただき、「見ているうちに、孫の目も肥えてきたようです」と、喜んで下さいました。

「目が肥える」という言葉を、改めて辞書で調べると、「良い物を見て、鑑識力が増す」とあります。お若いうちから良い物を見ておく、というのは、その方の財産にもなりますよね。
いいお言葉を、ありがとうございます。

そして午後からは、3姉妹のお母様でいらっしゃる裕子さまにもお出で頂きました。
「1枚は誂えているのですが、もう1枚、シックな色のものがあるといいなあ、と思っています」と、黒地のお振袖や数点をご覧いただきました。

お振袖は、成人式以前にも着られる機会がありますし(撮影や、お正月など)、披露宴に招かれた時にも大活躍です。実際に、新郎新婦のご家族からも大変喜ばれますよね。
長い人生の中で、お振袖を着られる時期、というのは貴重だと思います。
是非、あなた様もご覧になりませんか?(明日まで展示しております。)

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子

「読書百遍ギ、、、」

皆さま、こんばんは。
和の國の緒方佐知子です。

今日は一日中、雨。。。でしたね。
昨日のお天気が、なにか遠い昔のような気がいたしましす。
お洗濯物たちが、カラッと乾きたい・・・と言ってるようです。

今日のお仕事の一つに、お着物に「値札付け」をいたしました。
ただお着物に「値札」を付けるだけのようですが、まず、金額を綺麗に、しかも真っ直ぐに、無地の値札にスタンプで押します。それをお着物に、綺麗に結びつけるのです。
そのやり方が、まだまだ練習不足で、上手に、和の國のお着物に見合うように、出来ませんでした。

その時、和の國代表から教えていただいたのが、漢字研究第一人者の白川静さんの言葉で「読書百遍ギ、自ズカラ現ル」(ドクショヒャッペンギ、オノズカラアラワル)です。

「意味が解らないことでも、百回読めば解るようになる」という意味です。
どんなに不器用で下手でも、人の何倍、何十倍、何百倍も努力すれば、きっと、きっと上手くなるのです!!

サッカーのワールドカップ(W杯)で、日本がデンマークを3−1で破り決勝トーナメント進出を決めましたね!!\(^o^)/
世界中のメディアや関係者が一斉に「日本は進化した」、「感動的」、「日本はデンマークを沈めて歴史をつくった」、「日本の守備は勇敢で、攻撃は滑らかで創造的」などと、称賛と驚きを持って伝えています。

きっときっと、日本代表の選手たちは、血のにじむような努力をしているに違いありません。努力が報われる時は、絶対に必ず、訪れるのです。

私も、「読書百遍ギ、自ズカラ現ル」の精神で、何でも精一杯努力して、頑張っていこうと思いました。
そして、自分の子供たちにも、この精神を教えていこうと思います。(*^。^*)

今日もありがとうございます。
和の國 緒方佐知子

雨の日も

54ce5cad.jpg今日はNPO法人きもの普及協会の「活動内容を知りたくて」、と悦子さまがお越し下さり、代表とひとしきりお話をされると、その場ですぐにご入会いただきました。
ありがとうございます。

このNPOの会では、3つの部:「普及活動部」「イベント部」「着物文化部」がありまして、皆さまの関心のある部に所属していただいております。
悦子さまは「着物文化部」を選ばれ、今、部で進行中の「きもの着装に関するアンケート」にお答えいただき、更にアンケート収集にご協力いただける、とのことです。(お写真を撮らせていただきました)

「着物のことをもっと知りたいですね。季節の取り合わせや訪問着等のことなど、友達にも教えてあげたいですし、いずれ着付けの資格も取りたいですね。以前お茶を習っていたので、そちらも始められれば、と思っています。もっと勉強したいので、また遊びにきますね。」と、爽やかな笑顔でお店を出られました。

そしてもうお一人、先ほどまで眞理子先生がいらして、NPOチラシの配布準備をお手伝い下さいました。
昨日のブログ等での呼びかけをご覧になり、さっそくいらして下さったのですが、雨の日にもかかわらず、ボランティアとして、見えない部分でお手伝いいただくことは、本当に有り難いことでございます。

私もきもの普及のために、お一人お一人とお話をして、ご賛同いただけるよう努めて参ります。
本日も、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子

続きを読む

きもの普及協会のお手伝いに来て下さいました。

fe3ae5fb.jpgこんにちは。大渕純枝です。

梅雨の一休みといったところでしょうか。
今日はお天気が良くて、お洗濯ものが嬉しい日ですね。
昨日、代表が「きもの普及協会のお手伝いお願いできますか?」
というメールを配信したところ、早速ご連絡頂き、
お手伝いに来て下さいました。

