808b6779.jpg今日は和の國の新しいスタッフ、ボーガンス光子さんをご紹介させて頂きます。
光子さんは幼少の頃より英語に親しみ、その発音も流暢で、美しい言葉のボキャブラリーも豊富な・・・まさにネイティブ!という実力をお持ちです。

昨年までアメリカで生活され、現在は熊本で、ご家族4人でお住まいです。
アメリカ人のご主人も、お優しくて、気さくなお人柄で、お一人の時でも「ハーイ」と気軽に和の國へおいでになります。ちなみに子育てについては、ご主人様の方が厳しいそうですよ。

光子さんは、まだ小さなお子様(3歳と授乳中)の子育て真っ最中ですが、和の國で語学力を生かしたお仕事をしていただいています。
デザイン分野にも関心を寄せられ、また、和文化への美意識も相当高い、才色兼備でいらっしゃるので、これから色々な分野でご活躍されることを願っております。

先日の染織工芸作家展でも、「手仕事で、この模様が表現できるなんて、本当にすごいですね。職人技ですよね。」 「着物が、これほど代々受け継いで行かれるもの、ということを知りませんでした。やはりいい物を伝えていきたいですね。」 「帯のもって行き方で、印象がこんなに変わるとは! お着物のコーディネートは、興味深いですね。」などと感想を述べられて、じっくりと作品をご覧になっていました。

和の國ホームページの「スタッフ」ページへも、追ってご紹介させて頂きたいと思います。
しばしお待ちくださいませ・・・。
今日もありがとうございました。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子