2011年01月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

無料着付け日程決まる。

和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
今日は、頬にあたる風がまた一段と冷たいですよね。
気合が、またしっかりと入ります。

朝から、チョッとネットサーフィンしていたら、
過日取材を受けました経済同友会の記事を見つけました。
僕のことを、「プロの方から見たらそうなるんだ」と勉強になりました。
よかったら、クリックしてお付き合いくださいませ。



さてさて、「熟千」が今、凄い注目を集めていますが、
家内がメチャメチャ頑張るそうです。

2月11日から、一ヶ月間、毎週金・土・日、和の國の日常業務が終わった午後7時~9時まで、
「NPO法人きもの普及協会・理事」という立場で、
「無料着付け教室」を、きものサロン和の國(熊本市城東町・熊本ホテルキャッスル隣)で行います。

ということは、
【2月のお稽古日』
 11日(金)・12日(土)・13日(日)
 午後7時~9時 
 18日(金)・19日(土)・20日(日)  午後7時~9時
 25日(金)・26日(土)・27日(日)  午後7時~9時


【3月のお稽古日』
 4日(金)・5日(土)・6日(日)
  午後7時~9時
 11日(金)  午後7時~9時
そして、目出度く、
3月12日(土)全線開通を迎えます。
全13回です。
3.12の為に、えんやこらです。

もちろん、3月12日当日は、午前3時より『無料着付け』も予定しています。



尚、3月12日当日は、
1)午前6時・熊本発を、着物姿で見送る。
2)午前9時・熊本着(大阪発始発)を、着物姿で出迎える。

3)その後、熊本市内で繰り広げられるイベントに、着物姿で繰り出す。

特に大事なのが(2)だそうで、でもどこからご参加頂いてもOKだそうです。


「着物を普及させて、
         熊本を文化の街に、
             そして、日本を元気に!」


志を同じくして、これだけ頑張って頂いているので、全面協力という形です。
「自分に出来ること、自分にしかできないこと」を全力投球です。!(^^)!


一人でも多くの方が、自分で着物が着れますように…。
とにかく、きものの事なら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

きものサロン和の國 096-359-0805  (営)午前11時~午後7時 
茨木國夫 090-3600-9495
茨木ゆり 090-8225-0987

		

ブログを見て頂いて

89176e94.jpgこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
午前中は一時細雪が舞っていましたが、すぐに晴れ間がのぞきましたね。

今日は雅子さまがお見えになり、「ブログに芝崎さんの木綿を仕入れた(1/17)とあったので」と、届いて間もないお着物をご覧いただくと、そのお洒落な柄行きをすぐにお気に召して頂きました。。。

今の感触を味わいつつ、「これから湯のしをすると、もっと柔らかないい感じの風合いになるんでしょうね」と、微笑みながら出来上がりを楽しみにされています。

お着物のお話は尽きることなく、木綿のお着物に合わせるお襦袢や、コート地に良さそうな小紋、上品な刺繍の半衿など…、一つ一つ楽しそうに見て行かれます。
(お襦袢地を見られている所を撮らせて頂きました)

雅子さまにはよく、「ブログ見ましたよ」とおっしゃって頂いてまして、本当に嬉しゅうございます。
和の國ブログだけでなく、「男のきもの日記」、「NPO法人きもの普及協会」ブログ、ひごなび…と。

またこのブログでも、随時、商品入荷のご案内をさせて頂きたいと存じます。
和の國ブログをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。


2月の着付教室の予定

いつもありがとうございます。

2月の「和の國着付教室」の予定は、

2月7日・14日・22日です。




しっかり、お稽古積んで、

着物着ましょうね。!(^^)!

美しくお化粧して着物を着る事は、そのことで「社会貢献」にもなります。

茨木國夫 拝

コンサートのご報告

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。大寒も過ぎ、お昼間に陽が差し込むと、ほんわかと気持ちも和んできます。
今日は23日に行われた「第3回チャリティー ニューイヤーコンサート」の模様をご報告させていただきます。

0293c297.jpg
今年のコンサートは昨年より早い開始時間となりましたが、コンサートホールの外では、ドアオープンの1時間半位前から列を作られ、開場をお待ち頂きました。



f06f2bd9.jpg
入口付近では、「NPO法人きもの普及協会」会員の方々がスタンバイされ、ボランティアでチケットもぎりやパンフレットの手渡し、ホールへのご案内をして下さいました。
お着物姿の男性会員が一番前で出迎えて下さったので、時々歓声も上がっていたそうです♪


