2010年12月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

雪化粧

ab1f065a.jpgおはようございます。

店のすぐ近くの仮住まいから見る…「熊本城と金峰山」です。

朝から、来年1月5日からの菊池洋守さんの展示会を予定していますので、そのポスティングに行ってきました。

寒いけど、充実。

威風堂々とした熊本城が、「お帰り~」と待っていてくれました。!(^^)!

茨木國夫 拝

ご案内

9d7deade.jpgこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

今日は午前中、お着物姿で由美さまと章子さまにおいで頂きました。
お二人は横山俊一郎さんのみさやま紬、芝崎重一さん色無地をお召しで、溝口あけみさまの型絵染帯を鏡前で当てられて、お相手のコーディネートも楽しんでいらっしゃいます。

さて今日は、由美さまがお持ちになった講演会のご案内をさせていただきます。
来年のニューイヤーコンサートの前日です。


 『熊本県人権フェスティバル』

日時:H23年1月22日(土)13:00~16:00
場所:熊本テルサ1F「テルサホール」

プログラム:
 13:00~開会
 13:05~人権メッセージ優秀作品表彰式
       コッコロコンサート(出演 DOYO組)
 14:30~講演「江戸時代からみる差別の構造」
       講師 田中優子さん(法政大学教授)

主催:熊本県・熊本県人権啓発推進協議会
    熊本県人権啓発活動ネットワーク協議会
問合せ先:熊本県人権同和政策課 TEL 096-333-2299


いよいよ最終日。

301fcf2a.jpg「熊本ゆかりの染織作家展」もいよいよ最終日、今日は満を持して、型絵染・溝口あけみさんの登場です。


その前に、お写真一番左が、
someori 吉田美保子さん、

中央が、今回の催事の企画立案者の安達絵里子さん(きもの専門のライター)

そして、右が僕です。

画像左手前は、東京在住の熊本出身のカメラマンに撮影してもらっているところです。

草木で染められたお着物(絵羽)は、安達絵里子さんがご着用になるために、吉田美保子さんにお願いした渾身の一枚で、タイトルは「グッドモーニング・こう君」です。



そんなこんなで、皆さまに支えられて、この会を催す事が出来ます。
本当にありがとうございます。

一年間暖めてきた催事も、今日までです。
ブログご覧のみなさま~、今日までです。

お出掛けいただけませんか・・・。
心よりお待ち申し上げます。

         きものサロン和の國  茨木國夫 拝

人、人、人

7a58f8ab.jpgこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日の和の國は、午前中行われた「吉田美保子さま講演会」のあと、ずーっと美保子さまのご関係者で溢れておりました。

ご友人やお知り合い、ご両親とお親しい方々も集われて、皆さま楽しそうに「熊本ゆかりの染織作家展」を見て行かれます。
その様子は、明日ひごなびにアップされるかもしれません。。

その人、人、人、の中、ご贔屓のお客様(よしこさま(仮名))も駆け付けて下さり、別誂えの商品のご相談など、ゆっくりとお過ごし頂きました。
先日ブログに載せていました別注品(他のお客様)のこともご存じで、「どんな物を作られたの?」とのお尋ねも。。

また今日は、以前代表の本「きもの宣言」を購入された福永様がお着物でお越しになり、美保子さまに、デザインの発想の仕方などについて熱心に話を聞かれています。
今日は、その福永様を撮影させて頂きました。ご自分でも絵を描かれ、イタリア語を勉強中だそうです。。
(写真の一番左が吉田美保子さま、その右側が安達絵里子さまです。)

美保子さまは、明日も在店して下さいます。
制作のエピソードなど、作家ご本人に直接うかがえる機会でございます。
まだご覧でないお客様も是非、お気軽にお出掛け下さいませ。

本日も賑やかです

c4187925.jpg今日二日目を迎える「熊本ゆかりの染織作家展」は、土曜日ということで、男性お一人のお客様やご夫妻、小さなお子様と一緒のご家族も多く見受けられます。

本日在店予定でした黒木千穂子さま、吉田美保子さまに加えて、先程は宮﨑直美さまもお越し下さいました。
今回の染織作家の皆さまは、お互いの作品をご覧になりながら、「この織り方はどうなっているんですか?」ですとか、「柄の出し方、色の染料…」等技術的なことを尋ね合っていらっしゃいます。

私が驚いたのは、そのような技法を、プロの方同士、皆さまが惜しげもなく披露されることです。
昨日お見えの堀絹子さまも同様でした。(絹子さまは、「制作の苦労や技術的なことを話すより、好きに楽しんでほしい」との思いで、普段は敢えてお話ししないそうですが)

