2011年09月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

facebookの説明会

こんばんは。
早いもので、9月も終わります。明日から10月ですね。



今日の夜は、主人と鋤先さんと3人で、「facebookの説明会」を聞いてまいりました。
日頃お世話になっている穴井りゅうじ社会保険労務士事務所の代表・穴井隆二先生が企画されている・・・「社長の為の勉強会」の講座の1コマでした。
講師は、ツイッター熊本交流会の代表の馬場口一利様で、ツイッター・facebookの歴史、利用率から、使い方などなど、ご自分の経験を交えて、とても分かりやすく、お話しいただきました。


近い将来、facebook上で和の國が登場する日が来るやもしれません。
チャレンジです。。。



いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

楽しくてためんなる・・・

45e3ac3a.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
実家の用事で熊本を離れておりまして、今日は久し振りに出勤いたしました。

実家と熊本で、たまたま同じ茶葉のウーロン茶を作ったのですが、熊本は水道水もおいしいため、実家で飲んだものより数段美味しく感じます。。


さて今日は由美さまが、11月の講演会(下記)のパンフレットをお持ち下さいました。
所属する「日本女性の会」が協力している講演会なのですが、今回その講師として、和の國代表に声をかけて頂いたのです。

このパンフレットも、由美さま自ら手描きで作られ、キャッチコピーもすごく活き活きしています。(画像をご参照下さい)

中でも「楽しくて、ためんなる時間をどうぞ!!」という部分に、是非お越し下さい、というメッセージの何100倍もの思いが伝わってきまして、本当に嬉しく存じます。

このブログをご覧の皆さまも、是非お時間を作っていただき、お知り合いにもお声掛け頂ければ幸いです。



◆◆『着物ビタミン』 着物が教えてくれたこと◆◆

講師: 茨木國夫
日時: 11月13日(日)
     午前10:30〜11:40
     受付は10:00〜
会場: 熊本市男女共同参画センターはあもにい(旧:総合女性センター)
     4階研修室A
参加費: 300円
主催: 調和ある男女共同参画社会を考える会
問合せ先: 山下さん(096-354-1156)


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


お読み頂いた皆さま、下記のボタンをクリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

 

絹のバッグ

20c1df1d.jpgみなさまこんにちは♪
火曜日担当の野田和子です

 
 秋のお彼岸を迎え、ようやく過ごしやすい気候となってまいりました。

 つい先日まで、着物を着ようと思っても「9月にはなったけど、単衣の袖が通らない・・・(着る気にならない)!」と着物の前で葛藤ひとしきりでしたが、もう安心して単衣をまとえます。
とは申しましても、日中にはまだまだ汗をかきそうです。
もうしばらく木綿のお着物で過ごしましょうか・・・



 さて、本日は“お気軽バッグ”のご紹介をさせていただきます。
 お写真をご覧下さい。
素材は絹で出来ておりますが、撥水・防汚加工を施してありますので、普段にも安心してお使いいただけます。
 また、内側には小さなポケットが二つ(一つは携帯電話入れにおススメです)と中央にはファスナー付きの仕切りがあり、大きさも タテ25×横35×マチ約8(センチ)ございますので、物が結構沢山入ります。
お色も控えめで、織に変化がありますので、木綿の着物から紬はもちろん正絹小紋までお持ちいただけるのではないかと思います。

お近くにお越しの際は、是非お店を覗いて下さいませ。

本日もおつき合いありがとうございました。
ぜひ、ワンクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



愛の告知タイム

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
いつもブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

過日、「織の三人衆」のお一人、孤高の染織家・芝崎重一氏(群馬県在住)より、お手紙を頂戴いたしました。
その中には、「江戸時代の復元品・現在の太物(コート)などなど展示します。近況報告まで」と書かれていました。
日時は下記の通りです。

伊勢崎の太織━━━━江戸の特産品
平成23年10月15日(土)〜11月27日(日)
田榊氏染織植物園・染色工芸館



そこで注目なのが、「秋の企画展関連イベント」ということで、芝崎重一氏による特別講演会が開かれるということです。
その講演では、『太織とはどのような織物か、また太織に使われた「熨斗糸」「拝み糸」「伸び糸」「羽玉(はだま)糸」などと呼ばれる糸の作り方やその特徴についてのお話し』が聴けるそうです。

・テーマ:「上州の太織(ふとおり)ー糸の話」
・開催日:10月30日(日)
・時 間:13.00〜15.00

・会 場:染色工芸館一階 実習室
・定 員:60名
・費 用:無料、但し入館料が必要。 027-328-6808
9/24より電話受付開始。


僕も話を聞きたいのですが、翌日より京都出張を入れ、チケットの手配もしていましたので、都合がつきません。うっ、残念。
和の國ブログをご覧の全国のきものファンの皆さま〜〜〜、ご都合がつきますなら、ぜひぜひお出かけ下さい。
織の基本は一にも二にも、糸です。
日本全国の染織家の中で、日本で一番上質な糸にこだわっているのは、芝崎重一氏と言っても過言ではありません。
着物ファンなら、よだれがじわ〜と出るようなお話になることでしょう。そういったお話しが聴けるのは、超ラッキーで、有り難いことです。ホントですよ〜。

この講座お聞きになったら、一般の呉服の小売店より詳しくなること、間違いありません。
そしてそして、僕にこっそり講座の内容教えてくださ〜い。!(^^)! ナンチャッテ。


・・・ということで、今日は「愛の告知タイム」でした。
いつもありがとうございます。
         きものサロン和の國 茨木國夫拝

IMG




追伸:
第2回染織工芸作家探訪の旅は、
「孤高の染織家〜芝崎重一氏を訪ねて」
平成24年4月14日(土)〜15日(日)を予定しています。
お申し込み・お問合せは、和の國まで。 電話096-359-0805

二伸:
明日26日(月)は、和の國は定休日でございます。
ご迷惑おかけ致しますが、よろしくお願いいたします。


今日もポポンとお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ハッとして、グッときて!!