693bf6bb.jpg
第1部では日本の童謡唱歌が、しっとりと情緒豊かに歌われ、

39cc9032.jpg







9d88e437.jpg
第2部ではオペラ名作の歌曲が、情感あふれる表現で披露されて行きました。

(私はホールの外のモニターで観賞することができたのですが、ソリストの方々の声が、外までビンビンと響いていました。)
6b399afd.jpg
合唱団コーロフィオーレさんの、衣装早変わりも見事だったそうです。

b23e21fe.jpg





時間はあっという間に過ぎて行き、フィナーレの曲「乾杯の歌」では、ソリストと合唱団全員が舞台に立ち、美しく高らかな歌声が何重にも重なり、会場を満たしていました…。

会場にいらしたメディアの方も、後日来店され、「とてもいいコンサートでしたね。ピアニストもすごく良かった」と、おっしゃっていかれました。

コンサートが終わっても、まだ会場にいるかのような感覚で、代表や奥さんも今日ようやく、「無事終わった、という実感が出てきた」と話しています。。


会場にいらして下さった皆さま、ご出演の方々、お手伝い頂いた皆さま、本当に、ありがとうございました。

お謡いとお仕舞のお稽古

「ノー」と言わず、「ノウ・能」に触れてみませんか…(^o^)/
素人限定!          
お謡とお仕舞のお稽古 
 
稽古日:2/25(金)・3/11(金)・4/8(金) …
    午前10時~12時
稽古場:きものサロン和の國 ☎096-359-0805 担当:茨木ゆり
会 費:¥1.000-(入会金なし・寄付献金大歓迎!(^^)!)


~7つの魅力~
・「素人限定」ですので、上手な人は参加できません。
・「月に一度」のお稽古だからラク。会費も「超破格値」です。
・分かりやすく丁寧に、「謡と仕舞の型」を中心に、お稽古します。
・講師は、隆子ねーさんがボランティア同然でやってくれています。
・「お謡」は、腹式呼吸なので美容にも良く、ダイエット効果抜群です。
・「お仕舞」は、背筋がシャンとし、猫背や腰痛も解消出来ます。
・日本がもっと好きになり、歌舞伎鑑賞などにも役立ちます。



※基礎をしっかり学ぶので、その後数か月に一度、来熊なさる平戸仁英先生のお稽古をも受けても理解できます。


追伸:
2月のお稽古日が、2/10より2/25に変更となりました。
よろしくお願いいたします。
       きものサロン 和の國   代表 茨木國夫

火の國染め展パンフレットができました 

46bc5baf.jpgみなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

代表作成の「火の國染め展」パンフレットができ上がりまして、さっそく和の國ブログでご紹介させて頂きます。

パンフレットには、作品完成までの道のり等も紹介されています。
是非周囲の方々にも、ご案内頂ければ幸いです。


◆◆ 「絵」から「名古屋帯」へ
 小さな巨匠が描く…火の国染め展 ◆◆

日時: 2/16(水)~20(日)
     午前11時~午後7時

場所及び主催: きものサロン 和の國


 きものサロン和の國(代表・茨木國夫)は2年前、熊本県知事認定の「経営革新企業」に選定されました。そこで「火の国染め」という熊本の新たなるブランドを開発し、商品化する事になりました。その為に一番必要なのは「原画」、つまり「絵」です。
 
 その絵を熊本県下の高校に依頼し、他にも色々と試みましたが、なかなか前へ進みません。一年以上経ち、県の担当者から「出来ましたか?」との催促も入ってきます。熊本県の認可を受けている以上、何としても形にしなければなりません。ワラをも掴む思いでデザインのプロの方にもお願いしましたが、物別れとなりました。
 
 焦りを感じる中、「NPO法人きもの普及協会」の会員・諸熊由美様のご縁で昨年の7月上旬、大城由紀子先生(熊本市白坪小学校・特別支援学級担任)と大雨の中…出会い、興南会館で開催されている「知的障がい者の作品展」のチラシをもらいました。8月末、ギラギラと太陽が照りつける中の催事に出かけました。そこで僕は、彩り鮮やかで…感性豊かな絵を見て、「阿蘇の絵を描いてもらいたい!!」…と、体中に電気が走りました。 


05d8c743.jpg 早速、先生に「阿蘇、熊本城、そして天草」をテーマにした作品を依頼したところ、こちらの提案をしっかりと汲み取ってくださり、一歩一歩階段を上るように、どんどん良い感じで出来上がってきました。
 
 谷川砂希さん(小学校6年生)が描いた「阿蘇」は、雄大な大地の中で、楽しそうに戯れる赤牛のユニークな表情が僕たちの心を和ませてくれます。また、冨田涼帆さん(小学校5年生)の「熊本城」は、配色も素晴らしく、石垣の力強さの中にユニークさもあります。それぞれの純真無垢で伸びやかな表現力は、僕のハートをがっちりとつかんでくれました。
 