千晶さまと和代さまです。
本当にありがとうございます。
一生懸命、スタンプと折りをしてくださいました。
とても、助かりました。

代表のメールに打てば響くような対応にほんとにほんとに嬉しく
ありがたく思います。
皆さんのお気持ちで、ますますパワーを頂けます。

目の保養

49b51922.jpgお陰さまで、土曜日午前中ご来店のお客様に備え、今、京都の仕入先より続々と来年度の新作お振袖が入荷しています。

ここ5年以内にお嬢様がご成人予定や、ご近所のお友達など、晴れの日を祝うお知り合いの方がいらっしゃったらお出かけなさいませんか。
和の國の染の仕入先7社からの、選りすぐりのお振袖で、短い間ですが27日(日曜日)までなら、ご覧頂けます。

ほんと「私たちも、目を見張る作品]ばかりです。
ぜひ、足を伸ばして下さいませんか。
「絶対、見て良かった」と、記憶に残る事、間違いありません。


「目の保養」に、お出かけ下さいませ。
和さん、、なおみさん、ともさん…、まってますよっ。!(^^)!

折り紙の凄さ。

b0dbd3cd.jpg皆さま、こんばんは。
和の國の緒方佐知子です。

今日は、朝は曇り空でしたが、夕方から雨が降り出しましたね。
やっぱり傘は欠かせませんね。

先日20日(日)は、「父の日」でした。

「父の日」といえば、もちろん、父に感謝を表す日です。

1909年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドットさんが、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして 父の誕生月6月に「父の日礼拝」をしてもらったことがきっかけと言われているそうです。
当時すでに「母の日」が始まっていたため、彼女は「父の日」もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったみたいです。


我が家でも前日、息子たちに「父の日に、パパに何をあげようか?」と尋ねてみました。
6歳のお兄ちゃんは、「パパに、お花を作ってあげる!!ひまわりとあじさいにする!」と言い、
もうすぐ4歳の弟は、「アイスクリームをあげる!!お花はいやだ!」・・・でした。
弟の方は、自分がもらうつもりだったのでしょうか・・・?(^_^;)

お兄ちゃんは、お花を「折り紙」で作ることを決めたようでした。

きれいな色の「折り紙」を折ったり、切ったり、セロテープで貼ったり、のりで付けたり、いろいろ工夫して「ひまわり」や「あじさい」を作りあげました。

とっても、素敵な作品が出来上がりました。
パパも大喜びで、早速、そのプレゼントを仕事部屋の壁に飾っていました。

殺風景な仕事部屋が、ぱぁっと明るくなりました☆(*^。^*)


「折り紙」といえば・・・

「折り紙」はOri-gamiとして、日本の伝統文化として海外でも知られているそうです。
その中でも、「ミウラ折り」ってご存知ですか?

・・・私はつい最近知りました。

コンパクトにたため、紙の一端を引っ張れば、一気に全体を開くことができ、力をかけずに自然と元に戻せる折り方です。

宇宙に、大きさや重さが限られたロケットで物を運ぶとき、この難題に突破口をもたらしたのが、「ミウラ折り」と呼ばれる『折り紙』だそうです。
物体を折り紙のようにたたんで運ぶのです。

旧宇宙科学研究所の三浦公亮名誉教授が考えた、この「ミウラ折り」(miura-ori)が、太陽系探査衛星「はるか」や「スペースシャトル」の「ソーラパネル」、「宇宙構造物」として宇宙空間に、多数投入されたばかりでなく、近未来では「ソーラヨット」(太陽帆船)までも計画されているそうです。

日本の伝統文化の「折り紙」を応用したものが、最先端のところで活躍しているんですね!!びっくりしました。

やっぱり、日本の伝統文化って凄いなとあらためて思いました。
これから、もっともっと日本の文化が見直される時代が来るかもしれません。。。

子供が作った「折り紙」のプレゼントを見ながら、そんなことを思いました。

今日もありがとうございます。
和の國 緒方佐知子

勇気100倍+ご縁

○○○○子
昭和○○年6月19日生まれ
○○才

きもの宣言、拝読しました。
並々ならぬパワーを頂戴しました。
次は、メールでパワーをいただきたく
メール配信を希望いたします。
よろしくお願いいたします。




お茶のお稽古を終え、携帯メールを開くと、上記のメールが届いていました。
本当に有難いです。
こちらの方が、勇気を与えて頂いたような…そんな気がします。


くしくも、今日は「夏至」・「メール配信の日」、ご縁を感じます。
今日も一日、本当にありがとうございました。
お疲れ様でしたぁ〜。
お休みなさいませ。
               きものサロン和の國 茨木國夫 拝

