2012年12月

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

くまモン、サンドイッチ攻撃

png


珍事でーーーーす。!!

くまモンの、「サンドイッチ攻撃」を受けました。!(^^)!

県民百貨店・熊本リブロで、くにモンが書いた『「和」で幸福になる三十三箇条』が2位に。



1位と3位は、日本一のくまモン。

ボ、僕も、、、頑張るモン。!(^^)!



いつもご覧くださり、誠にありがとうございます。

茨木國夫拝


12/9は吉坊師匠の落語会

DSC_0783

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
最近、朝から晩まで、店に滞在時間が長いくにモンでーーす。
日々お客様にも恵まれ、そしてまだまだ仕事がたくさんあるので、早朝出勤、残業となる訳です。

でも、「和のチカラで、熊本から日本を元気に!」というスローガンがありますので、僕の背中をグイグイ押してくれます。
本当に有り難いです。
今日はお昼過ぎに、銀行さんに行きました。
今まで数字から逃げていたのですが、やっと素直に向き合うこともできます。



明日は、来週の催事、「和で幸福になる三十三ヶ条出版記念展」、1月の「第三回熊本ゆかりの染織作家展」、僕の本のハガキの郵送となりますので、その準備をやっているところです。
そんな中、間近かに迫っているのが、『笑い納め・・・桂吉坊さん落語会』です。
主催は、NPO法人きもの普及協会。お金がかからないために、場所は和の國で始めてやります。

ゆえに、イメージを作ってみました。
丁度、店の奥の李朝の台の上に、お花を置いている所に吉坊師匠に鎮座していただきます。
そして、夜間照明にして、師匠のみスポットをすぽっと当てます。
もちろん、鏡は映らないように、上から全面に布をかけます。
仮設の台の上には、赤い布。

まず、高座の前には、マットを引き、座布団で座る人もいます。
右側の畳席もあります。
左と後ろには、椅子をおきます。
そうすると、丁度30名ほど座れる予定です。

30名の定員間近かですが、まだ若干の余裕がございます。
日曜日の夜でご多用中かとは存じますが、ぜひ6時から一時間半、お付き合いいただければ有り難いです。
若手成長株ナンバーワン。聡明才弁で、心温かい吉坊ワールドを堪能してみませんか!
「落語のイロハ」と「古典落語」なので、二つの世界が楽しめること、間違いありません。

どうぞよろしくお願いいたします。
いっしょに、笑いましょうねっ。!(^^)!


◆◆『笑い納め・・・桂吉坊さん落語会』◆◆
  〜落語のイロハから、古典落語まで〜
・日時: 12月9日(日)18時〜〜19時30分
・会場: きものサロン 和の國
・木戸銭: 2.500円(当日は、500円アップ)
・定員: 30名

※落語の後は、吉坊さんを囲んで懇親会を予定しています。
 懇親会費 5.000円(会場:KKRホテル熊本4F 日本料理「まつり」)


お申し込みはお気軽に、お電話で今すぐ!
茨木ゆり 090-8225-0987
茨木國夫 090-3600-9495(24時間電話OK)



今日は、ここまで。 柏手、ポン!
お腹空きましたぁ〜〜。!(^^)!

黄金に映える熊本城

写真 (49)

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。

今朝は、日が昇る頃、熊本城の二の丸公園に散歩&ジョギングに出かけました。

築城400年・熊本城の背景が黄金色に輝きました。

吉兆の前触れでーーーーーーーす。

今日も、笑顔で楽しく…美しい一日を!

ピンと姿勢を伸ばせば、心もしゃきっとしまーーす。!(^^)!

いつもありがとうございます。

きものサロン和の國 茨木國夫拝

うさぎ柄のコート

写真 (1) - コピー

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
これから年の瀬に向けて、夜のお出かけも、いつも以上に増えて参りますね。

昨晩は薫さまがお出でになり、週末に着るお召物のご相談に、お好きなお着物と帯を何点かお持ちになられました。
コーディネートが決まりますと、この冬から着られるお着物(小紋)やコートなど、今までお持ちでなかったアイテムもいくつかご覧頂いて。。。

お写真は和の國オリジナルの、絞りの道中着です。。。
今シーズンに仕上がったところを、昨日ちょうど薫さまにもお披露目ができまして、大変お気に召して頂けました。。。
うさぎさんが何か所にもあしらわれて、大人の女性にも大変かわいらしく、シンプルなお洒落の引き立つ道中着でございます。

