2012年09月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

五分(ごぶ)の魅惑

NCM_0580

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
おかげさまで、京都に着きました。
なんと、今日は始発から大阪伊丹行きは、ずっと一日欠航。唯一、今夜の最終便が飛びました。
ほんと自画自賛ですが、強運というかツキまくっているな〜と感じた次第でした。


予定通り仕事を進め、店を19時に締めて熊本空港から飛び乗ったのですが、中には、朝からずっとまっていらっしゃる方もいらっしゃったようでした。
しかし僕にとって、ちょっと残念だったのが、空から見る中秋の名月が、できなかったことです。
またそれは次回のお楽しみとなりました。





そうそう、今日は真弓さまなど4名のお客様に恵まれました。
ご新規のお客様もとってもありがたいのですが、またお馴染みのお客様がお顔出ししていただくはやっぱり嬉しいものです。
今日の画像は、五分(ごぶ)の魅惑に目のやり場に困ったくにモンでしたが、がんばってパチリとワンショット撮らせていただきました。

※五分とは一寸=3.8cmの二分の一、つまり2僂曚匹猟垢気任后


いつもありがとうございます。
明日は京都で仕入れ、ミニ運動会です。ゆえにワクワクしています。
走りでは、全国トップクラス。がんばってゲットしてきます。
きものサロン和の國 茨木くにお拝

臨時休業とワイン

NCM_0563

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
よかったですね、台風が無事通り過ぎて、まずは一安心です。
でも、関西、そして関東の皆さまのご無事をお祈り申し上げます。
僕も、京都に飛べそう?? かも、です。


今月もまた、和の國を支えてくださり、本当にありがとうございます。
おかげ様で、本当に良い月になりました。
月と言えば、今日は、中秋の名月、良い響きです。
またお天気も良くなり、愛でることもできそうです。

僕は、好きな句が二つあります。
一つ目は、小林一茶。
名月を 取ってくれよと 泣く子かな

もう一つは、禅語。
水をすくえば 月は手にあり
「水を掬すれば月手に在り、花を弄すれば香衣に満つ」の一節で、両手で水をすくえばそこに月の姿が映り、花を手に採ればその香りが衣服に染み込む。
いやーーーー、しびれます。
自他の対立を離れて月や花と融合し、渾然一体となった境地のこの上ない喜びが伝わってくる句です。


さて、明日明後日、10月1日(月)・2日(火)は、京都出張のため、臨時休業させていただきます。
お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
でも、しっかりと京都で学び、仕入れて、熊本に持って帰ります。
楽しみにしていてください。

また、その間ブログも更新いたします。
ぜひ、お付き合いください。



それから、目休めに、ひとつ。
熊も県が発刊している「気になる!くまもと」で、かみさんの実家のワインのことが放映されています。
お時間がとれたら、くりっくしてみてくださいねっ。

きものサロン和の國 茨木國夫拝
090-3600-9495



追伸:
今日のお写真は、過日神戸の知人より頂いた、ミッシェルバッハさんのクッキーです。
目にも美味しかったです。!(^^)!


    

望外の喜び

DSC_0656

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
ブログをご覧の皆さま、お変わりございませんでしょうか・・・?
今日は、雨になりましたね。
台風が無事過ぎ去ってくれることを願うばかりです。

僕も明日の最終便(ANA18:35発)で伊丹に飛び、京都に入りますので、すーーーっと太平洋沿いを台風が通り過ぎてくれたらと願っています。
でも、もし飛べなかったら、新幹線の最終か、翌日の福岡からの朝一便で上る予定ですので、ダメでも次の手、次の手があるから安心です。


さておかげさまで、ミネラルフェスティングも無事終了です。
今日のお昼は、お粥さんを食べました。
やはり、お米の香りはいいものです。
日本の母、母なる大地を戴いているような気がしました。

夕食も先ほど済ませたのですが、お粥に、具だくさんの野菜スープを食べました。
よく噛むと、なすび・おくら・人参・じゃがなどそれぞれの味があって美味しいものです。
デザートには、5つの味が楽しめる葡萄をいただきました。
美味しく食べることができること、当たり前のことですが、食も初心に帰ったおかげで、より美味しくありがたくいただくことができます。

余談ですが、断食をやって一番の変化は、目が見えなくなることです。
本を読もうとしても、ピントが合わなくなります。PCやっていても目が疲れやすいです。
これは、7月の断食の時もそうでした。
神様が、本を読まず、PCもあまりせず、晴耕雨読とおっしゃっているのでしょうか。
僕も頑張って、小さな成功得徳を重ねていきたいものです。



そんな中、今日はとっても嬉しいことがありました。
本日も100周年の発送業務をやっていますが、「今日着きましたので、ちょっと御用もあったので、お持ちしました」・・・と、眞樹子さまにお出かけいただきました。
正直、バックから出されたときは、「来れないからかな?」と一瞬ドキッとしました。

実は、昨晩遅くに中央郵便局に持っていったので、着くのは今日か月曜日と思っていたら、なんと誰よりも早く、郵便屋さんよりも早く、第一号の「出席」のご返事をいただきました。
サプライズ、サプライズ。いやーーーーーーー、本当に嬉しかったです。
思いもよらなかったことです。これぞまさに、望外の喜びです。


本当に有難いです。
そして郵送作業をしていたら、高校時代の野球部の幸晴君からも電話いただき、「俺は参加するけど、誰たちにだしたと?」と言われました。
「いや、まだ今から。住所を探してからだから、、、でも誘ってヨロシク。」 「よし分かった!」
ボールを投げて、カーンと打つような会話でした。

なんか、皆さまに支えられて今日まで来たのだなーーーーーーー。
また、「こうやって応援してくださる方がたくさんいらっしゃるのだな〜」と、胸を熱くした次第でした。
このパーティは、ある面では、僕の「離陸の瞬間」となるような、一生に一度のビッグイベントとなります。
ぜひぜひ、ブログをご覧の皆さま、地元熊本の皆さまはもとより、全国から駆けつけていただき、応援してくださいませ。


このブログを書き終える頃には、かみさんの作業も一段落でしょう。ゆえに、歩いて20分の熊本中央郵便局まで散歩がてらに、100周年のご案内の郵便をだしに行ってきます。
小雨ですが、雨もまた良しです。

「和のチカラ」で、熊本から日本を元気に!
この言葉を胸に歩み続けます。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



追伸:
眞樹子さんがお持ちのチラシは、「第74回学習院公開講座」のご案内です。
日時は、11月3日午後2時〜4時20分までで、場所は、ホテル日航熊本です。
会費は、無料ですが、事前に申し込みが必要です。

僕は熊本学園大学で、花の学習院とはチト違いますが、その空気感を吸えることも本当にありがたいことです。
ぜひ、文化の日は、おきもの姿で街にお出かけなさいませんか・・・。
そして、共に美しい時間を過ごしましょうねっ。!(^^)!