ゆかたレッスン

ff96af3a.jpg今日は、「NPO法人きもの普及協会」主催の「ゆかたの帯結びレッスン」が、当和の國にて、少数精鋭で行われました。 
まさに、小さく初めて、大きく花開くって感じです。
ご参加者の声を聞いて下さい。



今日は、帯結びだけでなく、ゆかたの着方も教えていただけてよかったです。
もともと自分が習っていたやり方よりも、ゆりさん(本日講師)に教えていただいたやり方だと、びっくりするほどしわがなくなって、感動でした。
帯も、すごく可愛い結び方を教えていただけて、大満足でした。
今年の夏は、ゆかたを着てどこかに出掛けたいと思います。ありがとうございました。
(熊本市・学生・20代・古賀由里恵さま)



成人式以来、着物を着ることなく過ごしてきました。
昨年ゆかたを着たいと思って購入したのですが、どうやって着たらよいのか分からず、着ないまま夏が過ぎてしまいましたので、今年こそはと思い、「ゆかたの着付け教室」に参加しました。正直な感想としてまず「難しい」、でも出来あがった姿を鏡で見て、我ながら「すてき!」

不思議なことに、この文章を書いている今「日本人で良かったな」という気持ちがこみあげてきています。しかし今まで全くなじみがなかったこともあり、今日1日ではとうてい家で1人で着ることができません。
ぜひ、この「和の國」に機会をみつけて顔を出し、1人で着ることができるようになりたいと思います。今日はありがとうございました。
(熊本市・大城幸恵さま)



単純に、男に生まれて良かったと思います。
女性の着物の着方を見ていて、つくづくそう思いました。
ゆえに、自宅でくつろぐ際や、ちょっとした外出等、積極的に着物を着るべき…と思ったりしました。
(熊本市・20代・松下史也様)




お陰さまで有り難いことに、今お店では「NPO法人きもの普及協会」の郵便物発送準備で、みんな頑張っています。
10時までには目途をつけ「父の日」に備えたい気分です(汗)、、、。



追伸:
それから、今日はNPO法人きもの普及協会副代表の川口茂先生のお店(春)のオープンでもありました。!(^^)!
昨晩行ってきましたぁ〜。

また、詳細は追ってお知らせしますが、植木温泉に誕生したハンドメイドの店と温故知新なギャラリーがメインです。
ぜひ、温泉気分でお出かけ下さいねっ。

開店準備

dc684996.jpg本日より、「きもの宣言」記念展がスタートいたしました。
今朝は代表夫妻が「きもの宣言17年の歩み」をディスプレイされたのですが、これまでの取材や、いただいたご縁などを振り返られ、「本当に有り難いことね」と、沢山の思い出が詰まった写真を貼られてまして、思わず1枚撮らせていただきました。

ご夫婦仲良く、いつも明るく、会話もふんだんで、見ていてとても微笑ましいです。
…と書いていましたら、11時の開店と同時にmikakoさまがお出でになり、その後も「すぱいすを見て、初めて勇気を出して来てみました」というご新規の方や、近々ご結婚のお嬢さまとご一緒にいらした直子さま、ご紹介で、お振袖をご覧にお越しいただいたSさまご家族…と、今もご来店が続いています。

初日の賑やかさに、本当に嬉しく存じます。
明るく活気のある和の國へ、是非皆さまもお立ち寄り下さいませ。展示会は27日(日)まで開催しております。
いつも、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子

復活宣言。

1afd93e4.jpg実は、昨日の夕刻よりチョッと体調崩しました。
ノドざらざら、頭ガンガン攻撃にあいましたが、先ほど完全復活宣言です。!(^^)!