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
今朝は、小国町でなんと、6.8度だったそうです。僕も早朝より散歩楽しんできましたが、すーっとお腹いっぱい新鮮な空気をたくさん吸ってきました。
酸素は満タンですが、お腹空いてきました〜。

さて、今日の画像は、「ハッとして、グッときて…♪」です。
8月の盛夏を除き、毎月のように京都に仕入れに出向いているのですが、「染めの野口」さんの展示場で、出来たてホヤホヤの名古屋帯が目に留まりました。
染めの野口の担当者は、木村さんというダンディなおじさんで自分で図案をかいたりなさるのですが、今回は「ピカソのハト」をモチーフに作られたそうです。


そして、「ハトを平和のシンボル」とするのは、『旧約聖書』の「創世記」のエピソードに由来するそうです。

これは「ノアの方舟(はこぶね)」のくだりです。

人間の堕落した行状に怒った神は、大洪水をひき起こすことを決意し、このとき正直者のノア一家だけに難を逃れるための方舟作りを許可します。そして、洪水が起きたとき、ノア一家は方舟に乗り、アララト山の頂上にたどり着いて、新たな人類の歴史を記すことになります。
このとき、地上の様子を調べるため、ノアはハトを放ちました。
ハトがオリーブの若葉をくわえて戻ってくるのをみて、ノアは洪水がひいたことを知りました。
よって、このエピソードから、ハトは平和のシンボルとして多用されるようになりました。

…などと書いていますが、僕はこの逸話を知りませんでした。

「何となく、可愛らしくていいな〜。和の國の品良く楽しく」のイメージにぴったりだな〜とその時思っていました。
しばらくその帯を眺めていると、ふと「あっ〜この帯、由美さんにピッタリだな〜」と思いました。
チョッと言い過ぎかもしれませんが、本当に、ふとひらめく瞬間、言い換えれば、天から降りて来た瞬間が僕にはあります。

そして、昨日ご対面〜ん。
お友達とご一緒にご覧頂きましたが、「実は、私ですね〜」過去を知っていたような思い出話もお聞きする事が出来、こちらもびっくり、ハトが豆をくったような表情になりました。


まさに、田原俊彦の「ハッとしてGOOD!」です。
僕は、この歌は、「ハッとして、グッときて」と今の今まで思っていたら、「グッ」ではなく、「GOOD」だったのですね。
この頃から、英語の聞き取り苦手だったのが分かります。(笑)

ハトが、グッときて、GOOD!!
これは、吉兆の前触れのような…そんな気が致します。!(^^)!

「きもの」や「日本文化」が大好きな方…、
「和の國ブログ」をご覧の皆さま…、
そんな皆さまにとって、
本日、9月23日、まさに「くにさん」おっと、「秋分の日」も、あなた様にとって素敵な一日でありますように・・・。

いつもご覧くださり誠にありがとうございます。
      きものサロン和の國   茨木國夫拝


NCM_0002 (1)




爽やかな風に乗せて、ポンとワンクリックして頂けませんか…。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

おしゃれ紋

こんにちは。
昨晩はひんやりとした秋風に、思わず毛布を出して休んだ…茨木ゆりでございます。
おかげさまで、熟睡。。。
お彼岸を迎え、急に秋めいて…
本日は単衣のお着物で心地良く過ごしました。


今日は、先日お手入れをするようにとお預かりした色無地のお着物のお話です。
みつえ様からお預かりしたお着物ですが、実は東京の妹様のお着物で、当店が価格が安いということで、宅急便のお荷物と一緒にはるばる東京から送られてきております。

この度は大島紬と色無地でした。
2枚とも仕事場の社長夫人からの頂き物だそうで、大島紬は大層高級な柄行きでした。
そしてもう一枚がお写真の通り、御紋の入った色無地だったのです。
DSC_0074
そもそも妹様の御紋とは違う御紋が入っています。また、妹様はホテルの着付け師でいらっしゃっるので、お着物にご縁はあられるのですが、なかなか御紋入りの色無地をお召し頂く機会は無いのでは…と推察しまして、お手入れと共に、御紋を隠す…「おしゃれ紋」を提案させていただきました。


3〜4種類の図案をご覧いただき、この「桜」をお選び頂きました。

DSC_0078

見事に家紋を隠し、かわいらしく、楽しいおしゃれ紋が入りました。
おしゃれ紋になったことで、格式のある色無地が、かわいらしく、オシャレな色無地に変わりました。それだけで、観劇・お食事会などの、お出掛け着にふさわしいお着物に変わりました。


おしゃれ紋には、いろんな図案がございます。
お花・干支・紋様などなど、見本などからお選びいただいてもよろしいですし、創作することもできます。



先日、花織がほどこされた訪問着をお求めいただいたお客様は、縁起の良い「重ね扇」を希望されましたので、お客様と一緒に創作させていただき、刺繍糸の色も花織の色と同じ色にこだわり、入れさせていただきました。

背紋にかぎらず、ご自分のお好きなデザインを、下前おくみや、八掛…それ以外にも、シミがついて気になる箇所などなど・・に刺繍することが出来ますので、何なりとご相談下さいませ。