笑顔のとても素敵な薫さまが、次回お召しになられる日が、今から待ち遠しい思いです。。。

和の國では、お着物に羽織るアイテムとして、外で着用される道中着や長羽織・・、屋内でも着られる羽織・・と、反物からご用意をしています。
どうぞ店頭にて、お気軽にご相談下さいませ。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

くまモンの帯

写真


みなさま こんにちは ♪ 
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 本日のお写真は、一年ぶりに登場!!のくまモン帯をご覧頂いております。
 一昨日の日曜日、白川公園のお茶室にて、裏千家の“歳末たすけあい茶会”が催されましたので、結構な降りの雨の中ではありましたが、高校2年生の姪を連れて参加いたしました。
(昨年のちょうど今頃、このお茶会に緑地色のくまモン帯を私が締めて参加しましたところ、大変な反響をいただきまして、それはそれは沢山の方に声を掛けていただきました。写メも撮っていただきました。)

 今年は姪がピンクのくまモン帯を締めておりましたので、昨年とはまた違ったお声を今年も沢山掛けていただきました。
 昨年・今年共通していたのは、皆さん一様に笑顔で「可愛い♪♪!!!」と仰います。くまモンがいかに沢山の方々の心を癒し、愛されているかを実感した一時となりました。
 夏の着物着用と同じで、見ている方に楽しんでいただくためという着方もいいものだ、ともあらためて思いました。


本日も、ご覧頂きましてありがとうございました。

熊本ゆかり便り-12月

和の國ブログをご覧の皆さま、こんばんは。「熊本ゆかりの染織作家展」実行委員の安達絵里子です。年末年始が視界に入ってくる時期となり、年明け早々1月3日(木)〜6日(日)まで開催する「第3回熊本ゆかりの染織作家展」まで、あとひと月となりました。

和の國ブログでは、現在『着物生活二十年の國さんが伝授する「和」で幸福になる三十三箇条』で話題沸騰中ですが、その中にも「熊本ゆかり」が記載されているのをご存知でしょうか。名著の最後を締めくくる191ページあたりです! お手元にある方はぜひご確認くださいませ。

作家の方々は、展覧まで一カ月を切ろうとしている現在、着々と作品作りに励んでいらっしゃいます。今月は岡村美和さんを訪ね、出品予定作を見せていただきました。



岡村美和さんは、型染の帯や小袱紗、和紙の熨斗袋などの作品でお馴染みです。作品を通じて、岡村さんの美意識にはなんとなく触れていた気がしておりましたが、初めて訪れたご自宅は「岡村さんワールド」ともいうべき民藝に見出された美の宝庫で、うっかり長居をしてしまいました。

玄関前には蓮の花をほっこりと描いた暖簾作品が掛かり、入ると芹沢げ陲気鵑粒┐迎えてくれます。キョロキョロ見ると、城間栄喜さんの紅型作品や小代焼、インドの織物などが飾ってあります。美術館に展示してあるようなものが、さりげなく日常空間に位置し、生活を彩る……作家の高い美意識はこうして育まれるのだと、感動するとともに、私まで幸せな気持ちになるようでした。


岡村さん帯ちょい斜め

さて、お待ちかねの作品です!
今回お見せする作品は、今年の「県美展」にも出品された染め帯です。

紬地を絞りで括って、ザクロの実の皮と矢車附子(ヤシャブシ)の実で染めた黄唐茶色の横段を構成し、そこにリズミカルに葡萄とリスを型染しています。
「葡萄にリス」は、漆器や陶磁器、染織品などに古くから見られる取り合わせです。「武道に律す」という言葉の音に通じることから、武家に好まれた題材とも伝わる古典的な文様です。それが岡村さんの手にかかると、なんともかわいらしく新鮮に映ります。

文様と色調からお勧めの季節は秋。でも古典柄なので、工夫次第で袷の季節を通して締めることができます。きものは反対色で相性がよい藍色でも、地色と同系色の茶系でも、何でも合いそうです。

ここでは帯地をお太鼓の形に作って、無地調子の黒地紬に置いてみました。岡村さんとワイワイ相談しながら、葡萄の紫色と葉の緑に呼応した配色の帯締めを選び、帯あげは桜で染めた樺茶色無地を合わせました。岡村さんの帯以外は安達の私物ですが、今回の「熊本ゆかりの染織作家展」では、これに似た熊本の桜で染めた帯あげも出品されますので、会場ではぜひ桜の帯あげもご注目くださいませ。

コーディネートをあれこれ考えるのは楽しいですね。「熊本ゆかりの染織作家展」では、お越しになった方々とコーディネートの愉しみも語り合えたら……と願っております。

岡村さんは、この帯のほか、小袱紗や人気の祝儀袋などをご出品くださいます。また夏に重宝しそうな無地染めの麻帯も考えられていて、これから染められるのだとか。がんばれー、岡村さん!