その処方箋は、
1)水を飲む
2)お布団が恋人
3)雨音を楽しむ
4)母が買っていたケール(青汁の元)の葉をミキサーでつぶし、昼夜3杯づつ飲む。
5)好きなものを食べる(桂仙ラーメン・アサリのお味噌汁・いわしの塩焼き)
 ・・・でした。

その中でも、ケールはスゴイです。
青虫になった気持ちで飲みましたが、内心「何で病気でもないのに〜」って思いつつも、八名信夫さんのお顔が浮かんできました。

もしや、即刻復活できたのも、青汁パワーかもしれません。
余談ですが、水につけておくとほんと元気になります。
しなしなが、ぱりぱりです。
(画像は、ミキサーの中で水分補給し、元気いっぱいになったケールです)

やっぱり、何にても水分は大事です。
あなた様も私も、瑞々しく美しく!
潤いをます日本列島に、お水で乾杯!!
          きものサロン和の國 茨木國夫 拝


追伸:
冷蔵庫を開けると、冷えたアサヒビールが「美味しいよ〜。」ってささやいているように聞こえました。
しかし、・・・。

誘惑に勝ちます。 たぶん、、、  手∩手

友人から教えてもらいました。

こんにちは。和の國の大渕純枝です。
けさの雨は凄かったですね。
一番多雨だった時に和の國に参りましたので、足元はびしょびしょでした。
でも、いよいよ梅雨になったことを実感できました。
田んぼのお水も大丈夫ですね。ありがたいことです。

休話閑題。
先日、友人にNPO法人きもの普及協会の案内書を見せていたところ、
「以前、伝統工芸館で、展示会をされてたでしょう。」と、言われました。
「桜の木で染めたお着物が素晴らしかったのよ。」
びっくりです。

私が、和の國にお世話になる前の事なので、
そのお着物は見た事がないのですが、
友人は、色々説明してくれました。

木の皮で染めてあるのにピンク色だったとか、
桜の花が咲く前の、つぼみが膨らんだ時の木の皮が、
一番色が着くそうなど、、、。
とてもきれいだった事を、嬉しそうに話してくれました。

私が、ご案内しようと思っていたのですが、
逆にいろいろ教えてもらいました。
とても嬉しかったです。
こんな身近に、和の國を知っている友人がいたなんて。
ありがたいことです。

お互いに新しい一面を見る事が出来ました。
こんな出会いが本当に広がっていきますように。

ヨーロッパの宝石箱。。。

皆さま、こんばんは。
和の國の緒方佐知子です。
今日は、夕方から雨が降り出しましたね。天気予報によると、明日から雨が続くそうです!
いよいよ本格的な梅雨の到来といった感じですね。恵みの雨。。。です。

昨日は、熊本県ハンガリー友好協会の総会、講演会、懇親会が、KKRホテルにて行われました。私も受付をお手伝いさせていただきました。
ご出席の方々は、100名近くいらっしゃいました。
本当に盛会でございました。

ちょうど昨年は、日本とハンガリーは、国交樹立140周年・外交回復してから50周年という極めて記念すべき年でした。その年に、熊本県ハンガリー友好協会は設立されました。
当「和の國」は、熊本県ハンガリー友好協会の事務局でもございます。

ハンガリー、、、名前は聞いたことあるけど・・・と言われる方もいらっしゃると思います。

『ヨーロッパの宝石箱・ハンガリーの魅力。。。』

ヨーロッパ諸国の中で、唯一アジア系民族のハンガリー。
ラテン系やスラブ系の国に囲まれ、「ヨーロッパに投げられたアジアの石」といわれる彼らは、名字が名前の前にきたり、赤ちゃんのお尻には蒙古斑があったりと、日本人との共通点も多く、そのせいか概して日本人には好意的だそうです。

なにか親近感が沸きますね。

ヨーロッパでありながら、アジア的な大地の香りがするハンガリーは、ほかのヨーロッパ諸国にはない不思議な包容力を持っています。

☆「ドナウの真珠」、「ドナウのバラ」ともいわれるブタペストの町並みなど、ロマンをかきたてる世界遺産の数々。(なんと世界遺産は8か所もあるそうです!)

☆ルイ14世が「これこそはワインの王であり、王のワインである!」と言い放った、トカイ地方で造られる極上のワイン。

☆全国に湧き出る薬効豊かな温泉王国
などなど・・・

多彩な魅力に惹かれ、この国を訪れる人々は後を絶たないそうです。

ハンガリーって、とっても魅力的で素敵な国なんですね(*^。^*)
ぜひ1度は行ってみたいなぁと思いました。
皆さまもいかがですか?

