633c8436.jpgほんとおかげ様です。
本当におかげ様です。
満席にはならなかったけど、600名近くの皆さまに楽しんでいただきました。
本当に有難いことばかりです。

皆さまのご協力…本当にありがとうございます。
画像は、裏方のワンショットで、家内・吉田空軍司令長官・笛田さん・I.My.Me.Mainです。
皆さまのおかげで、素晴らしいコンサートが出来ました。
ありがとうございます。
その内容は、スタッフのミッキーさんこと鋤先美紀子さんが明日書いていただけそうです。

下記は、主催者(和の國・茨木國夫)挨拶の原案です。
こんな感じでお話させて頂きました。
お時間のある方はお付き合い頂けませんか?


1)御来場の感謝
雨ニモめげずおこし頂いて感謝
熊本が好き
音楽が好き   
文化が好き
歌い手の方が好き
和の國プロデユースだから…  第一級の方々にお集まり頂き感謝

2)なぜ、このコンサートにいたったか? その経緯の説明
 私自身の約20年前の【きもの宣言】(洋服をすべて処分して背水の陣から歩みだした人生)
 茶道〜能楽…骨董・古美術〜日本画を含めた日本美術・李朝〜アールデコなど好きになる。西洋画まで大好きで、美術館めぐりというか美術鑑賞が一番の趣味となった。
西洋音楽〜クラッシック〜オペラにたどり着く。コンサートを見て感動
創業5周年事業で何か? 檀ふみさん講演会ならいいかな〜
高森郁子さんのご縁
 
3)「よく、オペラは解らない?」
 私のシロート目線で、
  1部:日本の歌曲(早春賦・花)など 小学時代
  2部「ある晴れた日に」・「アベマリヤ」など
   (私は能楽をたしなんでいるので)
 ジャパニーズオペラ(能)と本場のオペラの違い
 能楽は動の中に、静がある。
 例:謡い方「庭の砂金は・・・」
 面をつけていて、世阿弥の神秘的な「動かずとも動く。」・「秘すれば花なり」世界。
 一方、オペラは、体全体で表現する世界。その違いはあれ、双方とも、世界最高の芸術品である。

4)チラシなどご覧いただいたら、テーマが「和」というのはご存知かと思いますが、5つの和が今回のテーマです。
  1)和の國5周年の「わ」
  2)熊本ハンガリー協会発足記念の「和」
  3)熊本の音楽界の「和」 
    佐久間先生特別出演  笛田さん…イタリアから
  4)美しいものに共感できる「和」  美しいものは真に美しい!
  5)熊本の「和」…という大きな和になってほしい。
それが、文化の街熊本〜そして日本の一助になればありがたい。
和の國とご縁を頂いた皆様が、すべて「人生って、ほんと楽しいよねっ。」
…て言っていただけるように。


5)今ドバイでビジネスを展開3回行って来週、
「日本の和服業界を救うためにどうかしなきゃ。」使命感を持って行っている。

6)ドバイに行ったら、東京に拠点を!と思い、ビジネス展開「和服のすすめ」…売れない本もタイトルを変えて、出版???テーマは、「○○○あなたへ」かも・・・。

7)でも一番大事は、地元熊本です。水はお美味しい、緑はきれい、今日お集まり…良かおなごばかりです。言葉が、肥後弁で通じることも何と幸せか。本当にそう思う。

8)熊本もだけども、地元菊池に何か還元できないか?チャリティーコンサート 竜門ダムに木を植えよう。皆さまおひとりから頂いた3000円の中から 木を植える・・・山も喜ぶ 海が喜ぶ みんなが喜ぶ  本当にありがたいこと。

9)拍手は2倍!! ブラボーも20回 参加型です。 主客一体!
チョッと練習してみる。「小さな手」オープニングの前に歌う。


…という感じで、舞台にあげていただきました。
元を忘れず、元気で頑張ります。!(^^)!
茨木國夫 拝