2012年07月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

災害ボランティア

120731_151119

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 今日は一段と暑い(熱い!)一日となりましたが、和の國前は午後から日陰となりますので、風鈴の音色を聴きながら、お店の前に置いてある植木鉢のモミジなどの葉が風に揺らぐ景色を見て、ひと時涼んでおります。


 さて、私は 先週水曜日に、熊本県ボランティアセンター企画の“阿蘇市災害ボランティア”に参加してまいりました。
 朝7時に交通センターに集合して受付を済ませ、ボランティア71名(男性31人、女性40人)と県スタッフ2名でバス2台に分かれ、7時半に阿蘇市内牧に向けて出発、9時に内牧体育館駐車場に到着しました。

 その日の作業は内牧小学校のプール・側溝・花壇他の汚泥の除去で、早速身支度を済ませ、バスの駐車場から15分ほど全員で歩いて向かいました。

 現場到着後、作業内容の説明があったのですが、その際、玄関の柱に床から1m程の高さに黄色いテープが貼られていて、その線まで水が上がってきたのだと、校長先生から水害当時のお話がありました。
 教室など、床上50僂凌賛紊世辰燭蕕靴、私たちの休憩室に提供していただいた教室は、一応清掃はされていたもののまだ細かい砂で床全面がざらざらした状態です。
また、廊下が大きく波打っていたのも心に痛く残りました。

 内牧小学校には大・小2つのプールがあり、私たちのグループでは大プールを担当したのですが、割り振られた30人が1日がかりで泥を上げ、水で洗う作業をし、ようやくこの夏休みに子供たちが使うことが出来る状態になりました。
 昨日の熊日・読者の広場に校長先生のお礼の言葉が掲載されていましたが、小プールの方は私たちの数日前に熊本工業高校ラグビー部50人できれいにされたとのことでした。
当日は若者パワーの集結で、輝く美しさを放っていたことでしょう。

 作業のほとんどが、校舎の外や溝に溜まった汚泥をスコップなどで掬って一輪車に乗せて運び出し、校舎の隅に積むことの繰り返しです。
 ボランティアのメンバーは女性が多いこともあり、作業初めはスコップや一輪車の扱いに慣れていなくて、なかなかはかどりませんでしたが、要領が悪いながらも全員で一心に泥を掬って一輪車で運ぶことを続けました。

 ですが、人間の学習能力は大した物で、午前中の作業でコツを掴み、昼食休憩後からはテキパキと作業が進んで、みるみるきれいになっていきます。

 参加した全員が、“自分からすすんで・・・”のため、当たり前のことではありますが、誰が指示する訳でもないのに、みなさん自主的にその場その場で自分の役割を見つけて作業をこなして行かれます。

 参加者全員の一生懸命さに心打たれながら、顔からしたたり落ちる汗を拭う時間も惜しんで、大変な暑さの中スコップ取りと一輪車押しを頑張りました。

 大方の汚泥除去は済みましたが、被災前の状態に戻るにはまだまだ遠く、今後も人の手でこつこつと綺麗にしていくほかありません。

 内牧小学校はほんの1例に過ぎなく、被災された民家等が他にも沢山あります。
今回参加して、沢山の人の力の集まりがなければ、大自然がもたらした被害を克服して、快適な生活を取り戻すことは困難であるということを実感しました。

 今日もこの酷暑の中で沢山の方が泥出し作業などに大量の汗を流していらっしゃる事でしょう。
 私一人の力は微力ではありますが、今後も出来るだけ被災地に出向きたいと思っております。


本日もご覧いただきましてありがとうございました。

夏の香り

IMG_5349

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は7月最後の日曜日・・・、外気もだんだんと高まっています。
ですが和の國店内は、適度な涼しさで、今日もお客様にゆっくりとお過ごし頂いています。

昨日より一泊で熊本へお越しのあけみさまも、展示会の週末を連日お出かけ下さり、今日は小物をお選びいただきました。
あけみさまは宮崎県にお住まいなのですが、「最近頻繁に和の國さんに来ている気がします。 少しずつですが、いいもの、そして気に入ったものを揃えていきたいですね」と。。。

続いて、お久しぶりにお出かけ頂きましたみつよ様(仮名)には、濃いグレー地で縞立ての夏のお着物をご覧頂いています。
季節の文様があしらわれた、涼やかさが広がる素敵なお着物です。
そうしてまた、エレガントな帯も合わせていらっしゃいます。。。



さて今日はお店に出勤しますと、ほのかに甘い香りが漂ってきました。
・・・それは、今年も正男おじさま(代表のおじさまです)にお送り頂きました、桃の香りです。
正男おじさま、毎夏に本当にありがとうございます。
今年も、私達スタッフにも分けて頂いています。

ああー、今年もこの時期にみずみずしい桃を味わえるのだ・・と考えているだけで、口の中で果汁が広がるようです。
暑い時期だからこそ、季節の自然の恵みとして、余計に有り難い味わいでございます。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

AKJ1000のランチ会に参加

DSC_0606 (1)


こんばんは、茨木ゆりです。
今日も、暑い一日でございましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

今日のお昼は、AKJ1000のメンバーの方々とのランチ会に行ってまいりました。
場所はホテル日航熊本2Fのセリーナでした。
清涼感たっぷりの素敵なお着物姿でお出掛けの方もたくさんいらして、
ひときわ華やかな会場となりました。

『熊本を盛り上げたい』との思いでご参加いただいてる皆さまばかり。。。
はじめてのご参加の方もいらっしゃいましたが、皆さま・・・直ぐに仲良く盛り上がりました。

「お着物を着たくて、入会しました」
「お出掛けにはいつも着物です」
「着物を自分で着れるようになりたい」
などなど、お着物への思いもたっぷりと述べられたり、

「またぜひ、このような会を企画してください」
「水害において、何か出来る事をしましょう」
「次回もぜひ参加します」
と、これからのAKJ1000に対しての心強いお言葉もいただきました。
ホントにアッという間のお時間でした。

その後お店に入りましたが、土曜日ということもあるのでしょうか・・・
閉店時間を過ぎてからも、2組のご来店をいただきまして、
本当にアッと言う間の1日となりました。


「大感謝祭」も、早いもので明日が最終日となりました。
今回の価格をご覧頂いて、皆様ビックリなさっています。
ぜひこの機会にお出掛けくださいませ。
心よりお待ち申し上げます。

本日もご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

花咲きニンジン

NCM_0464

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
土用の丑の日、いかがお過ごしでしょうか・・・。
晩ご飯の食卓に、うなぎちゃんが乗っているのでしょうか・・・。

僕は、うなぎではなく、「う」のつくもの。
「梅干し」をお昼に、そして夜は「うどん」と「うり」を食べる予定にしています。
そこでという訳でもないのですが、食べ物について今日はお話させていただきます。

そうそう、お昼は、親鳥とゴボウを煮て、牛丼風にしました。
いずれも歯ごたえ十分、美味しかったです。!(^^)!
僕が、台所に少したつようになって2年位になります。
元々、生姜をスライスして天日干しをしたのがきっかけですが、今日は、「花咲き人参」を作りました。



花咲き人参とは、僕の造語で、乾燥して小さくなっている(画像のペットボトルの中)のですが、お吸い物や、煮物に一緒に入れると、まるで、お花が咲いたように彩りが豊かになるので、花咲き人参と言っています。
丁度今頃は、親指ぐらいの大きさの有機栽培の人参が出来ます。
そこで、スライサーの0.3ミリにセットして、スライスして天日に干します。

サンサンと降り注ぐ太陽をいっぱい浴びて、2日~3日で完全にカラカラになります。
そしてペットボトルに入れて保存。
使いたい時に少しずつ使います。
そのまま食べても、甘みがあります。
春は、黄砂などが飛来するけれど、今は丁度、人参の時期と、直射日光の強い時期とが重なって、最高の花咲き人参が出来上がります。!(^^)!