くにさんキャラ誕生

IMG_1039

おかげ様で、元気にお仕事頑張っています。
ここ数日、100年のパーティのご案内発送準備をやっています。
明日には一段落つく予定です。

また、僕のキャラができつつあります。!(^^)!
2回連続僕の写真ですが、お許しください。
また、書かせていただきます。

いつもお付き合いくださり誠にありがとうございます。
茨木國夫拝



追伸:断食も5日目、元気です。!(^^)!

100周年に向けて

DSC_0653

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
朝晩は誠に過ごしやすい気候となりました。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕は、ファスティング3日目。
順調ですが、少し頭が悪い。いや少し痛いというか重たいような心持ちですが、いたって元気です。
体重も前からしたら、10キロ以上落ちていたので、今回は、まだ1〜2キロ減といったところですが、食生活を見直すにはいい機会だと思っています。

さてそんな中、『「和」で幸福になる三十三ヶ条』(仮題)出版に向けても、最終コーナーを回った所です。
角川学芸出版社とも打ち合わせをして、「くにさんキャラ」は前髪おろしでいくことにしました。
ゆえに、長年親しんだ真ん中分けのバックスタイルからおさらば。
整髪料もなにもつけず、手ぐしでセットするようにしました。


そして、今日は、カメラマンの中野貴子さんに、KKRホテル熊本で勇壮な熊本城をバックに撮影してもらいました。
こういったお写真が、本の帯もしくは、表紙を飾ってくれる予定です
その決定権は出版社にあり、どのアングルになるか分かりませんが、全国有名書店に、熊本城をバックにした、この本が並ぶのは、そう遠くはありません。!(^^)!




そして僕が嬉しかったのは、100周年のパーティに本が間に合うことです。
100年の歴史は素晴らしいものではありますが、何か御礼を込めて形にしたかったのです。

下記のように2会場で、感謝を込めて開催させていただきます。

きもの屋いばらき・きものサロン和の國100周年
「和で幸福になる三十三ヶ条」出版記念パーティ


日時:平成24年11月17日(土)午後6時始〜
場所:菊池観光ホテル2F
会費:¥7.000-

日時:平成24年11月18日(日)午後6時半始〜
場所:熊本ホテルキャッスル2F
会費:¥7.000-



当初は、熊本市内だけでの予定でしたが、「あーーーー、地元のお客様のご縁があり、お育て頂いたことで、今があるのだな〜」と深く思うようになりました。
18日は、熊本で大歌舞伎があります。昼夜公演で、きものファンの方がたくさん、そちらに向かわれることでしょう。。。うっ。。
昼は歌舞伎、夜は、和の國のパーティ。夢のような出来事ですが、最高の一日かもしれません。!(^^)!


「和のチカラ」で、熊本から日本を元気に!

僕は、「和のチカラ」を信じ、歩み続けていきます。
しかし、まだまだ力不足。今回特に、100周年と出版におきましては、皆さまに特に応援していただければ有難いです。
僕が一番いま望んでいるものは、皆さまの応援力です。

どうか皆さまの応援力で、発言力のある人間、日本を本当に変える影響力のある人間になりたいと思いますので、押し上げていただけませんでしょうか。
今回、僕が離陸する時に応援して欲しいです。ある面では、一生に一度のお願いです。
どうかどうか、和の國ブログをご覧の皆さまーーーー、ぜひ、応援してください。お出かけください。
熊本は、最高にいいところです。



また、出版における今後の展開、「シークレットモニター」の件は明日、お話させていただきます。
出版予定の本もまた応援してください。
明日もまたブログお付き合いくださいませ。
いつもありがとうございます。
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

blog

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)


 先週末より快晴と曇りのお天気が交互のような毎日ですが、めっきり秋めいてまいりました。
本日のお写真は、夏がどんなに暑くて長くても必ず秋のお彼岸には咲いてくれる、律義な彼岸花でございます。今日からまた新しい週が始まった和の國に、代表が朝から持って(採って)こられました。
彼岸花を見ると毎年心の底から「秋が来た!」と思います。


 一昨日のことですが、白川公園のお茶室にて裏千家の月釜がかかりましたので、私も寄せていただきました。
お天気は、前日の雨模様から一転して、快晴で目も心も気持ちよい爽やかな秋晴れでした。
1席目に入れたら・・・と思い、開始時間よりかなり早く会場に到着したのですが、私よりもっと早くお見えになっていた方々が40名余りおられ、私はほんのちょっとの差で2席目となってしまいました。

 少しがっかりした気分で仕方なく待合のお部屋の畳に一人座っておりますと、程なくして次におみえになったご婦人が、何の違和感もなく自然に私の隣にお座りになりました。
 ご挨拶を交わした後、特におしゃべりするわけではありませんでしたが、2人並んでお茶室の庭に向かって正座をして、晴天の下お庭に植えてある草木に注ぐ光線やトンボの飛ぶ様などを眺めながら過ごしました。
 その方は初めてのお席入りのご様子で、ぽつりぽつりと席中の様子をお尋ねになったりされながらの待ち時間でした。
 その後も2人、3人と連れだった方達が来られ、徐々に人数が増えていきましたが、皆さん大きな声で騒がしくおしゃべりされる方はなく、静かに秋のお庭を眺めながら時が過ぎていきました。

 待ち時間のあいだ秋の風情をゆっくり堪能して、席中から漂ってくるお茶の香りを楽しんだあと、今度は実際にお席入りしてお道具の設えや空気を楽しむことが出来、“萩の露”と銘したとても美味しいお菓子と濃茶も大変美味しくいただきました。
 始めは仕方なくだったのが、一期一会に同席となった方々で作られたその場の空気で、実は2倍楽しめて得した気分で足取り軽く会場を後にしたことでした。

 裏千家の教えの中に、『家元は親、同門は兄弟で、共に一体であるから、誰にあっても合掌する心を忘れぬように』とのことばがありますが、まさしく同じ道を目指す同門の方は初対面であっても、何かどこか心が通じ合っているような親近感を覚えた一時でした。

