みなさまこんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

今日は朝より、2回目となる絵はがき教室に行って参りました。
ブログをご覧の方はご存知かと思いますが、代表も通っておりました後藤久美子先生のはがき絵教室です。

見るのとするのとでは大違いでございますね・・・。
先生の描かれる様や、代表が以前に描いておりましたものを見ますと、まぁ自分の絵の拙いこと!!
なかなか思うように描けず、筆をぐりぐりしておりました・・・。

1a4b559b.jpgお昼にお店に入りましたら、とっても素敵なお召し物で東家真理子先生がご来店でした♪
和の國のお客様取材帳に掲載して頂くためのインタビューと撮影でいらっしゃって下さり、今回のお着物は結城紬です。品の良い何とも言えない美しい地色に和の國オリジナルな織りの結城紬。初めてこちらのお着物をご覧になった時には運命を感じられたようです。

真理子先生の本日のコーディネイトは、秋らしく。帯〆に合わせたオシャレなお襦袢でございました。見えないところまでのおしゃれって素敵ですよね。
取材帳の完成を楽しみにしていて下さいませ(^^)
是非皆様も、和の國にいらっしゃった際に、真理子先生のお写真やコメントなどご覧になられて下さいね。

先日、私も地入れをした後の結城紬を触らせて頂いたのですが、鳥肌が立つような感動と、いつまでも触れていたい幸せな気持ちに包まれておりました。
さすが、最高峰のお着物の結城紬です。

結城紬もはがき絵も、実際に自信で着たり描いたりなどやってみないと解らないものです。何事も実践と経験だ・・・と改めて思った一日でございました。

本日も有難うございます。
 染織工芸サロン 和の國 スタッフ:渡邊綾子