余談ですが、お天気が曇りだったりして数日かけて乾燥すると、人参の色がチョッと「どじゅんだ」ようになります。
この「どじゅむ」というのは、肥後弁で「にじむ」から来たのでしょうか・・・。
何となく、「じゅげむ」に似ていませんか・・・。「じゅげむじゅげむ、ごこうの擦り切れ・・・」
日本の伝統色でいえば、「朱色」が「海老茶色」に変化する感じになります。


また、もう少ししたら大根も美味しくて安くなってきます。
大根は2ミリにセットして輪切りにして、その後4分の一に切ります。
「大根のごぶづけ」も、あっという間に出来上がりです。!(^^)!
時々、ドキドキしながら、大根と人参の「おなます」もお客様にお出ししていましたが、
今年の秋からは、そういったお漬物なども、お茶おけにお出しさせていただこうかと思っています。


大感謝祭の中日で、本当に暑いさなかでしたが、今日も有難いことにお客様に恵まれました。
明日もまた、素敵な一日でありますように・・・。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



和の國ファミリーの皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いしまーーす。!(^^)!
ボタン押しても、人畜無害ですよっ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

くまモン帯 第2弾

2

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
創業100周年記念 『 大感謝祭 』 2日目も、朝一番にかよこさま(仮名)にお出かけ頂きました。
「ちょっとお友達が車を停めているので・・・」と、余りお時間が取れないご様子だったのですが、展示されている商品をご覧になるや否や、お好みのお着物と帯のイメージが目の前に現れたように、じっくりと商品と向き合われています。

そうして、上品な地紋の色無地と帯を2点、お選び頂きました(代表夫妻と相談をされながら・・・)。
帯の一点は、お茶会等でも大活躍してくれそうな、格式のある文様で、もう一点は夢が広がる、とても可愛らしい文様です。
お喜び頂けまして、本当に嬉しいかぎりです。。。



・・・さて、今日の画像は、くまモン帯の第2弾でございます。
今回は、熊本城と阿蘇山をあしらった、大人っぽい描画となっています。
お写真のように、深目の色のお着物に合わせても、とてもシックで「かっこいいくまモン」です。
京都の染織家のろうけつ染という技法を駆使した帯ですが、通常のお値段¥178.000-の商品を、こちらもご奉仕品として、今回は¥100.000-で展示をしています。

このくまモン帯も、是非、お店で直にご覧いただければ、と存じます。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

夏柑糖を食べに来てください



やっと待ち望んだ九州北部の「梅雨明け」が発表され4日目。
いかがお過ごしでしょうか・・・。
朝から響き渡るセミしぐれが、盛夏をより一層演出してくれます。

そしてまた、昨日は、熊本県の代表校も決まりましたね。
僕が受験をしようとしても、受けさせてくれなかった「済々黌」が、19年ぶりの甲子園だそうですね。
おめでとうございます。
僕も白球を追っかけていた頃を懐かしく思い出しました。
ゆうこさん、良かったですね~。!(^^)!


それから、過日熊日夕刊に掲載して頂いたおかげで、ご新規の方のご来店やご縁を頂いたり、高校時代の怖かった体育の先生より数十年ぶりにお電話頂いたりと様々な反響があっています。
本当に有難いです。

昨日より、大感謝祭が始まりました。
京都・老松の和菓子、「夏柑糖(なつかんとう)」
夏ミカンの皮をそのまま器に使用したゼリー状で、ふるるんとした舌触りが夏みかんの爽やかさを醸し出し、ほんのチョッと苦みが涼やかさを演出してくれます。

ぜひ、食べにきてください。
そして、お買い物もいっぱいして、冷や汗が出るぐらい涼しくなってください。
いつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

昨晩は、夜八時半位までのご来店、
そして、朝一は京都の女性が、お見えになりました。
今日も素敵な一日になりそうです。!(^^)!
きものサロン和の國 茨木國夫拝


展示会が始まりました

1

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
本日より、創業100周年記念 『 大感謝祭 』 が始まりました。

さっそく、ドアオープンと同時に、さちこ様となおみ様にお出かけ頂きました。
・・・店内の結城紬にすぐに目を留められて、「これ素敵ねー」と。。。しばらくの間、その商品を眺めていらっしゃいます。。

そして、代表と目が合われると、展示会のDMをバッグから出されて、「今回のお勧めはどの辺り?」と。。。
御用向きをうかがい、夏物や普段のお洒落着をご提案しますと、絣模様のお着物をお気に召して頂きました。
朝一番から、気温の高い中をお出かけ頂き、本当に有り難いことでございます。。。


少し前にお茶を買いに出かけたのですが、店内に戻りますと、お店の中はとても涼しくて、天国のようです。
先日代表が取り付けた風鈴が、優しい音色を奏でることで、「ああ、店の外にも幾分風も吹いているのだ・・」と気付かされています。

今回の展示会では、お着物や帯を始め、帯揚げや帯〆、和装洋装兼用のバッグ等の小物まで、ご奉仕価格を提示させて頂いております。
是非和の國で涼んで頂き、ゆっくりと商品をご覧にお出かけになられませんか?
通常と同じく、コーディネートやお手入れなどのご相談にも、お気軽にお越し頂ければ、と存じます。

------------------------------------------------------------
創業100周年記念 『 大感謝祭 』

日時: 7月25日(水)〜29日(日)
     11:00〜19:00
------------------------------------------------------------


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

天然酵母のパン

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子 です (*^_^*)

 例年に増して激しく長かった熊本の梅雨も、ようやく明けてくれました。
 これから夏本番、厳しい暑さの毎日かと案じられますが、私は8月生まれのせいか、湿度飽和状態とも思える梅雨の時期より、ジリジリ暑い夏の方が過ごし易く感じております(まだこの歳では・・・でしょうか)。

ブログ

 さて、先日、NHKの番組を見ておりましたら、“ハーブ酵母を使ったパン”というのが紹介されていました。
ご覧になった方もおいでかと思いますが、庭のハーブから酵母を育て、それで小麦粉を発酵させて焼くパンでした。
 その料理研究家の方が小さい頃、料理の先生だったおばあちゃんがされていた方法だとのことでしたので、“祖母から教わった梅干し”を毎年漬けている私も、これは・・・!!!と思い、早速試してみました。

 適当な量の強力粉を適当な量の天然酵母水で溶いて、捏ねて、発酵させて、焼く、といういたってシンプルな作業です。天然酵母は市販されているイーストに比べて、発酵する力が弱いらしく、1次発酵に一晩かかりましたが、少し酸味のある、噛み応えしっかりの素朴なパンが出来上がりました。

 分量や時間を計ることなく、適当でいいので、今の季節ですと思いついたらすぐに出来ます。
(酵母液さえあれば、夜に小麦粉を捏ねておいて、翌朝焼きたてが食べられます。)

 1回目の酵母作りは、毎朝食べているりんごの皮と芯で作ってみて、2回目は桃の皮と芯を使ってみましたら、桃の方はりんごに比べて発酵(ぷつぷつの泡)がかなり活発で、焼き上がったパンは酸味が少ない気がしました。

 昔の人たちの“食”は、納豆でも何でも自然にある物から、全て手作りでなされていて、それを日々の生活の中で代々受け継がれていたということに、あらためて感動しました。

 “衣(着物)”もそうであって欲しい!と切望して止みません。


創業祭

  さあ、和の國では明日からいよいよ
    
    “創業100周年記念 大感謝祭”   を開催いたします。

  掘り出し物をいっぱい!!!ご用意して皆さまのおいでをお待ち申し上げております。

 今週の天気予報では晴れた日が続くと聞きました。
 暑さに負けず、、、負けそうな時は風鈴の音色と美味しいお菓子・お茶で涼みに、お立ち寄り下さいませ。


 本日もご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

8/26.浴衣deコンサート

いつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
今日は、「NPO法人きもの普及協会」主催のイベントのご案内をさせて頂きます。

一流ホテルで食事付、5000円でこのゲスト。
2012年名残りの・・・夏の夜のひとときを過ごしませんか・・・。


【コンサートの見所】
ついにソプラノの由理子さんとピアニストの史子さん、お二人の共演が実現しました。
歌声とピアノ、「デュエット」のように、お互いの魅力を引き出しあい、響き合うような美しい音色に会場全体が包みこまれていきます。
まさにそれは、四次元のおとぎの世界にタイムスリップしたかのよう・・・。

今回は、日本の歌〜世界の歌をお楽しみいただきます。
曲目は当日のお楽しみで、口ずさんだことのある曲や、耳にした事のある名曲ばかり。
主客一体となり、みんなで最高のものを創りあげましょう。    茨木國夫拝



第3回浴衣deコンサート

日時: 8月26日(日) ・開場 午後6時 ・開演 午後7時
場所: KKRホテル熊本1階 ロータスガーデン
    熊本市中央区千葉城町3−31  ☎096-355-7917(直通)
会費: ¥5,000-
定員: 73名

浴衣のお着付け: ¥1000-
  当日は午後3時〜5時まで、和の國にて「浴衣着付け」をさせていただきます。
  事前にご連絡下さい。 

主催・お申込先: 
  NPO法人きもの普及協会  
  事務局:きものサロン和の國 ☎096-359-0805

午後6時〜   開場。ビュッフェ形式でのお食事
午後7時〜   コンサート開始
午後8時30分 終了予定



------------------------
【プロフィール】 ◆志岐由理子
心の琴線を揺り動かすような美しく優しく、そして透き通った歌声は、和製サラ・ブライトマンとの声も!
オペラアリアはもちろん、ドイツ・イタリア・フランス・日本歌曲を奏でる天使の歌姫。

