13c50a49.jpg今朝は、美智子さまのおきもの姿の着付けのお手伝いをさせていただきましたので、7時半前にはお店に入っていました。
流麗なる美しさとも言えるお姿は、芝崎重一さんの樫染の座ぐりの着物に、定番の洛風林の名古屋帯を合わせていただいています。

さり気なく…品良く美しく!!
まさに、「ザ・和の國」の世界かと思いますが、いかがでしょう・・・。
私たちもほんと嬉しくなります。(^o^)/


また、笑子さまより、最新版の【道を求めて…。】のご感想をいただきました。
お付き合い下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茨木國夫さんてユーモアのある方だなと、早くから思っていました(且つ、正直な人)。 “吉本大好き”でなるほど納得です。
常に美を求めながら、笑いの様相も持していらっしゃる。
いい事だと思います。
老婆心ながら、笑いが下品にならないように!! 
品格のあるユーモアを散らつかせて下さい。
國夫さん!! 親しく呼びかけたい感じです。年令からしても息子ってところですものね。 
素敵な織・染ありがとうございます。
もっと早くに出会っていたらーと思っています。 
白州正子さん、尊敬する人の一人です。      ○○笑子さま   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それから、今日のお昼過ぎ…由美さまのご紹介で、真由美さまにお立ち寄りいただきました。
真由美さまは、「今度9月に主人と京都に行くのですが、思い切って着物を着て行こうと思っています。主人に恐る恐る相談したら、着物でもいいと言ってくれました。着物ですと、着替え等に時間がかかるのをわかっているので、反対されると思っていたんですが、ほんと嬉しかったです。」
・・・との事で、「きものの事や、京都のことなどいろいろ教えて下さい。」との事!!
ほんと嬉しいです。

「慣れないお着物姿なら、まずは、履物は痛くないものが一番ですね〜。」という話でスタートしましたが、楽しく「京都談義」に花が咲きました。
ご相談頂く事も本当にあり難いことですが、ご主人様とご旅行に行かれるとき、「おきもの姿で行きたい!」と思っていただける…美しいお心に、じーんときました。
ご主人様を大切になさるお姿…、きものを着たいと思われるお姿…、ほんと素晴らしいです。
美しく気品漂う生き方に、心よりのエールを送りたいと思います。

いつもいつも皆様で和の國を支えていただき…心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。
今月も、多くのお客様にご愛顧いただき、また新しい出会いもたくさん頂きました。
感謝を胸に、また明日から頑張りたいと思います。
ありがとうございます。   
                 感謝・合掌   染織工芸サロン 和の國  茨木國夫