ちなみに、女将さんは1席目に入られていました。

 昨日から代表より“アンコール展”のご紹介をさせて頂いておりますが、帯揚げ・帯〆も秋をイメージ出来るお色味が増えております。これから涼しくなるにつれ、しっとり和服にピッタリの季節となります。お持ちのお着物を少し違った新鮮な気分でお召しになるのに、新しいお色味の小物は重宝されるのではないでしょうか。
どうぞお楽しみにお越し下さいませ。

本日もご覧いただきましてありがとうございました。

アンコール展開催

【朗報】:今回の展示会にお越しになれなかった皆さまへ。

いつにもまして、今回は本当に素敵な展示会でした。
そのまま返品するのは、もったいないな〜と思っていて、仕入先さんに無理を言いました。
よって、京都に商品発送させていただくのは、27日木曜日となりました。
それまでの期間なら、展示会のような感じでご覧いただけます。

ぜひ、全国的にもトップレベルの品々をごゆっくりとご覧ください。
京都の銘菓「宝泉堂」の「都の月」付き。
お抹茶は僕が立てます。!(^^)!
ぜひ、お出かけくださーーーーーーーーーーーーーーーーい。待ってます。




『和の國9月アンコール展』
・9月25日(火)・26日(水)
・午前11時〜午後9時まで 
・場所:いつもの和の國(熊本ホテルキャッスル横)

※通常営業は、午後7時ですが、お仕事帰りにもごゆっくりお立ち寄りいただけるように、この二日間限り、午後9時までとさせていただきました。お仕事・家事など一段落ついてからでも、お出かけいただけます。
秋の夜長を美しくお過ごしください。
茨木國夫(和の國さん)





追伸:
『着物をお求めになりたいお客様へ』
期間中は、
〕菁夏から始まるボーナス4回払い
■隠臆麒Гい泙
は、金利手数料は無料でございます。
ぜひ、ご利用ください。

月曜日の着付けも大賑わい

NCM_0565

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
秋めいてきて、本当に嬉しくなります。
昨日は、二十四節気の一つ「秋分」でした。
お変わりございませんでしょうか・・・?

おかげ様で、「和の國9月展」はとっても盛況でした。
そして、今日は着付け教室の日で午前中から、着物を「早くてカンタン、そして楽」に着たい方が、熱心にお稽古されています。

僕は、今日より5日間のファスティング(断食)に入ります。
過去に5日間の完全断食は、真夏に二回しましたが、今回は、発酵食品を飲みながらです。
だから、割とラクかと思います。
もちろん、仕事もバリバリします。


それから、昨日の元気國さんメールは下記のような内容をお送りさせていただきました
僕の考えなども書いていますので、良かったらお付き合いください。
着物のことなら、どんなことでもご相談くださいませ。
和の國 茨木國夫 090-3600-9495
メール:wanokuni@mms.bbiq.jp




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日は、24節季の一つ「秋分」です。
「秋めく」ということばがありますが、ずいぶんと秋めいてきて嬉しくなります。
風の色、雲の形、虫の音・・・、夏から秋へと自然界の衣替えが進んでいます。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕は先週、2冊目の本の初稿入校も済ませて、角川学芸出版と打ち合わせに上京していました。
本のタイトルは『「和」で幸福になる三十三ヶ条』(仮題)になりそうです。
また、営業活動をしたり、今後の展開で人と会ったり、セミナーに参加したりと、まさに東奔西走でした。
また、生まれて始めてNHKのコンサートホールに出かけ、N響なるものを聞いてきました。

そういった学びを持ち帰り、地元・熊本で活かすこと、熊本・そして九州の皆さまと共有できますこと本当に嬉しく思います。
そんな中、僕の価値観や使命感もどんどん進化してきました。

一ヶ月ほど前、「人を幸せにすることが、自分の幸せ」という女性に出会いました。
僕は「自分が頑張って、人を幸せにする」という概念でしたが、そのことばが腹に落ちたときから、心が晴れやかになりました。


熊本から九州を元気に!
「和」の力で、日本復活!



これが僕の合言葉、エネルギー源です。
50歳を過ぎ、世のため、人のため、そしてご縁を頂きました皆さまが喜んでいただけるような人生を過ごしたい。
また、共に喜びを分かち合えるような人生を送りたいと、強く思うようになりました。


ヤンチャ坊主ですが、元気いっぱい、着物人生を突き抜けていきたいと思っています。
どうか今後共よろしくお願いいたします。
あなた様にとって、素敵な実り多き秋をお迎えになられますこと、心よりお祈り申し上げます。


エレガントなお着物

IMG_5570

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
昨日は3連休の中日でしたが、お客様が次々にお越し下さり、ひときわ賑やかな一日でございました。。。

九月展初日のブログでも書いていました、新しくおつきあいをさせて頂いている問屋様のお取り扱い商品の中で、品良く着心地のいい無地感覚のお着物も大変ご好評を頂いております。
その中の一種類に、「ナチュラルタッサー」という商品がございます。実はこの商品、以前から和の國でも扱わせて頂いていた商品だったのです。。。

穏やかな光沢感がありまして、光が当たると、ふわっと明るさが増して、お顔映りもとてもいいのです。
インドに生息する天然の野蚕から取られたシルクを使用し、縦糸にその生糸が織り込まれてるため、紬のような風合いも加わり、着付けのしやすさと、柔らか物のエレガントさ等、双方の良さを持ち合わせているそうです。


・・・と、ここまで書いていましたら、康代さまがお越し下さり、すぐにお気に召して頂けました。。。
ご試着なさると、艶やかなお肌も引き立ち、本当に素敵な笑顔が広がっていらっしゃいます。
(ご試着の様子を撮影させて頂きました。)


お着物に合わせて、繊細なお花柄の刺繍が施された帯も、お選び頂きました。。
その帯も、私自身一目見て大好きになった帯でして、嬉しさもひとしおでございます。
今日も有り難いご縁の続く、活気あふれる和の國でした。。。

本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

改めて身に染みる

IMG_5568 - コピー

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は、先週新しく入ったスタッフ3人のうち、命(みこと)さんと初めて顔を合わせることができました。

代表と女将さんから聞いていた通りの、明るく向学心旺盛の頑張り屋さんです。
新しく入荷しました帯揚をディスプレイするため、芯棒に巻いているところを撮っています。
代表は最初が肝心、と「最初は時間がかかってもいいから、とにかく丁寧に。どちらから見ても綺麗になるように。」と。

