69dc0f19.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんにちは。
今日は、午前中からお正月にご主人様がお着物を羽織られるということで、そのレッスンに奥様とお立ち寄り頂きました。
また、その前には、お昼に新茶屋で「吉川ゆみのお座敷の会」にご参加なさる男性の方の着付けもありました。

私もその会に参加させていただいたのですが、福島竹峰先生の琴・三絃、誠会による太鼓・鼓の鳴物に、上方唄あり小唄に乗せて、はつ丸(吉川ゆみ先生)さんや雛菊さんによる踊りで、(優雅な時間を過ごさせていただきました。
また、寿咲亜似さんの「あわてもんの本妙寺参り」の「語り」があったり、お座敷遊びでは「相撲甚句」があったり、「めだかの学校」や「炭鉱節し」などなど…昔のお座敷遊びを堪能してきましたぁ〜。

また、そこで話が盛り上がりというか、熊本の文化伝統芸能継承の為にも、「和の國のお客様で、夏に一席設けようか?」ということになりました。
はっきりとした日時はまだですが、「納涼・お座敷遊び」と銘打って8月位の土日いずれかのお昼に、会費¥8.000-で出来たらいいな〜と思います。
夏のきものでも浴衣でもOKですので、今から心の準備をしておいて下さいねっ。

今日はお昼なのでウーロン茶で気分良くなりましたが、お店に入ってみると二組のお客様と洛風林帯お求めがあってました。
おかげ様で、もっと気分良くなりましたぁ〜。(^o^)/
でもでも「暖衣飽食」(だんいほうしょく)にならないよう…常に初心を忘れず頑張ってゆきたいと思います。
いつもありがとうございます。