ちなみに、お写真のおしゃれ紋は、¥15.000-でございます。


本日も、ありがとうございました。

どうぞ、ワンクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

手前味噌より、白ワイン。

ad24bca6.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
いつもいつもこのブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

さて僕は、「味噌」が大好きです。
姿かたちを変えつつも、日本の食の文化の王様として君臨してもらっています。
そんな味噌ですが、今回は「手前味噌」の話です。

ご存知の方もいらっしゃることでしょうが、かみさんの実家では「白ワイン」の葡萄をかれこれ10年ほど前から作りだし、近年毎年賞を受賞するような良いワインが出来ております。
過日、僕も収穫のお手伝いに行かせてもらいましたし、先週はKKTに加え、NHKでも取り上げられました。

その折、ワインの社長さんはお話しはだいぶあったのですが、生産者の顔が全くです、撮影の為に平川家に長々とお邪魔され、おまけに泊ってまで行かれましたが、光の当て方が違っていて、「あの編集内容は???」という首をかしげる方が多かったのも事実ですが、「陰徳は耳に聴こゆるが猶し」というように、本当に有名になってきました。

そして今回、「日本で飲める最高のワイン2011」藤田観光主催では、下記のように記されています。


「日本で飲める一番美味しいワインを探しませんか〜」。
この新しいワイン品評会は、国産ワインや輸入ワイン或いはブドウ品種ごとの評価ではなく、日本国内で手に入る全てのワインの中から一番美味しいワインを、何の先入観も持たずに探してみようという新しい試みです。


全世界のワインの中から、日本で飲める最も美味しいワイン
驚く結果!!赤フルボディにブルガリア「エニーラ」
国産白は熊本「菊鹿セレクション小伏野シャルドネ」
赤は長野「NACカベルネ・ソーヴィニヨン」


その国産白の制作者が、かみさんの父・平川洋介氏なのです。ハチハチ
菊鹿セレクションとありますが、菊鹿(きくか)は地名で、小伏野(こぶしの)も地名の小字です。


本当に、真面目を絵にかいたような父です。
その父が真心込めて作ったワインが、日本一ほんと凄いことです。
僕も、着物を愛する心日本一、きもの普及活動日本一、そして男のきもの日本一目指し頑張ります。

どうか、これからもよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます。
       きものサロン 和の國   茨木國夫拝

ご卒業

da17933d.jpgみなさまこんにちは♪
火曜日担当野田和子です


 早速ですが、
 私は月3回の月曜日“着付け教室”のお手伝いもさせていただいております。
受講されるお客さまは、「自分では全く着た事が無く、浴衣だけでも自分で着たい」とおっしゃる方から「今まで自分で着ていましたが、帯の前結びを覚えたい」「着物を着る機会と場所を持つため」など様々な目的を持って参加されます。そしてそれぞれ何回か通われ、ご自分で“合格点”を見出されると卒業して行かれます。
 こちらからの“卒業証明書”ですとか“見極め”などはもちろんございませんが、教室の際の会話の中で「先日、自分で着て出かけてみました」とご報告頂いたり、後に「自分で着てきました」とお着物姿でお店にお立寄り頂いたりすると、反対にこちら側がそのお客様から“お伝え卒業証明書”をいただいた気分になり大変嬉しくなります。

 一番最近ご卒業のお一方は「ご親戚のお祝い(結婚式)に…」と、訪問着・袋帯他一式をお求め頂き、最後の2回は当日のリハーサルと言う事でご新調の訪問着一式でお稽古をされ、最終回にはみごとに綺麗にご自分で着付けされました。

 もうお一方、夏に浴衣と半巾帯をお求めいただき「先日までは暑かったので着納めと思い、あの浴衣に貝の口結びで出かけました」とご報告いただきました。こちらの方は第一段階ご卒業で、今は冬に向けて名古屋帯の前結びをお稽古されています。

 いつもお稽古される皆さんの熱心さに歓心させていただき、私ももっともっと腕を上げ、沢山の情報(知識)を持つように努力しなければ!!と初心に帰る思いをさせていただいております。


 只今和の國では、秋の装いにオススメの木綿とウールを沢山ご用意して皆さまのご来店をお待ちいたしております。
 ちょっとオシャレなウールも沢山あります。お気軽に覗いてみてくださいませ。


本日もおつき合いありがとうございました。

どうぞ、ワンクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

野田孝子・草木染絞り展

426227fc.jpg和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
チョッと、ブログが重くなったりしてご迷惑をお掛けいたしました。
リカバリーでき、サクサクと動くようになったことかと存じます。
どうか、これにも増してよろしくお願いいたします。

さて「どうかいどうかい」の掛け声の後、静かな上通りに午前中出かけてきました。
昨日、大阪より岸本様というご新規の方が和の國にお出掛けになり、「メガネの大宝堂」地下のアートスペース大宝堂にて、「野田孝子・草木染絞り展」をやっているとのことでした。
初めての個展だそうです。お写真のドレスは、コチニールで染められたもので、腰から上の絞りとドレスの容量はいっしょだそうです。
(ドレスは一点、他は、きもの・ショール・小物がたくさんです)

また、「ほんとに絞りがお好きなのですね〜」と話しかけると、トレビの泉のように絞りに対する熱い思いが溢れてきました。
そんな中、「良い色が出ると本当に嬉しい。染料にもだけど、鍋にも、布にも、材料一つ一つにありがとうというのですよ」とまたまた感謝の心をキラキラした瞳でお話になりました。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、それを地でいくような方で、姿勢の美しさもさることながら、本当に生きているその姿が美しい方だな〜と改めて感じました。
会期は明日の午後6時までですが、お時間のある方は、ぜひご覧になってくださいねっ。
そして、和の國へもGOで〜す。

いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
    きものサロン和の國  茨木國夫拝

一瞬の静けさ

4e9f8dc3.jpgみなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日から「ほっこり木綿展」が始まりました(〜25日までです)。

ディスプレイ替えが一段落し、今日はどこを撮影しようか・・と、入り口ドア付近まで来ますと、先日掛け替えられた「虫の音」の文字が、とてもしっくり来ています。

すぐ横には最前列の木綿のお着物(黄色と黒系)が、空調のほのかな風にゆれながら、色、柄ともにコントラストを生み出し、店の前の舗道では、女子高生がそのディスプレイをチェックしながら、賑やかに通って行きます。

その後ほんのわずかな間、前の道の人通りがなくなったところを、撮ってみました。
一瞬の静けさがあり…また葉のそよぐ音がドア越しに聞こえてくるようでした。

店の中から外を眺めて、「ここはやっぱり、落ちついたいい場所だなあ」と考えていますと、最初のお客様がお見えです♪
「きのうの新聞で木綿展が載っていて、見てみたいと思って来ました・・」と、りかさま。

何点かご覧になり、悩まれながらも、りか様に一番雰囲気がぴったりの、上品な藤色の薩摩木綿をお選び頂きました・・・。


・・と、気がつけば閉店時間(19時)になろうとしています。
最初のお客様から、今までずーっとお客様がいらっしゃり、素敵なご縁が続きました。
本当に有り難いことでございます。


明日は私も片貝木綿のお着物を着て、木綿の心地良さを少しでもお伝えできれば、と思っております。

いつも、ありがとうございます。


お読み頂いた皆さま、下記のボタンをクリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン





ブログの表示が復活しました。

d3f47fae.jpg
いつもブログをご覧頂いています皆さま、ありがとうございます。

本日、ブログ表示のスピードが復活いたしました。
以前と同様の早さでご覧頂けるのではないか・・と存じます。
長い間ご不便をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。


【変更ヶ所】

ブログのトップページに表示される件数が5件となりまして、これまでは、ページの一番下に「次のページへ」という表示があったのですが、それが無くなります。

もっと前の日付けのブログをご覧頂く場合は、ブログ右側(タテ長の部分)の、各月の表示
・・「2011年9月」など・・
をクリックして頂けますよう、お願い申し上げます。(画像もご参照下さい)



ご連絡をいただいた皆さまにも、心よりお礼を申し上げます。
本当にご迷惑をおかけ致しました。。。


和の國ブログを、これまで通り、応援をよろしくお願い申し上げます。

        和の國 スタッフ 鋤先美紀子

嬉しいお客さま。

こんにちは、茨木ゆりです。
9月も半ば…
と言えど、この暑さ。お着物、何を着ようかなぁ〜?と、悩むこの頃でございます。

ちなみに、月曜日の着付け教室では、お着物以外[半衿(お襦袢は夏物)・帯・帯揚げ・帯〆]は、秋物にさせていただきました。
が、翌火曜日は出張の着付け教室で、外出いたしますので、半衿・帯揚げ・帯〆のみ秋物にさせていただきました。

ちょっとした質感の違いですが、目に映る感覚に秋めく雰囲気は感じさせつつ、余りの暑さなので、涼やかさを感じて頂きたい…などなど、思いは募る…で着させていただいてます。



今日は、懐かしい方々が次々にお出かけ頂きました。
お一人目は、大学2年になる娘が信愛中学校時代…ご一緒だったお友達のお母様。
お二人目は、その信愛中学校時代のお友達、おおくぼさま。
お三人目は、菊池本店が菊池高校の近くにあるのですが、その菊池高校に通学されていた時(およそ15年前)仲良くなり、おひなさまなどの展示もお手伝い頂いたこともある薫さま。

久し振りにお会いした方々ですが、皆さまお変わりなく輝いていらしゃいました。本当に嬉しいお客さまでした。


先日連続ドラマ「おひさま」で、『お店』について、いつでもいらっしゃいって迎えてくれるところが好き…っといった表現をされて、なるほどだなぁと、また、そう感じさせるお店でありたいなぁと思ったことでした。

出張中の主人にお会いいただけず申し訳なかったです。
ぜひまたお出掛け下さいませ。
ありがとうございました。


只今、ブログの調子が悪く、大変ご迷惑をおかけしております。
回復に向けて努力しておりますので、今しばらく何卒よろしくお願い申し上げます。

いつもごらんいただきまして、ありがとうございます。

週末からの展示会のご案内です。

151846a8.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
週始めのお月さまは、真ん丸く、眺めているとどんどん大きくなるような、その中に入っていけるような錯覚がするほどでした。。

さて今日は、久し振りにHPの更新ができまして、週末からの「ほっこり木綿展」のご案内をさせて頂きます。

秋から春にかけて大活躍の、木綿のお着物の展示会でございます。
薩摩木綿、唐棧(とうざん)、久留米絣、片貝木綿、伊勢木綿…と、数種類のものを取りそろえております。

また今回は、お洒落なウールの着物も展示いたします(昨日の和の國ブログも是非ご覧下さいませ)。
男性物も、それぞれご用意してお待ち申し上げます。。

普段着として、着心地がとても良く、長く着られるものを、是非ご覧頂きたく存じます。
この機会に、どうぞお誘い合わせの上、お気軽にお出かけ下さいませ。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。