今回の「熊本ゆかりの染織作家展」では、毎日作家の方どなたかにお越しいただく予定ですが、岡村さんは1月4日にご来場予定です。洋服姿もカッコいい岡村さんですが、私がよだれをたらしそうなほどうらやましい、ステキなご自身作の帯を締めて、きもの姿でいらっしゃる予定です。普段はなかなかお会いできない染織作家の方と、ご一緒にきものの話で盛り上がりましょう!

また詳細が決まりましたら、追ってご紹介してゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
熊本ゆかりの染織作家展 実行委員 安達絵里子

ポインセチアの彩り

写真 (45)

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
しっとりとした朝、湿気を含んだ朝って、心が満たされていくような感じになります。
お変わりございませんでしょうか・・・?


今、和の國の前の空間には、ポインセチアが設置され、彩を増します。
9年前、このビルが出来た時に、ビルのテナントさんたちの会が発足し、僕は副会長を仰せつかっていました。
その時に、提案させていただいたのが、このポインセチア設置です。
今は、ほかの人が運営なさっていますが、続いているビルの行事なので、こっそり嬉しいものです。!(^^)!


もうしばらくしたら、他のテナントさんも店が開くので、彩り豊かになります。
今日は、「着付け教室」の日で、今日はよりレッスンの予約が入っているみたいです。
僕は、熊本ゆかりの染織作家展の案内状作ったり、銀行さん用に僕がもっとも苦手とする数字(資金計画表)を作ることが、最優先の仕事です。




最近思うこと。。。。

嫌なことから、逃げないこと。後回しにしないこと。。
正面突破、一点突破!!
そのイヤなこと、目を背けたいその奥の蓋を自分であけたときにこそ、喜びや感動が待っているような、そんな気がしまーーす。

今日も、笑顔で楽しく…美しい一日を!
胸を張って、ぴしっと行きましょうねっ。!(^^)!

きものサロン和の國
茨木國夫拝
096-359-0805



追記:
そうそう、昨日お越しいただいた千栄子さまご一行は、僕が25年ほど前、ずっと飛び込みの振袖新規獲得営業をやっていてご縁を頂いたお客様です。
ほんとうに、ひさーーーーーーーーーーしぶりに、お出かけ頂きました。
「きものとなったら、絶対いばらき(和の國)さんですよ。」

最高の褒め言葉を胸に刻み、世のため、人のためとなるように笑顔で頑張りまーす。!(^^)!

ご一族で

IMG_5977

みなさまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は千栄子さまが東京から、お二人のお子様とお出かけ下さいました。

3月に弟様のご結婚式を控え、熊本にいらっしゃるお母様(よし美さま)と妹様(三千子さま。福岡から)とご一緒に、訪問着の染め替えや、小物(帯揚や帯〆)のご新調、帯合わせのご相談・・・、と、お母様が何枚もの文庫(お着物をお包みしてある包装紙)をお持ち下さいました。。。

千栄子さま(ベレー帽のお方)は、3姉妹の取りまとめ役でいらっしゃり、本日お見えになれなかった妹様の分まで、代表の提案を、「はい、それでOKです。次は・・・」と、アップテンポで進めていかれます。

「結婚式には、全員できちんと着物で出席したいと思って・・・」と。
ご一族で準備に当たられて、とても微笑ましい光景です。
そして、譲り受けられたお着物も、やがてお嬢様へ受け継がれるのだ・・・と思いますと、余計に感動いたしました。

最後に、代表の本も4冊ご購入頂きまして、お写真を撮らせて頂きました。
千栄子さま、遠方よりお出かけ頂き、本当にありがとうございます。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

サイン会の千秋楽

写真 (41)

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
早12月、師走となりましたね。
お変わりございませんでしょうか・・・?

