2011年06月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

お仕舞と謡

61ecef6b.jpg和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
朝はさわやかだったけど、
お昼は「梅雨」の匂いのする空気となりましたねっ。

そんな中、和の國では、「素人限定・お仕舞と謡の勉強会」が開かれ、5名の方がご参加になりました。
僕も一緒に学ばせてもらったのですが、お仕舞の姿勢はやっぱり気持ちいいです。
400年以上も変わらない文化って素晴らしいですよね。


◆大きい声を出してみたい方…
◆猫背で姿勢が気になる方…
◆何かを始めたい方…
◆肩こり・腰痛の方…、
◆日本文化に触れたい方…。

上記の方は、特にお薦めいたします。
今後のお稽古日は、下記の日程。
場所は和の國。時間は午前10時〜約2時間。レッスン料は、特別価格¥1.000-


7月8日(金)・8月4日(木)・9月8日(木)・10月6日(木)…
参加者・随時大募集です。
日本舞踊の原点にほんの少し、触れてみませんか…。
いつもおつき合いくださり、誠にありがとうございます。
              きものサロン和の國   茨木國夫拝

講演会のご案内

80f445fe.jpg皆さまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。

今日は、“九州をリードする「くまもと」を創る”…一般財団法人「創造くまもと」さん (代表理事;木村仁先生(元 外務副大臣))主催の講演会のご案内をさせていただきます。

パンフレットをご覧になって、講演を聴きに行こう、と思われた皆さま・・、和の國にもチケットがございますので、是非お気軽にお出かけ下さいませ。



創造くまもと講演会
『赦す(ゆるす)ことが なぜできるのか』 −オウムと私−

講師:河野義行氏(松本サリン事件被害者)

日時:7月8日(金)
    開場17:30 開演18:30
場所:崇城大学市民ホール 大ホール
    TEL 096-355-5235
入場料:1000円

主催:一般財団法人 創造くまもと
     TEL 096-340-0228 代表理事 木村仁

丸くて小さな仲間

CA3H0797
和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
いかがお過ごしでしょうか…。

初夏を向かえると、「えんどうまめ」が物産館などに並びます。
ごはんと一緒に炊いたり、塩茹でしたしして、お酒のおつまみにしたりしますが、今回、お店でおだしする「お抹茶とセットのお菓子」にと思ってマメマメしく作ってみました。

始めてなのでかみさんに聞いたら、お醤油も少し入れたらいいとの事。僕の中では邪道だったけど、素直に聞き入れて、見事お塩とお砂糖とがハーモニーを奏で美味しい一品が出来上がりました。
かみさんが味見をしたら「美味しい美味しい」と2回言ってくれました。2回言うとウソとかいうことを聞いたことがありますが、季節を食する事が出来るって、日本人の美学のひとつですよねっ。



また昨日は、「さくらんぼ」を頂戴いたしました。
ありがとうございます。
美味しかったです。
口に入れて、プツッと実がはじけて、ほんのり甘い果汁が口全体に広がるその瞬間が大好きです。

今日は「着付けの日」。そしてまた明日よりお店を開けています。
来週は東京主張(6/14〜19)なので、ぜひぜひ御用は今週にお済ませくださいませ。
ご来店、心より感謝申し上げます。
いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
              きものサロン和の國  茨木國夫拝

9b9468aa.jpg




「しなやかだもん」

ce4aa1a7.jpgみなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は近くの神社の紫陽花も、シャワーをふんだんに浴び、どことなく気持ちよさそうです。

昨日のことですが、お茶をされているまゆみ様(仮名)が、帯の前結びを体験され、さっそく小物をお求めにいらして下さいました。
「初めてこちらのお店に伺うんですが、ディスプレイもすっきりしていて、広々と見えますね」

順に見ていかれると、「うわー、これも浴衣ですか?」と、藍地の綿の浴衣や、水色の綿紅梅という地風の浴衣をお気に召されました。

小学生の息子さんもご一緒で、次のご予定の時間が迫ってきまして、「また今度ゆっくり見させて下さい」と、ドアの方に向かうと、息子さんが水色の浴衣(草花と流水文)を指さし、「こっちがいいよ」、と。

「どうして?」と、まゆみ様。
すると、「だって、こっちの方がしなやかだもん」と…。

真っ先におっしゃっていただき、はっとさせられました。
素敵な感性ですね…。

印象の良さは、年齢や男女の差を超えて、言葉となって表れると、とても力強いものなんですね。
直観力や表現力、というものの素晴らしさについて、改めて考えさせられた私です。

いつも、ありがとうございます。

香り立つ…。

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

美しいキモノ 夏号(p.107)に掲載して頂いた「染織家 菊池洋守展」のページを、先程HPにアップいたしました。
和の國とご縁の深い安達絵里子様に文章を書いていただき、大きく取り上げて頂き、本当に有難いことです。

さて今日は代表より、DMの画像となりました「花織段熨斗目(のしめ)訪問着」について、
(私が少しカラーをかじっていますので、)色合いのことを入れてブログを書くようにと言われたので、書かせて頂きます。

私がこの訪問着を初めて目にしたのは、先月のことです。
第一印象というのはやはり強烈です。
お着物の薄い檸檬色(地色)は、着物自体から発光されているようで、その壮麗な佇まいに、少し距離を置いて眺めておりました。