お読み頂いた皆さま、下記のボタンをクリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

単衣のお着物

993addf1.jpgみなさまこんにちは♪
火曜日担当の野田和子です。

 昨日は旧暦の8月15日、雲の合間の仲秋の名月はみなさまご覧になれましたでしょうか、、、

 あれだけ賑やかだった蝉の声がいつの間にか虫の音に替わり、日暮れも早くなりまして日が沈むと涼しい風が心地よく感じるようになりましたが、日中の気温はまだまだ厳しく正絹単衣のお着物に袖を通す気にはもうしばらくなれそうにない今日この頃です。

 ですが、気分だけでも少し季節を先取りいたしまして…

 和の國で年間を通してお客様にご好評を頂いております“木綿の着物”も、今はまだ「あともう少し涼しくなってから」という気分ですが、その分真冬でも、そして初夏まで快適にお召し頂けること請け合いです(*^_^*)

 他にも和の國で普段着としてオススメしておりますのが、ウールのお着物です。
ウールの繊維は元を辿ればご存じの通り羊の体毛から出来ておりますので、そう考えますと、生きている哺乳動物が年中身に纏っている(?)のですから、私たち人間が着用しても快適に過ごせるのだと納得します。

 ウールのお着物も基本的には単衣でお仕立ていたしますが、真冬の寒い時期でも上からコートなどもう一枚羽織るため思ったより温かく過ごすことが出来ます。何より軽いのが着ていて疲れず、また、皺になりにくいのもとても魅力です。

 着物離れと言われている昨今、お洒落な色柄のウールを探そうとしてもなかなかお目にかかれなくなってまいりましたが、和の國では以前の展示会でもご紹介しておりますように、一目ではウールとは思えないようなお洒落な反物をご用意させていただいております、どうぞお気軽にご相談下さいませ。


本日も、おつき合い有難うございます。

アートスペースさんが、僕のスペースを埋めてくれる。

CA3H1036和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。

パソコンがやっと調子が戻ってきたらしく、僕が数日前(9/8に書かせて頂いた分)を再度掲載させて頂きます。

過日9月4日の夜は、かみさんの実家の葡萄畑に収穫に行きました。それも夜中の12時から用意ドンで摘みました。
その時の模様を、ご一緒させていただいたアートスペースの村田洋社長もブログに書いてもらっています。
(チョッと、スクリプト状態になってしまいましたので、アートスペースブログでご覧ください)


僕が写させて頂いた一枚は、皆さまが収穫前に、熊本ワインの社長さんと父(平川洋介)から、本日の主旨説明を熱心に聞き入っているところです。


そして、アートスペースさんのご縁続きで、今日(9/8)は「ロールカーテン」を店内に二か所取り付けて頂きましたので、その作業風景です。
画像の場所は、店内右奥の収納家具の上に、いつも高級そうな帯と、大理石に明りが灯されているところです。
おかげ様で今までより格段に、着付けの時の下着を着替える場所が瞬時に確保できるようになりました。
これで、棒高跳び、いや、飛び込みの「着付け」も、笑顔でお請けすることが出来ます。

また、もう一か所は店に入ってすぐ左の所ですが、月曜日の着付けの折に店の角から中が見えないように、こちらもワンタッチでできるようになりました。
ワンタッチと言えば、壁際の地面に設置して引き延ばすだけの、「ロール絨毯」なども市販されれば良いな〜と思っています。


CA3H1041そのようなアートスペースさんとは和の國誕生以来だから、7〜8年来の付き合いで、和の國の設計施工、及びロゴを考えて頂きました。
そして、近年では時折登場する「くにモン」のイラストも書いて頂きました。
和の國にとって、村田社長・通称「むっちゃんorムッチー」は、和の國の育ての親でもあります。
「いろんな方々に支えられて今があるな〜」と、改めて感じだ次第でした。

むっちゃんのご縁は、恵比寿顔の目利師…辰巳幸男さん、辰巳さんのご縁は、熊本国際民芸協会入会の背中を押してくれた…室町の加納織物の俊さん、そのご縁を取り持ってくれた…長男健互。加納の村瀬さん、渡敬の奥本さん、小西さん、地方問屋のマルエさんを紹介してくれた同業者のながもとさん、そのながもとさんとは、ホリケンさんの出会いでした。
今は亡き「ホリケンさん」ですが、ホリケンと言えば、数十年前「京染呉服・いばらき」のメインの仕入れ先、そうすると、好き嫌いは別にして、たどっていけば、今の自分、今の和の國があるのは、父のおかげということになります。

自分でこう書いていて縁をたどっていくと、初めて「父がいたから、ムっちゃんと出会うことが出来た」とサーキット(回路)がつながりました。
倫理の教えには、理屈よりも「親だから感謝する」との教えがあります。ある面では、強制的な言動と思いながらも、そのように自己暗示をかけていました。
50歳になった今でも、幼少の頃受けたプチ虐待はしっかりと脳裏に焼き付いていますが…(汗)

しかしながら、その事実を上回る出来事が発見出来たおかげで、や〜〜っと父にも感謝できそうです。たぶんです。
まさに、アートスペースさんが、僕の心のスペースを埋めてくれました。パチパチです。


いつもいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
心の葛藤って、大なり小なり誰にでもありますよねっ。
カッとせずに、勝とう、勝とう、葛藤茶 !(^^)!