【略歴】熊本音楽短期大学研究科修了。第29回西日本新人音楽コンクールにてグランプリ受賞。1986年、伊・ミラノ留学。発声をアルフォンソ・シリオッティ氏、佐久間伸一氏、音楽をアントニオ・ベルトラミ氏に師事。’89年熊本シティオペラ主催サマーオペラ「道化師」の主役ネッダでデビュー。その後オペラ「椿姫」、「ラ・ボエーム」、「ドン・カルロ」などのプリマドンナとして出演。’91年熊本市第一回「人づくり基金」の助成を得て再度イタリアに渡り、イタリアベルカント唱法を沖野真理子女史(伊在住)、音楽全般をアントニオ・ベルトラミ氏に師事。イタリア、韓国など海外にも活動の場を広げている。その他、ベートーヴェン作曲「第九」、ヴェルディ作曲「レクイエム」他オーケストラとの演奏会のソリストなど各種コンサートに出演。CM出演、コンクールやオーディションの審査員、ヴォイストレーナー、後進の指導にもあたる。現在、西内玲氏、フォルカー・レニッケ氏に師事。二期会会員、日本演奏連盟会員。

志岐由理子さま








------------------------
【プロフィール】 ◆藤本史子
NHK交響楽団第一コンサートマスターの篠崎史紀氏の伴奏も楽しくこなすプロ中のプロ。
0.01秒の間から繰り出される繊細でリズミカルな音色で全てを魅了する・・・ピアノ界の女神。

【略歴】九州女学院高校を経て、国立音楽大学ピアノ科卒業。
ピアノ、室内楽、伴奏法を吉川由三子、小池和子、上田晴子の各氏に師事。
これまでに、様々な国内の音楽コンクールで入賞し、熊本県新人演奏会や国立音大新人演奏会、NHK美術館コンサートをはじめ、全国各地のコンサート等に出演する。
2006年、スイスレンク国際音楽アカデミーにて、ソロ、室内楽をアドリアン.コックスに師事。又、デュオで共演。<エネルギッシュな推進力にみなぎり、レンジの広い、デュナーミック、表情豊かに歌うフレーズ等、コックスと一体となった起伏が、まさに表現を実現させていた>と好評を博す。<ムジカノーバ>より。
現在、日本フィルハーモニー交響楽団ソロコンサートマスター木野雅之氏や、九州交響楽団首席コントラバス奏者深澤功氏のリサイタルの伴奏を務める<両氏とのCDも発売中>
他、NHK交響楽団、九州交響楽団首席奏者、東京ベートーウ゛ェンカルテット、U.ダンホーファー、A.スコチッチ、R.ラッコ、ウィーンラズモフスキ−四重奏団らをはじめ、国内外の著名な演奏家、声楽家と全国各地で共演中
08年、国際ピアノ伴奏コンクール優勝。
09年、日本ピアノ歌曲伴奏コンクール優勝。

藤本 史子(ピアノ)






※NPO法人きもの普及協会主催ですが、どなた様でもお越しいただけます。
魅力満載のコンサートゆえ、満席が予想されますので、ぜひお早めに、お気軽にお申込みくださいませ。
実は、僕が一番楽しみにしているかも・・・。!(^^)!
 和の國:096-359-0805
 茨木ゆり:090-8225-0987
 

熊日夕刊一面に!

名称未設定-1

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日の熊本日日新聞夕刊には、「くまもと 人めぐり」コーナーに、和の國の代表 (茨木國夫)のことを取り上げて頂いています。

一足お先にご紹介を、と思いましたら、1面にびっしりと文章が掲載されてまして、文字を入力していましたら、あっと言う間に夕方になりました。。。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
『 くまもと 人めぐり 』 108 −− 7月21(土)熊本日日新聞 夕刊・1面 

NPO法人きもの普及協会代表理事 茨木 國夫さん(51)
『 帯締めて 気持ち前向きに 』

凛とした立ち姿。グレーの着物と黒の紗の羽織が粋だ。NPO法人きもの普及協会の代表理事・茨木國夫さん(51)=菊池市=は1993年から19年間、毎日着物や作務衣で暮らし続けている。洋服を着たのはゴルフコンペに参加した16年前の1回だけだ。
綿や絹などの自然素材を身にまとうことで、肌触りや着心地など目に見えない部分の感覚が研ぎ澄まされてきたという。「袖からスッと入る風や木々がそよぐ音…。五感で季節を楽しめるようになった」。着れば着るほど、日本の風土に合った伝統衣装である着物にほれ込んでいった。
へそ下の「丹田」で帯を締めると背筋が伸びる、と茨木さん。「締めた帯をポンポンッとたたくと、気持ちが前向きになるんです」

             ■             ■
祖父の代から続く呉服店の長男として生まれた。「小さいころ、父に反物の芯木でたたかれていた。着物や呉服屋正直、嫌いだった」。父に「跡を継げ」と言われたが、素直に従う気にはなれなかった。
大学卒業後、両親の承諾なしに金融系の会社に就職するが、「客よりも利益を優先する世界」と半年で退職。「家業を継いでほしい」という母の願いもあり、大阪の呉服店に住み込みで1年半修業した。
実家に戻り、スーツ姿で振り袖の訪問営業を始めた。ただ、「自分が着ていないのに着物を薦めることに違和感を感じていた」。

一方、着物が日常着ではなくなり、着る人がどんどん減っていくことが気に掛かっていた。「やるからには本物の着物屋をめざしたい」との思いでしたためた決意書が「きもの宣言」。「一生、どんな時も着物で過ごす」と書き、周囲の人たちに配った。退路を断つため、持っていた洋服をすべて処分。32歳の誕生日に着物生活を始めた。
「最初は着方が分からず夏なのに4枚重ね着をしていたため、体中にあせもができた」と振り返る。着物姿は周囲の視線を集めることも、身をもって知った。趣味だったパチンコも目立ち過ぎてできない。裸でいられる温泉だけが、心安らげる場所になった。「着物での生活は、思った以上に不便でつらかった」
 

            ■             ■
半年後、茶道に出合い意識が変わった。着物でたしなむお点前は、動作の一つ一つが美しく奥深い。茶道具や掛け物など季節の移ろいを感じさせるすべてに感動。「日本人であることのよさを思い出させてくれた」と言う。
体にもうれしい変化があった。雪駄を毎日履き続けていたら足の指が真っすぐになった。足元が安定すると身体のバランスが整い、肩も凝らなくなった。

人の目線を感じる毎日が所作や美意識を磨いた。自分が美しいと思えるものに自信を持てるようになり、店で扱う品の審美眼が自然と身に着いた。「お客さんに心から着物を薦めることができるようになった」。2003年、念願だった熊本市への出店も果たした。自身の体験を基に、着こなしや装いを提案する毎日だ。

「たくさんの人に着物を着てもらい、熊本を着物が似合う文化の街にしたい」と10年に、きもの普及協会を立ち上げた。着付けの勉強会や着物で楽しむ茶会などを定期的に開いている。着物に教えてもらったことは数知れない。「日本文化に親しみ、日本人ならではの楽しみや心の豊かさを感じてほしいですね」



■記者ひとこと■
柔らかい物腰、丁寧な言葉遣い。茨木さんのひと言ひと言は、着物への愛情にあふれていた。着物そのものの魅力はもちろんだが、「19年間着続けた」ことに対する自信が、茨木さんの力になっていると感じた。
梅雨が明けると「土用干し」の季節。部屋に冷房を入れ、たんすを階段状に開けるだけでも同様の効果があるという。確か祖母が、私に似合うといって、着物を保管してくれていたはず。晴れた休日に、祖母宅を訪ねて広げてみようかな。(伊豆野友美)


・写真右 キャプション(上):
反物を手にする茨木國夫さん=熊本市中央区城東町のきものサロン和の國(大倉尚隆)

・写真右 キャプション(下):
■こんな人■ ◇いばらき・くにお◇ 1961年、菊池市生まれ。熊本商科大(現・熊本学園大)経済学部卒業。熊本市の呉服店「きものサロン和の國」代表。菊池市の「きもの屋いばらき」も経営。
きもの普及協会代表理事。茶道のほか、能楽や落語もたしなむ。妻ゆりさん(45)、長女(20)と3人暮らし。菊池市在住。

・写真左 キャプション:
上通アーケードで知人と談笑する茨木さん=熊本市中央区
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


取材を受けた、というお話を、代表がご来店頂いたお客様にお伝えしていますと、「私も、このコーナーにご主人が早く取り上げられないかしら?と密かに思っていたんですよ」というお声も頂き、何だか余計に嬉しいニュースとなりました。。。
お着物の普及にかける思いが、熊本の方々にももっと広がり、お一人、またお一人・・・と、お着物に触れる、ということに関心を寄せて頂くきっかけとなれば、本当に嬉しく存じます。。。






追記:くにモン
今まで数多くの取材を受けましたが、これだけ大きく掲載して頂くことは、初めてのことです。あっっ、2回目でした。
僕の顔の2.5倍程の大きさ、しかも一面。まさに、ウォンテッド状態です。
熊日一面夕刊、有難いのと、もったいない気持ちとが交差しています。
正直、僕が出るより、知人が出ているのを冷やかす方が、僕の相にあっているような気がします。。。(汗)