畳ませていただくと、びっくりするほど軽く、「ちゃんと手にしているんだろうか?」と
自分を疑うほどでした。
お着物の地色は、見事な軽やかさを、より一層物語っているようです。

そうして本日、数週間ぶりにお着物の箱を開け、ガラス越しに光の入る場所へ広げますと、
艶やかな薄香色が全体に行き渡っています。先日の第一印象よりも、ベージュがかった印象です。
ディスプレイする場所(ライティング)で、見た目の色はこんなに変化するんですね。

まるで、陽光をまんべんなく浴びた小麦畑のように、優しく輝き、麦の香りが立つようです。

花織の部分には、白い小花と青々とした麦の穂があしらわれたようで、
また薄香色をした地の部分は、近くで見ると小格子のように繊細な陰影が表れて、
風になびく小麦が、収穫を待っているようです。

ぜひ実際の色合いやお着物の表情をご覧いただきたく存じます。
おつきあい頂き、ありがとうございます。


f2e3b7b9.jpg
画像: 訪問着 花織段熨斗目模様 菊池洋守作(部分)

嬉しいお知らせ

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。

チョッとというか、と〜っても嬉しい事があったので報告させてください。
まずは、クリックしてみてください。
コメントもお読みいただければ有難いです。
  

「熊本ゆかりの染織作家展」でもお世話になっている…吉田美保子さまから頂いたメールでこの事を知りました。
美保子さんのお客様のブログだそうです。
こうやって、全国にひろがっていくことに、目頭を熱くしている今日この頃です。
皆さま、本当にありがとうございます。

また全国各地から「染織家・菊池洋守展」に関して問い合わせが来ております。
本当に有難いです。
感謝を胸に、今日も笑顔で楽しく美しく、一所懸命お仕事させて頂きます。

今日の画像は、染織家菊池洋守作・『熨斗目格子』です。
美しい。真に美しいです。
いつもありがとうございます。
            きものサロン 和の國   茨木國夫 拝

CA3H0793

三姉妹?

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
いつもご覧くださり、誠にありがとうございます。

さて、今日の午後2時過ぎに有り難い事に3組のお客様が重なりました。
皆さま、それぞれの目的があります。

・帯をお求めになる方、
・木綿の出来上がりを楽しみにお出かけ頂いた方、
・ご主人様の夏の着物一式を下見にいらっしゃった方、

向かって左より、めろんちゃんこと希美子さん、うさぎちゃんこと洋子さん、そしてさくらちゃんこと優子さんです。(勝手にすみません)
丁度、年代もご一緒位。
いつの間にやら、着物談義に花が咲いています。

いつも当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。
これからもお客様に愛される和の國作りに励んでまいります。
どうか、今後ともよろしくお願いいたします。

               きものサロン和の國 茨木國夫拝


CA3H0789

坂東玉三郎 公演、コンサートのご案内

8edb0528.jpg皆さまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。

今日は熊本の八千代座(国指定重要文化財)とご縁の深いお客さまより、三つの素敵な公演のご案内を頂戴しました。


ブログにて、簡単ではございますが、さっそくご紹介させて頂きます。


画像上より…

●「坂東玉三郎チャリティー舞踏公演」

 一、口上
 二、雪
 三、鐘ヶ岬

日時:6月24日(金)・25日(土)
    開演 午後1時
場所:八千代座


2e59c5c7.jpg●「坂東玉三郎チャリティ・コンサート」
 〜思い出のスタンダードと共に〜

日時:7月30日(土)・31日(日)
    開演 午後1時
場所:八千代座







f8d4602d.jpg●「坂東玉三郎 特別舞踏公演」
  〜八千代座開場百年〜

 一、お目見得 口 上
 二、新  作 春夏秋冬

日時:11月2日(水)〜8日(火)
    開演 午後2時
場所:八千代座





風情たっぷりの山鹿「八千代座」に、お着物でお出かけ…というのも素敵ですよね。

いつも、ありがとうございます。

片貝木綿の小格子君

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
新しい月、6月となりました。

お変わりございませんでしょうか・・・?
おかげ様で、今日は開店と当時にお客様がたて続けに5組…。
かみさんは、お茶のお稽古。

僕一人で接客に当たりました。
チョッとお待たせすることもありましたが、一日早々お着物や帯のご縁もあり本当に有り難かったです。


そんな中、「片貝木綿」も、お洒落な柄が再入荷しております。
今日の画像は、片貝木綿の小格子君。
英国では、ギンガムチェックとよんだりしていますが、柄が小さいので無地感覚で帯合わせが楽しめますよぉ〜。
また地色はグレーがベースなので、年代幅も広いです。

襦袢の襟を付けずに、半幅帯を合わせるもよし。
白の半襟を付け、名古屋帯を合わせるもよし。
ご家庭のくつろぎ着から、チョッとお買いもの、友達とランチなど、様々な場面で大活躍です。

また、片貝木綿は、反物・湯通し・お仕立て・消費税まで含めましてトータルが、¥38.000-と、着物にしてはお手軽価格となっております。
やはり、体に馴染み、雨が降っていても安心な木綿は、きもの初心者にもきもの通にも喜ばれる一枚です。

ぜひぜひ、ほっこり優しい木綿を着て、日本人として生まれた喜びを肌で感じませんか…。
           きものサロン 和の國    茨木國夫 拝

CA3H0784
記事検索