cfb58db0.jpg(こころざし)合えば胡越(こえつ)も昆弟(こんてい)たり

「漢書」鄒陽伝からきている故事で、「志が合えば、北方の胡の者と南方の越の者とでも、兄弟同様になれる」意味だそうで、もっと解りやすく言えば、「志が一致すれば、他人どうしでも兄弟のように親しくなれる。」そうです。

また、利休百首には、「(こころざし)深き人にはいくたびも あわれみ深く奥ぞ教ふる
・・・とありますが、そうやって、この「志」の字を見れば、なんとなく輝いてみえませんか?

な〜んて、冗談はさておき、お正月高一の娘が「書き初め」とか言って輝かしい言葉を書いていたので、「お父さんにも、ちょっと一枚書かせて!!」ってお願いし、ふと思い浮んだ文字が この「志」でした・・・。

「仕事を含めた日常生活は、全て「志」一つで決まるといっても過言ではない。」と思います。
私も「高い志」のもと、夢と希望に向って邁進したいと思います。
いつもありがとうございます。
                                   茨木國夫


追伸:
富士山に登る第一歩
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う
目標がその日その日の運命を支配する



家内の実家の故・平川カズエおばーちゃんから、私の「きもの宣言」の時に、「白いだるま」に書いて頂いたメッセージです。
ご存知、静香詩「第一歩」の詩を引用してのことでしょうが、ほんと名文で何百回諳んじても心に響きます・・・。



二伸:
来週は、阿蘇山でも登ろうかなっ。(^o^)/