ひとつひとつのこと、目の前にある物を大事にし、丁寧に、まっすぐに向き合う。。。
私に対しても、代表や女将さんが繰り返し説いてくれた言葉なのですが、改めて身に染みる大事な教えのひとつです。

年齢を重ねて行きますと、だんだんと注意してもらう、叱ってもらう、教えて頂く、という機会が少なくなっていましたので、本当に有り難いことと存じます。。。


・・と、ここまで書いていましたら、もう一人のスタッフ・ひかりさんも出社してきました。
・・・またこのブログにて、ご紹介させていただきます。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

和の國 九月展です。

IMG_5567 - コピー

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
昨夕の風は大変涼しく、熊本市内でもそろそろ秋冬物の衣類が必要ですね。

そして和の服も、お単衣から徐々に袷のお着物へとシフトしていく時期でございます。
きものサロン和の國では、本日より「九月展」を開催させて頂いていまして、秋・冬のお出かけ着にも合わせていただきたいお洒落な帯を、多数取り揃えております。

今回入荷しています帯やお着物は、代表が先々月に出会った新しい問屋さんのものでして、和の國が出店当初より心がけてきました「品良く美しく」・・そして 「品良く楽しく」 を体現して下さったような商品群なのです。

私自身、こんなに多数の商品を一度に見せて頂くのは初めてでした。
今日は朝から、可憐な花柄の刺繍を施した名古屋帯に、目が行きっぱなしです。
そして名古屋帯は、柄の部分が見えるように一部巻き直しをさせて頂いたところ、大変気持ちのいい手触りで、お仕立て上がった状態も、今からとても楽しみです。

この週末は丁度三連休となります。。
その間のわずかなお時間に、是非和の國にお越し頂きたく存じます。
あなたさまのお出でを、心よりお待ち申し上げます。。。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

東京で栄養補給完了

NCM_0559

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
おかげ様で、日没前に、東京出張から帰ってきました。
流石、東京。たくさんの学びをさせていただき、いい栄養補給となりました。
その補給したものが、僕の血となり肉となること、そしてそれが、ご当地・和の國で活かせること、和の國で還元できること、本当に有り難く存じます。

店に帰ったら、仕事が山積みでした。
嬉しい悲鳴です。
また明日からは、「和の國9月展」、素敵な商品が入っているので、その値段付けなど追われました。
でも、お客様よりも新作を早く見れるのと、久々に絹を触ることが出来て、手のひらも嬉しそうに頬を染めていました。




東京では、本当に精力的に動きました。
一番の目的は、出版の打ち合わせでしたが、それ以上の学びがたくさんありました。
出版日は、11月15日に決まりました。タイトルももうすぐ決定します。
原稿も、ご満足いただいています。いや、編集者の思われている以上の出来栄えのようでした。!(^^)!

一昨日は、ドビッシーと絵画のコラボをブリヂストン美術館でみました。
素晴らしい企画でした。
今朝、久々の晴天。嬉しくて散歩をしたら、行き過ぎて少し迷子になり、なんと1時間50分歩いていました。

過日、N響を聴くために、渋谷をあるいていたら、目にとまり衝動買いしたアップルの、「マックブック・エアー」というノートパソコン。大当たりでした。不具合がしょうじましたので、もう一度、お店に伺いました。
覚えていてもらったのは、もちろん、親切丁寧にお導きくださりました。これもきものパワーでしょうか。
まだ、使い方になれていませんが、進化していて、それについて行かないとと思った次第でした。

今日の画像は、小百合さんです。本当にサクサクと何でもこなされます。!(^^)!
僕の印伝のバックの中に、そのノートPC入っています。



年収一億円、借金一億円。返済完了、人生万歳のおにーちゃんとも合い、お話お聞きしました。
やはり、どんなことがあっても諦めない。
イヤなことも、「はがゆい」と思っても、負けないことですね。

お能の師匠、神奈川在住の平戸仁英先生にもお会いさせていただきました。
横浜の伊勢丹の最上階、会員性の喫茶ルームに行きました。
始めて入りました。嬉しかったです。
また、今後の展開も大きく開け、来年は、大濠公園の能楽堂の舞台を踏む可能性が大きいです。

また、ブログも新設するように決めました。
もちろん、アメブロです。
仮称ですが、タイトルは「日本を変える7人の侍」です。
明日、離陸かもしれません。!(^^)!

とにかく面白い形になっていきます、よっ。
本当に、僕の動き、たのしみにしていてください。
「本当に目が離せない!!」展開が繰り広げられます。


どうか今後共よろしくお願いいたします。
今日からの催事、ぜひお出かけください。(9/21〜23)
お着物はもちろん、僕の新ネタ満載です。
営業時間は、11時から午後7時までです。心よりお待ちしています。!(^^)!
きものサロン和の國 茨木國夫拝

096-359-0805

「本」

120911_155252


みなさまこんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)


 かなり巨大な勢力と騒がれました台風16号は、熊本には一部を除きあまり悪さをせずに北上してくれました。ブログをご覧の皆さまには、被害はございませんでしたでしょうか。
台風一過と並んで、藤崎宮秋の例大祭も無事に終わり、日差しもより傾いてきまして、ようやく秋めいた風が吹き渡り、今朝方などは少し肌寒さまで感じるほどで、まさしく“随兵寒夜”を実感しております。

 特別暑かった気がする今年の夏が、つい先週までどっしり腰を据えていたものですから、9月になってもなかなか薄物の着物を手放せませんでしたが、やっと単衣に袖を通す気になれたと思うのは私一人だけではないのではないでしょうか。
 とは申しましても、まだ日中の日射しは強く、少し動くと汗がにじんでまいりますので、単衣といっても木綿しか着ておりませんが・・・。
 この夏から先週にかけまして、お茶のお稽古以外では今年は気軽に洗える木綿(浴衣の類)しか着ておりませんでしたので、私はそれらを先週全部お洗濯しまして、最後にアイロンをかけて箪笥に仕舞いました。

 今日からしばらくは、お天気が良さそうですから、今年お召しになった浴衣のお洗濯がまだの方は、是非この機会になさることをお勧めします。
 浴衣はもちろんですが、「自分ではちょっと・・・」とお思いの方、夏の着物・帯などのお手入れは、今週21・22・23日開催いたします“九月展”にお越しいただく際に、どうぞ和の國にご持参下さいませ。


 さて、先日からブログでご紹介申し上げております、代表の本第二弾は、私も原稿を読ませていただきましたが、『和』を見つめる視点が四方から寄せてあり、内容が大変面白く、弾んだ文章が並んでおりますので、とても楽しく読み終える事が出来ます。11月の発行をどうぞお楽しみにされていて下さい!!!