ご消毒頂いた、おっと、ご笑読頂いた皆さま、下の表示をポンポンポーンとクリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。
 きものサロン和の國   代表 茨木國夫拝  090-3600-9495


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログ表示のフリーズについて

和の國ブログをご覧の皆さま。お店のPCでフリーズを解消する方法が1つ見つかり、ここに書かせて頂きます。

店ではインターネットを見る時に、「Internet Explorer 8」(以下 IE 8)を使用していたのですが、バージョンを上げて「IE 9」をインストールしたところ、フリーズが解消されました。

この「IE 9」をダウンロードする際、Windowsの更新プログラムが必要となり(店ではWindows vistaを使用し、最新の更新プログラムが入っていなかったため、Service Pack 2 というもの)、そちらもインストールしています。

他の閲覧ソフトを使用されている方や、携帯でご覧の方は、問題ないようでした。

お使いのOS(Windows vista、Windows XP、Windows MEなど)によって、「IE 9」がインストールできる環境と、そうでないケースもあるかと存じますが、引き続き、こちらでも解決法を探って参ります。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

和の國 鋤先美紀子

ひと足早く

6bfaa8d8.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日お店に入りますと、中央の花入れには小さな秋が演出されていました。

われもこうにおみなえし、すすき…と、深い緋色(赤みの強い焦げ茶)〜鮮やかな黄色〜薄い小麦色へと、色が連なっています。
目から入る季節の訪れに、気持ちも豊かに一日が始まりました。

午後には、先日に続き本日もめぐみさまが、「お茶のお稽古の帰りなんです。」とお立寄り下さいました。
淡いブルー系の小物をお探しで、今日はお取り置きしていた、ちりめんの無地の帯揚をもう一度ご覧に。。

帯揚が決まりますと、木綿のお着物が並ぶディスプレイ棚の方へ動かれます。
「これが木綿の着物なんですね。この前ブログで拝見して・・。こんなに色、柄が揃っているのを、初めて見ました」と。
お洋服を選ぶ感覚で、すぐに、可愛らしさと清楚な雰囲気のある一点に目を留められました。

生成りの地色に、水色の細い縞が入っています(写真がそのお着物です。ちょっと光が強く、わかりづらいかもしれませんが)
鏡の前で当てられると、「思ったより大人っぽい感じも出ますね。これですと、どんな帯でも合わせやすそう・・」と、大変お気に召して頂きました。

シンプルなデザインですと、遠目には無地調子で、着装されるお方の雰囲気に沿って、表情もがらりと変わります。
実際にめぐみさまが試着されますと、とてもエレガントなデザインに見えるのです。。
主役はやはり、着る方なのですね。。


さて和の國では、今月17日〜25日まで、「ほっこり木綿展」が開催されます。
今日は、めぐみさまにひと足早くご覧頂いたご様子を、ブログに書くことができまして、とても嬉しく存じます。

私も一点作って頂いているのですが、又全然違う柄のものも欲しくなってきました。。
木綿のお着物は、そんな楽しみも可能にしてくれそうです。。。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。



お読み頂いた皆さま、下記のボタンをクリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

【重要なお知らせ】スプリクトが、、、???

いつも和の國ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

しかしながら、昨晩あたりから「スプリクト」が・・・という文字が出てきて、パソコンが一時フリーズ状態になったりします。
なかなか前へ進みません。

よって、2〜3日中に、それを解消してまたブログを再開したいと思っています。

お手数おかけ致しますが、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

また、ご覧頂いているあなた様のPCが壊れかかったということはありませんので、ご安心くださいませ。

また、解消の仕方をご存知の方は、ぜひ教えて下さいませ。
茨木國夫 090-3600-9495


尚、携帯からは、いつものように見れるみたいです。

今日も一日…。

こんばんは、茨木ゆりです。
木曜日担当をまかせられましたが、パソコンの調子が悪く今になっております。

本日(8日)は朝8:30より、アートスペースさまのロールカーテン設置に始まり、月ー回のお能講座でした。ご指導いただく隆子ねーさまには、手作りの美味しい水饅頭をいただきました〜。しっかり冷やしてあり、葛がしっかりプルルンで、とっても美味しかったです。
ねーさまと、ともさま…やっとご覧いただいた仕立て上がりの浴衣を前に、来年夏の浴衣姿の為…素敵な帯を探して参ります。来年は、オシャレな浴衣姿を拝見させて下さいませ。


お能講座ご参加の絵理子さまには、その後、次回雑誌広告の打ち合わせや、主人の本(第二弾)…の件で、ずいぶんお話を進めていただきました。

お仕立て屋さんからお着物も上がってきまして、東京のお客様にお着物を送らせていただく手配をしたり、仕入れ先さんから送られてきている品々から選ばせていただいたり…、
お客様にご連絡させていただいたり…、
今日も充実の1日でございました。

夜は夜で、娘や息子にパソコンの事で一緒に解決法を考えてもらい、おかげさまで投稿出来そうです。良かったです。


今日も1日…ありがとうございました。

雨の日の味方

c23508ce.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
頬をくすぐる風も秋らしくなり、日中の外出もグンと楽しくなってきました。。

さて今日は、私が初めて注文する雨下駄のことを書かせていただきます。
先月、雨が強い日に浴衣でイベントに出かけたのですが、雨用の履き物を持っておらず、足袋もけっこう濡れてしまいました(足袋カバーの下の)。

それで「やっぱり雨草履を買わなきゃ!」と、延ばし延ばしにしていた購入に、一気に火がつきました。
月始めに女将さんも京都に仕入に行く、ということで、「花緒の太い物があれば」と相談をしていると、「これがいいかも」と、店にあった下駄を出してくれました(写真のタイプです)。

