cdf8ae4a.jpg和の國ファミリー皆さま、こんばんは。

今日は午前中、月に一度の「茶の湯文化教室」(於:アークホテル熊本)に出かけてきましたが、今日でそのお教室も最後となりました。
小生の学びは5〜6年程ですが、その会はなんと23年続いたそうで、終止符がうたれると、やけに寂しいものです…。



そんな寂しさを紛らわしてくれたのが、本日頂いたメールや、RKKテレビ午後6時からの「LIVEくまもと」の特集で「熊本の呉服店ドバイへ挑む」の放映です。
報道部の藤田和也様のまとめ方も素晴らしく、そこに江上浩子さまが花を添えて頂きました。
RKKテレビ熊本さんも光を当てて頂き、心より感謝申し上げます。


また康博様、Nさま、美代子さまより頂いたメールは、下記のように記されていました。

●菊池のお店を訪ね「きもの宣言」の本を買って帰りました。
早速読んでみました。
おもしろい!
ローカリゼーションという言葉がありますが、まさにそれを地でゆかれる茨木様。
信念に感動しました。是非ともお会いしたいと思っています。
着物を着ること、私も始めたいと思います。
着物を買うなら、茨木様みたいな魂のこもった筋金入りの着物屋さんからと思っています。
いつか、お店にお邪魔します。
 


●『きもの宣言』も、さっそく拝読させていただきました。
きものが日本人の生活や日本の風土にいかに適した衣類であるかがよく理解でき「和の國」のみなさまの努力や暖かい気質などがこちらにもよく伝わってきました。

私自身は大学3年のときに1年海外留学したことがきっかけで、日本文化が大好きになり以来、武道や華道・茶道をしてまいりました。
ドバイでも茶道(裏千家)の稽古をしており、着物は頻繁に着ております。
着物を着ていると、周囲からの扱いがよくなるというご本のくだり、本当に共感できます。
「和の國」の着物アバヤは必ずヒットすると思います。



●こんばんは。今 NHKに続きRKKでもドバイ進出のニュースを見ました。
くにお先生カッコいい〓くにお先生の想い、同感!着物を盛り上げて行きたいですね〓


本当に皆さまに支えられて、今があります。
康博様とはまだお会いした事がありませんが、干支も同じ丑年の年男、きもの談義に花が咲きそうです。
また、ドバイでのご縁のNさまは、今後の展開の力強いアドバイザーとなっていただけることでしょう。ご縁を育んでいきたいと心から願っています。
菊池からのご縁の美代子さまは、当時小生が着付けの講師をやっていた時からの10年来のお付き合いで、そのお付き合いが今も変わらず、ご愛顧頂いている事に、感謝です。

そういえば、今日お立ち寄り頂いた…國津英愛先生は「何かやるとは思っていたけど・・・、自分のことのように嬉しい!」とのおほめの言葉を頂いたり、小学校時代の恩師の先生や多くの方から「TVみたよ〜、凄いね〜。」とのお電話をも頂いています。

有り難すぎる応援メッセージです。
その皆さまの暖かいお心を胸に…、今日も一日ありがとうございます。
午前中の心の穴をたくさんの皆さまが埋めてくださったような…そんな一日でした。

いつもいつも本当にありがとうございます。
感謝を胸に…お休みなさいませ。
                        茨木國夫 拝