2012年06月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

音遊び?

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は代表が毎月作成している「和の國便り」(七月サロンのご案内)の発送準備を、お客様の合間に進めております。

今回のおハガキは、かもめーるを使用していまして、真っ赤なスイカが大きく印刷されています。
表面が華やいで可愛い!と、目で楽しんでおりましたら、代表が「このはがきは甘いと?苦いと?」・・続けて、「酸(す)いか♪」と・・・。
代表のいつもの音遊び(?)に、今日も吹き出しています。


さて先ほどから、宮崎より明美さまがいらしていまして、夏物やお草履をご覧頂いています。

外を見ますと雨もすっかり上がり、明るい日射しがさし込んできました。
辺りを一回りしますと、ちょっと汗ばむくらいです。。。


このスイカを見ながら、ひと足お先に涼を頂いています。。。

IMG_5255


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。

ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

7月14日に向けて

DSC_0503

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
朝4時は、井上陽水の世界(夢の中へ)でしたが、4時半過ぎにパッと目が覚めました。
横に寝ているかみさんをゆり起し、ポスター貼りとポスティングに出かけました。

そして、7時位から朝風呂(サウナ)へ。
目的は、熊日の取材が午前中あるので、できるだけスリムな体型はもとより、「スカッとした顔」に近づきたかったからです。
湯船にはつからず、サウナと水風呂の繰り返しを5回。おかげで2垳採漫ベストの体重(68圈砲砲△0.25圓僚蠅泙廼瓩鼎ました。!(^^)!

午前11時から約2時間の取材と、写真撮影でした。
店の前の空間はもとより、上通りなどでパチパチ。洋服姿の景色に和服が溶け込んでいるショットを撮りたかったそうです。
そして、上通りから長崎書店の角を熊本ホテルキャッスルの方に曲がったら、正面に熊本城が見えます。
元、鮨屋時蔵があった場所から、お城を望んでいます。

外の撮影は、無事終了。そして店内撮影となりました。
できれば、接客しているショットが良いとことでしたが、そういう時に限ってお客様がお出掛けになりません。
しばらくしたら、お馴染の和さんにお出掛け頂いたのですが、「カメラはNG」とのことでした。
もう少ししたら、恭子さまと直美さんとが入れ違いにお越しになりそれぞれのショットを撮られました。

無事、



学ぶことは楽しい!

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
6月28日も大雅なく過ぎてゆこうとしています。
お変わりございませんでしょうか・・・?
おかげ様で、僕自身は、過日きもの生活20年目に突入し、日々変らぬきもの生活を続けています。


一昨日は、熊本ハンガリー友好協会の総会及び親睦会が、「KKRホテル熊本」で開かれました。
事務局をお預かりしているので、受付など雑務をさせていただきました。
普段の仕事と違う事なので、神経も2倍以上使いますが、ご参加者の笑顔が一番の励みとなりました。そしてその支払いや、本業の仕入先さんなどの支払いなどもなんとか済ませ、正直ホッとしています。

そんな中、今夜は、「ひなみ大学」に行って先ほど帰ってきました。(珈琲片手にPCに向かっています)
今月までというか、今日の講義まで「西洋哲学」です。今日は、「フーコー」に光を当てての講義でしたが、僕も少しプレゼンをさせていただきました。

「初めてのフーコー」を2度ほど読んだのですが、実は哲学書を読んだのも生まれて初めてです。フーコーと聞いた時、僕は「風光明媚」や「風光」などが頭をよぎっていましたが、次第に哲学が面白くなってきました。
まったく西洋哲学を知らないで生きて行くのと、少しでも耳にしたのでは気持ち的にも違います。
今は、「フーん、コーなるか!」って感じです。(笑)

丁度、学びの仲間と「ビトゲンシュタインの言語が、、、」などと言っていたら、講師のオヤビンが、「くにさんの口からその言葉がスラリと出るなんて!!」と言われましたが、数か月まででは考えられないことです。
ハイデガーなどという名前は、カクテルのイメージさえありました。(汗)

イチローの背番号51歳を迎えた中に、言語などの大切さを垣間見ただけでも本当に有難いし、いい学びといい刺激になっています。
この年になって初めて、「学ぶことが楽しいこと」という図式が出来上がりつつあります。



今日の画像は、和の國の前の鮨屋のおにーちゃん(鮨・きた川)です。
じゅんさいが、おっと前菜が出てきたら店の味とまず対峙するわけですが、お寿司もさることながら、小鉢もとっても美味でした。
会話を楽しみながらのカウンター席がオススメです。

さて明日は雨ざんざん降りでなければ、コミニティボードに「NPO法人きもの普及協会」のポスターを貼りに朝4時から出かけ、ついでにポスティングも頑張りまーす。
どうか、明日も素敵な一日でありますように・・・。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

お時間作って、和の國にもお出掛けくださいませ。
心よりお待ち申し上げます。
きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495

NCM_0405

お客様のお声

IMG_5244

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
この度の展示会ご案内状には、代表が作成しました

       ☆ ≪ あなた様の声 ≫ をお聞かせください ☆  

という用紙を同封させて頂いています。

展示会前より、FAX・メール等でさっそくお送り頂いた方々・・、本当にありがとうございます。
本日のブログにて、画像とともにご紹介させていただきます。


●今日はとてもいい天気になりました。着物生活20年ですか。さすが日本人でらっしゃいますね。
 着物は全身を巻く、つつむことで相手を許し、心をおだやかにし、笑顔を出すという効果があると思います。
 今私は「教授補」をいただいております。おっしゃる様に週に二回以上は着物を着ています。
 福岡 新天町をブラブラしていますと、どこからともなく外人さんがやってきて「写真とってもいいですか。こういう着物類はどこに売ってますか」と聞かれたことでした。
 着物を着るという楽しみが財の一つと思いますが、この道にも何人ものよき師、よき友にめぐり会えたということが、財産の量や質にもつながると思います!
 明日は着物教室にいってきます。お体大事になさって下さいませ。
                                      (匿名希望)


●創立100年! きもの宣言20年! おめでとうございます。これからもますます活躍して下さい。
 私が和の國さんとのおつきあいで一番印象に残っているのは、反物をとても大切になさっているなあ、ということです。
 丁寧に心をこめて、一つ一つを扱っていらっしゃるのが伝わってきて、このお店はすばらしいなあと思いました。 小さなことを大切になさるから、大きくはばたかれるのだろうと、よし、私も見習うぞ、と思いました。
                                      (吉田美保子さま)


●初来店した時、店内の雰囲気はとても良かったです。丸い雰囲気で。
 私も着物が大好きです。コーディネイトを楽しみながら、姿勢をピンと伸ばして装う喜びが大好きです。
 演歌が大好きで、演歌を歌う時に着物を着ます。
 それから、若い時に会社でお茶を習い、「召し上がれ」「お頂戴します」「お先しました」の心のやり取りは大事だと思いました。 店内はその雰囲気でした。
 又一人で着物を着きる様になった時は、大変嬉しかったです。
                                       (匿名希望)



みなさまのお声を、今後もブログやHPでご紹介させて頂きたく存じます。
(お名前掲載の可否も、ご要望に合わせて参ります)

今までのご縁の中で、「一番印象的だったこと・嬉しかったこと・楽しかったこと」は何でしょうか・・・。
創業100周年に寄せて、様々なお声を頂けたらと考えています。


内容は、
  店内の雰囲気・接客・商品(きもの・帯・小物)・
  出会い・初来店・初お求め・創業100年・着付け・
  着物人間のくにモン・スタッフ・和の國ブログ
などなど・・・、どんな事でも結構です。


ぜひ「あなた様のお声」を、お聞かせいただけませんか?
  FAX(096-359-0807)、メール(wanokuni@gmail.com)、
  郵送(〒860-0846 熊本市中央区城東町4-7 きものサロン和の國)
等でお送りいただければ、幸いでございます。


みなさまのお声を、心よりお待ち申し上げます。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

色合いの調和

IMG_5252

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は植物で染められた、糸の色見本を撮影させていただきました。

これは室町の加納さんからお借りしている、士乎路(しおじ)紬の染め糸見本で、36色ございます。

上段にあります淡いパープルのものは、「紫草(紫根(しこん))」と「支子(くちなし)」で染められたそうです。
こちらも優しくて、エレガントなお色ですね。。。

真綿の糸に染められて、反物に織り上げられた無地調子は、間近で拝見しますと何色もの色が見られ、味わいが広がります。。。
そして、十字絣や流線形の絣模様をあしらったものや、縞模様、変わり市松などなど・・、それぞれに地色と柄の色合いが調和をもたらしています。

長い時間眺めていても、本当に気持ちが良いのです。。。

この士乎路紬の色糸も、『きもの生活20年展』にて、30日まで展示しております。
目の前で、真綿糸の繊細さや光沢もご覧頂ければ、と存じます。。。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。

ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

鶴屋さん凄い!!

