e15a7891.JPG今日は久々おひさまを拝むことができましたぁ。
有難いですよねっ。
有難いと言えば、スタッフから頂いたアンケート用紙もとても有難く、じーんです。
ご一緒にお付き合い頂ければ嬉しく存じます。


〜ご主人の「きもの宣言15周年」に寄せて〜
                            和の國スタッフ 鋤先美紀子

ご主人、「きもの宣言」15周年、おめでとうございます。また、その道を共に歩まれた奥様を始め、ご家族の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。

今日は和の國の一ファンとして、書かせていただきます。

ご主人は「和服の継承」の理念で、「きもの宣言」という独自のスタイルを確立されたように、何事にも強い信念で臨まれ、ご自身が納得した事は、一途にこだわり、信頼し続ける・・・、という、徹底した姿勢をお持ちで、誰もが頑張って後をついていきたい、と思う、とても素晴らしい社長です。このお店にご縁をいただき、本当に有難いことだと思います。いつもありがとうございます。

ご主人からは、日々のお仕事を通じ、様々なことを教わるのですが、以前教えていただいた「本物は続く。・・・続ければ本物になる。」というお言葉が強く印象に残っております。

それはきっとご自身のことだけでなく、しっかりとした物創りをされる作り手の方、それを支える一流の問屋さんを想ってのお言葉でもあるのでしょうが、「きもの宣言」というと、すぐにこの言葉が浮かんできます。

和の國は、ご主人の「一生涯、着物だけを着続ける。」という一貫した態度と、長年のご経験により、お客様から絶大な信頼を寄せていただいていて、ご主人の存在自体が、ものすごいセールスポイントとなっています。15年という長い年月をお着物で極められた・・・、本当に意義のある、凄い宣言だと思います。

またご主人は、いつもお客様やお店のこと、「和服の継承」を考えておられ、その発想や行動力には驚かされてしまいます。「人間の知恵は無限だから。楽しんでやりなっせ。」と、何に対しても楽し気に取り組まれ、私達はプラスのエネルギーをたくさん分けて頂きました。

日々の教えの中で、時には「人としてどうあるべきか」・・・ということにも触れられ、人としての道や、自分磨きについて話されるのですが、そういうお話は、仕事を離れた時間にもふっと思い出されます。本当に色々なことを教えて頂き、改めて感謝申し上げます。

ご主人は新たな誓いとして、「文化教養の向上」を目指される、ということですが、既に広くて深い基盤をお持ちで・・・、今後ますますのご発展を、心よりお祈り申し上げます。
(和の國スタッフ 鋤先美紀子)