しかしながら、ずっときものを着ていたからこそ、こうやって光を当てて頂きました。
本当に有難いでことです。
衿を正し、初心に帰り、感謝を胸にずっとずっと着物を着続けてまいります。
きもの普及活動も、もっともっと努力いたします。
どうか、これからも何とぞよろしくお願いいたします。
茨木國夫 090-3600-9495

NCM_0452 (1)





今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

京都での勉強会。

こんにちは。茨木ゆりです。
昨夜、ブログ投稿に向けて入力していたのですが、誤操作してしまったようで、一気に消えてしまいました。昨日の投稿が間に合いませず、今日…となりました。
毎日楽しみにご覧いただいている皆様、誠に申し訳ありません。


私…18日〜19日と京都の仕入れ先さんの企画「染織フォーラム2012」という勉強会に参加してまいりました。

初日は、西陣の歴史に始まり、帯についての製造工程・糸染め工房見学、その他3件の帯の工房訪問で、それぞれの工房さんの作品作りへの思い、お仕事風景、作品の数々を見せていただきました。

2日目は、染めについての内容でした。まずは、図案描きからほぼ全工程をご自分でなさっている友禅作家さんのご自宅にお邪魔しました。その後は反対に、たくさんの職人さんがお仕事されている友禅工房さんに向かい、見学はもちろん、実際に染めの体験までさせていただきました。
初日は11時からスタートし、ホテルに付いたのが夜10時近く、2日目は朝9時スタートの3時まで、本当にみっちり・充実の学び多き2日間でした。

暑い暑い京都でしたが、冷房などのない仕事場で100度の蒸気も上がる中、糸染めされている職人さん。一日数センチしか織れないような大変細やかな帯を織っていらっしゃる職人さん。細やかな分業による製造工程で、一つの作品が仕上がるまでに本当に多くの方々が携わっていらっしゃいました。

また、長い長い歴史の中で、着物業界の危機となりそうなこともあったようですが、先人の方々の知恵と行動力で乗り越え、今の京都があり、素晴らしい作品が作り続けられていました。
そして今なお、伝統の仕事を受け継いでいらっしゃる方々も、ただそのまま引き継いでいらっしゃるわけではなく、より良いきものを創るべく、当たり前のことはコツコツ続けられ、創意工夫も忘れず、日々努力されていらっしゃいます。

お着物を着た時の豊かさ・幸福感・・・・は、このようなたくさんの職人さんのお仕事の集大成であるがゆえ、温かく、熱い思いが込められているからなのでしょう。
日本人の巧みな技が集結されたお着物・帯の素晴らしさを、改めて再認識させていただきました。

このような勉強会を企画いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
そして、そのお仕事ぶりを少しでもお伝え出来れば…と思います。
お読みいただきまして、誠にありがとうございます。



下のお写真上から
・帯のためし織(色のバランス・柄を見たりする為。後は、担当者)
・機械での糸染め(とにかく暑かったです。横では、手染めもされてました。色合わせが難しそうでした)
・友禅工房での色挿し風景(お着物をロール状に張って、大小さまざまな巾の刷毛で。30mの工房だそう)
・私も色挿し中(染料を付けすぎるとにじみやすいし、細かい所でもすべて刷毛(1m位)なので難しい)

DSC_0547


DSC_0552



DSC_0594


写真

展覧会・コンサートのご案内

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は、お客様や美術館の方よりいただいた、夏の展覧会等を3件ご紹介させて頂きます。
和の國にて、前売り等チケットも取り扱っておりますので、是非ご利用下さいませ。

さて、県立美術館本館での「加藤清正」展も、昨日より始まりましたね。。。
この「加藤清正」展では、女性のお客様がお父様やご主人様のために、とこの所続けてチケットを購入して下さっています。
普段は女性のお客様が、ご自分用に、と和の國に前売りチケットをお求めに来られるのですが、展覧会の内容によっては、男性へのプレゼント、という発想も素敵ですね。。。



IMG_0002

被爆ピアノ チャリティコンサート

日時: 8月8日(水) 開場18:30
    19:00〜20:45
場所: 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
金額: 一般 1500円 学生 500円
出演:ルーテル学院中学高等学校ハンドベル部、熊本YMCA合唱団
    吉田秀晃・島優子(ピアノ)、Dr.Michael Holmes(ジャズピアノ)
    小出史(朗読)、猪本和美(弾き語り)
主催: 被爆ピアノ・チャリティコンサート実行委員会
問合せ先事務局:
  ・小出 史(ソルトファーム内) TEL:096-355-4140
  ・山村貞子 TEL:0967-62-0135









IMG_0001

生誕450年記念展 『 加藤清正

日時: 開催中〜9月2日(日)
    9時30分〜17時15分(入館は16:45まで)
    毎週(月)休館
場所: 熊本県立美術館本館2階展示室
金額: 一般800円(※前売600円)・大学生500円(400円)









IMG

“大城組” の小さな巨匠たち展 2012

日時: 開催中〜8月5日(日)
    11時〜18時
場所: 三角西港オランダ館
    熊本県宇城市三角町三角1268-1
    TEL 0964-52-2050
金額: 無料
主催: 熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科
    言語聴覚学専攻 佐々木千穂 研究室
    TEL 096-275-2219

7月の大感謝祭

IMG_5303

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今月25日(水)〜開催されます、創業100周年記念 『 大感謝祭 』 のDMができてきまして、和の國と菊池本店にて発送の準備をしています。
今回のDMは、夏!!というイメージのvividな色が前面に出ています。。。

鮮やかな色も、時には新鮮ですね。。。
そのDM等を、HPの『 催事ページ 』 にアップいたしました。
HPも合わせてご覧頂ければ、幸いです。

------------------------------------------------------------
創業100周年記念 『 大感謝祭 』

日時: 7月25日(水)〜29日(日)
     11:00〜19:00
------------------------------------------------------------

店内で涼んで頂きながら、ゆっくりと商品をご覧になられたり、
コーディネート、お手入れなどなど、色々なご相談にもお出かけ下されば、と存じます。



いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

絽の花緒

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は青々とした空が広がり、お店の前の街路樹と、空の色のコントラストがとても綺麗です。

空を仰ぎながら、お客様を駐車場までお送りしたところ、駐車場スタッフの方より「今日は35度まで気温が上がるみたいですよ」と。。。
気温が一気に高くなるんですね。。。

暑い時期には、和服の世界でも、見た目の涼やかさを求めてしまいます。
朝一番にいらしたえいこ様も、透け感のある、ライトグレーの帯締をお選びになりました。
そちらを帯に合わせると、素敵な夏の装いへと、表情が変化します。。。

そして、今日はもう一つ、夏の小物をご紹介させて頂きます。
お履物の花緒なのですが、絽のタイプを写真に撮ってみました。
他にも、レース素材などがございます。
お写真のようなお草履にも、そして、桐下駄等にも合わせられます。

IMG_5301

涼し気な素材の物を身につけますと、周りの方に喜んでいただける、ということも多々ありまして、二度嬉しい、ということもございます。。。
間もなく訪れる盛夏に向けて、夏素材の小物をお一つ加えてみられませんか?



今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

男の着付けin菊鹿中

DSC_0530

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
昨日は、良いお天気に恵まれました。
そうしたら早速、熱中症予備軍のかみさんが「暑いーーーーーーーーーー、たいへーーーーーーん」などと言っています。

僕は、こう言いました。
「梅雨も好きだけど、暑い夏も大好き。」・「自分で変えることのできないこの気候風土、でもそれを好きになると、そんなに暑くなくなる。」・・・と。
かみさん曰く、「そんな精神的なものじゃない〜」との事ですが、僕からしたら、やはり「気持ち次第」楽しくも辛くもなると思いますが、皆さまは、このしりとり、おっとこのやりとり、どう思われますでしょうか・・・。



さて、そんな中、朝8時から一仕事です。
菊鹿町の「あんずの丘」でまず、熊本県山鹿市菊鹿中学校の先生方をかみさんが着付けをさせて頂き、その足で学校へと向かいました。
(ここまでは、ボク運転手)
今年度から新学習指導要領で中学校の家庭科授業に和服の指導が導入されたことを受けてのゆかたの着付け授業の依頼があったからです。

校長先生の挨拶、代表者の挨拶のあと、僕はまず「浴衣の由来について」数分間、生徒さんの前でお話しさせていただきました。

かみさんは、ボランティアの町のおば様達と一緒に中学3年生女子40名近くの浴衣の着付け。僕は、別会場の畳敷きの武道場へと移動。
そして、30数名の生徒さんに男の着物の着付け実技指導です。
過日、NHK文化センター熊本で、腕を磨かせて頂いたり、20年近く毎日着物を着ているので、男の着付けには絶対の自信があるものの、着たこともなくあまり興味がない素人に着付けを教えるのは初めてのことです。

栗茶の縞の小千谷ちぢみを着ていたのですが、額から落ちる玉のような汗に、着物も下着もびっしょりでした。
僕は、男性担当だったので、今日の目的に「男は男らしく!」をテーマに掲げました。
「丹田に角帯が当たる、独特の民族衣装の心地よさを少しでも感じてもらったら有難い」と思っていました。

校舎の裏には、桜並木と川が流れ、その向こうには色濃くなった緑の連山・・・。
水を貼って、青々とし伸び盛りのお米、鳥と蛙も微妙な二重唱・・・。
そんな風光明媚な菊鹿町で育たれた純真無垢な日本男児と一時間の触れ合い・・・。
僕も本当に、いい勉強になりました。



その後、冷房を効かせて、30卆茲里店のある和の國へ。
店に着いたころには、しっかりと汗も乾いていました。!(^^)!
断食効果でしょうか・・・。
何故か、汗臭くない小千谷ちぢみ???


