0e3c12d4.jpg本日より27日まで代表夫妻が出張のため、今日のブログを担当させていただきます。

今日はクリスマスイブのイブですね。
私は夕方から熊本県立劇場へ向かい、「佐久間伸一先生のバスリサイタル」 〜オペラ人生35周年記念・日本とイタリアの心を歌う〜 に行かせていただきました。

クラッシック(?)の歌のコンサートを聴くのは初めてで、少しドキドキしながら会場入りしました。

18時〜の佐久間先生リサイタルの前に30分ほど、「(リナ・ヴァスタ先生)熊本・公開レッスン終了演奏会」が催され、先日の和の國パーティで歌を披露していただいた、高森郁子さまも出演されました。

また、18時開演までの時間に、佐久間先生ご友人の裏千家の先生が中心となって、お抹茶をふるまわれ、皆様ゆったりと開演を待たれていました。

リサイタル第一部はイタリアの歌曲と古典の曲、日本の歌曲を歌われ、第二部はオペラのアリアとデュエットを。
客演のリナ・ヴァスタ先生も登場されました。

演目が進むにつれてリサイタルが盛り上がり、お客様の拍手もどんどん大きくなって、客席とステージが一体となって湧き上がりました。やはり、生で歌や演奏を聴くって、いいものですよね。
久し振りの快感で、余韻にひたっておりました。

実は佐久間伸一先生には、来年2月19日「和の國5周年 ニューイヤーコンサート」(熊本県立劇場)にもご出演いただける予定です。
是非、みなさまのご予定にも、入れていただければ幸いです。

染織工芸サロン 和の國 スタッフ 鋤先美紀子