5b7aaa80.jpgこんにちは。
和の國スタッフの吉田です。

月曜日12日には、KKRホテル熊本で、熊本白謡会結成記念の謡と仕舞の会が催されたのですが、代表、奥様、そしてスタッフの綾子さんと一緒に、なんと! 私も、謡と仕舞を披露(というほどではないのですが…)させていただきました。

しかも、仕舞は「猩々(しょうじょう)」というとてもお目出度い舞だということで、トリを務めることになっていまして…。

正直、練習も十分でなくお稽古始めの気軽な気分でいたのですが、横浜や長崎の白謡会のメンバーの方の貫録ある仕舞・謡の中、冷や汗をかきながら発表させていただきました。

出来不出来はおいておいて、とりあえず終わってほっとしたのが一番の感想で、
そして、平戸先生をはじめ、お能をなさる皆さんの声や目線、動きの優雅でかつ無駄のなさにとても感銘を受けました。

そんなこんなで、大きな行事が終わってほっとしたのもの束の間、
本日は、県立劇場に、2月19日のコンサートの打ち合わせに行ってきました。

照明や、音響設備、舞台レイアウト、進行台本などなどそれぞれの担当の方とお話しながら、安心したり、不安になったり…。
大きなイベントなので、ひとつひとつ本番に向けて準備を進めていかねば、と
また、気持ちも新たになりました。

…と、なにやら
イベント報告になってしまいましたが
今年も和の國は、楽しい催し&ニュースが盛りだくさんでございます。

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
コンサートもお待ちしてます(チケット好評発売中です!)

和の國 吉田稀世