01db0381.jpg和の國ブログをご覧の皆さま…こんばんは。
年末になり、用事+風邪気味の為お休みしていました。
今は、2007年の365日目をしっかりとかみ締め、パソコンに向かっている次第です。
さ〜、元気を出して張り切って行きましょう!!

♪こんぴら船々、追い手に 帆かけて. シュラシュシュシュ♪
…ということで、家内共々山口〜広島〜岡山と陸路を走り、倉敷で古美術屋さん廻りを楽しみ、瀬戸大橋を通り…金毘羅さんで、「金毘羅宮 書院の美」を見て、愛媛の道後温泉でリフレッシュし、八幡浜〜別府に渡り、約900kmの道のりを楽しんできました。

やはり、東京の芸術大学で見る絵とは大違いで、その場所で壮大なるロケーションの中、堪能してまいりました。
流石、流石、流石、応挙です。
余白を生かしながら創り上げるその世界は、無二の世界で完成度の高さに何度も唸らされました・・・。

そして、クスンクスン言いながら30日は家内の実家で、「餅ばな」を作り竹を切り、和の國へと向かい、今年最後の男物の急品を無事お届けすることが出来ました。ホッ
店の雰囲気もお正月らしくなって◎でしたが、チョッと走りすぎたかな??
どっと一年の疲れが・・・。

・・・とかは言ってられません。
明日は、「寅の刻(午前四時)の若水汲み」が2008年の事始めです。
気合だ〜。
22時から直ぐ裏の「広現寺さん」で「除夜の鐘つき」がありますが、紅白見るより暖かい布団と戯れて、今年一年に感謝し過ごしたいと思います。

目出度く千秋楽」を迎えることが出来、「有終の美」まではいかないにしても、お陰様で充実した一年だったと思います。
ありがとうございます。
皆さまに支えられ、皆さまと共に歩んでいけることに感謝しながら、筆を置きたいと思います。
           南無・合掌   染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