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
それにしても、雨が降りますね。
「雨降って地固まる」という諺もありますが、よく、こんなにも沢山の雨がある(できる)こと、、、改めて地球、いや自然って偉大だな〜と感じます。

さて、昨日は夕刻、鶴屋東館8で開催されている西部工芸展に出かけてきました。
お馴染みの顔ぶれのなか、藤岡敏恵さんの織絵羽、築城則子さんの帯などに加え、地元の型絵染作家、溝口あけみ氏の絵羽も透明感のある色合いでステキだったです。
また、陶芸はもちろんのこと、木工芸のレベルが特に高いような気がしました。

そして、鶴屋さんの60周年記念特別企画「永青文庫文様コレクション」も見てきました。
僕は、この内容を雑誌で眼にした時、とっても嬉しかったです。
周年の企画で文化を取り入れ、また細川コレクションの永青文庫に光を当ててくださったこと。
実際、デパートが質流れ商品を扱ったりしていて、うー残念と思うことがあるのですか、今回はお見事、天晴れです。

企画は、一年前からスタートされたそうですが、よくぞ良い形になったな〜と思いました。
50年経過すると、様々な意匠をモチーフに作品を作っても、著作権の侵害には当たらないので、当店でも尾形光林の「波図屏風」や神坂雪佳の「雪佳竹犬図」をモチーフに帯などを作らせて頂いているので、正直きものに関しては、そのこと自体、この業界では特別視する事でのないのですが、薩摩焼の沈壽官さん、有田屋焼の今泉今衛門さん、肥後象嵌の白木光虎に加え、バカラ、ミキモト、ティファニーなどなど、様々な分野の第一人者が丹精込めた作品が並んでいる事に驚きでした。 

また、ハンガリーの窯元・ヘレンドとの打ち合わせなども大変だったらしく、本当に兜を脱ぎました。!(^^)!
同じ熊本県民として本当に嬉しく思います。


さて今日は、月曜日ですが、4週目なので着付け教室はお休み、よって、和の國も久々完全休養日となります。
しかし、僕は明日までに仕上げなければいけないことがあります。
それは、熊本県ハンガリー友好協会の事務局をお預かりしていて、明日がその総会です。
往復はがきを元に、出席者リストも完成しました。そして席次表を思案中でボスに見てもらわなければなりません。
また、お写真のように印刷した名札を綺麗に110枚カットする作業、同じく領収書作成などこまごました仕事が山積みです。

今年で3年目になりますが、正直、「よく分かんなくて気軽に受けたハンガリー事務局??? これ大変−−−!!」って思うこともあります。
しかし、これも何かのご縁、何でも楽しく頑張る努力をします。!(^^)!
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

NCM_0412

紫陽花

599507_286649351434168_951470176_n


みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は朝一番に、京都の上坂元七商店様がいらっしゃり、開口一番に「熊本の雨は、何とも男らしい降り方やね」と。。
確かにこちらの雨は、降る時は威勢がいいといいますか、大地をジャンプして、また空に戻っていきそうです。

そして、奥のスペース上段に置かれた「だるま」を見上げていらっしゃいます。そのだるまは、代表が「一生きものしか着ない」と宣言をした年に、お客様や問屋さん、ご友人や親族の所を廻り、一言メッセージを寄せて頂いたものなのです。。。

「代表は、きもの生活20年になるんやね。。10周年のパーティが、ついこの間のように感じますわ・・・」と、上坂様はだるまに書かれたメッセージを、一心に読んで行かれました。。。



・・・さて、今日の画像は、代表が用意しているお菓子の画像です。

根来(ねごろ)塗の菓子器に紫陽花の葉を敷いています。
葉の上の金平糖が紫陽花のようで、午後からいらしたお客様も、「うゎあ〜素敵ねえ〜」と高い声でお喜びいただけました。。。
(金平糖は京都「緑寿庵清水」のものだそうです。)


この強い雨の中にも、和の國までお運びいただけることが、本当に有り難いことでございます。。

そして本日も和の國ブログにおつきあい頂き、真にありがとうございます。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

心に深く残る作品

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は自前の士乎路紬の縞模様をアップで撮影してみました。
こちらは縮みのタイプなのですが、アップで見ますと、表面の起伏がかなりはっきりと写し出されます。

IMG_5237


実は初めて袖を通した時に、これまで着ていた袷の紬とは全然違う手触りで、びっくり致しました。
全体を持つと生地はとても軽いのに、ちょっとざっくりとした手触りで、丈夫で、多少ワイルドに扱っても大丈夫、という安心感があるのです。

反物として触れていた時と、実際に着てみたのとでは、感触もずいぶん違うものでした。。
様々な種類のお着物をお持ちの方には、それぞれにとっておきの着心地、というものがおありなのですね。。。


・・そして今日は、素敵なお振袖を見せていただきました・・・。
先ほど秀子さまご夫妻がお越しになり、お嬢様のお振袖に、新しく袋帯をお見立てにいらっしゃったのです。
そのお振袖は、地色がとても鮮やかで深みのある緑色で、色とりどりの宝石が散りばめられたように、沢山の美しい絣模様が織り出されているのです。。。

重厚感のある、何て贅沢な織のお振袖なのだろう・・と、ご夫妻をお見送りしてから作り手のことを尋ねますと、佐々木苑子さん作(人間国宝)のお着物で、数年前にご縁を頂いたそうです。
私は和の國に務め始めて7年目になりますが、本日初めて拝見することができました。

若々しいエネルギーも満ちている、華やかな織り柄で、一目見て、心に深く残る作品です。
実は佐々木苑子さんが人間国宝になられたのは、このお着物が秀子さまとご縁を頂いた後のことだそうです。。。

かねてより、和の國と、それ以前のきもの屋いばらきで取り扱う商品の奥深さには、驚くことが多々ございました。
・・ですが、まだまだこのような素敵なエピソードがあったとは、とても嬉しく、私もこのお店で仕事をさせて頂けることに、改めて感謝の想いが湧き上がります。。




今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。

ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

秋冬のコーディネート

IMG_5235

「士乎路紬」の格子の着物に、「洛風林」の八寸名古屋帯を合わせてみました。
着物の染料は、紫根(紫根)、帯の銘は、「緑園のエンジェル」です。

・着物の柄も可愛らしく、着心地抜群です。
・帯の柄も洗練されており、とっても締めやすいのが特徴です。
帯〆で季節感を出し、楽しむことができます。

お買い物、会合、お友達とのお食事など、ジーンズ感覚でお召しいただける装いです。
・士乎路紬着物 ¥398.000-(お仕立上り税込)
・8寸名古屋帯 ¥158.000-(お仕立上り税込・パールトーン加工含)
※各、1点限り。

いつもありがとうございます。
美ビットきたら、090-3600-9495へ。 ご連絡お待ちしていまーーす。
24時間受け付け中です。!(^^)!
 