 本日もご覧頂きましてありがとうございました。
 

初稿入校。そして、、

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
くにモンです。

ブログ登場久々になりますが、お変わりございませんでしたでしょうか。
僕は、すっごく元気元気です。
今本を書いていまして、一昨日、無事初稿入校することができました。
いやーーー嬉しかったです。

前著は僕一人で書きましたが、今回は、ライターさんをつけて書くことができました。
山登りに、道案内人がいるような感じです。
また、そのライターさんは、かの安達絵里子さんです。

僕の着物人生のことを誰よりもご存知です。
昨年、「和服マイスター日記を書いてましたが、それも絵里子さんからの提案でした。、
絵里子さんがライターだとは知っていましたが、このようなご縁に恵まれたのは、神様のお導き以外のなにものでもないような気がします。

だから、大変さが楽しさになりました。
最後のおいこみだったので、4日間は一日一食でした。その理由は食べたら眠くなるからです。
そして、すごくいい本ができました。
11月中旬には全国の書店に並ぶ予定です。また、タイトルなど決定しましたら、追ってお知らせさせていただきます。


昨日のお昼、もやしのお味噌汁を作って食べました。
そうしたら、すっごく眠いのと、倦怠感に襲われましたが、お客様が救ってくれました。
ゆっくりする間もなかったのですが、元気に乗り越えました。
しかし、僕のすべてを出し切り書きましたので、充電切れです。





NCM_0553 (1)

その打ち合わせを兼ねて、今日から上京いたしました。
ANAの午前9時発に乗りました。
お金持っているふりして、前の方のBIP席に変更しようかと2度思いましたが、マイルを使っていて、5000円もったいないと思ったので、翼がある窓側に座りました。

とっても笑顔のすてきな、ANAの客室乗務員と出会いました。名札には「木村さん」と書いてあります。
お伝えしました、笑顔がすてきなことを。
たしかに、笑顔のすてきな人はいらっしゃいます。しかし、笑顔と真顔のギャップが多いのも事実です。
本当ににじみでる笑顔に魅了されました。

そうしたら、「國さん(お客様)もそうですね。」とおっしゃいました。
僕は、イヤホンで落語を聞きながら、「講演会に呼ばれたら、必ず読む本」を読んでいました。
コーヒーが運ばれたりします。
笑顔の由来を知りたくて、着陸態勢に入ったとき、シートベルトの確認で通られたのでお尋ねしました。

そうしたら、「ご家族というか、親族が多く、とっても楽しいです。お子様がいらっしゃったら、無意に話しかけています。そうおっしゃっていただいてほんとに嬉しいです」とのことでした。
無事着陸。、ドアが開いて、さあ、と思った矢先、後光がさしました。
なんと、メモのような物をいただいたのです。
一瞬「かみさんに、悪い」と思いました。
が、葉書にはこう書いてありました。

(前略)〜このご縁は、和ときものの美しさを教えてくれた、祖母からのプレゼントのように感じます。〜(後略)

他界されたそうですが、和が残してくれたものって、すばらしいことです。





余韻を胸に、さあ今日は何しよう?
「落語、美術館、能楽堂・・・、いやいや、音楽・クラシックがいい。」と思い、坂本一生さんに電話しました。
2分後、「今日はこれ。NHKホールで午後3時から、N響があります。マロもでますし、おすすめです」とのことでした。
マロさんこと、篠崎史紀はN響のコンサートマスターを勤めていらっしゃいます。びっくりしましたが嬉しかったです。

曲目は、「マーラー交響曲第9番二長調」だそうで、指揮者は「アンドレ・プレヴィン」というおじさまです。出入りは介添え付き、そして、椅子に座ってタクトを振られます。
休憩なしの一時間半近くです。観衆の拍手も割れんばかりです。

あーーーこの会場は、暮れに紅白歌合戦があり、3600名収容できるんだそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おはようございます。
ここまで書いて、画像をと思っているうちに休んでました。
一日タイムラグがあって申し訳ございません。

そうそう、昨日は、ノートパソコンも買いました。
NHK ホールに行く途中雨が振り出し、雨宿りにいった店が、アップル社です。みんな青T シャツをきています。
一つ自分用に買いたいと思っていた矢先だったので、願ったり叶ったりでした。

驚いたのが、支払いがその場で自分の携帯でできました。
レジがいらないのです。
サインは、その携帯の画面に書きます。

まだ、最新すぎて使い方に困ったり、ブログがどこかにいったりしますが、慣れて使いこなすよう努力します。
おつきあいくださり誠にありがとうございます。


今回僕の出張は、木曜日まで。
そして翌日からが、催事です。ここ数日はごゆっくりしていただき、ぜひ金・土・日のいずれかにおでかけいただきますよう、お願いいたします。

茨木くにお 拝

今日の画像は、NHK ホールの最上階からです。


仕立て実演会

IMG_5514

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は午前中、NPO法人きもの普及協会のイベント、仕立て実演会−−「上手な半襟の付け方」実演と実習会に参加させて頂きました。

丁度絽の半衿から袷の半衿へと移り変わる時期でしたので、ご参加の皆さまも、9月下旬から着用される長襦袢と、合わせたい半衿をお持ちになり、実演を見られた後に、ご自分で半衿を1枚付けて行かれました。
(実演のお写真を、アップしております)

私は普段めったに針を持たないのですが、いざ縫い始めると、不器用なりに不思議な快感が伴い、終わるまで集中して針を進めておりました。


・・・さて、只今の和の國にはちはる様がお見えで、同窓会で着られるお着物について、女将さんと楽しそうにご相談をされています。
そして、年明けには披露宴にご出席予定で、道中着をお選びになりたい・・・と。
来週末〜の『和の國 九月展』会期中に、またお運びいただけそうです。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

九月展のご案内

saiji1209


みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
和の國の9月展示会が、来週末21日(金)よりスタートするのですが、そのDMが出来上がってまいりました。
このブログで、一足お先にご紹介させて頂きます。

------------------------------------------
上品でお洒落な
     『和の國 九月展』

日時:9月21日(金)〜23日(日)
    11〜19時
------------------------------------------

九月展では新しい問屋さんの、上質でお洒落な商品も加わりまして、和の國が大切にしています二つの価値観 、「品良く美しく」 & 「品良く楽しく」・・・を、店内の室礼とともに、改めてご覧頂ければ、と存じます。