 当初は、その原画を元に「Tシャツ」を商品化する予定でした。しかし絵を見た瞬間「帯がいい!」と思い、早速京都でも指折りの染織家に、その「絵」と帯の生地を持参しお願いしました。
 
 10年前、阿蘇の溶岩を見てひらめき、そして今回「絵」から「名古屋帯」が生まれ、熊本の象徴…「阿蘇」・「熊本城」をモチーフにした「火の国染め」が出来上がりました。本当に、有り難いです。
 
 今回、この「火の国染め」を『小さな巨匠が描く…火の国染め展』と称して、展示会を開催させて頂きます。ぜひ、お出かけ下さいませ。

新しい帯〆です

62f8c13a.jpgみなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

今日は、新しい帯〆を紹介させていただきます。
「北山ゆるぎ」という商品です。

お洒落な2色使いでリバーシブル(両面使い)となっているので、出る色を選べることはもちろん、後ろでひねると左右の色が反対となり、表情も豊かになるそうです。

お値段は税込み ¥8.000_ でございます。

真紅に薄鼠や、藤色に葡萄茶、千歳緑に灰白色(かいはくしょく)…と、見ているだけで楽しくなってきます。
帯のアクセントにもなるでしょうし、ソフトな2色使いもご用意しております。

小物をもう一つ…、とお考えのあなた様も、是非、お出掛け下さいませ。

いつも、ありがとうございます。

「火の国染め」を取り上げて頂きました

1727b4aa.jpg皆さまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。

今週明けの熊本日日新聞で、「火の國染め」を取り上げていただき、和の國のお客様や「NPO法人きもの普及協会」会員の方々が「新聞に載ってましたね」と、一緒に喜んで下さいました。

いつも、ありがとうございます。

今日ようやく記事の紹介をさせて頂きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月17日(月)熊本日日新聞・17面・県内総合ページ

「熊本」題材の帯制作
    熊本市の茨木さん 支援学級児童が原画
 
 熊本市の着物店経営茨木國夫さん(49)が、.阿蘇や熊本滅など熊本にちなんだ図柄を描いた帯「火の国染め」を制作。2月に開く展覧会で披露する。
 昨年夏、障害者のアート作品の販売やリースなどで自立支援に取り組む同市のNPO法人が展示会を開いた。出展されていた同市立白坪小特別支援学級の児童の絵に、茨木さんは「おおらかで素晴らしい感性」と感激。児童の絵を使ったオリジナル帯の制作を企画した。
 児童を指導する大城由紀子教諭を通じ、6年生の谷川砂季さんと5年生の冨田涼帆さんに「阿蘇、熊本城」をテーマにした原画を依頼。谷川さんは、噴煙を上げる山をバックに群れる赤牛、冨田さんは、熊本城天守閣と空に浮かぶ月の絵を描いた。月にはウサギの姿もある。
 2人の描いた絵を元に京都の染色家が染色し、昨年末に帯が完成した。今後、天草など熊本をテーマにした柄を増やしていく予定。
 茨木さんは「熊本は素晴らしい文化と自然がある町。熊本がモチ-フの帯を普段の着物に締めてもらうことで観光客のおもてなしになり、地域に誇りを持つことにもつながるのではないか」と期待している。
 「小さな巨匠が描く 火の国染め展」は2月16~20日、同市城東町「きものサロン和の國」で。無料。同店TEL096(359)0805(峰松清子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


芝崎重一さんのご子息

cbc3c1ab.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
久々、ブログ登場です。

サボっていたわけでなく、
てんぱっていただけです。
すみません。
初心に帰り頑張ります。


ということで、

今日の画像は、芝崎重一氏のご子息「芝崎圭一さん」との京都でのワンショットです。

流石、しっかりと後をとって、良い仕事をなさると、お顔もますますよくなってきますよね。

今回仕入れさせていただいた商品(絵羽・着尺・帯・木綿)についても説明を受けてきました。


また、来年2月上旬予定の
「第二回染織家探訪~芝崎重一氏」の打ち合わせをやりました。

まだ未定ですが、群馬の温泉に泊まり、初日は芝崎重一氏染工房見学、翌日は、座ぐりの「糸とり」などを見学の予定です。
熊本組と東京組が合流予定です。

さあ、今日も笑顔で頑張りましょう。

コンサートのプログラム

b0331983.jpgみなさまこんばんは、3連休の中日をいかがお過ごしですか? スタッフの鋤先美紀子です。
先日、映画アマルフィでオペラ歌曲(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)が流れ、うっとり~と聞き惚れておりました。

