d32c0d11.JPG皆様こんばんは。
和の國スタッフ、渡辺です。

寒さも日に日に厳しくなっており、店頭では結城紬のショールが大人気でございます。毎年、お求め頂いた方々から喜びの声もよく頂きますこの商品。お着物以外にもお洋服にも合うところも重宝でございますよね☆

さて、先週末に開催致しました「幻の結城紬展」。産地の結城から駆け付けて頂きました宮織物様よりお手紙が届きましたのでご紹介させて頂きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
前文略〜 この度の催しにあたりましては様々なお心遣いをいただき、本当に暖かく迎えていただきましてありがとうございました。私はもちろん、妹も大変感激しておりました。

三日間という時間がとても短く感じられ、帰る時には名残惜しいような心持ちでした。帰りの飛行機の中で、三日間を振り返りまして二人とも沢山の思い出が出来ましたことを本当にありがたく感動していました。
妹の作品をお求め頂いた事、大学院の事、素晴らしい御注文をいただいた事、男物の崩しの事、また太平燕や馬刺し、辛子蓮根、熊本ラーメン、更には帰り際に御子息自ら走っていただいていきなり団子を土産に頂いた事全てが本当に良い思い出です。

そして何よりも感動いたしましたのは、皆さまの「おもてなしの心」です。足を運んで下さったお客様に対して最大限の心づくしでお迎えする、そんな様子が妹にも伝わったようで、販売いただく皆様の大変な努力にとてもびっくりしていました。

朝の金峰山や、店頭等で代表の様々なお話お考えに触れることが出来、大変勉強になりましたし、私自身にもとても多大な影響がありました。まさにプロとしても言葉ばかりで、自分の甘さに恥ずかしくもなりました。

ゆり様も本当に素敵なおもてなしを拝見することが出来まして感動致しました。ありがとうございました。これから益々寒くなります。どうぞご自愛下さいますよう心からお願い申し上げます。

鋤先様、男物の崩しを本当に素晴らしいご説明をしていただきましてありがとうございました。私が出るまでも無く、私がお話をさせていただいた時には全ての段取りが決まっていたような気がしました。ありがとうございました。

渡邊様、和の國様はもちろん、代表が屋台骨でありますが、代表とゆり様以外のスタッフの方々の素晴らしいサポートがあり営まれているのだなと、深く感じ入りました。渡邊様の頑張り、心遣い、芯の強さに本当に感動致しました。

その他、皆々様との出会い、大切にしたいと思います。

この上お願いすることは誠に恐れ入りますが、何卒結城紬を、そして染織業界をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 〜中略〜 時節柄、十分にご自愛下さい。取り急ぎ御礼まで。
                            (宮昌幸様)


先日は、実演に際し、大変お世話になり、本当にありがとうございました。
始めての経験でしたので、不手際もあったと思いますが、どうかお許し下さい。
今回の経験を、今後も生かし、結城紬のPRに努力して行きたいと思っております。
本当にありがとうございました。
                            (黒崎奈央子さま)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

実際に和の國にいらっしゃったのは3日間でしたが、それよりも前から準備等を始めて頂き、また最終日はぎりぎりのお時間まで精力的に頑張って頂き、そのうえこのような素敵なお手紙を御兄弟そろって下さったこと、本当に有り難く思います。
この文面からも、人を思い結城紬を思うその優しさがにじみ出ていらっしゃいますよね。

こちらのお手紙を頂き、本場結城紬を始め、良い染織の品を多くの方に知って頂き、お求め、そしてお召し頂いた上で周りの方にその良さを広めて頂きたいと、殊更に思いました。

宮昌幸様、黒崎奈央子さま、本当に有難うございました。和の國一同、感謝申し上げます。

結城は熊本よりもっと寒いのでしょうね。皆様も寒さに負けず、晩秋のこのひとときの雅やかさを楽しんで下さいませ。
本日も有難うございます。 
和の國スタッフ:渡邊綾子