今回はお求めやすい色無地や、木綿のお着物や普段着にも合わせやすい、「無地の八寸帯」も色々と取り揃えております。

また、お着物と帯のコーディネートやお着付けのこと、シミ抜き等のお手入れにつきましても、この機会にお気軽にご相談くださいませ。
あなたさまのお越しを、心よりお待ち申し上げます。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

本読み

IMG_5506 - コピー

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は午後から出勤しますと、お着物ライターの安達絵里子さまとご友人の本田光子先生が、素敵なお召物でお話をされています。(お写真を撮らせて頂きました。)

午前中に、代表の本の打ち合わせが行われ、光子先生も同席して頂いたのだそうです。
「原稿もほとんど揃って、あと少しです」と絵里子さま。。。代表との阿吽の呼吸で、いよいよ大詰め段階のようです。


私も昨日、代表が中盤部分で手を加えたばかりの文章と、新しい項の書き上がったばかりの原稿を読ませて頂きました。
夕方過ぎには、代表はもうフラフラでした。
ここ数日、お店や事務所のPC前に缶詰状態だったそうで。。

生まれたばかりの文章を、すぐその場で読むことができ、こちらまで気持ちが熱くなってきます。
新しい原稿には沢山の気がみなぎっていて、万年筆をスラスラと走らせたように滑らかで、勢いがあり、一気に読んでしまいました。

そして、これまで代表から聞いていた一つ一つのエピソードが、とてもリアルに映像のように浮かび上がってきました。
・・・今度の本で書いている、和の習慣の素晴らしさや日本人としての感性の育み方…等々にリンクされて。

代表が実際に体験した事柄(そして色々な辛苦も越えて、人前ではいつも明るく前を向いていて…)ということもあり、余計心に深く入って来ました。。
この本は私にとって、今の自分自身を見つめるきっかけができ、ふわっと優しい言葉をかけてもらいながら、楽しいこと、和文化のこと、世の中のことをもっと考えたくなる本なのです。。。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

KKRホテル熊本「着付け講座」

こんばんは、茨木ゆりです。
朝晩はずいぶん涼しくなりました。
昨日は和の國での9月最初の着付け教室で、
これまで夏物一式を着ていた私も、帯と小物は秋用へと移行しました。



そして今日は、KKRホテル熊本さんにて、月1回の着付け講座でした。
和気あいあいと1時間ほどレッスンをしまして、
その後、お着物姿で美味しい・・・秋の味覚をいただきました。


20120911_190436



帰り際にお写真をパチリ。


20120911_190241



眺めの良い素敵な空間で、お着物姿で、楽しいお話・・・
いつものことながら、嬉しいひとときでした。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。



このところ…、主人の本もかなり佳境をむかえているようで、
昨夜は2〜3時間の睡眠だったようです。
寝ても覚めても、食事をしながら…、運動しながら…、
原稿片手に取り組んでおります。

この全速力のパワーには本当に頭が下がります。




本日もお付き合いいただきまして誠にありがとうございます。




月収500万の友と出会いました。

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
昨日は、福岡に夕方から出かけました。
そして、月収500万のおにーちゃんと会いました。
僕は、年収500万に満たないのですが、意気投合。

話を聞いてみると、、、
周りがお金持ちだったら、その環境にいたら
すぐお金持ちになれるとのこと。
話は、とってもシンプルでした。

市内もマンションに帰り着いたのが、夜中の2時。
興奮さめやらぬまま、、、布団へ。
その話を聴いてやすんだからか、今朝は生まれて初めて右足の「ふくろはぎ」がつりました。
「あいたたたーーーーーーー」、それで5時過ぎに目が覚めました。

そして、二度寝をしたら、ヤバイ時間9時でした。 反省。

僕もお金持ちになって、人さまのお役に立てるようになりたい!
はい、そのスイッチも、僕に注入されたような気がします。!(^^)!




それから、一つ本物を身につけたいあなた様へ。

宮崎織物製の結城紬、今がお買い得です。
あと半年もしたら、順番待ちで買えなくなります。
反対に、他の結城紬は半値位まで、値段がさがるかもしれません。
負のことはわかりませんが、本当に良いのをゲットして、心も豊かになってください。

宮崎織物の結城紬をお持ちの方は、どんどん自慢してください。!(^^)! 
着物生活20年の僕が言うから、絶対に間違いありません。
その結城紬に生命かけれます。


着れば着るほど、軽さ・着ごごちの良さがわかってきます。
いつもお付き合いくださり、ありがとうございます。
茨木國夫 拝


NCM_0548


今日の画像は、上通りの入口にある(藤崎宮近く)、常(ルビ:つね)さんの一品です。
マスターのお人柄はもとより、スタッフも◎。
そして、本当に美味しいです。
熊本では、間違えなくトップレベル。お値段も高くなく、超オススメのお店です。

仕立て実演会

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は、16日(日)に開催します、仕立て実演会のご案内をさせて頂きます。

これまで、和の國でお着物等のご用命を頂いたお客様や、着付け教室にお越しの方、「NPO法人きもの普及協会」会員の方々よりご要望のありました、「半衿の付け方」を、プロの和裁士さんに教えていただきます。

今回は、和裁に関するご質問タイムも設けています。
この機会に、是非色々とお尋ねになられてみませんか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 仕立て実演会 
『上手な半襟の付け方』 実演と実習
                        ご協力:上田和裁様

日時: 9月16日(日) 午前10:30〜12:30

会場: 熊本市現代美術館 会議研修室
     熊本市中央区上通町2−3 TEL:096-278-7500

参加費: 1500円
主催・お申込先: NPO法人きもの普及協会
   熊本市中央区城東町4-7 きものサロン和の國内
   TEL 096-359-0805  メール wanokuni@gmail.com

◆準備物
   ※ご持参できる方のみ、ご用意下さい。
     当日は、上田和裁さんよりお道具、教材一式をお借りできます。
     (参加費に含まれます。)
 ・針と糸、糸切りバサミ等。
 ・実習でお付けになりたい半衿と、長襦袢。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

acb25935df9e014c8be59cc28466be6b

(画像:昨年夏の仕立て実演会の模様)

実演会の後は、街中でランチも予定しております。
みなさま、どうぞお誘い合わせの上、ご参加頂ければ幸いです。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

講演会のご案内

池口恵~1

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日の空は雲が広がり、雨の前の温かな空気が漂っています。
ひと雨来てくれて、涼しくなるといいですね。。。