さて今日は、23日コンサートのプログラムをお届けします♪

ブログをご覧のみなさまにも、是非会場にお運び頂けますよう、心よりお願い申し上げます。
そして、生の美しい歌声を存分にお楽しみいただきたく存じます。



『 第3回チャリティー ニューイヤーコンサートプログラム


14:00~
第1部 「心に響く…日本の歌(童謡唱歌)」

-ひとりの小さな手-    
-日本の歌メロディ (早春賦~赤とんぼ)-    
-演奏会用アリア「すてきな春に」 小林秀雄 歌曲-    
-ふるさと-    
-母さんの歌-    
-さくら横町-    
-荒城の月-    
-地上の星~美しいあしたを- 



-----休 憩(20分)-----


15:00~
第2部 「オペラ名作場面集」 ~愛とドラマの世界~

-モーツアルト「コシファントゥッテ」より 「ah.guarda sprella」-
-「コシファントゥッテ」より 「soave sia il vento」-    
-グノー「ロミオとジュリエット」より 「私は生きたいの(ジュリエットのワルツ)」-   
-ヴェルディ「リゴレット」より
  「ある時美人のお前に出会ったが~愛らしい娘よ」 四重唱-
-ビゼー「カルメン」より 「セギディリア」-    
-「カルメン」より 「闘牛士」-    
-プッチーニ「ラ、ボエーム」より 「私の名はミミ」-  
-「ラ、ボエーム」より 「あなたの愛の呼ぶ声によろこび…」(告別の歌)-   
-「ラ、ボエーム」より
  「さよなら愛の夢よ! ~楽しい朝の目覚めも、さようなら~」 四重唱-
-マスカーニ「カヴァレリア ルスティカーナ」より 「ママも知る通り」-    
-ヴェルディ「椿姫」より 「パリを離れて」-    
-ヴェルディ「運命の力」より 「神よ平和を与えたまえ」-
-プッチーニ「トゥーランドット」より 「誰も寝てはならぬ」-
-ヴェルディ「乾杯の歌」-

「1・2・3」 1/23コンサート

a8779fcc.jpg

みなさまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。
新年早々の雪、元旦は戸外の銀世界に、寒さの中、お正月らしさに気分も浮き浮きしました。


さて今日は23日に迫りました、和の國主催コンサートのご案内をさせて頂きます。




◆◆◆第3回チャリティー ニューイヤーコンサート◆◆◆

日時: 1月23日(日) 開場 13:30~ 開演 14:00~
会場: 熊本県立劇場 コンサートホール
  
入場料: 全席自由
       一般 3000円、学生 1000円(大学生以下)

特別後援:  NPO法人きもの普及協会

お問合せ及び
チケット取扱い先: きものサロン和の國 他(※)
            TEL 096-359-0805 wanokuni@gmail.com

※なおチケットは、和の國及び県立劇場、鶴屋内プレイガイド、大谷楽器他で発売しております。



今年度3回目を迎えます、チャリティー ニューイヤーコンサートです。
『熊本の皆さまとともに、美しい音楽に触れ、感動し喜びを分かち合える空間を創りたい』(代表)との思いに、ご出演者がそれぞれの所属を超え、応えて下さいました。

熊本(及び東京)を中心にご活躍中の歌い手や、合唱団の方々が出演して下さいます。

◆ご出演者(敬称略)

・志岐由理子(ソプラノ)
・河添富士子(ソプラノ)
・大澤一彰 (テノール)
・岩本貴文 (バス)
・高木麻由美(メゾ・ソプラノ)
・原田千春 (メゾ・ソプラノ)
・福嶋由記 (ソプラノ)

・中川大 (指揮・ピアノ)
・山城英樹(ピアノ)
・永田南(ピアノ)

◇合唱団
・コーロ・フィオーレ


この豪華な顔ぶれに、県内音楽関係の方からも「楽しみにしてます」とメッセージをお寄せ頂いています。

 第1部、「心に響く…日本の歌(童謡唱歌)」
 第2部、「オペラ名作場面集」~愛とドラマの世界~

1~2部を通じ、素晴らしい歌声を、存分にお楽しみ頂きたく存じます。



5日から営業です。

6cf1ad55.jpg和の國ブログをご覧の皆さま、

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、何かと本当にお世話になりました。

今年も、ひたすら「きもの道」歩み続けます。

どうか、本年も何とぞよろしくお願いいたします。




今年の初売りは5日です。

5日から、「菊池洋守展」がスタートします。

ぜひ、お出かけくださいねっ。




それから、10日は「松葉」にて、「NPO法人きもの普及協会の新年会」です。

「大人の新年会」としていますが、「熊本白謡会」(素謡・お仕舞)の発表会も兼ねています。

一般参加もOKです。

ご興味のある方は、ご一報くださいませ。



 きものサロン 和の國      茨木國夫 拝

記事検索