e3bf0f79.jpgこのところまた寒さが戻ったようですが、皆さま、この週末もアクティブにお出かけされているのでしょうか?
今週は、阪神デパートさんで春の合同茶会が催されていまして、私は金曜におうかがいしたのですが、その前日に和の國5周年コンサートにお出でいただいたお客様が、お茶を出されていました。皆さま、本当に日々、充実されていらっしゃいます。

そのお茶会では、さっそくコンサートの話題となり、「コンサート、本当に素晴らしかったわねー。」 「あれだけのコンサートを成功させて、準備から何から本当に大変でしたね。お疲れ様でした。」「すごいメンバー(出演された方々)をあれだけ集められるなんて、和の國さん、さすがね。」・・と次々にお言葉をいただきました。ありがとうございます。
今日は引き続き、19日のコンサートの模様を、お客さまの声を交えてご報告させていただきたいと思います。

当日は、17時30分位からお客様がお出でになり、ホールの入口から劇場の裏側まで、ずーっと開場を待つお客様の列が続いていまして、オープン前から、何やら熱気ムンムンでした。
代表の開会の挨拶では、和の國をご存知でないお客様も、「フムフム」とか「へえ〜」とうなずかれ、時折笑い声も起こりつつ、和の國の歩みや代表の思いを、じっくりと聞いて下さいました。

第1部はall女性のメンバーで、日本の歌を歌っていただいたのですが、歌い手の方は次々に、訪問着やお振袖で登場され、客席からワーっと声が上がりました。最後は全員が一緒に歌われて、一段と華やぎました。
第2部では男性が加わり、世界の歌曲を。女性は衣装が変わり、ドレスの方も、別のお振袖に着替えた方も・・。1部とは別世界といった華やかさや、和と洋が融合されたクラシカルな雰囲気も漂うステージでした。


当日お越しいただいた皆様からのお声は・・・

●最初からあんなに和やかで、本当にアットホームなコンサートで、楽しかったです。ありがとうございました。
●第1部が終わっても、第2部が終わっても、席を立ちたくなかったです。
●笛田さんの歌声には、全身に鳥肌が立ちました。
●オペラをなさる方々は、マイク無しで、あれだけの歌声が出るんですね。すごいですねー。
●コンサートの余韻が強く残っていて、そのまま家に帰りたくなくて、食事をしてから帰りました。
●観客の方も、和の國さんのファミリーみたいで、楽しそうで、温かな雰囲気で良かったですよ。
●和の國さんのロゴの垂れ幕(社旗)や、お振袖が飾ってあって、いつものお店がそのまま舞台に移ったみたいで楽しかったです。あのピンクの振袖は、志村ふくみさんの物だったんですね。
bbc391cd.jpg
●これだけのコンサートは、たとえ1万円払っても観られないと思いますよ。
●今日は1曲終わるごとに、拍手に力が入り、終わってみると、手がものすごく痛かったです。一緒になって興奮してました。
●こういうコンサートは初めてだったんですけど、思わず「ブラボー」と声が出ていました(女性)。
●大変感動的なコンサート、ありがとうございました。出演者の皆様だけでなく、スタッフの皆様も大変だった事と思いますが、成功して良かったですね。
●とても優しい、しっとりとした演奏会で、心が豊かになりました。
●歌い手の方の声量と、小さな体から出るパワーに圧倒されました。
●それぞれの歌手の方の世界に、引き込まれました。
●司会の方が、曲の解説をして下さったので、その情景も想像しながら聴くことができました。
●普段、私には縁の無いような物を聴きましたが、素敵な時間となりました。
●みなさんの歌声に、本当に感動しました。
●「落葉松」(作詞:野上彰・作曲:小林秀雄)は、北原白秋しか知らなかったんですが、今日は勉強させてもらいました。
●ピアノの方も、ベテランですよね。本当に素晴らしい演奏でした。
●着物を使ったパフォーマンスが、実に見事でした。
●お振袖や訪問着で出て来られた時に、後ろ姿も観たかったです。次回はそういう演出もお願いします。

他にも、
●冒頭の挨拶で、何故こういうコンサートを開かれたのかが、よくわかりました。茨木さんのお人柄が表れていて、その思いがきちんと伝わってきて、良かったです。堂々として、素晴らしかったです。
●少しだけ披露されたお謡も素晴らしかったですね。もっと聴きたかったです。
●代表の方の挨拶が心に沁みました。心温まる素晴らしいコンサートでした。
●茨木さんのお謡も素晴らしかったですね。来年は、ぜひ演目に入れて下さい。第2部の頭とかに、謡われたらどうでしょう?
●コンサートが始まる前に、茨木さんの音頭で「ブラボー」とか拍手の練習があって、すごく意外でしたが、とても楽しかったです。

とのお声をいただきました。開会の挨拶も、強く印象に残られたようで・・何よりでございます。


また、ご出演された歌手の方、ピアニストの方々からも、

◆「こういう交流は、なかなか機会がない事ですが、ご一緒できて本当に良かったです。私達も心から楽しみました。」
◆「今日はお客さまにも後押しされて、気持ち良く歌いました。」
◆「観客の皆様の拍手がとても大きかったので、歌いやすかったのもあり、熱が入りました。」

と口ぐちに言っていただきました。本当にありがとうございます。

コンサートが盛会となりましたのも、このようなお声を続々と頂けましたのも、ひとえに、ご出演いただいた皆様、会場にお運びいただいたお客様、劇場でサポートして下さったボランティアの方、県劇スタッフの方・・と、実に大勢の方々のご協力と情熱が集結したおかげと存じます・・。
皆様、本当にありがとうございました。

染織工芸サロン 和の國 鋤先美紀子