きものサロン和の國 茨木國夫拝

リスとカットかも・・・。

NCM_0399

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん♪
その雨音を遥かに超えた「男雨」とも言うべき雨が、天からたくさん降り注いでいました。
流石、梅雨。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕は、また?ドジってしまいました。
今日の画像、リスとカットをしたように見えませんか・・・。
実は、店に入る前の午前10時頃、店の近くの部屋で、お昼の準備をしていました。
数日前から水に漬けていた玄米に、「あわ」を入れ、そして「麦」を入れた後に事件は起きました。

麦を流しの下にしまって、手をぐっと手前に引いたら、戸袋の枠にドンと当たったのです。
丁度、かみさんが流しの横で、なすびを切っていました。
そこで、僕がチョッと割り込んだ形で、手を引いたので大当たりとなりました。
かみさんは、「どうやったら当るの?信じられんけど…」と笑っていましたが、僕も予想外の出来事で笑いと痛さが交差していました。

そんなこんなでお昼は、身を粉にして出来上がった玄米を美味しく頂きました。。
今日はお客様の足は遠かったのですが、やりかけていたことなどが、サクサクと進んだので、複雑ですが半分だけ嬉しい気持ちです。!(^^)!






今回の催事は、久々、お手紙風のご案内状でした。
お届けさせて頂いた方もいらっしゃることでしょうが、僕の素直な今の心境なので、お付き合い頂ければ有難いです。

☆・・・・☆・・・・☆・・・☆・・・・☆・・・☆
いつもお世話になりまして、誠にありがとうございます。お付き合い頂ければ嬉しく存じます。
おかげ様で…、
きもの生活20年目を迎えます。



僕は、熊本県菊池市で、100年続く呉服店の長男として生を受けました。
3代目として家業を継ぐものの、呉服屋がきものを着ないことに矛盾を感じつつ、将来の不安もぬぐい去れず、悶々とした日々が続いていました。
そんな自分の心に火をつける為に、32歳の時に、和服に人生をかける決意として、洋服を処分し365日24時間、一生涯「きもの」で過ごすという、『きもの宣言』を行いました。

いざ始めてみると、日本の民族衣装にも関わらず特別視され、人々の視線やひそひそ話に外出恐怖症にまでなりました。しかし、勇気を持って着続けたことで、健康にも良く、人としての姿勢も正されることを実感しました。「きものだけの生活」を続けたからこそ、気づかせてもらったことがたくさんあります。




★親父もきものも嫌いでした。しかし、イヤなこと辛いことを乗り越えることによって心も強くなり、そして次第に全てが好きになってきました。

★毎日毎日着物を着て角帯をキュッと締めることで、日々新たな気持ちで仕事に臨め、やっと仕事が楽しくなってきました。

★趣味が日本文化(茶道・能楽)へと広がり、様々な「道の文化」の奥深さの一端を垣間見られて、「日本人で良かった!」と、つくづく感じました。

★お店に、自分の好きな花器に庭から積んだ一輪の花を生けることで、お部屋もイキイキとし、日本人として心の豊かさを感じる事が出来るようになりました。

★自らの経験を元に、お客様にも心から和服をお勧めすることが出来るようになりました。

★日本は寒かったり雨だったり暑かったり、いろんな天気があるけれども、その季節があるから自然が育まれ、その暮らしの中で日本人の優しい心が育てられていることに気づかせて頂きました。

★支えてくれる方々や、ご愛顧頂くお客様がいらっしゃるからこそ、この道を続けることができました。

★途中でこちらから止めない(あきらめない)限り、神様は決して見放されないということに気づかせてもらいました。



本当におかげさまでございます。
今では、きもの屋であることに誇りさえ感じ、そして次の世代にきものを残していくことが天命だと感じています。
僕にとっては、この「きもの宣言をした6月」が、原点回帰であり、新たなスタート地点でもあります。
そこで、和の國ならではの「おもてなしの精神」と「感謝の心」を胸に、別紙のように「きもの宣言20年記念展」を企画させていただきます。

今回は、和の國セレクションのきもの・帯はもとより、特別企画として石川県・能登で作られている「士乎路(しおじ)紬」にスポットを当てています。
雲や雨によって地球も私達も守られているようなこの季節に、優しいクラシックが流れ、お香漂う和の國にお出掛け頂き、ご高覧くださいますよう…心よりお願い申し上げます。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
さあ明日は雨もあがりそうなので、「NPO法人きもの普及協会」のチラシポスティングに早朝から出かける予定です。!(^^)!
どうか、この和の國ブログをご覧の皆さまにとっても、素敵な一日となりますように・・・。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン





ミュージアム

IMG_5234

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
本日より『きもの生活20年展』が始まりました。
開店からはや、四組のお客様がお越し下さっています。初日から20年記念のお祝いムードで、本当に有り難いことでございます。

さて、この度の展示会ご案内状にも記してあるのですが、今回は、士乎路(しおじ)紬の品揃えに力を入れております。
代表も自ら着用し、士乎路紬の着心地の素晴らしさについて、日頃より自身の体験を元に、愛情を込めて紹介をしています。
そして、お着物雑誌をご覧の全国のお客様からも、時折お電話、メール等で問合せを頂いておりました。。

今朝お店に入りますと、士乎路紬が一角の大きなスペースに展示されているのを見まして、「まるでミュージアムみたい・・・」と思った次第です。。。
士乎路紬は京都・室町の加納さんが水島繁三郎氏(故人)と長い年月をかけて共同開発され、今では全国紙に掲載されることも多くなったそうですが、皆さま「なかなかお店で見られないので・・・」と、よくお電話を頂くのです。

その士乎路紬を始め、代表選りすぐりのお着物や帯が一同に会します。
この「きもの生活20年展」で、お気に入りの一点を見つけて頂ければ幸いです。
是非和の國まで、お出かけくださいませ。。。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

緑のカーテンと取材

NCM_0397

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
地球保護月刊、いかがおすごしでしょうか…。
昨日は、大きく分けて二つの事がありました。
お付き合いください。

一つ目です。
僕は、店のすぐ近くの部屋を借りています。
そこは歩いて1分。なんと和の國のドアが見える9階です。
朝日も入り、見晴らしもいいのですが、南側に窓がありますので、太陽の光もどんどん入り、特に夏はやけどするほどではありませんが、暑いです。

そこで、一念発起。
今流行りの「緑のカーテ」ンをしようと思い、ホームセンターに出かけ、プランターと苗を買って準備万端のはずでした。
ところがどっこい、プランターの底がたまご型になっており、ビューンと左折したら、車の中で横倒しになりました。
慌てました。
直ぐ車を止めて、元に戻しV字に置いたのですが、後の祭りです。

自宅でプランターを下ろし、厚紙で落ちた土をすくいました。
シーツなどをはたき、ヒユーンと掃除機で吸い取り、雑巾で拭きました。
おかげで車全体は綺麗になったものの、ほんの少し泥がついているような感じです。
緑のカーテン日記、思わぬスタートとなりました。!(^^)!



そして、二つ目です。
昨日は、熊本日日新聞さんより電話がありました。
その時は、僕は菊池(自宅)だったら、取材したいから話を聞きたいとの事でした。
お昼から店に入り、今日から催事(きもの生活20年展)の為、その準備をしていたら、早速熊本日日新聞の文化生活部の友美さんにお出掛け頂きました。

な・なんと有難いことに、土曜日の夕刊の一面を彩る「くまもと人めぐり」というコーナーです。
今まで、多くの取材を受けたのですが、新聞の顔ともいうべき一面をほとんどしめる紙面に載るのは初めてのことです。
3組のお客様もおでかけになったのに接客はスタッフに任せ、現在・過去・未来、僕の価値観、哲学などなど、滝から水がほとぼしるようにお話させていただきました。

「紙面が広いので、もう1~2回は取材を重ね、いいものを作り上げたい」とのことで、今度は、カメラマンを連れて6/29の午前11時におこしになります。
そして熊本日日新聞の紙面には、7月14日(土)夕刊に掲載されるそうです。
おかげ様で、着物を20年着つづけたから、神様のご褒美でしょうか…。
本当に本当に有難いです。「新聞も読もう !(^^)!」



・・・ということで、昨日は楽しい二つの出来事がありました。
今日からは、鶴屋で「西部工芸展」です。
また、その鶴屋さんは60周年の大イベントがあるみたいです。
そのついででも、大歓迎!(^^)!