明日はパレアにて下記講演会を予定しているのですが、その中でも、制作段階のエピソードなどをお話しいただきます。
実際に使われるお道具も、見せて下さるそうですよ。

まだお席もございますので、是非お誘い合わせの上、お出掛け下さいませ。


◆講演会 「吉田美保子氏トークショー」 『私とSOMEORI』◆

 日時: 12月19日(日)午前10時~11時30分
 場所: 熊本県民交流館パレア
 参加費: 500円(会員) 1000円(一般)

ランチ会も予定しております。12時より、一水にて。(1500円 要予約)
午前中ご都合の合わないお方は、ランチのみのご参加も、是非どうぞ。

※なお準備の都合で、19日ご参加の方々におかれましては、事前にご一報頂ければ有り難く存じます。(TEL 359-0805)


始まりました♪

6fbdb65d.jpgみなさま、こんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
ここしばらくは、お天気も良いようですね。

さて今日から、「熊本ゆかりの染織作家展」がスタート致しました。
開店と同時にお客様、そしてお電話も次から次にかかり、店の場所を順にご案内しています。
嬉しいことにずっとお客様が続いてまして、今ようやく一段落し、続きを書いております。

今日の画像は、熊本日日新聞社様取材に応対中の模様です。
本日正面に飾っています、吉田美保子さま作のお着物に 溝口あけみさま作の帯を前に、安達絵里子様(お着物の女性)がご説明されています。

絵里子様は、プロのきものライターでいらっしゃり、この展覧会の企画を立てて下さいました。
朝早くから開店準備にお出で下さり、その後もお一人お一人に丁寧にお話ししていらっしゃいます。

また、本日は堀絹子さまがお店にお見えでございます。
今日一日のみの在店予定でございますので、ブログをご覧の皆さまも、是非、お出掛け下さいませ。
和の國の空間は今日は一段と華やかに、透き通った雰囲気で、作品が微笑んでいます。

明日より、作家展開催!!

eb9467d0.jpg寒くなりましたが、いよいよ明日からです。

とっても熱~い和の國です。!(^^)!

一日がかりで準備しました。




明日より、『熊本ゆかりの染織作家展』が始まります。!(^^)!

こう、ご期待下さい。

ブログを見た人は、絶対来てください。




画像は、ショールシリーズで、向かって右より、
堀絹子さん
宮﨑直美さん
吉田美保子さん
黒木千穂子さん
…作です。

それぞれに、それぞれの美しさがあります。

         きものサロン和の國 茨木國夫 拝

おめでとうございます。

376abe4e.jpg
タンタタ、タタタタ、タタタタタタタタ~

♪・♪♪・・♪♪♪

♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪






一日遅れですが、

カノンちゃん、お誕生日

おめでとうございます。




着物のおっちゃんより。

届いたばかりの…

7ebc765f.jpgみなさまこんばんは。スタッフの鋤先美紀子です。

今日お店に入りますと、届いたばかりの素敵な作品が微笑んでいました。
17日~スタートの「熊本ゆかりの染織作家展」で展示させていただく、堀絹子さまの作品です。(お写真ご覧下さいませ)

本日代表が絹子さまの工房へ出向き、お預かりしてきたのですが、こちらは今年度、第84回国展にて工芸部奨励賞を受賞された着尺・・「山吹藍翠緑」でございます。

昨日まで国展カタログの写真でしか見られなかった、素敵なこの着尺も、和の國で展示会の初日を待っています。
実際の作品から受ける力や色、風合いの印象は、お写真とは比べ物になりません。

そして先程、19日開催の吉田美保子さまトークショーの記事に、ブログをリンクさせて頂いたところ、美保子さまもお着物を織り上げられ、次は帯…、と、ブログに制作の状況がしるされています。
皆さまの作品が続々と到着しまして、その度歓喜の声が上がっている和の國です。

今回出品して頂く染織作家の皆さま
 
 ・堀絹子さま   草木染織 (12/17)
 ・吉田美保子さま SOMEORI (12/18~20)
 ・岡村美和さま  型絵染 (12/21)
 ・宮﨑直美さま  草木染織 (12/22)
 ・溝口あけみさま 型絵染 (12/23)
 ・黒木千穂子さま 草木染織  (未定)

        (  )内の在店予定日順

今回企画をご提案下さった、きものライターの安達絵里子さまも、連日在店なさいます。

ご出品の皆様は、日本の中でもトップレベルの実力をお持ちの方々です。
熊本在住又はご出身で、プロとして技術を磨かれている作り手がこれほどいらっしゃるとは、本当に素晴らしいことでございます。