さて今日は、お客様からご案内頂いた講演会を、ご紹介させていただきます。
和の國にもチケットがございますので、これからお申し込み、というお方は、
是非お店にお越し下さいませ。

-------------------------------------------------------------------------------------------
創造くまもと講演会 
 『折れない心をつくる』 −穏やかに 強く生きるために−

 〜人は誰でも悩みや不安で心が折れそうになる時がある 
   それでも強く前に進む 充実した人生を送るために…〜

講師: 池口恵観氏
     睫郢蛙晋製}E大阿闍梨 最福寺法主 大僧正
日時: 平成24年9月19日(水)  開場18:30  開演19:00
場所: 市民会館崇城大学ホール(大ホール)  TEL:096-355-5235
入場料: 1,000円 ※チケット制。
      ※事前に創造くまもと事務局(下記)へお問い合わせ下さい。
主催: 一般財団法人創造くまもと 
    TEL:096-340-0228  メール:info@sozo-kumamoto.jp
-------------------------------------------------------------------------------------------


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

くにモン、徒然日記

NCM_0546

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
ご無沙汰致しております。
お変わりございませんでしょうか・・・?

でも変わりましたね、雲の形が。
一昨日でしょうか、うろこ雲が広がっていました。
風もまた、秋風になってきたような気がします。

そして今日は二十四節気の一つ、「白露」です。
過日、「処暑」だったのに、季節はどんどん進んでいきます。
かみさんの実家のワイナリー:菊鹿ワイン・セレクション小伏野が、今年もまた夜中収穫のナイトハーベストに選ばれていたので、月曜日から火曜日にかけての真夜中12時からブドウの収穫にいってきました。

3日月曜日は朝4時に起きて11月出版の原稿作成、朝一の飛行機で京都に飛び、最終で帰ってきました。
乗り物の中では、ずっと原稿修正をしていました。
そして、夜の10時半から、菊鹿の目的地に向かいブドウの収穫。僕の担当は、みなさんが積んでこられたブドウを計量し、車に積む作業です。

約一時間、一時過ぎには収穫を終え、最後の片付けまでして2時過ぎには終わりました。
指で数えてみたら、22時間頑張ってました。!(^^)!
今年は、特にいいブドウがとれましたので、またまた一年後が楽しみです。




それが月曜日。火曜日も水曜日も木曜日も、原稿を書く作業を中心に、そして日常業務も楽しくこなしてきました。
マンションに、ヘッドマッサージのチラシが入っていました。
気分転換に行ってきました。

とっても気持ちよかったです。
しかし、終わってから「肩こっていますね、目も疲れていますね。定期的に・・・」と言われ続けたので、閉口してしまいました。
差し引き、うーーん。
でも、やっぱり+です。

秋からまた忙しくなるので、スタッフも募集するようにしました。
それが、下記の写真です。今日の「求人案内」に載る予定で、また楽しくなりそうです。



今日は11月18日(日)のパーティの件で発起人の方にご挨拶に出かけたり、銀行さんにお顔出したりして店に入ります。
そうそう、パーティも下記のように2会場でさせていただくことになりましたので、また100倍頑張らなければなりません。


きもの屋いばらき〜和の國100周年&
「幸福になる和の習慣」出版記念パーティ

日時:平成24年11月17日(日)午後6時始〜
場所:菊池観光ホテル2F
会費:¥7.000-

日時:平成24年11月18日(日)午後6時半始〜
場所:熊本ホテルキャッスル2F
会費:¥7.000-


最初の予定では、和の國のお隣のキャッスルさんでさせていただく予定にしていましたが、菊池で散歩中、「あ〜、地元でやんないとダメだな。地元のおかげだよな〜」と思いました。
そこで、色々と考えた結果、2つの会場でさせていただくことになりました。
どうか皆様のご協力・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。





それから今頑張っている出版ですが、タイトルは100%決まっていません。
その決定権は、出版社にあるからです。
でも僕の中では、「幸福になる和の習慣」になってほしいと願っています。

本当に、いい本になりそうです。
くすっと笑いながらも、なるほどね〜と思ったり、心がほっこりするような本です。
また本のことについては、9月15日過ぎると、初稿完了になりますので、またお話させてください。
そして、和の國ブログをご覧の皆さまで応援していただけると有難いです。



着物のことなら、和の國へ。
昨日も、洗い張りなどたくさん注文うけました。
大切な着物は、和の國へ。
私たちにお任せください。





それから、今自分自身の肩書きを考えています。
どれがいいでしょう。。。ホラですが。。。!(^^)!

・きもの文化伝承家
・和服マイスター
・和の達人
・和の夢先案内人
・着物ブームの火付け人
・和のカリスマ


また何でも教えてください。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。

皆さまにとっても、素敵な一日になりますように・・・。
きものサロン和の國 茨木國夫拝
090-3600-9495

NCM_0547


お洒落な普段着

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。今日は雨が来たおかげで、ぐっと涼しくなりそうですね。

和の國店内の商品も、自然界に広がる草原や野花のように、少しずつ色味が加わってきました。。。
そしてお着物や帯から少し離れた場所で、われもこうやすすき、おみなえしが、小さな実や花をつけています。


さて今日の画像は、左側に片貝木綿と伊勢木綿を収めてみました。
木綿のお着物は、今日ぐらいの気温が下がった日にも、着ていると丁度いい体感温度となりますし、少し暑い日に汗ばんできても、ご家庭ですぐにお洗濯ができ、いつでも気軽にお召し頂けるのです。

カジュアルな木綿を始め、紬や小紋の中には、お洒落な普段着で、少し贅沢なものも揃えております。
この時期に、是非ご覧頂ければ幸いです。


また、夏までに活躍したお着物や浴衣のお手入れなども、思い立たれたら、どうぞお早めに、ご相談下さいませ。

IMG_5467


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

秋が来ました ♪

blog


みなさまこんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 早いもので今年も9月に入りまして、朝夕はとても涼しく、日中の日射しは強いものの、木陰を渡る風に秋を感じられるようになりました。
 先日は豊野の物産館から梨、柿、栗、もちとうもろこしが届き(家人購入)ましたので、早速“栗おこわ”を焚いて秋の山土産(やまづと)に感謝しながら、秋の到来を喜びました。
 栗は結構甘く、とてもほくほくしており、夏の暑さを乗り切ることが出来た事へのご褒美と思っていただきました。
 また、もちとうもろこし(ご存知でしょうか)は昔ながらの味なので、スイートコーンに比べるとさほど甘味はありませんが、もちもちぷちぷちとした食感を楽しみました。