日々、いろんな学び発見があっています。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

上画像は、右真ん中で、くにモンが「浴衣のこと」お話しているワンシーンです。


DSC_0543

授業終了後、お礼の挨拶をいただきました。
このまま3・4時間目は、浴衣で授業だそうです。



追記:
明日(7/18)は、コミニティボード抽選です。
良いことありますように・・・。!(^^)!


きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

風鈴の音

blog

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

梅雨明け直前のこの時期、毎年のことではありますが、熊本特有の高温多湿で最高潮に蒸しております。
各地で水害を受けられた方々は、復旧に向けて大変なご苦労をなさっている事と思います。

そんなお天気の中ですが、先週末の“ゆかた祭り”に参加いたしました。
今年で3年目になりますが、ビプレス広場に設えられたステージでの浴衣ショーに、自分で縫った藍の総絞りの浴衣を着て出場しました。
14日当日は午前中が豪雨だったことと、それに伴って碩台小学校の合唱や必由館の学生さんたちの浴衣ショーが中止になったこともあり、客席は少ないお客様でした。


さて、梅雨明けはまだのようですが、夏本番直前となりましたので、今年も和の國では入り口の脇に風鈴が下げられました。
朝のお掃除の際、身体は汗まみれになりますが、ふと聞こえる風鈴の音色に、す〜っと風が吹いたように感じ、気持ちが涼しくなってまいります。

みなさま、街にお出向きの際は、ほんのちょっと涼みに・・・、どうぞ和の國にお気軽にお立ち寄りくださいませ。


本日もご覧いただきましてありがとうございました。




5日間の断食、楽しみました

IMG_5296

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
誠にお天気に恵まれました。!(^^)!
雨も良いけど、お天気の方がやっぱりいいですよね〜。
お天とさまをたくさん吸った洗濯物も、フワフワです。


そんな中、7月10日(火)より始めた「リフレッシュ祭り」というか、5日間の断食、無事終えましたーーー。!(^^)!
その断食も今年で3年目、野菜ジュース、糖分なども一切撮らず、水・ほうじ茶中心の完全ダイエットでした。
人間、5日間位何も食べなくても、大丈夫なのですねぇ〜。

昨日は、ゆかた祭りがおこなわれているゆえ、着付けもありました。
おかげ様で、ご来店も多かったです。
一所懸命接客させていただいたのですが、チョッと丹田に気合が入っていませんでした。
正直、少しきつかったです。


5日間で何が大変だったかというと、、、
・おしっこがジャンジャン。特に、夜中は、トイレき行きたくて、2時間おきに起きました。夜中の空腹がチト体験でした。
・うんちは二日目からストップ。まだ雲隠れ中です。
・3日目汗の匂いが少し薬品臭かったです。しかしかみさんは、「お父さんのいつもの汗と違って、あまり匂わないよ」との事でした。
・4日目に、全身マッサージに行き、お腹もマッサージしてもらいました。その後、もの凄い空腹感が訪れました。
・PCに30分以上座っていると、異常に目が疲れました。
・本や新聞を読むと、小さい字が見えにくくなりました。
・昨晩は、12時を回り日付けが変わったので、一瞬、「買い求めていたスイカでも食べようか?」と思ったら余計にお腹が空きました。


良かったとこというと、、、
・70坩幣紊△辰紳僚鼎、なんと今朝計ったら、65.1圓砲覆辰討い泙靴拭5日間で、マイナス5+です。
・顔はもちろん、手の厚み、お腹周りなどなど本当にすっきりしています。
・なんか、少し優しくなれたような気がします。
・計っていないけれど、血圧なども平常値になっていると思います。
・「やろう」と決めて、弱い自分自身に勝つことができました。!(^^)!




おかげ様で、今日は重湯とお味噌汁の味噌だけをほんの少々、そして小ぶりのスイカを、朝から感謝を込めて頂きました。
おもゆは、お母さんの香りというか、あまーい大地の味がしました。
お味噌汁は、何故か貝汁の味がしました。
「いただきます」の由来を思い浮かべながら、本当に美味しく味わって頂きました。

お天気が良かったので、「花咲き人参」も天日干ししました。
ほんの少しお腹に入った訳ですが、「さあ、頑張ろう!!」とまた気合が満ちてきています。
食べれることの有難さ、健康で働けることの有難さを心に、また今日から歩んでまいります。
どうか今後とも、よろしくお願いいたします。



今日の画像は、昨晩の様子です。
左よりかみさん、NPO法人きもの普及協会仲間の節子さん、熊日文化生活部の友美さん、きものに目覚めた康代さん、ひと廻り小さくなったくにモンです。!(^^)!

きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495





追記:
昨年思って実行できなかったことの一つに、「24節季を身体で丸ごと感じよう」です。
どういった事かというと、月2回訪れる24節季の時に、自然の尊さと食の有難さを感じるために、その日は断食するということです。
今年こそは、チャレンジ。

今月の大暑は、22日(日)です。!(^^)!
また、ブログでも呼びかけますので、ご一緒にトライしてみませんか・・・。!(^^)!
もちろん、禁酒デーでも甘いモノ控えるデーでも何でも良いと思います。



本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、晴れやかにお願い致しします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン





晴天の喜び

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
昨日の午後より、熊本市内は雨足も弱まり、3時頃には上がってくれました。
そして今日は久しぶりの晴天です。

今朝はこの晴天に感謝をしながら、開店準備をしていたのですが、打ち水をするのも久しぶりでした。
11時に打ち水をした後、写真を撮っておこう、と店の前に出ますと、もうほとんど乾いています。その間10分くらいでしょうか。。
それで、ビルの庇がある部分に少し水が残っていたので、そこを撮ってみました。(水の景色がちょっとおかしな形をしていて、すみません)

打ち水をする時に、決まって思い出す曲があります。ユーミンの「うち水にRainbow」です。
私が高校生の頃に出たアルバムに収められていて、この時初めて打ち水という言葉を知りました。
当時は何となく素敵な世界だなあ、と思っていたくらいでしたが、和の國で打ち水をし始めてから、毎回この曲名が思い出されます。

今日は、いつも以上に美しい光景を頭に描きながら、水を打っておりました。
先日まで迎えていた晴天の日とは、気持ちが全然違います。
今週は県内の豪雨による災害ニュースを目にする度、いたたまれない思いでおりましたが、お天気の回復で、ご自宅の様子を見に行く方など、一日も早く日常の生活に戻られる方が増えていくことを願っております。。。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。

IMG_5298


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

浴衣de女子会

IMG_5289

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
ただ今の時間、和の國では、浴衣姿の女性でにぎわっています。
この週末は、上通りのゆかた祭りが開催されていまして、本日16時より、浴衣の着付けと、着付けのレッスンを同時に行っています。

16時少し前よりお2人、そしてお1人・・と、多い時には6名様がお見えでした。
浴衣姿の女性が何名もいらっしゃると、本当に花園のように華やかですね。
皆さま、この後お出かけのご予定があるそうですが、既に女子会が始まっているような賑やかさです♪

一番にお見えのきみよ様は上通りに店舗をお持ちで、朝8時過ぎより上通り繁栄会事務所にて、商店街の方々の浴衣のお着付けに当たられたそうで、「全員が終わって安心したのか、後でちょっとクラッとしました」と・・・。
着付けをなさる方も体力が要りますよね。。。
先ほどの着付けレッスンでは、着付けする側に立たれて、要所要所をご熱心に見て行かれました。

また、今年久しぶりに浴衣を作られた、という康代さまは、夏の名古屋帯や小物に目を留めていらっしゃいます。
「夏のお着物は持っていませんが、浴衣をお着物風に来て、名古屋帯を締める、というのも素敵ですね」と。。。

続けて、熊本日日新聞社のともみ様も、浴衣のお着替えにいらっしゃいました。
先日、代表の取材をして下さったお方で、21日(土)夕刊の記事に掲載予定でございます。

今日は本当に長時間の間、明るく朗らかなお声が店内に響いていまして、こちらまで気持ちが上がっています。。。


本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

思いやりと優しさ

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
ほんとうに、よーーーーーく雨が降ります。。
今年の梅雨は、チト気合が入りすぎですよね。