今日もありがとうございます。
和の國 緒方佐知子

追伸:今日の熊日新聞発行の「すぱいす」の13ページに、「茨木國夫きもの宣言記念展」ということで「和の國」が、紹介されています。
ぜひ、ご覧くださいませ。。。(*^_^*)

モーニングセミナー

a463e48c.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます
今朝は、熊本北倫理法人会のモーニングセミナーに家内と出かけてきました。
機能病院で朝6時スタートでしたが、熱気ムンムン。

今日の講師は、いつもお世話になっている…元外務副大臣木村仁先生のご令室、木村良子様でした。
東京から熊本に来てからの日々など、不撓不屈の経験をもお話し頂きました。

そこで一番感じたのは、「『公』の立場にたって、悔いのない生き方をし、そして決めたら全力でやる」ということです。
一見文章を読んだら、当たり前のようですが、経験談を分かりやすく話すって大事なことと改めて感じるとともに、言葉の強さというか言葉の重みは経験からでるのだな〜、私も今から起こりうるたくさんの経験を喜んで積んでいこうと、心新たにした次第でした。



おかげ様で、昨晩ハンガリーの総会・懇親会も滞りなく終えました。 ホッ。。。
まだ、財務処理など残っていますが、一つのことをやり遂げた充実感と、事務局をお預かりさせて頂いていることに対して感謝を胸に、今日も最高の一日となりますよう、笑顔で頑張ります。

暑くなりそうな一日です。
熊本の美味しい水をゴクゴク飲んで、胸を張って今日も元気にいきましょう。
              きものサロン和の國 茨木國夫 拝


追伸:
とにかく、水飲みましょう。
モデルさんは、一日7リットル飲むそうです。
撮影以外は、水飲むか、おしっこかも???

でも、水飲んで、瑞々しくいきましょう。!(^^)!

喜びもまた、ひとしお

7f0315ca.jpgお写真の智美さんは、かれこれ10年以上のお付き合い、今は2児のママとしても活躍中です。
そんな智美さんとの出会いは、観世流のお仕舞いやお謡いのお稽古の時でした。
求人案内をパラパラとめくっていたら、懐かしい顔に嬉しくなり電話したそうで、早速今日お見えになりました。

10年以上前、まだ長女が幼少の頃、お仕舞いの時に恥ずかしくて「おねーちゃん」といって泣きながらだっこされていた頃からの付き合いなので、子供二人とも大学生というと、びっくりされていました。

そして、今の私の仕事やNPOのお話をさせてもらうと、「全然変わってないですね〜。」との声に、嬉しくなりました。
智美さんは、高校時代からプロの能楽師について研鑽を重ねてこられました。
そんな彼女と、また当和の國で再会できるなんて、ほんと嬉しいです。
「出会い」には、別れがつきものですが、再会の喜びもまたひとしおです。

今日は、「熊本県ハンガリー友好協会総会」の為、KKRホテルに来ています。
家内とスタッフは受付の準備、私は、プロジェクター担当なので、インターネットにつないでもらい、こっそり?ブログ書き込む事が出来ます。

いつもお付き合いくださり誠にありがとうございます。
    きものサロン和の國    茨木國夫 拝

一日三省

和の國ファミリーの皆さま、こんばんはorおはようございます。
昨日は、サッカー日本勝ちましたね。
実は、久々実家に帰り、私も満を持してみていましたぁ〜。

・・・というか、サウナの場所意外で、久々テレビを見ました。
正直、私はサッカー派よりラグビー派ですが、やっぱり全力で事に当たることってとても大切ですよねっ。
何でも、「一所懸命さ」というのは良いものです。

日本代表が一心にボールを追いかける姿を見ていると、「オレ何してんだろう・・・。頑張れ〜。」という声が聞こえてきそうです。
高校時代は学年で1〜2の身体能力がありましたが、今は影も形も・・・。
くにさん48歳!、チョイ悪オヤジ?
ゆえに、この「きもの道」を全力で突き進むしかありません。

明日は、熊本県ハンガリー友好協会の総会と懇親会なので、事務局をお預かりしている立場としては、今・そちらにも全力です。
私は事務所で、家内は今も店でその作業・準備中です。

明朝には、そちらも一段落するので、より「きもの普及活動」を通し、熊本が文化の街となり、日本が元気になるように、命を賭けて取り組みます。
仕事、追いつき追いこせです。(^o^)/



ふと、、、1年前のことを思い出しました。
1年前は、「きもの宣言」最終入稿で微熱と共に、ウンウン唸っていました。
懐かしいですし、ブログをチョッと読んだら、昨日のことのように思い出されました。

頑張りが足りない足りない、「一日三省」とはよく言ったものです。。
明日から、また本当に頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。
                 茨木國夫 拝




おじぎそう。

b0ef55e7.jpg皆さま、こんばんは。
和の國の緒方佐知子です。

今日は、梅雨入りしたのを少し感じられた1日でしたね。
自然の大地、木々、花々、動物たちも、待ちわびた雨に喜んでいることでしょう。
皆さまはいかがお過ごしですか?

