4488338d.jpgこんにちは、元気?國さんです。
まずは、画像ご覧ください。
熊大付属中学のOBの、父兄による作品展が、「大宝堂」で行われています。
セザンヌ真っ青の絵画や、弥勒菩薩を彷彿させるデッサン画など会場いっぱいに美しい花が咲いていました。
中には、フェルメールを超えそう?な作品もありましたよぉ〜。(28日、日曜日までです)


さて、本も書きあげたのに、満足感や達成感がなく「何かイライラすするな〜」「何だろう?」
と、ここ数日思っていたら、やっと原因が解りました。

最初は・・・、
疲れが取れないのかな?
いろんな事に、感謝が足りないのかな?
…とも思っていましたが、どうやら他に原因がありそうでした。


それは、明日、英語の発表会があるので、それをまだ覚えていないので、迫りくるプレッシャーと戦っている自分がいました。
逃げたいけど・・・。

英語を暗記する脳が、今開発中なので、人の何倍いや何十倍頑張らなければ頭に入ってきません。
いろんなアイデアは、結構浮かぶ方ですが、やはり苦手なものは苦手です。
でも、出来なくても継続しています。

学び始めて一年、仕事で休んだりもしますが、英語のみにかかわらず、世界史など多岐にわたり学べるし、講師の先生の熱意も伝わってくるので頑張っています。
途中で止めなかったら、英語が話せるようになる可能性は大です。
ハイ、継続は「宝」です。「初志貫徹」です。



ところで、今日は訃報を受け、お葬式に行ってきました。
ご主人さんはまだ50代後半、今からという年代ですが、考えされられました。

私ごとですが、執筆をしている時は、目も疲れたり、肩も極度に凝ったりして、なかなか思うようにはかどらず、肉体的にも精神的にも疲れがたまるので、「一つのことを成し得るためには、何か失ってもいい」「本が出来上がるのだったら、目が見えなくなってもかまわない」
という心境にまで陥りました。


しかし、時が過ぎると、より健康の大切さを感じるようになり、
・リズムをもとに戻そう。
・歩こう。
・初心に帰りいろんな物を、一日5分続けよう。(ストレッチ・逆立ち他)

そして、やや高血圧なので、「麺類のスープを最後まで飲まないようにしよう」「スナック菓子を控えよう」などと思っていた矢先の訃報だったので、より響くものがありました。

人生いつかは寿命がきますが、順番も大事です。
残されたご家族のことを思うと胸が痛み、涙があふれてきました。


もし、私が亡くなったらどうでしょう…。
私は終わりですが、家内・子ども・スタッフなどなど、残された人は大変です。荒波が待っています。
お客様にもご迷惑をかけることになるかもしれません。

やはり、健康なくしては何事も成就しません。
基本に帰り、より健康に注意し、感謝を忘れず、生きていかなければと心新たにした次第でした。
明日の英語の発表会も、頑張ります。
明日はその他にも会合が2つ、そして日曜日はお茶の用件が2つあります。

仕事もいっぱいあります。
また、忙しくなりそうです。

どうか、和の國ブログをご覧の皆様も健康にはくれぐれも留意し、どうか日々美しくお過ごしくださいませ。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。

                 染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