91206390.jpgやっと春の陽気が・・・。
嬉しくなりますねっ(^o^)/
さて、禁酒6日続きましたが、今日は解禁日!!
嬉しいです。

・・・というのも、お客様のご縁で保険を見直し、新しく生命保険に加入するようにして、その診察日が今日だったからです。
せっかくのご縁だったので、いちおう大丈夫だけど、万全を期する思いで禁酒しました。
(洛風林の樋口さんが3日いらっしゃっても、京都にいっても飲まないなんて、凄い!! 自画自賛です。)

私なりに、かれこれ10年ほど前にご縁を頂いた方は、ソニー生命やスカンジナビア生命?などなど良いのをお勧め頂いていたみたいですが、それを見直してみると、なんと終身ではなく、80歳までしか保険が利かないではありませんか・・・。
もちろん私だけでなく、家内も終身にはなっていません。エッ。。。

保険貧乏という言葉もあるように、月に8万円も保険にかけても、いざとなったら・・・、3日入院からしか保険がおりないとか、実際どんな保険内容かも解らなく完全お任せ状態だったので、改めて内容を知り、まさにトホホ状態ですが「今解って良かった〜。」と心から思います。


臨終予定が92歳ですので、終身は「ドル建終身保険」の貯蓄型をメインに年払い、掛捨ては家内子供2人も含めて約2万円という簡潔明瞭な保険へと以降いたしました。(^o^)/

保険内容を変えただけで、あってはならぬが死亡保険も800万から2600万へとアップで、家内もにっこり?ってことはありませんよね。
でも「転ばぬ先の杖」というように、なんでも用心に越した事はありません。
やはり、「人生は誰と出会い…それを生かすかで一生が決まる。」と言われるように、和の國にお店を出してから、本当の意味でのいいご縁を頂いています。

人・物・・・全てにおいて、慧眼(ケイガン)って大切ですよね。

余談ですが、その方は、お客様のご主人様で元郵便局保険課の職員さんで、昨年民営化関連で退職なさり、独立された方です。
「今働ける時に貯蓄をきっちりして運用していれば、そんなにたくさん掛捨てに入らなくても、万が一、病気をしても貯蓄があれば安心!」とおっしゃる言葉に、やけに納得しました。

流石、元郵便局職員さんで、ある面では現実・堅実派です。
そんなこんなで、解禁日となりました。
長々とお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
         多謝・合掌   染織工芸サロン 和の國    代表 茨木國夫

追伸:この機会に、「生命保険?まずはどんな保険に入っているのか?」一度調べてみるのも良いかもしれません・・・。(^o^)/