我が家では、「おじぎそう」がやっと芽を出してくれましたぁ!\(~o~)/
息子たちの毎月送ってくる6月号の教材に、セットで入っていました。
息子たちは、とっても嬉しそうに、土を入れて、種を4つ植えました。

名前は、『おじくん』に決まりました・・・(^_^;)

赤いじょうろでお水をやって、横に置いてあるカラフルなメガホンで
「おじくん〜! 早く芽を出してね〜!!がんばれ〜!!」と大きな声で、毎日応援していました。
その甲斐あってか(?)やっと芽が出てきました。

皆さまは、「おじぎそう」、ご存知ですか?
私は、恥ずかしながら知りませんでした。
それで調べてみました。

触れると、小さな葉がぴたりと閉じ合わさって、葉の軸の付け根から「かくん」と下向きに折れる姿はおもしろく、その姿は名前の通り「おじぎ」をしているよう、、、だそうです。

夏になると、葉の付け根にピンク色でボール状のかわいらしい花を咲かせます。
花の後には、さやができてタネをつけます。

日本に渡来したの天保14年(1843年)頃と言われています。
学名’ミモサ・プディガ(Mimosa pudica)’の’プディガ(pudica)’は「恥ずかしがる」という意味で、中国名で「オジギソウ」のことを「羞恥草」と言いますが、いずれも触れると葉を閉じる様子に由来すると考えられます。

また、1600年代にはオジギソウの実験もされていたようで、1880年には、かの有名なダーウィンも『植物の運動力』という本で触れているらしいです。
上智大学理工学部 土屋隆英教授の「オジギソウ」に関する研究が、イギリスの科学雑誌『ネイチャー』でも紹介されたそうです。

・・・調べてみると、「おじぎそう」って凄いんですね。

もう少し成長したら、自分を応援するかけ声を聴いて、きっと『おじくん』は、かわいいおじきを見せてくれるでしょう。

二人とも喜ぶこと間違いなしです。(*^。^*)

今から楽しみです。(^o^)丿

今日もありがとうございます。
和の國 緒方佐知子

プチマダム

416b2853.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
昨日も、プチマダムのりつこさま・みかこさまにお立ち寄り頂きました。

りっちゃんは、今から木綿の着物を中心としてきものデビューなさるそうで、またみかさんは「きもの熱が出ないようにしないと〜。」と頬を赤く染めてらっしやいました。

まだまだ、子育て真っ盛りの方々にも、きものが「究極のファッション」として浸透していきつつあること、着て人生を楽しみたいと思っていること、本当に有難く嬉しく思います。
今日は「着付けのお稽古日」、私は今からお茶のお稽古にいって、そしてお昼の来客に備えます。

今日も、笑顔で楽しく美しく…共に頑張りましょう!(^^)!   
行ってきま〜す(^o^)/                     茨木國夫

きもの宣言月

今月は当「和の國」代表 茨木國夫(ニックネーム:くにさん)が、17年前に一生涯きものだけを着続ける宣言をした月ということで、毎年6月を「きもの宣言月」と銘打ち、今週後半より『「きもの宣言」記念展』を開催いたします。

真心を込め、より良い品質の商品を取りそろえて、お一人お一人をお迎えさせていただきます。
あなた様のお越しを、心よりお待ち申し上げます。


和の國では、ご存じの通り、お着物を通して素敵な方々とのご縁もたくさんございます。ご職業も出身地もそれぞれに違う方が、着物という日本文化を愛する気持ちで集って下さり、その和は熊本から着実に広がっています。
私も皆様から色々なことを教えていただき、そして、いつも元気を与えて頂くことは、とても有難いことです。

今日も、ありがとうございます。
染織工芸サロン 和の國 鋤先美紀子

支えられて…。

b0d17357.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
雨音の美しい朝でございます・・・。
昨日の「梅雨入り宣言」に、ほっと心和ませた方も多かったのではないでしょうか…。

梅雨のおかげで、水不足になることもなく、我々は美味しい熊本の水をゴクゴクと頂くことができます。
今、コップ2杯の目覚めのお水が、五臓六腑に沁みわたっています。(^o^)/

さて今日の画像は、当店の正面の李朝のテーブルの上に置いている紫陽花ですが、良く見ると、棒で支えているように見えませんか?
実は、お花が控えめで下を向いているので、風炉のお茶灼の枝の部分を使って支えています。
お茶の先生がこの画像をみられたら、何とおっしゃるかは別問題にして、このお花もこの支えがなかったら、あっち向いてホイ状態でしたが、陽の目を浴びることになりました。

