今日はフライトの合間に、たかこ様にお立ち寄り頂きました。
「以前、夜遅くにお店の前を通った時に、絞りのお着物がディスプレイされていて、素敵だったんですよねー。 今日はこの緑鮮やかな浴衣(藤井絞さん)にみとられて・・、思わず入ってしまいました。
新緑のモミジが美しくて、奥入瀬の渓流を思い出します。」

自然に代表とお話が弾み、「こちらのお店はまだ東京には店舗はないんですか? このセンス、抜群ですよ。私はパリに1年住んでいたんですが、このお店はパリの雰囲気にも合うんじゃないかしら。 ご主人もお着物で・・。やはり男の方の和服姿は素晴らしいですよね。オペラの観劇でも、男性がお着物を着ていらっしゃると、本当に素敵で・・。」と。

代表が、たかこ様に合わせたコーディネイトを提案されると、
「私が考えていたお着物とは全く違います。この艶と美しさ・・それに軽くて、着心地も良く・・・、こんなお着物は初めてです。
こちらのお店の調度品から何から、もう私は絶大な信頼を捧げます。まだお店に入って少ししか時間が経っていませんけれど。」

と、大変お気に召していただきました。
「今日はウインドショピングだったんですが、まさか、こんなことになるなんて・・・。でも、今日は元気もいただいて、また、こちらの接客はとても勉強になりました。ありがとうございます。」

笑顔もとても素敵なたかこ様。今日は偶然に、とおっしゃっていましたが、このようなご縁を頂きまして、本当に感謝の思いで一杯です。こちらこそありがとうございます。
私たちにとって、まさに、天使のエンジェルです。
また熊本へ立ち寄られる際に、お会いできますことを、皆で楽しみにしております。

和の國 スタッフ 鋤先美紀子