和の國では、「きもの宣言20年展」を同日より開催(~6/30)です。
特に今回は、着心地抜群の「士乎路(しおじ)紬」にスポットを当ててみました。
お足もとの悪い時期かと思いますが、ぜひ当店にもお運びくださいますよう、心よりお願い申し上げます。

いつもいつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
和の國で待ってまーーーす。!(^^)!
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805

梅雨時の梅の実

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 台風4号は、熊本県地方は比較的さらりと通過してくれました。
梅雨時の台風は私の記憶の中では珍しく、通常であれば“台風一過”で表現される通過後の本当に気持ちの良いお天気は、今回どうなるのか少し楽しみです。

 さて、この時期の風物の一つに、梅干しの漬け込みがあります。
私も、自宅の庭にある大きな梅の老木に生った梅の実を、現在塩漬け中です。
 昨年は、花の数がめっきり少なくて、なんと4個しか結実せず、そのうちの2個は自然落果したため、たった2個しか収穫できませんでした。
「これは剪定しなければいけない!」と思い、全くの素人ながら自己流で枝を落としましたところ、今年は東向きの枝に沢山の花が咲いてくれまして、5月にはまるまるとした緑色の実が5圓曚票穫できました。
他に、あと2本の小さい梅の木がありましたので、合計6圓寮椎澆魃漬けにしております。
 私は、94歳で亡くなった祖母の教え通りの方法で漬けておりますので、この先、2〜3日晴れの日が続く時に、梅酢から上げて天日干しにしまして、その後に紫蘇を揉んで再び漬け直します。
 
 昨日の事です。
実家の母から、最近の雨天が続く合間を縫って梅をちぎった(熊本弁ですよね?)から、まだ必要なら取りに来るようにと電話がありました。
 見てみてビックリ!!!それはそれは大きな梅がどーんと山になって積んでありました。
一緒に、杏の実も“ちぎって”ありまして、色こそ違え、大きさは両方同じくらいです。
(もし杏の実をご存じなければ、今時スーパーなどの店頭に並んでいるスモモをご想像ください)
 梅干し分はもう十分ありますが、せっかく母が“ちぎって”くれたモノですから、夏バテ防止の為に梅シロップを作ろうと、ありがたくもらう事にして、昨晩早速漬け込みしました。
 杏も、ヨーグルトに掛けたり、お料理に使ったりしようと、土鍋で煮てジャムより少しゆるいソースを作りました。

 収穫の梅雨と母に感謝!感謝!です。

blog


 本日のお写真は、“梅”ならぬ“さくらんぼ”で、綿麻生地に絞りの技法で染めてあります。
肌に張り付かず涼しい生地で、黄色味がかった緑色の地色で、お仕立て上がり¥88000でございます。
和の國では、代表の着物生活20周年記念の展示会がいよいよ明日から開催です。

 品良くオシャレな浴衣地はもちろん、代表くにモンが自信をもって皆さまにオススメする逸品を多数ご用意しております。
 どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。ご来店をお待ち申し上げております。


本日もお付き合いありがとうございました。

「きものは語る」

NCM_0392

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
厚い雲に覆われ、情緒たっぷりな朝を迎えました。
お変わりございませんでしょうか・・・?


昨日は、「熊本ゆかりの染織作家展」や、月初に和の國ブログ登場の安達絵里子さんの講演会が、富合町公民館であったので話を聞いてきました。
流石、きものライターさんだけあって、きものに対する造詣が深いです。
演題は「きものは語る」です。

・「肉体を感じさせない美意識が、日本人の美意識である」
・「日本語から眺めてみると、美と服が一体化している」
・「きものを着ると、パワースポットに!」

などなど、眼からウロコでしたし、思っていることを言葉になさる絵里子さんの含蓄に尊敬の念を抱きました。
きものを心から愛する絵里子さんだからこそ、響いてくるものがたくさんありました。
そして、ご縁で熊本に住まわれるようになったのに、熊本県民より熊本をこよなく愛されているお姿に脱帽でした。
いろんなことが勉強になったのと、「わずか20分、自分で作るパワースポット」という、同じ価値観はとーーっても嬉しかったです。!(^^)!


さて、今日は、午前10時半から、そんな「自分で作るパワースポット」のレッスンが和の國で行われます。
午後も、1時〜、3時〜、そして夜も午後7時〜です。体験・見学OKです。
ぜひ、自分のなかにある美を探し、日本女性として生れた喜びを、きものを着るという行為によって体験してみませんか・・・。

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805

着付けのお問い合わせは、茨木ゆり 090-8225-0987まで。
ぜひ、お気軽にご連絡くださいませ。
よろしくお願いいたします。



追伸:
絵里子さんのお話は、この秋に「NPO法人きもの普及協会」でご講演をしていただくよう予定しています。
ぜひ、そちらでお楽しみくださいねっ。

チョッと、一息つきました。

NCM_0388

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
熊本は、全国放送のニュースになるくらいの雨が降っています。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕は、今週の月曜日(11日)から2泊3日で東京に出かけていました。
目的は、本の出版に関することです。
山岡鉄舟は「蝸牛(かたつむり) 登らば登れ 富士の山」と詠みましたが、まさにそんな感じす。
しかし、もしかするとクリスマスソングが街に流れる頃には、全国の本屋さんに僕が書いた本が並んでいるかもしれません。


さて昨今、来週から「きもの宣言展」(6/20~6/30)の案内状作成で、頭にしっかり汗をかき、ウンウン唸り続けていました。
何度も書き直し、やっとA4のご挨拶文」、A4の案内状、A4のお客様の声の用紙も全て出来上がりました。
ほっっーーーー。!(^^)!

今回の印刷は、和の國で行っていて、PCの横では、キャノンのプリンター(MP610)が、ジッジッジッカツン、ジッジッジッカツンと何度もリズミカルな音楽を奏でてくれています。
リズムが良い時は、その音もいい感じに聞こえるから不思議なものです。!(^^)!

本のことや、案内状の事、将来の事など色々と思考を巡らしていましたが、全ての方向性も決まり、また一つの目処もたちました。
今月は、1週目2週目とご来店のお客様が多く「パワフルサタデー」でしたが、今日はゆっくりで半分残念!
しかし、そのおかげで発送作業もサクサクと進みました。

何でも、段取りよくいって取っても嬉しいです。
今日の画像は、李朝の祭器に三太郎梅を乗せて、店内に飾ってみました。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495





追伸:
発送作業は、スタッフとかみさんが頑張ってくれています。
僕は、嬉しくなって・・・♪・♪♪・・♪♪♪

雨雨ふれ降れ かあさんが、
蛇の目でお迎え 嬉しいな、
ピチピチチャプチャプ ランランラン。

・・・を歌いました。
「輪唱しよう!」と言ったら、横目で見られました。
しかし、何度も歌いながら、お願いしたら、皆で輪唱することができました。!(^^)!



ご覧頂いた皆さま、雨音に乗せて下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


郵便局?