そんな時・・・、
ショートエッセイに触れてみませんか・・・。
タイトルは、『雨の日の交差点・・・』

2年前に過労が元で、主人が入院しました。
子供三人を抱えた私は、家業のパン屋を続けるために、朝早くから夜遅くまで必死で働きました。
ある雨の日・・・。得意先に出来上がった焼きたてのパンを届ける途中、それを落としてしまいました。
交差点のど真ん中で、パンの箱が破れて四方へ飛び散ったのです。

雨にぬれ、自動車に引かれそうになりながら拾い集めている私の周りに、いつの間にか人が集まってきて、いっしょに拾い集めてくださいました。
数名の女子高校生と、お年寄り夫婦、それに今どきの男の子達も助けてくれました。
日々、一進一退を続ける主人の看病をしながらも働き続けていた私は、心身ともに疲れ果てていました。

ところがその日に私を助けてくださった方々は、まるで神の使いように、私を元気づけてくださいました。
雨にぬれながらも、何も言わず黙々と拾い集めてくださっている姿に、「ありがとうございます。」「ありがとうございます。」と、何度頭を下げたことでしょう。
涙と雨で周囲がかすんでいったのを、昨日の事のように覚えています。

主人も無事退院いたしました。
それ以後、私は、皆様にお返しをする意味で、日々の小さな出来事にも関心を寄せ、役立つ事があれば進んで行うようにしています。
ほんの小さな親切でも、人の生き方を変えることだってあるのです。



いつもお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
   きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495




追記:
おかげ様で昨日にもまして、和の國にも実家のある菊池本店にも、たくさんのお見舞いメールやお電話を頂いています。
身内はもちろんのこと、染織家の横山俊一郎さんや京都の仕入れ先さん、それにもまして、東京・大阪・福岡など全国のお客様からご一報頂くのは、本当に有難いものです。
なかには、十数年会っていない方や、ずっとご無沙汰しているお客様よりもお電話頂きました。

本当に有難いし、もったいないことです。
思いやり、優しさとはこの事を言うのだな〜、と心にじんわりと響いた一日でした。


篠つく雨の中・・・。

NCM_0436

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
今朝からの集中豪雨、凄かったです。
このような雨を日本では「篠突く雨」といいますが、英語では犬と猫が降るというそうです。
雨の代わりに、犬や猫が降ってきたら、たまったものではないけれど、分かるような気がしますよね。

僕は、近代経営研究所で開催されている「夏海舟塾」で、朝6時50分過ぎより10分ほどお話をさせていただきました。
今日のテーマは、「NPO法人きもの普及協会の活動〜日本の歴史芸術を大切にする」ということでした。


その塾は、朝の6時50分から始まります。初めてというこもあり雨も降っていたので、6時過ぎに店の近くのマンションを出発しました。
途中、熊本大学の正門前には水が溢れていました。
阿蘇から有明海に注ぐ、一級河川の白川は暴れ馬となり、おぜき橋あたりを通る時は、あと数十センチというところまで来ていました。

10分間、一本勝負でなんとか、お話もさせていただきました。
たたきつけるような雨の中、救急車の音が聞こえてきます。
氾濫しているところもあるということで大渋滞を覚悟し、その後その場を後にしたのが、10時を回った頃でした。
福岡から熊本そして、鹿児島へと横断する国道3号線は大渋滞です。

僕は、途中からその道に入るのですが、済々黌の前を通り、藤崎宮の方につっきりました。
子飼商店街の裏手、鬼と化した白川から溢れ出た泥水が、行く手をふさいでいます。
立ち見のおじさんに、「ここ行けますか?」といったら、「さっきは行った!」とのことでした。
怖かったです。
エイとアクセルを吹かし無事通り抜けたら、今度は、藤崎宮の参道が、泥沼と化しています。

怖かったけど、行きました。
恐怖感から逃れると「あっ、写真撮れば良かった!」と思いましたが、とにかくその場を逃れ、まずは部屋に帰ることが出来ました。





その間、渋滞もしていたので、実家の菊池の事も気になっていました。
菊池から5キロほどのところに、花房の坂というのがあります。
僕が通い続けて一度も崩れたことない道が崩れ、片側通行。途中の泗水辺りは冠水だそうです。

そんな中、今日は母が熊本市内の病院に行く日だそうです。
僕は、「止めたが良い」といったら、「今日までしか薬がないから、どうしても今日行きたい」とのことです。
よって、母を電話で説得し、僕が薬を取りに行くことにしました。

市内は、大渋滞。片道約20分、歩いて行きました。
ここからその病院までは、熊本で一番大きな大甲橋を流れる白川を超えて行きます。
濁流を見て、ドキドキしました。
ときどき、ドキドキではなく、本当にドキドキしました。

病院につくと、裏手の駐車場が冠水したりして、営業はお昼までだそうです。
僕が行ったら、3分もしないうちに、メインの電気が消されました。

いただいた薬は、宅急便の「即日便」に乗せれるかも?と思って営業所に行きましたが、豪雨により熊本〜菊池間の即日便は、運休だそうです。

母に連絡したら、今夜までの薬はあるそうです。
今夜は、「ひなみ大学」があります。
それが終わるのが、午後10時近く。
終わってから、薬を待つ母の元に帰ります。





いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
末筆ながら、お見舞いメールやお電話を頂いた、神奈川の美保子さん、愛知のひさえさん、のりこさん、和江さん、洛風林さん、染のむらたさん、み・わさん、衿秀さん、川勝さん、敦子さん、えりこさん、鈴枝さん、上坂元七商店さん、清憲さん、由美ねーちゃん、本当にありがとうございます。
この場をお借りしまして、御礼申し上げます。

熊本県としては、災害はあるものの、昭和28年の白川氾濫という最悪の事態はなく、最小限にとどまってくれたようです。
しかしながら被害にあわれた方には、心よりお見舞いを申し上げます。
偉大なる大自然、畏敬の念を持ちながら、梅雨明けを心待ちに、日々笑顔で頑張ります。
どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495


追記:
近代経営研究所のスタッフの方々の目配り、気配り、心配りも素晴らしく、ほんと流石だな〜と感心しきりでした。
また、栗谷利夫先生自らが日々朝の6時には出社してお仕事に励まれるお姿、脱帽でした。!(^^)!


今日の画像は、白川の防波堤から見守る自衛隊の方々です。


続・お客さまのお声

IMG_5278

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は、かわいらしい赤い実をつけた、数珠珊瑚を撮らせてもらいました。
代表が数年前に、京都でこの鉢を見つけて、以来菊池の自宅で育てているそうです。

お茶をお出しするテーブルに、ちょこんと飾られていました。
花器もかわいいサイズで、古伊万里だそうです。また敷き布は、芝崎重一さん作のものです。
店内奥にありますこちらのテーブルでは、こうした季節のお花を含めて、お越しいただいたお客様と、色々とお話が弾んでいきます。。。


さて、今日も     ☆ ≪ あなた様の声 ≫ をお聞かせください ☆    の、第2弾を掲載させて頂きます。


◆熊本を離れて4年が過ぎ、現在の土地や人に慣れ毎日をお陰様で笑顔で過しております。が、偶に落ち込んだり悩んだりします。そんな時、偶然にも元気國さんメールが届いたり、月初めのD.Mで素敵な着物や帯の写真を観ると心が落ち着いて参ります。本当に有難いと思っています。
 毎月の積立ぐらいしかお手伝いは出来ませんが、いづれ自分の宝物になるであろう着物か帯を楽しみに続けていくつもりです。昨年は東京在住の長女が結婚し、嫁仕度を電話一本でしていただき、その上祝電まで…。感謝の一言です。今後共、よろしくお願い致します。
                                          〜さなえさま〜


◆和の國さんとのおつき合いのの中で一番嬉しかったことは、みさやま紬を紹介して下さったことです。ご夫妻揃って接客していただいてから2回目でしたでしょうか。これはいかがですかと、桜で染めた糸を使った格子柄のみさやま紬を見せていただいた時は本当に驚きました。それは私が心から憧れていた着物だったからです。
 その昔教科書で、染織家志村ふくみさんの桜の着物について書かれた大岡信さんの文章を読んで以来、また滋賀県立美術館で志村ふくみさんの展覧会を観て以来、いつかこんなお着物が着られたらいいな…と思っていました。その後、縁あって熊本に住むようになり、素敵なお店だな、と思い切って入ってみたのが和の國さんでした。
 お着物は高価なこともあり、購入を決断するのに時間がかかりましたが、今ではこの淡いピンク色のみさやま紬は私の宝物です。またご主人が、作家の横山俊一郎氏の心のこもったお仕事ぶりを語って下さったことや、おかみさんに「将来、お子さんがたから『お母さん、あの着物、よく着てたねー』って言われるような、そんなお着物にして下さいね。」と言っていただいたことも、嬉しく思い出されます。
 こんな素敵なお着物を、そして洛風林さんの帯も、です。ご紹介下さってありがとうございます。これからも大切に着ますね。
                                          〜さおりさま〜



メッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございます。。。

今後もみなさまのお声を、ブログやHPでご紹介させて頂きたく存じます。
(お名前掲載の可否も、ご要望通りに対応させていただきます。)

和の國・きもの屋いばらき との今までのご縁の中で、
一番印象的だったこと・嬉しかったこと・楽しかったこと 」 は何でしょうか・・・。
創業100周年に向けて、様々なお声を頂けたら幸いでございます。

店内の雰囲気・接客・商品(きもの・帯・小物)・
 出会い・初来店・初お求め・創業100年・着付け・
  着物人間のくにモン・スタッフ・和の國ブログ
     などなど・・・、内容はどんな事でも結構です。

ぜひ「あなた様のお声」を、お聞かせいただけませんか?
  FAX(096-359-0807)、メール(wanokuni@gmail.com)、
  郵送(〒860-0846 熊本市中央区城東町4-7 きものサロン和の國)
等でお送りいただければ、ありがたく存じます。


みなさまのお声を、心よりお待ち申し上げます。。。
今日もブログにおつきあい頂き、ありがとうございます。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

リフレッシュ祭り始まる

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
空を見上げると、どんよりとした朝、雲が重なって重たい気がします。
天気予報によると、雨が降り出すそうです。
どうか、足元にもお気をつけください。

さて、空は重たい。
しかし、僕は軽くなってきています。
・・・というのも、昨日より5日間断食に突入したからです。
毎年8月のお盆の頃にやっていたのですが、今回は長男が東京から帰ってきます。
その時一緒にお酒を飲みたいので、一ヶ月前倒ししました。

まだ少しですが、1.1圓聾困蠅泙靴拭(現在69.5圈
口に入れたものは、水、お茶、温泉水、ほうじ茶、乾燥生姜、番茶、珈琲、歯ブラシだけです
目的は、体内をリセットする事、自分に強くなること、食を見直すことです。
まだ読んでいませんが、一日一食という本もあるらしいです。

飽食の時代、いかに食べない事が健康になる一歩であるかと痛感します。
のみすぎ食べ過ぎで胃薬を飲むより、食べない飲まないで休ませてあげることですよね。
一日2食にして、一年以上経ちますが、やはり食べ過ぎ飲みすぎは身体もだるくなります。
おかげ様で食べないと、食後にどーーんと眠くなる事もありません。

脳に血液がどんどん流れ、時々肩から脳にかけて、血液がドクドクと流れているような感じがします。
今年で3年目の夏のリフレッシュ祭、二日目。
唯一無二の自分の身体も大切にしつつ、一日一日を精一杯生きようと心新にしました。


いつもお付合いくださり、誠にありがとうございます。
お時間作ってぜひ、和の國へもお出掛けくださいませ。
笑顔で、お待ちしていまーーす。!(^^)!
 きものサロン和の國   代表 茨木國夫拝  090-3600-9495





今日もおつきあいくださり、誠にありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



梅雨の中休み

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子 です (*^_^*)

大雨続きの先週とは打って変わって、久々に晴天の日が続いております。
雨天は、地球上の自然にとって、私たち人間にとっても欠かせないものですが、太陽光も同じように大切なことをこの3日間で実感しております。

“待ってました!!! 晴れの日”
とばかり、家中の窓を開け放って換気をしたり、久々にお布団を干したり、大物の洗濯をしたり・・・と、家の中の空気も、私の気分もスッキリしました。

もう一つ、お天気の日を待ちに待っていたのが、梅干しです。
5月に塩漬けにした青梅を、晴天の日に2〜3日間天日干しにして、再び紫蘇に漬け込むのですが、今年は紫蘇が繁る時期が雨天続きで、晴れてもやっと1日だったため、ようやく今になって干す事が出来ました。
ここで、「紫蘇は・・・?」とお思いのことでしょう。
実は、今年初めて挑戦したことですが、6月の紫蘇の最盛時期、それも前日にしっかりと晴れた(光合成をした)翌日に、母が作っている畑に行き、葉っぱだけを摘んで、塩揉み&梅酢揉みをして青梅の上に仮置きしておいたのでした。

今日、ほんのりピンクに染まって干し上がった梅を、また紫蘇と今度は“段々重ね”に本漬けして、ひと安心というところです。
あとは綺麗な紫色に染まるのをじっくり待つのみ。
楽しみです♪

本日もご覧頂きまして、ありがとうございました。


blog




ご馳走がたくさん

NCM_0434

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
昨日の早朝は、「NPO法人きもの普及協会」のチラシポスティング。
そして、今朝は菊池で朝を迎えました。

4時頃目が覚めたので、どうしよう?と思いつつも、寝るのも勿体無いと思い、起きてPCをしたりした後、約一時間かけてゆっくりと散歩に出かけてきました。
久々の散歩、右手には木刀。誰と一緒かって、ぼくとうだよ。!(^^)!

木刀(ぼくとう)をバット代わりにして、野球の素振りをしたりしながら、草を切ったりしました。
母校の菊池高校の前を通り、第一鳥居から石段を登り菊池神社に向かい、菊池公園を通って帰ってきました。
その間、耳にしたものは、犬の鳴き声、様々な鳥の鳴き声、鶯も声高らかに歌い上げていました。
水の音、神社の鐘の音。パンパンという拍手。バイクや車の音・・・。

クツワムシでしょうか、虫の音も聞こえてきました。
7月上旬に虫の音?
意外でした。
しかしおかげ様で、耳にたくさんのご馳走を頂きました。!(^^)!

さあ、エネルギー満タンです。
もっと満タンになる為に、今から、ラドンの含有量が熊本一の「薬師湯」で一風呂浴びて、そして元気良く店に入ります。
ぜひぜひ、お時間作って、和の國へもお出掛けくださいませ。

きものの事なら和の國へ。
いつもお付合いくださり誠にありがとうございます。
今日の画像は、自宅から300m・徒歩2分の菊池高校です。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805




ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

美術館の壁?

IMG_5273

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。今日も良いお天気ですね。
正面ディスプレイのお着物や帯も、自然光の中で、淡い色調の美しさや草木染めの繊細な色加減を、生き生きと映し出しています。

さて今日は、その正面ディスプレイ・・・外から見て左側にあります、木のパーティションの店内側を撮影してみました。
この部分には、県立美術館やお客様からお預かりしました、展覧会、講演、コンサート等のポスターやパンフレットを掲示しています。

今月はあっと言う間に、パーティションの半分くらいを占めてしまいました。
美術館内の、ちょっとした案内スペースのようです。
お店の裏手には、ビルの中庭があるのですが、大きなポスターは3枚、そちらに貼らせてもらっています。

ブログをご覧の皆さまにも、是非ご利用頂ければ、と存じます。。。
また、県立美術館本館の展覧会等は、前売り価格のチケットを扱っております。
急きょ「観に行ってみようかしら?」という時には、是非和の國にお立ち寄り下さいませ。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

出版記念日に寄せて

DSC_0521

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
雨も上がり、良いお天気になってきました。
店の前の木からは、セミの鳴き声も聞こえてきました。
甲子園を目指す、高校球児の熱い戦いも本日より始まりました。
そんな週末、いかがお過ごしでしょうか・・・?

本日7月7日は「記念日」がたくさんあります。
1)七夕の節句
2)24節季の小暑
3)ゆかたの日
4)ポニーテールの日
5)サマーバレンタインの日
6)香りの日
7)冷やし中華の日
8)カルピスの日



そしてそして、拙者の本「きもの宣言」の出版記念日でもあります。!(^^)!
2009年の7月7日に発売させていただいた本も、今日で4年目を迎えます。
月日の経つのは、本当に早いものです。

・悩みぬいたら、朝枕元にタイトルが置いてあったこと。
・知恵熱が続いたので、のどちんこをつぶしたら、口がざくろみたいに真っ赤になったこと。
・やっと、入稿に間に合ったこと。
・入稿後、ほっと一息。お風呂に浸かっていたら修正箇所が見つかり、手直しをお願いしたら知人にお叱りをうけながらもやってくれたこと。
・・・などなどいろんなことが、昨日の事のように思い出されます。




そして本の出版となった訳ですが、嬉しかったことの一つに、装丁をお褒め頂いたことがあります。
「たまご色のカバーからほんの少し覗く真っ赤な表紙を、きものの八掛になぞらえて、オシャレ~」とおっしゃっていただきました。
でも反対に、「装丁がチャチ、手抜き!」と書かれたこともありました。
十人十色と申しますが、美意識・価値観は色々です。ゆえに、余計に装丁をお褒め頂いたことが、同じ価値観を共有できたような気がして、とても嬉しかったです。