昨日は久々、菊池から和の國に向けて出発。途中お客様宅にお邪魔して店に入ったので、11時開店に間に合ったほどでした。
そしてお昼からは、「蔦屋本店熊本三年坂」での「和で幸福になるサイン会」をさせていただきました。

本屋さんに着くと、会場をバッチリとセッティングしてあったので、見た瞬間、身体が熱くなりました。
1時前には、ヒデさんにお越しいただき、それから、美穂さん、莉央ちゃん、漱一郎君、隆子さん、昭子さん、沙和子さん、福大朗さんなどなど。。。。たくさんの方にお越しいただきました。
本当に有り難たかったです。




写真 (40)

それから、今回3度目ですが、年内最後のサイン会となります。
そんな中、まさに千秋楽に相応しいご年配の姉妹の節さん、孝子さんが、KKRホテル熊本に設置されていたチラシを持って、おこしになりました。
ご年配の方も大好きなので、3秒で意気投合。色々と身の上話をお聞きする中、しおりとして使って頂きたい葉書に書いていた観音さん風絵文字と一言文字を、「A4サイズに書いて!」と依頼がありましたので、大きく書かせていただきました。

左の節さんは、「節目節目を大切に!日本のこころ」。
お隣の孝子さんには、「たかこ」の一文字を頭にして、「たのしい毎日は、かわいい笑顔で、こんなに幸せ」と書かせて頂きました。
また、時間もあったので、目出度い「鶴亀」を、ミディアムぐらいの大きさの声で、一くさり謡わせて頂きました。

いろんな御縁が広がって、本当に有り難いです。
今回のサイン会では、「元気を頂いた」という声が多かったのですが、僕は、長寿の幸福感を頂戴しました。
また今回、場所を提供してくださいました蔦屋本店熊本三年坂の廣田直人副店長、いろんな準備をしてくださった、みせ弘泰さん、本当にありがとうございました。本当にお陰様です。

「文化」とは、「文と化したもの」が文化の由来だそうです。
そうすると、この本著も一つの文化??
もしそうならば、その文化が、熊本の皆さまにとっても、和が好きな皆さまにとっても、どんどん幸せを運び、みんなで幸福になることを願ってやみません。



また、本著の感想など、教えていただければとっても有り難いです。
着物生活二十年の國さんが伝授する 「和」で幸福になる三十三箇条 (角川フォレスタ)

どうぞよろしくお願いいたします。
着物のことなら・・・和の國へ。
きものサロン和の國 茨木國夫拝
090-3600-9495



いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

桂吉坊さん落語会

桂吉坊さん

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は来週末に開催の、落語会のご案内でございます。
登壇して頂く「桂吉坊」さんは、桂米朝一門・若手ナンバーワンの実力者だそうで、
和の國代表が今年春、初めて吉坊さんの落語を聞きに行ってからというもの、大絶賛のし通しです。。。

福岡在住の能楽師・飯冨章宏先生とのご縁から、この会が実現したそうです。

「聡明才弁な語りで、吉坊さんワールドにぐいぐい引き込まれていきます。
2012年の締めくくりに、ご一緒に楽しみませんか? 聞かないと本当にもったいないですよ」(代表 茨木國夫 談)

「NPO法人きもの普及協会」主催ですが、NPO会員以外のお方も、もちろん大歓迎です。
ぜひぜひ、積極的なご参加をお願いいたします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『笑い納め・・・桂吉坊さん落語会』
   〜落語のイロハから、古典落語まで〜

日時: 12月9日(日)18時〜〜19時30分

会場: きものサロン 和の國  TEL:096-359-0805
木戸銭(会費): 2.500円 (当日は、500円アップ) 
定員: 30名

※落語の後は、吉坊さんを囲んでの懇親会を予定しています。
  懇親会費 5.000円(会場:KKRホテル熊本4F 日本料理「まつり」)

主催:NPO法人きもの普及協会
お申込・お問合せ先:
  NPO法人きもの普及協会 事務局
  (きものサロン 和の國内)
    TEL:096-359-0805 FAX 096-359-0807
    wanokuni@gmail.com

★ご参加人数、お名前、ご連絡先TELとメールアドレスをお知らせ下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

12/1・蔦屋でサイン会

写真 (2)

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
昨晩は、9時半過ぎに仕事の目処が立ち、それから菊池(自宅)に帰りました。
自宅で迎える師走の朝・・・。とっても気持ちいいです。

改めまして、今日は12月1日、今年最後の月となりました。
月日が経つのは本当に早いものです。
もういくつ寝ると、お正月でーーす。!(^^)!
お変わりございませんでしょうか・・・?


さて今日は、午後1時から、下通り「蔦屋本店三年坂店」さんにて、「和で幸福になるサイン会」があります。
三箇所でさせて頂いて、今回が年内最後となります。
ぜひ、覗きにきてください。
そして、お声かけしてくださいねっ。!(^^)!

いつもありがとうございます。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。
和で幸福になる為に、歩み続けまーーす。
茨木國夫拝 
090-3600-9495

記事検索