皆さま こんばんは。
いいお天気が続き、名残の桜も花吹雪となって私たちを楽しませてくれています。
お変わりございませんでしょうか・・・?

cc6b0b38.jpgさて、今日は、素敵なお客様がお着物姿お立ち寄りいただきました。
お写真左のお客様は、結城紬がとてもお似合いで、帯とのコーディネイトもばっちりですよね。
無地感覚のおきものに、帯合わせで楽しむ!!
まさにグラビアの世界です。(^o^)/

それからお写真右のお客様は、おなじみ芝崎重一さんの胡桃で染めたおきものに、染織界のクイーン福島輝子さんの帯をコーディネイトしていただいています。
福島さんの帯の銘は「山の家」です。
季語にも丁度この季節のことを「山笑う」と言ったりしますが、まさにそのイメージで作成されたのでしょうか・・・。
「型絵染」って、作り手の感性がそのまま一枚の布に表現されるので、ほんと楽しいですよね。!(^^)!

そういえば、今日から「溝口あけみ染色展」が県伝統工芸館で開催されています・・・。
その溝口さんも「型絵染」をなさっている方で、釜我敏子さんに師事されたそうで、作風に気品とか優しさが感じられるみたいで、私も一度見に行かなければと思います。
余談ですが、来週からの「染織工芸作家展」には、その釜我敏子さんの作品も展示する予定ですので、是非、私どもの会も併せてご覧頂けたらと思います。

話は変わりますが、外商担当になる予定だった末永さんとのご縁がなくなりました。
残念な事ですが・・・、前を向いて、またスタッフ一同、力を合わせて歩んでまいります。
今後とも、ご支援・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
     南無・合掌    染織工芸サロン 和の國     代表 茨木國夫