2040be2b.jpgみなさん、こんにちは。茨木國夫です。
今日は、家庭画報などでお馴染みの…世界文化社さんに取材を受けました。
その雑誌名は、きもの通愛読の…「きものサロン」です。
2ヶ月程前に打診後、一度打ち合わせはあったものの、お昼過ぎから夕方までいろんな角度で撮影して頂きました。

そのテーマは、「編集者が探し当てた…全国の隠れた和服専門店」(仮称)だそうで、「美しいキモノ」には何度か載ったことはあるけど、きものサロンは初めてです。
それも、なんと見開き2ページです。
満を持して、ついに染織工芸サロン「和の國」全国版デビューです。
本当に、有難いことでございます。

世界文化者編集部の相澤慶子さんの美意識と知性に加え、専心一意とも言うべきものでしょうか、寡黙に仕事をこなされる斉藤幹朗さんのカメラアングルは、それはそれは見事なものでした。
その後、撮影されたデータをノートPCで見せていただいたのですが、流石、プロ中のプロです。
正直、「どんな商品をディスプレイしようか?」と悩んだりしましたが、その悩みも一気に吹っ飛んでしまうほど、オシャレに撮影して頂きました。

そんな、「きものサロン」掲載は、冬号で11月20日発売です。
もちろん、各書店で求めることも出来ますが、当和の國でも求めることが出来ます。
(正直、掲載していただいた御礼に、和の國もお付き合いで求めなければなりません。ギブアンド・テイクですよねっ。)
よければ、ぜひ和の國で2〜3冊求めて頂き、知人にもお口添え頂いたらこの上もない幸せでございます。
応援して下さいね。

皆さまに支えて頂いているおかげで、和の國も一歩ずつ前に進み…進化しています。
本当に有難いことでございます。
感謝を胸に、お客様に喜んでいただけるよう…「日本一の和服専門店」目指して頑張りたいと思います。
これからも、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
     感謝・合掌       染織工芸サロン 和の國     代表 茨木國夫