つっかい棒に支えられる…花
梅雨に支えられる…大自然
お客様に支えられる…和の國
仕入れ先に支えられる…和の國
仕立屋さんに支えられる…和の國
読んでくださる人に支えられる…和の國ブログ
        
   嗚呼…      南無・合掌


すべて、支えられて生きているのですよねっ。 ハイ!!
感謝を胸に、今日も「きもの普及活動」に全力で頑張ります。



どうか、このブログをご覧の皆さまも、きもの普及活動の一環として、
 1)月に一度、きものを着る。
 2)着物姿を見かけたら、賞賛する。
 3)「着物は良いよ〜」と、親子・知人友人など、着物の会話に持っていく
 4)「和が好きだ」と思いこみ、呪文のごとく唱える。
 5)この「和の國ブログ」を、友人知人にお勧めする。
 6)コメントもたまに書いて、國さんを元気づける。!(^^)!
 7)和の國に、顔出しに来る。

…などなど、自分に出来ることをやって「NPO法人きもの普及協会」Or「きものサロン和の國」を支えていただけませんか?

  とにかく、全力で、何でも頑張りましょう(^o^)/     
                きものサロン和の國   茨木國夫 拝

トントン拍子に

9f8b2625.jpg先月の「男のきもの展」に、「生まれて初めて浴衣を作ろうと思って」とお越し頂いたKEI様。浴衣の仮仕立てが届くと、今週さっそく仕事帰りに合わせにいらっしゃり、京都から届いたばかりの、越後上布の角帯もご覧いただきました。

「浴衣でも数十万はすると思っていたところ、手頃で、自分にとって求めやすい価格だったので、この夏着たい、と思いました。帯も何点か見せてもらい、少しカジュアルな物を合わせたかったのでお願いしていたら、すぐに見つけていただきました。どちらも奥さんに見立ててもらって、本当に良かったです。」と、大変お気に召していただき、私もすごく嬉しいです。

来週15日(火)19時〜は、
     「男性のきもの着付け教室」
          主催:「NPO法人きもの普及協会」
                (問合せ先:和の國内 TEL 096-359-0805)
          場所:和の國
          参加費:一般1000円。NPO会員500円。
が開かれるのですが
「それに間に合うように、仕立てて」とのリクエストです。

お着物(浴衣)との出合いがまずあって、着付けの練習の機会が丁度あり、間もなく浴衣のシーズンで、と、とてもタイミング良く、トントン拍子に着装の予定を得られたKEI様。タイミングというのも、大事な要素ですよね。

男性にとっても、浴衣は取り入れやすいアイテムです。
皆様も是非、今シーズン、浴衣(又は夏のお着物)にチャレンジなさいませんか?
ちょっとした疑問など、気になることがありましたら、是非和の國へお問い合わせ下さいませ。
今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
スタッフ 鋤先美紀子

イヴを楽しみました。

38a8ad4a.jpg和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
今日は、イブです。
明日が、菊池本店で頑張ってる安武恵美子さんの誕生日だら、イヴ?
それも一里ありますが、5月12日より断酒していて、明日で一カ月となるので、そのイヴです。!(^^)!

ゆえに、長崎産のやりイカのお刺身・有明産のあさり貝のお味噌汁・阿蘇の豆腐に土佐の鰹節・酢ゴボウ・玄米ご飯で、お祝いをこっそりしました。
お味噌汁のダシのいりこの尾頭付きですよぉ~。
イカのお刺身を温かいご飯の上に乗せて食べるのもまた格別で、お酒を口にしないので、嗜好も少し変わり、イヴを楽しむことができました。
まさに、「壺中天」の世界です。

それと並行して頑張ったのが「半断食」です。
どういうことかと申しますと、断食の半分、つまり夕食後明朝の食事はとらずお昼に食事をする(一日二食)ので、夜8時に夕食を済ませたとしたら、お昼12時まで、約16時間水分以外は口にしないことです。
慣れればいいのですが、夜も食事後果物もお菓子も一切口にしないので、当然朝からお腹が空きます。

でも「健康の為」「五臓六腑の為」と思い、禁酒同様に続ける事ができました。
やはり、お腹が空くと、余計にご飯が美味しく感じられ、食事も大事に取ろうという気にもなります。
おかげ様で、その二つのことが一ヶ月続きましたよぉ〜。
自分自身に、パチパチです!(^^)!  快挙です!(^^)!