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
20日〜開催の「茨木國夫 きもの宣言20周年記念展」に向けて、ご案内状が間もなく完成します。

今回のご案内は、菊池本店のお客様と各県の和の國ファンの方々にもお出しすべく、お客様リストを開きますと、800人近くもいらっしゃいます。
用意していた封筒の数を遥かに上回り、急きょ追加発注となりました。

そして今回は郵便メールで送ることになり、せっせとスタンプ押しをしています。
いつもは郵便局の窓口で押されるスタンプですが、お店にその用意が整っていました。
今日は和の國が郵便局出張先のようです。

この後みなさまの宛名をつけさせて頂き、ご案内状を同封し、明日午後には発送できそうです。
それにしましても、本当に大勢の方々にご支持を頂いているのだ。。。と、改めまして感謝の想いが芽生えます。

「きもの宣言20周年記念展」は、
6月20日(水)〜30日(土)
和の國にて開催させて頂きます。

どうぞみなさま、お着物が大好きなご友人、お知り合いの方々と、お出かけ頂けませんか?
あなたさまのお越しを、心よりお待ち申し上げます。


IMG_5231


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

無意識に・・・。

IMG_5229

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日も風の渡る、晴れやかなお日和ですね。。。
お店の前面に飾られたお着物や帯も、外に向かってにっこりとほほ笑んでいます。

・・・その気持ちの良さに、ふと、浴衣のディスプレイを変えてみよう、という気が起こりました。
元気のいい色がいいなあ、と反物を探しますと、ターコイズブルー(青緑系)の絞りの浴衣が目に飛び込んできました。

そちらに変えて、全体を見回したところ、角に掛けてある「空高く」という文字の色も、青緑色だと気付きました。
この一言メッセージも、季節に応じて変わって行くのですが、文字の色に呼応したように、無意識のうちに浴衣の色を選んでおりました。。。



さて今晩は、「NPO法人きもの普及協会」のイベント、「着物に関する疑問質問…座談会(お悩み意見交換会)」を、和の國(事務局)で行います。
夜7時〜9時までです。

この座談会は、お着物初心者、とおっしゃる会員の方のアイディアで、今年度の行事に取り上げられました。
お着物等に関する素朴な疑問を始め、ご自身の経験談や解決法など・・・、色々なご意見を頂ければ、と存じます。

ご参加のお申し込みは、夕方6時頃まで対応しております。。。(TEL 096-359-0805)




今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

夏物ウール

7367bcf5.jpg
みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

本日は朝からしっとりした雨で、梅雨らしい一日となりました。
梅雨後半の、何日も激しい雨が降り続くのは少しご遠慮したくなりますが、ここのところの降り方は、大地から心まで潤ってきます。


 さて、本日のお写真ですが、
和の國では、夏のオススメお着物の中に、夏物ウールがございます。
素材は、絹35%・毛65%になっておりまして、透け感のあるシャリッとした地風で、ほどよい張りがありますのでお肌に張り付かず、通気性もありますので、真夏を除く暑い時期、まさに今の季節にぴったりの質感です。
 雨の日の外出では、正絹のお着物では濡れることを思いますと少し勇気が必要になりますが、だからといって化繊にしますと、ただでさえ湿度の高いこの季節、雨が降ると尚更汗でムレて全身が不快になります。
ところが、ウールですと少々の雨でも心配なく、爽やかに外出することが出来ます。

 お写真では透けている感じがあまりよくお分かりいただけないと思いますので、是非お店にて直にご覧くださいませ。


ウール



本日もありがとうございました。


秘ぞっこの名古屋帯

NCM_0381 (1)

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
すずめがチュンチュンチュン、バスの音がガーーー。
すっかり大人びて色濃くなった木々を朝日が照らし出しています。
梅雨の中休みでしょうか、爽やかな風が部屋の中まで遊びに来てくれています。

さて和の國では有難いことに連日連夜、お客様に恵まれたくさんのご縁を頂いています。
そんな中昨日も、和の國の秘ぞっこの帯の一つ…のご縁を頂きました。
型絵染の染織家、駒井和子さんの名古屋帯(銘;旅立ち)です。
抜けるような青空より青い色、デザイン感覚の素晴らしさはもとより、マティスやピカソを彷彿させる西洋絵画ばりの配色。
そこに繊細な日本の美意識が見事に融和した・・・逸品です。

お求めくださったのは、あつこさま。
かれこれ、10年以上のお付き合いとなります。
横山俊一郎さんの「みさやま紬」がご縁で、宮平初子さんの名古屋帯や、宮崎織物の結城紬などハイクロリティなもののご縁を頂いています。

和の國が掲げている2つのテーマに、「品良く美しく」と「品良く楽しく」がありますが、まさにこの帯は「品良く楽しく」で、僕たちも嬉しくなります。
初おろしは、今年の秋冬となられそうですが、その帯をお締めになってらっしゃるお姿を見かけられたら、「素敵な帯ね〜。和の國ブログで見ましたよぉ〜」とお声かけ頂ければありがたいです。!(^^)!



僕は、「熊本が着物の似合う文化の街」になったらいいな〜と常々思い、その活動もさせていただいています。
やっぱり着物って、いいですねっ。
日本人の心の寄り所のような、そんな気がします。

ふとよりぎました、こんな歌が、♪・♪♪・・♪♪♪
着物、きもの、キモノ、きものを着たなら、
心、こころ、ココロ、こころが良くなる〜。!(^^)!
(元歌は、さかなちゃんの歌です。)


今朝もお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
和の國は、今日は「着付け教室の日」です。
またぜひお出掛けくださいませ。

きものサロン和の國 茨木國夫拝
 096-359-0805



ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



展示会に向けて

NCM_0362

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今月20日より、和の國代表 茨木國夫の『きもの宣言 20年記念展』を開催いたします。

代表が昨晩、これまでのご案内等を探し始めると、思い出の詰まった様々な資料が次々に出てきて、見始めると何と夜中の3時になっていたそうです。

お着物だけしか着ない、という生活が20年となる代表。。。
普段から毎日お着物を着ているからこそ、自信を持ってお勧めできる商品と、ご着用を余りお勧めできない商品とが、明確に分かれます。


私はこちらのお店にご縁を頂いてから作ったお着物もありまして、独身時代に求めたものと比べると、随分と軽やかで、着ていて、手触りも何も気持ちがいいのです。
こんなに着心地が違うのなら、もっと早く巡り合いたかった。。。と思うことしばし、です。
・・ですが、この少ない経験も含めて、私もスタッフとして、和の國の商品を自信を持ってお勧めできるのです。


さて昨日より、展示会に向けて商品が届き始めています。
画像は、先日代表夫妻が京都 室町の加納さんで撮影した士乎路紬です。

20日(水)〜30日(土)まで開催します「茨木國夫の きもの宣言 20年記念展」を、どうぞお楽しみに、お待ちいただければ、と存じます。
もちろん、展示会までの期間中も、コーディネートやお手入れのことなど、思い立たれた時には、是非お出かけ下さいませ。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

明るい空

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
午前中の雨も上がり、雲の合間に明るい空が広がっています。

今朝も3号線を通るバスに乗っていたのですが、今日は道がかなり混み合っていました。
公務員の方等、ボーナスが支給された後の、最初の週末だからでしょうか?
お買い物やドライブに出かける車が、丁度重なったのかもしれませんね。

IMG_5196

さて今日出勤しますと、パナマ素材を使ったお草履など、夏のお履物が多くディスプレイされています。
その中で、とても軽やかな下駄を発見しました。。。写真のタイプで、9,800円(税込)ございます。底の部分には、全体にゴムが貼られ、とにかく軽いのです。

これまでのタイプと比較しますと、ぐんとカジュアルで、気軽にお使い頂けそうです。。。



・・・と、再びブログに向かっています。
先ほどまで、とっても素敵なお着物と帯をご用命いただきましたり、
久しぶりに、と夏のお着物を探しにお出かけ頂いたり、
小物を見にいらしたお方・・・と、お客様が続いています。

そしてその次は、熊本ゆかりの染織作家展(熊ゆ展)の取材中でございます。
今年、岡村美和さま作・型絵染め夏帯をつくられた樹さまが、取材のために、その帯を締めてきて下さいました。
樹さまには、初めての熊ゆ展で、吉田美保子さまの帯もお作り頂いているのです。。。