 これからまだまだ自然界の恵みが沢山出回る事でしょう。
期を逃さず、旬をたっぷり味わって、冬籠りの支度をしたいと思っております。


 本日もご覧頂きましてありがとうございました。

熊本ゆかりー長月号

P1050578
和の國ブログをご覧の皆さま、おはようございます。
月に一度おじゃましている、「熊本ゆかりの染織作家展」実行委員の安達絵里子です。
灼熱の熊本も9月に入って朝夕涼しくなり、そこここに秋が感じられるようになりました。

先月、私は帰省と仕事を兼ねた東京滞在中に、熊本が生んだ織のアーティスト・吉田美保子さんを訪ねました。
吉田さんは熊本の街中では初めてのお目見えとなった、一昨年の第1回「熊本ゆかりの染織作家展」で、カラフルな四角(スクエア)が魅力的な「スクエア・シリーズ」帯など出品してくださいました。
シンプルでありながらも、作家ものならではのセンスが効いた帯が、熊本でも人気を呼びました。

そして昨年の第2回では、きもののほかに、現代アートの分野で注目されている、刷り込み絣の面白みを追求した「ブラッシング・シリーズ」の帯を発表。
選び抜かれた色使いで、リズムと詩心を喚起させる作風が、より進化したように思われました。

そうです。「進化する織のアーティスト」!
古今東西の芸術を常に意識して展覧会へ精力的に赴き、自らの感性に磨きをかけている吉田さんは、職人というよりアーティスト。
温故知新で学んだ感覚が、彼女の美のフィルターを通して、染織作品として作り上げられます。

そのため、吉田さんの作品をお求めになるのは、従来の定番では飽き足らない、時代の先端をゆく方々。
写真家や、芸術理論や文学を専門とする大学の先生、出版関係者など、芸術には一家言ある、いわば「うるさ方」をも魅了してしまうのが、吉田さんの作風といえるでしょう。

そんな吉田さんの進境を探るようにと、「和の國」茨木氏の密命を受けて、工房のドアを叩いたのでした。(ちょっと大げさ……)
國さん絶賛の超整理された自宅兼工房の機には、八寸帯の糸がかかっていました。

この前作は、デザインに悩み抜いた末「売れないだろうけど、これをやらないと次に進めない」と決意して織り上げたそうですが、完成直後にいらしたお客様が気に入られ、すぐお嫁入りが決まったそうです。 

「進化する」吉田さんが現在取り組んでいるのは、きものなら「ひとえ」、帯なら「八寸」。
思えば、近年ひとえを5月から着る場合が多いなど、ひとえの着用時期が長くなってきており、袷と夏の薄物の間に、間に合わせで着るものではなくなってきています。
八寸帯についても、元はウールの普段着に合わせるために開発されたものですが、近年は洗練を極め、締めやすさと織物ならではの質感を楽しめるとして、人気が高まっています。

吉田さんの近作も、そんな需要に応えたもの。
写真左のきものは、国産繭の座繰糸を数種使い、ひとえでも着やすいようにハリのある地風に織られた「レモン・フィールド」。
存在を主張しないさりげない色調ながら、ほんのりと優しい気持ちになる紬で、着る方の個性を引き立ててくれそうなきものです。

写真左の帯は、八寸帯で「シトラス・シリーズ」の「シトラス・イエロー」。レモン色が着姿に活力を与えます。

写真右のきものは、「フィールド・オブ・クリーム」。
帯は「ブラッシング染め分けシリーズ」の新作で、まだ命名されていません。

これらは、価格未定で、来年1月2日〜6日まで開催予定の「熊本ゆかりの染織作家展」に出品予定ではあるものの、それまでに売れてしまう場合もあるとのことです。
「熊ゆ展まで待てない!」という方は、どうぞ和の國までお問い合わせくださいませ。

「熊本ゆかりの染織作家展」まであと4か月。
それまで吉田さんは、まだまだ新作を織り続けます。
「進化する」吉田さんが、どんな新境地を開いた作品を発表してくれるのか、楽しみです!

P1050554

素敵な着こなし

IMG_5473 - コピー

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
昨晩は風も出て、眠りに着く頃はかなり涼しく、薄掛けを顔までかけておりました。
9月とはいえ、まだ暑さも行きつ戻りつ・・という中で、秋らしい気候に触れられるのは、気持ちもいいですね。

さて今日はお久しぶりに貴志子さまが、弘子さまとご一緒にお茶席の帰りにお越しいただきました。
お二人とも、それぞれに素敵なコーディネートで、さり気なくお洒落を楽しんでいらっしゃいます。。。

涼秋の候に、このようにさらりとお単衣の着物を着こなされたお姿に、私はすっかり目が釘付け状態で、さっそくお写真を撮らせて頂きました。(代表に合わせてグーのポーズを取って下さり、「お着物にグーは、まずかったかしら?」とお二人)

弘子さまの帯は、先日和の國で選んで頂いたもので、「今日が初おろしなんですよ」と。
続いて貴志子さまも、「この着物は、2年前に和の國さんで仕立て直しをしてもらったんです」。

余談ですが、その隣の國さんは、店で慌てて着替えて。帯を忘れたらしく、作務衣を腰に巻いて、兵児帯風にしての登場です。

。。。改めて拝見させて頂いていますと、「バッグや帯〆、桐下駄も和の國さんのものです」と。。。
お美しい着こなしの一部に、和の國商品も入っていたことが、またしても嬉しく存じます。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

さあ、長月も行きましょう

NCM_0540
和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
新しい月になりました。
長月、9月です。
月は少しずつかけ始めています。
お変わりございませんでしょうか・・・?

今日は久々、寿司屋さんの「鮨屋時蔵」に行きました。
いつも満席でしたが、たまたまキャンセルがあり、マスターの目の前の特等席に座ることができました。
長崎書店の道向かいの上通りから、上の裏通りに移転されて、早や半年?
変わらぬ、一本道。頭が下がります。

やっぱり、本当に美味しいです。
トイレに入っても、「さすが」と、言葉をおもらししてしまいました。
僕は今まで、お金がかかるところに行った時は、あまりブログなど書きませんでした。
いや、書けませんでした。

仕事もメチャメチヤ頑張って、いいお店情報をお伝えしたいと思っています。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。!(^^)!

きものサロン和の國 茨木國夫拝
記事検索