雨の日も兼用でき、花緒も太く、別の花緒に変更もできます。
そして、前の部分に雨用のカバーをつけることができ、簡単に取り外しができるのです。

草履、と決めつけていた私でしたが、お着物はほとんどが普段着です。
「下駄という手があったんですね〜。しかもお値段もお手頃で・・」と、とっても嬉しい提案でした。。(花緒にもよりますが、15,000〜2万円くらいです)

雨がかかってもいいように、花緒はエナメル風の素材ですげかえて頂くことにしました。
これで、雨の日もニコニコと着物で出かけられます♪
早く届くといいなぁ・・と、今から履く日が待ち遠しいです。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。



秋めいてまいりました

66e1684e.jpgみなさまこんにちは♪
火曜日担当の野田和子です。

日本列島の中央に大変な災害をもたらした台風が去り、少し傾いてきた陽が沈むと気温はすっかり涼しくなってまいりました。
秋の訪れもそう遠くはないことでしょう。

さて、
早速初秋のお召し物につきまして、、、

9月に入ると盛夏の薄物から単衣に替わるといわれていますが、この熊本の地ではまだまだ日中は気温が30℃を超え、なかなか単衣に袖を通す気分にはなれません。

ですが、木綿素材のお着物でしたら、着ていて通気性が良く、汗をかいたとしても脱いでお部屋干ししておくと何回かは大丈夫です。
そうして、いよいよ・・・となった時には、自宅でお洗濯ができます。

『普段に気軽にお着物を着ましょう』と日頃うたっております和の國では、
ただ今 片貝木綿・伊勢木綿・久留米絣など気軽にお召し頂ける木綿素材の反物を多数取り揃えております。
ご用命いただきましたお客さまからは「雰囲気は可愛いし、お値段も比較的お手頃♪」とご好評のお声を頂いております。

お近くにいらした際には、どうぞお気軽にお店を覗いてみてくださいませ。

朝茶事のお帰りに…。

114707c3.jpgみなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は朝茶事のお帰りに、と麗しいお二方がお出かけ下さいました。

早智子先生のお社中のめぐみさまと美穂さまです。
外を歩くには時折暑さも残る中、お着物を美しくお召しになり、店内に涼やかな風を連れてきて下さったようです。。

早智子先生のお宅には、時々お女将さんが出張着付けレッスンに行くのですが、今日は帯の前結びの「ポイントを教えて下さい〜」と、プチレッスンが始まりました。

お茶のお稽古では長時間の正座や、立ったり座ったりの動作を繰り返しますので、お着物の着くずれ防止につながるポイント等、具体的なことも熱心にお尋ねでいらっしゃいました。。

そしてレッスンの後にお茶タイムとなりますと、小さく活けてあったお花や、鉄瓶の近くに置いていた香合に目を留められ、「素敵ですねー。さっきから気になっていたんです。」と、店内の小物についてもお話が弾んでいます。

美穂さまは、このあともご友人と別のお茶会に出席するそうです。
日曜日の雅やかなお過ごし方ですね。。。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。


着付け教室のご縁で

16209ba1.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

今日はご親戚(いとこの方)の結婚式に、と、美和さまがお着付けにいらっしゃいました。

何年か前に、和の國の「前結びきもの教室」でお稽古をされていたのですが、お仕事も忙しく、お着物も久し振り…とのことです。

ですが、「最近又着付けの勉強を始めたい、と思っているんです」と。。。
資格を取ることも視野に入れ、ご実家で相談されると、それなら、とお母様から何点か、お着物を譲り受けたそうです。

今日は可愛らしいお嬢様方3名もご一緒で、写真を撮らせて頂きました。(ご長女さんは恥ずかしがられ、お写真は又いつか、ということで)。
いつの日か、「お着物美人」デビューの日が訪れることでしょう。。


・・とその後も、着付け教室に通っていらしたひろみ様がお見えに。
今年ご結婚され、「これまで着物を買うことはなかったので、選ぶ時は是非和の國さんで、と思っていました」と、今日は下見にお越し下さいました。

着付け教室は、お店の定休日(月曜)を利用し、代表夫妻が「お一人でも多くの方が、楽に着物を着られるように」とスタートしたものですが、こうして、何年か振りにお立寄り頂けることも、大変有り難いです。。。

今日も、ありがとうございます。


横山俊一郎氏に学ぶ・・・生活のリズム

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
新しい月、長月9月の始まり始まりでございます。
9月1日、どんな日をおすごしになられましたでしょうか…。
昨日より上京しており、先ほど自宅に帰ってきて、午後11時半過ぎよりPCに向かっているところです。


僕は、京都のホテルで1日の朝を迎えました。
夜が明ける頃、何処からともなく「ゴーンゴーン」と鐘の音が聴こえてきました。小雨が降っていましたので、鐘の音もよりじんわりと心に染み入ってくるような気がしました。

さて、今日は一日仕入先廻り。
長野県で「みさやま紬」を織られている「横山俊一郎氏」が、お昼から室町の加納織物さんの展示会お出掛けになるということで、洛風林さんなどを午前中に廻り、お昼からその会場に出向いてまいりました。

なんと、似合わないネクタイ姿、ネクタイやシャツが小さいのか、首周りが大きいのか、「ネクタイなさる事もあるのですね〜。なんかチョッと違和感があります。」と思わずご本人にお伝えさせていただきました。
そんなこんなで、まずは、約10年ほど前にお伺いさせていただいた時の話から、「その前は3年程前でしたね〜。」と再会を懐かしみつつ、
蘇芳と山漆で染められた…麗しい女性に似合いそうなボルドー系の無地と、香しさと知性を感じさせる5釜の縞立ての着尺を頂きました。