でも正直、今本を読んでみると、「あ~、ここは、このように表現しなければ良かった」と思い、背中があつくなることもあります。
しかししかし、当時はそれが僕自身であり、僕の言語力120%でしたので致し方ありません。
どうか、お読みいただくことがあった時は、素人が書いた本ということで、清濁併せのみ頂ければ有難いです。



また出版から今日まで・・・、
・出版前夜はどしゃぶりの雨
・ドバイビジネスが教えてくれたこと
・熊本大好き!NPO設立
・ニューイヤーコンサートは免許皆伝
・「NHK文化センター熊本」着付け講師となる!
・講演の機会が増加、ふ~ん、そうか。
・激変、親父が優しくなってきた
・5ヶ月禁酒の本当の理由?
       ・・・などの、小見出しのエッセイも書けるような経験を積ませてもらいました。

本当に、おかげ様です。
やっぱり、その当時は辛かったり、イヤだったりしますが、いろんな事を経験したり、体験したりするってお金に変えられない貴重な財産ですよね。
「経験が人を作り、それが人間力となって現れる」 byくにモン




今は、次なる本の仕込みの真っただ中です。
「きもの宣言」の自伝書とは違った角度というか、きもの生活20年の中で感じ得た『和』をテーマにした本が出版できればと、バチバチと雨音が響くように、キーボードをパチパチたたいています。
事が上手く成就すれば山装う頃・・・、最低でも山笑う頃までには形にできればと考えています。

その本を読んでいただいたら・・・、
1)和が好きになり、
2)日本が好きになり、
3)自分も好きになり、
4)そして親先祖にも感謝し、
5)日本の象徴である着物までも好きになる
     ・・・というような本が、理想のイメージです。 ハイ、頑張ります!(^^)!




きものを我が師としながら、これからも毎日毎日きものと共に歩み続けてまいります。
どうかこれからも、これにも増して、小生を、そして和の國をお導き頂きますようお願いいたします。
いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝   090-3600-9495




追記:
さあ、一緒に歌いましょう!(^^)!

♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪
笹の葉、サラサラ〜、軒端に揺れる〜
お星さま、キラキラ。 金銀砂子

NCM_0431





豊かな気持ちになれる

IMG_0001

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は、午後からはとても良いお天気で、予報もずっと晴れマークです。
今晩は冴えわたる夜空に、星の群れを見つけられるように、、、と今から願っております。

さて今日は、先日新聞で取り上げられた、女将さんの記事をご紹介させて頂きます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7月5日(木) 熊本日日新聞 夕刊 5面
『今、何してる? What are you doing?』

 夫とともに熊本市で呉服店を営んでいます。結婚する前は、友人の結婚式ぐらいしか着物を着る機会がなかったのですが、今ではほぼ毎日着ていますね。
 着物は帯や帯留め、バッグまで季節によって違い奥深いんです。 場面に合わせた装いや、組み合わせを考えるのも面白いです。
 着物は苦しいと思われがちですが、そんなことはありませんよ。普段の生活で着物を着ると、豊かな気持ちになれるんです。この楽しみをぜひ多くの人に味わってもらいたいですね。

                    茨木ゆりさん(45) 自営業=菊池市
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ご紹介記事のお写真は、背景の緑と相まって、女将さんの表情とお着物や帯のコーディネートが、とても素敵に捉えられていて、本当に見ていて嬉しくなってしまいます。。。




今月は、熊本の方々への着付けのサポートとして、2回ほど和の國が開放されます。
女将さんも、和の國にスタンバイしています。着付けを楽にするポイントや、帯結びのアレンジなど、この機会にご自分のものになさいませんか?


◆上通り界隈で開催される 「ゆかた祭り」 (14日(土)・15日(日))に合わせて、
7月14日(土)午後4時〜7時まで
 嵳甍畸緝佞吋譽奪好鵝廚鮃圓い泙后(「NPO法人きもの普及協会」主催)
  会費は¥1.000-です。
 「自分で浴衣を着ること」と「人に浴衣を着せる」、どちらのレッスンでもかまいません。
 ぜひ、お試しになられませんか?

∨菁恒例の「ゆかた¥1.000-着付け」も同時に行います。
  浴衣を着たいお友達などいらっしゃいましたら、ぜひお誘いくださいませ。




◆AKJ 火の国まつり 総踊り 団体出場(8月4日)に向けて、
7月21日(土)午後7時〜9時まで
「浴衣着付けレッスン」を行います。(AKJ 主催)
  会費は無料です。 ※ 先着15名様まで。
  初めての方も、お気軽にご参加下さいませ。



◆◆ 銑のお申し込み、お問合せ先◆◆  
 和の國: TEL 096−359−0805
               まで、お願いいたします。 


 

今年も、浴衣に挑戦される方が、お一人でも多く増えますように。。。
いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

浜土産(はまつど)さん

NCM_0428

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは&おはようございます。
やっと梅雨らしいジメジメ感が漂っています。
こうこないと、あのモクモクとした入道雲には出会えませんよねっ。
・・・といいつつも梅雨も終盤、大雨などが心配ですが、やはり、いろんな情報にうおさおせずに、毎日自分にできる小さなことをコツコツが一番ですよね。 ハイ



さてさて、過日京都にって、ちご餅と浜土産(はまつど)を買って来たのですが、ちご餅はご来店のお客様におあげしているうちに完売。
そして、浜土産も残り数個となりましたぁ~。
密封された貝の間を貝の要の方から開けると、キラキラと琥珀色のお肌が見えます。可愛らしいえくぼは、大徳寺納豆より一回り小さめの浜納豆だそうです。

甘さ加減も絶妙で、チョッともっちり感もあり、浜納豆の塩けが見事です。
花の都・京都はご存知のように海には恵まれていません。
だからこそ、海への憧れもあり、浜ぐりの貝殻を見事に利用した逸品が生まれたのでしょう。
味もさることながら、「浜土産(はまつど)」というネーミングもオシャレですよね。!(^^)!

そうそう、京都・亀屋則克さんの場所ですが、かの足袋のキング・分胴屋さんの3軒となりです。間口は、ほんと畳1畳分ぐらいしかありません。
車で通ったら、見過ごす程の場所です。
でもその中で、茶道のお師匠さんをも魅了する夏限定の銘菓が生まれているのですよねっ。

日本人の持つ美意識・美学って、ホント素敵だと思います。
美しいもの、美味しいものが大好きな和の國へ、ぜひぜひお出掛けくださいませ。
まだまだ間に合いまーーす。
京都の浜ちゃんも待ってますよぉ~~。!(^^)!
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



追伸:
昨日(7/5付)の熊日夕刊ご覧になりましたでしょうか・・・。
また、こちらも追ってアップさせていただきます。

ミス・サイゴン来る!!

IMG

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
お天とさんがお顔を出してくれています。!(^^)! 嬉しいモノですねっ。
お変わりございませんでしょうか・・・?

昨日は、朝4時に起きて、6時から始まる阿蘇倫理法人会のモーニングセミナーでお話をさせていただきました。
その内容は、「和の國流のおもてなし」というテーマです。
時間は約40分一本勝負。
正直時間が持つかな~と心配して臨んだのですが、あっという間に時間が経ちました。

今までのテーマは、「きもの宣言」・「きものが教えてくれたこと」・「着物ビタミン」でしたが、今回初めて違った視点での講話。本当にいい勉強になりました。
もし僕でよければ、きものの事、和の暮らし、和文化のこと、僕の生き方など、お話させていただきますよぉ~。
3名以上いらっしゃれば、何処へでもお邪魔しまーーす。!(^^)!



さて、昨日は僕のやんちゃな小中学校時代を知っている治子さんがお出掛けになり、ミュージカル「ミス・サイゴン」の講演のチラシをお持ちになりました。
ポ、ポスターは畳一畳ほどある大きなものです。
僕は、ミュージカルは一度大阪で、劇団四季の「キャッツ」を見たことがある位でミュージカル音痴ですが、熊本でミスサイゴンがあるのは、凄いことらしいです。

「熊本市政令指定都市・誕生記念」の熊本特別講演です。
熊本にも何度かお越しになっている俳優の岡幸二郎さんは、ジョンという役を演じられるのみならず、枯れ葉剤で今なお苦しむベトナムの方に毎年募金をなさっているそうです。
何でも勉強です。「究極の愛」を描いたミュージカルの超大作、僕もB席(5.500円)を買って、オペラグラス片手に見に行く予定です。

2013年1月5日(土)夜の部18:00~、6日(日)昼の部12:00~・夜の部17:00~と3回公演。
場所は市民会館崇城大学ホール、
チケット発売日は、8月1日だそうです。
お問い合わせ先は、096-223-5833 M.I.O(ミオ)の藤村育子さんまで。



いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
梅雨が明けたら、虫干ししましょうねっ。
きものの事なら、和の國へ・・・。
   きものサロン和の國 茨木國夫拝  096-359-0805

記事検索