0680e4fb.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
窓を開けると、朝のひんやりとした空気に部屋が包まれてきます。
四季それぞれの楽しみがありますが、一番過ごしやすい季節ですよね。

一昨日は、「戦略商品試験販売・モニタリング事業(ドバイ)出品企業事前説明会」(11/3〜14)に参加してきました。
溜池山王のANAコンチネンタルホテルに隣接する「アーク森ビル」のジェトロ東京でありましたが、流石ジェトロです。
受付も、容姿端麗おねーさんが3名座ってらっしゃって、どの方にお尋ねしようか、一瞬たじろってしまいました。。


そのアンテナショップの内容は、
コンセプト: UAEではまだ販売されていない製品に限定
極力デザイン性・独創性に優れた製品
こだわりある実用品
ショップ名: “simply JAPAN”
出品企業: 22社約50品目
出 品 物: UAE ではまだ販売されていない日本製のインテリア雑貨、ハウスウェア、
※販売対象者(ターゲット)はUAEの中・上流階級に広く設定。

ということで、やっぱり「ジャパニーズ・アバヤ」は、申し分ないみたいで、早ドバイの方よりオファーや、TV取材の話もあります。
右脳でひらめき行動を起こし、そして原点に帰ってジェトロさんのアドバイスで動いたことが、功を奏しているみたいです。

最近、特にこんなことを思うようになりました。
「なぜ、洋服を着なければいけないのか?」
「なぜ、和服を着なければいけないのか?」

やっぱり、
日本の象徴は、きものである。」・・・と。

なぜならば、
1.海外から見て一番日本らしいものは、きものであるから。
2.「衣.食.住」に分けて日本を説明するにしても、[衣=きもの]であるから。
3.きものは、日本文化の根幹であるから。

きものを無くし「洋の服」が流行り続けた今…、日本が違う方向に行っているからだと思います。

政権交代し「コンクリートから人へ」向かっていますが、そこからもう一歩進んで、
コンクリートから人、そして日本文化ときもの
と提唱する人がいてもいいのかな?
もしかしたら、「和の國ファミリーの皆さまと共に上記のことをやり遂げる使命があるのかな?」と思ったりもします。

でもでも、「熊本から全世界へ、きものの和を広げる」という壮大なテーマで頑張れば、実現しそうな気がしませんか。
そうすると、みんな夢・希望に輝き、日本は「きもの産業」で活気づき、親先祖を大事にして、共に歩む日本人の心が蘇ってくるようなそんな気がします。

今、国際感覚を身につけるため、自己練磨の為「英語(映画で英語)」や「コミュケーションスキル(ことばの学校)」で学んでいますが、それも「全世界へきものの和を広げる」ことに必要であり、その大きな目標にそって、日々の行動を照らしあわせることが出来ます。

なんか、夢と現実の一歩がかっちりと繋がった・・・昨今です。(^o^)/
私の心は「夢希望ボックス」〜「感謝謙虚ボックス」との行ったり来たりがいちばん良いのかな?とも思ったりしながら日々行動しています。


ハイ! 今日も、感謝を胸に頑張ります。
どうか、ブログをご覧の和の國ファミリーの皆さまにとっても、美しい一日でありますように・・・。
今日一日を大事にして、命の限り…、共に笑顔で頑張りましょう!!  茨木國夫拝


追伸:
昨日お越しいただいた啓子さまに、あのダルマにメッセージを頂戴しましたが、たまたま「全世界へ着物の和を広げましょう。」と黒いマジックで白いダルマに書いてくださいました。
小生の思いとぴったり。。。

今朝のブログ書き込みも、才色兼備な啓子さま弥生さまが背中を押して頂いたような…そんな気がします。
吉報もお待ちしています。

やっぱり、どんなことがあっても、「いつも明るく前向きに!」ですよねっ。 ハイ!(^^)!

昨日にも勝る今朝の朝日を楽しみに、今から散歩(ストレッチ∩神社参拝)に行ってきま~す。