お酒も飲まないと、24時間頭が冴え渡っています。
24時間「仕事のこと」「きもの普及」のことが、頭をよぎります。
朝起きて夜寝るまでだから、約20時間近くが仕事モードです。 ハイ!(^^)!
良いことかどうかは別として、本当に、趣味・仕事の境目が完全に無くなってきました。

ときどき、ふぉと「何でこんなに夜寝るまで、好きなアルコールも止めてまで!」と思ったりしますが、その時は、PC前に張っている「断酒の理由」を声に出して読んで自分自身の心を鼓舞しています。


画像は、熊本市役所裏のお勧めのラーメン屋さんですが、本文とは直接関係ありませんが、美味しいです。
お勧めは「赤みその大盛りラーメン」ですが、麺が無くなる前後に、ご飯の小を頂くと、そのお汁で2倍楽しめます。
また、つけ麺も人気があるみたいです。

そんなこと書くから、お腹が空いてきました。うっ!(^^)!
今から休んで、また明日から元気に頑張ります。
空耳で、チャルメラを聞きながら…。
               きものサロン和の國 茨木國夫 拝

お着物でパーティに参加

こんにちは。和の國の大渕純枝です。
先日、大きなパーティがありましたので、お着物で参加させて頂きました。
500名近い参加者の中で、お着物姿の方は、5~6名程でした。
雨模様でしたし気温も高かったので、お着物を着ることを
控えられた方もいらっしゃったことと思います。

普段私は、ジーンズなどでいることが多いので、ご挨拶に回った時には、
皆さまに驚かれました。
そして、とてもほめて頂きましたし、喜んで頂きました。
お着物を着るだけで、こんなに喜んで頂けるなんてこちらこそ大変嬉しく思いました。

後日、お会いしたパーティ参加者の方々にまたもやほめられまして、
恐縮してしまいました。
実は、2・3日前に、奥さんがお客様に前結びの実演をしていらっしゃったのを見ていたのです。パーティ当日、奥さんの前結びを思い出しながらやってみました。

完ぺきではありませんが、これからも挑戦してみます。
教えて頂いた奥さん、ありがとうございました。

∞無限大∞

40edd939.jpg和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
私も今日(6月10日)はとっても良いことが重なったので、書き込みさせて頂きます。
お付き合いください。

1)「NPO法人きもの普及協会」の定款等を、無事パレアに提出出来たこと…。
2)素敵に装った和さまが、和の国を彩っていただいたこと…。
3)昨日引き続き、今日もまた「男性のきもの」のご縁があったこと…。
4)事務所兼仮住まいに畳を2枚引き、そこにちゃぶ台を置いたこと…。
5)袴に着物姿でいたら、それと同じ装いの注文を受けたこと…。


色々と有難いことを列挙していったら、∞(無限大)です。
まさに、お蚕さんそのもののような…そんな気がしています。
          感謝・合掌        きものサロン和の國  茨木國夫 拝


追伸:
家内はまだ、店で仕事中(残業中)ですが、私は上下の瞼が「仲良しこよし」しています。
「仕事は人格を磨いてくれて、尊くてやりがいのあるもの」ですが、睡魔が・・・。
睡魔せん(汗)。。。

素敵な変化。

8a740e99.jpg皆さま、こんにちは。
和の國の緒方佐知子です。

今日もいいお天気でしたね〜。木々や草花たちは、梅雨に備えて 今のうちに太陽の光を体いっぱいに浴びているようでした。
紫陽花が今とっても輝いていて、きれいですね。いろんな色がありますが、どれも微妙に色が違い、それぞれが自分の魅力を出して、咲き誇っています。  

今日は朝から、とっても嬉しいことがありました(*^。^*)
先日のブログを見て下さった方々から、お手紙で、また和の國のお店で、心温まるお言葉をいただきました。
本当に嬉しくて、涙を止めることができませんでした。本当にありがとうございます。


祖母が突然亡くなってよく思うことは、悔いのないように生きるということです。
あの時こうしておけば良かった、、、など後で思っても、過去は変えられないからです。
今の自分の気持ちを素直に伝えることは、とっても大切だと思います。
感謝の言葉や想いを心では思っていても、照れくさくて、言葉に出して言えない方も多いと思います。。。


あるコラムで読んだのですが、

『言葉が変わる』⇒ 『こころが変わる』 ⇒ 『行動が変わる』 ⇒ 『習慣が変わる』 ⇒ 『人柄が変わる』 ⇒ 『周りの人が変わる』 ⇒ 『自分の未来が変わる』

自分の心がけひとつで、こんなに嬉しい変化があるんだと思うと、なんだかとっても素敵ですね。やってみる価値があると思いませんか。。。?

今日もありがとうございます。

和の國 緒方佐知子


記事検索