4c266996.jpgこんにちは
月曜日のブログ担当 吉田です。

今日は、来月2月19日に開催されるニューイヤーコンサートにご出演いただく高森郁子さんのことを少し…。

高森郁子さんは、代表と同郷の菊池市のご出身のソプラノ歌手で、
これまでも、数々のオペラの舞台、ソロコンサートでご活躍の方でいらっしゃいます。

略歴を紹介させていただきますと…、国立音楽大学声楽科卒業、熊本県新人演奏会に出演。ミュージカル「がた切りの歌」"お小夜"役でデビュー。熊本シティ・オペラ協会主催オペラ「椿姫」、「道化師」、「カルメン」、「蝶々夫人」、「トロヴァトーレ」、「マクベス」、「ドン・カルロ」などで主役ソプラノとして好演。
その他「日・韓親善オペラコンサート」、沖縄オペラ協会「マクベス」"マクベス夫人"役で出演…。など県内外で活躍されています。

さらに『ヴェルディ・オペラを得意とする貴重なソプラノ』と評されている、まさに『歌姫』で、現在は、東京二期会準会員、尚絅短期大学講師、熊本シティ・オペラ協会会員として、後進の指導などにもあたられています。

昨年11月、代表の「きもの宣言15周年記念パーティ」にご参加いただいた皆さまは、そのときの美しい歌声を覚えていらっしゃると思いますが、
歌声はもちろん、その容姿も輝くようで…でも、普段はとても明るく気さくで姉御肌(?)!

今回、はじめてのコンサート企画であたふたしている私にも、
細かに気配りしていただき、いろんなアドバイスを下さいました。

2月のコンサートでは2部で「蝶々夫人」のアリアナンバーをご披露いただける予定です。
広ーいコンサート会場ですが、きっと高森郁子さんの輝くような歌声&オーラをからだ全体で感じることができると思います。

ぜひぜひ、お越しくださいませ。
お待ちしております!

和の國 吉田稀世