c4218cd3.jpgおはようございます。
今年の総体は「2009近畿まほろば総体」ということで、昨日は奈良に行き、奈良の宿は満室の為、一度大阪に戻り、心斎橋のホテルで書き込みしています。

おかげさまで、学園大付属高等学校3年の長女(茨木彩月)が、奈良で行われているインターハイで、準決勝入りを果たしました。
4回矢を射て、3本以上が、準決勝へと進むのですが、運良く見事4回射て4本的中でした。
(男子は、熊本県代表として同学園大付属が出場しましたが、一歩及ばず惜敗でした。ウッ)

まさに一発勝負、奈良まで来て、5分間ですべてが決まります。
私たちも、口から心臓がでそうになるほど、バクバクと血流が波打っていたのですが、親のドキドキをよそに、まず第一段階通過してくれました。
娘は射に入る前から凄く気合が入って集中していたので、「行けるかも」と思っていましたが、本当に有難いことです。

正直、昨日で負けたときは、淀屋橋の「東洋陶磁美術館」に行く予定でしたが、もう一回、奈良の橿原(かしはら)に行けるので有難いことです。
今日は大阪の藤井寺に住む姉(内本由美)と合流し、姉も応援に駆けつけてもらう予定で、また朝から数件、「熊本日日新聞に載っていたね〜。」「がんばられて!」の応援電話やメールを頂いたりもしています。

正直、期待は高まりますが、今日も応援に行けることだけでも、有難いことです。



9b4609b3.jpgそうそう、有難いことと言えば、やけどの右手、治りました。
「復活宣言」です。
あれから、もっとひどくなるかと思ったら、予想をはるかに超えて一日で火傷した皮膚と下の皮膚がくっつきました。
自分でも、自然治癒力に驚かされていますが、家内も「凄いけど、何で〜。お父さんの体は違うんじゃ?」と目を丸くしています。

小生は、本当はジンジンとして凄く痛かったけど、「良かった良かった、ヤケドももう治った。」と暗示をかけただけです。
治ってなくても、水ぶくれが膨らんできそうでも、そう念じたら治りましたぁ〜。
いずれにせよ、160億の細胞に感謝しながら、どんなことがあっても良い方に考え、日々過ごせば、良いことがいっぱいまっているのかもしれません。


今日はこの指で、念じてみます。
それでは、今日も応援に行ってきます。
そして、大阪発〜熊本・最終便で、元気に帰ってきます。
                               茨木くにお