ブログをご覧のあなた様にも、是非お運びいただきたく存じます。
あなた様のお越しを心より、お待ち申し上げます。


今日も、ありがとうございます。

僕ときもの

僕ときもの     



僕にとって、「きもの」は『お袋』だ。何でも教えてくれる。

例えば、体がチョッときつい時やチョッと考えが後ろ向きの時は、角帯をキュッと締めることによって、しゃんとなる。

自然に姿勢が伸びてくる。おヘソの下の「丹田」の場所が気持ち良くなる。

そこに帯がくることで、体のバランス感覚も良くなる。

とにかく、ピシっとなって「さあ、今から頑張ろう!」という気持ちにさせてくれる。






また、街を歩くときもそうだ。

男性の着物姿は、お正月以外は街で見かけないので、とっても視線を浴びる。

信号待ちの時には、まるで空港の保安検査官のように、上から下までくまなく見られる方もある。

病院や銀行などもそうだ。まるで寄せては返す波のように、僕が右をむけばボクを見ている人も、何気なく右を向かれ、面映かった。

だから、そこに行きたくなかった。

うわさ話が聞こえた事もある。でもずっと着物をきていたら、僕もだんだん慣れてきた。

「しゃん」としていれば、他の人の視線がだんだん気にならなくなった。

返ってその視線があったからこそ、ボクも「肥後もっこすの気質」で頑張れたと、今は思える。





やっぱり着物姿は、猫背で曲がって歩いていても似合わないしかっこ悪いので、段々姿勢を意識して、まっすぐになってきた。

そうしたら、たぶん考え方までまっすぐになってきた。

また、袴を履くと、袴板がおヘソの真後ろの背中に当たる。

その場所に袴が当たると、後ろからとグイッと背中をおしてくれるような気になる。

「頑張れ、頑張れ!」…と。

コンサートのご案内

b33959ea.jpg

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

街中はイルミネーションが輝き、街を少し離れると、夜空には美しい星がきらめいています。
今年も、あとひと月ほどですね。

さて今日はコンサートのご案内をさせて頂きます。




★★ファミーユ・ヴォイス・アンサンブル★★
   第7回定期演奏会
  ~小さなあたたかさ集めて~

日 時:2011年1月22日(土)
    開場14:00 開演14:30

会 場:熊本県立劇場コンサートホール

入場料:一般1000円 学生500円(全席自由 当日券あり)

主催・お問合せ:
  ファミーユ・ヴォイス・アンサンブル
   TEL:080-3943-8829
   MAIL:concert@famille-kumamoto.com



このコンサートでは、和の國も後援をさせて頂いているのです。
そして次の日(1/23)は、ニューイヤーコンサートが行われます。

コンサートのお話やお待ち合わせにも、是非お気軽に和の國を
ご利用下さいませ。



そして、近日のコンサートはこちらです。
740af5e0.jpg◆◆平成音楽大学開学10周年記念
     特別演奏会    ◆◆

 Ⅰ 吹奏楽
 Ⅱ ピアノ独奏
 Ⅲ 独唱・合唱・オーケストラ


日 時:2010年12月11日(土)
    開場15:30 開演16:00

会 場:熊本県立劇場コンサートホール

チケット:一般2000円 学生(大学生以下)1500円
     全席自由

主催・お問合せ:
  平成音楽大学
   TEL:096-282-0506
   MAIL:perform@heisei-music.ac.jp 演奏課



第Ⅲ部にご出演の大澤一彰氏(テノール)、岩本貴文氏(バス)は、和の國ニューイヤーコンサートにも出演して下さいます♪



続く年末には
5e495432.jpg熊本県民第九の会 第28回
◆◆ベートーヴェン 第九◆◆

日 時:2010年12月26日(日)
    開場17:30 開演18:15

会 場:熊本県立劇場コンサートホール

チケット:指定席4000円(4500円)
     自由席3000円(3500円)
     学生(高校生以下)1500円(2000円)
     ( )内は当日料金

主催:熊本県民第九の会・熊本県文化協会
共催:(財)熊本県立劇場
お問合せ:
  熊本県民第九の会 事務局
  TEL:096-322-4306



さて、和の國のニューイヤーコンサートのポスターは、もうご覧いただけましたか?
市内のコミュニティボードや、ご縁のある店頭等に貼らせて頂いております。

ブログをご覧の皆様、ポスターを掲載できる場所をご存知でしたら、是非ご一報下さいませ。
 TEL:096-359-0805
 メール:wanokuni@gmail.com

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

 

婦人画報「お正月号」

CA3H03880001おかげ様で、婦人画報の一月号(225ページ)に、当和の國の半幅帯が掲載されています。
熊本をこよなく愛する和の國も、満を持して全国区!(^^)!


大きい見出しは、
すっきり小紋の コーディネイト・テクニック」です。

そこの小見出しには、
大人の半幅帯で遊び感覚の装いと書かれています。



CA3H03890001ショッピングは友人とのお出掛けなど、カジュアルなお洒落を楽しみたいときに、半幅帯をコーディネイト。
多彩な色遣いに華やぎがあり、大人の遊び心を感じさせる装いに。
一味違うイメージできものを楽しめます。
帯/染織工芸サロン和の國


記事検索