084fc595.jpg先日の和の國大学院では、京都より株式会社 京正 那須修氏を講師にお招きし、「吉祥文様と染色技法」という講義をしていただきました。

今回は京友禅の16工程の詳細と、デザインについてのお話、京友禅がどのようなところに重きを置きこだわりを持って制作されているか・・・等、貴重な資料などを拝見させて頂きながらお話を聴くことができました。

講座にご参加の皆様のお声を紹介します。おつきあい頂ければ幸いです。



●400年の歴史に裏打ちされた技術が凝縮された京友禅にタメ息の連続でした。
友禅見本は、それぞれが絵画としての価値があるように思われます。貴重な資料を拝見させて頂きありがとうございました。 〜ゆうこさま〜


●古い図案見本、工程の分かりやすい説明、皆さまの着物姿。 実際に色々とみせて頂いて、着物について何も知らない私ですが。質感、色の多さが素敵でした。ありがとうございました。 〜きょうこさま〜


●普段知らない着物の世界のお話を聞くことが出来ました。また、色々な絵柄を見せて頂きましてとても美しかったです。 〜ゆうこさま〜


●本日はテーブルを囲んでの講座だったので、受講者と那須様との輪(和)が出来た感じを受けました。商品を間近に見せて頂きながらの説明でしたので、実感がわきました。
昔の布見本も近くで見ることが出来、色彩の微妙さや手仕事の細かさに感動いたしました。
貴重な時間をありがとうざいました。 〜かずこさま〜


●いままで京友禅という物にある興味がなく、私には縁のない着物という考えがありましたが、着物の美しさに京都の伝統というものを再認識致しました。
染の見本。貴重なものを見せていただき、ありがとうございました。
本物の持つ美しさを、今後もご教示下さい。  〜みぎわさま〜


●絶対の自信、仕事に対する誇りをすごく感じて感動しました。ゾクゾクするような、日本文化のすごみを思いました。日本人に生まれて「きもの」という文化に触れることが出来て、すごく嬉しくなる様な聞き応えのある講座でした。 貴重な資料実際の品物を見せて頂いたりしてありがとうございます。こだわりの品物に対して、不躾ながらお安くてびっくりします。 
「きもの」に親しみ、日本文化に誇りを持つことのできる素晴らしい講座です。これからも是非続けていって欲しいです。 〜まりこさま〜


●染めの工程をくわしく教えていただいて、ありがとうございました。
着物のいろいろを拝見するのが、また楽しみになりました。
これからもいろいろな講座をよろしくお願いいたします。 〜としえさま〜



皆様、ありがとうございます。
 和の國 スタッフ 渡邊綾子