148aab5f.jpgこんばんは。
和の國スタッフ 渡邊綾子です。

本日は、京都では葵祭りが催されたそうですね。
今年の斎王代は、裏千家室家元の御子女だったようで。
毎年日本文化に係りのある才女を選ぶことの出来る京都は、流石だなぁと思います。

熊本も京都に負けていられませんね。
来月6月6日(土)に熊本県立劇場で、喜多流のお能がございます。

お能は、人々の心を捉え続けている悲話の「隅田川」。
狂言は、二人の違う宗派の僧侶が教義問答をする、風刺ともいえる「宗論」と、
お能や狂言は初めてという方でも楽しめる内容が揃っております。
お能と狂言の構成の違いも判りやすいのではないでしょうか。

和の國でも、代表のご家族を筆頭にスタッフもお能を学ばせて頂いております。
今月より、お能のいろはを学ぶ講座も始まりますので、ご興味のある方は
ぜひご参加下さいませ♪
(こちらの講座に関しましては、また改めてご紹介させて頂きます。)

古来よりの日本芸能を学ぶことで、また立ち振る舞いやお着物に関する学びも多く身に付くことと思います(^^)

本日も有難うございます。
  染織工芸サロン 和の國 スタッフ 渡辺綾子