和の國ブログをご覧の皆さま、おはようございます。
東京に来て、嬉しすぎる出来事です。 トホホ

「和服のすすめ」という…日本人の心に響き夢と希望を与える単行本の出版記念パーティを赤坂のニューオータニで7月7日(火)に予定し、それに向けて動いていますが、第一段階でこけました。

「商業出版で行くか?、自費出版で行くか?」
大まかな内容を話していたら、
「あなたの志が高いことは解りますが、」
…から立場が逆転し・・・。

そして、
「ただ、出版は不況業種に指定され、ハードルが高くなっているのが実状です。
出版が成り立つだけの読者層を獲得しなければ、双方ともに不幸になりますので、ご理解ください。
和服の啓蒙・普及を実現しようとしても、読者は少ないと見ています。」

…との御意見!!
つまり、「このタイトルでは売れない。」
…ということです。
「150年前、文明を唱えた福沢諭吉の生まれ変わり???」が、「今度は150年を時を超え文化を提唱する!!」って思っていたことが、雪崩の如く崩れさりました。


「あ〜、お〜、神様〜。私の夢や希望は???」





うっ・・・。


が・ががが・が〜〜ん♪




目の前が、真っ暗になりました。










言われて見れば、

な・る・ほ・ど、・・・です。


でもでも、

信条は「いつも明るく前向きに!!」です。


「和服の継承」と「文化の街熊本〜日本」を提唱しているゲンキ國さんが、そんなこと

でくじけるわけにはいきません。


私には、和服を着ていた血(DNA)が、トレビの泉のように湧き出でています。







さあ、

そこからが、

元気國さんの本領発揮です。!(^^)!










そこで、タイトルを変え、

もっと光の当て方を変えに、

「売れる本」創りに挑むことにしました。

ハチパチ。。!(^^)!





タイトルは、

☆「なぜ今、熊本の呉服店がドバイなのか?」

☆「ラストサムライが挑む…世紀末の大挑戦!」

☆「一日1分! 和を身につければ、全てが上手くいく本」



☆「有言実行、夢をかなえる魔法の衣服」

☆「ドバイに金閣寺?超発想におけるジャパンブランド」

☆「和服(アナログ)人間が飛行機に乗った…本当の理由?」



☆「あり地獄からドバイへ、日本文化を救う九州男児」

☆「ドバイに挑む…大和魂を持つ唯一の男」

☆「磁場が動くと、世界がこう変わる」



☆「1000年の文化を継承する…和服人間」

☆「未曾有の不況を楽しむ…クラッシックパンツ」

☆「日本人が求めていた…本物の日本人」



☆「使命感を持ち、ラクに楽しく成功する本」

☆「異端と先導、諭吉を超えるきもの人間」

☆「100年に一度のアクションの仕方」



☆「冬眠からさめた和服人の8000劼量粥

☆「人は人によって輝く。」

☆「世界平和・100年後・日本人 3つのキーワードの中心軸とは?」          


☆「単機ドバイへ挑む…日の丸特攻隊」

☆「聖徳太子〜福沢諭吉、そして今こそ茨木國夫」(スミマセン)       

☆「貴方がいたから今がある。本当にありがとう」


☆「1人は寂しい、だから共に生きよう」
(これ持論かな?? チョッと横道にそれましたねっ。)

☆「           」

…って感じです。

さあ、こんな感じで頑張ります。




私は本気です。

「和文化(和服)と共に日本を発展させ、そして世界を蘇生しよう。」

…という一大プロジェクトです。



あなた様は、どのタイトルが読みたいと思いましたか?

ぜひ、教えて下さい。

またいいアイデアあったらぜひぜひお願いします。

みんなで、國さんを育てあげていただけませんか。

これ、私が言うことかなっ???



茨木國夫 拝



追伸:コンサートは明日19日です。
「どうしよう」っておもってらっしゃる方は、ぜひ「行こう。」って決めて下さいねっ。!(^^)!