630f4b97.jpg皆様 おはようございます。
水無月の声を聞くと共に、梅雨入り・・・。
月も替わり・・・季節も移り変って、情趣たっぷりですよね。
雨音を聞くも良し、遠くをぼんやり眺めるも良し・・・、この季節思い思いの季節を楽しむことが出来ますね・・・。

伊丹からの最終便が30分送れだったけど、元気に帰って来ましたぁ〜。
5月31日は名古屋まで足を伸ばし、お昼頃着いたので山本家の味噌煮込みうどんを食べ、愛知県美術館で開催されていてる「第81回国展」を見てきました。
やはり力作揃いで、この国展用に作成される作品も数多く見受けられました。

また、同美術館でプライスコレクションの「若冲と江戸絵画展」もあっていたので、そちらもしっかりと見てきました。
その展示は、東京〜福岡〜名古屋と巡回展でしたが、運良く3箇所制覇が出来ました。(^o^)
「また、会えたね。」って、微笑みながら見ていると、絵画も微笑んでくれましたし、風も空気も少しは感じることが出来ました。

それから、愛知県美術館の収蔵品では、グスタフ・クリムト作の《人生は戦いなり(黄金の騎士)》が有名だそうで、トヨタ自動車さんがその絵画相当額を寄贈されたそうです。
地域の為にご尽力なさる・・・世界のトヨタを垣間見ることも出来ました。
また、クリムトのポスターを買ってきていますので、クリムト談義に花を咲かせましょう・・・というか、色々教えて下さいね。
ほんと西洋絵画の美しさ・素晴らしさが、やっと今になってほんの少し解りかけてきたような・・・そんな気がします。

6月1日京都道中は、また後日お付き合い下さいね。