お話の聞き手は、熊ゆ展の企画・立案者の安達絵里子様でいらっしゃいます。
樹さまがどんな場面でお着物をお召しになられるか、どんなお着物や帯がお好みか・・・と、お話がどんどん盛り上がって行きます。


その間に、雨草履をご注文のようこさまも、お見えになりました。
・・・しばらくして、ふと中央ディスプレイを見ますと、白地のエレガントな刺繍の帯に、目を細めていらっしゃいます。。。


今週末も大変賑やかな和の國で、とても嬉しく、ありがたく存じます。。


ブログをご覧の皆さまにも、いつもおつきあい頂き、感謝申し上げます。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

久々、RKKラジオ登場

DSC_0446

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
雨になりましたね〜。
木々も水分を含み枝を垂らしながら、嬉しそうにゆらりゆらりと風と戯れています。

そんな中、今朝はミミー号がお越しになり「大田黒浩一のとんでるワイド!」に生出演させていただきました。
インタビューなさったのは、宮野里紗さん。内容は、「火の国染のこと」についてです。

RKKラジオは、ずっと昔から聞いていたのですが、ここ数年は、NHKの「ラジオビタミン」を良く聞いていました。
しかし、今年の4月より番組が変わったので、NHKラジオを聞くのは午前8時までにして、その後は、RKKラジオにチャンネルを切り替えることが増えいました。
このご縁は、以心伝心でしょうか・・・。
数年ぶりのRKKラジオ出演だったので、チト振り返ってみました。



さて、午前8時半にお越しになり、オンエアーは9時25分頃でしたので、質問の内容も、
・どんな場面で、きものを着てほしいか?(どんな場面が、きものが似合うのか?)
  →チョッとお食事。美術鑑賞など。洋服とは違う非日常的な気持ちを味わってほしい。
・火の国染のきっかけは?
  →熊本県知事認定の経営革新企業に選ばれ、熊本における新たなブランド作りをやっていたから。
・火の国染を通して、何を発信したいか?
  
・・・などとお尋ねになることが分かっていたので、わりと話しやすかったです。
しかし、それが終わると、なんだかまたドキドキ感がやってきます。
どうやら僕は、本番中よりも、その後が最高潮の脈拍数になるみたいです。



おかげ様で、最後のまとめのところで、「自然が豊かで、歴史のある熊本が、着物の似合う街になること」は言えました。
「NPO法人きもの普及協会」のことも、少し言えました。
しかし「阿蘇・熊本城をモチーフにした絵というのは、まさに『郷土愛』である。地元を愛し地元から発信することが、親先祖を尊ぶことにもつながる。」とは言えませんでした。
後から言えば良かったと気づきました。

でもこうやって「書きしるすこと」つまり、アウトプットすることで気づかせもらうことがたくさんあります。
いろんな経験を積ませていただき,いろんな学びを糧に、一歩ずつ大人になっていきます。
どうかこれからも、ご支援・お導きの程、よろしくお願いいたします。
ぜひ、きものも「和の國」で買ってくださーーーい。!(^^)!  新柄の浴衣も、秋冬物も入荷していますよっ。



いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
今日も、和の國ブログをご覧の皆さまにとって、「嬉しいな~。良かったな~。あ~、この事で感動した!」というような素敵な一日でありますように・・・。
きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495



今日のお写真は、左より永野愛子さん、くにモン、森下愛さん、そしてインタビューアーの宮野里沙さんです。
素敵な笑顔がいっぱいですので、「ハイ」っと言いながら、下記のボタンもクリックしてくださいませんか・・・。
ご協力よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン








ポスター貼り

こんばんは。茨木ゆりです。
今日は時にパラパラと雨が降ったり、時にお日様も顔を出したり…、屋外に干した洗濯物が気になりましたが、なんとか乾き、良かったです。


昨日のコミュニィティボードの抽選会で、主人が見事!2か所当選!のおかげで、今朝は早起きし4時過ぎから「NPO法人きもの普及協会」のポスター貼りに出かけました。

この時期になりますと、朝4時は結構明るいんですね。
主人がルートを決めて車を走らせますので、私は車中でポスターの裏に布テープを5ヶ所貼り、すぐに貼れる準備をしつつ、地図で場所の確認をしながら、貼っていきました。


これまでも何度かポスター貼りをさせていただいてますので、大抵の場所を覚えてることで、かなりスムーズに貼れたり、反対に知っているが故、間違ってA(今回はBとCですので)のボードまで貼っていて、後で気づいて剥がしに戻ったり…もありましたが、予定より早く6時半頃には終了いたしました。


熊本市内の皆さま、是非お近くのコミュニィティボードを、見て頂けませんか?



いよいよもって、梅雨入りとなりそうです。
このところ、急ぎ、時雨草履のご用命も賜っております。
雨対策にも礼装用・おしゃれ着用・カジュアル用とございます。

・TPOに合わせて・・・。
・とりあえず一足!と重宝なものを・・・。

雨の日でも、安心してお着物姿でお出掛けいただけますよう、和の國では草履カバーをはじめ、お洒落な雨用の草履と下駄を取り扱っております。

サイズのお取り寄せや、サイズに合わせてのお誂えも出来ますので、どうぞお早めにお出掛けくださいませ。



本日も、ご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

NCM_0375 (1)







嬉しいドキドキ感

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
夜明けが早くなりましたね〜。
すーーーっつと美味しい空気を吸って、はーーーーーと息を吐くと、肩のところに血流が流れているような感じになります。
緑の風、朝の空気ってホント澄んでいて、美味しいですよね。

「日食」が見れるとかで、そのまま太陽を見ようとしたら、まぶしくて眩しくて直視することができません。
ラジオでは、「絶対直接見ないでください。」とおっしゃっていましたが、
「言われても、見れません。」って感じでした。





IMG

さて今日は、熊本市役所の11階朝から出かけてきました。
コミニティボードの抽選があるからです。
その掲示板に「NPO法人きもの普及協会」のB2ポスターを貼らせて頂くことで、それが普及活動の一環となればと思っているからです。

午前9時から抽選会なので、8時45分ごろ付くと、18番目でした。
そして時間になると、貼れる場所が、36ヶ所。今日抽選を引きに来た方は、34団体。ラッキー!(^^)!
ゆえに、抽選外れることもなく全員OKでした。ほっっ。

まず、第一段階終了。
やはり、何だか心臓ドキドキしていました。
そして、A.B.Cのボードの「AかB」を引いた人は、再抽選の権利(36−34=2)があるそうです。
僕は18番目にクジをぐいっと引くと、「Bの2」で目出度くゲット。

「B」を引いたので、二か所目も貼れる権利を手にしました。
ラッキーです。
そして抽選が終わってしまった後、「再抽選したい人は残って下さい」とのことでした。
ボクを含め、9名が二ひき目のドジョウを狙っていいます。

さあ、若い番号順に呼ばれていきます。
3番目の方が当り、あと6人の中からもう一つの当たりがあります。
僕はイスから立ち上がり、右手をぐっと差し出し、「これ」と決めていたくじを引きました。
そうしたら、クジの割りばしに「2」という番号が書いてありました。思わず、にっです。!(^^)!

周りの目もあるので、心の中で、右こぶしを握ってガッツポーズ。
目出度く、「C-2」をゲットする事が出来ました。
それからほどなくクジを引いた後なのに、胸が高鳴っています。
小学校の時、不意に先生より当てられて、何とか急場しのぎはしたものの、その後、ドキドキ感がやってくるような気持ちになりました。

貼る場所が、2倍に増え、24か所。
ゆえに明日は、4時起きして、コミニティーボードにB2ポスターを張りに行く予定です。!(^^)!
嬉しかったので、11時の和の國オープン前に、書き込みさせていただきました。

今日も、美しい一日でありますように…。
僕も、「きもの道」ひたすら歩み続けます。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495




追伸:
このポスター・チラシは出来たてホヤホヤです。
お店などに貼っていただける方、チラシを置いていただける方などいらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。
ご協力、よろしくお願いいたします。
尚、「NPO法人きもの普及協会」の会員の皆様には、昨日発送させていただいてまーーす。!(^^)!




ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン




母子で着付け教室

着付け教室


みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

九州南部の梅雨入り宣言に続きまして、熊本もいよいよ・・・?
雨の1日でしたが、とても心地よい気候でした。

 さて、私は昨日の着付け教室のお手伝いをさせて頂きましたが、午前・午後ともみなさまご熱心にお稽古に励まれておりました。
 本日のお写真は、午後の部のりつこさまとお嬢さま(小6)のお稽古風景です。
りつこさまは、今週末に“和のお食事マナー”の講座があり、「せっかくなので着物で・・・」と、藍の片貝木綿に花織の半巾帯でご参加予定とのことです。
 お嬢様のひなこちゃんは、小学6年生ながら、ご自分の浴衣をお持ちで、「自分で着たい!!」と、浴衣の着方から帯結び(3通り)までお稽古されました。
着付け時のポイントや、半巾帯の結び方など、1度習ったところは確実に覚えていかれます。
さすが、小学生!! と感動しました。

 お母様の思いを受け継がれて、このまま着物が好きな大人の女性に育っていかれる事でしょう。
これから先も楽しみにさせていただきたいと思います♪

さて、久々登場、女将さんのコーデです。
着物・・・文人絣(久留米絣)
帯  ・・・柚木沙弥郎さんの諸紙布型絵染めです。
(いよいよこれから紫陽花の開花本番です。観世の帯〆が新緑を連想させてくれています。)
120529_145954


本日もありがとうざいました。

熊本ゆかり便り-水無月号

「和の國ブログ」をご覧のみなさま、こんにちは。
「熊本ゆかりの染織作家展」実行委員の安達絵里子でございます。
月に一度の「熊本ゆかりの染織作家展」レポートをさせていただきます。

第3回「熊本ゆかりの染織作家展」の開催予定日が決まりました。
来年のお正月、2013年1月2日(水)から6日(日)です。
熊本にてお正月を過ごされる皆さま、熊本に帰省される皆さま、どうぞ初詣のお帰りに熊本城近くの「和の國」で開催される第3回「熊本ゆかりの染織作家展」を予定に入れてくださいませ。

新年早々おきものに身を包み、我が熊本の染織作家が創り上げたきものや帯を見る……なんと福々しいお正月の過ごし方でしょう!
幸先のよい一年のスタートになること、間違いなしです。

6月に入って間もない今日この頃。夏の薄物やゆかたを楽しむのはこれからだし、その後には秋が来て紅葉のコーディネートに心ときめかすのも大切。
来年のお正月なんて、だいぶ先のことに思われますが、いやいや、3回目の「熊本ゆかり」はもう始動しております!

染織作家の方々は、作品構想を練り、デザインをして、糸を選び、染めて、手織りする、あるいは生地を選んで染めの準備に取り掛かる、など、もうスタートを切っていらっしゃるのです。
手間のかかる作品製作には構想から仕上がりまで、半年以上に及ぶものもあります。
そのように時間と手仕事を惜しみなくつぎ込んで製作されたきものや帯は、得難い魅力を内包し、それを身につける人を輝かせてくれる――そう思うと、本当に頭が下がる思いがします。



黒木さn1

そんななか、うれしいニュースをお知らせします。
第1回に参加してくださったものの、昨年の第2回では体調をくずされて参加できなかった黒木千穂子さんの作品がまた登場することになりました!

黒木千穂子さんは、菅原道真や平家一族の子孫が移り住んだという歴史がある山深い五家荘で染織をなさっている方です。
黒木さんのことは、亡き立松和平さんのルポルタージュ『染めと織りと祈り』に掲載されているので、ご存知の方の多いと思います。写真も本書を撮影したものです。
『染めと織りと祈り』(アスペクト刊2000年)より、244−245ページ

黒木さんは、雑誌「美しいキモノ」などでもお馴染みで現在福岡にお住まいの人気染織作家・甲木恵都子さんに師事され、草木染織の技術を修得されました。さらに甲木さんの師は人間国宝であった郡上の故宗廣力三氏です。
高校を卒業してすぐ師匠の甲木工房に住み込んで五年目に「教えることはもうありません」と師から卒業を告げられるまで、黙々と修業を続けた黒木さん。なまなかではできないことです。

そうして故郷の五家荘に戻り二十余年。近くの山で採れる植物を染料として、染織に取り組み、子育てをしつつきものや帯、小物を製作されています。

熊本の植物で糸を染め、自然豊かな五家荘で織り上げる黒木さんの作品は、まさに熊本の宝といえます。
しかし、その草木の色は、熊本という地域に限定するものではない日本の色。いえ、日本という国だけでなく、花や実、樹木の恵みを享受して生きる人の心をとらえる力があります。
宇宙のなかに我が身我が手のひらがあり、その手のひらのなかに宇宙が……そんな思いを抱かせてしまう黒木さんの草木染。自然のなかで生活し、草木との対話を経て引き出された色には、宇宙が宿るような魅力があります。

きものの目利きとして百戦錬磨である「和の國」茨木氏も、黒木さんの染織技術に一目を置き、称賛を惜しみません。
そんな黒木さんの作品が第3回「熊本ゆかりの染織作家展」で見られます。
「体調をくずして小物ばかり織っていましたが、今年はきものや帯を再開します」と語る黒木さん。ファンのひとりとして今年の新作を心待ちにしています。
熊本ゆかりの染織作家展実行委員 安達絵里子






追記(くにモン):
安達絵里子さんの熊本での頑張りが、つ・ついにひのき舞台に!(^^)!
「きものは語る」というテーマでご講演なさいます。
☆日 時:6月17日(日)午後1時半~3時半
☆場 所:富合公民館 研修室1・2
☆対 象:どなたでも、先着40名様
☆参加費:無料
☆内 容:きものから読み取れる社会情勢や人々の好み(流行)、日本人の価値観などきものの魅力、奥深さに触れます。

僕も聞きに行くよていですので、ご一緒しませんか・・・。
午後1時、和の國出発で、4名様までお車に乗れますよっ。


今日も、美しい一日でありますように・・・。!(^^)!

触覚の大事さ・・・。

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
昨日は、ネットをご覧のご新規のお客様に美しいご縁をいただいて、「ITにも取り組んで、ブログなども書いていて本当に良かったな~」と思っていたら、本日も長崎よりネットで検索なさって、和の國にお越しいただきました。
お泊まりは、それこそお隣の熊本ホテルキャッスル、夕食は、郷土料理・青柳さんだそうです。!(^^)!

ネットをご覧頂いてのお客様が二日続けてというのは、和の國では初めてのことです。
喜びも、ひとしお。
「6年間ブログ書き続けていて、良かった。(その当初は、5分もPCの前にいたら気分悪くなっていました。笑)」
・・・と心から思いました。!(^^)!


そんな中、今日はまた東京在住の郁美さまが、お着物姿でお出掛けになりました。
春から初夏を感じさせるお単衣の大島紬を、さりげなくお召しになっています。
「一目会ったその日から・・・」ではないけれど、すぐ打ち解けて「きもの談義」に花が咲きましたぁ~。

会話が弾む内に、きものに対する思いなどを言葉で分かりやすく表現なさるので、「文系ですか~。 お仕事は?」などとお尋ねしたら、IT関係のお仕事だそうです。
チョッと以外だったので、もう少し訪ねていたら、「元々は国語などが好きで学校の先生になりたかったのです。お茶もならったりしたいけど、、、何だか、国語や日本文化とは反対のITに就職しました。不思議ですね~。」
・・・とのことでした。

そして、「物を触ることや、触れることを損なっています。パソコンもプラスチックで、同じ形、同じ触覚ものですよね。」との事でした。
目、目からウロコが、、、。 
新発見、新言語化で、思わずメモっていました。!(^^)!