色々とお話させていただく中で、横山俊一郎氏の言葉が心に刻まれました。
「いや〜、実は9月はどうしようかと思ったのですよ。名古屋の暑さと京都の暑さに耐えられるかな〜って緊張していたのですよ。
仕事をする中で、生活のリズムが狂うのが一番怖いもんで。私にとっては、出ない事(外出)がいいことなんで。それぐらい、真剣に仕事に打ち込んでいるもんで。
また、お昼は加納さんに御ご馳走になって美味しかったけど、外食が一番体調悪くなるんだ。つい食べすぎちゃって。」

・・・との事でした。
やはり、プロとしての自覚、自己管理が凄いな〜と思いました。
だからだから、その真摯な仕事がなんともいえない温かい布となって私達を優しく包んでくれるのだと…。


また、頬が緩みながらお話なった事が、24歳になる娘さんも一緒にお仕事をなさっているそうで、「娘は正直センスが良いね〜。やはり機の音を聞いて育ったからでしょうかね〜。でも僕が言うと、『それは分かっているから』とかえって叱られたりしますけどね〜。」・・・と。
以前お会いした時は、可愛らしいりんごのほっぺの中学生でしたが、また楽しみが増えました。

CA3H1032

お写真左より、加納俊社長・くにモン・横山俊一郎氏・かみさんです。


話は戻りますが、「横山俊一郎氏のプロとしての自覚は本当に素晴らしいな〜」と感じました。
僕自身も、そうありたいと願っているのですが、一つ出来たら他のが出来ません。
お酒を飲んでいたころは、「早起きして頑張ろう!!」という気持ちになっていたのですが、断食後禁酒を続けていると、「朝は目が覚めて起きるのが人間の営みだ。」などと勝手に理屈を正当化しているもう一人の自分がいます。

朝、5時頃目が覚めてパッと起き、仕事を夜まで全速力でやって、週2回ぐらい美味しいお酒を飲む。
なんて僕の理想とする姿ですが、飲み出したら毎晩欲しくなり、一口飲むより「あ〜、いい気持ち〜」という位、もっとお酒を飲みたくなります。


僕の夢は、日本国民が自国民として誇りを持つ為にも、「月に一度は着物を着ていただくこと」です。
壮大な夢ですが、これが実現したら、日本人が日本人らしくお互いを思いやり勤勉に励み、文化や親先祖を大事にし、世界各国から賞賛される民族になり得る事でしょう。
ほんと、着物をきるだけで、日本が変わり、世界も世界観も変わります。
絶対、間違いありません。


ハイ、そのためにも、優柔不断な自分に勝ち、夢を追い続けなければなりません。
夜な夜なPC等々より、朝バシッと起きて、横山さんのように「生活のリズム」をつける事が肝要ですよね。
人生の成功者と言われる方々は、全て自己管理が出来て、自分自身との約束を守られています。
僕が自分との約束は、「洋服は一切着ない」ということだけ。

やったらいいけど、途中で脱落して、また一から挑戦する二つのこと。つまり、僕の永遠の課題。(何度挑戦し、撃沈されたことでしょう。。。)

1)禁酒(いつまで続く?? オイオイ、くにモン)
2)朝4時50分起き
この二つが出来れば、おのずと仕事もメチャメチャ段取り良くなり、朝から必ず散歩にいけるし、毎晩ストレッチなどもでき、寝るまで仕事が出来、心身共に健康体となるな〜。と思います。
簡単そうで、僕にとって最大の難関。この二つが同時に出来れば、全てが満願成就することでしょう。

思ったが吉日! 
まずは明朝から、4時50分起きに再チャレンジ。そして、今日一日断酒。
「生活のリズム」って、本当に大事だな〜と感じた次第でした。


長々とお付き合い、ありがとうございます。
どうかどうか、今後ともよろしくお願いいたします。
ぜひ、熊本ホテルキャッスル隣の『きものサロン和の國』へもお出掛け下さいませ。

絶対恥をかかない着物なら⇒きもの専門店の和の國へ(保障付) 096-359-0805(営:11.00〜19.00)
茨木國夫拝



お読み頂いた皆さま、新しい月の始まりっと、クリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

平面から立体へ

8a3a5be5.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
9月の訪れとともに、朝夕も大分しのぎやすくなってきました。。

さて今日は、私のお気に入りの二つのアイテムのことを書かせて頂きます。

一つ目は、スタッフの和子さんお手製の「東(あずま)袋」です(水色地に花柄の生地です)。
広げて置くと、写真:上のように平面になるのですが、内側を広げると、四角い物でも何でも入り、両方の先端を結ぶとしっかり安定します。

大、小サイズの2枚を頂き、今日は小さい方の東袋を、お弁当箱入れに使っています。
大き目の方は、荷物の小分けや、旅行の時の小物入れにも便利だそうです。
また、結び目の長さを変えて手提げにしたり、風呂敷代わりにもなるそうです。
db519c34.jpg
そしてもう一つは、先日の「きものお仕立て実演会」(8/21開催の、NPO法人きもの普及協会イベント)でおみやげに頂いた、「お箸入れ」です。
こちらも、開くと平面になるのですが(NPOブログの8/3分に、写真がございます)、箸の長さが変わっても、自在に包むことができます。

どこかへ物を運び、物を渡すと、帰りはコンパクトに畳めるところも魅力です。
そして、平面の状態から物を包むと、物に沿った形で立体的になるところは、人がお着物をまとう姿に重なっていきます。。
つくづく、和の文化は素晴らしい!と、嬉しくなるアイテムなのです。。。


今日も、最後まで読み進んでいただき、ありがとうございます。


記事検索