自分に置き換えた場合、もちろんパソコンも携帯電話も、毎日無意識の中で触っています。
しかしながら、それと同時に仕事上、着物を触ったり、日常着の中で今は特に木綿の着物を触ったり帯をしめたりしながら、自然素材に触れています。
余談ですが、「武蔵ふんどし」も木綿素材です。


おっしゃる事が、「なるほど~~~~。」と思いつつ、現代そのものを言い当てているような気がしました。
無意識の中で、何か気づかないストレスなどは、もしやそういったものが要因になっているのかもしれません。
だからこそ、郁美さまは、「その仕事の中で味わうものと違う『ぬくもりのある触感』を、お着物に求められているのだな~~~。」と改めて気づかせて頂きました。

そう言えば、ボクの触感は発達していると思います。
本業では、やはり手触りも、着物の素材の良しあしを決定する大きな要因となっています。今は、見たら分かりますが、昔はよく素材の良し悪しを指先の感覚に頼っていました。
また余談ですが、タバコを吸う人の近くにしばらくいると、手のひらが少しべとべとしてきます。とんかつ屋さん、焼鳥屋さんなどでは言うまでもありません。

まだ上手く言葉にできていませんが、「五感の中の触感・触覚の大切さ」を改めて感じた一日でした。
お目目クリクリの可愛らしい郁美さま~、いい学び、気づきを本当にありがとうございます。




明日、6月4日(月)は「着付けレッスンの日」です。
体験や見学もOKです。
ぜひお気軽にお出かけくださいませんか・・・。

また、今和の國では「NPO法人きもの普及協会」の資料折り、発送準備などのボランティアも好評受付中です。
お時間取れたら、チョッとでもお手伝い頂けませんか・・・。
会員さん以外でも、ボランティア大・大・大歓迎でーーーす。!(^^)!

いつもお付き合いくださり、本当にありがとうございます。

きものサロン和の國 代表 茨木國夫 090-3600-9495
☆着付けの事なら、茨木ゆりへ。
yuri.3590805@ezweb.ne.jp
090-8225-0987  


追伸:
今日の画像は、昨日頂いた水菓子の青竹を、花入れに見立てました。
お花は、金糸梅(きんしばい)です。

NCM_0371



ご覧頂いた皆さま~、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。!(^^)!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン





涼しげな帯揚・帯締

IMG_5188

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は6月最初の週末ですが、本当に早いもので、2012年に入りあっという間に半年を迎えようとしています。

私自身今年は、少し暑い時期にも、浴衣だけでなくお着物を着られたら・・・と思っていまして、単衣のお着物に初めてチャレンジすることができました(仕立てて頂きました)。

まだ一度しか袖を通していないのですが、今度は不思議と他のアイテムにも目が行きます。
バスの乗り降りに薄物のコートが欲しいなあ、ですとか、帯揚げや帯〆も涼感のあるものがいいなあ・・・と。
お着物が変わりますと、季節ごとの楽しみも増えていくのですね。。。

さて本日のお写真は、初夏からの小物です。ディテールまで伝わると良いのですが。。。
帯揚げは繊細な生地でふわりと軽く、写真の帯〆は2種類の編み方で、紫色の帯〆の方が、少し細かい編み方です。
どちらも透け感があるタイプで、かざすと、向こう側の景色が見えます。

ブログをご覧のあなたさまにも、是非ご覧頂きたく存じます。
お色違いなどご希望にもお応えできますので、どうぞお気軽にお出かけ下さいませ。
私もまずは帯揚げの色を選ぼうと思っています。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

嬉しいことばかり

IMG_5190

みなさまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日の和の國も、ご新規のお客様と、熊本在中の作り手やライターの方々にお越しいただき、大変活気のある一日でございます。

上のお写真は、染織作家の堀絹子さま(中央のお方)と、きものライターの安達絵里子さま(右側のお方)です。
1月に予定しています、「熊本ゆかりの染織作家展」の打ち合わせにお越し下さいました。

緑の竹筒には、水羊羹が入っていまして、絹子さまからのお土産です。
美しい竹筒に入った濃い紫色の羊羹は、つるりと喉を通り、上品な甘さが広がります。
「仙太郎」というお店で何日も前から予約をして頂いたそうです。。 本当にありがとうございます。。。



そして午後からお見えの斉藤様ご夫妻(仮名)は、インターネットを通じて和の國を見つけて頂きました。
・・・以前、他の呉服店で「買わされる(売りつけられる)」という接客を受け、とても嫌な思いをされたそうです。

そこで、インターネットで情報検索するのがお得意のご主人様が、色々な呉服店をお調べになると、和の國のブログとHPにたどり着き、「このお店はゆったりした雰囲気で、商品を見せてくれるようだ」とお感じになられたそうです。

このようにお出かけ頂けますのは、大変有り難いことでございます。。。
そして、「自分が気に入らなかったら、断ってもいいですか?」とのお尋ねに、「もちろんです」と代表。
ゆっくりと・・・呼吸もぴったりに・・・商品をご覧頂くことができまして、ご主人様も終始にこやかにお過ごしでいらっしゃいました。。。



今日も本当に、「お客様や、和の國を支えて下さる方々に、何と恵まれているのだろう」と思いを強くした一日でございます。
いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

豊かさ育む・・・落語と中庭

NCM_0359

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
先ほど、元気いっぱい京都から帰ってきました。!(^^)!
そして、食事を済ませPCの前に腰をおろしました。ふーー。
落語も中庭も、僕たちの心を豊かにしてくれます。おかげ様で、幸福感・充実感に満たされています。


さて、昨日(5/31)は、10時過ぎの飛行機に飛び乗り、伊丹のANAラウンジでPCや一筆書きを済ませ、それから大阪に向かいました。
大阪リッツカールトンホテルで、お茶をゆっくりと飲みながら生のピアノとフルートの演奏を聞きました。
そして日が沈む頃から、大阪美術倶楽部で、「第14回船場今橋・大美落語会」に出かけてきました。
お目当ては、桂吉朝さんのお弟子さん、「桂吉坊さん」です。

一度ブログでも紹介させていただきましたが、12月に熊本で落語会を予定している吉坊さんの落語を、聞いてみたかったからです。
木戸銭は¥2500-200名近くの満席で、冷房が効かないほどでした。

吉坊さんは、「鷺とり」を一席。
大阪の雀や江戸っ子の雀も可愛らしく表現力も豊かです。
また、間の取りかたも、絶妙かつリズミカルで、すーーーっと引き込まれていきました。

また、仲入り後、3人で座談会があったのですが、先輩を立てる姿などがとってもいじらしかったです。
それから、笑福亭銀瓶さんの「宿題」は、映像が眼に浮かぶようで笑い転げ、一言千金の思いで語る・・・桂千朝さんには男気を感じました。




さてさて、今日は6月1日。
「衣替えの日」でもありますが、あと一ヶ月で、今年も半年経ちます。
一月に立てた目標は?? 何処行きましたかぁ〜〜。 
ハイ、自問自答しつつも、朝から精力的に動きました。!(^^)!

お客様がお買い物をなさる時の気持ちと一緒で、やはりモノを買うという行動は、皆様にも感謝され、僅かながらも社会貢献が出来ているという心持ちで、ホント気持ちいいものです。
シークレット先の仕入先もありますので、全てをお伝えできませんが、染の野口さん、お馴染み洛風林さん、帯の細尾さん、紬の加納さんなどの「ありがとうございます」の声を聴くだびに、勇気100倍を頂いたような気持ちになります。

今日の画像は、染の野口さんの別邸のお庭のお写真です。
日本の自然と匠の美を凝縮した凛とした佇まい、中庭の文化って京都ならではだし、そこに集う事が出来る事、それを愛でることが出来る事に、「あーーーーーーーーーーーーー、有難い!!」と、想いを深くした出張でした。


いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495


ご覧頂いた皆さまーーー、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。!(^^)!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


記事検索